スペースを有効活用しながら寝床を確保できる「折りたたみベッド」。高反発や低反発のマットを使った寝心地重視のモデルから布団を乗せたまま干せるモデル、高齢者も使いやすいモデルまで幅広く展開している人気アイテムです。

そこで今回は、折りたたみベッドのおすすめアイテムをシングル・セミダブル・ダブルに分けてご紹介。毎日たたむのに便利なモノや価格が安いモデルなど、自分にぴったりなモノを見つけてみてください。

折りたたみベッドのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

折りたたみベッドの最大のメリットは、スペースを有効活用できることです。据え置きのベッドだと、常にある程度のスペースを占領してしまいます。しかし、折りたたみベッドなら、使わないときは折りたたんで部屋を広く使うことが可能です。

また、キャスター付きのモノが多く移動が簡単なのもメリット。収納だけでなく掃除もしやすいので、ベッド下のホコリやゴミに悩まされることなく部屋を清潔に保てます。さらに、来客用の簡易ベッドとして保管した際も、スムーズに出し入れできて便利です。

なかには、布団を干せたりソファとして使えたりする多機能なタイプもあります。一般的に据え置きタイプより価格が安い傾向にあるため、コストを抑えられるのも利点です。

一方、据え置きタイプと比較して、寝心地や強度の面で劣るのはデメリット。コンパクトに折りたためる分華奢なので、フレームがきしんだり音が気になったりするケースもあります。

折りたたみベッドの選び方

サイズをチェック

シングル

By: amazon.co.jp

折りたたみベッドでポピュラーなのがシングルです。サイズの目安は幅97×長さ195cm程度。大人ひとり分の標準的なサイズで、6畳以下の部屋やひとり暮らしの方におすすめのタイプです。

コンパクトなため、収納や設置が楽に行えるのがメリット。来客用のベッドとしても使いやすく、設置場所を比較的自由に選びやすいのがシングルサイズの魅力です。

セミダブル

By: amazon.co.jp

セミダブルは、幅122×長さ195cm程度が一般的なサイズの目安。2人用のサイズと思われがちですが、実はひとり用のベッドです。シングルサイズより幅が20cmほど広いため、ひとりでゆったりと眠れるのが魅力。また、余裕をもって寝返りがうてるのもメリットです。

ビジネスホテルなど多くの施設では、ひとり用のベッドとしてセミダブルを採用しています。シングルサイズより広々寝られることに加えて、ダブルサイズよりコンパクトに設置できるのが特徴です。

ただし、シングルサイズと比べると、バリエーションが少ないのは留意点。大柄な方だけでなく、寝心地を重視する方や寝相が悪い方もセミダブルサイズを選ぶのがおすすめです。

ダブル

ダブルの折りたたみベッドは、サイズ幅140×長さ195cm程度が一般的。2人用ベッドとしては小さいサイズですが、ひとりであれば高級ホテルのようにゆったりと贅沢に眠れるのが魅力です。

ただし、快眠できる最低幅は70cmといわれているため、大人2人で寝ると窮屈に感じるケースもあります。また、セミダブルサイズと同様、種類が少ないのがデメリットです。

ひとりでゆったり眠りたい方や子供と一緒に寝られるモノを探している方は、ダブルサイズをチェックしてみてください。

寝床をチェック

マットタイプ

By: amazon.co.jp

寝床にマットレスが固定され、フレームと一体化しているのがマットタイプです。マットの多くは、ウレタン素材を採用しています。マットレスや敷布団を別に購入する必要がなく、組み立ての手間が少ないのが魅力。手軽に使いたい方におすすめのタイプです。

硬めで寝返りをうちやすい高反発や柔らかく体を包み込む低反発など、寝心地はさまざま。好みに合わせて選びましょう。

すのこタイプ

空気の通り道があるすのこタイプは、優れた通気性が魅力。上に置くマットレスや布団の湿気を発散させ、カビや嫌なニオイの発生を軽減して衛生的に使えます。風通しの悪い部屋や湿気の多い地域に住んでいる方におすすめです。

また、折りたたんで布団を乗せれば、布団干しとしても活躍。ベランダがない場合でも、小まめに布団を干せて便利です。ただし、クッション性が低いのがデメリット。マットレスや敷布団の厚さによっては硬く感じるケースもあるので、薄手の敷布団を使う際は注意しましょう。

