ファミリーや友人と行く登山やキャンプはもちろん、最近では一人で行くソロ登山やソロキャンプを楽しむ方が増えてきています。

そこで今回は、ソロ登山やソロキャンプを楽しみたい方におすすめの「一人用テント」をご紹介。一人でもアウトドアライフを堪能したい方はぜひチェックしてみてください。

一人用テントの種類

シングルウォールテント

By: amazon.co.jp

フライシートを持たない、1重構造のテントをシングルウォールテントといいます。フライシートが持つ防水透湿性を本体生地が持っているのが特徴。構造がシンプルなため、軽量でコンパクトに収納できるほか、設営もしやすいなどのメリットがあります。

ただし、ダブルウォールタイプと比べると室内が結露しやすく、前室が作れないといったデメリットもあるので、キャンプ初心者の方にはやや不向き。登山向けテントなどに多く採用されているタイプです。

ダブルウォールテント

By: amazon.co.jp

一般的なキャンプ用テントの多くが採用しているタイプです。壁が2枚あるため、「ダブルウォールテント」と呼ばれています。フライシートとインナーシートが独立した2重構造になっているのが特徴。主にフライシートが防水、インナーシートが室内の湿度を逃す役目を果たしています。

シングルウォールタイプと比較すると、重量は重く収納サイズが大きいモノも多くありますが、室内が結露しにくく快適に過ごせるのがメリット。また、前室が作れることによる使い勝手のよさもポイントです。靴や荷物を置いておけるので、朝露から守れるだけでなく室内も広く使えます。

一人用テントの選び方

シチュエーションで選ぶ

キャンプ

キャンプで一人用テントを利用するなら、快適性を重視するのがおすすめです。居住スペースが広く設けられた一人用テントや、前室に余裕があるタイプを選びましょう。

床面積や高さに余裕があれば、就寝時や着替えの際も快適にキャンプを楽しめます。また、前室がある一人用テントなら靴や荷物を置くことが可能。前室が広いタイプのモノを選ぶと、タープのように日差しや雨を避けて調理や食事ができるのでおすすめです。

ツーリング

ツーリングで一人用テントを利用するなら、コンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。バイクや自転車で移動する際には、運ぶ荷物が限られます。ほかの荷物を圧迫しない、収納性に優れた一人用テントを選びましょう。

メーカーによっては、ツーリング向けのモデルもラインナップしています。前室にバイクや自転車を収納できるモデルを選ぶと、雨や日差しから守りやすくなるのでおすすめです。

登山

登山の際、テントを収納したバックパックを背負いながら歩くのは重労働。重すぎたり収納サイズが大きすぎたりすると、登山を楽しめないこともあります。登山で一人用テントを利用するなら、軽量でコンパクトに持ち運べるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、登山の種類によって、選ぶべき一人用テントが異なります。低山など気軽な登山向けなのか、高山や冬場など厳しい環境下で利用するのか、目的に応じて使い分けましょう。

多くのメーカーは利用できる範囲を明記しているので、登山を安全に楽しむために、どれくらいの難易度まで利用可能なのか事前にチェックしておくことが重要です。

収納時のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

一人で全ての荷物を運ぶソロキャンプでは携行性が重要なポイント。一人用テントを選ぶ際は使用サイズだけでなく、収納時のサイズもチェックする必要があります。コンパクトであるほど持ち運びに便利ですが、強度や居住性が低くなる傾向があるので、現地の環境や移動手段を考慮して選びましょう。

また、キャンプツーリングでは自転車やバイクに積載できるかが重要。特にバイクは道路交通法で定められた積載制限があるため、荷台から左右15cm以内に収めることが必須です。

電車やバスなど公共交通機関を利用する場合は、収納時のサイズだけでなく重量もチェックしておきましょう。多くの荷物を背負って移動するため、少しの重量の差が携行性に影響します。体への負担を減らすためにも、リュックに入るサイズかつ軽量なモデルがおすすめです。

一人でも設営しやすいモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

ソロキャンプでは一人でも設営しやすいモデルを選ぶことが大切。一人用テントの多くは短時間で簡単に設営できるように設計されていますが、なかには複雑なモノも存在します。ソロキャンプ初心者なら、パーツが少なく構造がシンプルなワンポール式やドーム型のテントがおすすめです。

