赤ちゃんが快適に過ごすために欠かせない「ベビーベッド」。ベビーベッドはさまざまなメーカーから発売されていますが、機能性はもちろん、赤ちゃんがケガをしないように安全性の高いモノを選ぶことが大切です。

そこで今回は、ベビーベッドの選び方のポイントやおすすめ製品をご紹介します。赤ちゃんを迎える準備中の方は、ぜひチェックしてみてください。

ベビーベッドの選び方

安全性で選ぶ

By: rakuten.co.jp

ベビーベッドを選ぶときには、赤ちゃんが快適に過ごせるかどうかだけでなく、安全性もしっかり確認するようにしましょう。安全性の高さは、ベビーベッドに「PSCマーク」や「SGマーク」があるかどうかが判断の目安になります。

PSCマークとは、経済産業省により安全と判断された製品にのみ発行されるマークのことです。国で定められた厳しい安全基準をクリアしなければ、マークを付けられません。

また、SGマークとは、製品安全協会が安全と認めた製品にのみ付けられるマークのことです。ベビーベッドにPSCマークやSGマークが付いていない場合は、安全性を確かめるのが難しいもの。赤ちゃんの身を守るためにも、しっかりチェックしてみてください。

サイズで選ぶ

レギュラーサイズ

By: rakuten.co.jp

レギュラーサイズのベビーベッドは、120×70cmの敷布団に対応したサイズ。24か月(2歳)頃まで使用できるモノが一般的です。デザインや種類が豊富なので、好みに応じて選びやすいのがポイント。また、サイズにゆとりがあるので、おむつ替えや着替えなどの作業がしやすいのも魅力です。

ただし、大人のベッドにレギュラーサイズのベビーベッドを並べると、部屋全体が狭く感じやすいのが難点。設置したい部屋の広さをふまえて購入しましょう。

ミニサイズ

By: amazon.co.jp

ミニサイズのベビーベッドは、90×60cmとレギュラーサイズに比べてコンパクトなのが特徴で、狭い部屋にべビーベッドを設置したい方におすすめ。使用期間はレギュラーサイズと同じくおよそ24か月(2歳)に設定されているモノが多いですが、赤ちゃんが寝返りできるようになる4か月ごろになると、窮屈に感じることがあります。

使える期間は短めですが、スペースを取りにくいため、大人のベッドの横に並べても圧迫感が少ないのが魅力。部屋の数やスペースに限りがある家庭におすすめです。

高さで選ぶ

ハイタイプ

By: amazon.co.jp

一般的なハイタイプのベビーベッドは、赤ちゃんが横になる床板が、床から70cm前後の高さになるモノを指します。立ったままおむつ替えをしたり、着替えさせたりできるのが魅力。高さがあるため、床板の下に日用品を収納できるのも特徴です。

ペットがいる家庭にも適しており、ペットの抜け毛やダニから赤ちゃんを遠ざけたい場合に役立ちます。高さがあるので身長に関係なく、お世話がしやすいのも嬉しいポイントです。

ロータイプ

By: amazon.co.jp

ロータイプのベビーベッドとしては、床板の高さが床から40cm前後のモノが該当します。おむつ替えや着替えは立膝で行う必要があるものの、ソファなどに座ったままでも赤ちゃんの状態を確認しやすくおすすめです。

また、部屋の外観を変えたくない方にも適しており、圧迫感が少ない点も魅力。和室にもなじみやすく、設置する部屋を選ばないのもポイントです。

機能で選ぶ

キャスター付き

By: amazon.co.jp

ベビーベッドのなかには、脚の部分にキャスターが付いているタイプもあります。ベビーベッドの下はホコリや汚れがたまりやすいので、定期的に動かして掃除することが重要。キャスター付きのタイプなら、軽く力を入れるだけでベビーベッドを移動できます。

また、赤ちゃんがミルクを吐きもどしたり、泣いて甘えたり、おむつを替える必要があったりと、なかなか目が離せません。ベビーベッドにキャスターが付いていれば、赤ちゃんを寝かせたままリビングに一緒に連れて行ったり、寝室に移動させたりできて便利です。

ただし、赤ちゃんがベビーベッドに乗った状態で横滑りしたり、倒れたりしないように、キャスターにストッパーが搭載されたモノを選ぶようにしましょう。4輪のうち2輪にストッパーが付いていれば、安全面に配慮しながら使用できます。より安全面が気になる方は、4輪すべてにストッパーを搭載したタイプがおすすめです。