畳タイプ

By: amazon.co.jp

フレームに畳がはめ込まれているのが畳タイプです。畳に使われているい草には、調湿機能があります。湿度が高いときは吸湿し、乾燥しているときは湿気を放出。オールシーズン優れた寝心地を得やすいのが特徴です。

また、い草の香りににより快適な睡眠環境をサポートするのも畳タイプの魅力。適度な硬さと弾力性があるため、布団派の方にもおすすめのタイプです。

ただし、調湿機能を備えているとはいえ、定期的に布団やマットレスはこまめに干すことが大切。畳の取り外しができないタイプは、風の通り道を作って陰干ししましょう。

フレームタイプ

By: amazon.co.jp

マットレスがなくフレームがむき出しの折りたたみベッドは、寝床部分がメッシュ仕様のモノが多数存在。マットレスにこだわりがある方に適しています。

フレームタイプは、軽量でコンパクトに折りたためるのが特徴。使わないときは、折りたたんで省スペースで収納できます。また、キャスター付きのモデルなら移動がしやすく、出し入れをスムーズに行えるのもメリット。必要なときだけ折りたたみベッドを出したい方にとって使いやすいタイプです。

ただし、フレームに厚みがないため、きしみやすく部分的な負荷に弱いのが難点。基本的に敷布団には向いていないので注意してください。

寝心地を重視するならマットレスの質感をチェック

高反発

高反発マットレスは、強い反発力と高い弾力性が特徴。体の沈み込みが少なく、体をしっかりと支えます。優れた体圧分散性を発揮するので、腰・肩・頭などに負担が集中しにくいのもポイント。寝返りがうちやすく、よい姿勢をキープしながら眠れます。

また、通気性に優れているモノも多く、夏でも快適な睡眠環境をサポート可能。ただし、冬場は寒く感じることもあります。低反発マットレスに比べるとバリエーションが少なく、価格が高い傾向にあるのはデメリットです。

低反発マットレスに慣れている方のなかには、硬さや寝苦しさを覚えるケースもあります。高反発マットレスへの切り替えを検討している場合は、体に合っているかを確認しておきましょう。

低反発

柔らかく体を包み込むような寝心地を味わえるのが、低反発マットレスの魅力です。弾力性や復元力に優れているので体のラインに応じて沈み込み、体圧を分散するのが特徴。フィット感が高く、さまざまな体型の方が心地よい寝心地を味わえます。

反発力が弱い分、折りたたみやすいのもポイント。また、種類が豊富で、好みに合ったモノを見つけやすいのもメリットです。

一方、体が沈み込むため、寝返りをうちにくいのが難点。同じ姿勢が続き、起きたときに肩や腰に痛みを覚えるケースもあります。さらに、通気性が悪く、湿気が溜まって蒸れやすいのもデメリット。マットレスを立て掛けて湿気を放出させるなど、小まめにお手入れしましょう。

頭や腰の部分がへたりやすく、高反発マットレスに比べると寿命は短め。少しでも長く愛用するには、定期的にマットレスの上下や裏表を入れ替えるのがおすすめです。

脚の長さをチェック

ハイタイプ

By: amazon.co.jp

脚部が長いハイタイプは、ベッドに腰掛けるように立ち座りできるのが魅力。足腰に不安がある方におすすめです。また、ベッド下にスペースができるため、収納場所としても使えて便利。さらに、風通しがよく、熱が溜まりにくいのもポイントです。

そのほか、掃除がしやすい面や、寝ているときに床のホコリなどを気にする必要がない面もメリットといえます。

ロータイプ

By: nitori-net.jp

高さがないロータイプは、部屋に開放感が生まれるのが特徴。分厚いマットレスを使用しても圧迫感が少なく、部屋を広く見せたい方におすすめです。また、寝相が悪い方や子供が使いやすいのもメリット。なかには、すのこマットとして販売されているモノもあります。

一方、折りたたみや移動がしにくいのはデメリット。ベッド下にスペースがないのでモノが置けないほか、床が近い分ホコリが気になるケースがあります。立ち座りの際は足腰に負担がかかりやすいため、足腰に不安がある方には不向きです。

