国内の釣りジャンルにおいて市場規模が大きい「バス釣り」。釣具屋に行くと数多くのルアーが陳列されていますが、特にソフトルアーはパッケージ別にサイズや色が細分化され、何をどれだけ買うべきなのか悩ましいところです。

そこで今回はバス釣り用ワームのおすすめをご紹介。揃えておくべきアイテムをピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

バス釣り用ワームとは?

By: jackall.co.jp

バス釣り用ワームとは、その名の通りバス(ブラックバス)を釣るために開発されたワームのこと。ワームとは英語でミミズなどを示す言葉ですが、バス釣りにおいては柔らかい素材でできた疑似餌を意味し、「ソフトルアー」全般のことを指します。

種類としては魚類や甲殻類、昆虫などを模しており、大小さまざまなサイズや、長短さまざまなレングスがあるのが特徴。

使い方としては、基本的に単体では釣りにならず、フックやシンカーなどを別途用意して、自分で仕掛け(リグ)を作ります。ラインの結び方やセット方法は重要なので、特にバス釣り初心者の方は確認しておきましょう。

バス釣り用ワームの選び方

種類で選ぶ

ストレートワーム・スティックベイト

By: dstyle-lure.co.jp

「ストレートワーム」は真っ直ぐな形状をしたソフトルアー。バス釣りにおいては厳密な定義はなく、テールがあったり、尻すぼみになっていたりと多少の違いはありますが、全体的に柔らかく、水流を受けてヘコヘコと動くのが特徴です。

「スティックベイト」とは棒状のソフトルアーのこと。ストレートワームと似ていますが、水中であまり湾曲せず、水平姿勢を保つのが特徴です。また、アイテムによっては塩を混入していることも多く、比較的高比重。バス釣りにおいてはベイトタックルで扱いやすのも魅力です。

なお、ボディに対して細身のテールが付いているタイプはピンテールワームとも呼びます。棲み分けとしては混在することが多いので留意しておきましょう。

シャッドテール・シャッド系ワーム

By: keitech.co.jp

「シャッド」とは、もともとバス釣りの本場として知られるアメリカに実在する魚の名前。日本においてはルアーのジャンル名として浸透しており、ソフトルアーではベイトフィッシュに模したタイプを指します。

なかでも「シャッドテール」と呼ばれるタイプは楕円形のテールが付いているのが特徴。くびれがあり、ブリブリとテールを振って魚にアピールします。

一方、テールにはストレート、二股、V字など複数タイプがあり、そうしたワームはシャッドテールとは別物。形状に厳密な定義はありませんが、本記事ではそうしたタイプをシャッド系ワームとして区別しています。

クローワーム・ホッグ系ワーム

By: amazon.co.jp

「クローワーム」とは、基本的にはザリガニを模したソフトルアーのこと。バス釣りにおいて形の定義はありませんが、ツメを2本有しているのが特徴です。なお、細身であったり、長いヒゲを備えていたりする甲殻類は「シュリンプ系」とも呼ばれます。

「ホッグ系ワーム」とは基本的にアームや足、パドル、カーリーテールなどのパーツがそれぞれ対になっているソフトルアーのこと。もともとはアメリカのルアーメーカーとして知られる「ZBC」の「ブラッシュホッグ」がネーミングの由来です。なお、同ジャンルにはビーバー系と呼ばれる扁平ボディのワームも含まれます。

バックスライド系ワーム

By: purefishing.jp

「バックスライド」とは、後ろ向きでスライドフォールするという意味。バス釣りにおいてはおもにソフトルアーで使う言葉で「甲殻類がお尻をすぼめるようにして逃げる様子」のことを指します。

「バックスライド系ワーム」はお尻側に十分なウエイトがあり、フォール時の抵抗を斜め方向に受け流すパーツを備えているのが特徴。基本的にワームは順付けするとアングラー側に寄ってきますが、バックスライド系ワームを逆付けにすると進行方向にウエイトが乗り、奥へ奥へと滑り込んでいきます。

特にカバーの釣りで多用するワームなので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

虫系ワーム

By: o-s-p.net

「虫系ワーム」とは、水面に落ちた昆虫などをイミテートするソフトルアー。バス釣りにおいては着水音が小さかったり、波紋が出るパーツが付いていたり、吸い込みやすいように柔らかい素材を採用したりと、動きや質感にこだわったアイテムがラインナップされています。

