家具なかでも特に慎重に選ぶ方が多い「ベッド」。基本的に備え付けタイプがメインとなりますが、一人暮らし向けのワンルームなどではスペースを有効活用するために「折りたたみベッド」をチョイスする方も多くいます。

そこで今回は折りたたみベッドのおすすめモデルをピックアップ。シングル・セミダブル・ダブルに項目を分けてご紹介します。最近はさまざまな機能を備えたタイプが取り揃っているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

折りたたみベッドの選び方

サイズをチェック

シングル

By: rakuten.co.jp

シングルサイズの折りたたみベッドは幅100×奥行195cmで、6畳の部屋であれば約25%程度を占める大きさです。一人暮らし向けワンルームのような狭い居室を広く使いたいという方におすすめ。簡易ベッドとしても使いやすいサイズです。

セミダブル

By: amazon.co.jp

セミダブルサイズの折りたたみベッドは幅120×奥行195cm。シングルよりも幅が約20cm大きく、ややゆとりあるスペースを確保できます。大柄な方はもちろん、1人でゆったり眠りたい方、寝相があまりよくない方などにおすすめのサイズです。

ダブル

By: amazon.co.jp

ダブルサイズの折りたたみベッドは幅140×奥行195cm。基本的には二人用ですが、一人あたりのスペースは幅100cmのシングルベッドで寝る場合よりも狭くなってしまうので、実際に2人で寝るとやや窮屈さを感じることもあります。一人で使うには余りあるサイズですが、その点は留意しておきましょう。

寝床をチェック

マットタイプ

By: rakuten.co.jp

折りたたみベッドの寝床はウレタン素材のマットレスが主流。マットレスがフレームに固定されているタイプは、組み立てる手間もなく、家に届いたらすぐに使えるのが特徴です。

硬めの高反発マットレス、柔らかめの低反発マットレス、通気性に優れたメッシュ状のマットレスなどさまざまなタイプがあるので、ぜひ確認しておきましょう。

すのこタイプ

By: rakuten.co.jp

すのこタイプの折りたたみベッドの魅力は通気性のよさ。湿気の多い地域や風通しの悪い部屋で使用する際におすすめです。折りたためば布団干しとしても使えるので、ベランダがなくて布団が干せないという場合にも重宝します。

デメリットはクッション性が低いこと。柔らかめの寝心地が好みの方はマットレスの厚さや柔らかさで調整してください。

畳タイプ

By: amazon.co.jp

畳タイプはその名の通り、折りたたみベッドのフレームの上に畳が固定されているタイプ。夏は涼しく冬は暖かく、部屋の湿度を適度に調節してくれるのが特徴です。

布団の上げ下ろしが面倒な方や、立ち座りの動作がつらいと感じる方におすすめ。折りたたんだベッドの上に布団をのせて、日当たりのいい場所に移動させれば布団干しも簡単にできます。

また畳には殺菌作用やリラックス作用、鎮静作用も期待できるので使い心地は良好。なお、寝心地のよさを高めるために畳の内部にウレタンを仕込んだタイプもリリースされています。きになる方はぜひチェックしておきましょう。

フレームタイプ

By: amazon.co.jp

フレームがむき出しになっているタイプの折りたたみベッドは寝床部分がメッシュ素材になっているものがほとんどで、その上にマットレスを乗せて使用します。

折りたためばとてもコンパクトになるので、使わない時はスマートに収納することが可能。重さとしても軽量なので、移動もラクラクです。

マットレスの質感をチェック

高反発

By: rakuten.co.jp

高反発マットレスは弾力感が強いマットレスのこと。マットの表面に凹凸があり、これにより身体の圧力を分散させます。特に腰回りの負担をケアすることができるので、腰痛持ちの方は要チェックです。

低反発

By: rakuten.co.jp

ふんわりとした柔らかい寝心地がお好みの方には低反発マットレスがおすすめ。その名の通り反発が少ない素材なので、身体の凹凸にあわせてゆっくりと沈み、包み込まれているかのような感覚が得られます。

デメリットとしては通気性が悪く、蒸れやすいところ。対策方法としては吸湿性のあるベッドパッドやシーツなどで調整するのがコツ。また気温や熱によって硬さが変わってしまうので、電気毛布などは使用しないほうが無難です。

