スチール素材を主に使用して作られる「パイプベッド」。組み立ての簡単さと価格の安さから一人暮らしの方などに人気の高いアイテムです。さまざまな機能を備えたパイプベッドが販売されていますが、種類が豊富なのでどれを選べばよいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、パイプベッドを選ぶ際にチェックするポイントやおすすめのアイテムをご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

パイプベッドとは?

By: rakuten.co.jp

「パイプベッド」とは、パイプ状のスチールを主な素材として作られたベッドのことです。「アイアンベッド」「スチールベッド」などと呼ばれることもあります。

軽くて作りが簡単なのが特徴で、組み立ても行いやすいため特に一人暮らしの方などに人気。価格も安く、引っ越しなどの際に家具を揃えやすいのも魅力です。

パイプベッドのメリット

価格が安い

ベッドのなかでも、パイプベッドは価格が安いのが大きな特徴。おもな材料に安価なスチールを使用していることが多いため、リーズナブルに購入可能です。

なかには1万円前後で購入できるパイプベッドもあります。引っ越しなどでたくさんの費用がかかる方や一人暮らしの方など、家具代を抑えたい方におすすめです。

組み立てやすく軽い

By: rakuten.co.jp

ベッドは大きくて重いモノが多いですが、パイプベッドは中が空洞になっているため軽いのが魅力。力の弱い方や女性でも比較的簡単に移動できるため、模様替えや掃除の際にも便利です。

組み立ての際も、パーツが軽いためスムーズに作業が進められるのがメリット。組み立てに不慣れな方にも負担が少ないのでおすすめです。

木製に比べて耐久性が高い

By: rakuten.co.jp

パイプベッドは細いパイプで構成されているため頼りないように見えますが、素材であるスチールは強度に優れているため丈夫なのもポイント。製品によっては木製のベッドよりも耐久性に優れているモノもあります。

パイプベッドは木製のベッドに比べ、カビによるトラブルが少ないのもメリット。お手入れしやすく、キレイな状態が長持ちするのもポイントです。

パイプベッドのデメリット

揺れやすくきしみが発生する

By: rakuten.co.jp

パイプベッドは自宅で組み立てて使用するモノが多いため、パーツとパーツの接合部分のすき間が原因で揺れたり、きしみが発生したりすることがあります。

揺れやきしみが少ないパイプベッドを選びたい方は、床板に板やスノコを使用している製品がおすすめ。安定感があるので揺れやきしみが気になりにくく、心地よく寝られます。

なお、揺れやきしみが発生する場合はネジをしっかり締め直したり、すき間ができる部分にパッキンをかませたりすると改善することもあるので参考にしてみてください。

セミダブル以上のラインナップが少ない

By: amazon.co.jp

パイプベッドはおもにシングルサイズのバリエーションが多く、セミダブル以上のラインナップが少ないのが特徴。2人で使用できるパイプベッドが欲しい方には選びづらいのがデメリットです。

また、パイプベッドに2人で寝ると振動が相手に伝わりやすいため、お互い寝にくくなってしまうのも難点。快適な睡眠をとるためにも、パイプベッドは1人で使用するのがおすすめです。

パイプベッドの選び方

種類で選ぶ

メッシュタイプ

By: amazon.co.jp

床材が網のような形状になっているのがメッシュタイプのパイプベッド。隙間が多いため通気性に優れており、布団にこもりがちな熱や湿気を上手に逃がします。木材を使用したタイプに比べてカビが生えにくく、頻繁に布団を干せない一人暮らしの方などには特におすすめです。

しかし、メッシュ部分が細い金属でできているのできしみやすいのがデメリット。できるだけ安くベッドを手に入れたい方に適しています。

床板タイプ

By: rakuten.co.jp

床材が板でできているタイプのパイプベッドです。寝転がる部分が1枚の板になっているため耐久性が高く、メッシュタイプと比べてきしみ音が少ないのが特徴。安定感があり、パイプベッドのなかでは耐荷重も高めです。

