ファミリーや仲間と行く登山やキャンプはもちろん、最近ではひとりで行くソロ登山やソロキャンプを楽しむユーザーが増えてきています。

そこで今回は、ソロ登山やソロキャンプを楽しみたい方のためにおすすめの「一人用テント」をご紹介。オンリーワンのアウトドアライフを堪能したい方はぜひチェックしてみてください。

一人用テントの選び方

シチュエーションで選ぶ

キャンプ

キャンプで一人用テントを利用するなら、快適性を重視するのがおすすめです。居住スペースが広く設けられた一人用テントや、前室に余裕があるタイプを選びましょう。

床面積や高さに余裕があれば、就寝時や着替えの際にストレスなくキャンプを楽しめます。また、前室がある一人用テントなら靴や荷物を置くことが可能。前室が広いタイプのモノを選ぶと、タープのように日差しや雨を防ぎながら調理や食事ができるのでおすすめです。

ツーリング

ツーリングで一人用テントを利用するなら、コンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。バイクや自転車で移動する際には、運ぶ荷物が限られます。そのため、他の荷物を圧迫しない収納性に優れた一人用テントを選びましょう。

メーカーによっては、ツーリング用としてぴったりのモデルもラインナップしています。前室にバイクや自転車を収納できるモデルを選ぶと、雨や日差しから守りやすくなるのでおすすめです。

登山

登山の際は、テントをバックパックに収納して歩きながら持ち運ぶ必要があります。重すぎたり収納サイズが大きすぎたりすると、移動だけでストレスとなり登山を楽しめないことも。そのため、登山で一人用テントを利用するなら、軽量でコンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、登山の種類によって、選ぶべき一人用テントが変わります。低山用など気軽な登山向けなのか、高山や冬場など厳しい環境下で利用するのか、目的に応じて使い分けましょう。

多くのメーカーは、利用できる範囲を明記しているので、登山を安全に楽しむために、どれくらいの難易度まで利用可能なのか事前にチェックしておくことが重要です。

構造から選ぶ

シングルウォールテント

By: amazon.co.jp

シングルウォールテントとは、1枚の壁で作られたテントのこと。シンプルな構造のため、設営が簡単で軽くコンパクトに収納できるのがメリットです。

デメリットは、テント内に結露が起きやすいこと。多くのモデルは、雨を防ぎつつテント内の蒸気を逃せるように、防水透湿性素材を採用していることがほとんどです。しかし、シングル構造のため空気の層を作れずに、直接テント内に結露が起きてしまいます。

また、前室がないのも大きなデメリット。前室がなければ、雨天時に靴や荷物をテント内に保管したり、テント外に放置したりしなければなりません。過酷な登山などで、必要以上に軽さや設営・撤収の手軽さを重視しないのであれば、快適性が高い「ダブルウォールテント」を選ぶのがおすすめです。

ダブルウォールテント

By: amazon.co.jp

ダブルウォールテントとは、2枚の壁で作られたテントのこと。多くのモデルは、通気性が高い「インナーテント」に、防水加工を施した「フライシート」をかぶせる二重構造です。そのため、インナーテント内に結露が起きにくく、雨や日光を防ぎやすいのがメリット。また、フライシートで前室を作れるタイプが多いため、荷物置き場や調理場として活用できるのも便利です。

ただし、ダブル構造なだけに、シングルウォールテントより設営の手間がかかり、重くなりがちなのがデメリット。しかし、設営や重さ以外の点では、開放感があり快適性にも優れています。通常のソロキャンプやアウトドア初心者なら、ダブルウォールの一人用テントを選ぶのがおすすめです。

設営方式から選ぶ

自立式

By: rakuten.co.jp

自立式テントとは、テントの本体にポールを通して立たせるテントのこと。地面にペグを打ったり、ロープを張ったりする必要がないので、初心者でも簡単に設営できます。

現在ラインナップされている一人用テントの多くが、自立式のモノです。自転車ツーリングや過酷な登山などで、必要以上に軽量なテントを探していないなら、設営が簡単な自立式の一人用テントを選ぶのがおすすめです。

