赤ちゃんを楽に抱っこできる「ベビースリング」。身体に負担がかかりにくいため、移動や寝かしつけなど子育てのさまざまなシーンで重宝するアイテムです。

ひと口にベビースリングといっても、リングやバックルなどさまざまなタイプがあり、どれを選べばいいか迷ってしまいます。そこで今回は、おすすめのベビースリングをご紹介。また、使いやすいベビースリングを選ぶためのチェックポイントも解説します。

ベビースリングとは?

By: amazon.co.jp

ベビースリングとは、抱っこひもの一種で肩からかけた幅広い布で赤ちゃんをくるむようにして使用する製品です。幅広い布を使用することにより、赤ちゃんの体重を肩・背中・腰で支える形になるため身体に負担がかかりにくく、楽に抱っこができるのが特徴です。

赤ちゃんとの密着度が高いため、ぐずりがちな赤ちゃんも安心しやすいといわれているのも魅力。首のすわっていない新生児期から使える製品も多く、抱っこや寝かしつけなどさまざまなシーンで便利に使えます。

ベビースリングを使うメリット

By: amazon.co.jp

ベビースリングは抱っこだけでなく、おんぶやカンガルー抱っこなど赤ちゃんの成長に合わせてさまざまな使い方ができるのが魅力。また、シンプルな形状のモノが多く、持ち運びの際にかさばりにくいのもポイントです。

ベビースリングはおしゃれなデザインのモノが多いのも嬉しいポイント。スタイリッシュなベビー用品を探している方や、洋服に合わせてコーディネートを楽しみたい方にもおすすめです。

ベビースリングの使い方

By: amazon.co.jp

ベビースリングを快適に使用するには、赤ちゃんの高さをチェックするのがコツ。抱っこしたときに赤ちゃんの頭やおでこが鎖骨や胸もとのあたりへ来るようにすると楽に抱っこできます。

安全のために、抱っこされている赤ちゃんの姿勢も必ずチェックしましょう。呼吸が楽にできるよう背中がゆるいカーブを描いており、股関節脱臼を起こさないよう脚がM字開脚になっているのが望ましい姿勢です。

スリング初心者の方や、新生児の赤ちゃんを抱っこする方は、まず赤ちゃんをおくるみなどでくるんでから抱っこするとよいでしょう。

ベビースリングの選び方

タイプをチェック

リングタイプ

By: babywearing.jp

リングタイプのベビースリングは、1枚の幅広い布に2つのリングがついているのが特徴。リングに通した布を引き絞ることで微調整ができ、身体にぴったりフィットするため楽に抱っこできるのが魅力です。

サイズの調節も自由にできるので、体格差のある方同士での共用も可能。また、赤ちゃんがある程度大きくなっても対応できるのも嬉しい点です。

リングタイプのベビースリングは、布の端が縫製されておらずふんわりと広がっている「フレアテールタイプ」と、布の端がミシン処理されている「ベルトテールタイプ」の2種類があります。

フレアテールタイプは、広がった布を授乳ケープの代わりにしたり、赤ちゃんの日よけにしたりと活用できるのがメリット。ベルトテールタイプは扱いやすいため、ベビースリング初心者の方におすすめのタイプです。

バックルタイプ

By: amazon.co.jp

バックルタイプのベビースリングは、バックルがついており簡単に着脱ができるのが特徴。ベビースリングを初めて使用する方にもおすすめです。製品によっては、バックルが外れても赤ちゃんが落下しないようセーフティバックルがついているモノもあります。

肩ベルト部分にクッションが入っているなど、身体へ負担がかかりにくいよう工夫されているモノが多いのも魅力。ただし、かさばりやすくコンパクトにまとめにくい点は留意しましょう。

チューブタイプ

By: amazon.co.jp

チューブタイプのベビースリングは、布を筒状に縫い合わせて作られているのが特徴。リングやバックルなどが使われておらず、長さ調節の手間がいらないのでスピーディに赤ちゃんを抱っこできるのが特徴です。

リングやバックルなどがついておらず、コンパクトにまとめられるので持ち運びもラクラク。しかし、長さ調節ができないため、赤ちゃんが成長すると使いづらくなってしまったり、体格の異なる方同士だと使いにくい場合がある点は注意しましょう。

ファスナータイプ

By: amazon.co.jp

ファスナータイプのベビースリングは、肩ベルト部分に何か所かファスナーがついているのが特徴。ある程度長さの調節ができるので、自分の身体のサイズや、赤ちゃんの成長に合わせて使用できます。

