赤ちゃんの沐浴時に欠かせない「ベビーバス」。出産前に用意しなければならないモノだけに、試してみてから購入することが難しいうえ、さまざまなバリエーションがあってどれを選べばよいか迷ってしまいます。

そこで、使いやすくおすすめのベビーバスをご紹介。あわせて、沐浴させる方も赤ちゃんも快適に使用できるベビーバスを選ぶためのポイントもご紹介します。

ベビーバスが必要な理由

By: richell.co.jp

新生児期の短い間しか使用しないモノなので、購入をためらいがちなベビーバス。しかし、生まれたての赤ちゃんにとってベビーバスは必要不可欠なモノです。

生まれて間もない赤ちゃんは、へその緒が取れていなかったり、おへそが乾いていなかったりするため抵抗力が弱いもの。大人と一緒のお風呂に入ると細菌に感染する危険があるため、清潔なベビーバスで沐浴させる必要があります。

最近は、収納スペースを取らないコンパクトなモノや、赤ちゃんが成長したあとも使用できるモノなどさまざまなベビーバスがあるので、適したモノを選びましょう。

ベビーバスの選び方

生活スタイルに合わせて使いやすいタイプを選ぶ

安定感のある床置きタイプ

By: edute.jp

床置きタイプのベビーバスは、しっかりとした作りで安定感のある使い心地がメリット。初めて赤ちゃんを沐浴させる方も安心して使用できます。

底に水抜き栓がついていたり、すべり止めがついていたりと使い勝手のよいモノが多いのも特徴。大きめなので夏はプール代わりにも使えます。

大きいため収納スペースを取るのがデメリットですが、なかには折りたたみできるモノもあるので検討してみてください。

立ったまま沐浴できるシンクタイプ

By: amazon.co.jp

シンクで使用できるタイプのベビーバスは、かがまず立ったままで赤ちゃんを沐浴させられるので、身体に負担がかかりにくいのが魅力。腰が心配な方や、退院すぐからママが沐浴しなければならない方におすすめです。

お風呂場が寒かったり、狭かったりする場合も、シンクタイプのベビーバスなら安心。購入の際は家庭のシンクのサイズに合うかどうか必ず確認しておきましょう。

沐浴中はシンクが使えなくなることや、キッチンシンクを使用する場合は衛生面が気になることがデメリットといえます。

持ち運びや収納に便利なエアータイプ

By: rakuten.co.jp

空気を入れてふくらませて使うエアータイプのベビーバスは、使わなくなったらコンパクトに収納しておけるのがメリット。旅行など移動時にも使用したい方や、次に赤ちゃんが生まれたときのために取っておきたい方にもおすすめです。

エアータイプは柔らかいため、赤ちゃんが頭や身体をぶつける心配がないのも嬉しい点。赤ちゃんの沐浴に不慣れな方にもおすすめのタイプです。

長期間使用していると穴があいて空気が抜けてしまうことがあるのがデメリット。また、使用期間中はふくらませたまま置いておくことになるため保管スペースが必要です。

収納スペースを取りにくく保管しやすい折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

使用しないときには簡単にたためる折りたたみタイプのベビーバスは、使用期間中でもかさばらないためスペースを有効活用できるのがメリット。お風呂場周りが狭い方におすすめのタイプです。

ベビーバスとして使用したあとも、ベビープールやおもちゃ箱、バケツなどとして長く使えるモノもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

赤ちゃんを寝かせて洗えるお風呂マットタイプ

By: amazon.co.jp

スポンジや発泡スチロールでできているお風呂マットタイプのベビーバスは、柔らかいため赤ちゃんの頭や身体をぶつける心配が少ないのがメリット。初めて赤ちゃんを沐浴させる方も使用できます。

リーズナブルで手に入れやすく、すべりにくい製品が多いため赤ちゃんが成長しても使用できるのも嬉しいところ。しかし、スポンジなどカビが発生しやすい素材のモノもあるので、こまめなお手入れが必要になります。

準備や片付けのしやすさで選ぶ

By: swimava.jp

沐浴は赤ちゃんの機嫌のよいときに合わせて行うため、ベビーバスをスピーディに準備できるかどうかは重要ポイントのひとつ。沐浴時はなにかとあわただしいため、準備が簡単なモノなら負担が軽減されます。

エアータイプやマットタイプのベビーバスは、軽くて扱いやすいため力が弱い方にもおすすめ。なお、エアータイプのモノを購入する場合は、空気がすぐに入れられるサイズかどうかもチェックしておきましょう。

