登山や長時間の山行で歩行をサポートしてくれるトレッキングポール。登山ストックとも呼ばれており、I型・T型グリップ、アルミ・カーボン素材など、さまざまな種類のモデルがリリースされています。足や膝への負担を軽減し、安定した歩行を得るためには自分に合ったモノを選ぶことが大切です。

そこで今回は、トレッキングポールの選び方をはじめ、おすすめの製品をご紹介します。最適なトレッキングポールを見つけて、快適な登山を楽しんでくだい。

トレッキングポールとは?

By: amazon.co.jp

トレッキングポールとは、登山・ハイキング・トレッキングなどで使う「杖」のことで、「ストック」とも呼びます。人間は通常二足歩行ですが、トレッキングポールの使用によって、3本または4本足で歩いているのと同様の効果が得られるのが利点です。

坂を登るときの推進力をサポートし、下り坂で足・膝にかかる負担や衝撃を緩和。また、上半身のバランスが取りやすくなり、体のブレや前傾姿勢になるのを防ぎ、体力の消耗を軽減します。山行を快適かつスムーズにしてくれるおすすめのアイテムです。

トレッキングポールのメリット

足や膝への負担を軽減する

トレッキングポールを使用すると足や膝への負担を軽減できるのが大きなメリット。足に集中する荷重を分散し、腕の力で歩行をアシストできるため推進力が得られます。また、下山時は足が地面に着地するときに勢いが加わり膝への衝撃が大きくなりますが、トレッキングポールの使用によって足がゆっくり踏み出せるため、負担を軽減することが可能です。

体のバランスが安定する

By: pexels.com

トレッキングポールを使うと、2本の足に加えて体を支える点が増えるため、バランスが取りやすくなり安定感が得られます。疲労の原因である上半身のブレや前傾姿勢になるのを防ぎ、正しい姿勢で歩行することが可能です。体力の消耗を抑えられるうえ、転倒防止の効果も期待できます。トレッキングポールは登山初心者や体力に自信がない方にとって心強い味方です。

トレッキングポールのデメリット

装備の重さが増す

By: pixabay.com

トレッキングポールによって装備の重量が増してしまうのが難点。トレッキングポールの重さはモデルによって異なりますが、1本200g前後のモノが多く2本装備すると500g前後です。短時間の登山ではあまり気にならない重量ですが、長時間の山行では負担になる場合があります。

ちょっとした重量の差も積み重なると体力の消耗につながるため、軽量タイプのモデルを選ぶようにしましょう。とはいえ、極端に軽いモノは簡単に折れてしまう場合があるので注意が必要です。

トレッキングポールの選び方

グリップの形状で選ぶ

I型

By: amazon.co.jp

「I型」はスキーストックのようにグリップの形状がストレートで、多くの登山者が使用しているタイプです。登り坂では軸を手で包み込むように握り、下りではグリップのトップを手で覆うように握ります。起伏が激しい山道ではバランスが取りやすく、舗装された平坦な道では推進力をサポートしてくれるのがメリットです。

登山慣れしている方のなかには1本使いをする方もいますが、登山初心者や体力に自信がない方は2本セットの使用がおすすめ。ただし、「I型」は力が入りやすいため、腕が疲れてしまう場合があります。事前に正しい使い方を確認しておきましょう。

T型

By: amazon.co.jp

「T型」はグリップの上から握るタイプで、短いほうを親指と人差し指、長いほうを中指・薬指・小指で握ります。1本で使う場合が多く、起伏の少ない平坦な道を歩くのに最適。ポールを突く位置が足に近いため、体重をかけやすく、腕が疲れにくいのが特徴です。

慣れるまで握りにくいですが、登山初心者や握力が弱い方、じっくり登りたい方におすすめ。また、片手が空くので写真撮影や作業がしやすく便利です。

素材で選ぶ

アルミ

By: amazon.co.jp

「アルミ」はトレッキングポールで広く使われている材質で、比較的安価で強度が高いのが特徴です。負荷をかけたり衝撃を受けたりしても少し曲がる程度で折れにくく、少しの凹みであれば修復できます。

