銃声や足音など、音に関する情報が勝負を左右するFPS。FPS向けのゲーミングイヤホンがあれば、ゲームを有利に進められる可能性が高まります。しかし、最近ではさまざまなメーカーから多くのイヤホンが販売されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのFPS向けイヤホンをご紹介。おすすめのメーカーについても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

FPS向けイヤホンとは?普通のイヤホンとの違いを解説

By: roccat.com

FPS向けのイヤホンが普通のイヤホンと比べて異なるのは、定位感の違い。定位感に優れたモノは、音がどの方向から聞こえてくるのかを把握しやすいのがポイントです。目に見えない情報をつかみ、敵と遭遇しないように立ち回るのに役立ちます。

また、FPS向けのイヤホンは音質にもこだわっているのが特徴。より没入感を深めてゲームをしたい方や高音質でゲームを楽しみたい方におすすめです。

FPSゲームをするならイヤホンとヘッドホンどっちがいい?

イヤホンのメリット・デメリット

By: jbl.com

イヤホンはコンパクトで場所を取らないのがメリット。家の外に持ち運んで使うにも便利です。また、イヤホンは耳穴に装着するだけなので、耳への負担が少なく、長時間の使用でも疲れにくいのも利点。耳を覆わずに装着できるので、メガネを使っている方にもおすすめです。

デメリットは、ヘッドホンに比べると小型化にコストがかかる分、高音質を追求すると高価になること。さらに、ヘッドホンと比べて、音のスケール感や再生音域の広さに劣る傾向があります。

ヘッドホンのメリット・デメリット

音の迫力や低音再生能力を高めるには、振動板の面積が大きいほど有利。ヘッドホンは物理的に振動板の面積を容易に確保できるので、イヤホンよりも音の迫力や低音再生能力の点で優れています。

また、ヘッドホンはイヤホンよりも小型化のための技術やコストもそれほど必要ではないのもポイント。比較的安価に高音質を実現できるのがメリットです。

ただし、ヘッドホンは耳全体を覆い、頭頂部にヘッドバンドを通す構造のため、長時間着けていると蒸れたり、頭が痛くなったりすることがあります。サイズや重量が大きいため、イヤホンに比べて持ち運んで使うのはやや不向き。さらに、メガネと干渉することがあるのもデメリットです。

FPS向けイヤホンの選び方

カナル型かインナーイヤー型か

By: sennheiser.com

イヤホンの耳に装着する部分の形状には違いがあり、主に「カナル型」と「インナーイヤー型」の2種類に分けられます。カナル型は先端にイヤーピースを搭載し、耳の奥深くまで入れ込むようにして装着するタイプ。耳にしっかりとフィットするので、外れにくく安定した装着感が得られます。

また、密閉性が高いので遮音性に優れており、敵の足音などの小さな音も聞き取りやすいのがメリット。音漏れしにくいのもポイントです。ただし、長時間装着していると、圧迫感により疲れてしまう場合があります。

インナーイヤー型は、耳の入り口付近に引っ掛けるようにして装着するタイプ。カナル型とは違い耳の奥深くまで入れ込まないので、圧迫感が少なく、周囲の音も聞き取りやすいのがメリットです。しかし、装着時の安定感や遮音性は、カナル型よりも劣ります。

ゲームには有線タイプが人気

By: jbl.com

FPSイヤホンは主に、Bluetoothを使ったワイヤレス接続タイプと有線接続タイプの2種類があります。ゲームで使う際は、有線タイプが人気。有線タイプはワイヤレス接続と比べて音が途切れたり、遅延が生じたりするリスクが低いのが特徴です。

また、バッテリー切れを気にする心配をせずに済むので、長時間FPSをプレイするのにも適しています。イヤホンによってケーブルの長さが異なるため、接続するゲーム機や使用環境を考慮して選ぶのが大事です。

音の定位感をチェック

By: sennheiser.com

定位感とは、音の左右や遠近方向を表したものです。定位感のよいモデルほど、音がどこから聞こえてくるのか、どのぐらい離れた位置から聞こえてくるのかが把握しやすくなります。

FPSは目に映る情報だけでなく、耳から得られる情報によっても勝敗が左右されるのが特徴。音の定位感をチェックしたうえでFPS向けのイヤホンを選べば、ゲームを有利に進められる可能性を高められます。

マイク付きのモデルも

By: roccat.com

ゲーミングイヤホンの多くは、マイクが付いています。特に、FPSでは、ボイスチャットを活用して仲間とコミュニケーションを取りながら対戦する機会もあるので、マイク付きのモデルを選ぶのもおすすめです。

