家具なかでも特に慎重に選ぶ方が多い「ベッド」。基本的に据え置きタイプがメインとなりますが、一人暮らし向けのワンルームなどではスペースを有効活用するために「折りたたみベッド」をチョイスする方も多くいます。

そこで今回は折りたたみベッドのおすすめモデルをピックアップ。シングル・セミダブル・ダブルに項目を分けてご紹介します。最近はさまざまな機能を備えたタイプが取り揃っているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

折りたたみベッドの選び方

サイズをチェック

シングル

By: rakuten.co.jp

シングルサイズの折りたたみベッドは幅100×奥行195cmで、6畳の部屋であれば約25%程度を占める大きさです。一人暮らし向けワンルームのような狭い居室を広く使いたい方におすすめ。簡易ベッドとしても使いやすいサイズです。

セミダブル

By: amazon.co.jp

セミダブルサイズの折りたたみベッドは幅120×奥行195cm。シングルよりも幅が約20cm大きく、ややゆとりあるスペースを確保できます。大柄な方はもちろん、1人でゆったり眠りたい方、寝相があまりよくない方などにおすすめのサイズです。

ダブル

By: rakuten.co.jp

ダブルサイズの折りたたみベッドは幅140×奥行195cm。基本的には2人用ですが、1人あたりのスペースは幅100cmのシングルベッドで寝る場合よりも狭くなってしまいます。1人で使うには余りあるサイズですが、実際に2人で寝るとやや窮屈に感じることもあるので、その点は留意しておきましょう。

寝床をチェック

マットタイプ

By: rakuten.co.jp

折りたたみベッドの寝床はウレタン素材のマットレスが主流。マットレスがフレームに固定されているタイプは、組み立てる手間もなく、家に届いたらすぐに使えるのが特徴です。

硬めの高反発マットレスや柔らかめの低反発マットレス、通気性に優れたメッシュ状のマットレスなどさまざまなタイプがあるので、好みに合わせて確認しておきましょう。

すのこタイプ

By: rakuten.co.jp

すのこタイプの折りたたみベッドの魅力は通気性のよさ。湿気の多い地域や風通しの悪い部屋で使用する際におすすめです。折りたためば布団干しとしても使えるので、ベランダがなくて布団が干せないという場合にも重宝します。

デメリットはクッション性が低いこと。柔らかめの寝心地が好みの方はマットレスの厚さや柔らかさで調節してください。

畳タイプ

By: amazon.co.jp

畳タイプはその名の通り、折りたたみベッドのフレームの上に畳が固定されているタイプ。夏は涼しく冬は暖かく、部屋の湿度を適度に調節してくれるのが特徴です。

布団の上げ下ろしが面倒な方や、立ち座りの動作がつらいと感じる方におすすめ。折りたたんだベッドの上に布団をのせて、日当たりのいい場所に移動させれば布団干しも簡単にできます。

また畳には殺菌効果なども期待できるので使い心地は良好。なお、寝心地のよさを高めるために畳の内部にウレタンを仕込んだタイプも発売されています。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

フレームタイプ

By: amazon.co.jp

フレームがむき出しになっているタイプの折りたたみベッドは寝床部分がメッシュ素材になっているモノがほとんどで、その上にマットレスを乗せて使用します。

折りたためばとてもコンパクトになるので、使わない時はスマートに収納することが可能。重さとしても軽量なので、移動も簡単にできます。

マットレスの質感をチェック

高反発

By: rakuten.co.jp

高反発マットレスは弾力感が強いマットレスのこと。マットの表面に凹凸があり、これにより身体の圧力を分散させます。特に腰回りの負担を軽減することができるので、腰痛持ちの方は要チェックです。

低反発

By: rakuten.co.jp

ふんわりとした柔らかい寝心地がお好みの方には低反発マットレスがおすすめ。その名の通り反発が少ない素材なので、身体の凹凸にあわせてゆっくりと沈み、包み込まれているような感覚が得られます。

デメリットとしては通気性が悪く、蒸れやすいところ。対策方法としては吸湿性のあるベッドパッドやシーツなどで調節するのがコツ。また気温や熱によって硬さが変わってしまうので、電気毛布などは使用しないほうが無難です。

脚の長さをチェック

ハイタイプ

By: amazon.co.jp

脚の長いハイタイプの折りたたみベッドは、ベッド下に収納スペースを作れるのが魅力。特に高さ30cm以上あるベッドは立ち座り動作がしやすいので、便利です。ベッド下の風通しがよく、掃除もしやすいのもポイント。より清潔に使えるのが魅力です。