一方、床板タイプは床材部分に隙間がなく、通気性があまりよくないのがデメリット。メッシュタイプと比較するとカビやニオイが発生しやすいので、定期的なメンテナンスも必要です。

ロフトタイプ

By: rakuten.co.jp

部屋の広さ的にあまり大きなベッドを置けない場合は、ロフトタイプのパイプベッドがおすすめ。二段ベッドの上段部分のみというような構造で、床材よりも下に空間ができるのが特徴です。高さによってはデスクや棚、ソファなどを置けるので狭い部屋でもスペースを有効活用できます。

しかし、ロフトタイプはベッドを使用するためにはしごや階段を上る必要があり、ソファの代わりに腰掛けて使用したい場合などには不向き。床からある程度高さがあるので、安全面でも注意が必要です。

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ベッドを購入する際に重要なのがサイズ選びです。部屋の大きさや使用シーンに合わせたサイズのパイプベッドを選びましょう。

一人暮らしであればおすすめなのはシングルサイズかセミダブルサイズ。シングルサイズは横幅が約97cmとコンパクトで、搬入などもしやすいため引っ越しが多い方にもぴったりです。シングルサイズでは少し物足りない方は、横幅が約120cmのセミダブルサイズもおすすめ。ゆったりとベッドを使えるのが魅力です。

耐荷重をチェック

By: rakuten.co.jp

パイプベッドの耐荷重は80~100kg程度のモノが一般的です。細いパイプを骨組みにしている分木製のベッドなどに比べると、耐荷重は低めに設定されています。

ベッドには自分の体重だけでなく布団やマットレスの重さも加わるため、耐荷重のチェックには注意が必要。寝返りなどをうつと瞬間的に負荷が高まることもあり、自分の体重よりも耐荷重に余裕のあるパイプベッドを選ぶようにしましょう。

機能をチェック

ベッド下収納付き

By: rakuten.co.jp

部屋があまり広くなく、ベッドを置いてしまうとほかの家具を置くスペースが取れなくなる場合は、収納付きのパイプベッドがおすすめです。ベッド下に引き出しなどが付いているモノが多く、タンスや棚を購入しなくても収納場所が増やせます。

また、もともと持っている収納アイテムを活用させたい場合は、ベッド下にスペースがあるモノも要チェック。収納ボックスや衣装ケースなどをベッド下に入れて使えます。

コンセント付き

By: nitori-net.jp

寝ている間にスマートフォンを充電するなど電源を使用することが多い方は、コンセント付きのパイプベッドが便利です。フレーム部分にコンセントが付属している製品が多く、長いコードを引かなくとも電源を使用できます。

特に高さのあるロフトタイプのパイプベッドを選ぶ場合や、部屋の配置的にベッドの近くにコンセントがない場合はコンセント付きがおすすめ。製品によって差し口の個数が違うため、生活スタイルに合わせて選んでみてください。

収納棚付き

By: rakuten.co.jp

ベッドに寝転んだ状態でスマートフォンを操作したり、本を読んだりする場合は収納棚付きのパイプベッドがおすすめです。収納棚が付いているモノであれば、スマートフォンなどはもちろん本を読む際の照明や目覚まし時計、メガネやアロマなどちょっとしたモノを置いておくことが可能。ベッド周りのスペースをより便利にカスタマイズできます。

折りたたみ式

By: amazon.co.jp

部屋のスペースを広く確保したい場合には、折りたたみ式のパイプベッドもおすすめです。布団のように使用していない時間はたたんでおけるため、限られたスペースを有効活用できます。また、移動させやすく、転勤などで引っ越しが多い方はぜひチェックしてみてください。

パイプベッドのおすすめメーカー

ニトリ

By: rakuten.co.jp

「ニトリ」は1967年に創業した日本のインテリアメーカーです。北海道の札幌市に本社を構えており、現在では全国に店舗を展開。「お、ねだん以上。」というキャッチフレーズのもと、機能性とデザイン性に優れたパイプベッドを安く販売しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