機能をチェック

キャスター機能

By: amazon.co.jp

脚部にキャスターが付属したモデルは、折りたたみや移動がしやすいのが魅力です。ホコリが溜まりやすいベッド下やすき間の掃除がしやすく、出し入れも簡単に行えます。

また、夏は窓際、冬は部屋の奥といったように、気候や好みに合わせて寝床を決められるのもポイント。さらに、日当たりのよい場所まで移動して布団を干しやすいのもメリットです。使い勝手がよく、折りたたむ頻度が高い方や衛生的に使いたい方に適しています。

リクライニング機能

By: amazon.co.jp

背もたれや脚部分にリクライニング機能を搭載している折りたたみベッドは、くつろげる体勢を保ちやすいのがメリット。テレビを観たり読書をしたりと、ベッドの上でゆったりとくつろげます。特に、多段階に角度調節できるモデルなら、好みや用途に合った姿勢をとりやすいのが魅力です。

また、起き上がる際の補助としても活躍。なかには電動式のタイプもあり、高齢者や足腰の痛みに悩んでいる方をサポートするのに役立ちます。

布団干し機能

布団干し機能があれば、折りたたんだフレームに布団やマットレスを干せます。ベランダがない場合や雨天時でも、室内で換気できるのがメリット。小まめにお手入れできるため、カビの発生を軽減するなど衛生的に使いやすいのが魅力です。

なかには、敷布団を敷いたまま、手軽に折りたためるモノもあります。布団の上げ下ろしや持ち運びの手間がかからず、忙しい朝でも簡単に布団を干せて便利です。

ソファ機能

By: amazon.co.jp

ソファ機能を備えた折りたたみベッドは、普段はソファとして使いながら必要に応じて簡単にベッドに切り替えられるのが魅力。ベッドとソファの1台2役で、スペースを有効活用できて便利です。

ベッドとソファの両方を設置するのが難しい場合や、コストを抑えたいときにおすすめのタイプ。さらに、来客用のベッドとしても活躍するなど、使い勝手に優れているのがポイントです。

毎日折りたたむなら軽量なモデルを

毎日のように折りたたんだり移動したりする場合は、できるだけ軽量なモノが扱いやすくておすすめ。スムーズに出し入れを行え、掃除をする際にも便利です。また、手軽に動かせるので、小まめな湿気対策ができます。

さらに、軽量な分、床への負担が少なく傷が付きにくいのもポイント。耐久性が気になる方は、耐荷重をチェックしておきましょう。

折りたたみベッドのおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

宮城県仙台市に本社を構える「アイリスオーヤマ」。家電やインテリア、日用品など、幅広いラインナップが魅力の人気メーカーです。生活者ニーズに対応したオンリーワンの製品が多く、日本のみならずアメリカやヨーロッパでも高い人気を有しています。

折りたたみベッドは、マットレスタイプからすのこタイプまでバリエーションが豊富。リーズナブルで品質のよいアイテムが多く、コスパ重視の方におすすめのメーカーです。

山善(YAMAZEN)

By: amazon.co.jp

工作機械や産業機器から家庭機器まで、暮らしを豊かにするアイテムや技術が魅力の人気メーカー「山善」。暮らしやユーザーに寄り添った「ものづくり」により、便利なアイテムを幅広くラインナップしています。

山善の折りたたみベッドは、リクライニング機能や布団干し機能、ソファ機能など、機能性に優れたモノが多数存在。リーズナブルな価格で、ニーズに合ったモデルを見つけやすいのが特徴です。

折りたたみベッドのおすすめモデル|シングル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-BR

人気メーカー「アイリスオーヤマ」の折りたたみベッドです。約21kgと軽量なのが特徴。折りたたみをサポートする4本バネを搭載しており、片手でも扱いやすいのが魅力です。厚さ約35cmとコンパクトに折りたため、スペースを有効活用できます。

キャスター付きなので移動が楽にできるうえ、布団を乗せたまま布団を干せるのも魅力。キャスターにはストッパーを搭載しており、しっかりと固定できます。小まめに収納したり布団を干したりしたい方におすすめです。

厚さ約8cmのマットレスが付属したマットレスタイプ。手持ちの布団やマットレスと組み合わせれば、心地よい寝心地を味わえます。リクライニング機能は14段階。用途や好みに合わせてくつろぎやすい体勢を保てます。