虫系ワームのタイプとしては2つ。浮くタイプのフローティングと沈むタイプのシンキングがあります。前者は表層に置けるほか、波紋を出して周囲に存在感をアピールできるのがポイント。後者はピリピリと足を微振動させながら、ゆったりとフィールしてバイトを誘うのが特徴です。

その他

By: jackall.co.jp

バス釣りで使うソフトルアーは上記のほかにもさまざまな種類があり、非常に細分化されていますが、まだカテゴライズされていないアイテムも数多くあります。

また、ルアーには流行り廃りがあるので要注意。例えば、ブルーギルを捕食しているバスが多ければギル型のワームが効きますが、その数が減ると効果は薄れ、ほかのベイトフィッシュを模したワームが効果を発揮します。かつて流行っていたモノをてっきり見なくなったということも起こりえるので、意識しておきましょう。

カラーで選ぶ

By: depsweb.co.jp

バス釣りのなかでもソフトルアーのカラーはバリエーションが豊富。理由はハードルアーよりも複雑なカラーが作りやすいためです。

製法としてはインジェクションとハンドポワードの2種類があります。前者は立体的に製作された金型に原料を流し込んで作られるタイプで、量産しやすいのが特徴。後者は手作業で原料を流し込むやり方で、手間はかかりますが、素材の硬さや柔らかさに対応して融通が効くほか、カラーも細かい調節が可能です。

なお、ソフトルアーのカラーは実際に魚がエサとして捕食しているカラーから、自然界に存在しないほどアピールの強いカラーまで揃っているのもポイント。ナチュラル系と呼ばれるカラーはワカサギやブルーギルなどのベイトフィッシュカラー、ザリガニやテナガエビなどの甲殻類が代表的で、アピール系はピンクなどの派手なカラーが定番です。

カラー選びのセオリーは天候や水質などフィールドの状況によって異なるので、ある程度パターンをおさえておくのが理想的。ワームはそのフィールドで強いカラー、捕食対象のベイトに寄せたカラーをまず揃え、反応がなければ別の色へとカラーローテーションするのがおすすめです。

バス釣り用ワームのおすすめ|ストレートワーム・スティックベイト

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) カットテールワーム

好みのワームが見つけられる豊富なカラーとサイズ展開

ロングセラーアイテムとして多くのアングラーに知られている定番のワーム。カラー・サイズともに、豊富なラインナップが特徴です。

また、さまざまなリグで使えるほか、フィールドを問わず使えるのもポイント。野池や小規模河川ではマスバリ横刺しちょん掛けをしたノーシンカーで水面を漂わせる、ジグヘッドワッキーでリフト&フォールさせるのが効果的です。

一方、広大なフィールドではダウンショットで横方向に動かす、ネコリグでボトムをついばむベイトフィッシュを演出するなどがおすすめ。常にストックを用意しておきたいほど実績の高いアイテムです。

ジャッカル(JACKALL) フリックシェイク

水中でウネウネとしたローリングを実現

水中でなまめかしく動くおすすめのストレートワーム。特にノーシンカーワッキー、ジグヘッドワッキー、ネコリグなどのライトリグに有効で、ブラインドでもサイトでも使えるのが魅力です。

ボディの中央にはリブがないフラットな面の「ハチマキ」があり、フックを刺す目印になるのもポイント。ゆっくりとスローに動かすのはもちろん、アクションに緩急をつけてバイトを誘うのも効果的です。

ZBC スワンプクローラー

スリムボディとフワフワした動きで獲物を誘い込む

タフコンディションやハイプレッシャーのフィールドでも活躍が期待できるストレートワーム。細身のボディを採用しており、フワフワとしたアクションでバイトを誘えるのが特徴です。

1パッケージでの同梱本数が多く、コスパに優れているのも魅力。ボディのカラーで使い分けるのはもちろん、ラメの色合いによって使い分ける方もいるほど、根強いファンがいます。

使い方としてはネコリグが定番。障害物の乗り越えを感じながらボトムをイメージして、ゆっくりとトレースするのがおすすめです。

ダイワ(Daiwa) スティーズ ネコストレート

ネコリグ専用に開発されたストレートワーム。ヘッド部分にはネイルシンカーを入れやすいようにホールが用意されており、細部の使い勝手にまで配慮されているのが特徴です。

また、サイズラインナップが豊富に揃っているのもポイント。バスが捕食しているベイトのサイズが小さい場合や、タフコンディションであれば小さく短いタイプを、存在感を示したい場合やベイトフィネスタックルで挑みたい際は、大きく長いタイプを使用するのがおすすめです。