「アイリスオーヤマ」は宮城県に本社を置くメーカーです。ベッド以外にも家具や家電、インテリア小物など幅広い製品を扱っています。シンプルでコスパのよい製品が特徴で、特にパイプベッドは一人暮らしの方に人気。いくつかモデルがラインナップされているため、好みに合わせて選べます。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

「山善」は大阪府の大阪市に本社を置く大手専門商社です。家具をはじめとする家庭機器や住宅設備機器などを自社で製造し販売しています。ユーザーのニーズに合わせた製品作りを行っており、パイプベッドも豊富な種類をラインナップ。好みの機能を有した製品を選べます。

安いパイプベッドのおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-E

使用しないときにはコンパクトに収納できる折りたたみ式のパイプベッド。折りたたみ時の厚みは約35cmとスリムなので、スペースを有効活用できるのがメリットです。

両端にはバネが4本ついており、軽い力で折りたためるのもポイント。また、折りたたんだ際に指を挟まないようフレームにすき間を設けたり、開き防止ストッパーがついていたりと安全に使用できるよう工夫されています。

どんなインテリアにも合う、シンプルなウレタンマットつき。床部には合板を使用しており、安定感のある寝心地が味わえます。合板にはホルムアルデヒドの放出量を抑えたモノを使用しており安心です。

脚部にはキャスター付きで移動もラクラク。パーツが少なく、組み立てが苦手な方にも簡単に組み立てられるパイプベッドです。

山善(YAMAZEN) パイプベッド NSK-95195

シンプルなモノを探している方におすすめのパイプベッド。ヘッドボード部分には華奢なパイプを使用しているため、軽やかな雰囲気に仕上がっています。

脚やフレーム部分には丈夫なスチールを使用。床面は通気性のよいメッシュになっており、湿気がこもりにくくカビの心配が少なく済みます。

ベッド下の高さは35cmと余裕があり、収納スペースとして活用可能。衣装ケースや収納ボックスなどを置けるのでデッドスペースを有効活用できます。

カラーはブラック・ダークブラウン・オフホワイトの3種類。モダンな雰囲気にしたいならブラック、落ち着いた雰囲気にしたいならダークブラウン、明るい雰囲気が好きならオフホワイトがおすすめです。

マナベインテリアハーツ ベッドフレーム バレル

しっかりした太さの脚が特徴のパイプベッド。ベッド中央にはU字のサポートバーがついており、強度を高めてあるため安定感のある使い心地が味わえるのが魅力です。

床面の高さは2段階で調節可能。敷くモノの厚みに合わせて調節できるため、マットレスにも敷き布団にも対応できます。また、ベッド下に置く収納ボックスの厚みに合わせるのもおすすめです。

ヘッドボードにはスマホや本など、ちょっとしたモノを置いておけるスマート収納スペースつき。また、スライド式のコンセントが2口ついているので、スマホを充電したりライトをつけたりと便利に使えます。

床部は通気性のよいメッシュになっており、湿気がこもりにくく衛生的。シンプルなデザインで気軽に使えるパイプベッドです。

タンスのゲン パイプベッド

使用しないときには4つに折りたためるため、コンパクトに収納できるのが特徴のパイプベッド。転勤族など引っ越しの多い方や、場所をとらない来客用ベッドを探している方におすすめの製品です。

組み立ての必要がない完成品なので、開くだけですぐに使用可能。組み立てが苦手な方にもおすすめです。重さは14.5kgと軽量なので、力の弱い方や女性でもラクラク移動できます。

脚部にはカバーがついており、床に傷がつきにくいので安心して使用可能。足もとにはフットガードがついており、マットレスがズレにくく快適に眠れます。

カラーはスタイリッシュなブラックと爽やかなホワイトの2種類。床部は湿気がこもりにくいメッシュで、心地よく使用できるパイプベッドです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) パイプベッド FMB-S

ヘッドボードのないミニマルなデザインがスタイリッシュな印象のパイプベッド。ゆるやかなカーブを描く脚が優しい雰囲気で、モダンテイストをはじめ北欧やナチュラルなど、さまざまなインテリアとなじみます。