ロータイプ

By: amazon.co.jp

部屋をできるだけ広く見せたいという方にはロータイプの折りたたみベッドがおすすめ。ロータイプであれば分厚くて寝心地のいい高級マットレスの使用も可能です。

ただし、脚が短いためベッド下には物が置けず、掃除がしにくいのがデメリット。敷布団感覚で使用するので、寝起きの際は膝や腰に負担がかかることも考慮しておきましょう。

機能をチェック

キャスター機能

By: rakuten.co.jp

ベッドの脚にキャスターが付いていると、部屋から部屋へスムーズに移動できます。折りたたんでから日当たりのよい場所に動かせば、布団干しも簡単。また、キャスター付きのベッドはほとんどの場合、裏側にバネが付いているので、片手でラクにベッドを折りたためるのも魅力です。

リクライニング機能

By: amazon.co.jp

ベッドで読書したり、テレビを視聴したりすることが多い方はリクライニング機能付きが便利です。リクライニングできる角度は製品によって異なり、1段階調節のモノから細かく角度調節ができるモノまでさまざま。なお、タイプとしてはリクライニングを手動で対応するモノと電動式に分かれています。ぜひ気になる方は確認しておきましょう。

布団干し機能

By: rakuten.co.jp

快適に過ごすためには布団やマットレスは常に清潔にしておきたいもの。折りたたんだベッドに布団やマットレスをそのまま干せるタイプであれば、お手入れはラクラクです。そのまま外に出せれば天日干しも可能なので、折りたたみベッドの購入を検討している方はしっかりとチェックしておきましょう。

ソファ機能

By: rakuten.co.jp

ソファ機能のある折りたたみベッドの魅力は1台で2役をまかなえ、空間の有効活用ができることです。また、普段は主にソファとして使用しつつも、ゲストが泊まる時は来客用ベッドとして使うのもおすすめ。ソファとベッドの同時購入を考えている方はぜひ検討しておきましょう。

折りたたみベッドのおすすめメーカー

ニトリ

By: rakuten.co.jp

お手頃価格で品質のよい折りたたみベッドを多数発売している「ニトリ」。特にマットレスの評価が高く、クッション性に優れているほか、通気性の高いメッシュ素材を採用しているモデルもラインナップしています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

最近家電業界で存在感が増している「アイリスオーヤマ」。もともとはホームセンターなどでよく見かける生活用品の製造卸業を担っており、インテリア用品や園芸用品、ペット用品、日用品などさまざまなアイテムを取り揃えています。

便利でありながらコストパフォーマンスの高い製品を豊富にラインナップしているのが特徴。折りたたみベッドに関してはコンパクトサイズのモノやリクライニング付きタイプ、すのこタイプなど、選択肢が多いのが魅力です。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

シンプルな機能を搭載して低価格に抑えた、いわゆる“ジェネリック家電”などを展開している「山善」。同社は家電だけでなく、住宅設備や建材、家庭で使われる生活用品も取り扱っています。

同社の折りたたみベッドは高反発ウレタンフォームを使用した硬めのタイプが中心。また、リクライニングの耐久性も良好です。リクライニング機能付きの折りたたみベッドを探している方はぜひ検討してみましょう。

折りたたみベッドのおすすめモデル|シングル

ニトリ 折りたたみベッドハイタイプ 5631236

ニトリ(NITORI) 折りたたみベッドハイタイプ 5631236

すのこタイプの折りたたみベッド。湿気を溜め込まず、上手に逃がしてくれます。ベッド下に30cmまで収納できる高さがあるハイタイプなので、衣装ケースなどを入れられるのも嬉しいポイント。部屋のスペースを有効活用したい方におすすめです。

また、脚にキャスターがついているのも特徴。折りたたんで片付ける際、手軽に移動させられます。掃除をするためにずらしたり、来客時にスペースを空けるため片付けたりするときにも便利。折りたたんだ状態のまま布団を干せるので、寝具の清潔さを保ちたい方にもおすすめです。

ニトリ 折りたたみベッド 2021540

ニトリ(NITORI) 折りたたみベッド 2021540

ソファにもベッドにもなる折りたたみベッド。就寝時にはベッド、来客時にはソファと使い分けることで、スペースが限られている部屋でもくつろぎの空間を作れます。補助キャスターが搭載されているため、ソファとベッドの切り替えが手軽にできるのもポイント。一人暮らしの方も安心です。

