赤ちゃんが快適に過ごすために欠かせない「ベビーベッド」。ベビーベッドはさまざまなメーカーで販売されていますが、機能性はもちろん赤ちゃんが怪我をしないように安全性の高いモノを選ぶことが大切です。

そこで今回は、ベビーベッドの選び方のポイントやおすすめ製品をご紹介。赤ちゃんを迎える準備をされている方は、ぜひチェックしてみてください。

ベビーベッドの選び方

サイズで選ぶ

レギュラーサイズ

By: amazon.co.jp

レギュラーサイズのベビーベッドの大きさは120×70cmで、赤ちゃんを寝かせても十分なゆとりがあります。赤ちゃんがゆったりと過ごせるだけでなく、オムツ替えや着替えなどの作業がしやすいサイズです。

ただし、大人のベッドにレギュラーサイズのベビーベッドを並べると部屋全体がかなり窮屈になります。部屋の大きさとのバランスを考えた上で購入するようにしましょう。

レギュラーサイズのベビーベッドは生後24か月までが安全に使用できる期間と定められています。しかし、生後24か月までベビーベッドを使うのはあまり現実的ではありません。

赤ちゃんは生後7~8か月ごろにつかまり立ちを覚えます。さらに、生後12か月ごろには足腰がしっかりしてくるので、柵をよじのぼって転落してしまう可能性も考慮しましょう。したがって、レギュラーサイズのベビーベッドは長くても生後12か月くらいまでが適用期間です。

ミニサイズ

By: rakuten.co.jp

ミニサイズのベビーベッドのサイズは90×60cmで、赤ちゃんの体の大きさに合わせて作られています。スペースをとられないので、大人のベッドの横に並べても圧迫感がありません。1LDKや2DKなど、部屋の数やスペースに限りがあるご家庭におすすめです。

ミニサイズのベビーベッドも生後24か月までを目安に作られていますが、実際はそこまで長く使うことができません。生後5~6か月くらいになると寝返りが始まるので頭や足をぶつけてしまったり、抱き上げる時に窮屈さを感じたりします。

怪我防止のためベビーガードをつけたり、クッションを置いたりするとさらに狭くなるので、レギュラーサイズよりも使用期間が短めだと考えておくとよいでしょう。

安全性で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ベビーベッドを選ぶ時には、赤ちゃんが快適に過ごせるかどうかだけでなく、安全性もしっかり確認するようにしましょう。粗悪品を選んだ結果、赤ちゃんが怪我をしてしまったら取り返しがつきません。安全性が高いかどうかは、ベビーベッドにPSCマークかSGマークがあるかどうかで判断できます。

PSCマークとは、経済産業省により安全だと判断された製品にのみ発行されるマークのことです。国で定められた厳しい安全基準をクリアしなければ、このマークをつけられません。

また、SGマークとは、製品安全協会が安全だと認めた製品につけられるマークのこと。SGマークつきの製品の欠陥により人身事故が起きた場合、1億円までを限度とする損害賠償を行うことができる制度です。

日本で販売されているベビーベッドにこれらのマークがついていないと安全性が保証されていないので、赤ちゃんの身を守るためにも、この2つのマークは必ずチェックしてください。

その他機能で選ぶ

キャスター付きは移動の際に便利

By: rakuten.co.jp

ベビーベッドには、脚の部分にキャスターが付いているタイプもあります。ベビーベッドの下はホコリや汚れがたまりやすいので、定期的に動かして掃除するのが重要。キャスター付きのタイプであれば、軽く力を入れるだけでベビーベッドが移動できます。

また、赤ちゃんはミルクを吐きもどしたり、泣いて甘えたり、オムツを替えなければならなかったりとなかなか目が離せません。ベビーベッドにキャスターが付いていれば、赤ちゃんを寝かせたままリビングに一緒に連れて行ったり、寝室に移動させたりと自由自在です。

ただ、キャスター付きタイプのメリットは大きいのですが、注意点もあります。赤ちゃんがベビーベッドに乗った状態で横滑りしたり、倒れたりしないように、キャスターにストッパーがついているモノを選ぶようにしてください。

4輪のうち2輪にストッパーがついていれば、十分な安全性があります。より安全に使いたい方は、4輪すべてにストッパーがついているタイプがおすすめです。

高さ調節機能は腰が楽

By: rakuten.co.jp

ベビーベッドにはハイタイプとロータイプの2種類がありますが、赤ちゃんのお世話のしやすさを考えるとハイタイプがおすすめです。ハイタイプのベビーベッドは床から十分な高さがあるので、赤ちゃんのオムツ替えや着替えの時に腰を大きくかがめる必要がありません。特にオムツ替えは1日に何回も行うので、腰への負担が少ないのは重要なポイントです。

また、高さ調節機能がついたタイプを選ぶと、赤ちゃんの成長に合わせてベビーベッドを長く使えるので便利。さらに、赤ちゃんのお世話にはオムツやたくさんの着替えなどが欠かせません。ハイタイプの下の部分が収納スペースになっているタイプを選べば、かさばるお世話グッズをきれいに入れられます。

