組み立てが簡単で機能的であるにも関わらず価格が安いパイプベッドは、一人暮らしにおすすめのアイテムです。さまざまなメリットによって人気を集めている分、製品の種類が豊富なのでどれを選べばよいのか迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめパイプベッドをご紹介。おすすめ製品だけでなく、種類やサイズ、機能などパイプベッドを選ぶ際にチェックしておきたいポイントについても解説します。

パイプベッドの選び方

パイプベッドの種類で選ぶ

メッシュタイプ

By: rakuten.co.jp

パイプベッドの種類として特に多いのが、メッシュタイプです。マットレスを置く部分である床材に金属が採用され、メッシュ状になっているのが特徴。通気性に優れているため、マットレスが吸収した熱や湿気を上手に逃がせるのがメリットです。

ただし細い金属を採用しているため、ある程度きしみがあるのは避けられません。寝返りなどで動くことで、多少ギシギシという音がするのは仕方がないと割り切りましょう。ほかのパイプベッドよりもリーズナブルに手に入ることから、若い一人暮らしの方から支持を多く集めています。

床板タイプ

By: amazon.co.jp

板に布を被せた床板タイプのパイプベッドもあります。床板タイプは1枚の板が採用されているため、耐久性に優れているのが特徴。少しきしむことはありますが、安定感があるので体格のよい男性も安心して寝転がれます。

一方メッシュタイプと異なり通気性はよくないため、マットレスやシーツなどをこまめに干さなければなりません。カビや臭いの原因となるのを避けるため、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

ロフトタイプ

By: amazon.co.jp

限られた部屋のスペースを有効に使いたい方には、ロフトタイプのパイプベッドがおすすめです。ロフトタイプのベッドは二段ベッドの上段のみのような構造で、下に空間ができるのが特徴。机やソファなどほかのインテリアを置くことで、省スペースにつながります。

ロフトタイプのパイプベッドを購入する場合は、下の空間に何を置くかによって適した高さの製品を選びましょう。机などを置く場合は、立ち上がる際にベッドの底面に頭が当たってしまうことも留意しておく必要があります。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ベッド選びにおいて、サイズは重要なポイントです。一人暮らしであればシングルかセミダブルがおすすめといえます。理想的なベッドのサイズは、肩幅に30cm加えた幅がおすすめ。左右に15cmほどのゆとりがあると、窮屈にならず快適に寝られます。

また、身長が高い方は幅だけでなく、長さの確認も必要です。一般的なベッドでは足元が窮屈に感じるという方は、ロングサイズのパイプベッドを選びましょう。

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

パイプベッドは一般的なベッドに比べて、耐荷重が少ない傾向にあります。一般的なベッドが120kg程度まで耐えられる一方で、パイプベッドの多くは耐荷重100kg前後。ベッドにはユーザーの体重だけでなく、マットレスや掛け布団などの重さが加わるため、体重が耐荷重より軽いからといって安心はできません。

耐荷重が少ないパイプベッドに無理な重さを加え続けると、使っていくうちに歪んでしまうなどの悪影響が出ることも考えられます。なるべく耐荷重が表示されている製品を選び、布団類や体重などを考慮しておきましょう。

機能をチェック

ベッド下収納付き

By: rakuten.co.jp

ベッド下に引き出しなどの収納が付いているパイプベッドを購入すれば、部屋を狭くすることなく収納場所を増やせます。一人暮らしの部屋は基本的に狭く、収納スペースが少ない傾向にあるため、ベッド下に収納場所を確保できるのは心強いです。

もともと引き出しや収納ケースが付いている製品だけでなく、ベッド下にスペースがあって衣装ケースなどを自由に入れられる製品を選ぶのもおすすめ。自身が持っている収納ケースをベッド下に入れて使いたいと考えている場合は、収納ケースのサイズとベッド下の長さを確認してからパイプベッドを購入しましょう。

コンセント付き

By: low-ya.com

パイプベッドは、フレーム部分にコンセントが付いている製品が多く見られます。寝ている間にスマホを充電したり、寝転がって読書をするための照明器具を取り付けたりする場合には、コンセントが付いているベッドがおすすめです。

特にロフトタイプのパイプベッドであれば、わざわざスマホを充電するためにベッドから下りなければならないのは面倒なので、利便性を考えてコンセント付きのパイプベッドを選びましょう。コンセントの個数は製品によってさまざまですが、2口付いていればスマホにも照明器具にも使えて便利といえます。