背もたれは14段階リクライニングでき、好みの角度でリラックスできるのも魅力。さらに背部と脚部に低反発ウレタン、腰部に高反発ラテックスを採用することで、使い心地を高めています。コンパクトなだけでなく、快適性も重視して折りたたみベッドを選びたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイタイプ折りたたみすのこベッド シングル OTB-WH

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ハイタイプ折りたたみすのこベッド シングル OTB-WH

シンプルなすのこタイプの折りたたみベッド。風通しがよいので、こもりがちな湿気を逃がします。天然木のすのこ板を採用しているため、強度が高く、安心して横になれます。

ハイタイプなので、約30cmの高さの収納ケースをベッドの下に入れられるのも嬉しいポイント。さらにサイドには可動式グリップが搭載されているのも大きなメリットです。片側に2つのグリップをつけると乗り降りする際の支えとなり、左右両方につけると寝具がずれるのを防止できます。

シンプルながら使いやすいよう工夫が施された折りたたみベッドを購入したいと考えている方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-KR

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-KR

高反発マットレスが搭載された折りたたみベッド。約10cmの厚みがある高反発マットレスは、固すぎず柔らかすぎない触り心地が特徴です。弾力性があるので肩や腰が沈みすぎず、寝ている間も適切な姿勢をキープできます。腰痛などに悩んでいる方におすすめです。

また、4本のバネにより少しの力を加えるだけで折りたためる設計になっています。一人暮らしでも、安心して折りたたみが可能。また。安全ストッパーが搭載されていりので、ベッドが勝手に広がる心配がありません。快適性と安全性を両立させた折りたたみベッドを探している方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 折りたたみベッド SFB3-S

山善(YAMAZEN) 折りたたみベッド SFB3-S

ソファにもベッドにもなる1つ2役の折りたたみベッド。アームを持って本体を上げ下げするだけで、手軽に切り替えられます。ロックをかけることで勝手に開いてしまう心配もないので、安全に使えるのが魅力です。脚部にはキャスターがついていて、スムーズに移動させられます。

ベッドとして使用するときは、背もたれが14段階リクライニングするのも嬉しいポイント。好みの角度に調節することで、快適な姿勢をキープできます。寝るときはもちろん、ちょっとくつろぎたいときにも活躍するため、一人暮らしの方やワンルームなどスペースが限られた部屋に住んでいる方におすすめです。

エムール(EMOOR) メホール 折りたたみベッド

エムール(EMOOR) メホール 折りたたみベッド

折りたたみベッドのなかでも特に寝心地のよさを追求した製品。フレームの近くはしっかりとした固さの固綿やマーブルウレタンを、そして表面付近は柔らかい肌触りのわたやクッションを採用しています。体をしっかり支えつつ、ふんわりとした快適な寝心地を実現しているのが魅力です。

コンパクトに折りたたみ、付属のキャスターで手軽に移動させられるため、毎日使うベッドとしても来客用のベッドとしても活躍します。さらに5段階リクライニングできるので、好きな角度に合わせてリラックスすることも可能。折りたたみベッドの手軽さに加えて、寝心地のよさにこだわりたいと考えている方におすすめです。

ぼん家具 パイプベッド

ぼん家具 パイプベッド

フレームタイプの折りたたみベッド。丈夫なスチール製で、耐久性に優れているのが特徴です。不意に動くのを防ぐロック機能もついているので安心。メッシュタイプのため風通しがよいのもポイントです。

折りたたむと厚さは約12.5cmと、非常にコンパクトになるのが嬉しいところ。使わないときは家具と家具の間に収納できるので、来客用ベッドの購入を考えている方にもおすすめです。また、ベッド下は約32cmの高さがあるため、収納ケースなどを入れられます。空いているスペースを有効活用したい方に向いています。

中居木工 折りたたみベッド ハイタイプ

中居木工 折りたたみベッド ハイタイプ

すのこの上に天然い草の畳を重ねた折りたたみベッド。天然い草ならではのさわやかな畳の香りが特徴です。畳だけでなくすのこを敷くことで、通気性が高まり、防湿効果が期待できます。

持ち手に指をかけ、持ち上げるだけで手軽に折りたためるのも魅力のひとつ。一人暮らしでも簡単に折りたたみ可能です。キャスターがついているため、移動もスムーズに行えます。

さらに角を丸くしたり、開き防止のストッパーがついていたりと安全性を高める工夫が施されているのもポイント。畳のよさと安全性の高さの両方が感じられる折りたたみベッドを探している方におすすめです。

