硬い床や椅子の上に、長時間座る際に重宝する「座布団」。座り心地を向上させると同時に、身体への負担も軽減できます。しかし、ひと口に座布団といっても機能性やデザインはアイテムによってさまざま。どんなモノを選べばよいか、迷ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、おすすめの座布団をランキング形式でご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

座布団の選び方

形状で選ぶ

オーソドックスな長方形や円形

By: amazon.co.jp

座布団と聞いて多くの方が思い浮かべる形状が、長方形もしくは円形。長方形や円形の座布団は、いずれも床の上に直接敷くのに適しています。ただし、形状によっては、置くのに適した部屋が異なるので要注意です。

昔ながらの長方形タイプは、座り心地を重視してやや大きめに作られているのが特徴。そのため、正座をする機会や、来客を迎える機会の多い和室にマッチします。一方で、円形は洋室に敷くのがおすすめ。長方形よりも和の雰囲気が薄く、洋風のインテリアにも溶け込みます。

なお、正方形の座布団もオーソドックスですが、正方形タイプは床の上ではなく、椅子の上に敷くのが一般的。敷きたい場所に応じて、形状を選んでみてください。

昼寝に便利な長座布団

By: amazon.co.jp

長座布団とは、名前の通り、通常よりも長めに作られた座布団のこと。複数人掛けの座布団としてはもちろん、折りたたんでクッションやオットマンとして使ったり、昼寝用の敷布団にしたりと、多彩に活用できるのが特徴です。

長座布団の長さは、座布団二枚分程度のモノから、大人が余裕で横になれるモノまでさまざま。使用したいシーンに合わせて、最適な長さのモノを選びましょう。

椅子の上に敷くならU字型やO字型

By: rakuten.co.jp

U字型やO字型の座布団は、高い機能性が特徴です。お尻にかかる体圧を分散させたり、正しい姿勢に整えてくれたりと、サポート力に優れています。そのため、長時間のデスクワークや長距離ドライブなどの際に、椅子の上へ敷くのにぴったりです。

なお、オフィスの椅子に敷きたい場合は、座布団が椅子からはみ出さないように要注意。周囲に迷惑をかけないよう、座布団と椅子のサイズを確認してから購入するようにしましょう。

素材で選ぶ

ポリエステル

By: amazon.co.jp

「ポリエステル」は、さまざまな製品に使用される安価な素材。クッションのような弾力があり、快適な座り心地を楽しめます。また、軽くて簡単に持ち運べるのも魅力です。ただし、復元力が弱いためへたりやすく、長期間の使用には向かない点に留意しておきましょう。

綿

By: amazon.co.jp

古くから使われてきた伝統的な素材が「綿」。ポリエステルと同様に弾力性が高く、座り心地も良好です。また、復元力にも優れており、型崩れの心配が少ないのもメリット。座布団を長期間使い続けたい方におすすめの素材です。

ウレタン

By: amazon.co.jp

「ウレタン」は軽くて機能性に優れた素材。ウレタン素材には「低反発」「高反発」「等反発」の3種類があり、それぞれ特徴が異なります。

低反発ウレタンは柔らかく、重みに合わせてゆっくりと形状が変化していくのが特徴。フィット感がよく座り心地に優れているほか、体重を分散させることで腰への負担を軽減します。

高反発ウレタンは硬めで、重みが加わると強く跳ね返すのが特徴。正しい座姿勢をキープし、骨盤周りをしっかり支えます。また、低反発よりもへたりにくく、劣化しにくいのも魅力です。

等反発(正反発)ウレタンは、低反発と高反発のメリットが合わさった素材。かかった重みと同等の力で跳ね返す性質があり、適度なフィット感と弾力の両方を楽しめます。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的な座布団のサイズは、59×63cmもしくは55×59cm。どちらも床に直接敷いて使うのに適したサイズなので、目安にしてみてください。また、いずれも正座をした際に足がはみ出にくいため、寒い時期も足を冷やしにくく快適に座れます。

椅子の上に敷く場合は、椅子の座面よりもやや小さめの40×40cm程度がおすすめです。椅子よりも大きい座布団を選ぶと、機能性が十分発揮されないことがあるため、サイズはしっかり確認しておきましょう。

カバーが洗濯できるかどうかチェック

By: .rakuten.co.jp

一般的に、座布団は長期間使い続けるモノ。そのため、座布団カバーが洗濯できるかどうかもチェックしておきたいポイントです。カバーが洗濯できるアイテムを選べば、汚れを気にしすぎずに済み、清潔な状態を保てます。