ベッド下の高さは17.5cmと低めながらも、浅めの収納ボックスをあわせれば収納スペースとして使用可能。高さがないため圧迫感が少なく、狭い部屋にも設置しやすいのが魅力です。

床部はメッシュになっており、通気性がよく1年を通して快適に眠れるのもポイント。カビの心配も少なく、お手入れが簡単なのも嬉しいところです。

頑丈なパイプが12本も使用されているため安定感のある寝心地が味わえます。パーツは脚3本とメッシュフレーム2枚のみで、簡単に組み立て可能。組み立てが苦手な方にもおすすめのパイプベッドです。

かぐチャンネル 折りたたみベッド

厚み10cmのマットレスつきパイプベッド。マットレスは低反発マットとウレタンフォームの2層構造になっているため身体が沈み込みすぎず、快適に使用できます。

頭部分は14段階でリクライニング可能。好きな角度で使用できるため、ベッドの上でゆったりとくつろげます。また、床部には合板を使用しているため安定感があるのもポイントです。

使用しないときには折りたたんでおけるのも特徴のひとつ。布団を敷いたままで気軽に折りたためるので、部屋のスペースを有効活用できます。脚にはキャスターがついているので移動もスムーズにできるパイプベッドです。

おしゃれなパイプベッドのおすすめ

ミヤタケ(MIYATAKE) シングルサイズベッド セレスティア

繊細でクラシカルなデザインが素敵なパイプベッド。アンティークテイストのインテリアが好きな方や、優雅な気持ちで眠りたい方におすすめの製品です。

床部はメッシュになっており、蒸れにくく1年を通して快適に使用可能。また、ベッド下の高さは28.5cmほどあるので、オフシーズンの衣類や普段使わないモノの収納としてスペースを有効活用できます。

表面には強度の高い粉体塗装を施しているのもポイント。水やサビに強く、美しさが長持ちします。カラーはシックななかにもゴージャスさを感じられるゴールドと、明るくガーリーな雰囲気のホワイトの2種類です。

エアリゾームインテリア(AIR RHIZOME INTERIOR) スチールベッド ベルク

クールな雰囲気のスチールと、あたたかみのある木調パネルとの組み合わせがおしゃれなパイプベッド。すっきりとした直線的なデザインで、狭い部屋にも圧迫感なく設置できます。

フレームには耐久性に優れたスチールを使用。さらに、パーツそれぞれに厚みを持たせているためたわみにくく、安定感のある寝心地が味わえます。

ヘッドボードは7.5cmの厚みがあり、スマホやメガネなどを置くのに便利。また、中央には2口コンセントも備わっているため寝ながらスマホを充電したり、ライトを使用したりするのにも重宝します。

ベッド下は収納スペースとして使用可能。収納するモノやボックスの大きさに合わせて、ベッドの高さを2段階で調節できます。

ビーナスベッド(VENUS BED) メイビス

細いパイプで描かれた優美なデザインが目を引くパイプベッド。ゆるやかなカーブがエレガントな雰囲気で、アンティークテイストが好きな方におすすめの製品です。

床部は通気性のよいスリット仕様。湿気がこもりにくく爽やかな寝心地が味わえるうえ、カビの心配が少ないのが嬉しいところです。

ベッド下の高さは28cmとゆとりがあるので、普段使わないモノの収納として使うのもおすすめ。また、掃除がしやすく部屋を清潔に保てるのもポイントです。

はがれにくいエポキシ樹脂粉体塗装で、美しさが長持ちします。ひとつひとつ丁寧にヤスリをかけて仕上げたアンティーク調のブロンズカラーが楽しめるパイプベッドです。

ベガコーポレーション(VEGA CORPORATION) LOWYA ベッドフレーム インダストリアルデザイン

配管をつなげたようなクールなデザインが魅力のパイプベッド。こなれ感が出るよう、表面には凹凸加工を施しています。インダストリアルテイストのインテリアが好きな方におすすめの製品です。

床部は通気性のよいメッシュになっており、湿気がこもりにくく衛生的。カビの心配も少なく、お手入れも簡単です。細かいメッシュを採用しているためたわみにくく、安定感のある寝心地が味わえます。

