銃声や足音など、音に関する情報が勝負を左右するFPS。FPS向けのゲーミングイヤホンがあれば、ゲームを有利に進められる可能性が高まります。しかし、最近ではさまざまなメーカーから多くのイヤホンが発売されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのFPS向けイヤホンをご紹介。おすすめのメーカーについても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ゲーミングヘッドセットや普通のイヤホンとの違い

By: amazon.co.jp

ゲーミングイヤホンとゲーミングヘッドセットには、耳を覆うかそうでないかの違いがあります。ゲーミングイヤホンは耳を覆わないので、耳周りが蒸れないのが魅力。また、ゲーミングヘッドセットよりも軽いモデルが多く、首が疲れにくいのもメリットです。

さらに、ゲーミングイヤホンの多くは普通のイヤホンよりも大きなドライバーユニットを搭載しています。そのため、足音や銃声などの聞こえる方向や距離感が把握しやすいのがポイント。加えて、マイクが付属するモデルを選べば、会話しながらゲームが進められます。

FPS向けイヤホンの選び方

カナル型かインナーイヤー型か

By: snext-final.com

イヤホンの耳に装着する部分の形状には違いがあり、主に「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類に分けられます。カナル型は先端にイヤーピースを搭載し、耳の奥深くまで入れ込むようにして装着するタイプ。耳にしっかりとフィットするので、外れにくく安定した装着感が得られます。

また、密閉性が高いので遮音性に優れており、敵の足音などの小さな音も聞き取りやすいのがメリット。音漏れしにくいのもポイントです。ただし、長時間装着していると、圧迫感により疲れてしまう場合があります。

インナーイヤー型は、耳の入り口付近に引っ掛けるようにして装着するタイプ。カナル型とは違い耳の奥深くまで入れ込まないので、圧迫感が少なく、周囲の音も聞き取りやすいのがメリットです。しかし、装着時の安定感や遮音性は、カナル型よりも劣ります。

有線タイプを選ぶ

By: amazon.co.jp

ゲーミングイヤホンには、Bluetoothなどを使ったワイヤレス接続タイプと有線接続タイプの2種類があります。ワイヤレス接続のモノは音の遅延が発生したり、音が途切れたりするリスクが比較的高いので注意が必要です。

そのため、FPSで遊ぶ場合には、リアルタイムの音が楽しめる有線接続のモノがおすすめ。ただし、ケーブルが邪魔になったり長さが足りなかったりすることもあります。ケーブルの長さをあらかじめ確認しておきましょう。

音の定位感をチェック

By: razer.com

定位感とは、音の左右や遠近方向を表したものです。定位感のよいモデルほど、音がどこから聞こえてくるのか、どのぐらい離れた位置から聞こえてくるのかが把握しやすくなります。

FPSは目に映る情報だけでなく、耳から得られる情報によっても勝敗が左右されるのが特徴。音の定位感をチェックしたうえでFPS向けのイヤホンを選べば、ゲームを有利に進められる可能性を高められます。

マイク付きのモデルも人気

By: amazon.co.jp

ゲーミングイヤホンの多くは、マイクが付いています。特に、FPSでは、ボイスチャットを活用して仲間とコミュニケーションを取りながら対戦する機会もあるので、マイク付きのモデルを選ぶのもおすすめです。

また、マイクが備わっている場所がイヤホン部なのかリモコン部なのかを併せてチェックしておきましょう。搭載場所によって音声の伝わり方が変わります。

FPS向けイヤホンのおすすめメーカー

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: amazon.co.jp

ゼンハイザーは、1945年に創業したドイツの音響機器メーカーです。1968年には、世界で初めてオープン型を採用したといわれるヘッドホン「HD 414」を発売。数多くの革新的な製品を生み出しています。

ゼンハイザーのイヤホンは、ダイナミックドライバーを搭載しており、純度の高いサウンドが特徴。カナル型で密閉性も高いので、FPS用のイヤホンにぴったりです。

シュア(SHURE)

シュアは、1925年に設立されたアメリカの音響機器メーカーです。創業当時はラジオのパーツを取り扱っていましたが、現在はマイクやヘッドホン、ミキサーなどの幅広いアイテムを展開しています。