そのほか、誤作動を予防する安全ストッパーや指はさみ防止設計を備えるなど安全面にも配慮。シンプルで使い勝手に優れています。

山善(YAMAZEN) ハイタイプ 折りたたみベッド シングル HM-1S

人気メーカー「山善」のフレームタイプの折りたたみベッド。ワイヤーネットと補強フレームを使った構造により通気性に優れているほか、頑丈なのが特徴です。また、軽量で移動や折りたたみがしやすいのもポイント。折りたたむと幅55.5cmとスリムになるため、省スペースに収納できて便利です。

床面高さ37.5cmのハイタイプなので、スムーズな立ち座りが可能。ベッド下を収納スペースとして活用することもできます。転倒防止に役立つ手すりが付属しているので、立ち座りをラクに行うことが可能です。

折りたためば布団干しとして使える折りたたみベッド。部屋のスペースを有効活用したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) リクライニング ソファベッド SFB-80S

ソファとしても使える折りたたみベッドです。ソファ時は座面幅79cmのワイドタイプになるため、広々とした贅沢な座り心地を味わえます。座面には低反発クッションが入っており、お尻や膝裏をすっぽりと覆い優しく体を支えるのが魅力です。

また、ソファスタイルから座面を前に出すと、寝椅子としても活躍。脚を伸ばしてゆったりとくつろげます。また、背もたれには14段階のリクライニング機能を搭載。用途や好みに合わせて、くつろぎやすい体勢をとれるのがメリットです。

すべて広げれば、全長180cmのベッドとして使用可能。2人掛けソファとしても使えるため、使い勝手に優れています。さらに、枕や腰当てとして便利なクッションが付属。クッションカバーは洗濯できるので、衛生的に使えます。

カラーバリエーションが豊富で、おしゃれなインテリアとしても活躍する折りたたみベッド。コンパクトなモノを探している方におすすめです。

アテックス(ATEX) 収納式 桐すのこベッド AX-BF1011

桐の無垢材を31枚使用した折りたたみベッドです。桐はカビやダニが付着しにくいといわれているため、布団やマットレスを衛生的に使えるのがポイント。角は面取りしているので、優しい手触りで布団が引っ掛かるのを予防できます。

ベッド全体をワンカラーでコーディネートした、おしゃれでナチュラル感のあるデザインが魅力。キャスター・樹脂パーツ・サイドポケットに統一感を持たせることで、すっきりとした印象に仕上げています。

また、通常は真ん中にあるフレームを奥に設計し、ベッド下にスペースを確保。床面高さ約30cmのロータイプながら、収納力に優れています。さらに、折りたためば幅が約23cmとスリムに変化。省スペースで保管できて便利です。

無駄を省いたすっきりしたフォルムが特徴の折りたたみベッド。ひとり暮らしの方やワンルームに住んでいる方におすすめです。

エムール 日本製 い草畳の折りたたみベッド シングルサイズ

天然のい草を使った折りたたみベッドです。い草は、空気清浄力・湿度調節力・消臭作用・吸汗機能など、さまざまな性能を有しています。い草の香りに包まれながら、衛生的で快適な睡眠環境をサポートするのが魅力です。

裏面にスプリングを搭載しているため、スムーズな折りたたみが可能。また、キャスター付きなので、出し入れや移動が楽に行えます。折りたためば、布団干しとして活躍。ストッパーピンと開き防止ストッパーが付属し、転倒を予防できて便利です。

高さ27cmのロータイプと高さ40cmのハイタイプがある折りたたみベッド。畳タイプを探している方におすすめです。

折りたたみベッドのおすすめモデル|セミダブル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド セミダブル OTB-SD

マットレス幅120cmの折りたたみベッドです。背もたれ部分に14段階のリクライニング機能を搭載。読書やテレビなど、用途や好みに合わせてゆったりとくつろげるのが魅力です。

床面からの高さが39cmのハイタイプで、乗り降りを簡単に行えるのがポイント。足腰への負担が少なく、高齢者におすすめです。また、ベッド下を収納スペースとして活用できるのもメリット。高さ約31cmまでのモノを収納できます。

さらに、握りやすい山型サイドグリップが2個付属。左右4ヶ所の好きな位置に付けられます。布団やマットレスのズレ落ち予防や乗り降りのサポートとして活躍し、不要な場合は外せて便利です。