安定して歩くことができ、コスパもよいので初心者におすすめです。ただし、カーボンに比べると重量があり、長時間の山行では負担になる場合があります。

カーボン

By: amazon.co.jp

「カーボン」は軽量で体に負担がかかりにくく、加重に対する強度に優れているのが特徴。本格登山や長時間の山行におすすめです。体重を支えるのに十分な強度で、曲がることはほとんどありません。

ただし、粘り強さ(靭性)に欠けるため、1点に衝撃を受けて凹みや裂け目ができると、一気に割れるように折れます。また、アルミに比べて高価で選択肢が少ないのが難点です。

収納方法で選ぶ

テレスコーピング式

By: amazon.co.jp

「テレスコーピング式」は古くから使われている伸縮させて収納する方法。強度が高いのが特徴で、雪山登山や険しい山道などハードな環境下での使用におすすめです。

長さ調節の幅が広く、環境に合わせて使いやすいため、多くの登山者に愛用されています。安価で選択肢が多いのもポイントです。ただし、収納サイズが大きくかさばるため、登山ザックとの相性も考慮して選びましょう。

折りたたみ式

By: amazon.co.jp

「折りたたみ式」は分割されたシャフトがコードやワイヤーなどで連結されており、各節で折りたためます。軽量コンパクトに収納できるため、携帯性は抜群。テレスコーピング式に比べて高価なうえ、強度が少し落ちるので、トレッキングポールを酷使しない低登山やハイキングにおすすめです。

長さの調節ができないモデルが多いですが、上段シャフトのみテレスコーピング式で調節可能なモデルも増えつつあります。長さ固定のトレッキングポールの場合は、慎重にサイズ選びを行いましょう。

シャフトのロック方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

レバー式

「レバー式」は、レバーを開けると長さの調節ができ、レバーを戻すとロックされます。使用前に固定強度の調節が必要です。握力の弱い方でもワンタッチで簡単に長さ調節が行えるため、女性からも人気。

手袋をしたままでも素早く操作できるので、調節頻度が高い登山コースでの使用におすすめです。ただし、レバー部分が出っ張っているため枝などに引っかかったり邪魔になったりする場合があります。

スクリュー式

「スクリュー式」は昔から使われている一般的なロック方法。シャフトを回して長さ調節と固定を行います。強度が高く、シンプルな構造で故障しにくいのが魅力。安価なモデルが多く、種類が豊富で選択肢が多いのもポイントです。

シャフトを固定する際に力が必要ですが、力を入れすぎると破損する恐れがあるので要注意。力の弱い方には使いにくく、長時間の山行で体力を消耗しているときは負担に感じる場合があります。

ピンロック式

「ピンロック式」はシャフトを引き伸ばし、ピンホールやジョイント部分にストッパー(突起)をかけて固定するタイプ。収納時はストッパーを押すとシャフトが縮みます。軽くてコンパクトに収納できるため持ち運びに便利です。

しかし、強度の低いモデルが多く長さ調節を行えない場合もあるのが難点。きちんとロックされていないと、体重をかけたときに急に縮んで転倒するなど事故につながる場合があるので、使用前にしっかり確認しておきましょう。

ハイブリッド式

「ハイブリッド式」は「上段がレバーロック式、下段がスクリューロック式」のように、異なるロック方法を組み合わせたタイプです。構造は複雑ですが、各ロック方式のいいとこ取りをしており、信頼性が高く扱いやすいのがメリット。なかでも「ピンロック式+レバーロック式」は女性におすすめ。強い力を必要としないので、負担が少なく簡単に操作できます。

シャフトの長さをチェック

By: amazon.co.jp

トレッキングポール選びで重要なポイントとなるのが「シャフトの長さ」。トレッキングポールの効果を最大限に引き出すためには、自分に合った長さを選ぶことが大切です。登山やトレッキングで使用する場合は「身長×0.63」の長さが理想とされています。

