青物や根魚、サーフでのヒラメ狙いでメタルジグにセットする「アシストフック」。メタルジグに標準搭載されているフックをアシストして、フッキング率を向上させると同時に確実なランディングを可能にします。ただ、さまざまな仕様のモデルがあり、はじめて購入する場合は迷ってしまうことも。

そこで今回は、おすすめのアシストフックをピックアップ。あわせて、選び方も解説するので参考にしてみてください。

アシストフックとは?

By: rakuten.co.jp

アシストフックとは、おもに青物などを狙うジギングで使用する「メタルジグ」にセットするフックです。市販のメタルジグには装着されていない場合もあり、標準搭載されているフックと合わせることでフッキング率のアップやバラシを軽減する効果が期待できます。

一口にアシストフックといっても多種多様なタイプがあり、ターゲットやポイントに合わせて選択することが重要。くわえて、フックの数や向き、段差の有無などにも注目しましょう。

なかには、ラメ素材を織り込んだ「ティンセル」つきの集魚効果をアップさせるモデルもあるのでチェックしてみてください。

アシストフックの選び方

サイズをチェック

By: vanfook.co.jp

アシストフックのサイズは、ターゲットやポイントの状況を判断して選ぶ必要があります。大型青物をターゲットにする場合は大きめのフックをチョイスするのが基本。小さめの魚に大きすぎるフックを使用すると、フッキング率が悪くなる可能性があるため注意が必要です。

根がかりが多発するポイントでは、フックを小さくすることでジグを失うトラブルを予防できます。ただし、メタルジグの大きさに対してフックが小さい場合、ジグを抱くようにして引っかかってしまうトラブルに要注意。メタルジグの横幅より、少し懐の広いサイズが選ぶ際の目安になります。

サイズは「#〇」といった番手表記や、S・M・Lなどメーカーやモデルによってさまざま。メタルジグを購入する際に、推奨フックサイズを表記している場合もあるのでチェックしてみてください。

フックの数をチェック

シングル

By: rakuten.co.jp

フックをひとつのみセットするのがシングルアシストフックです。フッキングポイントが1点に集中するため、ガッチリとハリ掛かりしやすいのがメリット。とくに、ブリやヒラマサなど大型青物をターゲットにする場合は、バレを防ぐために使用されます。

根が荒いポイントでボトムをとる釣りでは、根がかりを防ぐためにシングルフックがおすすめ。魚からハリを外しやすいため、活性の高く入れ食い状態で手返しの早い釣りを展開できるのもメリットです。

ダブル

By: amazon.co.jp

シングルフックを2本セットしてあるのがダブルアシストフックです。シングルフックのような深掛かりは期待できないものの、フッキングポイントが多いぶん魚に掛かる確率を高められます。フッキングが難しいタチウオやヒラメ狙いに適しているほか、スロージギングでも多用されます。

1本が魚体に刺さればもう1本も刺さる可能性が高く、低活性でしっかりと食ってこない魚に対応したいシーンやじゃれ合うようなアタリが多いときにもおすすめです。バラシを防ぎやすい一方、根がかりしやすい点に注意。ボドムを攻める釣りで根がかりが心配な場合には、フックサイズを小さくするなど工夫してみてください。

フックの向きをチェック

内向き

By: katsuichi.co.jp

2本のフックそれぞれが向き合っているタイプが内向きのアシストフック。根がかりする可能性が低いほか、1本がフッキングするともう1本もハリ掛かりしてバラシにくいのがメリットです。ただし、メタルジグ本体にハリが向いているためフックが絡みやすくなります。

ナブラが発生するような絶好のチャンスを逃したくないシーンでもおすすめ。バラシの少なさで掛けた魚をランディングしやすいのと同時に、手返しのよい釣りを展開できます。

外向き

By: katsuichi.co.jp

2本のハリそれぞれが外を向いているタイプが外向きのアシストフックです。フッキング率が高く、ガッチリと刺さりやすいのがメリット。低活性時の弱いアタリを確実にフッキングさせたいシーンでおすすめのタイプです。

ただし、フッキング率の高さは根がかりがしやすさにつながるため注意が必要。ラインにフックが引っかかる、通称「エビ」の現象にも気をつけなければいけません。

段差の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

2本のフックのラインの長さを変えて、段差をつけたアシストフックがあるのでチェックしておきましょう。2本それぞれのフックポイントがずれるため、フッキング率を高められます。また、根がかりを防ぎやすいのもメリットです。

ただし、ラインの長さが同じアシストフックは2本とも口にしっかりと掛かりやすい一方、段差が大きいほど口には1本しか掛からない可能性があります。段差アシストフックにも外向きと内向きがあるので、チェックしてみてください。

太さをチェック

By: vanfook.co.jp

アシストフックは同じ号数でも、モデルによって軸の太さが異なります。大型青物など、大きくパワーのあるターゲットには太軸のフックがおすすめ。細軸のフックは強烈な引きによって、折れたり伸ばされたりするため注意が必要です。