ワンポール式のテントはペグを打ったら支柱となるポールを中央に立てるだけなので、一人でも簡単に設営可能。ドーム型テントはクロスしたメインポールをスリーブに通すだけで自立するため、初めての方でもスピーディーに設営できます。

季節に合わせたモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

テントには対応シーズンがあるため、季節に合わせて選ぶことが大切です。初めて一人用テントを購入するなら、汎用性の高い春・夏・秋の3シーズンに対応したモデルがおすすめ。通気性・防水性が高く、軽量で携行性に優れたモデルが多いのが特徴です。

4シーズン対応のモデルは厳冬期での使用を想定した作りで丈夫ですが、3シーズンテントに比べて通気性は劣ります。夏用と冬用のテントは1シーズンに特化しており、季節に合わせた機能が備わっていますが、他シーズンでの使用にはあまり適していないので留意しておきましょう。

自立式と非自立式どっちがおすすめ?

By: amazon.co.jp

一人用テントは大きく分けて「自立式」と「非自立式」の2種類。自立式はペグやガイラインを使わなくても自立するため、短時間で簡単に設営できます。シンプルな構造で複雑な組み立てが不要なため、複雑な作業が苦手な方や初心者におすすめです。

非自立式はペグやガイラインを使用してテントを立てるタイプ。荷物の軽量化が図れるため、近年ソロキャンパーの増加とともに注目を集めています。ペグの打ち方やロープの張り方など設営技術が必要なので、ワンランクアップしたい中級者やベテランキャンパーにおすすめです。

一人用テントのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に創立した日本のアウトドア総合ブランド。登山やキャンプ向けなど、幅広いアウトドア用品をラインナップしています。

モンベルの一人用テントは、ソロキャンプ初心者から上級登山者向けまで、充実したラインナップが特徴。日本の気候に合った一人用テントを展開しているのもおすすめの理由です。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは1901年にアメリカで創業した、アウトドア用品の老舗ブランドです。テントをはじめタープ・シュラフ・テーブルウェアなど、キャンプやアウトドアレジャーで使用する多様なアイテムを取り扱っています。

一人用テントはツーリング用のモノを中心に複数のモデルを展開。初心者におすすめのスタートパッケージなどもあるので、ソロキャンプに挑戦してみたい方も要チェックです。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県燕市に本社を構えるがスノーピーク。1958年に登山家でもあった創業者の山井幸雄氏が、オリジナル登山用品の開発に着手したのが始まりです。主にアウトドア用品やアパレル製品の開発・製造・販売をおこなっています。

テントは一人用のモノも含め、全高を抑えた耐風性の高いモデルをラインナップしているのが特徴。風の強いフィールドで安心して過ごせます。

一人用テントのおすすめ|シングルウォールテント

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ソロツェルトUV UA-53

コンパクトで軽量な登山やトレッキングにおすすめのツェルトです。付属のロープで設営ができ、休憩場所はもちろん一人用テントとしても利用できます。重さは約620gと軽量。約23×10×10cmサイズに収納できるなど携帯性は良好です。

耐水圧3000mmの生地を採用しているため、多少の雨に降られても耐えられます。前後2ヶ所にベンチレーションを配置しているので、室内の湿った空気を効率的に排出可能。別売のステッキポールを利用して設営できるのもポイントです。

プロモンテ(PuroMonte) 超軽量シングルウォールアルパインテン VB-11

持ち運びやすく快適に泊まれる一人用テントです。東レと共同開発した素材を採用しており、高い防水・透湿性に加えて優れた通気性を備えているのが特徴。結露の発生を抑えるため、休憩したり睡眠をとったりと快適に過ごせます。また、コンパクトに収納できるうえ、総重量が1190gと軽量なのも嬉しいポイントです。

ポールをセットするだけで自立させることが可能。吊り下げ式のテントを採用しているので、設営や撤収が短時間で済ませられます。冬山登山でも使える、一人用テントを探している方におすすめのモデルです。

プロモンテ(PuroMonte) 超軽量シングルウォールアルパインテント VB-12Z

シングルウォールモデルながら、前室を備えているのが特徴のモデルです。雨や夜露で靴や荷物を濡らすことなく収納することが可能。室内が広く使えるためゆったりとくつろげます。また、入り口にはメッシュパネルを搭載するなど、より高い快適性を求める方におすすめの一人用テントです。