脚の長さをチェック

ハイタイプ

By: amazon.co.jp

脚の長いハイタイプの折りたたみベッドは、ベッド下に収納スペースを作れるのが魅力。特に高さ30cm以上あるベッドは立ち座り動作がしやすいので、便利です。ベッド下の風通しがよく、掃除もしやすいのもポイント。より清潔に使えるのが魅力です。

ロータイプ

By: amazon.co.jp

部屋をできるだけ広く見せたいという方にはロータイプの折りたたみベッドがおすすめ。ロータイプであれば分厚くて寝心地のいい高級マットレスの使用も可能です。

ただし、脚が短いためベッド下には物が置けず、掃除がしにくいのがデメリット。敷布団感覚で使用するので、寝起きの際は膝や腰に負担がかかることも考慮しておきましょう。

機能をチェック

キャスター機能

By: rakuten.co.jp

ベッドの脚にキャスターが付いていると、部屋から部屋へスムーズに移動させられます。折りたたんでから日当たりのよい場所に動かせば、布団干しも簡単。また、キャスター付きのベッドは大抵の場合、裏側にバネが付いているので、片手でラクにベッドを折りたためるのも魅力です。

リクライニング機能

By: amazon.co.jp

折りたたみベッドで読書したり、テレビを視聴したりすることが多い方はリクライニング機能付きが便利です。リクライニングできる角度は製品によって異なり、1段階しかないモノから細かく角度調整ができるモノまでさまざま。なお、タイプとしてはリクライニングを手動で対応するモノと電動式に分かれています。ぜひ気になる方は確認しておきましょう。

布団干し機能

By: rakuten.co.jp

快適に過ごすためには布団やマットレスは常に清潔にしておきたいもの。折りたたんだベッドに布団やマットレスをそのまま干せるタイプであれば、お手入れはラクラクです。そのまま外に出せれば天日干しも可能なので、折りたたみベッドの購入を検討している方はしっかりとチェックしておきましょう。

ソファ機能

By: rakuten.co.jp

ソファ機能のある折りたたみベッドの魅力は1台で2役をまかなえる点。空間の有効活用ができます。また、普段は主にソファとして使用しつつも、ゲストが泊まる時は来客用ベッドとして使うのもアリ。ソファとベッドの同時購入を考えている方はぜひ検討しておきましょう。

折りたたみベッドのおすすめメーカー

ニトリ

By: rakuten.co.jp

お手頃価格で品質のよい折りたたみベッドを多数販売している「ニトリ」。特にマットレスの評価が高く、クッション性に優れているほか、通気性の高いメッシュ素材を採用しているモデルもラインナップしています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: rakuten.co.jp

近年家電業界で存在感が増している「アイリスオーヤマ」。もともとはホームセンターなどでよく見かける生活用品の製造卸業を担っており、インテリア用品や園芸用品、ペット用品、日用品などさまざまなアイテムを取り揃えています。

便利でありながらコストパフォーマンスの高い製品を豊富にラインナップしているのが特徴。折りたたみベッドに関してはコンパクトサイズのモノやリクライニング付きタイプ、すのこタイプなど、選択肢が多いのが魅力です。

山善(YAMAZEN)

By: rakuten.co.jp

シンプルな機能を搭載して低価格に抑えた、いわゆる“ジェネリック家電”をリリースしている「山善」。同社は家電だけでなく、住宅設備や建材、家庭で使われる生活用品も取り扱っています。

同社の折りたたみベッドは高反発ウレタンフォームを使用した硬めのタイプが中心。また、リクライニングの耐久性も良好です。リクライニング機能付きの折りたたみベッドを探している方はぜひ検討してみましょう。

折りたたみベッドのおすすめモデル|シングル

ニトリ 折りたたみベッド レビン 2020098

省スペース設計の折りたたみベッド。たたむと幅約34cmになり、コンパクトに収納できます。また脚にはキャスターが付いているので折りたたんだ状態での移動もスムーズ。さらに、折りたたむ際に便利なグリップがベッドの両サイドに付いています。

