座り心地を改善したい方におすすめの「ゲルクッション」。テレワークや在宅ワークで椅子に長く座る機会が多い昨今、ゲルクッションが注目を集めています。しかし、サイズや形状などさまざまなモノが展開されており、どれを選ぶべきか迷う方も多いはず。

そこで今回は、ゲルクッションの選び方のポイントとおすすめアイテムをご紹介。自分に合うモノを見つけて、快適な座り心地を体感してみてください。

ゲルクッションとは?

By: amazon.co.jp

ゲルクッションは、名前のとおり、ゲル素材から作られたクッションです。ゲル素材は、ゴム製品にも使われる素材。弾力性と伸縮性に優れており、体圧を分散させやすいメリットがあります。

立体的な格子が規則的に並んだ構造をしており、心地よいやわらかさと弾力性の両立を実現しているのも特徴です。また、規則正しく並んだ格子が、体圧を均一に分散。お尻に感じる圧力が軽減され、軽やかな座り心地を目指せます。長時間座るとお尻や腰が痛くなる方におすすめです。

さらに、格子状の構造は通気性がよいため、汗かきの方でも蒸れにくく快適。蒸れによるニオイの発生が気になる暑い季節でも活躍します。洗えるモノが多く、清潔に使いたい方にもぴったりです。

ゲルクッションの選び方

構造をチェック

ハニカム構造

By: amazon.co.jp

ハニカム構造は、六角形の格子が規則正しく並んでおり、ハチの巣のような見た目です。六角形にするメリットは、線の数が多く、より細かく体圧を分散できること。体圧分散力が高いため、より軽やかな座り心地を楽しめます。

また、線が多い分、耐久性が高いのもポイント。体重が重めの方でも、底付き感を軽減できるのでおすすめです。

なお、線がやや硬めのため、お尻に線を感じやすいのがデメリット。座り心地のよさにこだわりたい方は、やわらかめのゲル素材を使用しているモノや、線が太めのモノに注目してみてください。

ランバス構造

By: rakuten.co.jp

ランバス構造は、ひし形の格子が並んでいます。ハニカム構造に比べてお尻に当たる線が少なく、反発力を抑えられるため、やわらかい座り心地を楽しめるのがメリット。座ると適度に沈み込むので、お尻がクッションにフィットする感覚を好む方におすすめです。

なお、格子の線が少ないため、体重を支える力はやや低め。体重が重いほど、ヘたりやすい傾向があります。長く快適に使いたい方は、クッションに厚みがあるモノや二重構造のモノを選んでみてください。

耐久性の高さをチェック

By: amazon.co.jp

長く愛用したい方は、耐久性が高いゲルクッションを選びましょう。クッションに厚みがあるモノほど丈夫で、長く使用してもへたりにくく快適さが長持ちする傾向があります。厚みは3cm以上がおすすめ。二重構造は厚みがあるモノが多いので、チェックしてみてください。

また、格子の密度も要確認。密度が高いほど1本の線にかかる体圧が小さいため、クッションのへたりを低減できます。なお、格子の数は「グリッド数」で表示され、数値が大きいほど高密度。体重が重めの方や、長時間使用する機会が多い方は、500個以上を目安に選ぶのがおすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

お尻の大きさがすっぽり収まるサイズを選びましょう。小さすぎるモノだと、うまく体圧が分散されずお尻に負担がかかりがちです。お尻がすっぽり収まれば、しっかり体圧が分散され、快適な座り心地を楽しめます。

一方、大きすぎるモノは、椅子からはみ出してしまい、使いにくさを感じてしまう場合があるので注意しましょう。また、大きなほど重量が増えるため、持ち運びに不便です。

使用シーンをイメージし、お尻と椅子の大きさ、持ち運びやすさを考慮して適切なサイズを選ぶのが重要。なかには、持ち運びしやすい折りたたみ式のモノもあるので、外出先で使用する機会が多い方はチェックしてみてください。

手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ゲルクッションは、水を吸収しにくい素材で作られているため、水洗いできるモノがほとんど。しかし、なかには水洗いに対応しないモノもあるため、購入前にチェックしておきましょう。

また、カバーが付属している場合、カバーが洗いやすいかどうかも要チェック。シワになりやすい綿や麻製のカバーは、洗った後にアイロンをかけるなど多少手間がかかります。

簡単にお手入れしたい方は、ナイロンやポリエステル、レーヨンなどのシワが気になりにくい生地を使用したカバーがおすすめです。

ゲルクッションのおすすめ

テレビショッピング研究所 ブルーマジック

床や車のシートに置いて使いたい方におすすめ

約幅41×奥行34×高さ5cmの厚みのあるゲルクッションです。独自のハニカム構造とクッションの厚みにより、体圧をしっかり分散。お尻にかかる圧を軽減し、快適な座り心地を実現します。

クッションに厚みがあるため、耐久性が高く長く愛用したい方におすすめ。また、耐荷重120kgなので、体重が重めの方でも底付き感をおぼえにくく、体圧分散の効果を体感できます。

