オモリとハリが一体になっている「ジグヘッド」。口の小さいアジ・メバルを狙うライトソルトゲームや、淡水でのバスフィッシング、シーバスやヒラメなど大型魚をターゲットに対応できるモデルもラインナップされています。

そこで今回は、おすすめのジグヘッドをピックアップ。あわせて選び方もあわせて解説するので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

ジグヘッドとは?

By: daiwa.com

オモリとハリが一体になっているリグが「ジグヘッド」です。バスフィッシングやライトソルトフィッシングで使用され、「ワーム」と呼ばれるソフトルアーをセットします。とくに、最近人気のアジングやメバリングは欠かせないアイテムです。

釣りジャンルや魚種、攻め方に応じたさまざまなモデルがラインナップされているため、シーンに適合するタイプを選ぶことが重要。使用するワームの大きさにフックサイズを合わせる必要があるほか、使用するタックルのパワーバランスなども考慮しておきましょう。

ジグヘッドの選び方

ヘッドの形をチェック

丸型ジグヘッド

By: amazon.co.jp

ラウンドタイプのオモリとハリが一体になっているのが丸型ジグヘッドです。もっとも一般的な形状で、表層のただ巻きでスイミングさせたり、足元に落とし込んだりとオールラウンドに使えます。とくに、シャクリと落とし込みを繰り返すリフト&フォールで誘いたい場合に有効です。

また、シンプルな鉛タイプのほか目玉を付けたり塗装したりと、よりリアル感を演出しているモデルもあるのでチェックしてみてください。

円柱型ジグヘッド

By: amazon.co.jp

円柱形のオモリとハリが一体化しているのが円柱型ジグヘッドです。一定の水深をキープしやすいタイプで、魚がいるタナをキープしながら狙いたいときに便利。単純な円柱というよりは側面を平らにしたり、くぼみをつけたりと工夫をこらしたモデルが主流です。

使い方はキャストして着水したらカウントダウンしながら沈ませて、ゆっくりとリトリーブするだけ。釣れないようならカウントダウンの回数を替えながら繰り返し、釣れるタナを見つけます。リトリーブのスビードを変えたり、ジグヘッドの重さをローテーションしたりすれば、より多くの魚へのアプローチが可能です。

矢じり型ジグヘッド

By: amazon.co.jp

先の尖った、まさに矢じりの形をしたオモリとハリが一体化しているタイプです。水流抵抗を受けてダートしやすいのが特徴。フォーリング時やリトリーブ時など、動かしたときのイレギュラーなアクションがターゲットを誘います。

丸型より着底姿勢が安定しやすく、根掛りを防ぎやすいのもポイント。モデルによって形状が異なり、レンジキープしやすいタイプやダートアクションが大きいモノなどさまざまな種類がラインナップされています。

重さをチェック

軽いジグヘッド

By: daiwa.com

ジグヘッドの重さはモデルによってさまざまで、キャスト性やアクションに大きく関係するためチェックしておきましょう。一般的にアジングやメバリングなどのライトソルトゲームでは、1g前後のジグヘッドがベースになります。

1g以下の軽いジグヘッドは表層をゆっくりリーリングするほか、フォーリングスピードを遅くしてナチュラルに誘いたいときにおすすめ。スレた魚に対して口を使わせやすく有効です。

ただし、軽いジグヘッドほどキャストしにくいので注意が必要。ロングキャストで狙いたいときや強風時には適していないため留意しておきましょう。

重いジグヘッド

By: daiwa.com

1~2g以上の重たいジグヘッドは、スピーディーな釣りを展開したいときにおすすめ。中層をリトリーブしたいときや、ボトムをズル引きしたいようなシチュエーションでも活躍します。

潮流の速い場所でも使いやすく、強風時にキャストしやすいのもメリットです。ロッドに重みを感じやすいため、操作性にも優れています。ただし、スレた魚を繊細な動きで誘いたいシーンには適していないので留意しておきましょう。

なかには、大きめのワームをセットできる、シーバスやサーフでのヒラメ狙い向きのヘビーウエイトモデルもラインナップ。ハードルアーで反応がないときや、活性の低い場面で活躍します。

フックの形状をチェック

ストレートゲイブ

By: daiwa.com

ハリの軸と平行になるように角度を保っているタイプがストレートゲイブです。ノーマルゲイブとも呼ばれ、アジング用のほか、メバリング用のジグヘッドにも多く採用されています。