マットレスの表面生地は、肌触りがよく通気性に優れたダブルメッシュ素材。湿気の多い居室でも、季節を問わず快適に使うことができます。

ニトリ 折りたたみ桐スノコベッド 5633305

通気性に優れた桐素材のすのこベッド。すのこには通気性をさらに高めるために溝加工が施されています。布団のカビが気になる方はもちろん、日当たりや風通しが悪い部屋や、湿気の多い場所で使うのにもおすすめ。キャスター付きなので、折りたたんで布団干しとしても使用可能です。

フレームは、圧迫感を感じにくい白色を採用。価格は1万円以下とリーズナブルなので「とりあえず折りたたみベッドがほしい」という方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-E

黒いキルティング生地を採用したシンプルなデザインの折りたたみベッド。両端にバネが付いているので取っ手を軽く持つだけでスムーズに折りたたむことができます。

また、折りたたみ時のサイズはキャスター含めて幅約35cm。来客時に部屋を広く使いたいときは、たたんで部屋の隅にコンパクトに立てておけばスマートに収納できます。キャスター付きなのでベッド下の掃除も容易。布団を乗せたまま折りたたんで、日当たりのいい場所に移動させれば布団干しも可能です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-KR

厚さ約10cmの高反発ウレタンマットレスを採用した折りたたみベッド。身体にかかる圧力を分散してくれるので、ストレスなく使用できるのが特徴です。

14段階のリクライニング機能が付いているのもポイント。ベッドの上で映画鑑賞や読書などを楽しむ際も、無理のない姿勢を確保できます。

バネとキャスターが付いているので折りたたみも簡単。価格帯としてもお手頃なので、コスパ良好な折りたたみベッドを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-WH

ベッドからの立ち座りがラクなハイタイプの折りたたみベッド。膝や腰の負担をケアできるので、シニア層の方にもおすすめです。またベッドの下は約31.5cmの余裕があり、大容量の収納ケースを設置することも可能。汎用性の高さも魅力です。

寝床には通気性に優れた天然木のすのこ板を29枚使用し、夏場の湿気や冬場のムレを軽減。また、ベッドの裏側に4本のバネを仕込んでいるので、折りたたむ際もスムーズです。指挟みを防ぐ設計や前後二ヶ所にストッパーを設けているのもポイント。安全面にも配慮したおすすめモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-TRN

厚さ約9cmの低反発ウレタンマットレス仕様の折りたたみベッド。通気性のよいメッシュ素材を採用しており、湿気の多い居室でも快適に使用できるのが特徴です。

14段階のリクライニング機能付きなので、使い勝手は良好。また、軽い力で折りたためるほかスリムな形状にまとめられるので、スマートに収納するが可能です。

なお、本製品は開き防止ストッパーや折りたたみ時の指挟み事故を防ぐ設計を採用しているのもポイント。満足度の高い折りたたみベッドを探している方におすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド KOLME CG-4Aー60-FAB

ロータイプの折りたたみベッド。ベッドを使用しないときは、ソファやカウチとして使えるので、狭い部屋を有効活用できます。普段はソファとして使い、来客時には簡易ベッドにするという使い方もおすすめです。

表面生地は麻のようなサラリとした素材を採用しているのもポイント。カラーは4色をラインナップしています。

山善(YAMAZEN) 高反発折りたたみベッド BAS-1S(WNV)RGK

折りたたみベッドのなかでも特に人気の高い14段階リクライニングベッド。背中部分は約60cmあるので、ゆったりと過ごせるのが特徴です。

2つある手すりの位置は枕元や足元など使いやすいところに移動でき、また壁際にベッドを置く場合は片側に2つ付けることも可能。さらに床面は立ち座りしやすい高さ約43cmなので、年配の方にもおすすめです。

マットレスは安定した寝姿勢をサポートしてくれる高反発ウレタン。カバーは触り心地のよいメッシュ生地を採用しています。

山善(YAMAZEN) 折りたたみベッド TOB-1(GR)