ディスタイル(DSTYLE) トルキーストレート

簡単なロッド操作でもしっかりと動くストレートワーム。シェイクを入れて繊細に誘うのはもちろん、ただ巻きでもしっかりと水を受けて動くのが特徴です。

また、使い方としては根がかりを外した際に起こるハングオフを利用するのもおすすめ。特にネコリグとの相性がよいアイテムなので、気になる方はぜひチェックしておきましょう。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) ヤマセンコー

好みのワームが見つけられる豊富なカラーとサイズ展開

高比重ボディを採用した定番ワーム。ノーシンカーでもしっかりとキャストできるスティックベイトとして知られており、ベイトタックルでも扱いやすいのが特徴です。

特に水平フォールの姿勢は秀逸。オフセットフックのノーマルセッティングでもマスバリのワッキー掛けでもしっかりと対応できます。太さや長さのラインナップも豊富なので、いくつかバリエーションを揃えておくのがおすすめです。

オーエスピー(O.S.P) ドライブスティック

細身のテールを備えた高比重ワーム。ロッドアクションに対するレスポンスがよく、キビキビと動かしたり、ゆらゆらとフォールさせたりしてバイトを誘えるのが特徴です。

ノーシンカーのバックスライドセッティングで有名になったスティックベイトですが、出しどころは豊富。さまざまなリグと相性がよいほか、チャターベイトなどのトレーラーとして使うのもおすすめです。

なお、本製品はオリジナルモデルですが、ラインナップとしては塩の含有量を抑えた低比重素材のSPEC2も用意。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

レイドジャパン(RAID JAPAN) ファットウィップ 3インチ

やや太めでむっちりとした短めのスティックベイト。単体での自重は約5gと、このサイズのワームとしては十分なウエイトが備わっているのが特徴です。

通常のオフセットフックをセットして棒引きするのはもちろん、マスバリのワッキー掛けをしてフォールで誘うのもおすすめ。タフコンディションのフィールドでなんとか口を使わせたい際に有効なアイテムです。

デプス(deps) デスアダー

バルキーなフォルムを採用したスティックベイト。凹凸のあるボリューミーなボディとピンテールによって、なまめかしく動くのが特徴です。

ラインナップも豊富で、フィールドのベイトフィッシュサイズに合わせやすいのもポイント。ワーム単体としてさまざまなリグに使えるほか、チャターベイトのトレーラーとして使うのもおすすめです。

バス釣り用ワームのおすすめ|シャッドテール・シャッド系ワーム

ボトムアップ(BOTTOMUP) ブレーバー

ハイプレッシャーなフィールドでも口を使わせることが可能なワーム。小さめのシャッドテールが付いているのでシャッドテールワームに分類できますが、ボディ全体としてはシンプルな形状で、ジグヘッドワッキーやネコリグとも相性がよいのが特徴です。

また、素材にエビ・イカ・魚の粉末を配合しているのもポイント。塩の含有量と素材硬度のバランスにも配慮しており、ハリ持ちがよいのも魅力です。

ケイテック(KEITECH) スイングインパクト ファット

ハイカロリーなベイトフィッシュを演出できるワーム。丸みのあるボディと大きく揺れるテールによってビッグバスも仕留められるのが特徴です。

本製品はボリュームがあり、キャスタビリティも良好。高速リトリーブからデッドスローまでしっかりと対応可能です。各種リグのほか、ジグトレーラーとしても優れています。汎用性の高さもおすすめポイントです。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 2.5インチレッグワーム

タフな時期やハイプレッシャー化したフィールドでも頼りになるワーム。マッディーウォーターのほか、クリアレイクやリザーバーなど、あらゆる場面で使えるほか、スレた魚に対してもなんとか口を使わせられるのが特徴です。

ライトリグ全般に使えますが、特にダウンショットリグとの相性は良好。ロッドやライン操作を駆使して、丁寧に動かすのがコツです。喰わせ重視でいきたい場合はぜひ試してみてください。

