スチール素材を主に使用して作られる「パイプベッド」。組み立ての簡単さと価格の安さから一人暮らしの方などに人気の高いアイテムです。さまざまな機能を備えたパイプベッドが販売されていますが、種類が豊富なのでどれを選べばよいか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

そこで今回は、パイプベッドを選ぶ際にチェックするポイントやおすすめのアイテムをご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

パイプベッドとは?

By: rakuten.co.jp

「パイプベッド」とは、パイプ状のスチールを主な素材として作られたベッドのことです。「アイアンベッド」「スチールベッド」などと呼ばれることもあります。

軽くて作りが簡単なのが特徴で、組み立ても行いやすいため特に一人暮らしの方などに人気。価格も安く、引っ越しなどの際に家具を揃えやすいのも魅力です。

パイプベッドのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

パイプベッドにはたくさんのメリットがありますが、なかでも価格が安いのが大きなメリットです。パイプベッドの主な素材として使われているスチールは原料である鉱石が多く採れるため、材料費が低価格で抑えられるのが特徴。一人暮らしの方や定期的に模様替えなどで家具を買い替えたい方にも人気があります。

また、軽くて組み立てが簡単なのもポイント。各パーツが軽くシンプルな作りなので移動もしやすく、転勤などで引っ越しが多い方にもおすすめです。

デメリット

By: rakuten.co.jp

デメリットとして挙げられるのは、きしみやすいこと。ネジのゆるみなどでパーツの接合部分の金属がこすれて、きしみ音が発生します。気になるときは、ネジを締め直してみるのがおすすめです。

また、耐荷重が低いのもデメリットのひとつ。素材の特性上、強い負荷をかけるとフレームがゆがむ原因となるため、複数人での使用には不向きです。

パイプベッドの選び方

種類で選ぶ

メッシュタイプ

By: amazon.co.jp

床材が網のような形状になっているのがメッシュタイプのパイプベッド。隙間が多いため通気性に優れており、布団にこもりがちな熱や湿気を上手に逃がします。木材を使用したタイプに比べてカビが生えにくく、頻繁に布団を干せない一人暮らしの方などには特におすすめです。

しかし、メッシュ部分が細い金属でできているのできしみやすいのがデメリット。できるだけ安くベッドを手に入れたいという方に適しています。

床板タイプ

By: rakuten.co.jp

床材が板でできているタイプのパイプベッドです。寝転がる部分が1枚の板になっているため耐久性が高く、メッシュタイプと比べてきしみ音が少ないのが特徴。安定感があり、パイプベッドのなかでは耐荷重も高めです。

一方、床板タイプは床材部分に隙間がなく、通気性があまりよくないのがデメリット。メッシュタイプと比較するとカビや臭いが発生しやすいので、定期的なメンテナンスも必要です。

ロフトタイプ

By: rakuten.co.jp

部屋の広さ的にあまり大きなベッドを置けないという場合は、ロフトタイプのパイプベッドがおすすめ。二段ベッドの上段部分のみというような構造で、床材よりも下に空間ができるのが特徴です。高さによってはデスクや棚、ソファなどを置くことができ、狭い部屋でもスペースを有効活用できます。

しかし、ロフトタイプはベッドを使用するためにはしごや階段を上る必要があり、ソファの代わりに腰掛けて使用したい場合などには不向き。床からある程度高さがあるので、安全面でも注意が必要です。

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ベッドを購入する際に重要なのがサイズ選びです。部屋の大きさや使用シーンに合わせたサイズのパイプベッドを選びましょう。

一人暮らしであればおすすめなのはシングルサイズかセミダブルサイズ。シングルサイズは横幅が約97cmとコンパクトで、搬入などもしやすいため引っ越しが多い方にもぴったりです。シングルサイズでは少し物足りない方は、横幅が約120cmのセミダブルサイズもおすすめ。ゆったりとベッドを使えるのが魅力です。

耐荷重をチェック

By: rakuten.co.jp

パイプベッドの耐荷重は80~100kg程度のモノが一般的です。細いパイプを骨組みにしている分木製のベッドなどに比べると、耐荷重は低めに設定されています。

ベッドには自分の体重だけでなく布団やマットレスの重さも加わるため、耐荷重のチェックには注意が必要。寝返りなどをうつと瞬間的に負荷が高まることもあり、自分の体重よりも耐荷重に余裕のあるパイプベッドを選ぶようにしましょう。

