ファミリーや仲間と行く登山やキャンプはもちろん、最近では一人で行くソロ登山やソロキャンプを楽しむ方が増えてきています。

そこで今回は、ソロ登山やソロキャンプを楽しみたい方におすすめの「一人用テント」をご紹介。一人でもアウトドアライフを堪能したい方はぜひチェックしてみてください。

一人用テントの種類

シングルウォールテント

フライシートを持たない、1重構造のテントをシングルウォールテントといいます。フライシートが持つ防水透湿性を本体生地が持っているのが特徴。構造がシンプルなため、軽量でコンパクトに収納できるほか、設営もしやすいなどのメリットがあります。

ただし、ダブルウォールタイプと比べると室内が結露しやすく、前室が作れないといったデメリットもあるので、キャンプ初心者の方にはやや不向き。登山向けテントなどに多く採用されているタイプです。

ダブルウォールテント

By: amazon.co.jp

一般的なキャンプ用テントの多くが採用しているタイプです。壁が2枚あるため、「ダブルウォールテント」と呼ばれています。フライシートとインナーシートが独立した2重構造になっているのが特徴。主にフライシートが防水、インナーシートが室内の湿度を逃す役目を果たしています。

シングルウォールタイプと比較すると、重量は重く収納サイズが大きいモノも多くありますが、室内が結露しにくく快適に過ごせるのがメリット。また、前室が作れることによる使い勝手のよさもポイントです。靴や荷物を置いておけるので、朝露から守れるだけでなく室内も広く使えます。

一人用テントの選び方

シチュエーションで選ぶ

キャンプ

キャンプで一人用テントを利用するなら、快適性を重視するのがおすすめです。居住スペースが広く設けられた一人用テントや、前室に余裕があるタイプを選びましょう。

床面積や高さに余裕があれば、就寝時や着替えの際も快適にキャンプを楽しめます。また、前室がある一人用テントなら靴や荷物を置くことが可能。前室が広いタイプのモノを選ぶと、タープのように日差しや雨を避けて調理や食事ができるのでおすすめです。

ツーリング

ツーリングで一人用テントを利用するなら、コンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。バイクや自転車で移動する際には、運ぶ荷物が限られます。ほかの荷物を圧迫しない、収納性に優れた一人用テントを選びましょう。

メーカーによっては、ツーリング向けのモデルもラインナップしています。前室にバイクや自転車を収納できるモデルを選ぶと、雨や日差しから守りやすくなるのでおすすめです。

登山

登山の際、テントを収納したバックパックを背負いながら歩くのは重労働。重すぎたり収納サイズが大きすぎたりすると、登山を楽しめないこともあります。登山で一人用テントを利用するなら、軽量でコンパクトに持ち運べるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、登山の種類によって、選ぶべき一人用テントが変わります。低山など気軽な登山向けなのか、高山や冬場など厳しい環境下で利用するのか、目的に応じて使い分けましょう。

多くのメーカーは利用できる範囲を明記しているので、登山を安全に楽しむために、どれくらいの難易度まで利用可能なのか事前にチェックしておくことが重要です。

収納時のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

一人で全ての荷物を運ぶソロキャンプでは携行性が重要なポイントとなるため、一人用テントを選ぶ際は使用サイズだけでなく、収納時のサイズもチェックしておく必要があります。コンパクトであるほど持ち運びに便利ですが、強度や居住性が低くなる傾向があるので、現地の環境や移動手段を考慮して選びましょう。

キャンプツーリングでは自転車やバイクに積載できるかが重要。特にバイクは道路交通法で定められた積載制限があるため、荷台から左右15cm以内に収めることが必須です。

電車やバスなど公共交通機関を利用する場合は、収納時のサイズだけでなく重量もチェックしておきましょう。多くの荷物を背負って移動するため、少しの重量の差が携行性に影響します。体への負担を減らすためにも、リュックに入るサイズかつ軽量なモデルがおすすめです。