ワームをスイミングさせる場合に適した形状で、オールラウンドに使いやすいのが特徴。さまざまなターゲットや釣り方に対応できます。ハリ先に力がスムーズに伝わりやすく、魚がつつくような繊細なアタリでもフッキングしやすいのもポイント。スローリトリーブ中の弱く吸い込むようなアタリにも対応し、向こうアワセでフッキングさせやすいタイプです。

オープンゲイブ

By: daiwa.com

ハリ先が軸に対して開いているのがオープンゲイブのジグヘッドです。アジング用ジグヘッドに多く採用されています。リトリーブに適したストレートゲイブに対して、フォーリングの釣りを展開したいときに適したタイプ。魚がリグを吸い込んで吐き出すときにハリが口に引っ掛かりやすく、ショートバイトで威力を発揮します。

アジの吸い込みや吐き出しの速さに対応して、アワセを入れてフッキングさせたいときにも活躍。フックポイントが外向きのため、わずかな力でフッキングさせやすくなっています。ストレートゲイブでなかなかフッキングしないときに使うのもおすすめです。

ジグヘッドのおすすめ

ダイワ(Daiwa) 月下美人 SWライトジグヘッドSS

By: daiwa.com

丸型タイプに目玉を付けたリアル感のあるジグヘッド。夜光タイプのカラーリングで夜釣りに適しているほか、常夜灯下や月明かりの強い日にもおすすめです。

ストレートゲイブで強力なフッキング性能を発揮するサクサスを採用。独自のフッ素系特殊ブレーティング加工を施し、刺さり性能が従来の塗装ハリと比較して最大40%向上させています。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 SWライトジグヘッドSS OG

アジングにおすすめのオープンゲイブタイプのジグヘッドです。アジがジグを吸い込んだときにフックポイントが上アゴを貫通しやすく、向こうアワセのオートマチックなフッキングを実現します。フックには優れた貫通性を発揮するサクサスを採用し、高強度マテリアル製ワームをセットしやすいのもポイントです。

フッ素特殊ブレーディングを施した刺さりやすいハリは、小さなアジのアタリやショートバイトを逃さずにキャッチ。0.5〜2.5gまで、さまざまな種類がラインナップされています。

ダイワ(Daiwa) TG 月下美人 SWライトジグヘッドSS

By: daiwa.com

素材に高感度タングステンを採用した丸型ジグヘッド。鉛製ヘッドよりワンサイズコンパクトにできるため、空気抵抗を軽減して飛距離アップを実現します。前方に設けたカップによって、適度な水中抵抗を受ける点にも注目。ゆっくりフォールしながらアピールでき、スレたアジやメバル攻略におすすめです。

安定したスイム姿勢と底取りもわかりやすく、ボトム攻略にも適しています。圧倒的な貫通力を誇るフッ素特殊ブレーディング加工のサクサスを採用。かえしをわずかに設けたセミバーブレスタイプの超細軸フックを搭載し、ショートバイトを逃さないおすすめアイテムです。

シマノ(SHIMANO) ソアレ タングステン ファインヘッド

円柱形に少し変化を加えた形状が特徴のジグヘッドです。オリジナルタングステンヘッドを採用し、同じ号数でも鉛よりひと回りコンパクトにできるのがポイント。飛距離を少しでも稼ぎたいときに活躍するほか、優れた感度でボトムのズル引きなどにもおすすめのモデルです。

刺さりやすく伸びにくい軸径0.6mmのオリジナルアジングフックを搭載。アジング専用としてストレートゲイブよりやや外向きのフックポイントを採用して、バラシを軽減しています。ラインやスナップを通しやすいラージアイを搭載し、快適な釣りをサポートしているのもポイントです。

エコギア(Ecogear) シラスヘッド

ワームやジグ、関連アクセサリーを専門に展開しているエコギアのジグヘッドです。ライトゲーム専用に開発されたモデルで、ストレートゲイブタイプのフックを搭載。食いの浅いアタリをキャッチしたい、メバリングにおすすめです。

魚の頭のような独特の形状はウエイトバランスに優れ、安定したスイム姿勢をキープ。シャープな仕上がりのハリ先でメバルのショートバイトをフッキングに持ち込めます。

メジャークラフト(Major Craft) ジグパラ ヘッド

フォール姿勢を重視した低重心設計のジグヘッド。アジが回遊しているタナへスムーズにフォールさせて狙いたいときにおすすめのモデルです。円柱形のサイドをフラットにした形状で、ジャークすると一瞬横向きになってアジのリアクションバイトを誘います。

低重心設計で安定したリトリーブが可能。ハリ先は、掛かりを重視した上向き設計のオリジナルフックを採用しています。ハリの軸部分にワームのズレ防止夜光バイトマーカーを備えているのもポイントです。

ティクト(TICT) アジスタ!

