姿勢を楽に保つのに役立つ「背もたれクッション」。オフィスでのデスクワークや在宅ワークだけではなく、ベッドや椅子で快適に過ごしたいときや車の運転するときにも使え、用途に合わせて素材や形、サイズなどさまざまな種類のモノが販売されている人気アイテムです。

そこで、今回はおすすめの背もたれクッションをご紹介します。選び方やシーン別のおすすめアイテムも解説するので、購入の際の参考にしてみてください。

背もたれクッションの選び方

用途で選ぶ

ベッドで読書などをするときに便利な三角ロングタイプ

By: amazon.co.jp

三角ロングタイプは、ベッドのヘッドボード部分に沿って置けるため安定感があるのが特徴。ベッドの上でヘッドボードにもたれたままだと背中が痛くなりがちですが、背もたれクッションがあることで痛みが少なく、心地よく座りやすいのが魅力です。

奥行がない分場所をとらず、就寝時も邪魔になりにくいので常に設置できるのもポイント。ロングタイプなら複数人でも寄りかかりやすく、ヘッドボードを幅広く活用できます。また、抱足置きのような使い方もでき、快適な姿勢を作りやすいのもメリットです。

床に座るなら自立できるタイプ

By: amazon.co.jp

自立タイプは、ベッドや椅子、壁など寄りかかるところがなくても使用できるため、場所を選ばず使えるのがメリット。サイズが大きくなる傾向にありますが、背もたれと肘置きが一体化したモノや、ビーズクッションのようにからだを預けやすいモノなどバリエーションが豊富なのも魅力です。

姿勢を正しくするというより、リラックスしやすい雰囲気づくりのために使うアイテムが多いのが特徴。コンパクトなサイズのモノを選べば、床だけでなくベッドやソファの上でも使え、汎用性があります。一人用のソファや椅子感覚としても使用できるため、スペースを有効活用したい一人暮らしの方にもおすすめです。

テレワークなどの仕事用ならオフィスチェア向けの製品

By: amazon.co.jp

オフィスや自宅で長時間デスクワークするときは、オフィスチェア向けの背もたれクッションがおすすめ。腰の部分が厚めで背中にかけて薄くなっており、フィットしやすいのが魅力です。

オフィスチェア向けの製品は、椅子にセットして使用するタイプなので、椅子に合ったサイズかどうか確認するのが大切。ベルトなど調節しやすい機能がついているとズレにくく、しっかり背中をサポートする効果が期待できます。

ドライブで使うなら運転席に設置できる製品

By: amazon.co.jp

車を長時間運転するなら、車用の背もたれクッションがあると便利です。車用の背もたれクッションを置けば、腰や背中にフィットして姿勢を保ちやすくするメリットがあります。

腰当てタイプと背中まで支えるタイプがなり、なかにはオフィスチェアにも対応しているモノも。職場でも背もたれクッションを使いたい方は、兼用タイプがおすすめです。

素材で選ぶ

フィットしやすい低反発素材

By: amazon.co.jp

低反発素材は、身体にぴったりフィットして背中を優しく包み込むのが魅力です。反発力が弱く体重をかけるとゆっくり沈み込み、身体を預けられるような形に変わって心地よいフィット感を味わえます。

低反発素材を使用しているアイテムのなかには、メモリーフォームを謳ったアイテムも販売。身体や姿勢に合わせてフィットする特性があり、沈み込むような座り心地を好む方におすすめです。

身体を支えられる高反発素材

By: amazon.co.jp

しっかりと姿勢を保ちたい場合は、高反発素材を使った背もたれクッションを選んでみてください。身体が沈み込むことなく、硬めの素材でデスクワークの際も姿勢をキープしやすいのが魅力です。

表面は低反発素材、芯に高反発素材を採用した背もたれクッションもあり、背中を支えながらも柔らかい質感を味わえます。身体をしっかり支えてくれる高反発素材の背もたれクッションは、沈み込むタイプが苦手な方や型崩れするのが嫌な方におすすめです。

座り心地がよいビーズ素材

By: amazon.co.jp

ビーズ素材を使った背もたれクッションは、身体を包み込むような柔らかい座り心地なのが魅力。ビーズの大小や形によって座り心地が変わり、おしゃれなデザインの背もたれクッションが多いのも特徴です。