一人でも設営しやすいモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

ソロキャンプでは一人でも設営しやすいモデルを選ぶことが大切。一人用テントの多くは短時間で簡単に設営できるように設計されていますが、なかには複雑なモノも存在します。ソロキャンプ初心者なら、パーツが少なく構造がシンプルなワンポール式やドーム型のテントがおすすめです。

ワンポール式のテントはペグを打ったら支柱となるポールを中央に立てるだけなので、一人でも簡単に設営可能。ドーム型テントはクロスしたメインポールをスリーブに通すだけで自立するので、初めての方でもスピーディーに設営できます。

季節に合わせたモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

テントには対応シーズンがあるため、季節に合わせて選ぶことが大切です。初めて一人用テントを購入するなら、汎用性の高い春・夏・秋の3シーズンに対応したモデルがおすすめ。通気性・防水性が高く、軽量で携行性に優れたモデルが多いのが特徴です。

4シーズン対応のモデルは厳冬期での使用を想定した作りで丈夫ですが、3シーズンテントに比べて通気性は劣ります。夏用と冬用のテントは1シーズンに特化しており、季節に合わせた機能が備わっていますが、他シーズンでの使用にはあまり向いていないので留意しておきましょう。

自立式と非自立式どっちがおすすめ?

一人用テントは大きく分けて「自立式」と「非自立式」の2種類。自立式はペグやガイラインを使わなくても自立するため、短時間で簡単に設営できます。シンプルな構造で複雑な組み立てが不要なため、複雑な作業が苦手な方や初心者におすすめです。

非自立式はペグやガイラインを使用してテントを立てるタイプ。荷物の軽量化が図れるため、近年ソロキャンパーの増加とともに注目を集めています。ペグの打ち方やロープの張り方など設営技術が必要なので、ワンランクアップしたい中級者やベテランキャンパーにおすすめです。

一人用テントのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

「モンベル」は、1975年に創立した日本のアウトドア総合ブランド。登山やキャンプ向けなど、幅広いアウトドア用品をラインナップしています。

モンベルの一人用テントは、ソロキャンプ初心者から上級登山者向けまで、充実したラインナップが特徴。日本の気候に合った一人用テントを展開しているのもおすすめの理由です。

アライテント(ARAI TENT)

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本の老舗メーカー。熟練した職人の手によって、高品質なアウトドア製品を日本国内で製造しています。

アライテントの一人用テントは、機能性が高く軽量化を実現しているのが特徴。前室が広く居住スペースが広いタイプもあり、設営も簡単なため登山だけでなくキャンプやツーリング利用にもおすすめです。

エムエスアール(MSR)

By: amazon.co.jp

「MSR」は、1969年にアメリカで創設されたアウトドア用品などを手がけるメーカー。スタイリッシュかつおしゃれで、安全性や居住性を備えたテントを展開しています。

MSRのテントは、目的別にシリーズ分けされているのが特徴。キャンプ用から高山や雪山向けまで、幅広い一人用テントをラインナップしています。アウトドア初心者でも、目的に合った一人用テントを見つけやすいのが魅力です。

一人用テントのおすすめ|シングルウォールテント

ファイントラック(finetrack) カミナモノポール1 FAG0601

携行性と居住性を両立した本格登山におすすめのテント

軽量コンパクトながらオールシーズン使える強度を備えた一人用テント。総重量0.89kgと1kgを切る軽さに加え、収納時5×16×24cmと片手で持てるサイズにまとめられるのが魅力です。本体とボトムの素材にナイロン繊維を格子状に縫い込んだリップストップ生地を採用。引き裂きに強く、劣化しにくい頑丈さを備えています。