収納棚付き

By: amazon.co.jp

ベッドの上でスマホをチェックしたり読書をしたりすることが多い方は、宮と呼ばれる収納棚が付いているパイプベッドを選ぶのがおすすめです。収納棚が付いていれば、スマホや本、メガネ、時計などのちょっとしたアイテムを近くに置いておけます。

起床後すぐに確認できる場所にスマホやメガネなどを置いておくと、緊急時にも安心です。棚の上に置くことで、寝返りによってアイテムが床に落ちる心配がないこともメリットといえます。

折りたたみ式

By: amazon.co.jp

一人暮らしの部屋の限られたスペースを有効活用したい方には、折りたたみ式のパイプベッドがおすすめです。手軽に折りたためるベッドであれば、来客時にスペースを広げたいときや掃除をしたいときに便利といえます。

また、パイプベッドのなかには折りたたむことで布団干しにもなる製品があり、1人では動かしにくいことが多いベッドも、手軽に折りたためるタイプであれば簡単に動かすことが可能です。

パイプベッドのおすすめメーカー

ニトリ

By: rakuten.co.jp

日本の有名インテリアメーカーであるニトリ。北海道に本社を置き、日本全国だけでなく海外にも店舗を展開しています。高い品質と安い価格を両立させた製品を販売しているのが特徴です。

ニトリでは、種類やサイズが異なるパイプベッドが安く手に入ります。シンプルで部屋に溶け込みやすい製品も多いため、初めて一人暮らしをする方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

宮城県に本社を置くメーカー、アイリスオーヤマ。家庭用プラスチック製品の製造・販売が主たる業務ですが、プラスチック以外のインテリアも幅広く取り扱っています。シンプルながら使い勝手のよいインテリアが特徴で、一人暮らしの方からも人気のメーカーです。

ライフスタイルに合わせて選べるよう、豊富なラインナップを揃えているのが魅力。パイプベッドもいくつかのモデルがあるため、自身に合う1品を探し出せます。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社を置く大手専門商社の山善。ユーザーの希望に合わせた自社製品を販売しています。ニーズに沿った製品開発が功を奏し、ユーザーの満足度も高いブランドです。

高さや強度、折りたたみ機能など、さまざまな機能を有したラインナップがあるため、細かなニーズにも対応しています。

パイプベッドのおすすめ

ニトリ ロフトベッド アルルN 2021250

ロフトタイプのパイプベッドです。床材はメッシュタイプなので、湿気がこもりにくいのが特徴。マットレスが汗や熱を吸収しても、スムーズに放出されて清潔さを保てます。また、細部に快適性を高める機能が搭載されているのもポイントです。

ベッド下にデスクが付属していることで、パソコンデスクや作業机として活用可能。洋服をかけるための吊り下げバーもベッド下に付いているため、スーツやコートなどかさばる衣類をかけておくこともできます。

さらにベッド横には点灯やずり落ちを防ぐストッパーが付いているため、高い位置でも安心して眠れるのが魅力。多機能なパイプベッドを探している方におすすめです。

ニトリ シングルパイプベッドフレーム バジーナF 2000751

特別な機能は要らないから、安いパイプベッドを購入したいという方におすすめなのが本製品。シンプルなシングルタイプのパイプベッドです。追加機能がないことでスッキリとしたデザインなのが特徴。圧迫感を感じさせないため、一人暮らしの部屋にもおすすめです。

メッシュタイプなので、暑い季節や湿気が気になる時期も安心して使えます。布団が吸収した湿気を逃してくれるため、カビやダニ対策にもなるのが嬉しいポイント。また、ベッド下に25.5cm程度の余裕があるので、収納ケースを入れられます。

ベッドを置くことで部屋が狭くなり、収納場所が少なくなってしまうと懸念している方にもおすすめです。シンプルながら使い勝手のよいパイプベッドを探している方は、チェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フレームベッド ヘッドボード付 FMB-SB

シンプルなデザインのパイプベッド。丈夫なパイプを12本採用しており、重さがかかりやすい中央部分はパイプを2本に増やしているなど、耐久性を高める工夫が施されています。耐荷重は120kgなので、体格のよい男性も安心です。

ベッドの端にヘッドボードが付いているのも嬉しいポイント。スマホや時計、本、メガネなど寝るときも近くに置いておきたいアイテムを収納できます。さらにベッド下は高さ約17.5cmの空間があるため、収納ケースを入れられるのも特徴です。

圧迫感のないシンプルな見た目で、一人暮らしの部屋を広々と見せてくれます。簡易的な構造に見えて使い勝手のよいパイプベッドを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ベッドフレーム LXESB-01

