「ルアーケース」は、釣り歴が長い方にはもちろん、釣り初心者にとってもルアーの管理や持ち運びをするのに便利なアイテムです。しかし、いくつかタイプがあったり、モデルによってサイズが異なったりと、自分に合うモデルを選ぶのに苦労することも。

そこで今回は、おすすめのルアーケースをご紹介します。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ルアーケースの選び方

種類で選ぶ

ハードケースタイプ

By: amazon.co.jp

ハードケースタイプのルアーケースは、箱型でプラスチック素材が使われているのが一般的です。中に仕切りが付いているモノや、表裏両方に蓋が付いているモノなど、さまざまな種類があります。

また、種類ごとに分けて収納できたり、高さがある分厚みのあるルアーも収納できたりするのが特徴。大小さまざまなルアーを持ち運びしたい方にぴったりのタイプです。仕切りが付いているタイプのモノを選ぶ際は、仕切りを移動させられるモノを選ぶのがおすすめ。形の異なるルアーに合わせて調節ができるため便利です。

さらに、ハードケースは丸洗いができるため、水切りが付いているモデルを選んでみてください。ルアーを入れたままケースとルアーを同時に洗浄することが可能です。

ワレットタイプ

By: amazon.co.jp

ワレットタイプのルアーケースは、ハードケースタイプに比べてサイズが小さく、柔らかい素材が使われているのが特徴。中にスポンジが搭載されており、針をスポンジに刺すことで収納できます。

同じサイズのルアーを並べて収納したり、スプーンやエギのような厚みのないルアーを収納したりする際にぴったり。また、1つずつ並べて収納できるので、使いたいルアーを簡単に探せて、スムーズに取り出せるのもワレットタイプならではの魅力です。

さらに、軽量で持ち運びしやすいのもメリット。デザインがおしゃれなモノが多いので、見た目にこだわりたい方にもおすすめのタイプです。

バッグやポケットに合わせて本体サイズを選ぶ

By: daiwa.com

ルアーケースは、バッグやポケットに入らなければ持ち運べないため、本体サイズを確認しておくのも重要。バッグやポケットの中で動いてしまうのを防ぐためにも、ぴったりのサイズのモデルを選ぶのがおすすめです。

なお、最近ではベストのポケットや、タックルボックスに合うようにサイズが設計されているモデルも発売されています。特に、ベストやタックルボックスと同じメーカーのルアーケースを購入する際は、専用のモデルがないかどうかチェックしてみてください。

手持ちのルアーが入るかどうか内寸をチェック

By: daiwa.com

ルアーケースを購入する際は、内寸をチェックしておくのも重要です。サイズが小さすぎるとルアーを収納できず、逆に大きすぎると中でルアー同士が絡み合ってしまったり、塗装が落ちてしまったりする原因になります。

そのため、ルアーのサイズにぴったりか、少し大きめのサイズのルアーケースを選ぶのがおすすめ。また、ルアーケースのなかには、どんなルアーに対応しているか明記しているモデルもあるため、内寸サイズとあわせて事前にチェックしておきましょう。

収納力をチェック

By: daiwa.com

ルアーをたくさん所有している場合には、収納力もチェックしておく必要があります。なかでもおすすめなのが、表裏両面が開くリバーシブルタイプのルアーケース。収納力が高く、両面からルアーを取り出せるため、使いたいルアーを見つけるのに時間がかかったり、フックが絡んだりするのを防げます。

厚みがない分、収納できるルアーに限りはありますが、事前にサイズを確認し自身のルアーに合うモノを選べば、便利に使用することが可能です。

防水性をチェック

フックの替えや、錆びてしまう恐れのあるモノを収納する場合には、防水性のあるルアーケースを選ぶのがおすすめ。ルアーケースを海や川に落としてしまっても、浸水を防ぐことが可能です。

また、川釣りでは、水が深い場所まで歩いて釣りをすることもあり、ポケットやバッグに入れていたルアーケースが水没してしまうことも。ルアーケースが水没し、使わないほかのルアーが濡れてしまうと、メンテナンスに手間がかかる恐れがあります。川釣りをより快適に楽しみたいのであれば、防水タイプのルアーケースを選ぶのがおすすめです。