畳ならではのやわらかい寝心地を体感できる折りたたみベッド。折りたたみ時のサイズは約30cmなので、使わないときはコンパクトに収納することができるのも特徴です。

床面は床から約33cmと高めの設計。「畳で寝るのが好きだけど起き上がるのがツライ」と感じている方でも快適に使えます。もちろん、布団を敷いたまま折りたたむことができるので、布団の上げ下ろしの手間もなし。キャスター付きなので移動もスムーズに対応できます。

山善(YAMAZEN) 折りたたみベッド SFB-80S(BE)

3WAY仕様の折りたたみベッド。ゆったり座れる1人掛けのソファとしても、足を伸ばしてくつろげるカウチとしても使え、フルで広げれば幅約88×奥行182cmのコンパクトベッドになります。

背もたれ部分は14段階のリクライニング機能付き。同生地のクッションは、枕としても使えます。クッションカバーは洗濯可能。カラーバリエーションも豊富なので、部屋のインテリアに合わせやすいのも特徴です。

フランスベッド(FranceBed) 折りたたみベッド パンテオン401

寝心地を追求したい方におすすめの高級折りたたみベッド。高密度連続スプリング(マルチラススーパースプリング)を採用した硬めのマットを採用しており、適度な反発力で全身をしっかりと支えるのが特徴です。

本製品は多数のスプリングを内蔵した重量感のあるタイプですが、マットをフレームで挟むように二つ折りにすれば、コンパクトに収納することが可能。開く際はペダルを踏むだけで対応できるほか、キャスター付きなので移動も容易です。

ベッドフレームはスチール製で、耐久性も良好。なお、同社はアフターサービスが充実しているので、メンテナンスが受けやすいのもメリットです。

キングスター(Kingstar) 折りたたみベッド

仮眠用としておすすめの折りたたみベッド。重さは約7.1kgしかないので、女性一人でも難なく運ぶことができます。使用時は、専用の収納カバーから出して広げるだけ。面倒な組み立て作業も必要ありません。

ベッドは広げると長さ約190cm、幅約66cm。簡易ベッドとしてはもちろん、キャンプなどアウトドアや職場での仮眠用などにも役立てられる、汎用性の高い折りたたみベッドです。

耐荷重は最大200kg。また耐久性に優れたスチール製の脚がベッド全体を支えるので、寝心地は快適です。床面は通気性のよいオックスフォード生地を採用しているのもポイント。1万円以下という価格帯も魅力です。

折りたたみベッドのおすすめモデル|セミダブル

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみベッド OTB-SD

セミダブルサイズでありながら、14段階のリクライニング機能が付いた折りたたみベッド。幅約120cmの薄型マットレスが固定されているタイプで、その上に布団やお好みの硬さのマットレスを敷いて使えます。布団のズレ落ちを防ぐ山型サイドグリップは、立ち座り時の手すりとしても便利です。

床面からマット上部までの高さが約39cmもあるハイタイプなので、立ち座りしやすいのもポイント。またベッド下を収納スペースとして活用できます。

バネとキャスターが付いているので、女性一人でも簡単に折りたたむことが可能。使わないときはコンパクトに収納してできるので「部屋は狭いけど、ベッドはゆったりとしたモノを選びたい」という方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 折りたたみベッド KSBB-SD(DBR)R

すのこに丈夫な天然パイン材を採用した折りたたみベッド。25枚のすのこを用いて、広すぎず狭すぎない隙間を確保したことで、通気性が高く寝心地は良好です。

軽い力で簡単に折りたためるよう、折りたたみサポートバネとキャスターを採用。さらに、マットレスの端に座ったときなどに、ベッドがたたまれてしまわないいよう開き止めストッパーが付いているので、安心して使用できます。しっかりとした作りの折りたたみベッドを求めている方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 布団干し機能付きすのこ折りたたみベッド SBB-7SD(NA)

便利な布団干し機能付き折りたたみベッド。本製品は布団を敷いたまま折りたたむことができるほか、キャスターで移動させることも容易なので布団干しにもスムーズに対応できます。

ベッドを折りたたんだ際の幅はキャスターを含めて約47cmですが、布団を干し時は幅約57cm。この差は布団干し時に適度な風通しスペースを作るためのもので、使い勝手に配慮しています。

