赤ちゃんが快適に過ごすために欠かせない「ベビーベッド」。ベビーベッドはさまざまなメーカーから発売されていますが、機能性はもちろん、赤ちゃんがケガをしないように安全性の高いモノを選ぶことが大切です。

そこで今回は、ベビーベッドの選び方のポイントやおすすめ製品をご紹介します。赤ちゃんを迎える準備中の方は、ぜひチェックしてみてください。

ベビーベッドのメリット

By: stokke.com

ベビーベッドを使うメリットは、赤ちゃんに安全なスペースを確保できること。特に、2人目以降の出産でお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合は、万が一の事故を避けるためにも、ベビーベッドがあると便利です。

また、産後すぐから始まる赤ちゃんのお世話は、身体に負担がかかりやすいもの。そんなときにもベビーベッドがあれば、おむつ替えや着替えなどを高い位置で行えるため、身体への負担を軽減できます。

ベビーベッドは床から高い位置に赤ちゃんを寝かせられるため、ホコリなどの心配が少なく衛生的なのもメリット。さらに、ベッドの下が収納になっているモノを選べば、かさばりがちなベビー用品をすっきり片づけられます。

ベビーベッドは、およそ24か月(2歳)まで使えるモノが一般的。ベビーサークルや棚などに変形して使えるモノを選べば、成長したあとも使用できて便利です。

ベビーベッドの選び方

安全性で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ベビーベッドを選ぶときには、赤ちゃんが快適に過ごせるかどうかだけでなく、安全性もしっかり確認するようにしましょう。安全性の高さは、ベビーベッドに「PSCマーク」や「SGマーク」があるかどうかが判断の目安になります。

PSCマークとは、経済産業省により安全と判断された製品にのみ発行されるマークのことです。国で定められた厳しい安全基準をクリアしなければ、マークを付けられません。

また、SGマークとは、製品安全協会が安全と認めた製品にのみ付けられるマークのことです。ベビーベッドにPSCマークやSGマークが付いていない場合は、安全性を確かめるのが難しいもの。赤ちゃんの身を守るためにも、しっかりチェックしてみてください。

サイズで選ぶ

レギュラーサイズ

By: ikea.com

レギュラーサイズのベビーベッドは、120×70cmの敷布団に対応したサイズ。24か月(2歳)頃まで使用できるモノが一般的です。デザインや種類が豊富なので、好みに応じて選びやすいのがポイント。また、サイズにゆとりがあるので、おむつ替えや着替えなどの作業がしやすいのも魅力です。

ただし、大人のベッドにレギュラーサイズのベビーベッドを並べると、部屋全体が狭く感じやすいのが難点。設置したい部屋の広さをふまえて購入しましょう。

ミニサイズ

By: amazon.co.jp

ミニサイズのベビーベッドは、90×60cmとレギュラーサイズに比べてコンパクトなのが特徴で、狭い部屋にべビーベッドを設置したい方におすすめ。使用期間はレギュラーサイズと同じくおよそ24か月(2歳)に設定されているモノが多いですが、赤ちゃんが寝返りできるようになる4か月ごろになると、窮屈に感じられることがあります。

使える期間は短めですが、スペースを取りにくいため、大人のベッドの横に並べても圧迫感が少ないのが魅力。部屋の数やスペースに限りがある家庭におすすめです。

高さで選ぶ

ハイタイプ

By: amazon.co.jp

一般的なハイタイプのベビーベッドは、赤ちゃんが横になる床板が、床から70cm前後の高さになるモノを指します。立ったままおむつ替えをしたり、着替えさせたりできるのが魅力。高さがあるため、床板の下に日用品を収納できるのも特徴です。

ペットがいる家庭にも適しており、ペットの抜け毛やダニから赤ちゃんを遠ざけたい場合に役立ちます。高さがあるので身長に関係なく、お世話がしやすいのも嬉しいポイントです。

ロータイプ

By: amazon.co.jp

ロータイプのベビーベッドとしては、床板の高さが床から40cm前後のモノが該当します。おむつ替えや着替えは立膝で行う必要があるものの、ソファなどに座ったままでも赤ちゃんの状態を確認しやすくおすすめです。