シュアのイヤホンは、原音に忠実なサウンドと遮音性の高さが魅力です。FPSプレーヤーにも使用されており、銃声をしっかりと聞き取りやすいのがポイント。また、ケーブルの着脱に対応したモデルが多いのも特徴です。

レイザー(Razer)

By: amazon.co.jp

レイザーは、1998年に創業したアメリカのゲーミングデバイスメーカーです。グリーンとブラックを基調としたトリプルヘッド・スネークのロゴを採用しており、高性能かつ高品質なゲーミングデバイスを数多く展開しています。

イヤホンに関しては、ゲーミング向けのモデルを数製品ラインナップ。FPSに適した有線モデルや、ボイスチャット時に便利なマイクを搭載したモデルなどを取り扱っています。

FPS向けイヤホンのおすすめ|人気・定番

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 100 PRO

低音から高音までバランスよく鳴らせる高音質なFPS向けイヤホンです。特殊な振動板を採用しており、大音量でも歪みの少ない音を再生可能。正確性の高いモニタリングサウンドも魅力です。

本体は人間工学に基づいて設計されたフラットなデザインを採用。高い装着感を実現します。堅牢性が高いので、厳しい環境でも安心して使用できるのがメリットです。

イヤーピースは3サイズ付属し、さまざまな耳にフィットします。パッシブなノイズキャンセリング効果も得られるので、周囲の雑音などを軽減して、ゲームに集中したい方におすすめです。

シュア(SHURE) SE215

普段使いからゲームまで、幅広い用途で使用できる人気のFPS向けイヤホンです。シュアのイヤホンのなかではエントリーモデルという位置づけながらも、高音質なサウンドを実現します。

本体は耳にぴったりとフィットする高遮音設計で、周囲の騒音を最大37dB軽減できます。どんな環境でもゲームに没頭しやすいのが魅力です。

ケーブルにはワイヤーが入っており、耳にかけて装着する「シュア掛け」に対応。タッチノイズを軽減し、より高いフィット感が得られます。また、MMCX規格によるリケーブルにも対応。別売りのケーブルと交換して、サウンドの変化を楽しめるのも魅力のひとつです。

レイザー(Razer) Hammerhead Pro V2 RZ04-01730100-R3A1

大型の10mmダイナミックドライバーを搭載したFPS向けイヤホンです。ドライバーのサイズが従来モデルから20%大きくなっており、高音質なサウンドを楽しめます。

高耐久かつ絡まりにくいフラットケーブルを採用しているのもポイントのひとつ。ゲームをするとき以外はまとめてしまっておきたい場合や、持ち運びに便利です。

ケーブルに搭載されたインラインマイクは、邪魔になりにくい控えめなデザイン。通話の受信や音量調節などができる3つのクイックアクションコントロールボタンも搭載しています。

ゲーミングデバイスらしいデザインも魅力。使うたびに気分が高まるようなアイテムを探している方にもおすすめです。

レイザー(Razer) Hammerhead Duo Console ゲーミングイヤホン RZ12-03030200-R3M1

ダイナミックドライバーとバランスド・アーマチュアドライバーを組み合わせた、ハイブリッドドライバー構造のFPS向けゲーミングイヤホンです。鮮明で豊かなサウンドが再生され、ゲームに没頭できます。カナル型なので、遮音性も良好です。

筐体には、日々の使用に耐えられるように、頑丈なアルミフレームを採用。加えて、ケーブルにはもつれにくい編組被覆ケーブルを使用しています。プラグには、パソコンからモバイルデバイスまで、幅広く接続できる3.5mmステレオミニプラグを搭載。PS4などでも使用できます。

また、ボイスチャットができるマイクが付いているのもポイント。インラインコントロールを搭載しており、簡単にマイクのオン・オフを切り替えられます。

オーディオテクニカ(audio-technica) バランスド・アーマチュア型インナーイヤーヘッドホン ATH-E70

プロが使っていたことでも有名な高級モデルのFPS向けイヤホンです。低音域・中音域・高音域用の3基のバランスド・アーマチュアドライバーを搭載。低音から高音まで、全音域をバランスよく、より正確に再生できます。定位感にも優れており、どこに敵がいるか把握しやすいのがメリットです。