また、組み立てが容易なのも魅力。スクリューフックを採用しているので、テント本体とポールを簡単に固定することが可能です。設営はもちろん撤収も素早くおこなえます。ほかにも、本体四隅に倒立スリーブを配置しており、剛性と耐久性を高めているのもポイントです。

アライテント(ARAI TENT) Eライズ1

「高通気エントラント」生地を採用した一人用テントです。防水性と透湿性に優れているため、快適に利用できます。また、つぶれにくい構造のベンチレーターを採用しており、強風下でしっかりと換気ができるのもポイントです。

また、継ぎ目のないフレームスリーブを搭載。ポールが通しやすいので、スムーズに設営することが可能です。末端が袋とじ状に加工されているのも特徴。本体重量はフレームも含め1250gと軽量です。

アライテント(ARAI TENT) カヤライズ1 34224052

夏場の利用におすすめの一人用テントです。ウォール生地に全面メッシュを採用しているのが特徴。通気性に優れているため、蒸し暑い季節でも快適に過ごせます。そのほか、満天の星空を眺めながら就寝する、といった使い方も可能です。

オプションのフライシートを併用すれば、一般的な一人用テントとして活躍するなど使い勝手は良好。本体のみで販売されており、手持ちのポールが利用できるのもポイントです。

一人用テントのおすすめ|ダブルウォールテント

モンベル(mont-bell) クロノスドーム1 1122490

独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用したモデルです。ポールを直角に交差させることで、天井部分を外側に張り出しているのが特徴。ゆとりのある居住空間を求める方におすすめの一人用テントです。ソロキャンプや登山など幅広いシーンで活躍します。

アルミニウム合金製のポールを採用しており、本体重量は2.0kgと軽量。ポールとソケットがショックコードで繋がっているため、組み立てる際の手間が少なく済みます。入り口に大型のメッシュパネルを備えているほか、フライシートの2ヶ所にベンチレーションを配置するなど、換気のしやすい構造を採用しているのも特徴です。

コールマン(Coleman) ツーリングドーム/ST 2000038141

キャンプツーリングやソロキャンプにおすすめの一人用テントです。大自然のなかに馴染む、ナチュラルカラーを採用しています。ポールポケットを備えているため1人での設営が容易。また、脱いだ靴や荷物を置くのに便利な前室も搭載しています。雨の日に出入りをする際、室内が濡れにくいのもポイントです。

オプションのキャノピーポールを利用すれば、前室に大型の日除けをつけることが可能。強い日差しや雨を避けながら、食事や休憩ができるので重宝します。開放的で使い勝手のよいリビングエリアを作りたい方は、チェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) ミニッツドーム Pro.air 1 SSD-712

バイクや自転車でのキャンプツーリングにおすすめの一人用テント。重さが2.95kgと軽量なうえ、20×20×59cmとコンパクトに折りたためるため、簡単に持ち運べます。

また、大型の前室を搭載しているのが特徴です。バッグ・ブーツ・ヘルメットなどの荷物を収納することが可能。雨の日に濡れる心配が少なく、靴の脱ぎ履きができるのも便利です。

本製品は、吊り下げ式のインナーテントを採用しているので、設営や撤収がスムーズにおこなえます。フライとボトムシートに耐水圧1500mm以上の生地を採用。多少の雨なら慌てることなく安心して過ごせます。

ロゴス(LOGOS) Tradcanvas ツーリングドゥーブル SOLO-BA 71805575

バイクでのキャンプツーリングに適した一人用テントです。大きく張り出した前室を備えており、入り口のフラップを立ち上げることでバイクの駐輪スペースが確保できます。バイクを雨や夜露で濡らしたくない方におすすめのモデル。そのほか、リビングスペースを拡張したいときにも重宝します。

フライシートに耐水圧2000mm、フロアには3000mmの生地を採用するなど防水性は良好です。全面にマッドスカートを配置しているのも特徴。冷たい風の侵入が防げるため冬のキャンプで活躍します。収納時の横幅を約60cmに抑えるなど、バイクに積載しやすい設計がされているのも便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ソロテント UA-19

比較的安価で購入できる一人用テント。ダブルウォール仕様ながら約2.18kgと軽量なため、容易に運搬できます。初めてソロキャンプする、初心者の方におすすめのモデルです。

