ファミリーや仲間と行く登山やキャンプはもちろん、最近では一人で行くソロ登山やソロキャンプを楽しむユーザーが増えてきています。

そこで今回は、ソロ登山やソロキャンプを楽しみたい方のためにおすすめの「一人用テント」をご紹介。オンリーワンのアウトドアライフを堪能したい方はぜひチェックしてみてください。

一人用テントの種類

シングルウォールテント

By: amazon.co.jp

フライシートをもたない、1重構造のテントをシングルウォールテントといいます。フライシートがもつ防水透湿性を本体生地に使用しているのが特徴。構造がシンプルなため軽量でコンパクトに収納でき、設営もしやすいなどのメリットがあります。

ただし、ダブルウォールタイプと比べると室内が結露しやすく、前室が作れないといったデメリットもあるので、キャンプ初心者の方にはやや不向き。登山向けテントなどに多く採用されているタイプです。

ダブルウォールテント

By: amazon.co.jp

一般的なキャンプ用テントの多くが採用しているタイプです。壁が2枚あるため、「ダブルウォールテント」と呼ばれています。フライシートとインナーシートが独立した2重構造になっているのが特徴。主にフライシートが防水、インナーシートが室内の湿度を逃す役目をはたしています。

シングルウォールタイプと比較すると、重量は重く収納サイズも大きくなる傾向にありますが、室内が結露しにくく快適に過ごせるのがメリット。また、前室が作れることによる使い勝手のよさもポイントです。靴や荷物を置いておけるので、朝露から守れるだけでなく室内も広く使えます。

非自立式テント

By: amazon.co.jp

ペグや張り綱を使用しないと立てられないのが「非自立式テント」。自立式のテントと異なりポールを通しただけでは自立できませんが、パーツが少ない分だけ軽量なのがメリットです。1kg以下の超軽量テントはほとんどが非自立式のため、荷物を軽くしたい方に選ばれています。デザインがおしゃれなモノが多く、室内の広さも1人なら十分です。

非自立式テントは慣れるまで設営に時間がかかるのがデメリット。また、ペグが刺さりにくい場所に設営するのは困難なので、テントを張る場所の地面を事前によく確認する必要があります。設営時にはある程度の広さがあったほうがよいため、狭い場所への設置には不向きです。設営の手間を考えると、初心者より中上級者に適しています。

一人用テントの選び方

シチュエーションで選ぶ

キャンプ

キャンプで一人用テントを利用するなら、快適性を重視するのがおすすめです。居住スペースが広く設けられた一人用テントや、前室に余裕があるタイプを選びましょう。

床面積や高さに余裕があれば、就寝時や着替えの際にストレスなくキャンプを楽しめます。また、前室がある一人用テントなら靴や荷物を置くことが可能。前室が広いタイプのモノを選ぶと、タープのように日差しや雨を防ぎながら調理や食事ができるのでおすすめです。

ツーリング

ツーリングで一人用テントを利用するなら、コンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。バイクや自転車で移動する際には、運ぶ荷物が限られます。そのため、ほかの荷物を圧迫しない収納性に優れた一人用テントを選びましょう。

メーカーによっては、ツーリング用としてぴったりのモデルもラインナップしています。前室にバイクや自転車を収納できるモデルを選ぶと、雨や日差しから守りやすくなるのでおすすめです。

登山

登山の際は、テントをバックパックに収納して歩きながら持ち運ぶ必要があります。重すぎたり収納サイズが大きすぎたりすると、移動だけでストレスとなり登山を楽しめないことも。そのため、登山で一人用テントを利用するなら、軽量でコンパクトに収納できるタイプを選ぶのがおすすめです。

また、登山の種類によって、選ぶべき一人用テントが変わります。低山用など気軽な登山向けなのか、高山や冬場など厳しい環境下で利用するのか、目的に応じて使い分けましょう。

多くのメーカーは、利用できる範囲を明記しているので、登山を安全に楽しむために、どれくらいの難易度まで利用可能なのか事前にチェックしておくことが重要です。

設営方式から選ぶ

自立式

By: amazon.co.jp

自立式テントとは、テントの本体にポールを通して立たせるテントのこと。地面にペグを打ったり、ロープを張ったりする必要がないので、初心者でも簡単に設営できます。

現在ラインナップされている一人用テントの多くが、自立式のモノです。自転車ツーリングや過酷な登山などで、軽量さを最重要視していないのであれば、設営が簡単な自立式の一人用テントを選びましょう。