なかには、カバーに加えて、中の素材まで丸洗いできる座布団も存在。特に、小さい子供やペットがいる家庭など、衛生面が気になる方は要チェックです。

座布団のおすすめランキング

第1位 イクスター(IKSTAR) 最新進化版 第五世代 低反発座布団

運転やデスクワークなどで、長時間座席で過ごすことの多い方におすすめの座布団。弧線形状で、両サイドからお尻を優しく包み込むようにフィットするため、お尻への圧力が分散されます。さらに、W字線形設計の前端部分が、優しく太ももにフィットして圧迫を軽減。

中材には、高品質な低反発ウレタン素材「ポリウレタン」が使用されています。柔らかすぎず硬すぎない、適度な弾力性を備えているのが特徴です。また、カバーには通気性が高いポリエステルのメッシュ生地を使用しており、蒸れにくいのも魅力。

裏面に滑り止めの加工も施されているので、椅子から滑り落ちるのも防ぎます。カバーは取り外しができ、洗濯も可能です。

第2位 Sedhoom 第七世代座布団

椅子の座面などに敷いて、腰クッションとしての使用におすすめの座布団。低反発で優しいフィット感が得られ、自然と背筋も伸ばせるので、腰からお尻が楽に座れます。腰痛が気になる方にも適したアイテムです。

サイズは、幅約45×奥行き35×高さ8cmとコンパクトなので、持ち運んで使用するのにも便利。中材には、高品質で高い耐久性を備えたウレタンを採用しており、クッション性を長持ちさせられます。また、メッシュの材質で通気性に優れているのも特徴です。

また、カバーは綿フランネル生地を採用。シルクを思わせる高級感と、滑らかな肌触りも魅力です。価格も比較的安いモデルで、手軽に使いたい方にも適しています。

第3位 fabrizm 綿わた100% 座布団ヌード 銘仙判 55×59cm 1059

綿わたを100%使用しており、繊維のねじれによって心地よい硬さと弾力性を備えた座布団。保湿性と吸水性に優れているのも特徴で、長時間や暑い時期の使用でも快適に過ごせます。

日干しによる湿気の放出で、保湿性や弾力性がよみがえり、ふっくらとした肌触りが復活しやすいのも魅力。水洗いもできるので清潔感も保て、風通しのよい場所で乾かせば、元に近い状態まで戻ります。

また、使用している素材のコットンは、リサイクルに適している繊維でもあり、環境に優しいのも魅力。肌触りのよさやクッション性に優れているうえ、エコな素材の座布団を求める方におすすめのアイテムです。

第4位 リコメン堂(RECOMMEND) ボリュームアップ長座布団

幅115×奥行き63cmと、通常の約2枚分あるゆったりサイズの座布団。ひとりでゆったりとくつろいだり、ふたりで使用したりと、幅広く活用できるのが魅力です。シンプルなデザインで、和室や洋室のインテリアに合わせやすいのも特徴。

また、厚さが16cmとボリュームがあり、ふかふかとした感触が得られます。弾力性の高いポリエステル綿を中材に採用し、フローリングなど硬い床で使用しても底付き感がなく快適です。

長座布団なので、座ってくつろげるだけでなく、壁際などで座椅子のように使ったり、昼寝をしたりできます。幅広い用途で使用したい方におすすめです。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアリークッション CAR-4343

中材に高反発のポリエステル系繊維「エアロキューブ」を使用し、クッション性に優れた座布団。チューブ状の新感覚な繊維素材で、空気を含み複雑に絡み合う3次元のスプリング構造によって、高い弾力性を生み出します。

長時間座っていてもしっかりと体を支え、バランスよく圧力を分散。椅子に座っての仕事や、長距離ドライブなどでの使用でも、負担が少なく快適な座り心地です。耐久性にも優れており、弾力性の高さを長く維持できるのも特徴。

価格も安いため、快適で手軽に使える座布団を検討している方におすすめです。

第6位 イケヒコ・コーポレーション(IKEHIKO) インド綿 座布団 クレタ

高品質で肌触りのよい、インド綿100%を生地に使用した座布団。通気性にも優れており、表面はさらっとして長時間座っていても蒸れにくいのが特徴です。静電気が起きにくい性質なので、季節に関係なく快適に使用できます。

中にはクッション性の高いポリエステルの綿がたっぷりと詰められており、ボリュームがありふっくらとした感触です。また、55×59cmのサイズで、落ち着きのあるシンプルなデザインなため、和室や洋室にも馴染みやすく汎用的。