スタンダードな丸型ヘッドを採用しているジグヘッドです。鋭い刺さりと耐久性が特徴のハイカーボン素材フックを採用。SS・S・Mの3サイズを展開し、金針を使用したアジング専用モデルです。水受け断面を設けて、斜め上にスイミングさせることを意識した設計になっています。

アジの口にスムーズに入りやすいショートシャンクを採用。また、夏場の豆アジの数釣りや、スレたアジ攻略におすすめのマイクロフックを採用しているおすすめアイテムです。

オーナー(OWNER) アジ弾丸

フラット面を設けた独特な形状が特徴のジグヘッド。持ちやすくなっており、メバルよりヌルが指先に付きやすいアジにおすすめのモデルです。センター部にはスリットを設けて指が滑りにくく、手返しの速い釣りを展開したときに役立ちます。

アジ用のやわらかいワームのズレを防止できるスレッドキーパーを搭載。最初のバイトでフッキングせずとも、そのままセカンドバイトを誘発できます。スレッドキーパーはグラム別で色分けされているなど、細かい部分に工夫をこらしているのもポイントです。

マルシン漁具 バリュージグヘッド ダート

矢じり型ヘッドを採用したジグヘッド。リグを横滑りさせるようなダートアクションで魚を誘うのにおすすめのモデルです。1〜3gまで4サイズを展開しており、重さによって10~30個入りとお買い得なのも魅力。根掛りでロストするのを気にせずに使えるため、ボトムのズル引きを多用する方にも適しています。

ストレートゲイブタイプでアジングのほか、メバリングでも活躍。ワームのスイミングに適した形状で、オールラウンドに使いやすいのもポイントです。

ジャッカル(JACKALL) ワッキージグヘッド

ジグヘッドを垂直にチョン掛けするスタイル「ジグヘッドワッキー」用に開発された、専用ジグヘッド。ヘッドには高比重タングステンを採用し、ボトムやストラクチャーを攻める際に感度が伝わりやすいおすすめのモデルです。

シーンに応じて選べる0.6~2.7gまでの重さをラインナップ。ウィードエリア攻略に活躍するウィードガードを備えたモデルもあるので、チェックしてみてください。

ダイワ(Daiwa) シーバスジグヘッドSS

シーバス用に開発されたワーム「モアザン ミドルアッパー」対応のジグヘッド。前方重心設計を採用しており、スイミングやダートなどさまざまなテクニックに対応できる安定した姿勢をキープします。さまざまなワームをセットでき、ハードルアーで食わないときの戦略として用意しておきたいおすすめのモデルです。

フックには、優れた貫通力を発揮するフッ素系特殊ブレーディング加工を施したサクサスを採用。シーバスの口にがっちりとフッキングさせます。5~28gまで豊富にラインナップされており、シーンによって使い分けてローテーションできるため便利です。

オーナー(OWNER) カルティバ 静ヘッド JH-61

シーバスやヒラメなど、大型魚をターゲットした釣りに適したジグヘッド。表層から中層を一定スピードでリーリングするほか、ボトム付近のリフト&フォールを駆使したスイミングにも効果的です。

不要な動きを排除したサイレントヘッドを採用しているのもポイント。低振動タイプのワームとの組み合わせに適しています。また、円錐形で、根掛りの多い場所での使用にもおすすめです。

オーナー(OWNER) JH-60 ファイアヘッド 25g #2/0

高比重タングステン素材を採用したジグヘッド。重さ25gの大型タイプで、ヒラメやマゴチなど大型魚狙いにおすすめのモデルです。重心移動式のアイを搭載し、キャスト時に重心がアイポジションに移動して飛行姿勢が安定。強風時でもロングキャストを可能にしています。

着水後はスイミングに適したアイポジションへ移動。4~5インチのワームを安定させた状態でリーリングするのに適しています。