平地でトレッキングポールを持ち、先端を地面に着けた状態で、肘が直角(90°)に曲がる長さが目安です。また、登りでは平地より短く、下りでは長く調節しながら使用します。トレッキングポールを最大限に伸ばしたときに、胸のあたりまで長さがあることを確認しておきましょう。

アンチショックシステムの有無をチェック

By: amazon.co.jp

トレッキングポールを選ぶ際は、衝撃を吸収する機能「アンチショックシステム」の有無をチェックしておきましょう。シャフトにスプリングを内蔵しており、トレッキングポールを突いたときに、手首など関節が受ける衝撃を緩和してくれる機能です。アンチショックシステムが付属していると長さ・重量が増しますが、長時間の山行やハードな登山では重宝します。

収納時のサイズや重さをチェック

By: amazon.co.jp

トレッキングポール選びにおいて収納時のサイズや重さも重要なポイントのひとつ。岩場や急な斜面など登山コースによっては、トレッキングポールを使用しないほうが安全な場合もあります。シーンに応じて使用したり収納したりを繰り返すため、コンパクトに収納できるモノがおすすめです。

登山ザックのサイドポケットに入れたりループに固定したりすると、多くはポールの先端がザックよりも上に飛び出します。枝などに引っかけて転倒するなど事故につながる場合もあるので、ザックの大きさも考慮して選ぶようにしましょう。

また、登山の時間が長いほど荷物の重量による体への負担は増します。わずかな重量の差でも体力の消耗につながるため、軽いモノを選ぶようにしましょう。

トレッキングポールのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: /webshop.montbell.jp

登山初心者から上級者まで高い信頼を得ている日本のアウトドアメーカー「モンベル」。”機能美”と”軽量と迅速”をコンセプトに登山・アウトドア用品を幅広く手がけており、ほぼひと通りの装備を揃えることが可能です。

トレッキングポールはI型・T型の両方のグリップを備えた2wayタイプや無断階で長さの調節が行えるモデル、コンパクト収納が可能なモデルなどラインナップが充実しています。多くのモデルが強度と軽量性を両立しているため、軽登山はもちろん、本格的な登山にもおすすめのブランドです。

レキ(LEKI)

By: amazon.co.jp

スキーやトレッキングなどの分野で広く認知されているドイツ発のポール専門メーカー「レキ」。人間工学に基づいたグリップや長さ調節機能、シャフトの分割など革新的な技術を備えたトレッキングポールを次々と生み出しています。

ロック部分の重量を軽量コンパクトにした独自の機構「スピードロック2システム(SPD2)」が特徴。シャフトの固定力に優れながら、一部分の締め付けによる歪みが生じにくく安定感が得られます。素材に強度の高いアルミを採用しているため、長期縦走などハードな登山にも最適。プロの登山家からも高い信頼を得ているおすすめのブランドです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond)

By: amazon.co.jp

1989年にクライマーのために設立されたアメリカ発の登山用品メーカー「ブラックダイヤモンド」。高機能・高品質なトレッキングポールをリーズナブルな価格で展開しています。軽量性と収納性を兼ね備えた「Zポールシリーズ」は人気が高くラインナップが豊富です。

また、多くのモデルに独自の構造「フリックロックシステム」を搭載。簡単操作で長さ調節が行えるのに加え、シンプルな構造で雪や氷で凍りつきにくく雪山登山でも安心して使用できます。オールラウンドに使える信頼性の高い製品を開発しているおすすめのブランドです。

シナノ(SINANO)

By: amazon.co.jp

100年以上の歴史を誇る日本の老舗ポール専門メーカー「シナノ」。長い歴史の中で培ってきた伝統のポール技術と斬新な発想で、高クオリティーな製品を生み出しています。日本人の体型に合わせて設計されたトレッキングポールは、手に馴染みやすく握りやすいのが特徴です。