40°C以下の水で手洗いもでき、清潔さを保てます。シンプルで座り心地がよく、使い勝手もよい座布団を探している方におすすめです。

第7位 バイブホーム(Baibu Home) 座布団 クッション

40×40cmの正方形で、コンパクトかつシンプルなデザインが特徴の座布団。色合いも落ち着きがあり、和室や洋室など部屋のタイプを問わずに合わせやすいのが魅力です。

中材にポリエステル綿を採用。弾力があり適度に柔らかく、体圧の吸収と分散により負担を軽減します。7cmの厚さもあるため、座布団としての使用はもちろん、背もたれやクッション代わりに使うのにも適したアイテム。手軽に、幅広く使いたい方におすすめの座布団です。

第8位 シンワ(Shinnwa) ソフトボア 低反発 ラウンドクッション

高級感のある上質なベロア生地で、触り心地が非常によいのが魅力の丸型座布団。中材には低反発ウレタンを採用し、座ると柔らかくお尻を包んでゆっくり沈み込み、体圧を吸収して分散します。優しく身体を支え、長時間座っていても疲れを感じにくいのが魅力です。

サイズは直径40cmとコンパクトで、収納や持ち運んでの使用にも便利。さまざまな形状の椅子をはじめ、車など幅広いシーンで手軽に使えます。複数重ねると高さが出て、椅子のような使い方も可能。

また、5cmの厚みもあり、椅子や床などの硬さも伝わりにくいので、腰や背筋への負担も軽減します。丸型のかわいいデザインで、オフィスなどでおしゃれに使いたい方にもおすすめのアイテムです。

第9位 熊井綿業(KUMAI) エブリ寝具ファクトリー 讃岐ざぶとん

刺子風の麻の葉柄で、和室での使用におすすめの座布団。昔ながらの日本的な雰囲気を漂わせ、畳のある部屋にマッチします。自宅用としてはもちろん、業務用や集会所、公民館などでの使用にも適した座布団です。

サイズは、55×59cmの銘仙判で、正座をしても足がはみ出にくいので、冬でも足やつま先を冷やしにくいのが特徴。中材には綿わたを100%使用。適度な硬さがあり弾力性も優れているため、しっかりと足やお尻を支え、長時間でも快適な座り心地です。

また、デザインとなっている麻の葉は、丈夫なうえ真っすぐに伸びることで、古くから縁起がよい模様として好まれています。

第10位 エア・リゾーム(Air Rhizome) 低反発×高反発ウレタンクッション Hue(ヒュー)

低反発と高反発ウレタンの2層構造により、非常に快適な座り心地を実現した座布団。低反発ウレタンは、身体を柔らかく包み込むようにフィットし、高反発ウレタンは、弾力性が高くしっかりと支えます。

カバーには、柔らかい質感のスウェット素材と、優しくさらさらした肌触りのコットン素材を採用。好みに応じて2種類から選べます。また、形状も円形のラウンドタイプと正方形のスクエアタイプの選択が可能。インテリアや部屋の雰囲気に合わせて使用できます。

座り心地や触り心地といった、快適な使用感を重視する方におすすめのアイテムです。

第11位 宮武製作所(Miyatake Seisakujyo) リビング座布団 Amaretto(アマレット)

高さが15cmと、非常に分厚いのが魅力の座布団。中材には低反発ウレタンを使用しており、ゆっくりと柔らかく沈み、優しくもっちリとした感覚が特徴です。身体の形状や動き応じて変化し体圧を分散するため、快適な座り心地で負担も軽減します。

カバーの生地はポリエステル100%使用したファブリック素材で、さらりとした肌触りが特徴。寒い時期にはあたたかく、暑い時期でもベタつきにくいので、季節を問わず快適さを保ちます。

直径50cmの円形タイプと、幅45×奥行き40cmの長方形タイプから選べます。どちらもコンパクトなので収納や持ち運びにも便利。厚みがあり、座ったときのボリューム感を求める方におすすめの座布団です。

第12位 ジスクリエーション(Jzyss creation) ジム ファブ 美姿勢サポートクッション JM-15001

椅子に敷いて使用し、長時間のオフィスワークでも美しい姿勢がキープできる座布団。人体構造に基づく設計により、座っていると背筋を自然に伸ばす効果が期待できます。後部を高くした傾斜によって、後傾する骨盤もサポート。かわいいデザインなので、インテリアにもぴったりのアイテムです。

サイズは幅38×奥行き34×高さ9cmとコンパクトなうえ、折りたたみも可能。スナップボタンで固定し、便利に収納してオフィスや長距離移動に携帯しやすいのも魅力です。

また、カバーは洗濯機で洗えて、中身は手洗いができます。清潔に使用できるため、日常の生活で頻繁に使う方におすすめです。

第13位 シンワ(Shinnwa) 馬蹄クッション D180701-1

通気性に優れたウレタン素材を中材に使用した座布団。また、カバーの生地には、ハニカム構造でポリエステル100%のメッシュ素材を採用しています。表面と中身ともに通気性が高く、お尻に設置した部分の熱を効率的に逃し、長時間の使用や夏場でも蒸れにくく、快適な座り心地です。