高さ調節機能

By: amazon.co.jp

高さ調節機能の付いたモノなら、状況に合わせた位置でお世話ができて便利。特に、大人のベッドと同じ高さにできるベビーベッドなら、添い寝がしやすくおすすめです。

また、赤ちゃんの成長に合わせて使えるのもメリット。おむつ替えをすることが多い時期は高めに調節すれば、腰への負担を減らせます。床に近い位置まで下げられるモノなら、つかまり立ちが始まった際の転落対策にもなるため、長期間使えて実用的です。

柵2〜3面オープン

By: amazon.co.jp

柵が2〜3面開くタイプのベビーベッドも、実用的でおすすめです。多方向から赤ちゃんに手が届くため、お世話をする方の負担を減らせます。ベッドから降ろしにくい体勢で赤ちゃんが眠ってしまった際も、眠らせたままそっと抱っこしやすく、便利に使用可能です。

また、ほかのインテリアのレイアウトや向きを気にせずに設置できる点も魅力。大人のベッドに近づけて使えるモノなら、様子を見ながら横になりたいときにも活用できます。

折りたたみ機能

By: amazon.co.jp

ベビーベッドは育児に欠かせないアイテムですが、部屋の中で大きくスペースを取ってしまうのが難点です。そこでおすすめなのが、折りたたみタイプのベビーベッド。折りたたんだ状態で家具の隙間に入れておいたり、専用の袋に入れて収納できたりするタイプもあります。

折りたたみタイプの素材はさまざまですが、軽くて持ち運びもしやすい布製が特におすすめ。来客があって部屋を広く使いたいときは、一時的に収納しておいたり、帰省や旅行の際に持ち運んだりと、使い方も自由自在です。

変形機能

By: amazon.co.jp

ベビーベッドのなかには、パーツを組み替えることでさまざまな家具として使える「変形機能」が搭載されたモノも発売されています。子供の成長に合わせて、長く愛用できるのが特徴です。

例えば、床板を下げてベビーサークルとして使えるモノなら、買い足しをする手間が省けて便利。また、学習用やパソコン用の机、収納棚などに変形できるモノなら、子供が学生になっても使えます。

ベビーベッドのおすすめブランド

カトージ(KATOJI)

By: amazon.co.jp

「カトージ」は、ベビーカーやおもちゃなどさまざま育児グッズのメーカーです。安全性はもちろん、“育児するのが楽しくなるグッズ”であることをコンセプトに製品を発売しています。

カトージのベビーベッドは、レギュラーサイズとミニサイズの2種類をはじめ、折りたたみ可能なモノやキャスター付きのモノなどを多数ラインナップ。カラーもホワイトやブラウン、ナチュラルなど豊富に取り揃えています。

アップリカ(Aprica)

By: amazon.co.jp

「アップリカ」は、ベビーカーやチャイルドシートを主力とする日本のメーカーです。安全性と赤ちゃんの快適さを追求した、オリジナル製品を発売しています。

ベビーベッドは4種類の取り扱いがあり、軽量かつ折りたたみ可能です。通気性が高いため、赤ちゃんが快適に眠りやすいのが特徴。また、取り外して洗濯できるマットを使用しているなど、清潔さにこだわりたい方にもおすすめです。

なお、アップリカのベビーベッドはすべてミニサイズなので、レギュラーサイズよりも使用期間が短めになることを留意しておきましょう。

ファルスカ(farska)

By: amazon.co.jp

「ファルスカ」はスウェーデン語で“新しい・新鮮”という意味を持つ、2009年に誕生した日本のブランド。日本の暮らしに合わせた、シンプルで使いやすい育児用品を発売しています。

ベビーベッドは、コンパクトな持ち運びタイプやミニサイズ、レギュラーサイズなど、さまざまなモデルを展開。成長に合わせてベビーサークルやベビーベンチに変形できたり、添い寝できるタイプがあったりと、使い勝手のよいモノを多数取り揃えています。

ベビーベッドのおすすめランキング|ハイタイプ

第1位 カトージ(KATOJI) ベッド チャーミー 02012

4輪キャスターが付いた、レギュラーサイズのベビーベッドです。キャスターは消音タイプなので、移動時の音が気になりにくくおすすめ。床板は3段階の高さ調節が可能で、床に近い位置まで下げられます。

柵は、おむつ替えがしやすいスライド開閉式。下段には収納棚が付いており、おくるみやおむつなど、赤ちゃんのお世話に必要なモノを保管できます。PSCマーク・SGマークを取得しているのもポイントです。

第2位 カトージ(KATOJI) ミニベビーベッド ハイタイプ プチバニラ 02003

ミニサイズのベビーベッドです。幅95×奥行き67.5cmと、半畳ほどの大きさで省スペース。素材には、天然木のメルナック材が使われています。収納棚と脚先の間には隙間が空いており、掃除しにくいベビーベッド下を簡単に掃除できる点も魅力です。