筐体は遮音性の高い形状なので、周囲の騒音を軽減可能。音漏れもしにくいので、音量を上げていても周りに迷惑をかけることなく、ゲームに没頭できます。

ケーブルの長さは1.6mで、3.5mm金メッキステレオミニプラグを採用。着脱が可能で、リケーブルにも対応しています。ケース・シリコンイヤーピース・コンプライフォームイヤーピース・6.3mm変換プラグアダプターといった付属品が同梱するのもポイントです。

FPS向けイヤホンのおすすめ|マイク付き

ロジクール(Logicool) ゲーミングイヤホン G333

低音域用と高音域・中音域用の2つのドライバーを搭載したFPS向けイヤホンです。ゲームの世界観を忠実に再現するような、ディテールに富んだ豊かなサウンドを再生できます。

本製品は、高耐久なアルミニウムハウジングを採用。ケーブルは絡まりにくいフラットな形状なので、ストレスなく使用できます。ケースが付属するため、持ち運びにも便利です。

また、ケーブルには、クリアな音声でボイスチャットができるインラインマイクと、音楽の再生・停止・音量調節ができるコントローラーを搭載しています。

イヤーピースは3サイズが付属。ソフトな付け心地のシリコンイヤーピースで、耳に優しくフィットします。3.5mm接続に加え、USB Type-C変換アダプターが付属するので、より多くのデバイスと接続できるのも魅力です。

HyperX Cloud Earbuds HX-HSCEB-RD

外出先などでも気軽に使用できるFPS向けのイヤホンです。Nintendo Switchなどで快適にFPSゲームを楽しみたい方におすすめ。ドライバーユニットには、14mm径のダイナミックドライバーを搭載しており、臨場感のある重低音とクリアな高域から低域までを再生できます。

ケーブルに搭載されたインラインマイクは、ゲームプレイの邪魔になりにくいスリムな形状です。加えて、通話への応答やメディアの制御などができる多機能ボタンも搭載しています。接続端子は3.5mmステレオミニプラグ。プラグ部分は、90°の角度がついたL字型を採用しています。

そのほか、特許取得済みのシリコンイヤーチップが3サイズ付属するのも魅力のひとつ。快適なフィット感が得られます。

エックスラウンド(XROUND) AERO plus XRD-XA-03

独自の空気力学と3Dチューニング技術で設計されたFPS向けイヤホン。ゲームプレイ時に足音の方向などをしっかりと把握できる、優れた定位感を実現しています。

マイクの性能が高く、クリアな集音が可能。加えて、マイクミュート機能が搭載されており、スイッチのオン・オフでさっと操作できるのがメリットです。

イヤーピースは、2層構造の「AERO特別イヤーピース」と、TPE材質を用いた「ボーカル強化イヤーピース」がそれぞれ3サイズ付属。好みや用途に合わせて使い分けができるので便利です。

ヒューレット・パッカード(HP) OMEN by HP DYAD 8JE67AA#UUF

2機のドライバーユニットを採用したハイブリッド構成のFPS向けイヤホンです。10mmのダイナミックドライバーは足音などの迫力ある低音を再現し、バランスド・アーマチュアドライバーは原音に忠実なサウンドを再現します。

通常のシリコンイヤーピースに加え、低反発ポリウレタンフォームを採用した、体温で柔らかくなる「Complyイヤーチップ」が付属するのもメリット。より高いフィット感が得られます。

ケーブルのインラインマイクには、手元でマイクミュートや音量の調節などができるメディアコントローラーを搭載。接続端子は3.5mmオーディオピンジャックを採用しています。キャリングケースが付属するので、持ち運び時も安心です。

ファイナル(final) VR3000 for Gaming FI-VR3DPLMB

ゲームやVRの音源を制作者の意図通りに再現できると謳われる、おすすめのイヤホンです。ドライバーユニットには、独自設計のダイナミックドライバー「f-Core DU」を搭載しています。音響工学や音響心理学、空間音響学に基づいてサウンドメイクされており、空間イメージや方向性を掴みやすいのがポイントです。