ファスナーを組み替えれば、体格差のある方同士での共用も可能です。かさばりにくく、コンパクトにまとめられるため持ち運びにも便利。ベビースリング初心者の方にもおすすめです。

対象月齢と耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

ベビースリングは、一般的には新生児期から2、3歳ごろまで使用できます。しかし、製品によって耐荷重が異なるため、購入前に対象月齢と耐荷重を必ず確認しておきましょう。

ある程度赤ちゃんが大きくなっても使用したい場合は、リングタイプやバックルタイプ、ファスナータイプといった長さ調節ができるモノがおすすめです。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

快適に使えるベビースリングを選ぶためには、素材もチェックが必要。素材によって肌ざわりや通気性、お手入れのしやすさなどが異なるため、何を重視するかよく考えて選びましょう。

肌ざわりを重視するなら綿100%のモノがおすすめ。赤ちゃんのデリケートな肌にも優しいので安心して使用できます。一方、通気性のよさを重視するならポリエステルがおすすめです。

乾きやすく、コンパクトに収納できるメッシュ素材は、夏場のレジャーシーンなどに重宝します。しかし、身体に負担がかかりやすいモノもあるため短時間での使用がおすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

身体への負担を軽減するためにも、自分の身体に合ったサイズのベビースリングを選ぶのも重要ポイント。長さを調節できるタイプなら、身体にぴったり合わせられるので楽に抱っこできます。

肩への負担をやわらげたい方は、肩ベルト部分にパッドやクッションが入っているタイプや、肩当て部分が広いタイプのベビースリングがおすすめです。

ベビースリングのおすすめ

CUBY ベビースリング

ベルトを引き絞るだけで自在に長さ調節ができるリングタイプのベビースリング。端部分がミシン処理されているベルトテールタイプで扱いやすく、リングタイプのベビースリングを初めて使う方にもおすすめです。

新生児期から3歳ごろまで長期間使用可能。ハンモックスタイルをはじめ、おんぶやジョイポジションなど5種類の使い方ができるのも魅力です。肩部分にはクッションが入っており、身体への負担が軽減されます。

赤ちゃんの足もとに、落下を防ぐすべり止めストラップがついているのも特徴。素材には丈夫な綿を使用しており、肌ざわりがよいのもおすすめポイントです。

北極しろくま堂 ベビースリング キュット ミー!

凹凸のある表面が特徴のしじら織を使用して作られたベビースリング。夏場はサラリと快適に、冬場は空気を含んであたたかく使用できるのが特徴です。

長さを自在に調節できるリングタイプ。リングは耐荷重試験・紫外線照射試験をクリアしているうえ、赤ちゃんがなめても安全な素材で作られているので、安心して使用できます。

本体の端には中綿が入れられており、赤ちゃんの首と足を優しく支えるため安定しやすく、ベビースリングを初めて使用する方でもスムーズに使えるのもポイント。肩パッドにも綿が入れられているため、身体に負担がかかりにくいのも嬉しい点です。

布の端が広がったフレアテールタイプで、授乳時にはケープのように使ったり、日よけにしたりと活用できるのも魅力。洗濯機で洗えるので、簡単にお手入れしたい方にもおすすめのベビースリングです。

ファムベリー(femmebelly) スリング

しじら織りの美しい生地が目を引くベビースリング。ベビースリング用に厳選した糸を染めて織り上げたファムベリー独自の生地は強度が高く、しなやかな肌ざわりでデリケートな赤ちゃんにも安心して使用できます。

身体に合わせて長さを自在に調節できるリングタイプ。布の端が大きく広がるフレアテールタイプで、なかでも本製品は美しいドレープラインを描くドルフィンテールが一番の魅力です。

ポ―チ両側には綿が入っており、赤ちゃんの身体を優しく支えます。肩部分にも厚み1.5cmの綿が入っているので、身体に負担がかかりにくいのがポイントです。

ケラッタ(kerätä) ベビースリング

初心者にもおすすめなバックルタイプのベビースリング。バックルには2つのストラップが通っており、引っ張るだけでサイズ調節が簡単にできるのが魅力です。

横抱きをはじめ、カンガルー抱っこやコアラ抱っこなど6通りの抱っこができるのも嬉しい点。端にはサイドクッションがついており、赤ちゃんの首もとをサポートするため、首がすわっていない赤ちゃんも安心して抱っこできます。