床面には天然パイン素材のすのこ23枚を採用し、通気性は良好。また、すのこの角で寝具や体を傷つけないようラウンド加工が施されているほか、開閉時に使う取っ手はベッド下に収納できるなど、細部にも配慮が行き届いています。安全性と使い勝手のよさを兼ね備えたおすすめの折りたたみベッドです。

ライフ(LIFE) 折りたたみベッド GKA

電動リクライニング機能付きの折りたたみベッド。セミダブルサイズのベッドを手動でリクライニングさせるのは大変ですが、このベッドならリモコンのボタンを押すだけで角度を無段階調整できます。背もたれと連動して膝部分が自動的に持ち上がるので、身体が下へとずれてしまうこともありません。

マットレスの内部は厚み約8cmのウレタンフォーム。適度な硬さと柔らかさがあり、心地よい眠りをサポートしてくれます。もちろん安全のためのストッパーや、手すりとして使えるグリップも装備。介護用ベッドとしてもおすすめの1台です。

ベッドアンドマットレス 折りたたみパイプベッド EN050

引っ越しが多い方におすすめのセミダブルの折りたたみベッド。マットレスが固定されていないベッドフレームのみの製品なので、お好みのマットレスを設置して使えます。

折りたたみ時のサイズは約9cm。セミダブルでありながら収納しやすく、軽量なので持ち運びも容易です。また、ベッド下のスペースは約33cmあるので、収納ケースなどを並べて置くことも可能。さらに本製品は同シリーズのベッドと専用パーツを使って連結し、巨大なベッドとして使うことができます。

WALTZ 電動折りたたみベッド 03236

低反発マットレスを採用した電動式の折りたたみベッド。ボタンを押すと背もたれが自動的に上下するので、寝起きの動作がスムーズにできるのが特徴です。

また床からマットレスの上辺まで約40cmの高さがあるため立ち座りの動作も容易。ベッド下も十分なスペースがあるので、収納性も良好です。

背部と脚部が連動してリクライニングするので、体に負担がかかりにくい姿勢を保てるのもポイント。背部は最大80°、脚部は最大10°まで対応できます。

マットレスの最上層には高密度の低反発ウレタンフォームを採用。体がゆっくりと沈み込むだけでなく、適度な硬さもあるので、耐圧を均一に分散できます。また、マットレスの表面は通気性に優れたメッシュ素材を採用しているので、季節を問わず寝心地は良好です。

折りたたみベッドのおすすめモデル|ダブル

中居木工 折りたたみベッド ひのきスノコ NK-2780

すのこに通気性の高い国産ヒノキを用いた折りたたみベッド。ダブルサイズの布団は上げ下ろしや布団干しが大変ですが、本製品なら敷いたまま折りたたむことが可能です。バネとキャスター付きなので折りたたみが簡単で、移動もラクに行えます。

床面もフレームもすべて木製を採用。また角面に丸みを持たせ、木の表面も滑らかに仕上げられています。満足度の高い折りたたみベッドを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

タンスのゲン 高反発ソファーマットレス AM 000071 10

大人二人が寝られる仕様のマットレス。幅140×奥行200cmとゆとりあるサイズ感を採用しているのが特徴です。ベッドとして使わないときはコンパクトに折りたたんでソファとして使ったり、背もたれ付きのカウチとして使ったりできます。

マットレスの素材は身体をしっかり支えられる高反発ウレタンフォームを採用。身体が沈み込みにくいので寝返りしやすく、寝心地は快適です。また、マットレスのカバーは取り外して洗濯することが可能。1万円以下とリーズナブルな価格も魅力です。

ソメイユ(Sommeil) 4つ折りすのこベッド KIR-4-D–NA

4つ折りタイプのすのこベッド「折りたたみベッドが欲しいけど、布団の寝心地も捨てがたい」という方におすすめです。使わないときは、一般的な折りたたみベッドよりもさらにコンパクトに収納することができます。

布団の下に敷いておくだけで下部の隙間を風通りがよくなるので、湿気やダニ対策にも有効。また、すのこの素材は桐材なので、断熱性と保湿性に優れているのもポイントです。すのこをМ字型に立てれば布団干しも対応可能。サイズはダブルで、幅140×196cm。重さは6.6kgです。