かぐチャンネル 折りたたみベッド BR301

かぐチャンネル 折りたたみベッド BR301

ワンタッチで手軽に収納できる折りたたみベッド。キャスターがついているため、移動もスムーズに行えます。また、脚部には安全ストッパーが搭載されていて、畳んだ状態のベッドが勝手に開かないように工夫されています。安全性の高いベッドを探している方におすすめです。

クッション入りのマットは薄すぎず、しっかりと体にフィットします。マットにはウレタンクッションだけでなく、スチールパイプの骨組みと合板を採用しているのが大きな特徴。適度な柔らかさで体を支えることで腰や肩などに負担をかけず眠れます。

さらにリクライニング機能が搭載されていて、14段階から好きな角度に調節可能。寝るときはもちろん、リラックスタイムでも活躍するベッドを購入したいと考えている方におすすめです。

タンスのゲン パイプベッド

タンスのゲン パイプベッド

4つ折りで収納できるコンパクトな折りたたみベッド。女性でも持ち上げられる約14.5kgの重量で、手軽に移動させられます。毎日ベッドを片付けて部屋を広々使いたい方や、来客時にサッと出せるコンパクトなベッドを探している方におすすめです。

足元にマットレスのズレを防ぐためのフッドガードが搭載されています。寝返りを打つことでマットレスや布団がずれ、床に落ちにくいことがポイントです。また、通気性のよいメッシュタイプのため、マットレスの湿気を逃がします。

さらにベッド下には約26.5cmの高さがあるので、コンパクトな収納ケースやカゴなどを入れて有効活用が可能。手軽に使える機能的な折りたたみベッドを購入したい方に向いています。

折りたたみベッドのおすすめモデル|セミダブル

山善(YAMAZEN) 低反発折りたたみベッド KBT-SD

山善(YAMAZEN) 低反発折りたたみベッド KBT-SD

リクライニングできる折りたたみベッド。平らなままベッドとして、そして背もたれを起こして足を伸ばせるソファとして活用できます。寝るだけでなく、リラックスタイムも快適に過ごせる折りたたみベッドを探している方におすすめです。

また、マットレスは低反発なのでふんわりと体にフィットします。掃除をするときやお客さんが来たときには、バネの力によって手軽に折りたためるのも特徴。キャスターがついているため、スムーズに移動させられます。手軽さと快適さを併せ持ったベッドを購入したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 布団干し機能付 天然木すのこ 折りたたみベッド SBB-7SD

山善(YAMAZEN) 布団干し機能付 天然木すのこ 折りたたみベッド SBB-7SD

天然木のすのこが敷かれた折りたたみベッド。一定の間隔を空けて敷き詰められているので、通気性がよいことが魅力です。さらに、折りたたむことで布団をかけて干せるのがポイント。通気スペースを作るための金具もついているので、布団干しでも通気性のよさを発揮します。

すのこやフレームの角にはラウンド加工が施されていることもポイント。安全性が高く機能性にも優れた折りたたみベッドを探している方におすすめです。

ロウヤ(LOWYA) 折りたたみソファベッド F207_G1177

ロウヤ(LOWYA) 折りたたみソファベッド 	F207_G1177

肘つきソファとベッドが1つになった折りたたみベッド。平らな状態でベッドとして使うことはもちろん、起こし方を変えることでカウチソファとしても肘つきソファとしても使えます。用途に応じて起こし方を自由に変化させられるベッドを探している方におすすめです。

さらに、ソファとして使う場合は14段階にリクライニングできるため、好みの角度に調節可能。そして低反発ウレタンを7層重ねたマットレスにはボリュームがあり、ふんわりと体を包み込んでくれます。

さまざまな用途に使えるのに、たたむと約30cmの幅になるのも嬉しいポイント。使わないときはコンパクトに収納できるうえに、あらゆる用途に使える快適な折りたたみベッドが欲しい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) スプリングマットレス付電動折りたたみベッド ELB-5SJ

山善(YAMAZEN) スプリングマットレス付電動折りたたみベッド ELB-5SJ

リモコンでリクライニング操作ができる電動折りたたみベッド。リモコンのボタンを押すだけで無段階リクライニングができるので、寝るだけでなく、好みの角度に調節してリラックスできます。

マットレスにはスプリングが内蔵されているので、程よい弾力があり耐久性に優れているのが嬉しいポイント。柔らかすぎず、程よく体を支えてくれます。

アームをつかむことで、1人でも手軽に折りたためるのも魅力。キャスター搭載で移動もスムーズです。安全ストッパーがついているので、使用中に開いてしまう心配も少なく安心。安全性と快適性を両立させた折りたたみベッドを探している方におすすめです。