また、マイクが備わっている場所がイヤホン部なのかリモコン部なのかを併せてチェックしておきましょう。搭載場所によって音声の伝わり方が変わります。

PS4やPS5などに対応しているかチェック

PS4・PS5・ニンテンドースイッチなどの据え置きゲーム機で使用する場合は、3.5mmの4極タイプのイヤホンがおすすめです。イヤホンジャックに差し込むタイプで、幅広い機器に対応している汎用性の高さが特徴。ラインナップも豊富なので、自分好みの製品を見つけやすいのも魅力です。

ただし、ゲーム機によってイヤホンジャックの位置が異なるので、ケーブルの長さは要チェック。PS4の場合はコントローラーにイヤホンジャックがあるため短めでも十分ですが、ニンテンドースイッチなどゲーム機本体にイヤホンジャックがある場合は、ある程度長さが求められます。

FPS向けイヤホンのおすすめメーカー

ゼンハイザー(SENNHEISER)

By: rakuten.co.jp

「ゼンハイザー」は、1945年に創業したドイツの音響機器メーカーです。1968年には、世界で初めてオープン型を採用したといわれるヘッドホン「HD 414」を発売。数多くの革新的な製品を生み出しています。

同メーカーのイヤホンは、ダイナミックドライバーを搭載しており、純度の高いサウンドが特徴。カナル型で密閉性も高いので、FPS用のイヤホンにぴったりです。

シュア(SHURE)

By: amazon.co.jp

「シュア」は、1925年にアメリカで設立された音響機器メーカーです。創業当時はラジオのパーツを取り扱っていましたが、現在はマイクやヘッドホン、ミキサーなどの幅広いアイテムを展開しています。

同メーカーのイヤホンは、原音に忠実なサウンドと遮音性の高さが魅力です。FPSプレーヤーにも使用されており、銃声をしっかりと聞き取りやすいのがポイント。また、ケーブルの着脱に対応したモデルが多いのも特徴です。

レイザー(Razer)

By: razer.com

「レイザー」は、1998年に創業したアメリカのゲーミングデバイスメーカーです。グリーンとブラックを基調としたトリプルヘッド・スネークのロゴを採用しており、高性能かつ高品質なゲーミングデバイスを数多く展開しています。

イヤホンに関しては、ゲーミング向けのモデルを数製品ラインナップ。FPSに適した有線モデルや、ボイスチャット時に便利なマイクを搭載したモデルなどを取り扱っています。

FPS向けイヤホンのおすすめ

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 100 PRO

ゼンハイザー(SENNHEISER) IE 100 PRO
人間工学に基づいたデザイン

長時間FPSをプレイする方におすすめのイヤホン。接続方式は有線に対応しています。10mm広帯域トランスデューサーを採用しており、パワフルで正確な音を聞けるのが特徴。特殊な振動板により歪みを抑えているので、不協和音が生じにくいのもポイントです。

モニタリングにも使用できる人気のモデルで、音の正確性を重視している方にもおすすめ。FPSをプレイする際、微細な音をクリアな音質で出力でき、索敵が可能です。敵の足音や銃声を聞き取るのにも重宝します。

人間工学に基づいたデザインに作られているのも魅力。フィット感に優れ、快適に長時間装着できます。

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215

シュア(SHURE) 高遮音性イヤホン SE215
ゲームにしっかり没頭できる遮音性

FPSプレイヤーに人気のイヤホン。タイプはカナル型で、先端にイヤパッドを搭載しています。耳の後からイヤホンを装着するため、ケーブルが外れにくいのが特徴です。長時間イヤホンを使用する際でも快適な装着感を保てます。

また、遮音性が高いのでゲームにしっかり没頭可能。敵の足音や銃声などをクリアな音質で聞き取れるため、定位感も良好です。コスパがよく、機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) Quantum 50 マイクミュート機能付インイヤー ゲーミングヘッドセット

ジェイビーエル(JBL) Quantum 50 マイクミュート機能付インイヤー ゲーミングヘッドセット
サウンドをリアルに体験できる

8.6mmのドライバーを内蔵しているFPS向けのおすすめイヤホン。敵の声など、さまざまなサウンドをリアルに体験できるのが特徴です。スライダーが備わっており、ボリュームの調節やマイクミュートをスムーズに行えます。快適にボイスチャット通信が可能です。また、マイクが口元近くに付いているので、クリアな音声を出力できます。

ツイストロック機能が備わっているのもポイント。フィット感が良好で、FPS中にイヤホンが耳から取れるのを防げます。長時間のプレイにもぴったりです。3.5mmオーディオ接続にも対応。家庭用ゲームはもちろん、パソコンやスマホなどにも使えます。汎用性に優れているのも魅力です。

