ファミリーや仲間と行く登山やキャンプはもちろん、最近では1人で行くソロ登山やソロキャンプを楽しむ方が増えてきています。

そこで今回は、ソロ登山やソロキャンプを楽しみたい方のためにおすすめの「一人用テント」をご紹介。オンリーワンのアウトドアライフを堪能したい方はぜひチェックしてみてください。

一人用テントの種類

シングルウォールテント

By: rakuten.co.jp

フライシートを持たない、1重構造のテントをシングルウォールテントといいます。フライシートが持つ防水透湿性を、本体生地が持っているのが特徴。構造がシンプルなため軽量でコンパクトに収納でき、設営もしやすいなどのメリットがあります。

ただし、ダブルウォールタイプと比べると室内が結露しやすく、前室が作れないといったデメリットもあるので、キャンプ初心者の方にはやや不向き。登山向けテントなどに多く採用されているタイプです。

ダブルウォールテント

By: amazon.co.jp

一般的なキャンプ用テントの多くが採用しているタイプです。壁が2枚あるため、「ダブルウォールテント」と呼ばれています。フライシートとインナーシートが独立した2重構造になっているのが特徴。主にフライシートが防水、インナーシートが室内の湿度を逃す役目を果たしています。

シングルウォールタイプと比較すると、重量は重く収納サイズが大きいモノも多くありますが、室内が結露しにくく快適に過ごせるのがメリット。また、前室が作れることによる使い勝手のよさもポイントです。靴や荷物を置いておけるので、朝露から守れるだけでなく室内も広く使えます。

非自立式テント

By: amazon.co.jp

ペグや張り綱を使用して立てるのが「非自立式テント」。自立式のテントと異なりポールを通しただけでは自立できませんが、パーツが少ない分だけ軽量なのがメリットです。1kg以下の超軽量テントはほとんどが非自立式のため、荷物を軽くしたい方におすすめ。おしゃれなモノが多く、室内の広さも1人なら十分です。

非自立式テントは慣れるまで設営に時間がかかるのがデメリット。また、ペグが刺さりにくい場所に設営するのは困難なので、テントを張る場所の地面を事前によく確認する必要があります。設営時にはある程度の広さがあったほうがよいため、狭い場所への設置には不向きです。設営の手間を考えると、初心者より中級者・上級者に適しています。

一人用テントの選び方

シチュエーションで選ぶ

キャンプ

キャンプで一人用テントを利用するなら、快適性を重視するのがおすすめです。居住スペースが広く設けられた一人用テントや、前室に余裕があるタイプを選びましょう。

床面積や高さに余裕があれば、就寝時や着替えの際にストレスなくキャンプを楽しめます。また、前室がある一人用テントなら靴や荷物を置くことが可能。前室が広いタイプのモノを選ぶと、タープのように日差しや雨を避けて調理や食事ができるのでおすすめです。

ツーリング

ツーリングで一人用テントを利用するなら、コンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。バイクや自転車で移動する際には、運ぶ荷物が限られます。ほかの荷物を圧迫しない収納性に優れた一人用テントを選びましょう。

メーカーによっては、ツーリング向けのモデルもラインナップしています。前室にバイクや自転車を収納できるモデルを選ぶと、雨や日差しから守りやすくなるのでおすすめです。

登山

登山の際、テントを収納したバックパックを背負いながら歩くのは重労働。重すぎたり収納サイズが大きすぎたりすると、登山を楽しめないこともあります。登山で一人用テントを利用するなら、軽量でコンパクトに持ち運べるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、登山の種類によって、選ぶべき一人用テントが変わります。低山など気軽な登山向けなのか、高山や冬場など厳しい環境下で利用するのか、目的に応じて使い分けましょう。