そのほか、折りたためばスリムに収納できるうえ、キャスター付きで移動が簡単。布団を乗せたまま布団も干せるなど、使い勝手に優れた折りたたみベッドです。

山善(YAMAZEN) 低反発折りたたみベッド KBT-SD

低反発マットレスを採用した、マットレス一体型の折りたたみベッドです。体にフィットしながらじんわりと沈み込み、優しく体を包み込みます。日本メーカー「KOYO」のギアを使った、6段階のリクライニング機能を搭載。好きな姿勢でゆったりとくつろげるのが魅力です。

バネの力で、スムーズに折りたたみできるのがポイント。キャスターも付属しているので、掃除や収納の際に便利です。また、マット面は、床から高さ約32cm。乗り降りがしやすく、部屋への圧迫感も少ないタイプです。

折りたたんだ際の幅が約44cmとスリムで、収納に便利な折りたたみベッド。マットレス幅120cmのゆったりサイズと低反発マットレスのコンビは、寝心地重視の方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 折りたたみベッド セミダブル YMC-SD RG

14段階のリクライニング機能を搭載した折りたたみベッドです。ベッドとしてはもちろん、背もたれの傾斜を調節すればソファとしてくつろぐことも可能。細かく設定できるので、くつろぎやすい姿勢をとれるのが魅力です。

折りたたみサイズは幅126×奥行47×高さ109cmと、スリムかつコンパクト。キャスターが付属しているうえ重さが32kgと軽いため、収納や移動に便利です。晴天時に窓際に持っていけば、布団を天日干しできて清潔に保てます。

マット面は床から高さ34cmと、乗り降りしやすいサイズ。マットレスサイズは幅120cmなので、寝返りがうちやすくゆったりと眠れます。扱いやすいセミダブルの折りたたみベッドを探している方におすすめです。

エムール 折りたたみベッド メホール zd-d-mehol-sd

組み立てが不要で届いてすぐに使える折りたたみベッドです。強力なバネが折りたたみをサポート。力がなくてもスムーズに扱えるのが魅力です。また、キャスター付きで移動や収納に便利。コンパクトに折りたためるため、省スペースで収納できます。

厚みのあるセンターフレームに、8つのキャスターと2本の固定脚を使った構造。約500kgの耐荷重により、優れた安定感や寝心地を得られます。さらに、背もたれには5段階のリクライニング機能を搭載。好みの体勢でくつろげ、起き上がりのサポートにも活躍します。

そのほか、マットレスには高反発ウレタンとチップウレタンを採用。硬さや性質の異なるウレタンによる2層構造で、床付き感が少なく体をしっかりと支えます。立ち上がりが楽に行いやすいハイタイプも選べる折りたたみベッドで、高齢者の使用や介護用としてもおすすめです。

インテリアオフィスワン 三つ折りすのこマット セミダブル 14012246

天然桐を100%採用した折りたたみベッドです。桐は熱伝導率が低く保温性が高い性質を有しており、寝具を床の冷たさからガードするのが特徴。また、すのこ板1枚1枚に溝を施すことで、通気性をさらに向上しているのもメリットです。

普段使っている布団やマットレスの下に敷くだけで、快適な睡眠環境をサポート。カビ・ダニ・結露の発生を軽減し、衛生的に使えます。

軽量で力に自信がない方でも扱いやすいのも魅力。さらに、四隅は面取り加工を施しており、足がぶつかった際のダメージを軽減します。そのほか、マジックバンドを外せば2分割でき、収納や移動に便利です。

片方を山折りにすることで布団が干せる折りたたみベッド。毎日たたむ方にとって扱いやすくておすすめです。

折りたたみベッドのおすすめモデル|ダブル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 檜すのこベッド 2つ折り ダブル

約幅140×奥行200cmのダブルサイズの折りたたみベッド。檜の香りに包まれるようにして、心地よい眠りを味わえるのが魅力です。

素材には、国産の檜を採用。抗菌防虫効果・消臭効果に期待できます。加えて、調湿効果により、寝汗や湿気を外に逃がしながら新しい空気を取り込むのもポイント。オールシーズン快適な睡眠環境をサポートします。