ロジクール(Logicool) ゲーミング イヤホン G333

ロジクール(Logicool) ゲーミング イヤホン G333

オーディオ専用ドライバーを2つ搭載しているFPS向けのおすすめイヤホン。中高音と低音をクリアに出力できます。ゲームの音を精確に再現するので、敵の足音や銃声などが聞き取りやすいのが特徴です。

インラインマイクも搭載。ゲーム中でボイスチャットをしたり、通話したりするのにもぴったりです。リモコンを操作すれば音量の調節を手元で行えます。

イヤーチップが3つ同梱しており、耳のサイズに合わせて装着可能。また、素材にシリコンを採用しているため、長時間ゲームをする際にも快適な着け心地を体感できます。

Kasott Battle Buds マイク付きゲーミングイヤホン KST-G5

Kasott Battle Buds マイク付きゲーミングイヤホン KST-G5

カナルタイプで、3Dサラウンドサウンドを実現しているおすすめのFPS向けイヤホン。力強い重低音を再現できるほか、定位感に優れています。どの方向から足音や銃声が響いているかを把握しやすく、ゲームを有利に進めることが可能です。

インラインマイクと高感度マイクの2種類が搭載されているのも特徴。ノイズキャンセリング機能が備わっており、雑音を抑えたクリアな音声でボイスチャットを行えると謳われています。また、マイクの位置を好みで調節できるのも便利です。

3.5mmの4極タイプなので、PS4やNintendo Switch、スマートフォンなどのさまざまなデバイスに対応しています。

ロキャット(ROCCAT) Syn Buds Core

ロキャット(ROCCAT) Syn Buds Core ROC-14-212-01

3.5mm端子を採用しているFPS向けイヤホン。10mmドライバーはチューニングされており、クリアな低音を再現できます。Nintendo Switchだけでなく、モバイルゲームなどにも使用可能です。

インラインマイクが備わっており、対応している機器ならボイスチャットはもちろん、ボリュームのコントロールをスムーズに行うことが可能です。また、3種類のシリコンイヤーチップを同梱しているので、耳のサイズに応じてイヤーチップを選べます。

WINTORY ゲーミングイヤホン M31

WINTORY ゲーミングイヤホン M31

コスパがよいFPS向けのイヤホンを求めている方におすすめのモデル。カナル型のイヤホンで、耳の奥深くまでしっかり装着できます。長時間ゲームをする際にイヤホンが外れにくく、安心してプレイ可能。3.5mmの4極タイプ仕様なので、PS4やPS5、Nintendo Switchなどのゲーム機にも対応しています。

密閉性が良好なのもポイント。敵の足音や銃声などを聞き取りやすく、有利に戦闘を進められます。3Dサラウンドサウンドにも対応しており、より没入感を深められるのも特徴です。

FPS向けイヤホンのおすすめ|マイク付き

レイザー(Razer) Hammerhead Duo

レイザー(Razer) Hammerhead Duo

デュアルドライバー技術を採用したマイク付きのFPS向けイヤホン。シングルドライバーのヘッドホンと比べて、重低音を中央と高音に分離できます。よりクリアなサウンドを高音質で出力でき、より臨場感を得られるのがポイントです。ゲーム以外では映画や音楽鑑賞などにも適しています。

3.5mmジャックを搭載しているのも特徴。パソコンやNintendo Switchなど、幅広いデバイスに対応しています。また、3種類のシリコン製イヤーチップが同梱しており、自分の耳の形状に合ったチップを選択可能です。

インラインコントロールとマイクが搭載されているのも魅力。すばやく通話を受けたり、音量をコントロールしたりできます。友人と通話しながらFPSをプレイしたいときにも便利です。

ファイナル(final) VR3000 for Gaming

ファイナル(final) VR3000 for Gaming

2chステレオ方式で作られたFPS向けのおすすめイヤホン。音の方向感がつかみやすい、定位感に優れたモデルです。FPSで、銃声の位置を把握するのに活躍します。

また、形状を工夫し、圧迫感のない装着感を実現。長時間のFPSをするゲーマーの方にもぴったりのイヤホンです。

イヤーフックがタッチノイズを軽減する仕様なのも特徴。手がケーブルに触れた際に生じるイヤホンのゴゾゴゾ音を防げます。さらに、マイクが備わっているので、ボイスチャットで会話しながらゲームをプレイ可能です。