姿勢をキープするというより、楽な姿勢でゆったりくつろぐのに適したタイプ。リビングやベッドでリラックスタイムを過ごしたいときにぴったりです。

蒸れにくいジェル素材

By: amazon.co.jp

長時間座っていると、背中やお尻の蒸れが気になるもの。通気性が高いハニカム構造や冷感ジェルを採用した、ジェル素材の背もたれクッションなら、蒸れや暑さを軽減できます。

ただし、アイテム数があまり多くないのがデメリット。暑い季節も快適に使えるモノを探している方や、汗や蒸れが気になる方、軽い座り心地を求めている方におすすめです。

柔らかさで選ぶ

By: amazon.co.jp

背もたれクッションは、姿勢をキープしたいのかリラックスしやすい雰囲気をつくりたいのかで選ぶのがおすすめ。長時間のデスクワークや車の運転をする際は硬め、自宅でゆったりくつろぎたいときは身体を預けやすく触り心地のよい柔らかめなど、シーンに応じて選んでみてください。

好みだけではなく使用シーンに合わせることで、使い心地が向上します。

サイズで選ぶ

背もたれクッションはさまざまなサイズのモノが販売しているため、自分の背中の横幅や高さに合ったフィットしやすいサイズ感のアイテムを選んでみてください。また、サポートしたい範囲を考えて選ぶのも重要なポイントです。

ハイバックタイプは、腰から首までの広い範囲をカバー。頭や首までしっかり預けられるのが特徴です。また、身体全体を包み込むような安心感を得られ、リラックスタイムを演出します。

ロングタイプの背もたれクッションは、床やベッドでくつろぎたいときにぴったり。座面を体重で支えるので後ろに倒れにくく、自立タイプなら場所を選ばずに使いやすいのが魅力です。

また、コンパクトなサイズなら持ち運びしやすく、オフィスでの使用や車の運転時に活躍。自分の背中がしっかり収まるサイズを選べば、身体をしっかりサポートできて便利です。

人間工学設計が採用されているかを確認

By: amazon.co.jp

人間工学に基づいて設計された背もたれクッションは、身体にフィットしやすいのが特徴。人間の身体に合うよう曲線的なデザインのため、自然な姿勢を保ちやすいのも魅力です。

長時間のデスクワーク中も正しい姿勢をキープできると謳われているモノも多くあります。作業効率を上げたい方などにもおすすめ。より快適に座りやすいモノを探している方は、チェックしてみてください。

汚れが気になる場合はカバー付きのモノを

By: amazon.co.jp

長時間使用するケースも多い背もたれクッション。背中は汗をかきやすい部位であるため、衛生面も気にしたいポイントです。カバーを取り外して洗濯できるモノを選ぶと清潔に使いやすくておすすめ。汗やにおい、汚れなどが付いた場合も洗えて便利です。

また、本体が洗えるモノも存在。カバーだけではなく、クッション本体も洗えれば、より清潔に保ちやすいのでおすすめです。

背もたれクッションのおすすめ|ベッド用

VERCART ボディポジショナーピローウェッジ

足枕として使えるのもうれしいポイント

首や肩、背中をサポートする背もたれクッション。人間工学に基づいて設計されており、高いフィット感で身体を支えます。快適な姿勢を維持しやすいのが魅力。また、足枕として使えるのもうれしいポイントです。

クッションは高弾力のポリエステル繊維を採用。密度が高いため、長時間使用してもたるんだりつぶれたりしにくく、快適な状態を維持できます。カバーは高級感がありおしゃれなベルベット生地を採用。取り外しでき洗濯も可能なので衛生面も安心です。

カラーやサイズ展開が幅広いため、好みや部屋の雰囲気に合わせやすく、一人用でも複数人用でも用途に適したモノを選びやすいのが特徴。サイドにはポケットがついているので、スマホやリモコンなどの小物を入れられて便利です。

CANBYGO 背もたれクッション

よりくつろげる体勢を作りやすい

クマ形のかわいいデザインが特徴の背もたれクッション。低反発ウレタン素材を採用し、程よい弾力性で身体をサポートします。背もたれだけでなくアームレストもついているため、よりくつろげる体勢を作りやすいのが魅力です。