また、部屋の外観を変えたくない方にも適しており、圧迫感が少ない点も魅力。和室にもなじみやすく、設置する部屋を選ばないのもポイントです。

機能で選ぶ

キャスター付き

By: amazon.co.jp

ベビーベッドのなかには、脚の部分にキャスターが付いているタイプもあります。ベビーベッドの下はホコリや汚れがたまりやすいので、定期的に動かして掃除することが重要。キャスター付きのタイプなら、軽く力を入れるだけでベビーベッドを移動できます。

また、赤ちゃんがミルクを吐きもどしたり、泣いて甘えたり、おむつを替える必要があったりと、なかなか目が離せません。ベビーベッドにキャスターが付いていれば、赤ちゃんを寝かせたままリビングに一緒に連れて行ったり、寝室に移動させたりできて便利です。

ただし、赤ちゃんがベビーベッドに乗った状態で横滑りしたり、倒れたりしないように、キャスターにストッパーが搭載されたモノを選ぶようにしましょう。4輪のうち2輪にストッパーが付いていれば、安全面に配慮しながら使用できます。より安全面が気になる方は、4輪すべてにストッパーを搭載したタイプがおすすめです。

高さ調節機能

By: amazon.co.jp

高さ調節機能の付いたモノなら、状況に合わせた位置でお世話ができて便利。特に、大人のベッドと同じ高さにできるベビーベッドなら、添い寝がしやすくおすすめです。

また、赤ちゃんの成長に合わせて使えるのもメリット。おむつ替えをすることが多い時期は高めに調節すれば、腰への負担を減らせます。床に近い位置まで下げられるモノなら、つかまり立ちが始まった際の転落対策にもなるため、長期間使えて実用的です。

柵2〜3面オープン

By: amazon.co.jp

柵が2〜3面開くタイプのベビーベッドも、実用的でおすすめです。多方向から赤ちゃんに手が届くため、お世話をする方の負担を減らせます。ベッドから降ろしにくい体勢で赤ちゃんが眠ってしまった際も、眠らせたままそっと抱っこしやすく、便利に使用可能です。

また、ほかのインテリアのレイアウトや向きを気にせずに設置できる点も魅力。大人のベッドに近づけて使えるモノなら、様子を見ながら横になりたいときにも活用できます。

折りたたみ機能

By: amazon.co.jp

ベビーベッドは育児に欠かせないアイテムですが、部屋の中で大きくスペースを取ってしまうのが難点です。そこでおすすめなのが、折りたたみタイプのベビーベッド。折りたたんだ状態で家具の隙間に入れておいたり、専用の袋に入れて収納できたりするタイプもあります。

折りたたみタイプの素材はさまざまですが、軽くて持ち運びもしやすい布製が特におすすめ。来客があって部屋を広く使いたいときは、一時的に収納しておいたり、帰省や旅行の際に持ち運んだりと、使い方も自由自在です。

変形機能

By: amazon.co.jp

ベビーベッドのなかには、パーツを組み替えることでさまざまな家具として使える「変形機能」が搭載されたモノも発売されています。子供の成長に合わせて、長く愛用できるのが特徴です。

例えば、床板を下げてベビーサークルとして使えるモノなら、買い足しをする手間が省けて便利。また、学習用やパソコン用の机、収納棚などに変形できるモノなら、子供が学生になっても使えます。

ベビーベッドのおすすめブランド

カトージ(KATOJI)

By: amazon.co.jp

「カトージ」は、ベビーカーやおもちゃなどさまざま育児グッズのメーカーです。安全性はもちろん、“育児するのが楽しくなるグッズ”であることをコンセプトに製品を発売しています。

カトージのベビーベッドは、レギュラーサイズとミニサイズの2種類をはじめ、折りたたみ可能なモノやキャスター付きのモノなどを多数ラインナップ。カラーもホワイトやブラウン、ナチュラルなど豊富に取り揃えています。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