小型青物や根魚、口のやわらかい魚をターゲットにするときは刺さりのよい細軸タイプがおすすめ。活性が低く弱いアタリに対してフッキング率を高められます。必要以上に太いフックは口切れのバレが多発する可能性があるため、口の硬い魚には太軸、やわらかい魚には細軸を選ぶなどターゲットによって使い分けるのも方法のひとつです。

アシストフックのおすすめ

ダイワ(Daiwa) スーパーライトジギング SLJ アシストフック SS フロント ダブル

2本のフックが内向きのダブルアシストフック。根がかりが多発するポイントやバレを減らしたいときにおすすめです。スーパーライトジギング用で、強烈なアピール力が魅力のティンセル仕様。フックにはショートシャンクで掛かりの早さが特徴の「真鯛クワセ」を使用しています。

基本的にメタルジグのフロント部にセットしますが、状況によってはリア部への装着も可能なモデルです。

ダイワ(Daiwa) 鏡牙フックSS ツインアシスト

ショートシャンク採用で刺さりの早さが特徴のタチウオ専用アシストフックです。フックにフッ素メッキ加工を施した「サクサス」を採用している点に注目。魚のアゴにサクッと刺さる強力な貫通力でフッキング率を高めています。

カエシのないバーブレス仕様で、高活性時に手返しを重視したいシチュエーションでおすすめ。しなやかでキンクに強いワイヤーを使用し、歯の鋭いタチウオに対応しています。ポイント部が長い設計により、深く刺さり込んでバラシを防げるのもおすすめポイントです。

ダイワ(Daiwa) ソルティガ ライトアシストフックツイン SS 中深海スロー

中深海専用モデルとして開発されたダブルアシストフックです。水深200~300mでアカムツ・アラ・本ムツ・クロムツ・ハマダイなどをターゲットにする場合におすすめのモデル。外向きポイントでショートバイトをフッキングさせやすい「WKYフック」は、貫通力に優れたサクサス仕様になっています。

ラインには、潮色に溶け込みやすいオリジナルグリーンカラーのフロロ中芯入りPEラインを採用。リング部は特殊ノットを採用した小径のフラットタイプで、限りなくシンプルに仕上げているのが特徴です。

ダイワ(Daiwa) ライトショアジギング用フックSS

高強度ショートタイプのフックを採用した、ショアジギング用アシストフック です。伊勢尼太軸フックのヘビー仕様により、強烈なパワーの青物狙いにおすすめ。シングルフックタイプでとフッキングしやすく、掛けた大物のバラシを軽減できます。

アシストラインには、表面がなめらかながら適度な張りがある「8ブレイドライン」を採用。ライトショアジギングに適したSSのほか、より大物に対応できるショアジギング用のSS-Hをラインナップしています。ひと包装5本入りのコスパのよさも魅力です。

がまかつ(Gamakatsu) アシストフック 貫 ダブル (中芯入) ショート GA-029

2本のフックを束ねたダブルアシストフックです。内向きタイプでフッキング率を高めると同時に、掛けた魚をランディングしやすのが特徴。アシストラインの長さは当モデルのショートのほかミドル・ロングもあり、さまざまなジギングに対応可能です。

フロロ芯入りタイプで張りのあるアシストラインを採用。フロント部へ装着すれば、ジグへの抱きつきやライン絡みなどのトラブルを予防できます。しなやかさも備えたアシストラインは弱い力でフックが散りやすく、リアへの装着にもおすすめです。

がまかつ(Gamakatsu) アシストフック S.L.J. GA025

スーパーライトジギング用として専用設計されたアシストフックです。イサキ・ハタ類・小型回遊魚などにおすすめのモデル。内向きで段差をつけたダブルフックタイプにより、しっかりと食ってこない低活性の魚やじゃれ合うようなアタリに対応します。

フックは胴打ち鈎仕様で、高いフラッシング効果を発揮するのが特徴。上のハリにソフトビーズを搭載しており、バイトマーカーとしてターゲットにハリを食わせやすくしています。

オーナー(OWNER) アシストフック ジガーライト 段差 早掛 JD-22

細軸ながら強靭なフック「ジガーライト早掛」を使用した段差タイプのアシストフックです。やや広角のストレートなハリ先とわずかな段差によって、フッキングを高めているのが特徴。掛ける際はシングルフックの貫通力を発揮し、掛けてからは外向きのダブルフックのホールド力でランディングしやすいおすすめモデルです。

組糸には絶妙な張りが特徴のフロロカーボンを使用し、水中での糸絡みを防ぎます。ハリと組糸の接続はスッポ抜けを予防する構造で強度と耐久性にも優れています。

オーナー(OWNER) アシストフック ジガーライトツインシワリ JT-27

ハリ先がわずかに内側に向いた「シワリ」タイプのフックを使用したアシストフック。水圧抵抗を感じやすくするため、すべてに繊細な作りを採用したスロージギングにおすすめのモデルです。シングルフックを2本束ねた内向きのダブルアシストフックでフッキング率を高めています。