オーエスピー(O.S.P) ドライブシャッド

さまざまなリグとの相性はもちろん、ジグトレーラーとしても使えるシャッドテールワーム。ボディとテールが振動し、なまめかしく動くのが特徴です。

高速リトリーブからデッドスローまでしっかりと対応できるのも魅力。ハイピッチなウォブル&ロールアクションで、周囲に存在感をアピールできるおすすめのルアーです。

デプス(deps) サカマタシャッド

テールが二股に分かれているシャッド系ワーム。単体でボリュームがあるため、遠投性能とキャスタビリティが高いのが特徴です。

ボディの側面に突起を設けているのもポイント。フォール時はゆっくりとロールしながら着底し、トゥイッチやジャークを加えるとキール部分で水を受け、ダートアクションを出せます。

また、ラインナップが豊富なのも魅力。サイズは4インチ・5インチ・6インチ・8インチがあり、さらにそれぞれノーマルマテリアルとヘビーウエイトマテリアルが用意されているので、計8タイプが揃っています。

エバーグリーン(EVERGREEN) ラストエース75

リアルフォルムのシャッド系ワーム。単体でフラフラと泳がせることで、弱ったベイトフィッシュを演出できるのが特徴です。

マス針を使用したノーシンカーでの実績が高いアイテムで、特にサイトフィッシングで有効。アプローチ方法としてはただ巻きのほか、トゥイッチやジャークを加えてリアクション気味にバイトを誘うのもおすすめです。

バス釣り用ワームのおすすめ|クローワーム・ホッグ系ワーム

オーエスピー(O.S.P) ドライブクロー

丸みを帯びた大きなツメが特徴のクローワーム。カバー撃ちのテキサスリグはもちろん、縦ストラクチャーではダウンショットで使うのも効果的です。

また、ラインナップが豊富なのもポイント。低活性時やハイプレッシャーのフィールドではナチュラルカラーのダウンサイジングモデルを、ビッグフィッシュ狙いであればド派手なカラーのラージサイズをチョイスするなど、サイズとカラーで使い分けることでさらなる釣果アップが期待できます。

ZBC ウルトラバイブスピードクロー

バス釣りの本場であるアメリカはもちろん、日本でも評価の高いクローワーム。テキサスリグやラバージグのトレーラーに適したアイテムで、カバー周りで使うのがおすすめです。

スイミング時のアクションが秀逸で、パーツがピリピリと動くのもポイント。高速引きはもちろん、スローに引いてもしっかりとアピールできます。また、リフト&フォールも効果的。多くのアングラーから長年支持されているおすすめのルアーです。

エバーグリーン(EVERGREEN) キッカーバグ

ボリューミーで存在感のあるおすすめのクローワーム。足やツメの先端がボール状になっているのが特徴で、アクション時はもちろん、フォール時でも水中で微振動し、しっかりとアピールするのが特徴です。

使い方としてはテキサスリグのほか、ジグトレーラーとしてもマッチ。アーキーヘッドタイプであればカバー撃ち、フットボールタイプであればボトムでのズル引きがおすすめです。

ノリーズ(Nories) エスケープツイン

日本のホッグ系ワームを代表する定番アイテム。分厚いパドルを備えており、ボトム着底からゆっくりと倒れ込み、魚に対して強烈にアピールできるのが特徴です。

水押しが強く、特にカバー撃ちで効果的。なお、本製品はオリジナルモデルですが、ひとまわり大きいビッグやひとまわり小さいリトル、さらに小さいチビとさまざまなサイズがラインナップされています。

オーエスピー(O.S.P) ドライブビーバー

扁平ボディを採用したビーバータイプのホッグ系ワーム。最近評判の高いアイテムとして知られており、すり抜けのよさとアピール力の高さを兼ね備えているのが特徴です。

フォールやリトリーブ時はパーツがブルブルと震え、しっかりと存在感をアピールできるのもポイント。ヘビーカバーに強く、テキサスリグやリーダーレスダウンショットで使うのがおすすめです。