ルアーケースのおすすめ

メイホウ(MEIHO) リバーシブル 140 クリア

機能性・収納性に優れたルアーケースを探している方におすすめのモデルです。リバーシブルタイプなので、スペースを有効活用することが可能。また、仕切りがあるため、エギのシンカー部分や、ルアーのトリプルフックが溝に収まるのも魅力です。

中でルアー同士がぶつかりにくいので、塗装が剥がれてしまったり、フック同士が絡み合ったりするのを防げます。さらに、水抜きダクトも付いているため、メンテナンスが簡単なのもおすすめポイントです。

内寸は横180×縦140mm。深さは35mmあります。素材にはポリプロピレンが使用されており、本体サイズは205×145×40mmです。

メイホウ(MEIHO) リバーシブルF-86

本体サイズ140×104×22mmとコンパクトなのが特徴のルアーケースです。ポケットやバッグに入れやすく、携帯性を重視したい方におすすめ。また、リバーシブルタイプで、対面トライアングル構造を採用しているため、収納力に優れているのもおすすめポイントです。

特に、ライトゲーム用のプラグやジグなどを収納するのにぴったり。仕切りも付いているので、中でルアー同士がぶつかることもありません。さらに、水切りダクトが付いているため、ルアーを入れたまま水洗いでき、利便性にも長けています。

メイホウ(MEIHO) マルチ VS-3010NDM

ソフトルアーを収納したい方におすすめのモデル。ワームはルアーケースによって収納している最中に溶けてしまうことがありますが、本製品はワームプルーフ加工が施されています。また、仕切りが3枚付いており、位置を変更することが可能なので、手持ちのルアーに合わせて使い分けできます。

なお、内寸は196×121mm。深さは35mmあります。本体サイズは205×145×40mmと、釣り用のゲームベストに入れやすい大きさ。カラーはクリアとスモークブラックの2色展開です。

C&Fデザイン CFL-1344C

小型ミノーを収納できるルアーケースを探している方におすすめの製品です。合計8つの仕切りがあり、全長75×幅26mmまでのミノーを最大16本収納可能。ケース内を仕切るフタには強力なマグネットが備わっているため、ケースを開けた際にルアーが落ちるのを防げます。

また、本体サイズは124×94×32mm、重量84gとコンパクトかつ軽量なのもおすすめポイント。ミノーを持ち歩いて釣りを楽しみたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ダイワ(Daiwa) ルアーケース(マルチケース) 210T

機能性に優れたルアーケースを探している方におすすめのモデルです。ワンタッチで開閉できる構造なので、釣りをしている最中でも簡単に開け閉めできるのが魅力。また、ケースのフタには透明ポリカーボネイトが使われているので、フタを開けずに中身を確認できるのも人気の理由です。

さらに、仕切り板は位置を変更できるので、持っているルアーに合わせて使いやすいようにアレンジが可能。ルアーだけでなく、釣りに必要な小物類も収納できます。なお、本体サイズは210×146×40mm。水切り穴も付いているため、ルアーを取り出さずに水で丸洗いすることも可能です。

ダイワ(Daiwa) 月下美人 ローテーションケース

ほかのモデルに比べて、内寸65×30×10mmとコンパクトなのが特徴のワーム専用ルアーケースです。片手で扱えるため、スムーズに出し入れできるモデルを探している方におすすめ。また、首からぶら下げたり、ピンオンリールに取り付けたりすることも可能なので、持ち運びも簡単です。

さらに、防水加工が施されているのもおすすめポイント。シリコンパッキンが備わっているので、ワームだけでなく、釣りアイテムを収納しておくのに使用できます。

アブガルシア(Abu Garcia) ルアーケース リバーシブル 100

スプーンやトラウトミノー、エギなど、さまざまなルアーを収納できるのが魅力のルアーケースです。エギのカンナ部分や、ルアーのトリプルフック部分を溝に差し込んで収納するタイプなので、ケース内に無駄なスペースを作ることなく収納できます。