「アップリカ」は、ベビーカーやチャイルドシートを主力とする日本のメーカーです。安全性と赤ちゃんの快適さを追求した、オリジナル製品を販売しています。

ベビーベッドは4種類の取り扱いがあり、軽量かつ折りたたみ可能です。通気性が高いため、赤ちゃんが快適に眠りやすいのが特徴。また、取り外して洗濯できるマットを使用しているなど、清潔さにこだわりたい方にもおすすめです。

なお、アップリカのベビーベッドはすべてミニサイズなので、レギュラーサイズよりも使用期間が短めになることを留意しておきましょう。

ファルスカ(farska)

By: amazon.co.jp

「ファルスカ」はスウェーデン語で“新しい・新鮮”という意味を持つ、2009年に誕生した日本のブランド。日本の暮らしに合わせた、シンプルで使いやすい育児用品を販売しています。

ベビーベッドは、コンパクトな持ち運びタイプやミニサイズ、レギュラーサイズなど、さまざまなモデルを展開。成長に合わせてベビーサークルやベビーベンチに変形できたり、添い寝できるタイプがあったりと、使い勝手のよいモノを多数取り揃えています。

ベビーベッドのおすすめランキング|ハイタイプ

第1位 カトージ(KATOJI) ベビーベッド アーチ ハイポジション

カトージ(KATOJI) ベビーベッド アーチ ハイポジション

By: katoji-onlineshop.com

高さ75cmのハイポジションで、背の高い方でもかがまずに赤ちゃんのお世話ができるベビーベッド。身体に負担がかかりにくいため、産後まもないママにもおすすめの製品です。脚の長さが32cmと長めなので、ベビーベッドの下を掃除するのもラクラク。お掃除ロボットもスムーズに通れます。

床板は通気性のよいスノコ状になっており、汗をかきやすい赤ちゃんでも安心。下部は収納スペースになっており、オムツのストックなどかさばるモノをすっきり収納できます。

赤ちゃんがある程度成長しても、余裕をもって使える120×70cmのレギュラーサイズ。カラーはナチュラルとホワイトの2種類から選べます。上部のゆるやかなアーチが優しく、上品な雰囲気のベビーベッドです。

第2位 アップリカ(Aprica) ココネルエアー ポータブル 66047

アップリカ(Aprica) ココネルエアー ポータブル 66047

小さく折りたためるため、場所をとらないのが魅力のベビーベッド。マットには、体圧を分散し赤ちゃんの身体に負担をかけにくいシルキーエアーを使用しているのが特徴です。また、ベビーベッドの周囲には柔らかいメッシュガードを採用。赤ちゃんの様子がよく見えるので安心して見守れます。

さらに、前枠が下ろせるため、おむつ替えや着替えなどのお世話がしやすいのもポイント。下部にはキャスターが付いているため、部屋を移動させて使用したり、掃除したりするのに便利です。

床板の高さを変えればベビーサークルとしても使用可能。カラーは明るい色合いのミルクと、落ち着いた印象のココアの2色展開です。

第3位 石崎家具 ツースライドベッド

石崎家具 ツースライドベッド

赤ちゃんのお世話がしやすいハイタイプのベビーベッド。必要以上にかがまなくてもよく、身体に負担がかかりにくいのが魅力です。120×70cmのレギュラーサイズに対応しており、ある程度赤ちゃんが成長してもゆったりと使えます。

また、横と足元の2か所の扉を開けられるのが本製品の一番の特徴。寝かせるときには横の扉から、おむつ替えや着替えのときには足元の扉からと、用途に合わせて便利に使えます。スライド扉はロック金具で固定できるので、不意に外れる心配も少なく安心です。

さらに、下部にはキャスターが付いているため移動もラクラク。4個中2個にはストッパーが付いており、固定できます。床板は耐久性・通気性に優れたハードボードを使用しているので機能的です。

第4位 カトージ(KATOJI) プレイヤード NewYorkBaby 63902

カトージ プレイヤード NewYorkBaby 63902

リビングに赤ちゃんのスペースを作りたい方におすすめの製品です。本製品はプレイヤードのため、寝かせての使用時間は1時間が目安。赤ちゃんのお昼寝や遊び場所として使用したい方に適した製品です。