組糸と根巻き部分には強度に優れたPEラインを使用。「カルティバソリッドリング」「カルティバ熱収縮チューブ」など、高品位なパーツを採用しているのもおすすめポイントです。

オーナー(OWNER) アシストフック カルティバ WH-02

ライトショアジギング専用のシングルアシストフックです。サイズは#4~2/0から選択でき、10~100gまでのメタルジグに対応。30gほどの軽量ジグで10kgクラスのブリなどの青物をターゲットにする際におすすめのモデルです。

組糸はフロロ芯を内蔵して絡みを防いでいる仕様。フックはタフワイヤー素材「ジガーライト早掛」を採用した、青物のパワーに負けない強化仕様です。

オーナー(OWNER) アシストフック ジガーミディアム ロックアシスト JS-36

ヒラマサ・ブリ・マグロ・ロウニンアジなど、大型青物におすすめのシングルアシストフックです。水圧抵抗を減らす垂直リング設計により、ジグのフォールアクションを妨げないのが特徴。着底時にフックが横に倒れにくく、根掛かりを減らせるのもポイントです。

フックにはタフワイヤーの「ジガーミディアムロック」を採用。大型のカエシを備えており、一度掛かったら外れにくく大物をランディングする確率を高めています。強度に優れた「ゼクシオン」を本格手巻きで仕上げたラインも魅力です。

シャウト(SHOUT) アシストフック ジャコフック

フッキング性能を重視した、近海専用ファインワイヤーフック採用のアシストフックです。キラキラしたサバ皮とレインボースレッズで高いアピール力を発揮。ジグ単体では反応しなかったターゲットをフッキングに持ち込めるおすすめモデルです。

ターゲットの口へ吸い込まれやすい軽量フックとマテリアルを採用し、フッキング率が向上しているのもポイント。キャスティング用メタルジグに対応したサイズもラインナップしています。

シャウト(SHOUT) ツインアシストフック 43-TA

近海用として開発されたダブルアシストフック。カエシを2つ設けたダブルバーブ仕様により、確実なフッキングを実現するおすすめモデルです。段差をつけた外向きのダブルフックが互いにフォローし合って保持力を向上させており、バラシの軽減が期待できます。

アシストラインに耐久性と感度に優れたPEラインを採用。溶接リングやシュリンクチューブを使用するなど、細部にわたって工夫しています。

ヴァンフック(VANFOOK) スピアシングルアシスト SA-60

フック1本を使用したシングルアシストフックです。適度にコシのあるフロロカーボン入りのアシストラインを使用。ジャーク時にジグへ抱きつきにくいほか、フッキング時のパワーロスを軽減しています。

ひとつのみのフックポイントにより、すばやいフッキングとバレを減らせるおすすめモデル。メタルジグ本来の動きを最大限に生かせる仕様で、青物を狙うジギングに適しています。

ヴァンフック(VANFOOK) ジゲンワイヤーアシスト・スタンダード

サワラ・ヒラメ・ハガツオなど、歯の鋭いターゲットにおすすめのシングルアシストフックです。フックには優れたフッキング性を誇る「JIGEN」シリーズのフックを使用。アシストラインは強力ながら柔軟性もあるワイヤー「ケプラートメタルGX」を採用し、キンクのトラブルを減らせます。

透明収縮チューブで保護しており、魚の歯によるライン切れ対策は万全。ジグに合わせやすい長さ設定で、50~200gのジグに対応できる6サイズをラインナップしています。

ヴァンフック(VANFOOK) ジゲンデコアシスト JD-50

魚皮とティンセルつきのシングルアシストフックです。魚皮表面とチモト部を特殊塗料でコーティングし、紫外線に反応して蛍光発光するのが特徴。青物など大型魚にアピール力を発揮するおすすめモデルです。

フックは超軽量で優れたフッキング性能を誇る「JIGENフック」を採用。#3~#3/0まで6サイズをラインナップしており、ターゲットや使用するメタルジグに合わせて選択できます。

カツイチ(KATSUICHI) デコイ TWIN PIKE DJ-88

ロングテーパーに仕上げた、細軸ワイドゲイプ設計のニューコンセプトフック「パイクAS-03」採用のアシストフックです。高弾性のオリジナルブレイドラインとのコンビネーションにより、ショア・オフショア問わずさまざまなシチュエーションに対応します。

シーバスやマダイをメインターゲットに、タチウオ・青物などもターゲットにするライトジギングにおすすめのモデル。ダブルフックタイプで確実なフッキングとバレを防いでランディングまで持ち込めます。

カツイチ(KATSUICHI) デコイ ライトアシスト DJ-90

ワカシやサバなど小型回遊魚をターゲットにする、ライトキャスティングゲーム専用のスモールアシストフックです。ライトタックルでスムーズなフッキングを可能にする、ファインフックを採用したおすすめモデル。フックアップを重視し、外向き仕様で段差をつけています。

スプリットリングとアシストラインとの接続パーツに溶接部のない「ソリッドオーバルリング」を採用するなど、細かい工夫をこらしている点にも注目。アシストラインの遊びを少なくした仕様により、スムーズで確実なフッキングを可能にします。