イヤホン本体は、優れた装着感が得られるように設計されています。耳の3箇所でしっかりと保持できるようになっており、より多くの耳にフィット。圧迫感を覚えにくいので、長時間のゲームプレイにもぴったりです。

ケーブルタッチノイズを軽減できる、イヤーフックが付属するのもメリットのひとつ。好みに合わせて着脱できます。イヤーピースは、豊富な5サイズが同梱。軸の色が異なっているので、左右を素早く判別できます。

FPS向けイヤホンのおすすめ|安い低価格モデル

スティールシリーズ(SteelSeries) インイヤーモバイル用ゲーミングヘッドセット TUSQ 61650

着脱可能なブームマイクを搭載したFPS向けのイヤホンです。高音質な音声を届けられるので、より快適にボイスチャットを楽しめます。また、ケーブルにはインラインマイクも搭載。外出時などブームマイクが邪魔になるような環境でも、ボイスチャットや通話が可能です。

ダイナミックサウンドドライバーを採用しており、優れたゲームサウンドを再生できます。音の方向性が分かりやすいと謳われているので、敵の位置などを把握しやすいのがポイントです。

筐体は軽量なエルゴノミクスデザインを採用。より多くの耳に合うように調節されており、長時間快適に装着できます。

ジェイビーエル(JBL) マイクミュート機能付インイヤー ゲーミングヘッドセット Quantum 50

8.6mmのドライバーを搭載したFPS向けのイヤホンです。耳の奥までしっかりと装着しやすいカナル型を採用しているので、遮音性も良好。小さなサウンドもしっかりと聞き取りたい方におすすめです。

ケーブルには、ミュート機能に対応したマイクを搭載。ゲームに加え、テレワークやオンライン会議などでも役立ちます。また、音量調節ができるスライダーや、受話ができるマルチファンクションボタンを搭載。コントローラー部分とマイク部分が別になっているので、よりクリアな音声で通話できます。

イヤーピースは人間工学に基づいて設計されており、3サイズが同梱。加えて、特許取得済みのツイストロック機能やエンハンサーにより、抜け落ちにくい優れた装着性を実現しています。

タートルビーチ(TURTLE BEACH) Battle Buds In-Ear Gaming Headset TBS-4003-01

10mmのドライバーユニットを搭載したFPS向けのイヤホン。高音も低音もしっかり再生できます。取り外しができる高感度なブームマイクを搭載しているのがポイント。クリアで明瞭な音声を届けられるので、快適にボイスチャットを楽しめます。

ケーブルの長さは1.2m。音量調節やマイクのミュートができるインラインコントローラーも搭載しています。また、インラインマイクも内蔵。ブームマイクを使用せず、通話ができます。

装着感は、それぞれ3サイズずつ付属するイヤーピースとスタビライザーで調節可能。軽量なので、長時間快適に装着できます。

エレコム(ELECOM) ARMA ゲーミングイヤホンマイク HS-ARMA50E

ゲームプレイ中の抜け落ちを防止し、優れたフィット感が得られる「3Dフィットイヤーアーム」を搭載したFPS向けのイヤホン。カナル型を採用しているので、音漏れを低減でき、遮音性も良好です。装着感は、豊富な4つのサイズが付属するイヤーピースで調節できます。

ドライバーユニットには、サイズ以上の力強いサウンドを実現する10mm径の「ETEMドライバー」を搭載。大型高磁力マグネットにより、キレのある低音域を再生できます。

着脱可能なマイクアームを搭載しているのもポイントのひとつ。フレキシブルアームなので位置を細かく調節できます。さらに、マイク部分にはウィンドスクリーンが付いているので、息によるノイズを軽減可能です。

ファイナル(final) カナル型イヤホン E500

ゲームやVRコンテンツを違和感なく再生するFPS向けのイヤホンです。6.4mm径のダイナミックドライバーユニットを搭載しており、小口径ながらも高い精度を実現。音響工学や空間音響学などに基づいて、制作者の意図に合った方向感などを掴みやすいように音作りされています。