「フォールダーFREEシリーズ」は軽量かつコンパクト収納を可能にしながら耐久性にも優れており、高い支持を得ています。素材が異なるシャフトを組み合わせた「Fastシリーズ」は軽い力で扱えるため、疲労を軽減できるのが魅力です。

その他、高コスパなモデルやカメラの一脚としても使えるモデルなどバラエティに富んでいます。自分に合ったトレッキングポールが見つけやすいおすすめのブランドです。

トレッキングポールのおすすめ

モンベル(mont-bell) アルパイン カーボンポール アンチショック 1140191

1本約195gの軽さと高耐久性を兼ね備えたI型グリップのトレッキングポールです。アルミ合金のなかでも強度が高い「超々ジュラルミン」の芯と、剛性に優れたカーボン繊維強化樹脂の多層構造により、軽量化と強度の向上を実現。衝撃吸収機能付きなので手首への負担を軽減します。

ストラップは通気性・速乾性に優れた「モノフィラメント・メッシュ」を採用。汗をかいてもベタつきにくいのがポイントです。バスケットを高めに配置しているため、地面と干渉しにくく雪山での使用にも最適。オールシーズン安定して使えるおすすめのトレッキングポールです。

モンベル(mont-bell) Tグリップ アンチショック 1140148

低登山やハイキングなど気軽な山行におすすめのトレッキングポールです。日本人の手に合わせて設計されたT型グリップは、硬めの芯材とソフトな素材の採用により握り心地は抜群。保水しにくい素材のため低温下でも凍りにくく、耐久性に優れています。

長さは無断階調節が可能なテレスコーピング式。収納時は約54cmとややかさばりますが、地形に合わせて細かく調節できるのが魅力です。地面を突いたときに腕や肩など関節が受ける衝撃を軽減する「アンチショックシステム」を搭載しているのもポイント。扱いやすく比較的安価で手に入れやすいので初心者におすすめです。

レキ(LEKI) SPD2サーモライト DSS 1300345

レキのトレッキングポールを代表する高機能モデル。地面から近い下段シャフトに「ダイナミック・サスペンションシステム」を配置し、効率的に衝撃を吸収します。体への負担を軽減するのに加え、沈み込みの少ない自然な使用感が魅力。ピンが外れてパーツを紛失する可能性があるのでバスケットの装着は必須です。

さらに、ロック部分の軽量小型化を実現した「スピードロック2システム」を搭載。固定力が高くシャフトの歪みが生じにくいのが特徴です。航空機などにも使用されているアルミニウムの採用により強度も抜群。初心者から上級者まで長く使えるトレッキングポールを求めている方におすすめです。

レキ(LEKI) マイクロバリオ カーボン 1300327

携行性重視の方におすすめの3段折りたたみ式のトレッキングポールです。2本で約446g、収納時は約37cmと軽量コンパクトで持ち運びに便利。シャフトを連結するコードはクリアチューブで保護し、強度を高めています。「スピードロック2システム」により、長さの調節も可能です。

グリップは地形に合わせて握り方が変えられる「ポジティブアングルグリップ」を採用。登りはI型、下りはT型のように使い分けが可能です。収納に便利なスタッフサックが付属しているのも嬉しいポイント。遠征登山など荷物の重量を減らしたい山行におすすめです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) トレイル BD82328

機能・耐久性・価格のバランスがよいスタンダードなトレッキングポールです。簡単操作で長さ調節が行える、独自の特許技術「フリックロック2」を搭載。3つのパーツで構成されたシンプル機構により、氷や雪で凍りつきにくく低温下での使用に最適です。

また、従来のモデルよりグリップが長いのが特徴。急斜面を登るときに、短く持てるように設計されています。雪面への突き刺さりを防ぐ積雪用の「パウダーバスケット」が付属しているのも嬉しいポイント。軽登山から雪山登山までオールラウンドに使えるおすすめのトレッキングポールです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ディスタンスカーボンFLZ BD82352095

