ピアニカやメロディオンなどの名前で馴染み深い「鍵盤ハーモニカ」。幼稚園・保育園・小学校でも使われる頻度の高い楽器で、柔らかくあたたかみのある音色が特徴です。ただし、鍵盤数や音域、付属品の種類などは製品ごとにさまざま。いざ購入するとなると、どれを選択するべきか悩んでしまいがちです。

そこで今回は、おすすめの鍵盤ハーモニカをご紹介。選び方のコツも解説しているので、参考にしてみてください。

鍵盤ハーモニカの選び方

鍵盤の数をチェック

鍵盤ハーモニカの鍵数は、小学校でも使われる頻度の高い「32鍵盤」がスタンダード。黒鍵と白鍵をあわせて、32個の鍵盤を搭載した製品です。コンパクトで携帯性に優れたモデルを求めるのであれば、「25鍵盤」のモデルもおすすめ。鍵盤数が少なくなるほど、サイズも小さくなります。

また、サイズは大きめですが、より広い音域を使用して本格的な演奏する場合には「37鍵盤」や「44鍵盤」などの製品もおすすめです。

小学生には32鍵がスタンダート。学校・園の指定をチェック

By: amazon.co.jp

小学校では、「32鍵盤」の鍵盤ハーモニカを使用するのが一般的。幼稚園や保育園では、一回りサイズの小さい「25鍵盤」の製品が使われる場合もあります。音楽の授業やお遊戯会用に購入するのであれば、学校や園の指定に合う製品を選択するのがおすすめ。音楽の教科書にある曲の音域であれば、多くが32鍵の鍵盤ハーモニカでカバーできます。

音域をチェック。子供用には「アルト音域」がおすすめ

鍵盤ハーモニカは、バス・アルト・ソプラノなどの種類によってカバーする音域が異なります。こだわりがなければ、小学校・幼稚園・保育園で使われる頻度の高い「アルト音域」がおすすめ。人の声に近い一般的な音域から、少し高い音域までをカバーできるのが特徴です。

また、低音よりの「バス音域」や高音よりの「ソプラノ音域」は、鍵盤ハーモニカだけの合奏や本格的な演奏をする場合に適しています。

ケースの素材をチェック

頑丈なハードケース

By: amazon.co.jp

収納時はもちろん、携帯する際に鍵盤ハーモニカ本体をしっかりと保護したいのであれば、堅牢性に優れた「ハードケース」付属モデルがおすすめ。樹脂やプラスチックなどの素材を使用しており、ぶつけた場合や落としてしまった場合に本体にかかる衝撃を軽減できるメリットがあります。

また、多くのハードケースに唄口やホースの専用収納スペースが設けられているのも特徴。付属品を本体と一緒にまとめて持ち歩けるのもおすすめポイントです。

軽量なソフトケース

By: amazon.co.jp

鍵盤ハーモニカを気軽に携帯したいのであれば、「ソフトケース」もおすすめ。布やビニールなどの素材を使用しており、軽量で持ち運びやすい点がメリットです。

また、ハードケースに比べて、デザイン性に優れたモデルが多いのも特徴。かわいらしいモノからシンプルな外観のモノまでさまざまなデザインのソフトケースが存在するので、好みのケースで鍵盤ハーモニカを持ち運びたい場合におすすめです。

付属品をチェック

By: amazon.co.jp

鍵盤ハーモニカには、ハードケースまたはソフトケース・ホース・唄口などの付属品が同梱されているのが一般的。小学校・幼稚園・保育園で使用するのを想定して、名前を記入するシールや鍵盤に貼りつけられる音階シールが付属した製品もあります。清潔に使用したい方は、クリーニングクロスが付属したモデルも便利です。

また、使用を重ねるうちに劣化してしまう可能性のあるホースや、紛失しやすい小さなパーツの唄口は、交換品の有無をチェックしておくのもおすすめ。製品によって取りつけサイズが異なるので、対応する交換品が販売されているかもチェックしておきましょう。

保証・サポート体制をチェック

By: amazon.co.jp

小学校や幼稚園への持ち運びに加えて、音楽の授業やお遊戯会の練習など使用頻度が高い場合には、保証やサポート体制をチェックしておきたいところ。万が一故障してしまった場合でも、スムーズに修理に対応してもらえる製品がおすすめです。

最近ではリーズナブルな価格の海外製も多数販売されていますが、ヤマハやスズキなど大手メーカーの鍵盤ハーモニカであれば、サポートも充実しており安心して購入できます。

大人の趣味にもおすすめ

By: rakuten.co.jp

小学校や幼稚園で使用するイメージの強い鍵盤ハーモニカですが、大人の趣味としてもおすすめ。息遣いで強弱がつけられる繊細な音色が人気で、プロのミュージシャンが使用する場合もあります。