なお、サイズラインナップによってヒゲがストレートかカーリーテールかのいずれかに分かれているので、気になる方は確認しておきましょう。

バークレイ(Berkley) バルキーホッグ3インチ

比較的コンパクトなシルエットのホッグ系ワーム。バス釣りで重要となるハリ持ちのよさが特徴で、カバーに対して使いやすいのが魅力のアイテムです。

ボディの上部にバンジーアームが備わっているのもポイント。足や2本のパドルとは付いている向きが逆なのでフォール時の抵抗となり、よりスローに落とせます。なお、よりすり抜け重視であれば、バンジーアームをちぎるという方法も。状況に応じて単体でも使い分けができるおすすめアイテムです。

ボトムアップ(BOTTOMUP) ブルスホッグ

スリムな形状と存在感のあるツメが特徴のホッグ系ワーム。アクションさせると強く水を押し、カバーに潜むバスに対してもしっかりとアピールできるのが特徴です。

ボディには短くも張りのある足が順手で4×2本、さらに逆手で2本付いているのもポイント。それぞれが躍動するので、リフト&フォールなどの縦の動きはもちろん、ズル引きなどによる横の動きでも効果を発揮します。

エバーグリーン(EVERGREEN) フラップクロー

肉厚のツメが特徴的なホッグ系ワーム。ネーミングとしてはクローワームともいえますが、触覚や足などのパーツが備わっているので、ボトムを這う甲殻類をイメージして使うのがおすすめです。

高密度ソルト配合のマテリアルを採用しており、十分なウエイトが備わっているのもポイント。フォールから着底、着底からの倒れ込み、倒れ込みからのワンアクションと、一連の動作でしっかりとバイトを誘えるのも魅力です。

バス釣り用ワームのおすすめ|バックスライド系ワーム

バークレイ(Berkley) パワーグライダー

扁平なフォルムを採用したバックスライド系ワーム。キャスタビリティに優れた高比重ボディながら、ノンソルト部分も用意することでハリ持ちがよく、カバーに対して積極的に攻められるのが特徴です。

パーツが少ないため引っ掛かりもあまりなく、すり抜け感も良好。ボート・オカッパリを問わず手返しよく撃っていけるおすすめのアイテムです。

スミス(SMITH) ファットイカ

バックスライド系ワームとして定番のアイテム。たっぷりと塩が詰まったボディに水の中で抵抗となるフラスカートが付いており、ゆっくりと送り込めるのが特徴です。

ラインナップとしては本製品のほか、より耐久性に優れた「ヘビーカバーファットイカ」も人気。なお、それら2つ、さらにオリジナルモデルの「イカ」はスミスのラインナップです。

一方、より細身の「ライトイカ」はゲーリーヤマモトの製品にカテゴライズ。素材としてはいずれもゲーリーヤマモトのマテリアルを採用しています。スミスからのリリースであってもパッケージはゲーリーヤマモト仕様となっているので、注意しておきましょう。

オーエスピー(O.S.P) ドライブショット

フラスカートが付いた、いわゆる「イカ系」のバックスライド系ワーム。幅の狭いポケットにも送り込みやすいスリムなデザインで、カバーやストラクチャーをタイトに攻められるのが特徴です。

フォール時は真っ直ぐながら、ボディを左右にくねらせながらゆっくりとフォールするのがポイント。また、フックセッティングしやすいようにセンターラインにスリットが入っていたり、ネイルシンカーを挿入するホールが空いていたりと、使い勝手に配慮されているのも魅力です。

ジャッカル(JACKALL) RVドリフトクロー

フォールスピードにこだわって開発されたバックスライド系ワーム。扁平のボディとパーツの抵抗によってゆったりと落ちていくのが特徴です。

ボディ内部の塩含有率を上下で変えており、低重心を図っているのもポイント。なお、フックは比較的大型のオフセットフックである#2/0〜#3/0がメーカー推奨となっているので、しっかりと確認しておきましょう。

ガンクラフト(GAN CRAFT) ボムスライド

アームと触覚を備えたバックスライド系ワーム。お尻部分が高比重かつ高密度のソルトインマテリアルで、しっかりとカバーの奥へと送り込めるのが特徴です。

スライドフォールはもちろん、着底してからのちょっとしたアクションも効果的。繊細に動かすことでフォールでは気づかなかった魚に対しても喰わせにもっていけます。

なお、フックの番手は大型の#5/0のオフセットフックがメーカー推奨。タックルとしてもバス釣りらしいヘビーなロッドと太めのラインを用意するのがおすすめです。

バス釣り用ワームのおすすめ|虫系ワーム

オーエスピー(O.S.P) オリカネムシ

実績の高いフローティングタイプの虫系ワーム。ヘッド部分をカップ形状にすることでトップウォータープラグのポッパー的な要素がプラスされており、使い方によってはポップ音やスプラッシュを出せるのが特徴です。