専用カバーが付属し、クッションを保護できるのもポイントです。裏面に滑り止めが付いており、滑りやすい素材の椅子でもズレにくく快適に使用できます。

クッションは丸洗い可能。汚れやすい場所でも気軽に使えるため、床や車のシートに置いて使いたい方はチェックしてみてください。

シンクフォーム(ThinkForm) &GeL ジェルクッション C-001

長く座ると蒸れが気になりやすい方にぴったり

素材に高弾力ポリマーを使用したゲルクッションです。独自の二重ハニカム構造を採用し、2段階に分けて体圧を分散。また、約2000個とグリッド数が大きく、体圧を細かく均一に分散できるため、軽やかな座り心地を楽しめます。

通気性がよいハニカム構造なので、汗をかきやすい夏でも快適。長く座ると蒸れが気になりやすい方や、蒸れによるニオイを軽減したい方にぴったりです。

付属のカバーを取り付けると、見た目がシンプルになるため、さまざまな椅子にマッチします。さらに、裏面に滑り止めが付いており、ズレを予防。滑りやすい木製の椅子にセットして使いたい方などにおすすめです。

汚れた際は、カバーを取り外して洗濯できます。カバーはポリエステル製で、シワになりにくくお手入れが簡単。クッションも丸洗いできるので、清潔に使えるゲルクッションを探している方はチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2層ハニカムジェル使用グミクッション フロート CGWFC-3740

よりやさしい座り心地を体感できる

グミのような弾力性のあるエラストマー素材を使用したゲルクッション。耐久性が高く、長く使用してもクッションがヘたりにくいのがメリットです。また、2層のハニカム構造により、体圧をしっかり分散させ、お尻にかかる負担を軽減します。

表と裏のハニカム構造の間にクッションを搭載しているのも特徴。衝撃を吸収し、よりやさしい座り心地を体感できます。

通気性のよいハニカム構造に加え、メッシュ生地を使用したカバーを付属しているため、蒸れが気になる方におすすめ。裏面に滑り止め加工が施され、ズレを予防できるのもメリットです。カバーは、取り外して洗濯可能。ポリエステル素材で、シワになりにくいのもポイントです。

さらに、カラーラインナップも豊富なので、椅子のデザインに合わせて選べます。

コジット(COGIT) Wゲル携帯クッション ハネナイト

小さめサイズで、持ち運びに便利なゲルクッション。2つに折りたためるため、バッグに入れてコンパクトに持ち運べます。カバーにボタンが付いており、折りたたんだ状態を固定できるのもポイント。また、カバーの裏側に持ち手があり、そのままでも手軽に持ち運べるので便利です。

クッションに二重のハニカム構造を採用し、体圧をしっかり分散。快適な座り心地を楽しめます。コンパクトながら3cmと厚みがあり、へたりにくいのもメリット。車で長距離を移動する場合などにおすすめです。

なお、カバーの取り外しはできません。汚れた場合は、カバーを付けたまま水洗い可能です。

コジット(COGIT) Wゲルクッション ハネナイト キング

カバーを含めたゲルクッションのサイズが、幅46×奥行44×高さ4cmと大きめなのが特徴のアイテムです。車のシートに合わせやすいサイズ感で、運転時の座り心地を改善したい方や、ゆったり座りたい方などに適しています。

Wハニカムゲル構造の体圧分散効果により、お尻の負担を軽減。厚みがあるためへたりにくく、長時間の使用におすすめです。通気性がよく、蒸れにくいのもうれしいポイント。汗かきの方にも適しています。

付属の専用カバーは取り外して洗えるため、汗で汚れても清潔に保つことが可能です。また、裏面に滑り止めが付いているので、ズレを気にせず使用できます。

MCC 折りたためるゲルクッション Y0003

コンパクトながら幅が広いデザインで、ゆったり座れるゲルクッションです。本体は、幅40×奥行24×高さ2.5cmのコンパクトサイズ。約540gと軽量なうえ、2つに折りたためるため、楽に持ち運べます。

クッションに二重ハニカム構造を採用しており、体圧をしっかり分散。床や椅子に長く座りたい場合におすすめです。

また、クッションは通気性がよく、蒸れを予防。専用カバーにも、通気性のよいメッシュ生地を採用しています。汗をかきやすい夏でも快適に使えるおすすめのゲルクッションです。

トレードワン(Trade One) 折りたたみ携帯 ゲルクッション 20503

幅32×奥行20.5×高さ2cmの小さめサイズで、子供や小柄な方にぴったりのゲルクッションです。

約160gと非常に軽量なうえ、折りたためるため、バッグやリュックに入れて楽に持ち運べます。ピクニックや運動会、アウトドアなど、レジャーシートの上で快適に座りたい場合におすすめです。

