ソルトのライトゲームの釣りで人気のターゲットとなっている「メバル」。使用するリグとしては、小さなワームに1g前後のジグヘッドを組み合わせるのが一般的で、日本各地の漁港や堤防などから気軽に楽しめるのが特徴です。

そこで今回は、メバリングにおすすめのワームをご紹介。最近は専用のアイテムが豊富に揃っているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

メバリング用ワームとは?

By: rakuten.co.jp

メバリング用ワームとは、海のメバル釣りで使うソフトベイトのこと。メバルはベイトフィッシュを捕食する夜行性の魚で、日本国内の沿岸や岩礁域に多く棲息しており、小さいながらもしっかりとした引きを楽しめるのが魅力です。

最近はプラグも使いますが、メインとなるのはワーム。小魚を模すべく細身のタイプを使用し、表層や水面直下、中層、ボトム付近をリトリーブしてバイトを誘います。

メバリング用ワームの選び方

カラーで選ぶ

By: amazon.co.jp

メバリングに限らず、ソルトゲームで使うワームのカラーには、ベイトフィッシュライクなナチュラルなカラーから、ピンクやオレンジなどの単色のソリッドカラー、紫外線に反応して発光するケイムラ、夜光塗料が施されたグローまでさまざまなタイプがあります。

透明なクリアカラーを軸に、日中は水や地形に溶け込む色、日が落ちるにつれ派手めのカラーに移行し、月明かりや常夜灯ではケイムラやグローを使うのがおすすめです。

サイズで選ぶ

By: jackall.co.jp

メバリングワームのサイズは1〜3インチが目安。選び方としてはフィールドのベイトフィッシュサイズに合わせるのが基本ですが、数釣りであればより小さめを、大型狙いであれば大きめを選びましょう。

いずれもジグヘッドをセットすることが多いので、双方のバランスを考慮するのがポイント。ワームに対して大きめのジグヘッドをセットすると収まりが悪く、泳ぎに支障が出ます。逆にワームに対して小さめのジグヘッドをセットしてしまうと、バイトがフックポイントまで届かず、フッキングミスにつながるので注意が必要です。

ワームにジグヘッドを刺す際はウエイトを確認するのはもちろん、事前にサイズ感をチェックしてからセットするようにしましょう。

素材で選ぶ

By: jackall.co.jp

ワーム素材には大きく分けて「PVC(塩ビ)」と「エラストマー」があり、それぞれ違いがあります。「PVC(塩ビ)」はいわゆる合成樹脂のプラスチックで、柔らかく針が刺しやすいのが特徴。一方、やや脆く、使い続けていると身切れしてしまう点には留意しておきましょう。

「エラストマー」は素材自体がよく伸び、ハリ持ちがよいのがポイント。耐久性が高いので、安心して使い続けられるのが魅力です。ただ、ハリが刺しにくいほか、ほかのゴム素材と混在すると溶けてしまうので、保存方法には気を遣う必要があります。

メバリング用ワームのおすすめ

バークレイ(Berkley) ガルプ!ソルトウォーター ベビーサーディン

高い集魚力があるピンテールワーム。味と匂いの成分を含んだボディとモチモチとした質感により、多くの魚を惹きつけるのが特徴です。

本製品は液付けですが、パッケージにダブルジップを採用しており、液漏れに配慮。メバリングだけでなく、ソルトのライトゲーム全般に使えるおすすめのアイテムです。

エコギア(ECOGEAR) メバル職人 ストローテールグラブ 2インチ

同社のルアーのなかでもメバル釣りに特化したシリーズのピンテールワーム。中空構造のテールを採用しており、リトリーブ時にしっかりと水平姿勢をキープできるのが特徴です。

動きはナチュラルで、波動は弱め。メバルに対して違和感を与えることなくバイトに持ち込めます。

エコギア(ECOGEAR) メバル職人 メバダート 1インチ

1インチと極小サイズのメバリング用ワーム。小さいながらアクションさせると切れ味の鋭いダートを生み出すのが特徴です。捕食を促すのはもちろん、リアクション気味に喰わせることもできます。

リグはサイズにマッチするジグヘッドを使用しますが、なかでも同社の「アジチョンヘッド」と組み合わせるのがおすすめ。チョン掛けではなく「への字」に曲がることで、なまめかしい動きを演出できます。興味がある方はぜひ試してみてください。

エコギア(ECOGEAR) 熟成アクア 活メバル STグラブ 2インチ

メバリングに効果的な「エコギア 熟成アクア 活メバル」シリーズのピンテールワーム。同ジャンルのソルト用としてはやや太めのテールを採用しており、しっかりと動くのが特徴です。

また、集魚力と喰わせ能力の双方を追求しているのもポイント。リトリーブ時に発する微弱なナチュラル波動によって、スレた魚もバイトさせられます。

エコギア(ECOGEAR) 熟成アクア 活メバルシラス 2インチ

テールの先端がボール状になったピンテールワーム。わずかな水流でも微振動し、しっかりと存在感をアピールできるのが特徴です。

キャスタビリティ良好で、軽量なリグで広範囲を探るメバリングで使いやすいのもポイント。また、喰わせ能力にも長けているので、ハイプレッシャーフィールドでも活躍するアイテムです。