非自立式

By: amazon.co.jp

非自立式テントとは、ペグや張り網、トレッキングポールなどがなければ立たないテントのこと。総重量の軽量化はできるものの、テントを立てる技術力が必要です。

おしゃれなデザインのテントや、アレンジを加えて変形させて使えるモノが多いのも、非自立式テントの特徴。キャンプや登山に慣れている中級者・上級者の方におすすめです。

一人用テントのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

「モンベル」は、1975年に創立した日本のアウトドア総合ブランド。登山やキャンプ向けなど、幅広いアウトドア用品をラインナップしています。

モンベルの一人用テントは、ソロキャンプ初心者から上級登山者向けまで、ラインナップが充実しているのが特徴。メーカーの創業者が登山家であり、日本の気候に合った一人用テントを展開しているのもおすすめの理由です。

アライテント(ARAI TENT)

By: rakuten.co.jp

「アライテント」は、1965年に創業した登山用品などを手がける日本の老舗メーカー。熟練した職人の手によって、高品質なアウトドア製品を日本国内で製造しています。

アライテントの一人用テントは、主に山岳用に作られており、機能性が高く軽量化を実現しているのが特徴。前室が広く居住スペースに余裕があり、設営も簡単なため登山だけでなくキャンプやツーリング利用にもおすすめです。

マウンテンセーフティーリサーチ(MSR)

By: amazon.co.jp

「マウンテンセーフティーリサーチ」通称「エムエスアール」は、1969年にアメリカで創設された登山用品などを手がけるメーカー。スタイリッシュでおしゃれかつ、安全性や居住性を追求したテントで世界中のキャンパーや登山家に親しまれています。

エムエスアールの一人用テントは、目的別にシリーズ分けされているのが特徴。キャンプ用から高山や雪山向けまで、幅広い一人用テントをラインナップしています。アウトドア初心者でも、目的に合った一人用テントを見つけやすいことがおすすめの理由です。

一人用テントのおすすめ|シングルウォールテント

モンベル(mont-bell) マイティドーム1型 #1122658

モンベル(mont-bell) マイティドーム1型 #1122658

軽量コンパクトで登山家にも人気のシングルウォール構造のテント。重さが1.08kgと軽く、スタッフバッグに入れるとコンパクトになるので、バックパックに入れて持ち運ぶことも可能です。室内には収納ポケットがあり、スマホなどの紛失しやすい小物を収納できます。

テント生地には優れた防水透湿性と通気性を備えた「ブリーズドライテックプラス」を採用。ベンチレーションも搭載しているので、換気や温度調節が簡単にできます。山岳用のテントですが、小型軽量なのでツーリングにも最適。できるだけ軽くてコンパクトなモノを探している方におすすめです。

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

アライテント(ARAI TENT) エアライズ1

本製品は東レのファリーロ中空糸を本体に採用し、従来製品よりも軽量化を実現しているのが特徴。重さが1.36kgと軽いので、自転車やバイクに積んで移動するのにも適しています。春~夏はシングルウォールで使用し、秋から冬はオプションのフライシートを組み合わせて使えるのもポイントです。

切れ目のないフレームスリーブを採用しており、スピーディーに設営できるのが魅力。オプションのフライシートもクイックリリースバックルで簡単に取り付けできます。従来より軽くて強度の高いフレームにより、ソロキャンプに安定感のある居住空間が得られるテントです。

アライテント(ARAI TENT) カヤライズ1

アライテント(ARAI TENT) カヤライズ1

グランドシート以外の素材をメッシュで構成した通気性の高いテント。真夏の海岸や熱帯地方でテントを張って夜を過ごすのに最適です。透過性もあるので、夜空や景色を楽しむことも可能。防水性はありませんが、オプションのフライシートを用意しておけば、急な雨にも対応できます。

居住空間の広さは100×205cmあるため、靴や荷物を置く場所も確保することが可能。重さが700gと軽く、リュックに入れて楽に持ち運べます。設営方法も簡単なので、初心者の方にもおすすめ。価格も安いので気兼ねなく購入できます。夏場の嫌な虫を気にせずに屋外で快適に睡眠できるテントです。