嬉しい機能がいくつも付いたパイプベッド。枕元には宮棚が付いているため、寝る直前や寝起き時にサッと手が届く位置にメガネや時計を置いておけます。また、棚の奥にコンセントが付いているのもポイント。2口付いているので、スマホと照明器具などを同時に挿せます。

メッシュタイプで通気性がよく、快適な寝心地を実現できるのも魅力です。ベッド下は約36cmの高さあるので、大きめの収納ケースも余裕をもって入れられます。部屋の収納場所が限られている一人暮らしの方におすすめです。使い勝手を高めるための細かい工夫がたくさんほどこされたパイプベッドを探している方に向いています。

山善(YAMAZEN) ベーシックパイプベッド NSK-2210B

シンプルデザインで、どんな部屋にも合わせやすいパイプベッド。床板が採用されているので、耐久性に優れています。床板の裏が補強されていたり、ずれを防止するパーツが付属していたりと、安定性を高める工夫が施されているのもポイントです。

動かない床板と極太のパイプで、きしみを軽減できるのも魅力。床面の長さは210cmというロングタイプのため、身長が高い男性も快適に眠れます。ベッド下は約36cmの高さがあり、収納ケースを入れられるのも特徴の1つ。収納場所を確保したい一人暮らしの方や、丈夫で耐久性に優れたパイプベッドを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) パイプベッド 宮・コンセント付き EMP-95195

メッシュタイプのパイプベッド。通気性がよく、湿気や熱をスムーズに放出します。ロータイプのベッドなので圧迫感がなく、狭い部屋を広々と見せてくれるのもポイント。なるべく部屋にゆとりを持たせたい一人暮らしの方におすすめです。

ベッド下は約20cmの高さで、浅い収納ケースを入れられます。シーズンオフの衣類などを賢く収納しましょう。また、ベッドの端にラックが付いているため、時計や本などを枕元に置いておけます。

ラックの厚みは支柱分ほどなので、邪魔にならない点も魅力です。2口のコンセントも付いているため、寝ている間にスマホを充電できます。圧迫感がなく利便性の高いパイプベッドを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 宮付き ロフトベッド HML2-1021

ロフトタイプのパイプベッドです。ベッド下は約140cmもの高さがあるため、空間を効率よく使用可能。テーブルを置いて作業空間にすることも、ハンガーラックや衣装ケースを置いてクローゼット空間にすることもできます。

ロフトベッドの下に、自分が理想とする空間を作りたい方におすすめです。安全性を高めるため、丈夫な作りにこだわっているのもポイント。極太の支柱や床面を補強するパイプ、ベッドを支える背面クロスバーなど、耐久性を高める構造です。

はしごは緩やかなので、安全に上り下りできるのも特徴。枕元に宮棚と2口コンセントが付いているため、使い勝手も優れています。

Kuala 宮付ロフトベッド オーキス HT70-94

ロフトタイプのパイプベッド。大きな特徴は、2段階に高さを調節できることです。ミドルタイプでは全長約111cm、床下約74cmでシーズンオフの衣類や布団などをすっきりと収納可能。ハイタイプでは全長約180cm、床下約143cmで机やソファなどの家具を置けます。

目的に応じて高さを変えられるパイプベッドを探している方におすすめです。極太のパイプや溶接されたメッシュの床材などで、耐久性を高めているのもポイント。きしみが気になりづらく、耐荷重120kgで安心して使えます。

はしごはフラット板を採用することで足に接着する面が広く、上り下りの際に足が痛くなりにくいのも嬉しいところです。快適に使える工夫が施されたパイプベッドを探している方におすすめといえます。

ロウヤ(LOWYA) ロフトベッド コンセント付宮棚 階段付き F901_G1175_SD

ロフトタイプのパイプベッド。セミダブルサイズなので、広々と寝たい方におすすめです。はしごではなく、階段が付属しているのがポイント。足が痛くならず、快適に上り下りできます。手すりも付いているため、安全に使えるのが嬉しいところです。

階段の奥行きが長いので、小さめの収納ケースや本などを置けるため、スペースを有効活用できます。厚みのある合板とウレタンフォームを床材に採用することで、きしみを軽減しているのも特徴。なるべくきしまず快適に使えるパイプベッドを探している方におすすめのパイプベッドです。

ロウヤ(LOWYA) パイプベッド 宮棚付き F911_G1176

シンプルな見た目にさまざまな機能を搭載したパイプベッド。高さを2段階に調節できるのが大きな特徴です。身長やベッド下に収納するものに合わせて、約26〜36cmに調節できます。