加えて、張力のかかる部分に特許製法「テンションスリングシステム」を採用し、本体の剛性を向上。本体耐水圧1000mm、ボトム耐水圧1800mmの防水性能も備えており、耐風・耐候性に優れているのもポイントです。前室付きで靴を居住スペースの外に置くことが可能。携行性と居住性を両立した本格登山におすすめの一人用テントです。

ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ハイライト2P BD80076

優れた通気性で、テント内を快適に保つ

開放感があり快適性が高い一人用テント。大きな出入り口付きで圧迫感が少なく、使いやすいのが魅力です。幅208×奥行124×高さ102cmで、荷物を置いてもゆったり使えます。側面の立ち上がりが強く、広い空間を確保できるのもおすすめのポイント。収納時15×33cmとコンパクトで携行性も良好です。

天井部にフローマニフォールド、背面に大きな窓を搭載。優れた通気性で熱気がこもりにくく、テント内を快適に保ちます。ガイラインには、軽量・高耐久素材「ダイニーマ」の芯を使用したリフレクティブガイラインを採用。水に濡れても伸びにくく、引っ張り強度が高いのが特徴です。

プロモンテ(PUROMONTE) 超軽量シングルウォールアルパインテント VB-11

高い防水性能を備え、強い雨にも対応できる

防水・透湿・通気性に優れた素材を採用した一人用テントです。シングルウォールテントの弱点である結露の発生を軽減できるのが特徴。耐水圧4500mmを誇る高い防水性能が備わっているため、強い雨にも対応できます。裏地に湿度をコントロールする「7Dトリコット」を使用し、軽量化を実現。重量約1.1kgと軽く、携行性も良好です。

使用サイズ間口205×奥行90×高さ100cmで、荷物を置いても十分な広さを確保することが可能。収納時本体30×24cmとコンパクトで、リュックに入れて持ち運べます。2本のポールを使用した吊り下げ式で、設営・撤収が簡単。ポールをセットすれば自立するので、一人でもスピーディーに設営できます。最低限の装備で行くウルトラライトハイクなどにおすすめです。

ネイチャーハイク(NatureHike) VIK ウルトラライト シングルテント プラス

簡単に設営できるので初心者にもぴったり

快適な居住空間が作れる一人用テントです。シングルウォール構造ながら前室が付いているのが特徴。トレッキングポールなどで前室のパネルを跳ね上げれば、リビングスペースも作れます。本体210×85×95cmとフロア面積は小さめですが、快適な居住スペースを確保することが可能。吊り下げ式で設営が簡単なので、初心者にもおすすめです。

フライ耐水圧2000mm、フロア耐水圧4000mmと高い防水性能を備えているため、雨の日も快適に過ごせます。ポールは軽量ながら耐久性に優れた7001高強度アルミニウムを採用。引っ張りや曲げに強く、強風にも対応できます。総重量1.1kg、収納時16×46cmと軽量コンパクトで持ち運びに便利です。

ヘリテイジ(HERITAGE) クロスオーバードーム f 2G

優れた耐久性・防水性で雨の日も安心

高機能で居住性に優れたシングルウォール構造の一人用テントです。パネルとスリーブに薄い生地ながら耐久性に優れた10dnナイロンミニリップストップを採用。引き裂き強度が高く、通気・透湿性にも優れているのが特徴です。

パネルは特殊な透湿防水PUコーティングによる耐水圧1230mmの防水性能が備わっているので、雨の日も安心して使用できます。

前面上部と後面下部にベンチレーターを搭載。リング芯が内蔵されているので、通気口が雨などで潰れる心配がありません。また、パネルの通気性がよく空気が抜けやすいため、スタッフバッグに素早く収納できます。収納時16×8.5cmとコンパクトサイズにまとめられるので、携行性も良好です。