メインバックルは両手を使わないと外せない安全仕様。また、セーフティバックル付きで万が一メインバックルが外れても安心です。素材は柔らかな綿100%で肌ざわりがよく、赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使用できます。

たっぷりの布を使用して作られているため、大きく広げれば授乳ケープのようにも使用可能。肩ベルト付近にはハンカチなどを入れられるポケット付きで、便利に使えるベビースリングです。

ミニモンキー(minimonkey) ミニスリング メッシュ

オランダのメーカー「ミニモンキー」のベビースリング。メッシュ素材で熱がこもりにくいため、夏場でも快適に使用できます。汚れたら手洗いでき、すぐに乾くのでお手入れも簡単です。

初心者にも使いやすいバックルタイプ。セーフティバンドがついており、万が一バックルが外れても安心して使いやすい仕様です。たすき掛けにして、背中側にあるショルダーストラップを引っ張れば簡単にサイズ調節ができます。

重さは180gと非常に軽いうえ、本体には巾着袋になる収納ポケットがついておりコンパクトに収納可能。持ち運びやすいので、レジャーシーンにも重宝します。

本製品は、新生児から体重15kgまで使用可能。不慣れな方にも安心して使用できるベビースリングです。

ババスリング(babaslings) スリング

着脱がしやすいバックルタイプのベビースリング。2本のベルトを引っ張れば長さ調節が簡単にできる「ダブルストラッピングシステム」を搭載しており、ベビースリングに不慣れな方にもおすすめの製品です。

新生児から2歳ごろまで使用可能で、ハンモックスタイルをはじめ、横抱きやジョイポジションなど5種類の使い方ができます。メインバックルの下にはセーフティバックルとストラップがついており、安全に使用しやすいのも魅力です。

肩ベルト部分には厚み2cmのクッションが入っており、身体に負担がかかりにくいのもポイント。また、本体下にはフタ付きのポケットやループがついており、ハンカチやおしゃぶりなどを入れておくのにも便利です。

カドルミー(Cuddle Me) スリング リバーシブル

筒型の布で赤ちゃんを抱っこする、チューブタイプのベビースリング。素材には伸縮性に優れたニット生地を使用しており、赤ちゃんをスピーディに抱っこできるのが魅力です。

長さ調節が必要ないため、ベビースリング初心者でも気軽に使用できるのが嬉しいポイント。リングやバックルがついておらず、コンパクトにまとめられるため持ち運びにも適しています。

新生児期から、およそ13kgまでの赤ちゃんに対応可能。汚れたら洗濯機で気軽に洗えるうえ、乾燥機も使用できるので衛生的に使用できます。

ゼブラやドットなど、おしゃれなデザインがそろっているのも魅力。リバーシブル仕様で、裏側は無地になっているため気分に合わせて使えます。

ベッタ(Betta) キャリーミー!

肩ベルト部分のファスナーで長さ調節ができるベビースリング。ファスナーの引き手を倒せばロックがかかるため、安全に使用できるのが魅力です。

本体は立体裁断されており、底が丸くなっているため赤ちゃんが動いても安定感のある抱っこができるのもポイント。端には、赤ちゃんの首をサポートするクッションも入っています。

赤ちゃんがすっぽりと包める大きめサイズで、新生児から11.3kgまでの赤ちゃんに対応可能。重量も250gと軽く、持ち運びに適しています。

ストライプ&ドットや、デニムなどおしゃれなデザインが豊富なのも本製品の大きな魅力。おしゃれな製品を探している方におすすめです。

コニー(Konny) ベビースリング ラップ

Tシャツのように着て、赤ちゃんを抱っこできるベビースリング。肩や背中全体に、赤ちゃんの体重を均等に分散するため身体に負担がかかりにくく、楽に抱っこができます。

素材には柔らかく、適度な弾性のあるストレッチ素材を使用。赤ちゃんとの密着度が高いので、赤ちゃんの寝かしつけにもぴったりです。

バックルやリングがついておらず、付属のポーチに入れればコンパクトに収納できるため持ち運びもラクラク。洗濯機で気軽に洗えるため、清潔を保てます。

耐荷重は20kgまでと幅広く、赤ちゃんが成長しても長く使用できるのがポイント。デザインも豊富で、洋服を着るようにおしゃれを楽しめるベビースリングです。

ベビースリングのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ベビースリングのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。