床板には有孔ボードが採用されています。小さな穴が開いているため、通気性も良好。床から床板までの高さは27・49・59cmに調節でき、つかまり立ちを始めても使い続けられます。

第3位 石崎家具 ベビーベッド ミニベッド&デスク

変形機能付きで、5通りの使い方ができるベビーベッドです。床板の高さを調節すれば、学習机・パソコンデスク・収納棚・ベビーサークルに。左右にはそれぞれ2つのハンガー掛けが付いており、着替えを掛けられます。

スライド開閉扉は、ロック金具付き。赤ちゃんの頭が入らないよう、柵は8cm間隔で設けられているのもポイントです。4輪あるキャスターのうち、2輪にストッパーが付いています。

第4位 澤田工業 デュアルスライドベッド C型ステラ No.25

前方・後方から柵を開閉できる、2面開閉式のベビーベッド。一般的な製品よりも多方面から開閉できるため、部屋のコーディネートに合わせた使い方ができます。

シーンに合わせて床板の高さをカスタマイズできるのも魅力です。床板を一番上まで上げて使えば、敷き布団と手すりの間に段差ができないよう設計されており、お世話もスムーズ。

4輪あるキャスターのうち、2輪にストッパーが付いています。床板にはヒノキが使われており、木材ならではの香りも楽しめておすすめです。下段の収納スペースには扉がなく、必要なモノをすぐに取り出せます。

第5位 石崎家具 スリーピー ワンタッチハイベッド パル

床板を持ち上げるだけで折りたためるベビーベッドです。ワンタッチでサッと片付けられて便利。わずか2ステップでベビーサークルとしても使用でき、簡単に扱えるのが魅力です。強度をより高めるため、床板と本体は補強ボルトで留めて使用します。

カラーは、ナチュラルとホワイトの2色展開です。4輪キャスター付きで動かしやすく、うち2輪にはストッパーが付属しているので、安全面にも配慮されています。

第6位 ニトリ ベビーベッドそいねーる

添い寝ができる、おすすめのベビーベッドです。床板の高さは、最大65cmまで調節可能。大人のベッドと隣り合わせで使えるよう、15段階に分けて高さが変えられます。

専用のマットレスが付属しているため、追加で購入する手間を省けるのも魅力的です。下段は収納スペースとして使用でき、前からだけでなく横からもモノを出し入れできます。

床板はスノコ状になっているため、通気性も良好。湿気がこもりにくいため、ジメジメした場所を好むとされるダニの対策にも効果が期待できます。

第7位 キンタロー ポムST

シンプルなデザインのレギュラーサイズの製品です。左右にあるつまみを引くだけで柵の上下開閉ができます。床板を最下段まで下ろせば、ベビーサークルのように使えるのも特徴。キャスターは4輪あり、2輪にはストッパーが付いています。

床板には直径6mmの通気穴が空いており、風通しも十分。床から収納棚までは間隔が空いているため、ホコリの溜まりやすいベビーベッド下も簡単に掃除できます。

第8位 澤田工業 ハイタイプベッド V型オットー No.3

ハイタイプのベビーベッドのなかでも、特に床面が高い製品。床から寝台上までは約75cm、敷布団を敷くと約80cmあります。高身長の方におすすめです。

床板はすのこタイプで、岡山県・広島県産のヒノキを加工して作られています。床板の下にある収納棚は扉が付いていないため、中身を取り出しやすくて便利です。

留め金を誤って外してしまっても、中間部分で柵が止まる仕組み。扱い慣れていない方にもぴったりの1台です。

第9位 石崎家具 NEW アリス

ベビーサークルとしても使えるベビーベッドです。PSC・SGマーク取得済の日本製。4輪あるキャスターのうち、2輪にはストッパーが付いています。

使われているブナ材は、北欧デザインの家具に使われることが多いヨーロッパ産。直線と曲線を交えた、エレガントなデザインもポイントです。

床板には、落下衝撃試験をクリアしたハードボードを使用。床板は高さが調節でき、床から約26〜58cmの場所に動かせます。

ベビーベッドのおすすめランキング|ロータイプ

第1位 ファルスカ(farska) コンパクトベッド ライト 746073

ほとんどのパーツが洗濯でき、お手入れしやすいベビーベッド。布団カバーや敷きパッドなども付属しており、お昼寝に必要なモノがまとめて揃います。

お布団ごとまとめて折りたためるのも魅力です。折りたたむとバッグのような形になるため、持ち運びも容易。スリムになるので、使わないときには省スペースで保管できます。

就寝中の落下を防ぐためにフレーム高は7cmあり、寝返りが始まっても使い続けられます。持ち運びに使うカバーにはハンドルが付いており、帰省先へも持って行きやすくておすすめ。カバーのファスナーを開くだけで設置でき、手軽に使えます。