ロゴス(LOGOS) neos Q-TOP リバイバルSOLO DOME-BJ 71805555

ロゴス(LOGOS) neos Q-TOP リバイバルSOLO DOME-BJ 71805555

設営に時間をかけたくない方におすすめのソロテント。本製品はフレームと生地が一体化しており、折りたたまれたフレームを伸ばしてロックするだけで簡単に設営できます。約3分で設営できるため周囲が暗くなり始めても慌てることなく設営できるのがポイントです。

シートとフレームは一体化しているためパーツを紛失する心配がありません。風の抵抗を受けにくい形状にデザインされているため、耐風性が高いのも魅力。収納サイズは幅51×奥行19×高さ19cmで重さが約3.3kgなので、キャンプやツーリングにおすすめです。生地には撥水加工が施されており、耐水性が高いので急な雨でも快適に過ごせます。

icamp(アイキャンプ) ソロテント solo2

icamp(アイキャンプ) ソロテント solo2

重さが1.6kgと軽量なドーム型のソロテント。ジョイント式ポールに軽くて丈夫なアルミ合金を採用しているため、居住空間と天井の高さに余裕があるドーム型でも軽量化を実現しています。できるだけ荷物を軽くしたいバイクや自転車でのツーリングにも最適です。

天井部にはベンチレーションがあり、出入口の反対側にも開閉可能なメッシュ製の大きな窓があるため通気も確保できます。テント内には小物入れとランタンを吊り下げられるフックがあり便利です。電源窓があるため、電源付きサイトでも快適に使えます。テントの軽さだけでなく居住性のよさも魅力の製品です。

一人用テントのおすすめ|ダブルウォールテント

モンベル(mont-bell) クロノスドーム1型 #1122490

モンベル(mont-bell) クロノスドーム1型 #1122490

ポールを直角に交差させるという独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用したダブルウォールテント。2本のポールが高い天井と広い居住空間を可能にしているため、ゆったりとした室内で快適に過ごせます。春~秋の3シーズン対応なので、季節を選ばずに使えるのがポイントです。

ショックコードでポールとソケットが一体になっているため、初心者でも素早い設営と撤収が可能。通気性に優れており室内の温度調節も簡単にできます。重さが1.95kgと軽いので、キャンプだけでなくツーリングやトレッキングにも最適。カラーはブルーとイエローがあり、デザインもおしゃれです。

マウンテンセーフティーリサーチ(MSR) ゾイック1

マウンテンセーフティーリサーチ(MSR) ゾイック1

ダブルウォールテントにも関わらず、重さが約1.5kgと軽量で携帯に優れているテント。バックパックに入れたり自転車に積んだりしても快適に持ち運べます。クロスポールの天井部分に短いポールを交差させることでサイドウォールを立ち上げているため、開放感のある快適な居住スペースを確保することが可能です。

インナーテントのキャノピーには通気性の高い「マイクロメッシュ」を採用しているので、結露を軽減して快適に過ごせます。レインフライとフロアにはコーティングが長持ちする「エクストリームシールドシステム」を採用し、耐水性も高いのがポイント。どんな天候でも快適に過ごせるテントです。

コールマン(Coleman) クイックアップドーム/S

コールマン(Coleman) クイックアップドーム/S

インナーテントをぱっと広げるだけで簡単に設営できるポップアップ式のテント。広げたインナーテントの上にフライシートを被せてからペグで地面に固定するだけで設置できるため、初心者の方におすすめです。収納サイズは直径60×6cmなので、車でのソロキャンプにも適しています。

室内に光を取り込める「クリアルーフウィンドウ」があり、心地よく過ごすことが可能。テントの生地には日光を90%遮る「ダークルームテクノロジー」が採用されており、夜間はテントの中を暗い状態に保てます。保温力も高いので、冬場にしっかり防寒することも可能。機能性の高いソロテントを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ1 SDI-101

スノーピーク(snow peak) ヘキサイーズ1 SDI-101

本製品はタープとテントの組み合わせにより、広くて快適な居住空間を作れるのが特徴。キッチンやリビングとして活用できる前室スペースと、ゆったりくつろげる屋内空間によりソロキャンプがより一層楽しくなります。タープの六角形を変形させて設置できるので、後方からも出入りができる後室を作ることが可能です。

インナーテントはフライシートに吊り下げてコーナーを固定するだけで簡単に設営できます。タープは単体でも使用できるため、ツーリングの合間の一休みに活用することが可能。フライシートには遮光性と耐水性が高い素材を採用しているため、強い日差しや雨からしっかり身を守れます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ソロテント UA-19