バシネットを取り付けてお昼寝やおむつ替え用スペースにしたり、取り外してべビーサークルにしたりと、子供の成長に合わせて使い方を変えられるのがポイント。上部にはトイバーも付けられるので、赤ちゃんも喜びます。

メッシュネットで作られているため、赤ちゃんの様子がよく見えるのが魅力。当たってもケガの心配が少なく、通気性に優れているので、快適に使用できます。キャスターも付いており、移動や掃除もラクラクです。

使わないときには小さく折りたためるので、部屋が狭い方にもおすすめ。持ち運び用バッグ付きで帰省時などにも便利に使えるおすすめの製品です。

第5位 サワベビー L型プチベリー ナチュラル No.6 ミニベビーベッド

サワベビー L型プチベリー ナチュラル No.6 ミニベビーベッド

大人のベッドの高さに合わせて使える便利なベビーベッド。添い寝ができるため、赤ちゃんも安心して眠れるのが魅力です。内寸90×60cmのミニサイズなので、狭い部屋へ設置したい場合にもおすすめ。キャスターが付いているため、部屋をまたいでの移動もスムーズです。

床板には国産ヒノキのスノコを使用。通気性に優れているので、汗かきの赤ちゃんでも心地よく過ごせます。横と足元、2面の扉がスライドできるため、お世話しやすいのもポイント。下部は収納棚になっており、おむつのストックなどお世話グッズをたっぷり収納できます。

第6位 ヤマサキ コンパクトベッド ツーオープン

ヤマサキ コンパクトベッド ツーオープン

狭いスペースにも設置しやすい、90×60cmのミニサイズベビーベッド。ドアを通り抜けられるサイズで、部屋をまたいでの移動もスムーズにできるため、好きな場所で使用できるのがメリットです。

床板の高さは約70cmのハイタイプで、背の高い方もかがまずに赤ちゃんのお世話ができるのが魅力。また、横と足元の2か所の扉が開くので、オムツ替えや着替えもスムーズです。

床下は収納スペースになっており、オムツのストックなどさまざまなモノを収納できます。耐荷重はおよそ20kgで、たくさんのモノを載せても棚がたわみにくく安心です。

脚には床に傷をつけにくいウレタン巻きのキャスター付き。さらに、4輪すべてにストッパーが付いているので安心して使用できます。カラーはナチュラル・ホワイト・ダークブラウンの3色展開です。

第7位 石崎家具 ワンタッチハイベッド クール★ミ二

 

石崎家具 ワンタッチハイベッド クール★ミ二

ワンタッチで簡単に折りたためるベビーベッド。使わないときにはコンパクトに収納できるため部屋を有効活用できます。内寸90×60cmのミニサイズで、部屋が狭い方にもおすすめの製品です。

ハイタイプなので腰に負担がかかりにくく、楽な姿勢で赤ちゃんのお世話ができるのが魅力。脚には4輪キャスターが付いており、移動もスムーズ。2輪にはストッパー付きで固定もできるので、安心して使用できます。カラーはナチュラル・ホワイト・ブラウンの3展開です。

ベビーベッドのおすすめランキング|ロータイプ

第1位 大和屋 そいねーる プラス ロング ベビーベッド

大和屋 そいねーる プラス ロング ベビーベッド

奥行53cmとコンパクトで、狭い寝室にも無理なく設置できるベビーベッド。大人のベッドにくっつけて使用すれば楽に添い寝ができるうえ、赤ちゃんも安心して眠れます。

床板は約23~65cmの間で15段階調節できるため、大人のベッドと高さを合わせられます。さらに、大人のベッドと固定ができるサポートベルト付きなのも嬉しいポイント。

下部は収納スペースになっており、たくさんのお世話グッズを収納可能。なお、足元の扉が開くようになっているため、ベッドにつけた状態でも収納スペースを使用できます。

組み立ては手で回せるノブボルトで行えるため、工具がいらないのも魅力。カラーはホワイトとナチュラルの2色展開。専用の延長キットを使用すれば、4歳頃まで使用できるのも魅力です。