非自立式

By: amazon.co.jp

非自立式テントとは、ペグや張り網、トレッキングポールなどがなければ、立たないテントのこと。総重量の軽量化はできるものの、テントを立てる技術力が必要です。一般的なソロキャンプやツーリング、登山利用であれば、手軽な自立式の一人用テントを選ぶのがおすすめです。

一人用テントのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に創立した日本のアウトドア総合ブランド。登山やキャンプ向けなど、幅広いアウトドア用品をリリースしています。

モンベルの一人用テントは、ソロキャンプ初心者から上級登山者向けまで、ラインナップが充実しているのが特徴。メーカーの創業者が登山家であり、日本の気候に合った一人用テントを展開しているのもおすすめの理由です。

アライテント(ARAI TENT)

By: amazon.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本の老舗メーカー。主な製品は日本国内で熟練した職人が手作りで、高品質なアウトドア用品をリリースしています。

アライテントの一人用テントは、主に山岳用に作られており、機能性が高く軽量化を実現しているのが特徴。前室が広く居住スペースに余裕があり、設営も簡単なため登山だけでなくキャンプやツーリング利用にもおすすめです。

マウンテンセーフティーリサーチ(MSR)

By: amazon.co.jp

「マウンテンセーフティーリサーチ」通称「エムエスアール」は、1969年にアメリカで創設された登山用品などを手がけるメーカー。スタイリッシュでおしゃれかつ、安全性や居住性を追求したテントで世界中のキャンパーや登山家に親しまれています。

エムエスアールの一人用テントは、目的別にシリーズ分けされているのが特徴。キャンプ用から高山や雪山向けまで、幅広い一人用テントをリリースしています。アウトドア初心者でも、目的に合った一人用テントを見つけやすいことがおすすめの理由です。

一人用テントのおすすめ|キャンプ

アライテント(ARAI TENT) ドマドームライト1

一人用テントでありながら、主寝室と土間のツインルームで構成された広々と使えるモデル。フライシートは大きく開けられるので、日中はオープンにして開放的に、夜間は閉鎖してプライベートを重視するなど、シーンに応じて使い分けできます。

主寝室のサイズは、約75×200cm、土間部分は約60×110cmとスペースに余裕があり、高さも約104cmあるため圧迫感が少ないのも魅力です。

3本のフレームをポールスリーブに通して立ち上げれば自立するので、一人でも簡単に設営できます。3本のフレームは同じ長さで統一されていて、設営時に使い分ける必要がないので便利です。

エムエスアール(MSR) エリクサー1 37310

MSRの「バックパッキングテント・シリーズ」のなかで、最も居住性が高い一人用テント。天井部にポールを加えて箱型に近い空間を作り、高い居住性を実現しています。前室は台形型で約1.11m²の面積があり、靴だけでなくギアを収納できるのが魅力です。

フライシートには「68Dポリエステルリップストップ」素材を採用し、丈夫で耐久性に優れています。DWRコーティングされているため、撥水性が高いのも特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー ソロテントUV UA-40

キャンプを快適に過ごせる装備が充実した、本格的な一人用テント。インナーテントは吊り下げ式なので、一人で簡単に設営・撤収できます。ポールの色が分かれており設営時がしやすいため、初心者の方にもおすすめです。

インナーテントには通気性撥水加工を施し、側面にメッシュを採用していて、風通しがよいのも魅力。フライシートは、防水や撥水、UVカット加工も施されており、雨や紫外線に強いのが特徴です。

別売りのトレッキングステッキを利用すれば、キャノピーを広げて調理や食事を楽しめます。専用の収納バッグ付きなので、移動や保管時に便利です。

ヒルバーグ(HILLEBERG) ウナ 12770024

「ウナ」は、ヒルバーグで最もシンプルな一人用テントです。完全自立式で設置場所を選ばないため、ソロキャンプやツーリング、登山まで幅広く利用可能。インナーテントは、約230×110×100cmと一人用テントとして十分な広さがあり、ギアも余裕を持って収容できます。