さらに、カバーも中材のウレタンも丸洗いが可能。洗濯機の使用もできるので、手入れが簡単なのも魅力です。本体は紐付きのため、椅子に結び付けておけば落ちる心配もなく使えます。使いやすく、衛生面を重視する方におすすめの座布団です。

第14位 バウヒュッテ(Bauhutte) ゲーミング座布団 BC-100G

ゲ―ミングチェアの座面に敷いて使うのにおすすめの座布団。2層のゲル素材と、低反発と高反発ウレタン素材の計4層構造により、もっちりとした弾力で独特の座り心地です。

厚さが6cmあり、通常のゲームチェアに重ねると約2倍の厚みに。非常に高いクッション性が実現できます。しっかりと身体を支え、長時間のゲームや椅子に座っての作業を快適にサポート。もちろんゲームチェアに敷くだけでなく、床に直接敷いての使用も可能です。

第15位 トレードワン(Trade One) チェアパッド 30165

チェアパッドとして手軽に使用したい方におすすめの座布団。低反発で適度な弾力を備えたポリエステル素材を中材に採用し、椅子に座っての長時間作業でも身体への負担を軽減します。そのまま丸ごと洗濯できるので、清潔に使用でき、手入れも簡単。

直径35×厚さ2cmと非常にコンパクトなので、使わないときの収納や持ち運びがしやすいのも特徴です。また、裏面に滑り止めの加工も施されており、ズレにくいためストレスも少なく快適に過ごせます。

第16位 エイユウ(Eiyu) 座布団

抗菌・防臭・防ダニの加工が施された「マイティトップII eco」を中材に使用した座布団。さらに、洗濯ネット使用と手洗いモードで、洗濯機で丸洗いもできるため、衛生面に非常に優れたアイテムです。

また、ボリューム感があり、ふんわりとした感触も魅力。定期的に日干しをすれば快適な使用感が長持ちします。座り心地のよさと、清潔さを重視する方におすすめの座布団です。

第17位 アルファックス (alphax) お医者さんの円座クッション

低反発ウレタンと中央の穴により腰の負担を和らげ、姿勢矯正の効果も期待できる座布団。お尻を柔らかく包み込み、座り心地がよいのはもちろん、中心の穴にゆっくりと沈むので、背筋が自然に伸ばされます。

そのため、無理のないストレッチ効果が期待でき、身体に優しく姿勢も美しく保ちやすいのが特徴です。また、低反発ウレタンが身体の形状に合わせて変化するため、長時間の使用でも負担を抑え、快適に過ごせます。

日常的に座って作業をする時間が長い方におすすめの座布団です。

第18位 チチロバ(TITIROBA) ゲルクッション

「2層ハニカム構造」により、優れた衝撃吸収と体圧分散性を備えたジェルクッション。高弾性のジェルが優しくお尻にフィットし、快適な座り心地で腰やお尻への負担を軽減します。

耐久性が高く通気性にも優れたゲル素材を採用。長時間の使用や暑い時期でも蒸れにくく、清涼感があるのも特徴です。また、均一に体圧を吸収し分散して支えるため、腰や骨盤への負担が気になる方にも適しています。

専用カバーも付いており、裏面に滑り止めが施されているので、作業中でもズレにくくて安心。簡単に取り外しができ、洗濯も可能なため、高性能かつ清潔に使える座布団を探している方にもおすすめです。

第19位 T&B 折り畳み マット 4個セット

スポーツ観戦やアウトドアなど、屋外での使用におすすめの座布団。8つに折りたたむと手のひらサイズになり、バッグなどにコンパクトに収納できて持ち運びしやすいのが特徴です。

柔軟性と弾力性に優れた「XPE素材」を使用しており、座り心地も良好。さらに、高い防湿性と断熱性も備えているため、地面に直に敷いたり、コンクリートに敷いたりする場合でも、湿気や冷気を通しにくく、快適に使用できます。

第20位 オリエンネックス(ORIENEX) 座布団

U字構造により骨盤を自然に立たせ、美しい姿勢を維持する効果が期待できる座布団。くぼみがあり、お尻にフィットする形状が、腰や骨盤をしっかりと支えます。

素材には低反発メモリーフォームを採用。柔らかく身体が沈み込み、座り心地がよいのはもちろん、腰が安定して体圧を分散し負担も軽減します。通気性に優れており、蒸れにくいので、快適さが維持できるのも魅力です。