また、滑り止め付きの専用カバーを付属し、レジャーシートや木製の椅子など滑りやすい場所でもズレにくく、快適に使用できます。

クッションには、衝撃吸収力のあるゲル素材を使用。さらに、体圧を効率よく分散できるハニカム構造を採用しているのもポイントです。長く座る際に、お尻の疲れを軽減する効果が期待できます。

トレードワン(Trade One) ハニカムゲルクッション 30635

浅めのU字型形状で、お尻から太ももの付け根までフィットしやすいゲルクッション。幅42×奥行35×高さ3.8cmと比較的大きく、車のシートやデスクチェアなどに合いやすいサイズ感です。

厚みのあるハニカム構造により、しっかり体圧を分散。長時間使用してもヘたりにくいため、座りっぱなしによるお尻の疲れや痛みを軽減したい方に適しています。

通気性がよく蒸れにくいメッシュカバーを付属し、一年を通して快適に使用できるのもポイントです。また、クッションが丸洗いに対応しているほか、カバーも取り外して洗濯できるため、長く清潔に使えます。

チチロバ(TITIROBA) ゲルクッション ZD-13

U字型形状と凹凸設計により、お尻にフィットするゲルクッション。お尻が包み込まれるような感覚を好む方にぴったりです。

ハニカム構造よりもさらに細かい四角形の網目構造を採用しており、体圧をしっかり分散。軽やかな座り心地を楽しめます。また、クッションは4cmと厚みがあり、底付きしにくいので、体重が重めの方にもおすすめです。

厚みのあるしっかりとした構造で、へたりにくいのも特徴。長く座っていても快適な座り心地が長持ちします。テレワークや車の運転などで、座る時間が長い方はチェックしてみてください。

滑り止めが付いており、ズレにくい専用カバーが付属。さらに、取り外して洗濯できるので、清潔に保てます。

チチロバ(TITIROBA) ゲルクッション ZD-07

ハニカム構造よりも細かい八角形構造を採用したゲルクッションです。約500個の八角形と二重構造、高弾性ジェルを組み合わせることにより、高い体圧分散力を実現。快適な座り心地を体感できます。

通気性がよく濡れにくいため、季節に関係なく快適に使用できるのも魅力。夏は、座る際にひんやりとした涼しさを感じられます。また、付属のカバーを取り付ければ、冷たさを感じにくく、冬でも快適です。

カバーは、チャックを開けて簡単に取り外し可能。汚れたときは洗濯できるので、清潔に保てます。

ヒロコーポレーション(Hiro Corporation) フィットハニカムジェルクッション HCFHJC-001

お手頃価格ながら、二重ハニカム構造により軽やかな座り心地を楽しめるゲルクッションです。体圧を均一に分散することで、お尻にかかる負担を軽減する効果が期待できます。

また、3.5cmと厚みがあるほか、変形しにくい高弾性ゲルを採用しているのも特徴。長期間使用してもヘたりにくいため、長く愛用したい方におすすめです。

通気性がよい構造により、汗による蒸れを軽減可能。さらに、通気性のよいメッシュカバー付きで、カバー装着時でも蒸れにくく快適に使えます。なお、カバーは取り外して水洗いできるのも魅力です。

価格がリーズナブルで、手に取りやすいのもポイント。初めてゲルクッションを試してみたい方はチェックしてみてください。

アルファックス お医者さんの姿勢ゲルクッション

背もたれとしても、シートクッションとしても使える2WAY仕様のゲルクッションです。

椅子の背もたれにセットすれば、3D立体構造が背中にぴったりフィットし正しい姿勢をサポート。また、椅子のシートに置けば、体圧分散によりお尻にかかる負担を軽減する効果が期待できます。用途に合わせて使い分けられるので便利です。

柔軟性のあるWスクエアゲル構造を採用しており、お尻を適度に包み込みながら、しっかり体圧を分散。厚みがあるため、底付き感をおぼえにくく、快適な座り心地を楽しめます。

コパ・コーポレーション(COPA CORPORATION) GゼロクッションDX

ひし形のランバス構造を採用したゲルクッションです。お尻が適度に沈み込むため、やわらかめのクッションを好む方に適しています。

約4.5cmとしっかりとした厚みがあり、底付き感を軽減。体圧を均一に分散し、お尻の負担を感じにくくなるため、軽やかな座り心地を目指せます。

クッションに傾斜が付いているため、座るだけで自然と背筋が伸びやすくなるのもポイント。姿勢よく座りたい方におすすめです。また、通気性のよい構造なので、汗をかいても気になりにくく、作業に集中しやすくなります。

コパ・コーポレーション(COPA CORPORATION) Gゼロクッション

約幅40×奥行44×高さ3cmの薄型で、子供や小柄な方におすすめのゲルクッションです。

やわらかめの座り心地が魅力のランバス構造を採用しているのが特徴。適度に沈み込むため、お尻が包み込まれるような感覚を楽しめます。体圧分散により、長く座ってもお尻が疲れにくいのが魅力です。

付属のカバーのカラーバリエーションが豊富なのも魅力。また、裏面に滑り止めが施されており、ズレにくく快適に使用できます。