また、2つ折りタイプで、中心部を持ち上げてベルトで固定すれば布団を干せるのが特徴。敷布団を乗せたままでも折りたため、窓際に置けば天日干しができます。さらに、コンパクトに折りたためるので、クローゼットや押し入れなどに省スペースで収納できるのも利点です。

そのほか、角は面取り仕上げを施しているうえ、床面側には樹脂クッションが付属。布団や床に優しく、傷付くのを予防します。軽量で取っ手が付いており、持ち運びしやすい折りたたみベッド。毎日たたむ方におすすめです。

テンピュール(TEMPUR) エルゴ ワン D 73007212

電動リクライニング機能を搭載した折りたたみベッドです。好みの角度に素早く調節でき、ワンタッチでフラットポジションに戻すことが可能。シーンに合わせてゆったりくつろげるのが魅力です。

また、頭部のリクライニングに連動して脚側も上がるため、個別のリクライニング設定が不要。操作が簡単で、スムーズに好みの体勢をとれます。さらに、リモコンが付属しているため起き上がりをサポートできるのもおすすめの点です。

脚部の高さを22.5cm・15cm・7.5cmの3種類から選択可能。高い脚部なら、ベッド下を収納スペースとして活用できるのがポイントです。そのほか、オプションでキャスターも取り付けられます。

軽量で模様替えや引っ越しにも便利な折りたたみベッド。高級感があり、贅沢な気分でゆったり眠れます。

家具の里 折り畳みが驚くほど軽くてスムーズな木製折りたたみベッド ダブル 68-0031

檜無垢材を採用した折りたたみベッドです。檜独特の爽やかな香りにより、心地よい眠りをサポート。防ダニ・防虫・抗菌効果に期待でき、マットレスや布団を衛生的に使いやすいのが魅力です。

布団を乗せたままでも、コンパクトに折りたためるのがポイント。また、ベッド裏には、折りたたむ際に補助として活躍するスプリングが2セット付いており、スムーズに折りたたむことが可能です。

脚部には移動に便利なキャスターが付属。窓際に持っていけば天日干しができ、掃除の際にも活躍します。ストッパーを使えば、布団を干しているときにベッドの開きを予防できて便利です。

ベッドとして使う際は、フレームが床にぴったりと接するため安定感があります。移動や折りたたみが手軽にできるモノを探している方におすすめです。

ニトリ ダブル 軽量4つ折り桐すのこベッド 5650337

人気メーカー「ニトリ」のダブルサイズの折りたたみベッドです。4つ折りできるロータイプで高さがないため、座ったまま布団を干せるのが特徴。重労働の布団干しが手軽に行え、毎日たたむのにも便利です。

素材は、天然桐を採用。布団やマットレスの下に敷くだけで、調湿効果を期待できます。また、布団に優しい面取り波型形状のすのこ板を使用。より通気性を高めるために、特許技術のスリット加工を施しています。

さらに、すのこの角に樹脂製クッションを取り付けることで、足がぶつかった際の痛みを軽減。裏面には保護材が付属しており、床が傷付くのを予防します。折りたたみ時のサイズは約奥行46×厚さ7.5cmとコンパクトで、2枚に分けて省スペースで収納可能です。

手持ちの布団やマットレスに合わせやすい折りたたみベッド。ロータイプのダブルサイズを探している方におすすめです。

タンスのゲン マットレスになる高反発ソファ ダブル 13810102

4WAYで使える折りたたみベッドです。マットレスと3種類のソファ機能を備えているため、シーンに合わせて使い分けられて便利。普段はソファとして使いながら、就寝時には素早くベッドに変わり、スペースを有効活用できるのが魅力です。

ソファとして使うときは、面ファスナー付きのバンドで固定可能。ソファの形が崩れたりズレたりしにくく、ゆったりとくつろげます。素材には、優れた体圧分散性を有する、高反発ウレタンフォームを採用。体圧の一点集中を予防し、長時間使った際の体への負担を軽減するのが特徴です。

ベッドとして使う際は、約10cmの厚みで体をしっかりと支えます。背骨のS字カーブをキープしながら、快眠をサポート。さらに、カバーは洗濯できるため、衛生的に使えるのもメリットです。来客用としてもおすすめの折りたたみベッド。安価なのもうれしいポイントです。

折りたたみベッドの売れ筋ランキングをチェック

折りたたみベッドのランキングをチェックしたい方はこちら。