沐浴後の片付けが簡単かどうかもチェックポイント。特に床置きタイプやエアータイプ、シンクタイプのベビーバスを購入する場合は、底に水抜き栓がついているモノがおすすめです。本体を傾けなくてもお湯が簡単に抜けるので、楽に片付けができます。

使う期間に合わせて選ぶ

新生児期なら安全機能がついたモノを

By: amazon.co.jp

新生児期をメインとしてベビーバスを使用したい方は、安全機能がついた製品がおすすめ。新生児期の赤ちゃんは首が座っておらず、身体も柔らかいので、安全機能つきのモノなら赤ちゃんの身体を支えやすくなります。

赤ちゃんの身体が下にずり落ちないようにストッパーがついているモノや、赤ちゃんの身体を載せられるインサートがついているモノなど、製品によって機能はさまざま。特徴をチェックして検討してみてください。

なお、安全機能がついていても完全に手を離してしまうのは厳禁。安全機能はあくまでサポートなので、赤ちゃんを沐浴させる際は必ず身体をしっかり支えて行いましょう。

1歳程度までなら頭や首を支えられる縁つきで大きめのモノを

By: amazon.co.jp

新生児期を過ぎたあともベビーバスを使用したい方は、大きめで縁が高い製品がおすすめ。成長した赤ちゃんは、寝返りをうったり動いたりと、おとなしく寝そべってくれない可能性が高いため、落下しにくいかどうかが重要なポイントになります

特におすすめなのが、赤ちゃんがお座りの姿勢を保てる「バケツ型」。バケツ型のベビーバスはエアータイプや床置きタイプに多く、赤ちゃんが座った状態ですっぽりと収まるため、安定感があるのが特徴です。

そのほかにも、赤ちゃんが成長したあともバスマットとして使用できるマットタイプのベビーバスもおすすめ。赤ちゃんの身体を洗いやすいため、お風呂タイムが楽になります。

沐浴を行う人数で選ぶ

By: amazon.co.jp

赤ちゃんの沐浴を1人で行うか、2人で行うかもベビーバスを選ぶうえで重要なポイント。沐浴に関わる人数が違えば、チェックする点が変わってくるため、購入前に確認しておくのをおすすめします。

2人以上で沐浴を行うなら、腕どうしがぶつからないよう大きめサイズのベビーバスを選ぶのがおすすめ。また、お風呂場が狭い場合はシンクタイプのベビーバスを検討してみるのもひとつです。

1人で沐浴を行うなら、片手で赤ちゃんの身体を支えなくてはならないので安定感のある床置きタイプやエアータイプ、シンクタイプがおすすめ。さらに安全機能や、水抜き栓がついているモノならより安心です。

ベビーバスのおすすめ|床置きタイプ

永和 BABY CRAFT ベビーバス

幅80×奥行50.3×高さ29cmと余裕のあるサイズが魅力のベビーバス。大きめなので2人で沐浴を行う場合でも手がぶつかりにくく、スムーズに使用できます。安定感のある床置きタイプで、初めて沐浴をする方にもおすすめの製品です。

サイドにはすべりにくい素材を使用した手置きがついており、赤ちゃんを支える手が安定するのも嬉しい点。両サイドについているので左利きの方にも対応しています。

底には水抜き栓がついており、本体を持ち上げなくても簡単に水抜きができるため、後片付けが簡単にできるのもポイント。止水栓は固定されているため、紛失しにくいのも魅力です。

端部には石鹸やタオルなど、沐浴時に使うモノが置ける小物入れつき。また、底部にはすべり止めがついており、濡れた床でも安心して使用できるベビーバスです。

タミータブ(TummyTub) ベビーバス クリア

ドイツの助産師さんが開発したベビーバス。赤ちゃんが、お腹の中にいたときと同じ体勢を取れるためリラックスして使用できます。深さのあるバケツ型で、赤ちゃんが肩までお湯に浸かれるため湯冷めしにくいのも魅力。また、少ないお湯で沐浴できるのも嬉しい点です。

底部にはゴムストッパーがついているため、使用中にも倒れにくく安心。サイドには人間工学に基づいて設計された持ち手がついており、使い勝手がよいのもポイントです。

ダッドウェイ(DADWAY) スキップホップ(SKIP HOP) ホエールバスタブ BCSH235465

かわいいクジラ型のデザインが特徴のベビーバス。新生児期から、成長したあとまで長く使用できるのが特徴です。水深が浅めの作りなので、沐浴の準備がスピーディにできます。

成長段階に合わせて使い分けられるメッシュの背もたれつき。新生児から3か月くらいまではハンモックモード、首が座ったらお座りモード、お座りができるようになったらメッシュを外して広々モードでの使用がおすすめです。