カバーは柔らかく、ふわふわの手触り感を味わえる素材を使用。取り外しができて洗濯も可能です。アームレストには2つのポケットが付属し、スマホや小物を入れられます。さまざまな姿勢でくつろげるため、ベッドの上でまったり読書したい方やスマホで動画を楽しみたい方におすすめです。

Meiz 三角クッション

小まめに体位を変えてリラックスしたい方に

高さ63cmのハイバックタイプの背もたれクッションです。高反発ウレタン素材を採用して頭や肩から腰までしっかり支えられ、背骨のS字にフィットする曲線が特徴。もたれるだけでなく、うつ伏せになったり寝たり、足上げクッションとして活用できたり、汎用性が高いのが魅力です。

抗菌・抗ダニ加工が施されているほか、カバーは柔らかくしなやかなベロア生地を使用。通気性があり蒸れにくく、取り外して洗濯機で洗うことも可能です。背中の下に置けば、寝返り補助としても役立ちます。小まめに体位を変えてリラックスしたい方にもおすすめです。

Shinnwa 三角クッション

高弾性のウレタン素材を使用した背もたれクッション。適度な硬さで身体を支えられるのが特徴です。身体にしっかりフィットしやすいのも魅力。また、幅が50cmあるため、ゆったりくつろぎやすいのもポイントです。

もたれるだけでなく、横になったりうつ伏せになったりでき、足上げクッションとしても使用可能。さまざまな姿勢に対応でき、気分に合わせて使えます。カバーは高級感のあるベロア生地を使い、取り外して洗濯できるため衛生面も安心です。

サイドには持ち手がついているので、移動させるのも便利。さまざまな場所でリラックスできる雰囲気をつくりたい方におすすめです。

背もたれクッションのおすすめ|椅子用

アイケースター(IKSTAR) 低反発クッション ランバーサポート

独自の立体構造を施し、腰や背中に優しくフィットする背もたれクッション。腰をしっかり支えると謳われています。背筋が自然に伸びるためS字型を保て、安定した姿勢をキープできるのが特徴です。

7つの指圧突起を設けており、背中や腰を心地よく刺激します。また、柔らかすぎず硬すぎない適度な低反発力を有するウレタン素材を採用しているのも魅力。背中の広範囲をカバーできるのもポイントです。

取り付けバンドが付属しているので、椅子に合わせて調節可能。カバーは蒸れにくいメッシュ素材を採用し、取り外して洗えるため衛生面も安心できます。職場や自宅だけでなく、運転の際にも使いやすい背もたれクッションを探している方におすすめです。

モグ(MOGU) ビーズクッション プレミアム バックサポーターエイト

柔らかさと心地よさを追求した背もたれクッションです。生地表面には独自の縫製技術により滑らかな質感を味わえ、摩擦を大きくすることで滑りを抑えているのが特徴。肉厚で細かな起毛を施し、もっちりしたボリューム感と耐久性が魅力です。

伸縮性にも優れ、身体にフィットしやすいのもポイント。また、微細なビーズに特殊コーティングを施しているため、流動性が高く摩擦音を軽減しているのもポイントです。

洗濯可能なので衛生的に使いやすいのも魅力。おしゃれでかわいいフォルムはインテリアとしてもおすすめです。

AZUREST 3Dコア楽ッション

スポーツ治療院が監修した背もたれクッション。メッシュ構造のコア素材をミルフィーユ状に重ね合わせて3Dコアを作成しているのが特徴です。

高反発のしっかり感と低反発の柔らかさ両方の長所を合わせ持ち、快適な座り心地を味わえます。また、通気性に優れているので夏でも蒸れにくく、冬は3Dコアの空間に熱が溜められて暖かく感じられるのも魅力。1年を通して快適に使いやすいのもポイントです。