第2位 ファルスカ(farska) ベッドサイドベッド 03 746050

ファルスカ(farska) ベッドサイドベッド 03 746050

大人のベッドにくっつけて添い寝ができるベビーベッド。ベッドの高さに合わせて9段階で調節できるため、段差ができにくく親子で快適に使用できます。夜泣きや夜中の授乳などのお世話もスムーズです。また、ベッド同士の隙間をなくし、赤ちゃんの転落対策になる安全ベルト付き。使用中にズレる心配がなく、安心して使用できます。

添い寝ベッドとして使用する以外にも、柵を上げてベビーベッド単体としても、また床板を外してベビーサークルとしても使用できるのもメリット。子供の成長に合わせて長期間活用できます。

独自に開発した「クイックジョイント」で、簡単に組み立てられるのも嬉しいポイント。ネジや釘を使用しないため、組み立てが苦手な方にもおすすめのベビーベッドです。

第3位 カトージ(KATOJI) ベッド キュート ミニ

KATOJI ベッド キュート ミニ

優しい木目と明るい色合いが魅力のパイン材を使用して作られたナチュラルな雰囲気のベビーベッド。どんなインテリアにもしっくりなじむシンプルなデザインが魅力です。

床板の高さは45.5・30.5・15.5cmの3段階で調節可能。お世話のしやすさや子供の成長に合わせて高さを変えられます。下部にはキャスターがついており移動もラクラク。キャスターは消音タイプなので移動時の音も気になりません。

120×70cmのレギュラーサイズで、赤ちゃんが成長してもゆったり使えるのもポイント。比較的リーズナブルな価格も嬉しいおすすめの製品です。

第4位 サワベビー J型ジェミニ ベビーベッド No.20

サワベビー J型ジェミニ ベビーベッド No.20

大人のベッドにくっつければ、赤ちゃんと添い寝ができるベビーベッド。ミニサイズなので、狭い寝室にも無理なく置けて便利です。高さは9段階で調節できるため、ベッドの段差ができにくく快適に使用できます。

横と足元、2面が開くようになっているので、おむつ替えや着替えなどのお世話もラクラク。なお、組み換えれば開く扉を左右のどちら側にでも変更できるため、部屋のレイアウトに合わせられます。

子供が成長したら、高さを一番低くして遊び場としても使用可能。ブナ材を使ったナチュラルな佇まいで、長く愛用できるベビーベッドです。

第5位 ファルスカ(farska) ミニジョイントベッド Neo

ファルスカ(farska) ミニジョイントベッド Neo

シンプルで飽きの来ないデザインが魅力のベビーベッド。北欧やナチュラルテイストのインテリアが好きな方におすすめです。柵には明るい色合いのパイン材を採用しています。

内寸90×60cmのミニサイズで、狭いスペースに置いても圧迫感が少なく、快適に使用できるのもポイント。ダイニングテーブルや大人のベッドの横など、好きな場所に設置できます。

床板の高さは3段階で調節可能。ベビーベッドとしてだけでなく、大人のベッドにくっつけて添い寝ベッドにしたり、子供の成長に合わせてベビーサークルやキッズベンチにしたりと長期間使用できます。

また、ジョイントパーツに差し込むだけで組み立てられるのもポイント。工具を準備する必要もなく手軽に組み立てられます。

第6位 ブーリ(BOORI) 大人までベッド イートン

ブーリ(BOORI) 大人までベッド イートン

By: boori.jp

成長に合わせて、キッズベッドやソファ、シングルベッドとしても使えるベビーベッド。赤ちゃんのときから大人になるまで、長期間にわたって使用できる製品です。

シンプルなスクエアデザインはスタイリッシュな印象で、モダンなインテリアが好きな方にもおすすめ。素材にはポプラを使用しており、高級感があります。

床板の高さは25・45cmの2段階で調節可能。床板は通気性のよいスノコ状になっており、汗かきの赤ちゃんも安心です。カラーは明るいホワイトがラインナップされています。