赤ちゃんが成長したらベビープールとしても使用できるベビーバスです。

ベビーバスのおすすめ|シンクタイプ

シュナグル(Shnuggle) シンクで使えるベビーバス

シンクにすっぽり入れられるコンパクトさとスタイリッシュなデザインが魅力のベビーバス。たった2Lのお湯で沐浴ができる節水設計が魅力です。

床部には赤ちゃんのズレ落ちを予防するおしりストッパーつき。片手でも赤ちゃんが支えやすくなるため、1人で沐浴を行う方にもおすすめの製品です。

背中には柔らかい背もたれパットつき。赤ちゃんがもたれてもひんやりしにくいため、安心して使用できます。凹凸の少ないシンプルなフォルムで洗いやすく、使用後はS字フックで吊るしておけるので衛生的です。底部にはゴムのすべり止めつきで安定感もあります。

リトルプリンセス ブルーミングバス

華やかな花のデザインが印象的なベビーバス。大きな花に赤ちゃんが包まれているようなビジュアルがかわいらしい製品です。シンクに敷いて使用するタイプで、花びらの重なりでサイズ調節できるためほとんどのシンクに対応できます。

クッションには3cmの厚みがあり、赤ちゃんをしっかり包み込むため沐浴中に頭や身体をぶつけにくいのがポイント。また、お湯を入れると自然と花の中央にお湯がたまるため、少ないお湯で沐浴できます。

赤ちゃんが成長したあともさまざまな使い方ができるのが本製品の特徴のひとつ。ビニールプールやバスタブの底に敷いてクッションにするほか、デザインを生かしてプレイマットや寝相アートに使うのもおすすめです。

赤ちゃんの城 イージーバス

シンクに敷いて使うシートタイプのベビーバス。四隅に吸盤がついているので取りつけやすく、使用中にもズレにくいため快適に使用できるのが特徴です。

サイズは80×95cmで、幅70cm以内のシンクなら対応可能。使用後は小さく折りたためてスペースを取らないため、洗面所やキッチンが狭い方にもおすすめです。

シンプルな形状なのでお手入れしやすく、清潔に使用できるのが嬉しい点。さりげないトリコロールカラーもおしゃれなアイテムです。

ベビーバスのおすすめ|エアータイプ

リッチェル(Richell) ふかふかベビーバスW

バスネットを使用しなくても安心して使える、柔らかいエアータイプのベビーバス。赤ちゃんの身体や頭をぶつけにくいので、沐浴に不慣れな方にもおすすめの製品です。

背もたれ部分にはほどよい傾斜がついており、赤ちゃんの姿勢にぴったりフィット。床部にはずり落ち予防のストッパーがついているため、片手で赤ちゃんを支えるのもラクラクです。

縁は横空気層と縦空気層のW構造になっており、強度があるため赤ちゃんを支えている腕を載せても安定感があるのがポイント。背面には引っかけフックがついているので、使用後は吊るしておけます。

使用しなくなったら空気を抜けば小さく折りたためるので、収納スペースを取らないのも嬉しい点。2人目以降も使いたい方や、旅行時などに使用したい方にもおすすめのベビーバスです。

スイマーバ (Swimava) ふわふわベビーバス マカロンバス SW150GN-P

深さのあるバケツ型で、安定感のある使い心地が味わえるベビーバス。赤ちゃんがゆったりとお湯に浸かれるので、湯冷めの心配が少なく、余裕をもって沐浴させられるのが魅力です。

首が座っていない新生児期も、縁が高いため赤ちゃんの身体を支えやすく安心。赤ちゃんが成長したら、中でお座りできるので沐浴させる方の負担も軽減できます。

下段の高さまでのお湯でちょうどいい水かさになるため、水道代を節約できるのもポイント。沐浴を卒業したあとも、ベビープールにしたりおもちゃ入れとして使用したりと、便利に使えるベビーバスです。

永和 ふんわりベビーバス 499712

ふんわりしたエアークッションが特徴のベビーバス。コンパクトな作りで、床置きだけでなくシンクでの使用もできるため、シーンに合わせて使い分けられます。床部には凹凸がついており、赤ちゃんのおしりが前すべりしにくいので片手でも身体を支えやすいのがポイント。1人で沐浴させる方にもおすすめの製品です。