アームや足が太く、水面での抵抗となるのもポイント。移動距離を抑えつつもしっかりと波紋を出し、周囲に存在感を示せます。また、フックが事前に備わっているほか、腹部にV字ガードが用意されているのも魅力。使い勝手のよいおすすめアイテムです。

デュオ(DUO) レアリス ニンムシ

トータルバランスに優れた虫系ワーム。フローティングタイプのソフトルアーながら塩が混入しており、キャスタビリティが高いのが特徴です。

伸縮性のあるボディを採用しており、耐久性が高いのもポイント。内部には毛のような天然ファイバーが練り込まれており、昆虫のリアルさを追求しています。

着水音の静かさやパーツの動きによる波紋など、細部にまでこだわりが詰まっているのも魅力。バス釣りの虫パターンにトライしてみたい方はぜひチェックしておきましょう。

バークレイ(Berkley) アオキムシ

中空構造で浮力が高く、操作しやすいフローティングタイプの虫ワーム。ボディにラバーを通してあるのが特徴で、フックはマス針ちょん掛け、ラインは水面に浮きながらも強度が高いPEラインを使用するのがおすすめです。

本製品は1.5インチのオリジナルモデルですが、ラインナップには2インチの「キングアオキムシ」も用意。それぞれ素材に違いがあり、大きいタイプには耐久性に優れた「U.L.D.T.マテリアル」を採用しています。気になる方は併せてチェックしておきましょう。

ジャッカル(JACKALL) RV-バグ

2本のアームと複数本の足で構成されているシンキングタイプの虫系ワーム。アクション時はもちろん、フォールでの振動でも魚を誘えるのが特徴です。

ラインナップとしては、オリジナルモデルの1.5インチと対カバー用に開発された3インチの2種類。前者はマス針とライトタックルを使用したフィネスな釣りで、後者は根がかり回避が見込めるオフセットフックでカバーを攻めたい場合に有効です。

エバーグリーン(EVERGREEN) ギズモ

「浮くスモラバ」をコンセプトとしたバス釣り用の虫系ワーム。昆虫を意識したフォルムと繊細に動くラバーが特徴で、神経質な魚に対してもしっかりと口を使わせることが可能です。

本製品は事前に下向きのフックがセッティングされているのもポイント。また、胸部にはモノガードが1本用意されているので、ライトカバーや枝に引っ掛けて誘う「ちょうちん釣り」にも対応できます。

バス釣り用ワームのおすすめ|その他

レイドジャパン(RAID JAPAN) ビッグツーウェイ

クモやムカデなど何かしらの虫に思えるが、ひと言で何かと言い表すのは難しいソフトルアー。発売当初はサイトフィッシングに強いワームという印象がありましたが、ノーシンカーワッキーやジグヘッドワッキー、ダウンショットでのブラインドでも使えるなど、幅広いライトリグに対応できるのが特徴です。

使い方としてはいずれもボディのセンターにフックを刺し、そこを中心としてフワフワと動かすのがポイント。ボディが「くの字」に折れ曲がることを意識するのが重要です。

なお、本シリーズのラインナップはオリジナルサイズのほか、ひと回り大きいビッグ、さらに大きいマグナムの3種類。本製品は真ん中サイズのビッグで、奇抜なフォルムながら水押しが強く、大きさも食べ頃サイズです。気になる方はぜひ試してみてください。

ジャッカル(JACKALL) ハニーナゲット

扁平ボディとバルキーなフォルムが特徴的なソフトルアー。シンカーストッパーのない、いわゆるバス釣りのフリーリグで使うことを前提に開発されたアイテムで、特に中層にいるバスを狙う際に有効です。

ギル型ワームとも甲殻類を模したワームとも思えるデザインで、捕食しているベイトの種類を問わず使えるのがポイント。シンカー着底時にワームが落下から水平姿勢になろうとした際に起こる「クイっ」とした動きが重要で、この瞬間にバイトが集中します。ボトムズル引きなどでも釣れますが、特に縦ストにサスペンドしたバスに効果を発揮するので、そこを意識して使ってみてください。