また、宮棚と2口コンセントが付いているのもポイント。手の届く位置にメガネや時計などのアイテムを置いておきたい方におすすめです。コンセントはスライド可能なので、好きな位置に移動させられます。

耐荷重約100kgで、安心して使えるのも魅力です。快適に使える機能をたくさん詰め込んだパイプベッドを探している方におすすめといえます。

ロウヤ(LOWYA) ロフトベッド 宮棚・コンセント付き F901_G1174

ロフトタイプのパイプベッド。2段階に高さを変えられるのが大きな特徴です。ミドルタイプは全長約151cm、床下約114cmで、ハイタイプは全長約180cm、床下約142cmです。天井までの高さに応じて、最適な高さに変えられます。

耐荷重は約120kgと、耐久性に優れているのもポイント。極太のパイプや補強用のクロスバーおよびサイドバー、足全体を固定するサポートバーなど、丈夫さを高める工夫が施されています。

枕元に宮棚とコンセントが付いていることで、利便性にも優れているのが魅力。使い勝手がよく、耐久性に優れたパイプベッドを探している方におすすめです。

ぼん家具(BON FURNITURE) 折りたたみメッシュベッド ネッツ BSN035075

シングルサイズのパイプベッド。シンプルなデザインで、部屋の雰囲気を選びません。大きな特徴は、折りたたみ可能なことです。折りたたむことで厚さが約12.5cmになり、コンパクトに収納できます。

模様替えや引っ越しでも手軽に持ち運べるのが魅力です。ロック機能が付いているため、普段使っているときに勝手に折りたたんでしまうことはありません。床に傷をつけないためのカバーも各所に付いているため、引っ越しが多い方も安心です。

コンパクトに見えますがベッド下は約32cmの高さがあるので、収納ケースなどを入れてスペースを有効活用できます。折りたたみ可能で使いやすいパイプベッドを探している方におすすめです。

ぼん家具(BON FURNITURE) パイプベッド ペコラ BSN035078

圧迫感のないシンプルなデザインのパイプベッドです。部屋の雰囲気を選ばないため、既存のインテリアと喧嘩しないデザインのパイプベッドを探している方におすすめ。安定感のある床板を採用することで、耐久性と寝心地のよさを高めています。

床板を固定するパーツが付属していたり、床が傷つくのを防止するガードが付いていたりと、使いやすさを高める工夫が施されているのもポイント。ベッド下は約29cmの高さがあるので、収納ケースを入れられます。シンプルで使いやすいパイプベッドを探している方におすすめです。

木製棚付き アイアンベッド fl-02691

ベッド下に収納用の引き出しが付属したパイプベッド。新しく収納ケースを買わずとも、あらかじめ付いている引き出しに衣類などを収納できます。引き出しはキャスター付きで、出し入れしやすいのもポイント。収納付きのパイプベッドを探している方におすすめです。

ベッドの端に木製の棚が付いているのも特徴。スマホや時計、本など寝るときも近くに置いておきたいアイテムを置けます。床板タイプできしみにくいのもメリット。快適に使えて収納力にも優れたパイプベッドを探している方におすすめの製品です。

JKプラン ロフトベッド LNG1001

ロフトタイプのパイプベッド。床下は約136.5cm、幅は189.5cmあるため、机やソファなどの家具を置けます。一人暮らしで部屋が狭く、スペースを有効活用したい方におすすめです。

耐荷重は約120kgと丈夫で、安心して使えます。揺れやきしみを軽減するサポートバーが付いているのも嬉しいポイント。転落防止のサイドガードや、付け替え可能なはしごが付属しているなど細かい工夫も見られます。安全に使えるロフトタイプのパイプベッドを探している方におすすめです。

モダンデコ(MODERN DECO) 多機能パイプベッド Linie sm002

機能が充実したパイプベッドを探している方におすすめのモデルです。宮付きで時計やメガネなどを近くに置けることに加え、コンセントとUSBポートも付いているのがポイント。スマホの充電も照明器具の点灯も同時に叶えられます。

また、収納スペースや身長に応じて高さを変えられるのも特徴の1つです。たっぷり収納できるハイタイプは床下約38cm、座りやすいロータイプは約28cmと、好みに合わせて高さを調節できます。

メッシュタイプなので通気性がよく、年中快適に使えるのも嬉しいポイント。多機能なパイプベッドを探している方におすすめです。