背もたれの角度が調節できるので、赤ちゃんの成長段階に合わせて使用可能。背面にはフック穴がついており、使用後は引っかけて干しておけるため衛生的です。

底部には水抜き栓つきで後片付けもラクラク。使用しないときには小さく折りたためるので、場所を取らないのも嬉しいベビーバスです。

ベビーバスのおすすめ|折りたたみタイプ

Freebee ソフトタブ FBST-1

簡単に折りたためるのが魅力のベビーバス。折りたたむとわずか厚み6cmになり、ちょっとした隙間に収納できるためお風呂場周りが狭い方にもおすすめの製品です。

軽くて強度の高いポリプロピレンと、柔らかいエラストマー樹脂を交互に重ねた5層構造になっており、水をたくさん入れても型崩れしにくいのがポイント。グラつきにくく、安定感のある使い心地が味わえます。

幅60×奥行40×高さ27cmと大きめなので、2人で沐浴を行う方にもおすすめ。沐浴を卒業したあとは、ベビープールにしたり洗い桶として使用したりとさまざまな使い方ができるのもメリットです。

底部には水抜き栓がついており、排水もラクラク。耐久性に優れており、折りたたみを繰り返しても変形しにくいため長期間愛用できるベビーバスです。

カリブ(KARIBU) Folding Bath PM3310

ヨーロッパやアメリカなど、世界中で愛用されているブランド「カリブ」のベビーバス。折りたたむと厚さ6cmになり、狭いスペースにもラクラク収納できるのが魅力です。

周囲にはフレームがついており、安定感のある使い心地が特徴。さらに、脚にはエラストマー樹脂製のすべり止めがついているため安心して使用できます。サイドにはシャンプーや石鹸などが置いておけるトレーつきで便利。吊るして収納したり、持ち運んだりしやすいフックもついています。

底部には水抜き栓がついており、スムーズに排水が可能。また、水抜き栓は湯温が37℃を超えると色が青から白に変わる素材を使用しているため、赤ちゃんをうっかり熱いお風呂に入れてしまうのを予防できます。

ストッケ(Stokke) フレキシバス

すっきりとしたスタイリッシュなデザインのベビーバス。幅66×奥行35×高さ24cmと大きめで、ゆったりと使用できるため2人で沐浴させる方にもおすすめです。

簡単に折りたたみができるので収納スペースが少ない方にもおすすめ。折りたたむと幅8cmとスリムになるので、持ち運びにも便利です。沐浴を卒業したらベビープールにしたりおもちゃ箱にしたりと、さまざまな使い方ができます。

床面にはすべりにくい素材を使用。底面には水抜き栓がついているため面倒な排水も簡単にできます。カラー展開が豊富で、好みに合わせて選べるのもポイントです。

ベビーバスのおすすめ|お風呂マットタイプ

リッチェル(Richell) ひんやりしないおふろマットR

独特のフォルムが特徴的なベビーバス。立体形状で赤ちゃんの身体にほどよくフィットするため、寝かせたままで赤ちゃんの身体を洗えます。初めて沐浴を行う方にもおすすめの製品です。

素材は空気を含む特殊な発泡ポリプロピレン。冷たさを感じにくい素材なので、冬場でも快適に使用できます。また、片手でも楽に取り扱えるほど軽いので1人で沐浴を行う方にもおすすめです。おしり部分は少し深めになっているため、お湯をたくさんためなくても使えるのでスピーディに沐浴準備ができるうえ、水道代の節約にもなります。

水がしみ込みにくく、立てかけておけばすぐに水が切れるので衛生的。大人が身体を洗っている間の待機場所としても使用できるベビーバスです。

まめいた お風呂用ねんコロマット

柔らかいスポンジでできたベビーバス。適度な厚みと、ソフトな弾力で赤ちゃんの頭や身体を保護するため、落ち着いて沐浴ができます。沐浴に不慣れな方や、1人で沐浴させる方におすすめの製品です。

赤ちゃんの身体にフィットするくぼみがついているため、安定感のある使い心地が魅力。端には紐がついており、使用後は吊るしておけるので乾きが早く衛生的です。

コンパクトで場所を取らないため、お風呂場が狭い方にもおすすめ。赤ちゃんが成長したあとも、バスマットとして使用できる便利なベビーバスです。

イマージ スポンジバスベッド くま

くまの形がかわいいベビーバス。赤ちゃんを寝かせたままで洗えるため、片手で赤ちゃんを支えながら洗うのが苦手な方におすすめの製品です。

中央にくぼみがついており、赤ちゃんの頭や身体が安定しやすいため落ち着いて沐浴できるのが嬉しい点。お湯を含ませておけばしばらくあたたかいため、肌寒い時期の沐浴も安心です。

素材のスポンジは水はけがよいため衛生的に使用できるのもポイント。端には紐がついており、吊るしておけるのでお風呂場が狭い方にもおすすめのベビーバスです。

ベビーバスのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ベビーバスのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。