柵の開き方をチェック

By: rakuten.co.jp

ベビーベッドは赤ちゃんの安全を考慮して柵が固定されたタイプもありますが、ほとんどのモノは柵を開くことが可能。柵の開き方には上下スライド式と手前に柵を倒す2つのタイプがあり、それぞれにメリットがあります。

スライド式のメリットは、前面に十分なスペースがなくても柵の開閉ができることです。ただし、左右をしっかりロックしないと柵が勢いよく下がり、赤ちゃんの体を挟む恐れがあるので気をつけましょう。

手前に柵を倒すタイプのメリットは、開閉がスムーズにできることです。しかし、このタイプはベビーベッドの前面に十分なスペースが必要なので、狭い場所での設置には向いていません。

また、複数の方向で柵の開閉ができるベビーベッドもおすすめです。いろいろな方向で柵が開けると、部屋のレイアウトに合わせて自由にベビーベッドの位置が決められます。

折り畳みタイプは収納時に便利

By: amazon.co.jp

ベビーベッドは育児に欠かせないアイテムですが、部屋の中で大きなスペースをとってしまうのが難点です。そこでおすすめなのが、折り畳みタイプのベビーベッド。折り畳んだ状態で家具の隙間に入れておいたり、専用の袋に入れて収納できたりするタイプもあります。

折り畳みタイプの素材はさまざまですが、軽くて持ち運びもしやすい布製が特におすすめ。来客があって部屋を広く使いたい時は一時的に収納しておいたり、帰省や旅行の時などに持ち運んだりと使い方も自由自在です。

用途を変えて長く使えるかを確認

By: amazon.co.jp

ベビーベッドは高価なアイテムにも関わらず、赤ちゃんが1歳を迎えるころにはほとんど使えなくなってしまいます。そこで、ベビーベッドとしての役割が終わっても、用途を変えれば長く使えるモノを選ぶのがおすすめ。

まず、ベビーベッドの床板を外し、柵を組み変えればベビーガードとして使えるタイプがあります。家事などで手が離せない時は赤ちゃんをベビーガードの中で遊ばせておき、その様子を外から見守ることが可能。

広々とした空間で遊ばせたければ木製をおすすめしますが、省スペースでも使える布製も便利です。布製の場合は、ベッドガードやクッションを取り付けなくても柔らかい生地でできているので、赤ちゃんが体をぶつけて怪我をすることもありません。

また、赤ちゃんが成長してベビーベッドが使えなくなったら、ジュニアベッドとして使えるタイプもあります。枠を組み替えればサイズが拡張でき、広々としたジュニアベッドに早変わり。成長の度にベッドを買い替えずに済むのでとても経済的です。

ベビーベッドのおすすめブランド

イケア(IKEA)

By: rakuten.co.jp

北欧生まれの大型家具店であるイケア。流行りにとらわれずに長く使えるベビーベッドを販売しています。イケアのベビーベッドは、デザインだけでなく収納力にこだわりたい方にもおすすめ。引き出しがついているモノや、床板の下が丸ごと収納スペースになっているモノなどさまざまなタイプがあります。

ただし、イケアのベビーベッドのサイズは全て60×120cmなので、日本のレギュラーサイズよりも少し小さめです。日本製の布団は入りきらずにはみ出してしまうので、イケアで販売している布団やマットレスを購入するようにしましょう。

カトージ(KATOJI)

By: rakuten.co.jp

カトージは、ベビーカーやおもちゃなどさまざま育児グッズを販売しているメーカーです。その製品は安全かつ安心して使えるのはもちろん、「育児するのが楽しくなるグッズ」であることをコンセプトにしています。

ベビーベッドは、レギュラーサイズとミニサイズの2種類があるのはもちろん、折り畳み可能なモノやキャスター付きのモノなどを販売。カラーもホワイト、ブラウン、ナチュラルなど豊富に取り揃えているメーカーです。

アップリカ(Aprica)

By: rakuten.co.jp

アップリカは、ベビーカーやチャイルドシートを主力としている日本のメーカーです。安全性と赤ちゃんの快適さを追求したオリジナル製品を販売しています。

ベビーベッドは4種類の取り扱いがあり、その全てが軽量かつ折り畳み可能。通気性が高いので赤ちゃんが快適に眠れるだけでなく、取り外して洗濯もできるマットを使用しており、清潔さにこだわりたい方におすすめです。

なお、アップリカのベビーベッドは全てミニサイズなので、レギュラーサイズよりも使用期間が短めになることを覚えておきましょう。

グレコ(Graco)

By: rakuten.co.jp

グレコは60年以上の歴史をもち、80か国以上で商品展開されているアメリカのブランドです。「育児をもっと楽にする」というコンセプトのもとに、高品質で低価格な製品を販売しています。

ベビーベッドには、新生児が安心して眠れるクッション付きタイプや、オムツ替え台が付いているタイプなど、他にはない工夫が盛りだくさん。ベビーベッド1台で、さまざまな機能が欲しい方におすすめのメーカーです。

ファルスカ(farska)

By: amazon.co.jp

ファルスカはスウェーデン語で「新しい・新鮮」という意味を表し、2009年に誕生した日本のブランドです。日本の暮らしに合わせた、シンプルで使いやすい育児用品を販売しています。