機能をチェック

ベッド下収納付き

By: rakuten.co.jp

部屋があまり広くなく、ベッドを置いてしまうとほかの家具を置くスペースが取れなくなる場合には収納付きのパイプベッドがおすすめです。ベッド下に引き出しなどが付いているモノが多く、タンスや棚を購入しなくても収納場所が増やせます。

また、もともと持っている収納アイテムを活用させたい場合は、ベッド下にスペースがあるモノも要チェック。収納ボックスや衣装ケースなどをベッド下に入れて使えます。

コンセント付き

By: nitori-net.jp

寝ている間にスマートフォンを充電するなど電源を使用することが多い方は、コンセント付きのパイプベッドが便利です。フレーム部分にコンセントが付属している製品が多く、長いコードを引かなくとも電源を使用できます。

特に高さのあるロフトタイプのパイプベッドを選ぶ場合や、部屋の配置的にベッドの近くにコンセントがない場合はコンセント付きがおすすめ。製品によって差し口の個数が違うため、生活スタイルに合わせて選んでみてください。

収納棚付き

By: rakuten.co.jp

ベッドに寝転んだ状態でスマートフォンを操作したり、本を読んだりする場合は収納棚付きのパイプベッドがおすすめです。収納棚が付いているモノであれば、スマートフォンなどはもちろん本を読む際の照明や目覚まし時計、メガネやアロマなどちょっとしたモノを置いておくことが可能。ベッド周りのスペースをより便利にカスタマイズできます。

折りたたみ式

By: amazon.co.jp

部屋のスペースを広く確保したい場合には、折りたたみ式のパイプベッドもおすすめです。布団のように使用していない時間はたたんでおけるため、限られたスペースを有効活用できます。また、移動させやすく、転勤などで引っ越しが多い方はぜひチェックしてみてください。

パイプベッドのおすすめメーカー

ニトリ

By: rakuten.co.jp

「ニトリ」は1967年に創業した日本のインテリアメーカーです。北海道の札幌市に本社を構えており、現在では全国に店舗を展開。「お、ねだん以上。」というキャッチフレーズのもと、機能性とデザイン性に優れたパイプベッドを安く販売しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

「アイリスオーヤマ」は宮城県に本社を置くメーカーです。ベッド以外にも家具や家電、インテリア小物など幅広い製品を扱っています。シンプルでコスパのよい製品が特徴で、特にパイプベッドは一人暮らしの方に人気。いくつかモデルがラインナップされているため、好みに合わせて選べます。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

「山善」は大阪府の大阪市に本社を置く大手専門商社です。家具をはじめとする家庭機器や住宅設備機器などを自社で製造し販売しています。ユーザーのニーズに合わせた製品作りを行っており、パイプベッドも豊富な種類をラインナップ。好みの機能を有した製品を選べます。

パイプベッドのおすすめ

ニトリ バジーナFV2 シングルパイプベッド

余計な装飾や機能のないシンプルなフォルムが魅力のパイプベッドです。ベーシックなデザインで、どんなインテリアにも違和感なく馴染みます。

床材は通気性に優れたメッシュタイプ。蒸れにくく、暑い季節や梅雨時期などでも快適に過ごせます。布団やマットレスに湿気がたまりにくく、どうしてもこまめに布団を干せないといった方にもおすすめです。

ベッド下には高さ約26cmの余裕があり、収納場所として使用するのにもぴったり。衣装ケースや収納ボックスなどを入れて使えます。デッドスペースになりがちなベッド下を有効活用でき、部屋があまり広くない方や家具を増やしたくない方にもおすすめです。

ニトリ バジーナCV2 シングルパイプベッド

ベーシックなフォルムのパイプベッドに2口コンセントが付属しています。頭の部分にはコンパクトな収納棚も付いており、電源が必要なベッドライトやアロマディフューザーなどの小物を置くことも可能です。

床材はメッシュタイプで、風通しがよく蒸れにくいのが特徴。また、ベッド下は約26cmと乗り降りのしやすい高さで、床までの空間が広く取られているため掃除機などをスムーズにかけられます。