前室はないものの、インナーテントのコーナーを取り外せば、仮の前室を作れるのも便利。シーンを限定せず、さまざまなアウトドアで利用したい方におすすめの一人用テントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ソロテント UA-19

インナーのサイズが約210×70×108cmの一人用テントで、工夫をこらした快適装備が加えられているのが特徴です。前室は高さと広さがあるワイドな作りで、後面にも荷物置き場を兼ねた出入り口が設けられています。

インナーテントには通気性が高い「ノーシームメッシュ」を採用し、フライシートには開閉可能なベンチレーションを搭載することで、テント内の空気を換気し結露を防ぎやすい構造です。

ポールカラーを色分けしたり、専用の収納バッグが付いていたりと、細やかな配慮も加えられているのもポイントです。

一人用テントのおすすめ|ツーリング

エムエスアール(MSR) ハバ ツアー1 37319

前室は、自転車を保管できる広々としたサイズ感のため、サイクリングでキャンプを楽しみたい方におすすめです。インナーテントがレインフライに連結しているので、雨天時にテント本体を濡らさず素早く設営できるのが特徴。

また、レインフライはシームテープの採用を廃止し、耐水圧1200mmのコーティングを施しています。そのため、シームテープが剥がれるトラブルがなくなり、テントの性能を長期間維持できるのが魅力です。

コールマン(Coleman) ツーリングドームST 170T16400J

本製品は、ポールポケットにポールを通してフライシートをかぶせるだけなので、一人でも簡単に設営できます。サイズは、約210×120×100cmとスペースに余裕があるので、テント内で快適に過ごせるのも魅力です。

インナーテントにはベンチレーションを設けていて、前面と背面にメッシュドアがあるため、通気性が高いのも特徴。また、フライシートにはPU防水やUVカット加工が施されていて、雨や紫外線の影響を軽減できます。

さらに、専用のキャリーバッグに収納すれば、コンパクトにまとまるので移動時にも便利なおすすめテントです。

ノースイーグル(North Eagle) イーグルツーリングドームII NE165

簡単に設営でき、居住空間に余裕があるにもかかわらず、安い価格で手に入れられる一人用テントです。コストパフォーマンスが高いので、初めての一人用テントとしてもおすすめ。

インナーテントの天井部分はファスナー式で、開けるとメッシュ窓になり、風通しがよく虫が入りにくいのが魅力です。フライシートにはUVカット加工が施されており、耐水圧は約1500mmのため紫外線や雨に強いのもポイント。

本体サイズは、約220×210×120cmと余裕がある大きさですが、専用のケースを使えばコンパクトに収納できます。

バンドッグ(BUNDOK) ツーリング テント BDK-17

インナーテントのサイズが、約200×110×110cmの広さがあり、2人でも利用できます。専用のケースに入れれば、約46×13.5cmとコンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利。

インナーテントは前後から出入りできる構造で、メッシュ素材のベンチレーションを採用しているため通気性がよいのが特徴。フライシートで前室を作れますが、フルクローズすることでプライベートを確保できます。

リーズナブルな価格ですが、耐水圧は約1000mm、UVカット加工も施されているなど機能性も十分です。

ディーオーディー(DOD) ライダーズバイクインテント T2-466

大型キャノピー専用のアルミポール付きで、テント内に自転車やバイクを保管できる、ツーリング用におすすめの一人用テント。専用のキャリーバッグはバイクに横向きで積むことを想定しており、直径約20×長さ58cmとコンパクトに収納できる仕様です。