ベビーベッドは、コンパクトな持ち運びタイプ、ミニサイズ、レギュラーサイズなどさまざまなサイズを展開。成長に合わせてベビーサークルやベビーベンチに早変わりしたり、赤ちゃんが安心する添い寝できるタイプがあったりと、使い勝手のよいモノを多数取り揃えています。

ベビーベッドのおすすめ製品

イケア(IKEA) ベビーベッド 引き出し付き STUVA

イケア(IKEA) ベビーベッド 引き出し付き STUVA

本製品は2段階の高さ調節ができるだけでなく、片方のベッド側部が取り外し可能。赤ちゃんの頃から、1人でベッドの出入りができる年齢になるまで長く使えるのが特徴です。

ベッドの下には2つの引き出しが付属しており、洋服や小物などをまとめて収納可能。引き出しのカラーは6色あるので、部屋のテイストに合ったモノが選べます。

カトージ(KATOJI) ベビーベッド ハイタイプ 123

カトージ(KATOJI) ベビーベッド ハイタイプ 123

赤ちゃんのオムツ替えや着替えの時に腰への負担がかかりにくいハイタイプのベビーベッドです。床板にはスノコ材を使用しているので、赤ちゃんがたくさん汗をかいても湿気がこもりにくく、カビを防いでくれます。

また、赤ちゃんの成長に合わせて床板の位置を3段階に調節できるので柵を乗り越えてしまう心配もありません。ベッドの下は収納スペースになっており、かさばるオムツや着替え、お尻拭きなどをすっきり収納。収納スペースの耐荷重は15kgあるのでたくさんのモノを入れたい方におすすめです。

アップリカ(Aprica) 折り畳みミニベビーベッド ココネルエアープラス

アップリカ(Aprica) 折り畳みミニベビーベッド ココネルエアープラス

本製品は開閉ロックを引き上げるだけで折り畳みができるので収納場所をとらないのが特徴。本体の重さも15kgと軽量なのに加えて、脚の部分にキャスターが付いているため移動も簡単。ベビーベッドを気軽に持ち運びたい方におすすめです。

また、マットのクッションは通気性が高く、体重を分散してくれるので赤ちゃんの体に負担がかかりにくい構造。また、マットは取り外して丸洗いができるため、清潔に長く使えます。

グレコ(Graco) パッキンプレイ プレイヤード DX

グレコ(Graco) パッキンプレイ プレイヤード DX

本製品はプッシュボタンを押すだけで小さく折り畳むことができるので、ベビーベッドを使わない時は手早い片づけが可能。専用の収納袋に本製品を入れれば帰省や旅行先に持っていくこともできます。

赤ちゃんが大きくなってからは、プレイヤードとしても使用可能。全面がメッシュ素材なので通気性がよいことに加え、赤ちゃんの様子も外からしっかりと確認できます。もし赤ちゃんが体をぶつけても痛くない素材なので、ベビーガードやクッションなどを取り付ける必要もありません。

ファルスカ(farska) ベッドサイド ベッド

ファルスカ(farska) ベッドサイド ベッド

大人用のベッドと並べて設置することで赤ちゃんとの添い寝ができるベビーベッドです。大人のベッドの高さに合わせて9段階の高さ調節ができるので赤ちゃんが段差に落ちてしまったり、ベッドの隙間に挟まったりするのを防げます。

また、ベッドの隙間が生まれないように大人のベッドとベビーベッドを固定する安全ベルトも付属。安全ベルトはキングサイズの幅まで取り付けられます。

さらに、添い寝だけでなくベビーベッド単体として使えるのはもちろん、ベビーサークルにも変形可能。ベビーベッドだけでは使用期間が短くなりがちですが、さまざまな用途があるため長く使える製品です。

スリーピー エリーゼ ベビーベッド 収納棚付

スリーピー エリーゼ ベビーベッド 収納棚付

本製品はベッドの下を有効活用できるよう、大容量の収納スペースを付属。手前に倒して開ける収納用の扉も付いているため、モノの出し入れも簡単です。ベビーベッドの脚にはキャスターもついており、軽い力で移動できます。4輪中2輪にはストッパーがついているので横滑りの心配もありません。

機能面だけでなく、赤ちゃんの安全性にもこだわって作られています。ベビーベッド本体は厳選された天然木で組み立てられ、接着剤や塗料も赤ちゃんに優しい素材を使用。また、柵の間隔は全て8cm以下になっており、赤ちゃんの頭がはさまる心配もありません。

ヤトミ ベビーベッド

ヤトミ ベビーベッド

安価な値段ながらPSC、SG認定を受けており、安全性が実証されているベビーベッド。上下スライド式で柵の開閉ができるため、狭いスペースでも使いやすいデザインです。収納スペースもたっぷりあるのでたくさんのモノが入れられます。

また、ベビーベッドの脚にはキャスターが付いており、スムーズな移動が可能。キャスターには4箇所全てにストッパーがついているので、赤ちゃんがベビーベッドの中で動いても横滑りの心配がありません。