エムエスアイ(MSI) IMMERSE GH10 GAMING HEADSET

エムエスアイ(MSI) IMMERSE GH10 GAMING HEADSET

インラインマイクと着脱式マイクを搭載したFPS向けイヤホン。口とマイクの距離が離れていても声を拾えるので安心して使えます。FPS中にボイスチャットをしたり、ライブ配信などを行ったりしたい方にもおすすめのイヤホンです。

13.5mmのネオジウムドライバーを内蔵しているのもポイント。銃声や足音を特定しやすく、定位感に優れています。FPSで高ランク帯を目指したい方にぴったりです。マイクを外して、スマホの音楽鑑賞用にも使えます。

イヤホンにはシリコンフックを採用。耳にフィットしやすく、快適な着け心地を実現しています。再生や停止、電話応答などができるインラインコントローラーも備わっており、便利に使用可能です。

Kasott Soundmaster Pro V1 マイク付きゲーミングイヤホン

Kasott Soundmaster Pro V1 マイク付きゲーミングイヤホン

3.5mmステレオミニ端子を採用しているFPS向けイヤホン。PS5やパソコン、Nintendo Switchなど、さまざまなデバイスに対応しています。汎用性に優れているのが特徴です。

大きなドライバーと内部音響チャンバーにより、クリアなサウンド再現できるので、銃声や足音を聞き取りやすいのがポイントです。コントローラーが付いているのも魅力。ボリュームの調節やミュートの切り替えなどを素早く行えます。

ハイパーエックス(HyperX) Cloud Earbuds 有線 ゲーミングイヤホン HX-HSCEB-RD

ハイパーエックス(HyperX) Cloud Earbuds 有線 ゲーミングイヤホン HX-HSCEB-RD

外出先でもFPSを楽しみたい方におすすめのイヤホン。トラベルケースが同梱しているので、イヤホンを収納して手軽に持ち運べます。ケーブルは90度屈曲プラグ仕様で、絡みにくいのが特徴です。Nintendo Switchやスマホなどへ接続する際に、ケーブルが手の妨げにならずに済みます。

インラインマイクが付いているのも特徴。コントローラーで通話の応答などができます。また、しっかりとした重低音や低域・中域・高域をクリアに出力できるのもポイントです。

FPS向けイヤホンのおすすめ|ワイヤレス

レイザー(Razer) HAMMERHEAD HYPERSPEED

レイザー(Razer) HAMMERHEAD HYPERSPEED

Bluetooth 5.2に対応しているFPS向けのおすすめワイヤレスイヤホン。PS5やパソコン、スマートフォンなど、さまざまなデバイスに接続できます。また、付属のUSB-Cドングルを使用すれば、2.4GHzのワイヤレス接続を実現可能。遅延を抑えて音を出力できるので、FPSの大会にもおすすめのモデルです。

ノイズキャンセリング機能に優れているのもポイント。周囲の雑音を取り除けるので、ゲーム音をしっかり聞き取れるうえに、クリアな音声で通話できます。バッテリーの連続駆動時間が最大30時間と長く、充電の頻度を抑えられるのが魅力です。

ロジクール(Logicool) G FITS GHS-FITS

ロジクール(Logicool) G FITS GHS-FITS

ゲーミング用に作られたFPS向けのおすすめイヤホン。メーカー独自のLIGHTFORM技術を搭載しており、初回装着時に約60秒で自分の耳にフィットすると謳われています。また、低遅延のBluetooth接続を実現しているのも魅力です。

10mmドライバーを内蔵しているのも特徴。深みのある力強い低音はもちろん、きめ細かなあたたかいサウンドを出力できます。

ビームフォーミングマイクが2つ内蔵しているのもポイント。自分の声を大きくクリアに伝えられるので、ボイスチャットやライブ配信にも役立ちます。

ジェイビーエル(JBL) Quantum TWS JBLQUANTUMTWS

ジェイビーエル(JBL) Quantum TWS JBLQUANTUMTWS

本格的なオンラインゲームをしている方にもおすすめのワイヤレスイヤホン。付属のドングルを使用して2.4GHzワイヤレス接続を行うと同時にBluetooth接続ができます。

FPSプレイ中にスマホから着信があった際、ペアリングを切らずにイヤホンから通話音を出力可能。また、左右同時伝送方式を採用しており、音の遅延を抑えられます。

連続駆動時間が長いのもポイント。イヤホン本体は約8時間、充電ケース使用で約16時間と合計最大約24時間の再生時間を実現しています。バッテリー切れを気にせずイヤホンを使うことが可能。さらに、IPX4の防水性能が備わっているのも魅力です。

PC専用「JBL QuantumENGINE」を用いれば、3Dオーディオの調節やイコライザーのカスタマイズもできます。