カーボン素材を採用した折りたたみ式のトレッキングポールです。「フリックロック2」の搭載により、シーンに応じて約15~20cmの長さ調節が可能。また、旧モデルからジョイントの剛性が約30%向上しているほか、シャフトのボタン表面にアルミリングを採用し耐久性を高めています。

さらに、グリップに柔軟性と弾力性を兼ね備えた「EVAフォーム」を採用。下部には「ミニエクステンショングリップ」を備えており、急な斜面にも対応します。約110・125・140cmの3サイズ展開しており、いずれも収納時のサイズが約40cm以下とコンパクト。機能性・耐久性に優れたおすすめのトレッキングポールです。

シナノ(SINANO) フォールダーFP

軽量ながら本格的な登山にも耐えうる強度を備えたトレッキングポールです。オールカーボン素材のシャフトにより、約175gの軽量化を実現。さらに、3段折りたたみ式で25Lの登山ザックに収納できる長さ約38cmのコンパクトさが魅力です。

多層構造のカーボンシートを採用しているため、軸方向の最大耐荷重約67.9kgfと強度も抜群。ファストパッキングにおすすめのトレッキングポールです。ピンロック式で組み立て・折りたたみがワンタッチで簡単に行えます。

シナノ(SINANO) Fast-115 カーボンW

握力に自信のない方におすすめのトレッキングポールです。上段にアルミ、中・下段にカーボンを採用し、重心の位置を手元に近くすることで軽やかな操作を実現。無駄な力を使わずに軽い力で扱えるため、余計な体力の消耗を抑えられます。

また、握力の弱い方でも操作しやすいレバー式ロックのため長さ調節も簡単です。撥水生地のストラップは、汚れが付きにくく汗や雨による不快感を軽減します。「旅の安全」の石言葉を持つトルコ石をイメージしたデザインも魅力です。

マジックマウンテン(MAGIC MOUNTAIN) クワトロTグリップSLS MP401SL

コンパクト収納が可能なT型グリップのトレッキングポールです。4段伸縮タイプで収納時は約44cmまで短くなるため、登山ザックの外に取り付けても邪魔になりません。細身のグリップは手の小さい方でも握りやすく、ソフトパッドを人差し指と中指で挟むように持つと、指が疲れにくいので長時間の登山も快適です。

ポールのゆるみを防止する「スマートロック&リリース(SLS)」により、雪面や沼地など足場の悪い道も安心。ブラック・グリーン・アップルレッドの3色展開で好みの色が選べます。使い勝手がよく価格もリーズナブルなので初心者におすすめです。

キザキ(KIZAKI) トレッキングポール KTAJ-4090WD

軽量コンパクトで持ち運びに便利なトレッキングポールです。収納時は約36.5cmまでコンパクトになる4段伸縮式で、20Lの登山ザックにもすっぽり収まります。また、約235gと軽いので携行性重視の方におすすめです。

長さは約81・84・87・90cmの4段階で調節が可能。穴合わせ不要の「スライドレール」を採用したピンロック式で、簡単に素早くサイズ調節が行えます。上段・下段の内部ホルダーに、下段シャフトの落下を防止するロック機構を備えているのもポイントです。

ヘリノックス(Helinox) LTL-125 1822303

独自開発のアルミニウム合金「TH72M」を採用した3段折りたたみ式のトレッキングポールです。「TH72M」はチタンやアルミ、銅などを混合した素材で、軽量性に優れながらハードな使用にも耐えうる十分な強度を備えています。

また、固定力の高いレバーロックを搭載しており、最大約10cmまで長さの調節が可能。収納時は約38cmとコンパクトで携行性も抜群です。内蔵されたショックコードには、軽量性・耐久性・耐摩耗性に優れたスーパー繊維「ダイニーマ」を採用。長く使用できるトレッキングポールを求めている方におすすめです。