第2位 ファルスカ(farska) ミニジョイントベッド Neo 74605

PSC・SGマーク取得済のベビーベッドです。一般的なベビーベッドの約55%と小さめなので、部屋に圧迫感を与えにくくおすすめ。ミニサイズなうえ、6輪キャスター付きで、移動も簡単です。

パーツの穴にジョイントを差し込むだけで組み立てられるため、工具要らずなのも魅力。別売りされている安全ベルトを併用すれば添い寝も可能です。ベビーベンチやベビーサークルに変形させられるので、2~3歳まで長く使えます。

第3位 アップリカ(Aprica) ココネル エアープラス 66044

床板の高さを変えれば、ベビーサークルとしても使えるベビーベッド。クッション材には、通気性のある「シルキーエアー」が使われています。付属しているマットは取り外して丸洗いできるため、衛生面の管理がしやすいのもポイントです。

柔らかなメッシュガードが赤ちゃんを囲む作りなのも特徴。寝返りをしたり伸びたりして、手足が当たっても安心です。

また、折りたたみ機能付きで家具の隙間にも収納できます。布製の収納袋にはハンドルがあり、持ち運びも容易。コンパクトにまとめられるため、車のトランクにも乗せられます。帰省や旅行で、赤ちゃんと遠出をすることが想定される方におすすめです。

第4位 カトージ(KATOJI) ミニベッド 折りたたみ 02000

コンパクトに収納できるベビーベッドです。床板を外して左右から折りたたむだけで、小さくまとめられます。折りたたんだときの厚さは14.5cmと薄く、ちょっとしたスペースを有効活用するのにぴったりです。

床板の高さは3段階に分けて調節できます。用途や成長段階に合わせた使い方がしやすい1台です。カラーは、ホワイト・ナチュラル・グレーの3色がラインナップされています。

第5位 ファルスカ(farska) ベッドサイドベッド 03 746050

北欧デザインがおしゃれなレギュラーサイズのベビーベッドです。4輪キャスター付きで、すべてのキャスターにストッパーを完備。床板とサークルを外せばベビーサークルとしても使えます。

床板の高さを調節することで、添い寝も可能。ベビーベッドと大人用のベッドをつなぐ安全ベルトも付属しており、ベッド間に隙間ができないよう設置できます。夜泣きをしてもすぐそばでお世話ができる嬉しい製品です。

第6位 カトージ(KATOJI) プレイヤード

ミニサイズで、狭い部屋にも設置しやすいベビーベッドです。柵はどの方向もメッシュタイプで、少し離れた場所からでも様子を確認しやすい仕様。やわらかいネットで作られているため、赤ちゃんがぶつかっても安心です。

ハンドル付きの収納袋が付属しているので、外出先への持ち出しにも便利。キャスターのみが収納袋から出る形になるため、転がしながらの移動も可能です。

第7位 カトージ(KATOJI) ベビーベッド 組立かんたん Sakutto

パーツが大きめに作られているため扱いやすく、組み立てやすいベビーベッドです。プラスチック素材が使われているので、軽いうえ、汚れも簡単に拭き取れます。

キャスターは床を傷つけにくい仕様。床板裏と床の間には高さがあり、お掃除ロボットでの床掃除も可能です。

通気性のある床板により、熱や湿気がこもりにくいのもポイント。汗をかきやすい赤ちゃんでも快適に過ごせます。

第8位 石崎家具 ベビーベッド NEWエリーゼ

天然の木材を使用したベビーベッドです。カラーはナチュラル・ホワイト・ブラウンの3色から選べます。クラシカルなデザインの飾り棒が使われており、細部までおしゃれ。

下段にある収納棚の扉は広く開閉するため、大きなモノでも出し入れがスムーズに行えて便利です。床板横にある扉にはロック用の金具が付いており、落下対策もなされています。

第9位 澤田工業 ロングユースベッド D型ジョルノ No.1

汎用性の高い製品を探している方におすすめのベビーベッド。パーツを組み替えることで、ベビーサークル・キッズベッド・子供専用の遊び場に変形します。

左右の柵が開閉するのも特徴です。大人のベッドでベビーベッドを挟むように設置すれば、双方向から赤ちゃんの様子が見られます。

床から寝台上までの高さは、10・35・37.5・40cmに調節可能。自分のベッドに高さを合わせることで、赤ちゃんと添い寝ができるのは嬉しいポイントです。すぐそばで一緒に眠れるため、夜泣きをしても立ち上がって移動する手間がかかりません。

ベビーベッドのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ベビーベッドのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。