耳道の傾きにイヤーピースがフィットしやすい、独自の「イヤーピーススウィングフィット機構」を搭載しているのも特徴のひとつ。音がダイレクトに鼓膜へ伝わるので、よりクリアなサウンドを楽しめます。

そのほか、断線を防止するために柔軟で太めのケーブルを採用。イヤーピースは、快適な装着感と高い遮音性を実現するオリジナルのモノを、5サイズ同梱しています。

FPS向けイヤホンのおすすめ|スマホ用

エイスース(ASUS) ノイズキャンセリング・インイヤー・ゲーミングヘッドフォン ROG CETRA II

接続端子にUSB Type-Cを採用したFPS向けイヤホンです。周囲の騒音を軽減できるアクティブノイズキャンセリング機能に対応しています。周りを気にすることなくゲームに没頭可能です。また、ボタンを押すだけで、周囲の音を聞きとりやすくする「アンビエントモード」をオンにできます。

ケーブルには音量調節、再生・停止などの操作ができるインラインコントロールを搭載。ノイズキャンセリングやアンビエントモードのオン・オフも操作できます。

ドライバーには「ASUS Essenceドライバー」を搭載。力強い低音を楽しめるのがポイントです。サウンドはゲーム向けに最適化されています。

アズラ(AZLA) AZEL Edition G AZL-AZEL-G

プロゲーマー監修のもと開発されたFPS向けのイヤホンです。敵の足音や銃声音などの細かい音を把握しやすいよう、特にFPSゲームに合わせてチューニングされています。

ドライバーユニットには、自社で開発した8mmのダイナミックドライバーを搭載。迫力のある低音とパンチのあるサウンドを再生可能です。さらに、フィボナッチフィルターと組み合わせることで、自然な高音域も実現しています。

金属切削加工とヘアライン仕上げによる高級感あふれる筐体デザインも魅力のひとつです。接続端子には3.5mmステレオミニプラグを採用しているものの、DAC内蔵USB Type-Cケーブルが付属します。

オーディオテクニカ(audio-technica) Lightning用イヤホン ATH-CKD3Li

iPhoneに直接接続して音楽やゲームが楽しめる、Lightning端子を採用したFPS向けイヤホンです。遅延がほとんど気にならず、ゲームに集中できます。

9.8mmのドライバーに不要な振動を抑制する真鍮スタビライザーを搭載しており、高解像度でクリアなサウンドを実現。カナル型なので、耳にしっかりとフィットしやすく、音漏れも抑えられます。イヤーピースはXS・S・M・Lの4サイズが付属しているのもポイントです。

ケーブル部分には、マイク付きのリモコンも搭載しています。リモコンを活用すれば、メディアの再生や一時停止、音量調節などの操作を手元で素早く行えるので便利です。

ラディウス(radius) NeEXTRA Series Lightning Inner earphone HP-NX30L

定位感に優れたサウンドを再生できる「FLW構造ドライバー」を搭載したFPS向けイヤホンです。ハウジングは、機能面と装着性を考慮した設計で、コンパクトかつ独創的なデザインに仕上がっています。

より耳の奥深くでフィットする独自開発の「ディープマウントイヤーピース」が付属。加えて、イヤーピースの装着位置が2段階で調節できるのもポイントです。好みに合わせてフィット感を調節できます。

そのほか、ケーブルにはLightningコネクタの充電ポートを搭載。イヤホン接続でiPhoneの充電ポートを塞いでしまっても、iPhoneを充電可能です。バッテリーの消費が激しいゲームも、長時間プレイできます。

アップル(Apple) EarPods with Lightning Connector MMTN2J/A

Apple純正のイヤホンです。安い価格で購入できるコスパのよいモデルながら、豊かな低音を再生できると謳われています。ケーブルに、トラックコントロール付きのインラインマイクを搭載しているのもポイントです。

Lightning端子を採用したモデルなので、iPhoneでFPSゲームを楽しみたい方におすすめ。インナーイヤー型なので、耳の圧迫感を抑えられるのがメリットです。カナル型と比べて遮音性は高くない傾向がありますが、圧迫感が苦手な方はチェックしてみてください。