ニトリ セパタPW ハイベッド

ロフトタイプのパイプベッドです。ベッド下の高さが約142cmで、デスクや棚などの家具を設置可能。余分な装飾などもなく空間を広々と活用できます。シンプルなデザインのため、合わせる家具を選ばないのもポイント。また、はしごは左右どちらでも取り付け可能です。

床材は通気性のよいメッシュタイプを採用し、快適な寝心地を実現。熱がこもりやすい時期でもストレスなく過ごせるのが魅力です。揺れに強く頑丈なクロスバー仕様で、ロフトタイプのパイプベッド特有のぐらつきを軽減しています。

側面には、転倒や布団のずり落ちを防ぐストッパー付き。安心して眠れるおすすめのパイプベッドです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) フレーム パイプベッド FMB-S

シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力のパイプベッドです。余分な装飾がないコンパクトなサイズ感で、スペースが限られた場所にも置きやすいのが魅力。一人暮らしの家や子供部屋などで使用するためのベッドとしておすすめです。

負荷がかかりやすいベッドの中心部分には2本のフレームを配置。しっかりと体重を支えるため四隅に加えて中心部にも足を設置しています。また、対荷重は約120kgまで対応しているのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 棚付きフレームベッド FMB-SB

収納棚付きのパイプベッドです。シンプルでこなれた印象のおしゃれなベッドはインテリアにこだわりがある方にもおすすめ。収納棚が二段になっており、目覚まし時計やインテリア雑貨などを置いて自分好みにカスタマイズできます。

床材は通気性のよさが特徴のメッシュタイプ。ベッド下にも約17.5cmの高さがあるため、湿気がたまりにくく快適な寝心地です。ベッド下のスペースは収納場所としても活用可能。薄型の収納ボックスを入れて使用できます。

荷重がかかるベッドの中心部分には2本のフレームと足を配置。しっかりと体重を支えるのでぐらつきにくく、安定した使い心地です。天板と棚板は、角が角ばらないようR加工を施しており、やわらかな見た目と安全性を両立しています。

山善(YAMAZEN) コンセント付き セミシングル パイプベッド MPB2-90185H

コンパクトなセミシングルサイズのパイプベッドです。シングルが幅97cm×長さ195cmなのに対し、セミシングルは幅90cm×長さ185cmと省スペースな設計。余分な装飾もないため場所を取らず、部屋を広く使えます。小柄な女性や子供用としても人気の高いパイプベッドです。

ベッド下は約31cmと高めの作り。立ち上がりやすく腰や膝への負担が少ない高さです。衣装ケースや収納ボックスも入るので、収納スペースとしての活用も可能。ベッド以外に棚やタンスを置くスペースがない場合にもおすすめです。

2口コンセント付きでスマートフォンなどを充電する際にも便利。スリムなラックが付いており、収納棚ほどのスペースは不要でもスマートフォンやタブレットを置く場所がほしい、という方にも人気です。

山善(YAMAZEN) ぐうたらベッド シングル BGB-98219

ベッド周りを充実した空間にしたい方におすすめのパイプベッド。ベッド・コンセント・棚・衣類収納がひとまとめになったパイプベッドで、ベッドの上でくつろぎながら必要なモノすべてに手が届くのが魅力です。

枕元にはコンパクトな収納棚と2口コンセントが付属しており、スマートフォンの充電や目覚まし時計の設置にも便利。ベッド上には幅広の棚板収納スペースがあり、インテリア雑貨やファッション小物などを飾れます。またハンガーポールが付いているため衣類などをかけることも可能です。

ベッド下の高さは約30.5cmで収納スペースとしても使用できます。衣装ケースや収納ボックスがぴったり収まるサイズです。耐荷重は安心の90kg。限られた空間でもインテリアを楽しみたいという方にもおすすめのパイプベッドです。

山善(YAMAZEN) 極太パイプベッド NSK-2210B

シンプルなデザインが魅力的な床板タイプのパイプベッドです。落ち着いたシルバーグレーのカラーは主張しすぎないためどんなインテリアでも違和感なく馴染みます。余分な装飾がなく限られたスペースでも設置しやすいのが人気のポイントです。