前室と後室を搭載しているのが特徴。荷物を収納するのに便利なほか、前室は高さがあるので出入りが楽におこなえます。入り口が前後に設けられており、両方からアクセスできるのも便利なポイントです。

インナーテントにはノーシームメッシュ生地を採用。フライシートに開閉式のベンチレーションを搭載しているため、効率的に換気が可能です。結露の発生が軽減でき快適に過ごせます。

一人用テントのおすすめ|非自立式テント

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ 1 SDI-101

快適性を重視するソロキャンパーにおすすめの一人用テントです。タープと一体で立ち上げるユニークなモデル。長さの異なる2本のポールを使用しており、開放的なリビングエリアを確保できるのが特徴。調理・食事・休憩と多目的に利用できるのはもちろん、雨天に濡れることなく就寝エリアと行き来できるので便利です。

キャンプテーブルやチェアを並べてロースタイルでくつろげます。インナーテントは吊り下げ式を採用。2点を引っ掛けコーナーを固定するだけで、簡単に設営できます。

62×19×23cmサイズのキャリーバッグに収納できるので、バイクやコンパクトカーに積み込んで出かけることが可能です。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント T1-442

キャンプツーリングにおすすめの一人用テントです。重さが約2.6kgと軽量なうえ、収納時の長さは約50cmとコンパクト。バイクへの積み込みや持ち運びが容易におこなえます。ペグを打ってポールを立てるだけで設営できる、ワンポール仕様なのも便利なポイントです。

本製品は、広い前室を備えているのが特徴。荷物をはじめロータイプのテーブルやチェアなどが並べられます。インナーポケットやランタンフックを搭載するなど使い勝手は良好です。別売りのポールを利用すればキャノピーが立ち上げられ、リビングスペースを拡張できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー キャンプベースソロUV UA-63

フライに耐水圧2000mm、フロアに3000mmのポリエステル生地を使用した防水性の高いモデルです。雨の多い時期にも、安心して過ごせる一人用テントを求める方におすすめ。設営が楽な吊り下げ式のインナーテントを搭載しています。前後同デザインを採用しており、出入り口の方向を迷わずに作業が進められるのも便利です。

インナーテントの前後左右にはメッシュパネルを配置。フライシートのフラップを立ち上げれば、涼しい外気を取り入れながら効率的に換気がおこなえます。マッドスカートを備えており冷たい風の侵入も防げるため、オールシーズン快適に使用することが可能です。

フィールドア(FIELDOOR) フォークテント TC 280

逆V字型の二又ポールを使用して組み立てる、ユニークな構造のワンポールテントです。中央にデッドスペースができないため、室内空間を広々と利用できます。

TC生地を採用しているのが特徴。ポリエステルとコットンの混紡素材で難燃性に優れています。万が一火の粉がかかっても穴が空きにくいので、焚き火を楽しみたいキャンパーにおすすめです。

ただし、本体重量は約6.8kgと重めのため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。ランタンフックや小物ポケットを搭載するなど、使い勝手を考慮した設計がされています。

バンドック(BUNDOK) ソロベース BDK-79TC

ミリタリースタイルのキャンプが楽しめるバップテントです。フライシートにポリエステルとコットンの混紡生地を採用。夏は涼しく冬はあたたかいため、オールシーズン快適に使用できます。撥水加工が施されていますが完全防水ではないので、雨天に利用する際はタープとの併用がおすすめです。

インナーテントにはメッシュ素材を採用。新鮮な外気が取り入れやすく不快な害虫の侵入は防げるなど、居住性は良好です。焚き火好きの方にもおすすめなので、気になる方はチェックしてみてください。

Geer Top 一人用テント

登山やトレッキングにおすすめの一人用テントです。トレッキングポールを利用して設営するのが特徴。テントポールが不要のため本体重量は900gと軽量です。持ち運ぶ荷物も最小限に抑えられます。

高い防水性能を備えているのも特徴。フライシートに耐水圧3000mm、フロアには5000mmの生地を採用しています。多少強い雨に降られても慌てる心配はありません。荷物や靴を置くのに便利な前室を搭載。さらに、ランタンフックや小物ポケットも備えるなど使い勝手は良好です。

一人用テントの楽天市場ランキングをチェック

一人用テントの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。