ワルツ(Waltz) 折りたたみ電動ベッド

ワルツ(Waltz) 折りたたみ電動ベッド

電動タイプの折りたたみベッド。リモコンを操作することで、手軽に無段階リクライニングが可能です。寝るときはもちろん、リラックスタイムも過ごせるベッドを探している方に向いています。

マットレスには、高反発素材を採用。多孔質構造なので通気性や弾力性に優れているため、快適かつ体が沈み込みすぎず適度に支えてくれます。腰痛や肩こりなどに悩んでいる方や、適切な寝姿勢をキープしたい方におすすめです。

さらに、片手でアームを持ち上げるだけですぐに折りたためる手軽さも魅力のひとつ。使わないときに収納して部屋を広く使えるアイテムです。

折りたたみベッドのおすすめモデル|ダブル

2つ折り すのこベッド

2つ折り すのこベッド

通気性のよいすのこタイプの折りたたみベッド。敷布団のように使えるロータイプです。折りたたむことで約11cmと非常にコンパクトになるため、家具と家具の隙間に収納したり壁に立てかけたりできます。2つのすのこを連接させているマジックテープを解いて引き上げることで、すぐに折りたためる手軽さも魅力です。

また、上下を連接させることで三角にして、布団干しとして活用できるのもおすすめポイント。もちろん天日干しにも使えるので、寝具の快適性を保ちたい方におすすめです。

家具の里 木製折りたたみベッド ハイタイプ

家具の里 木製折りたたみベッド ハイタイプ

国内の工場で職人がひとつひとつ製作した折りたたみベッド。角に丸みを持たせたり、指挟み防止用のパーツが付属していたりと、細かい安全面への気配りが見られます。

ベッド裏にバネが付属していることで、持ち手を上げるだけで手軽に折りたためるのが特徴。また、付属のキャスターによってサッと移動させられます。

さらに、ひのき無垢材を採用しているため、心地よい香りと高い通気性を実現。人体への影響が少ない塗料や接着剤を使用しているのもポイント。素材に対してこだわりがあり、安全で快適に使える折りたたみベッドを探している方におすすめです。

Bed & Mattress 折りたたみパイプベッド

Bed & Mattress 折りたたみパイプベッド

シンプルなパイプタイプの折りたたみベッドです。パイプベッド1つの幅は約70cmと小さめですが、2つつなげることで幅140cmのダブルベッドサイズになります。ただ横に並べるだけでなく、専用のジョイント留め具がついているため2台をしっかり固定できます。

使わないときは折りたたむことで、約9cmという薄さにできるのが嬉しいポイント。家具の隙間などにサッと収納できるコンパクトサイズで、片付けや引越しの際にも邪魔になりません。

また、ベッド下には約33cmの高さがあるため、収納ケースなどを入れられるのも魅力。限られたスペースを有効活用したい方に向いています。シンプルながら使い勝手がよく、手軽に活用できるダブルサイズの折りたたみベッドを探している方におすすめです。

たたみ屋こうひん すのこ付き畳ベッド

たたみ屋こうひん すのこ付き畳ベッド

ロータイプの折りたたみベッド。すのこの上に畳が敷かれており、通気性を高め、湿気を上手に逃がすのがポイント。畳特有のい草の香りが好きな方にもおすすめです。2つに折りたためるので、使っていないときは三角に立てかけて布団を干すことが可能。寝具や畳の湿気を逃がして、快適に保ちます。

さらに、すのこの裏面には滑りにくい加工が施されているのが特徴。フローリングを傷つけにくく安心。畳とすのこのいいとこ取りをした折りたたみベッドです。

タンスのゲン 4way マットレス

タンスのゲン 4way マットレス

マットレスタイプの折りたたみベッド。たたみ方を変えることで、ソファとしても活用できます。座面を高くして座ることも、足を伸ばして座ることも可能。好きな形に変えられる折りたたみベッドを探している方におすすめです。

ソファとして使用するときは、マジックテープ付きのバンドで形を固定でき、体重を預けても快適性が損なわれにくいことも魅力。さらに背もたれには傾斜がついているので、体にフィットしてリラックスできます。

高反発ウレタンフォームを採用し、体圧を分散するのもポイント。1点に負担がかかりすぎないため、腰痛や肩こりなど体の痛みに悩んでいる方にもおすすめです。弾力性があるのでへたりにくく、長く快適に使えるというメリットもあります。