エコギア(ECOGEAR) 熟成アクア 活メバルミノー1.6インチ

極小サイズのピンテールワーム。オーソドックスなフォルムを採用しており、メバリングをはじめとしたソルトのライトゲームを気軽に楽しみたい方におすすめです。

喰わせに特化しているほか、集魚力が高いのもポイント。また、1パッケージに18本もワームが入っているので、コスパも良好です。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 ビームスティック

メバリングで使うソフトベイトとしては定番のアイテム。柔らかさがありつつも強度のある素材を採用しており、気兼ねなくキャストできるのが特徴です。

カラーラインナップが豊富なのもポイント。視認性の高いアイテムも揃っているので、ナイトゲームにもしっかりと対応できます。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 ビームスティック ZERO

同社「ビームスティック」シリーズのオリジナルモデルとはやや形状が異なるピンテールワーム。よりソフトな素材を採用しており、くびれボディと相まってナチュラルな波動を出すのが特徴です。

また、耐久性の高いエラストマー素材を採用しており、身切れしにくいのもポイント。極小サイズなので、リグをセットする際は注意しましょう。

ジャッカル(JACKALL) タイドビート

リングボディに極小のシャッドテールが付いたワーム。素材自体の柔軟性が高いので、違和感なく口の中に入り、安心してフッキングできるのが特徴です。

メバルが好んで捕食するシラスを模した、弱々しい波動を出すのもポイント。また、ボディに刻まれたリブによってしっかりと水を掴むので、レンジキープしやすいのも魅力です。

ベイトブレス(Bait Breath) ニードルリアルフライ

くびれボディを採用したストレートワーム寄りのピンテールワーム。ハリのある素材を採用しており、アジやメバルなどのライトゲームから、カサゴなどのロックフィッシュゲームにまで対応できるのが特徴です。

内部にはBYS-MIXフレーバーが配合されており、喰いが深いのもポイント。タフコンディションでも活躍するおすすめのアイテムです。

がまかつ(Gamakatsu) 宵姫 アーミーシャッド 1.8インチ

耐久性の高いエラストマー素材を採用したワーム。使い倒しても成形を保てるほど丈夫にできているので、安心して使い続けられるのが特徴です。

また、2本のアーム、シャッドテールで構成され、ボディ中央部にはくびれを用意。各種パーツがしっかりと動き、小さいながら存在感があるのもポイントです。

なお、くびれ部分を目安にちぎれば、それぞれ単体で使えるのも魅力。使い勝手はもちろん、コスパにも優れているおすすめのアイテムです。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) レッグワーム

多くのバスアングラーから人気を集めるシャッドテールワームです。ハイプレッシャーなフィールド、タフなコンディションでも口を使わせられるのが特徴。ソルトのメバル狙いにおいても実績のあるアイテムです。

サイズは2.5インチと2.9インチをラインナップ。数釣りなら2.5インチ、尺メバル狙いであれば2.9インチを選ぶのがおすすめです。

ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO) 2インチピンテールワームSW

細身のストレートワームともピンテールワームともいえるソフトベイト。多くのアングラーから信頼されている同社マテリアルを使用しており、水によく絡んで繊細なアクションが出せるのが特徴です。

ジグヘッドとの組み合わせがメインとなりますが、スローにゆっくりと巻くのも、ロッドアクションを入れて小刻みに動かすのもおすすめ。その日のコンディションを見定めるのにも使えます。極端に喰いが渋い場合はちぎって使うことも可能です。

ブリーデン(BREADEN) ネジネジ

その名の通りテール部分がねじれているピンテールワーム。メバルのタックルやアイテムを数多くリリースしている「ブリーデン」のソフトベイトで、ストレートテールとは一線を画す動きで魚にアピールできるのが特徴です。

動かし方としては、一定のスピードで巻き続けるただ巻きが基本。それでも反応がない場合は緩急をつけたり、アクションをつけたりして変化をつけるのがおすすめです。

マリア(Maria) ママワーム スリムクローラー

ソルトのライトゲーム全般で使えるピンテールワーム。オードソックスなフォルムに見えますが部位によってリブの大きさを変え、アクションの質やフッキング向上にこだわっているのが特徴です。

横の動きで誘うのはもちろん、リトリーブ時に軽く上下に動かしてテールの波打つ動きを意識するのもおすすめ。カラーラインナップは全体的に淡い色が多めですが、定番から蛍光ラメまであり、よりフラッシングを意識した釣りを展開できます。

ガイア(GAIA) ネジワーム

比較的お手頃価格のピンテールワーム。ソルトのライトゲームでは知る人ぞ知るアイテムで、1g前後のジグヘッドをセットするのがおすすめです。

形はシンプルながら実績は十分。初心者でも気兼ねなく使えるので、これからメバリングを試してみたいアングラーにおすすめです。