一人用テントのおすすめ|ダブルウォールテント

モンベル(mont-bell) クロノスドーム 1型 1122490

手軽に室内の温度調節が可能で快適に過ごせる

春・夏・秋の3シーズン対応で汎用性に優れた一人用テントです。前面と背面上部は本体生地とメッシュの二重構造で、ジッパーを開閉するだけで簡単に室内の温度がコントロールできます。レインフライは前後2ヵ所にベンチレーションが搭載されているため、通気性も良好。効率よく換気できるので、熱気がこもりにくく快適に過ごせます。

ポールを直角に交差させ、クロス・ソケットで固定する独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用。天井部が外側に大きく張り出すため、広い居住空間が確保できます。耐水圧1500mmの防水性能を備えているほか、難燃加工により火に強いのもポイント。ダブルウォールテントとしては比較的安価で購入しやすいので、価格重視の方にもおすすめです。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

登山や縦走など幅広いアウトドアシーンにおすすめの一人用テントです。重量1.36kg、本体収納サイズ直径14×29cmと、軽量コンパクトで持ち運びに便利。一人用ながら、使用サイズ間口100×奥行205×高さ100cmと最大二人収容できる広さがあるので、荷物を置いても十分な居住スペースを確保することが可能です。

本体に中空糸を使用した28dnリップストップナイロンを採用しており、軽量ながら強度が高く破れにくいのが魅力です。3シーズン対応ですが、別売のオプションを利用すれば4シーズン使用できます。

フライシートはテント全体をカバーするフルフライを採用。雨の侵入を防ぎつつ、しっかり換気できるので結露対策に役立ちます。切れ目のないスリーブにより素早くフレームがセットできるので、設営も簡単です。

エムエスアール(MSR) ハバNX

航空機にも使われているイーストン社の「サイクロンポール」を採用した一人用テントです。軽さと頑丈さを兼ね備えているのが特徴。弾力性が高く強風にも対応できるため、高山などハードな環境下での使用におすすめです。総重量1.29kg、収納時46×15cmと軽量コンパクトで、リュックに入れて持ち運べます。

フライシートに、デュラシールド防水コーティングとシリコンコーティングを施した20Dリップストップナイロンを採用。耐水圧1200mmの防水性能を備えているうえ、劣化によるベタつきを抑えられるのがポイントです。独特なポール配置により、サイドと頭上の空間が広いのも魅力。広い前室付きで靴や荷物が置けるので、居住スペースが広く使えます。

スノーピーク(snow peak) ミニッツドーム Pro.air 1 SSD-712

高い居住性を追求して作られた一人用テント。室内幅220×奥行130×高さ100cmと十分な広さがあり、ゆったり使えるのが魅力です。広い前室を備えているため、雨に降られても濡れずに靴の脱ぎ履きができ、荷物を置けば居住スペースをより広く使用できます。吊り下げ式のインナーテントにより、簡単かつ素早い設営が可能です。

大きな出入り口に加え、左右にメッシュ窓と上部のベンチレーションにより、通気性は良好。生地全面が耐水圧1500mmミニマムの優れた防水性能を備えているため、急な雨に降られても気にせずキャンプが楽しめます。重量は2.95kg、収納時のサイズは20×20×59cm。居住性を重視する方におすすめの一人用テントです。

ロゴス(LOGOS) Tradcanvas ツーリングドゥーブル SOLO-BA 71805575

自転車やバイクで行くキャンプツーリングにおすすめの一人用テントです。前面を張り出すように設計されており、大型の前室を備えているのが特徴。パネルを跳ね上げれば居住スペースの拡張はもちろん、駐輪スペースとして使用できます。収納時約幅60×奥行17×高さ17cmとバイクに積みやすいサイズにまとめられるのもポイントです。

独自開発のC型ドアとテント上部のベンチレーションによって、効率よく換気することが可能。耐水圧2000mmの高い防水性能に加え、全面にマッドスカートを備えているので、雨風が強い日も安心です。UVカット加工が施されているのもポイント。自然の風景に馴染みやすいナチュラルなカラーリングも魅力です。