ヘッドフレームが高くデザインされているのも本製品の特徴のひとつ。枕もとにクッションをたくさん並べたおしゃれなスタイリングがよく映えます。

カラーは存在感のあるブラックと、清潔感のあるホワイトの2種類です。

Cherie デイベッド

昼間はソファ、夜はベッドとして使用できるパイプベッド。一人暮らしの方や、狭い部屋にソファとベッド両方を置きたい方におすすめの製品です。

床部は通気性のよいメッシュ仕様。湿気がこもりにくいのでいつでも快適に眠れるうえ、カビが発生しにくいのもポイントです。ワイヤーメッシュは固定具でしっかり連結されているため安定感があります。

背もたれ部分にはクラシカルなロートアイアン装飾が施されているのもポイント。カラーはカジュアルなブラックと、ガーリーなホワイトの2種類から選べます。

ベッド下のスペースを収納として使用可能。付属している16cmの継脚をつければ、よりスペースが広がってたくさんのモノを収納できます。収納スペースが少ない方にもおすすめのパイプベッドです。

木製棚付き極太アイアンベッド 引き出しつき

安定感のある太い脚で、揺れやきしみが気になりにくくゆっくり眠れるのが嬉しいパイプベッド。中央部分には補強用のバーがついており、負荷を分散するため長く愛用できます。

枕もとには目覚まし時計などちょっとしたモノを置ける宮棚付き。棚部分はぬくもりのある木製で、ナチュラルな雰囲気をプラスしています。

ベッド下にはたくさんのモノを収納できる大きな引き出しつき。収納ボックスなどを別に用意する必要がないので、収納が少ない方にもおすすめのパイプベッドです。

ロフトタイプのパイプベッドのおすすめ

山善(YAMAZEN) 宮付きロフトベッド HML2-1021

スペースを最大限活用できるパイプベッド。ベッド下の高さが140cmあり、棚付きデスクのような背の高い家具も設置可能です。そのほか、本棚や収納ボックスなどアイデア次第でさまざまなモノを置けます。

直径5cmの太い支柱をはじめ、背面クロスバー、下段フレームなどがついているため安定感があるのが魅力。ベッド床面には10本の補強パイプが配置されており、心地よく眠れます。

はしごの角度をゆるやかにしたり、サイドガードを高くしたりとより使いやすく改良されているのもポイント。初めてロフトタイプのベッドを使用する方にもおすすめです。

ベッド部分には目覚まし時計などを置ける宮棚と、スマホの充電にも重宝するコンセント付き。カラーはアイボリーとダークブラウンの2種類から選べます。

タンスのゲン ロフトベッド 17710035

上りやすい階段付きのパイプベッド。サイドには手すりもついており、はしごでの昇降が不安な方や、初めてロフトベッドを使用する方にもおすすめの製品です。

ベッド下のスペースは幅198×高さ130cmと広々。ソファを置いてくつろぎコーナーにしたり、テレビを置いたりとアイデア次第でさまざまな使い方が可能です。

ベッドの床部はメッシュになっており、湿気を逃すためいつでも快適に眠れるのもポイント。落下防止のサイドバーがついているので、寝返りを打っても安心です。

枕もとにはちょっとしたモノを置ける宮棚つき。スマホの充電もしやすいコンセント付きで便利に使えるパイプベッドです。

remenbrance 多機能パイプベッド CALLE

ベッドから動かなくてもさまざまなモノに手が届く便利なパイプベッド。日中もベッドをソファ代わりに使いたい方におすすめの製品です。

サイドにはパソコン作業にぴったりなデスクが付属。高さは3段階で調節できるので好みの高さで使用可能です。上部には本や雑貨が収納できるブックラックや、帽子などを収納できる収納棚が付いています。

枕もとには目覚まし時計やアロマなどを置いておける宮棚と、スマホの充電に便利な2口コンセント付き。コンセントは必要に応じて場所を変えられます。

サイドには普段の衣類をかけておけるハンガーラックつきで、着替えもスムーズ。安定感のある太めのフレームと補強パーツで、横揺れやガタつきが気になりにくいパイプベッドです。