多くのメーカーは、利用できる範囲を明記しているので、登山を安全に楽しむために、どれくらいの難易度まで利用可能なのか事前にチェックしておくことが重要です。

設営方式から選ぶ

自立式

By: amazon.co.jp

自立式テントとは、テントの本体にポールを通して立たせるテントのこと。地面にペグを打ったり、ロープを張ったりする必要がないので、初心者でも簡単に設営できます。

現在ラインナップされている一人用テントの多くが、自立式のモノです。自転車ツーリングや過酷な登山などで、軽量さを最重要視していないのであれば、設営が簡単な自立式の一人用テントを選びましょう。

非自立式

By: amazon.co.jp

非自立式テントとは、ペグや張り網、トレッキングポールなどを使って立たせるテントのこと。総重量の軽量化はできるものの、テントを立てる技術力が必要です。

おしゃれなデザインのテントや、アレンジを加えて変形させて使えるモノが多いのも、非自立式テントの特徴。キャンプや登山に慣れている中級者・上級者の方におすすめです。

一人用テントのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

「モンベル」は、1975年に創立した日本のアウトドア総合ブランド。登山やキャンプ向けなど、幅広いアウトドア用品をラインナップしています。

モンベルの一人用テントは、ソロキャンプ初心者から上級登山者向けまで、充実したラインナップが特徴。日本の気候に合った一人用テントを展開しているのもおすすめの理由です。

アライテント(ARAI TENT)

By: rakuten.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本の老舗メーカー。熟練した職人の手によって、高品質なアウトドア製品を日本国内で製造しています。

アライテントの一人用テントは、機能性が高く軽量化を実現しているのが特徴。前室が広く居住スペースが広いタイプもあり、設営も簡単なため登山だけでなくキャンプやツーリング利用にもおすすめです。

エムエスアール(MSR)

By: amazon.co.jp

「エムエスアール」は、1969年にアメリカで創設されたアウトドア用品などを手がけるメーカー。スタイリッシュかつおしゃれで、安全性や居住性を備えたテントを展開しています。

エムエスアールのテントは、目的別にシリーズ分けされているのが特徴。キャンプ用から高山や雪山向けまで、幅広い一人用テントをラインナップしています。アウトドア初心者でも、目的に合った一人用テントを見つけやすいことがおすすめの理由です。

一人用テントのおすすめ|シングルウォールテント

モンベル(mont-bell) マイティドーム 1型 1122658

重さ1.25kg、収納サイズが30×14cmと、軽量でコンパクトな一人用テントです。生地には、高い防水透湿性と通気性を持つ「ブリーズドライテックプラス」を採用。ベンチレーションも有しているので、テント内を換気でき、快適な居住空間を確保できます。

また、設営が簡単なのも嬉しいポイント。テント内にはインナーポケットや、天井ループが設けてあるなど、使い勝手も良好です。登山や自転車ツーリング、カヌーツーリングに向いています。軽くてコンパクトな一人用テントを探している方におすすめです。

プロモンテ(PUROMONTE) 超軽量シングルウォールアルパインテント VB-11

高い通気性を備える新素材を採用しており、シングルウォールテントの懸念点である結露を軽減するのが特徴。防水、透湿性能も優れており、テント本体の耐水圧は4500mmを有しています。

重さ約1.05kg、収納時サイズが30×24cmと、軽くてコンパクトなのもポイント。2本ポールの吊り下げ式テントで、素早い設営と撤収ができます。結露を抑えて、テント内で快適に過ごせるモノを探している方や、荷物を極力軽くしたい方におすすめです。

icamp(アイキャンプ) ソロテント solo2

リーズナブルな価格が魅力のシングルウォールテントです。天井部のベンチレーションのほかに、出入口と大きな窓を設けているため、優れた通気性が特徴。テント内で快適に過ごせます。

テントの幅は約215cm。1人でゆっくり過ごせる広々としたスペースを確保しながらも、総重量は約1.6kgと軽く、コンパクトに収納できるのもポイントです。

テント本体の耐水圧は2000mm、フロアシートは8000mmと、高い耐水性能を有しているのもメリット。テント内には、小物入れやランタンフック、電源窓なども備えており、使い勝手も良好です。ハイスペックで、コストパフォーマンスに優れた一人用テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト2P