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ソロテント UA-19

居住空間に高さと広さを求める方におすすめのソロテント。余裕のある前室と荷物室にもなる後室を作れるので、テント内を広々と使えます。後面に出入口を確保できるのもポイント。インナーテントウォールには通気性のよい「ノーシームメッシュ」を採用し、開閉可能なベンチレーションも搭載しているため、テント内の換気や結露の軽減が可能です。

軽くて丈夫なジュラルミン7100製ポールを採用しており、重さが2.18kgと軽いのも魅力。ポールは色分けされているので、設営の際も迷わずに作業できます。風でテントが傾いても、ベルトを引いてフライの張りを調節することが可能。快適な居住空間で楽に過ごせるテントです。

一人用テントのおすすめ|非自立式テント

マウンテンセーフティーリサーチ(MSR) カーボンリフレックス1

マウンテンセーフティーリサーチ(MSR) カーボンリフレックス1

本製品は軽量なカーボンポールを採用した非自立式のダブルウォールテント。ポールの数を最小限にすると共に薄手の生地を採用しているため、重さが約660gと軽量なのが特徴です。スタッフバッグに収納するとコンパクトになるので、ツーリング・登山向きのリュックやバックパックに入れてもかさばりません。

見た目はスリムでも中に入ると居住性がよく、体の動きを妨けずに快適に過ごせるのが魅力。インナーテントには通気性のよいマイクロメッシュを採用しており、湿気や熱気がこもるのを防げます。テントの設営に慣れている中上級者向けの製品です。

GEERTOP 1人用テント

GEERTOP 1人用テント

トレッキングポール1本で設営できるソロテント。重さが約1.2kgと軽量で簡単に設営できるので、初心者でも設営可能です。別売のトレッキングポールを購入して2本使用すれば、テント全体の安定感を高めることが可能。その日の天候や設置場所に合わせて最適な設営方法を選べます。

フライシートとインナーテントは分離使用ができるため、フライシートだけで設営すれば広い居住空間を確保することが可能。出入口は2か所あるので、快適に過ごせます。テントの内側にはポケットがあり、小物を収納することが可能。フライシートには防水性のある素材を採用しているため、急に雨が降っても安心です。

シックスムーンデザインズ(SIX MOON DESIGNS) デュシュッツ プラス

シックスムーンデザインズ(SIX MOON DESIGNS) デュシュッツ プラス

本製品はスタッフバックに収納するとサイズが約27×14×11cmとコンパクトになるのが特徴。重さも約450gしかないため、バックパックやリュックに入れてもかさばらずに携帯できます。ボトムネットがテントの四方を取り囲んでいるので、夏に使用しても虫が入らずに快適に過ごすことが可能です。

テントの高さを調節できるため、風が強い日に低く設置して耐風性を高めることが可能。荷物が多い場合は高めに設置すれば室内を広く使えます。ツーリングの最中に雨が降ってきた際などに、雨避けのタープとして使うのにも最適です。携帯性に優れたモデルを探している方におすすめの製品です。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) ニーモ アポロ 3P

NEMO(ニーモ)ニーモ アポロ 3P

ピラミッド型のおしゃれなデザインが魅力の製品。居住空間が広いので、テントの中にバイクや自転車を入れて保管したい方におすすめです。重さが約480gと軽量なので、持ち運びも楽にできます。天井の高さが147cmと高いので、背が高い方でも自由に動くことが可能です。

付属のテンショニングラインを取り付ければ、ペグダウンの位置を調節しなくても素早く設営することが可能。フロアシートがないので、レジャーやキャンプでタープとしても活用できます。広い室内空間を確保できる非自立型のテントです。

ヒルバーグ(HILLEBERG) アクトテント 013812

ヒルバーグ(Hilleberg) アクトテント 013812

丈夫でしっかりした素材を採用したモノを探している方におすすめのソロテント。DAC社の強度の高いポールを採用しているため、安定感のある居住空間で快適に過ごせます。テントの生地は耐水性に優れ、摩擦にも強いのがポイント。寒い日でもしっかり防寒できます。

独特なデザインにより、空気の流れを向上させて雨からも室内を保護することが可能。コンパクトに見えてもフロアサイズは幅220×奥行き90cmで前室も広いため、 一人分の荷物を入れても余裕で過ごせます。ベンチレーションが左右に2か所あるのがポイント。設営も撤収も簡単な使いやすいテントです。