本格的な演奏を楽しみたいのであれば、価格は高くなりますが音域の広い製品が便利。「37鍵盤」や「44鍵盤」などの鍵盤数の多いモデルが適しています。

鍵盤ハーモニカのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

鍵盤楽器や弦楽器、音響機器の製造で有名な「ヤマハ」。「ピアニカ」と称される鍵盤ハーモニカを販売しているメーカーです。ヤマハの鍵盤ハーモニカは、耐久性が高く長期間愛用できるのが特徴。唄口やホースなどが劣化した際も、比較的交換品が手に入りやすいメリットがあります。

また、伸びやかで澄んだ音色や豊かな音量も人気の理由。高品質な鍵盤ハーモニカを求めている方におすすめです。

スズキ(SUZUKI)

By: amazon.co.jp

日本で初めて鍵盤ハーモニカを製造した「スズキ」。「メロディオン」と称される鍵盤ハーモニカは、ヤマハのピアニカと並んで高い知名度があります。スズキの鍵盤ハーモニカは、アフターサービスが充実している点でも人気。購入後も安心して使えるので、学校や幼稚園など教育現場でも多数使用されています。

型番によって音色が異なる製品を幅広くラインナップしているので、大人の趣味として鍵盤ハーモニカの購入を考えている場合にもおすすめです。

鍵盤ハーモニカのおすすめ

ヤマハ(YAMAHA) P-32E

使い勝手に優れたスタンダードな鍵盤ハーモニカです。付属のハードケース横にはシールスペースを搭載。名前シールを貼っておけば、学校や幼稚園でも安心して使えます。演奏用ホースの差し込み口には「パイプクリップ」を搭載。立奏するときや卓奏中の待機時にホースを固定できて便利です。

吹き込み口の形状がリコ-ダーに近く、授業でリコーダーを使うようになった際、スムーズに移行できるのもポイント。カーブしたデザインにより運指が見やすいメリットもあります。白鍵と黒鍵にはそれぞれ異なるバネを採用。自然でスムーズなタッチ感を実現している点もおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) P-25F

25鍵盤を搭載したソプラノモデルの鍵盤ハーモニカです。運指が見やすいカーブした唄口が付属。吹き込み口の形状がリコーダーに近いので、スムーズにリコーダーに移行できるのもポイントです。白鍵と黒鍵には、それぞれ専用のバネを使用。「ブレ防止ガイド」も搭載されており、スムーズなタッチが可能です。

本体内には、薄紙製の「プレートパッキン」や継ぎ目のないスポンジゴム製の「フレームパッキン」を搭載。気密性を向上させ、息漏れを軽減する仕様です。リードには特殊防錆塗装が施されており、金属の劣化を予防。澄んだ音色と安定したピッチを実現しています。

本製品には、プラスチック製のハードケースが付属。中空二重ブロー成型を採用しており、鍵盤ハーモニカ本体をしっかりと保護できる点もおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) P-37D

幅広い音域をカバーする鍵盤ハーモニカです。37個の鍵盤を搭載しているので、アルトから高音よりのソプラノまで幅広い音域が鳴らせます。

本体内部に搭載されているリードには特殊防錆塗料を採用しているため、金属が劣化しにくく澄んだ音色が得られます。空気の入る部分には、薄紙製の「プレートパッキン」と継ぎ目のないスポンジゴム製の「フレームパッキン」を搭載。気密性が高く、息漏れしにくいメリットもあります。

なお、中空二重ブロー成型を採用したプラスチック製のハードケースも付属。幅広い音域を楽しみたい方におすすめのモデルです。

スズキ(SUZUKI) マイク内蔵モデル アルト HAMMOND PRO-44Hv2

ハモンドとスズキメロディオンにより製造された鍵盤ハーモニカです。本体にピックアップマイクを搭載しているのが特徴。アンプに接続して使用できるだけでなく、イコライザーやエフェクターを接続してサウンドメイクも行えます。

アンプにつなげた際のサウンドはクリアで、演奏時の繊細なニュアンスも表現可能。バンドサウンドのなかでも、聴き取りやすい主張のある音が鳴らせます。

また、携帯性に優れたソフトケースが付属。コンサート会場やスタジオに持ち運びする場合にも適しています。

スズキ(SUZUKI) メロディオン バス B-24C

24鍵盤仕様の鍵盤ハーモニカです。F~E1の音域をカバーするバスモデルなので、器楽合奏やアンサンブルの低音を担当する場合におすすめ。コンパクトながら、弾力に富んだ音色を豊かな音量で鳴らせます。