床面は長さ約210cmのシングルロングサイズで身長の高い方でも安心。足を伸ばしてゆったりくつろげます。床面の高さは約41cmで乗り降りもスムーズです。足腰への負担を減らしたいという方にもおすすめのパイプベッドです。

床板はポリエステル製の布張りでさらさらとした肌触りが特徴。メッシュタイプに起こりがちな引っ掛かりがなく、布団やマットレスに傷が付く心配がありません。ベッドの足は直径50mmと太い作りで、きしみやぐらつきを軽減します。

タンスのゲン コンパクト シングル ベッドフレーム 21300131 00AM

シンプルで安価なパイプベッドを探している方におすすめの製品です。重さが約14.5kgと軽量で、力に自信のない方でもラクに持ち上げられます。4つ折りでコンパクトに折りたためるため、単身赴任や転勤などで引っ越しが多い方にもおすすめです。

足元にはフットガードが付いており、マットレスのずれを予防。ベッドの足には傷防止カバー付きで、移動や収納の際にも安心です。

静止耐荷重は約120kgとパイプベッドのなかでは高めなのもポイント。メッシュタイプで、通気性にも配慮されたパイプベッドです。

タンスのゲン ハイタイプ ロフトベッド

高さ約172cmのハイタイプロフトベッドです。昇降は安定感のある階段タイプで、手すりも付いた安全設計。階段は左右どちらでも設置でき、間取りやインテリアに合わせて設置箇所を選べます。

ベッド下は高さ約130cmの広々とした設計。ソファやテレビなどの大型家具も配置できます。限られた空間でもインテリアを楽しみたい方にもおすすめです。

枕元には2口のコンセント付き。また、収納棚を備えており、ベッドライトや目覚まし時計を置くのにも便利です。

モダンデコ Linie 多機能パイプベッド

シンプルながらも洗練されたおしゃれなデザインが魅力のパイプベッド。床材はメッシュタイプで、通気性がよく1年通して快適に過ごせるのが魅力です。

枕元にはベッドライトや本などを置ける収納棚付き。2口コンセントに加えてUSBポートも搭載しており、スマートフォンやタブレットの充電に役立ちます。

ベッドの高さを2段階で調節することが可能。マットレスの厚みや収納スペースなどに合わせて好みの高さで設定できます。耐荷重は約150kgで、体格のよい方でも安心して使えるパイプベッドです。

萩原 エレガントパイプベッド KH-3089WH

ヘッドフレームやポールなど細部までこだわったおしゃれな見た目が特徴的なパイプベッド。落ち着いたデザインのため、子供部屋用としてはもちろん、女性の一人暮らし用としてもおすすめです。

床材は通気性に優れたメッシュ素材。梅雨時期など湿度の高い季節でも快適に使い方に適しています。また、ベッド下の高さは約31cm。衣装ケースや収納ボックスなどを配置して収納スペースとしても使用できます。

スランバー(Slumber) 引き出し収納付き パイプベッド

50.8mmの極太パイプを脚部に採用しており、安定感のあるパイプベッドです。頑丈でしっかりした作りが特徴で、耐荷重は約120kg。体格のよい方でも安心して使用できます。

ベッド下には2つの引き出し収納付き。キャスター付きで中身を詰めてもラクに引き出せます。ベッドの左右どちら側にも設置できるため、間取りやインテリアに合わせたカスタマイズが可能です。

ヘッドボード部分には収納棚を搭載。奥側にモノが落ちないよう背面パネルが付いているので安心して使用できます。あたたかみのある木目調がおしゃれな雰囲気を演出するおすすめアイテムです。

ジャストインテリア アイアンロフトベッド

スタイリッシュなデザインが魅力のロフトベッドです。ベッド下の高さは約146cmで、ソファなどの家具もラクに配置できます。付属している木目調の天板はベッド下にデスクとして設置可能。好きな位置に取り付けできるため、自分好みのインテリアを楽しめます。

はしごがベッドフレームと同化しており、場所を取らないのも魅力。ベッドを置くためのスペースがあまり取れない部屋でも安心です。カラーはホワイトとブラックの2色展開。どちらの色も洗練された印象で、おしゃれなパイプベッドを探している方にもおすすめです。