一人用テントのおすすめ|非自立式テント

コールマン(Coleman) ツーリングドーム ST 2000038141

多くのキャンパーから人気を集めている非自立式の一人用テントです。購入しやすい手ごろな価格ながら実用性が高く使いやすいので、コスパ重視の方におすすめ。ピンではなく「ポールポケット式」を採用しているため、ポールが外れにくく簡単に設営できるのが魅力です。

インナーサイズ約210×120×100cmで、背の高い前室を備えているのが特徴。パネルを跳ね上げればリビングスペースと使用でき、居住スペースを広げることが可能です。耐水圧1500mmの防水性能を備えているので、突然雨に降られても安心。フロントキャノピーにループとトグルが付いており、巻き上げて換気できるのもポイントです。

スノーピーク(snow peak) ラゴ Pro.air 1 SSD-730

少しでも荷物を軽くしたい方におすすめの一人用テントです。重量がかさみがちなダブルウォール構造ながら、950gと1kgを切る軽さが魅力。フレームをトレッキングポールで代用できるため、フレームを使わなければ700gとさらに重量を抑えられます。収納時直径14×33cmとコンパクトにまとめられるので、携行性は良好です。

室内サイズ幅210×奥行105×高さ105cmで、一人で使うのに十分なスペースが確保できます。開閉できるベンチレーションを搭載しており、熱がこもりにくくテント内を快適に保つことが可能。フライシートとボトムは耐水圧1500mmミニマムの優れた防水性能を備えているため、天候を気にせずキャンプが楽しめます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トレッカー キャンプベースソロUV UA-63

本格的なソロキャンプを満喫したい方におすすめの一人用テント。軍隊が使用するために開発された軍幕テントの一種「パップテント」で、野営感あふれる武骨な外観が魅力です。吊り下げ式のインナーテントで設営が簡単。広い前室を備えているのに加え、フライ側面は荷物室として使用できるのでインナーテント内が広く使えます。

インナー前面に大型、後面に小型、両側面にメッシュ窓付きの出入り口を搭載。キャノピー側面に開閉可能なウォールパネル、天井にランタンなどが掛けられるフックが付いているなど、機能が充実しています。耐水圧2000mmの優れた防水性能やUVカット機能も備わっており、天候を気にせず快適に過ごせるのもポイントです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズワンポールテント T1-442

携行性に優れた、ライダーにおすすめの一人用テント。重量約2.6kg、収納サイズ直径14×長さ50cmの軽量コンパクト設計で、バイクでも持ち運びしやすいのが魅力です。ペグダウンしてポールを立てるだけのワンポール式で設営が簡単。広い前室が備わっているのに加え、ドア部分を跳ね上げればさらに居住スペースを広げることが可能です。

インナーテントに出入りしやすい逆T字型の出入り口を採用。ドア部分にメッシュ生地を使用しているほか、上部にベンチレーターを搭載しているため、通気性がよく結露しにくいのもポイントです。テント生地にPUコーティングを施した68Dポリエステルを採用。耐水圧2000mmの優れた防水性能が備わっているので、急な雨にも対応できます。

ノルディスク(NORDISK) テレマーク1 LW 151012

ソロキャンプはもちろん、登山や縦走など徒歩での長距離移動にもおすすめの一人用テントです。軽量性に優れたアルミ製のDACフェザーライトNSLポールを採用しており、ダブルウォール構造ながら総重量わずか0.83kgと軽いのが魅力。収納時12×41cmとスリムにまとめられるので、リュックの隙間に入れて持ち運べます。

インナーサイズ220×98×86cmで、荷物を置いても十分な居住スペースを確保することが可能。各コーナーのポールを外して組み立てると1本のポールになるので、ドア部分を支えるポールとして使用できます。フライシート耐水圧2000mm、フロア耐水圧8000mmの高い防水性能が備わっているので、強い雨に降られても安心です。

一人用テントの楽天市場ランキングをチェック

一人用テントの楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。