出入口が大きく、開放感のあるシングルウォールテント。側面の立ち上がりが強く、室内サイズが208×124×102cmと、ゆったりとした室内空間が特徴です。

空気の循環を促す「フローマニフォールド」の採用により、テント内で快適に過ごせるのも嬉しいポイント。また、シームテープ加工が施されているため、目止めの手間がないのもメリットです。

重さは1.766kg、収納サイズは33×15cm。広々としたスペースのシングルウォールテントを探している方におすすめです。

ネイチャーハイク(NatureHike) VIK ウルトラライト シングルテント

総重量わずか1.1kgのシングルウォールテント。収納時サイズも46×16cmとコンパクトにまとまり、登山やツーリングにおすすめのアイテムです。

展開時のサイズは210×80×95cmあり、ソロ用ながらも快適な居住スペースを作れるのが特徴。また、独自の「二重天窓対流設計」によりテント内の空気の循環を促し、結露を軽減します。グランドシートが標準で付属しているのも嬉しいポイントです。

トレッキングポールなどを使えば、前室が作れるのもメリット。簡単な調理をしたり、荷物を置いたり、さまざまな使い道が可能です。優れた耐水性能を備えているので、急な雨でも安心して対応できます。居住性がよく、前室が作れるシングルウォールテントを探している方におすすめです。

一人用テントのおすすめ|ダブルウォールテント

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 1型

ポールを直角にして交差させる独自の「バーティカル・クロス・システム」の採用で、広い居住空間を確保できる一人用テントです。

入口前面と対面の上部は、テント生地とメッシュの二重構造。ジッパーで開閉することで、室内の温度調節が簡単に行えます。また、フライシートには2ヵ所ベンチレーションを備えているため、通気性も良好です。

汎用性の高い3シーズンに対応しているのも嬉しいポイント。ショックコードでポールがつながっているので、テントの設営、撤収も簡単です。居住性重視の一人用テントを探している方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

アライテント(ARAI TENT) トレックライズ 0

大きな半月型の入口を設け、出入りがしやすく開放感のある3シーズン用テント。重さわずか1.25kgと軽く、ツーリングや登山にぴったりなアイテムです。

大きなベンチレーションと、メッシュ仕様の入口で通気性も良好。暑い季節のキャンプでも熱がこもりにくく、テント内で快適に過ごせます。また、フレームスリーブには切れ目がないので、スムーズに設営できるのもポイント。荷物や靴が置ける前室を備えているのも便利です。

収納時サイズは28×13cmと、リュックの中に入れて気軽に持ち歩けるコンパクトさも魅力。軽量で、機能性が高い一人用テントを探している方におすすめです。

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト1

一人用テントながらも、広々とした前室を備えているのが特徴。使い道の広がる前室は、日本の「土間」をイメージして作られています。

前室は奥行60cm、入口部分110cmと余裕のスペースで、さまざまな使い方が可能。主寝室は、間口200×奥行75×高さ104cmと高さがあり、居住性にも優れています。また、フライシートの入口は大きく開き、開放感のあるテントです。

収納時サイズは32×19cm。居住性と使いやすさを重視した一人用テントを探している方におすすめです。

エムエスアール(MSR) ハバ NX

軽さと居住性を両立したダブルウォールの一人用テント。天井部で交差するポールは、サイドウォールをまっすぐに立ち上げ、広々としたテント内空間を確保しています。

ポールは、航空機にも使われている「イーストンサイクロン」素材を採用。強風の力が加わるとその強さに合わせて曲がり、元の形に戻るという特性を持っており、耐風性の強さも特徴です。

フライシートとフロアシートにはコーディングが施されており、耐久性を高めているのもメリット。ハイスペックで、長く愛用できる一人用テントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パイクスピーク(PYKES PEAK) 一人用テント

リーズナブルな価格ながらも、高性能な一人用テントです。2000mmの耐水性能を備えているほか、耐久性の高い「190Tポリエステル」を採用。また、メーカーはUVカット率99%以上と謳っており、強い日差しをブロックする効果が期待できます。