設営はワンタッチでできるので、初心者にもおすすめ。また、アウターテントの耐水圧は3000mmと雨に強く、大切なバイクや自転車を雨から守りやすい作りも魅力です。

ロゴス(LOGOS) ROSY ツーリングドーム 71806004

フレーム2本のシンプルな構造で、一人で簡単に設営・撤収できます。インナーテントは、約210×100×110cmと余裕のある大きであるものの、収納時にはコンパクトにまとまります。

また、フライシートがインナーシート全体を覆わないため、熱がこもりにくく通気性に優れているのも特徴。大きめのベンチレーションも搭載しており、換気もスムーズに行えます。機能性のバランスが取れているので、ツーリングだけでなくキャンプ利用にもおすすめです。

一人用テントのおすすめ|登山

モンベル(mont-bell) ステラリッジ テント1 1122475

多くの登山家から長年支持され続けている、モンベルの一人用テント。総重量約1.44kgと軽量で、専用のスタッフバッグを使えばコンパクトに収納できます。独自の「オートセットアップ・スリーブエンド」を採用し、スリープにポールを通せばテントが自立するため設営・撤収も簡単です。

インナーシートとフライシートには、モンベルオリジナルの「バリスティックナイロン」生地を採用し、強度が高いのもおすすめの理由。春から秋にかけての無雪期や積雪期登山向けの一人用テントですが、別売りのスノーフライがあれば冬でも利用できます。

エムエスアール(MSR) ハバ NX 37746

軽量化と居住性が両立した、バックパッキングテントのベストセラー製品。一体型のポールを採用しているので設営が簡単で、総重量も約1290gと軽量化を実現しています。

ポールが天井で交差する構造で、サイドウォールが真っ直ぐ自立し快適な居住スペースを確保できるのもポイント。ギアを収納できる前室があり、入口も広いので出入りもスムーズにできます。3シーズン向けの一人用テントなので、気軽なトレッキング利用などにおすすめです。

エムエスアール(MSR) アクセス1 37344

短期の雪山登山利用を想定した、強風や積雪に耐えうるオールシーズン向けの一人用テント。耐久性が高く悪天候に強い作りで、標高の高い山から雪山まで本格的な登山を楽しみたい方におすすめです。

シンプルな構造で、簡単に設営できます。フロア面積は約223×83×96cmと余裕があるサイズながら、コンパクトに収納可能。さらなる悪天候に備え、「ガイラインループ」をフライシートの要所に設けるという配慮も加えられています。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

「人力移動」をテーマに、余計な要素を全て削ぎ落とした軽量でコンパクトな一人用テント。厳選した素材を採用し、軽量化と強度の高さを両立しています。約100×205×100cmとサイズに余裕があるものの、総重量は約1360gと軽く、コンパクトに収納できるのが魅力。

また、フレームをスピーディーにセットしたり、フライシートをバックルで簡単に取り付けられたり、素早く設営できる工夫が加えられています。3シーズン向けの一人用テントですが、豊富にあるオプションを活用すれば、4シーズン快適に登山を楽しめるのも魅力です。

ダンロップ(DUNLOP) コンパクト アルパインテント VS10

耐久性を重視しながら、軽量とコンパクト化も追及した一人用テント。雪山を含めたコアな登山者向けにリリースされた製品で、オールシーズン利用可能です。日本製にこだわっており、全て国内の工場で熟練した職人が生産・検品しています。

テントは吊り下げ式、ポールは一体型で、設営が簡単なのもおすすめ理由のひとつです。また、フック部にストレスが集中する吊り下げ式テントの弱点を克服すべく、荷重分散メッシュを採用しているのがポイント。

さらに、風を面で受けられるので風に強く、フライシートとテントグランド部にはポリエステルを採用し、雨に強く速乾性に優れているのも特徴です。

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1 SSD-730

軽量化を優先し、最低限必要な素材で居住スペースを確保した一人用テント。ダブルウォールテントながら、フレームを含めた重量が約950gという超軽量化を実現しています。コンパクトに収納できるので、ミニマム派の方にもおすすめです。