さらに、クッションとカバーは丸洗いでき、抗菌・防臭加工を施しているので衛生的に使えます。重さも約350gと軽量で持ち運びも便利です。

Bewalker ランバーサポート腰クッション

人間工学に基づいて設計した背もたれクッションです。背骨の自然なS字ラインが無理なくキープでき、しっかり姿勢を保てます。長時間座りやすいのが魅力です。

低反発メモリーフォームを採用しているため、しっかりとサポート。適度な硬さでゆっくり沈み込み、快適な座り心地を味わえます。カバーは通気性に優れた伸縮性生地を採用。取り外して洗えるので、お手入れが簡単です。

真ん中に突起を施しているのもポイント。椅子に長時間座る機会が多い方にもおすすめです。

背もたれクッションのおすすめ|床用

ZOEMO 背もたれ付き読書枕

アームレストやネックロール枕がついた背もたれクッションです。背中だけでなく首や腕もサポートできるのが魅力。床だけでなくベッドやソファの上でも使え、重さは約2.7kgなので持ち運びしやすいのも特徴です。

弾力性のあるクッションを採用しており、カバーは柔らかいベロア素材を使用。身体をゆったり預けられるので、読書したりスマホやテレビを観たりするのに適しています。カバーは洗濯機で洗えるため、清潔に使いやすいのもうれしいポイントです。

Homwarm ビーズクッション

直径0.3~0.5mmの極小ビーズを使った背もたれクッション。流動性があるため、身体にフィットしやすいのが魅力です。また、弾力性があり、安定感も優れています。

伸縮性のある生地を使っているため、さまざまな体勢を作りやすいのが特徴。耐摩耗性や通気性にも優れており、オールシーズン使えます。縫い目は丈夫なのでほつれにくいのがポイント。隠し式ファスナーが付いており、カバーは取り外して洗濯できます。

一人用ソファのような感覚で使え、好みや気分に合わせて自由な姿勢でくつろげます。カラーやサイズ展開が幅広いのも魅力。見た目にもこだわりたい方にもおすすめです。

無印良品 体にフィットするソファ

「無印良品」の背もたれクッションです。微粒子ビーズを採用しており、くつろぎたい姿勢や体型に合わせて自由に変形します。包み込まれるような感覚で、安心できる座り心地が魅力。縦や横の置き方によって座り心地が変わるため、好みや気分に合わせやすいのもうれしいポイントです。

シンプルなデザインを採用しており、部屋の雰囲気に合わせやすいのも特徴。インテリアとして使える背もたれクッションを探している方におすすめです。

背もたれクッションのおすすめ|車用

Meikaso 低反発腰クッション ランバーサポート

人間工学に基づいて設計された背もたれクッションです。75°斜めに設計しており、背中とシートの隙間をしっかり埋めて姿勢をサポート。優しく身体を包み込みます。

メモリーフォームを採用しているため、優れたフィット感と程よい柔らかさを得られるのがポイント。耐久性も高いため、長く使えるのもメリットです。ネックパッドはベルトで固定すればズレたり滑ったりするのを予防でき、快適に使えます。

4Dストリップデザインを採用しており、長時間の運転にもおすすめです。

Catland 車用クッション

低反発ウレタン素材を採用し、適度な厚みで身体をサポートする背もたれクッションです。サイズが約縦32×横41×厚さ11cmとコンパクトなので、設置しても邪魔になりにくく収納にも便利。人間工学に基づいたデザインのため、フィット感に優れています。

5秒ほどで元の形状に戻ると謳われているウレタン素材は、サポート力が強く柔らかい質感。身体を預けやすく楽な姿勢をしやすいのが特徴です。カバーは通気性に優れたPUレザーを使い、高級感があるほか、高い耐久性や耐熱性を有します。また、蒸れにくく抗菌機能も付いているのもうれしいポイントです。

オフィスチェアや自宅の椅子にも対応可能。長時間の運転やデスクワークにぴったりな背もたれクッションを探している方におすすめです。

ボンフォーム(BONFORM) シートクッション コシホールドタイプ 5334-76

着座時の隙間を埋める背もたれクッションです。姿勢や体型によって生じるシートと身体の隙間をなくし、背中を密着させることでしっかり姿勢をサポートします。

比較的コンパクト設計なので、持ち運びが簡単なのも魅力です。車に置いておき、職場に持っていくこともしやすく便利。運転中も邪魔になりにくい、小さめの背もたれクッションを探している方におすすめです。