テント内には、小物が入れられるポケットやランタンフックなどがあり、使い勝手にこだわっているのもポイント。テントにはベンチレーションもあり、通気性も良好です。

さらに、ほかにはない豊富なカラーラインナップも魅力。キャンプやツーリングはもちろん、ピクニックや海でも気軽に使える一人用テントです。

ネイチャーハイク(NatureHike) ダブルウォールテント

設置が簡単なダブルウォールテントです。ビギナーやテントの設営に時間をかけたくない方におすすめのアイテム。収納時サイズは40×15cmとコンパクトにまとまるのも嬉しいポイントです。

また、コンパクトさを追求しながらも、フライシートの耐水圧は4000mmと高く、機能性に優れています。比較的価格が安いのも魅力的で、コスパの高い一人用テントを探している方におすすめです。

一人用テントのおすすめ|非自立式テント

テラノバ(TERRA NOVA) レーサーコンペティション1

ダブルウォールにもかかわらず、重量が1kgを切る軽量テント。設営は簡単で、ポールをスリーブに通してペグダウンするだけで完了します。

ダブルウォール構造ならではのゆったりとした室内空間も魅力。3シーズンに対応しているほか、インナーテントを外してフライシートのみでも使用でき、フレキシブルに活躍します。

また、フライシートを巻き上げることで通気性も確保可能。軽量なダブルウォール構造の一人用テントを探している方におすすめです。

ZEROGRAM Thru Hiker 1p

ダブルウォールテントで0.947kgと、軽量化を図った一人用テント。フライ・インナー・フットプリントの一体構造で、簡単に設営できるのが特徴です。

インナーテントは高さもあり、大人1人がゆっくりと過ごせるフロアサイズが魅力。フロントには使い勝手のよい前室も備えています。また、不快な結露を軽減しているのも本アイテムの特徴です。

低重心で、流線形のフォルムは風に強く、稜線や急な天候の変化にも安心して対応できます。登山をする方におすすめのテントです。

ヘリノックス(Helinox) Tac.アタックソロ

おしゃれなキャンパーに人気のブランド、ヘリノックス。2本のポールを使って設営する非自立式タイプのシングルウォールテントです。非自立式ですが、初心者でも簡単に設営・撤収できるのが特徴。また、テント上部にベンチレーションを設けているため、通気性にも優れています。

フライシート5000mm、フロアシート10000mmと、高い耐水圧を備えているのもポイント。耐風性にも優れた構造で、アウトドアの厳しい環境でも耐えられるハードユース仕様です。おしゃれな非自立式テントを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ファイントラック(finetrack) カミナモノポール1

前室がついたシングルウォールテント。重さ0.89kgと軽量なほか、片手で持てるほどコンパクトにまとまるので、登山やツーリングにおすすめのアイテムです。

テント本体には、強度のある「ナイロンリップストップ」生地を使用。また、張力のかかる辺に独自の特許製法「テンションスリングシステム」を採用しています。

デッドスペースを最小限にした構造で、広々としたテント内空間も魅力。大型メッシュ窓とベンチレーションにより、通気性も良好です。さらに、4シーズンにわたって使えるのも嬉しいポイント。しっかりとした構造の山岳用ソロテントを探している方は、要チェックのアイテムです。

デザートウォーカー(Desert Walker) ワンポールテント

重さ約0.9kgの1~2人用テント。ワンポールタイプなので設営が簡単なほか、荷物が置ける前室を作れるのが特徴です。

テント上部にベンチレーションを備えているため、空気を循環させ、快適な居住空間を確保。耐水圧は3000mmを有し、急な雨でも安心して過ごせます。また、耐久性が高い生地を採用しており、長く愛用できるのもポイント。4シーズンに対応しているのも魅力です。

収納には23×14cmとコンパクトにまとまるので、携帯性も良好。ツーリングや登山に向いています。1年を通して使えるワンポールテントを探している方におすすめです。

一人用テントの楽天市場ランキングをチェック

一人用テントの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。