収納棚付きパイプロフトベッド トロワ

ハンガーパイプがついており、ベッド下を洋服収納としても使用できるパイプベッド。洋服を収納するスペースが少ない方におすすめの製品です。

高さ140cmのハイタイプ・114cmのミドルタイプ・89cmのロータイプの3種類から選べます。たくさんの収納スペースが欲しい方はハイタイプ、圧迫感を抑えたい方にはロータイプがおすすめです。

収納スペースの目隠しができるカーテン付き。たくさんのモノで中がゴチャゴチャしていても、カーテンを引けばすっきり見せられるので便利です。

ベッドにはちょっとしたモノが置ける宮棚と、スマホの充電などに重宝するコンセントがついており便利。はしごの足場には、幅広なフラット板を使用しており、上りやすいのもポイントです。

インテリアオフィスワン ベッド下収納ロフトベッド

  

スタイリッシュなブラックスチールと、木調パネルの組み合わせがおしゃれなパイプベッド。ヴィンテージテイストのインテリアが好きな方におすすめです。

ベッド部分にはサイドパネルがぐるりと取り付けてあるのが魅力。外から中の様子が見えにくいため、ゆっくりとくつろげます。また、布団などを隠せるのですっきりと見えるのも嬉しいポイントです。

ベッド下にはハンガーポールが2本ついており、最大60着ほどの洋服が収納可能。洋服の収納スペースが少ない方にもぴったりです。手前のポールに春夏モノ、奥のポールに秋冬モノと分けておけば衣替えもスムーズにできます。

収納スペースを隠せるカーテンつきで、急な来客時にも安心。5cm角の太い支柱と補強ワイヤーで、安定感のある使い心地が味わえるパイプベッドです。

セミダブル以上のパイプベッドのおすすめ

ジヌス(Zinus) すのこベッドフレーム Platforma

シンプルなスクエアデザインがスタイリッシュな印象のパイプベッド。ヘッドボードがないため、部屋に置いても圧迫感が少ないのが魅力です。

フレームには強度の高いスチールを使用。500kgという厳しい耐荷重テストをクリアしているため、大柄な方や2人で使用したい方にもおすすめです。

床部はスノコ状になっており、通気性がよいのがポイント。寝ている間の汗や湿気がこもりにくく、1年を通して心地よく使用できます。また、カビが発生する心配が少ないのも嬉しいポイントです。

スノコ部分にはすべり止めテープ付き。上に敷いたマットレスがズレにくく、快適に使用できるパイプベッドです。

ニトリ セミダブルベッドフレーム ダンテ

ヴィンテージ感あふれるラバー材とブラックスチールの組み合わせがおしゃれなパイプベッド。ぬくもりのある雰囲気のパイプベッドを探している方におすすめの製品です。

床部には目の細かいワイヤーメッシュを使用。通気性に優れており、湿気がこもりにくいためカビの発生の心配が少ないのがポイントです。負荷のかかりやすい中央部分には、補助脚が2本ついており安心して使用できます。

ヘッドボードは高めで、少し角度がついているのでベッドの上でくつろぐ際に背もたれとしても使用可能。お気に入りのクッションとの組み合わせを楽しむのもおすすめです。

パイプベッド Linie

枕もとに宮棚がついた便利なパイプベッド。目覚まし時計のほか、アロマやお気に入りの雑貨などを置けばくつろぎスペースとしても使用できます。

コンセントが2つとUSBポートがついているのも特徴のひとつ。スマホの充電のほか、ライトをつけるなどアイデア次第でさまざまな使い方ができます。なお、コンセントとUSBポートは好みの場所に動かせるスライド式です。

ベッドの高さは2段階で調節が可能。ベッド下のスペースを収納として最大限に活用したい方にはハイタイプ、圧迫感を少なくしたい方や座りやすさを重視したい方はロータイプがおすすめです。

床部は湿気がこもりにくいメッシュタイプ。耐荷重は約150kgと余裕があり、安心して使用できるパイプベッドです。