本製品には、シンプルなデザインのソフトケースが付属。軽量なケースは、楽器を気軽に持ち運びたい場合に適しています。クリーニングクロスも同梱されているため、定期的に楽器を掃除して清潔に使用したい場合にも便利です。

なお、唄口やホースなどの交換品も販売されています。長期間使用できる鍵盤ハーモニカをお探しの方にもおすすめです。

スズキ(SUZUKI) メロディオン ソプラノ S-32C

ハリのある澄んだ響きが特徴の鍵盤ハーモニカです。器楽合奏やアンサンブルの高音域を担当できるソプラノタイプ。F1~C4の音域をカバーできるので、合奏全体にメリハリをつけたい場合におすすめです。

32鍵盤仕様の本体サイズは、幅43×奥行10×高さ5cmと比較的スリムでコンパクト。ショルダーストラップがついた専用のソフトケースも付属しており、携帯性にも優れています。また、本体内部のリードには折れにくくてサビに強い「特殊リン青銅」が使われているのも魅力です。

立奏用の唄口はストレートに息が通る設計。くわえ過ぎを予防するストッパーが搭載されているのもポイントです。唄口の差し込み口が、鍵盤に対して角度をつけて設計されているのも特徴。立奏時に鍵盤が見やすく、快適に演奏できる点もおすすめです。

キクタニ(KIKUTANI) KIKUTANI 鍵盤ハーモニカ メロディメイト MM-32

一般的な32鍵盤仕様の鍵盤ハーモニカです。F~C3までの音域をカバーするアルトモデルなので、音楽の授業で学ぶ曲の多くを演奏可能。小学校や幼稚園で使う鍵盤ハーモニカとしてもおすすめです。

本製品には、ハードケース・ホース・唄口などが付属。交換用の唄口やホースも販売されています。ハードケースは開けば、譜面台としても使用可能。開いた蓋が途中で止まる設計がポイントです。

本体背面には、ボタンタイプの水抜きを搭載。軽い力で押せるのが魅力です。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、初めて鍵盤ハーモニカを購入する方にも適しています。

キョーリツ(KYORITSU) KC Melody Piano P3001-32K

比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた鍵盤ハーモニカです。スタンダードな32鍵盤仕様のアルトモデルなので、小学校の音楽の授業にもおすすめ。名前シールや音階シールがついているのもポイントです。

本体内にたまった水滴をだせる「水抜きボタン」も搭載。簡単にお手入れできるのもポイントです。ボディ背面には「ホールドベルト」がついており、立奏時に手を通してしっかりと保持できます。本製品はカラーバリエーションが豊富に用意されているので、好みの色を選びたい方にもおすすめです。

また、付属品は、卓奏用のホースや立奏用の唄口、クリーニングクロスなど充実。携帯時や収納時に便利なハードケースもついています。

ゼンオン(ZEN-ON) ゼンオンピアニー BMH-32

明るくはっきりした音色が特徴の鍵盤ハーモニカです。32個の鍵盤を搭載したスタンダードなモデルなので、幼稚園のお遊戯会や小学校の授業用としてもおすすめ。堅牢性に優れたハードケースがついており、通学や通園時に本体をしっかりと保護して持ち運べる点も魅力です。

立奏用の唄口や卓奏用のホースに加えて、クリーニング用のクロスも付属。こまめに本体を掃除して、清潔に使用したい場合にも適しています。

HOHNER STUDENT MELODICAS STUDENT 32

ドイツの楽器メーカー「HOHNER」が製造する鍵盤ハーモニカ。スタンダードな32鍵盤仕様なので、学校や幼稚園での利用から大人の趣味としての使用まで、幅広い用途で使えるのがポイントです。また、シンプルながらスタイリッシュなデザインも、人気を集めています。

本製品は32鍵盤タイプですが、コンパクトな26鍵盤タイプや本格的な演奏ができる37鍵盤タイプなど、ラインナップが豊富。さまざまな用途に活用したい方にもおすすめの鍵盤ハーモニカです。

ammoon 37 Keys Melodica Pianica RTN4239494744586PC

幅広い音域をカバーできる37鍵盤仕様の鍵盤ハーモニカです。シンプルなデザインの本体には、耐久性に優れたABS素材を使用。本体サイズは約幅48.5×奥行11×高さ4.5cmとコンパクトで、重量も670gほどなので携帯時の負担が軽めです。

また、唄口・ホース・ソフトケースが付属。ケース用のストラップも同梱されており、肩にかけて持ち運べるのもポイントです。楽器の掃除に便利なクリーニングクロスやユーザーマニュアルもついています。

鍵盤ハーモニカのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

鍵盤ハーモニカのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。