また、リバーシブルタイプのなかでも、収納力に長けた対面トライアングル構造を採用しているのが魅力。さらに、仕切り部分がオリーブグリーン、フタがスモークグレーと見た目がおしゃれなのもおすすめポイントです。なお、内寸は193×100mm。本体サイズは200×126×36mmです。

エバーグリーン(EVERGREEN) エギボックス スタンダードタイプ

エバーグリーンは、釣り用具やレジャー用品を企画製造するメーカーです。本製品は縦置きで4号サイズまでのエギを10本収納できるのが特徴。低反発ウレタンを使用することでエギのテールを確実に留めておくことが可能です。

また、独自のスリット形状によって、ルアーの出し入れがしやすいのもおすすめポイント。ルアーの整理整頓がしやすく、使い勝手がよいモデルを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。なお、本体サイズは255×190×28mmです。

タカミヤ(TAKAMIYA) REALMETHOD ランガンケース

ワームやミノー、ジグなど、さまざまなルアーを収納できるルアーケースです。内寸は170×82×16mm。リバーシブルタイプで、仕切りタイプとフォームタイプを使い分けられます。

また、フォームにはポリエチレン製のマットを使用。特許を取得した特殊加工が施されているため、スリットを確認しやすいのが魅力です。

さらに、移動させられる仕切り板が15枚付いているのもおすすめポイント。ワームプルーフ加工がされているうえに、蓋にはワームがくっつくのを防ぐ「ワームスリップ加工」も施されています。

タカミヤ(TAKAMIYA) ライトゲームボックス L

アジングやメバリングなど、ライトルアーフィッシングを楽しみたい方におすすめの製品。表面は仕切りタイプ、裏面はスリットフォーム仕様と、リバーシブルタイプなので収納力に長けています。

特に、スリットを設けている裏側は、ワームにフックを付けたまま収納できるので便利。ワームプルーフ加工がされているので、ワームが溶けるのを防げるのもポイントです。

また、フタが透明なので、ルアーをスムーズに出し入れできるのも魅力。さらに、防水仕様なので、中のルアーが濡れるのを防げます。本体サイズは約152×100×460mm、重量は165gです。

アムズデザイン LURE CASE 3010NDM

おしゃれな見た目のルアーケースを探している方におすすめのモデルです。バイオレットやネイビー、マリーンなど、カラーバリエーションが豊富なのが人気の理由。また、蓋部分が透明なので、開閉しなくても中身を確認でき、スムーズにルアーを取り出すことが可能です。

本体サイズは205×145×40mm。厚みのあるルアーやミノーなど、さまざまなタイプのルアーを収納できるのもおすすめポイント。仕切りは可変式なので、使いやすいようにアレンジができます。ほかのモデルよりも価格が安いので、コストパフォーマンスを重視する方にもぴったりです。

フォレスト(FOREST) ルアーケース M デニム

ワレットタイプのため、同じサイズのルアーを並べて収納したり、厚みのないルアーを収納したりできるモデルを探している方におすすめ。中にはクッションが備わっており、ルアーを見つけやすいのも魅力のひとつです。

また、プラスチック製の仕切り板によってルアー同士がぶつかるのを防げるのもおすすめポイント。ポケットも複数あるので、収納力に優れています。なお、サイズは215×95×45mm。おしゃれなデザインのため、見た目にこだわりたい方も購入を検討してみてください。

ダイワ(Daiwa) エメラルダス エギホルダー

薄型かつ大容量なモデルを探している方におすすめのルアーケースです。本体サイズは250×190×30mmで、イカ釣りに使われるエギを収納するのに便利なモデル。透明ポリカーボネイト製のパネルを採用しているため、エギをスムーズに取り出すことが可能です。

また、エギを固定しやすいよう、シンカーホルダーが付いていたり、カンナ部分を保護するカバーが付いていたりと、機能性に優れているのもおすすめポイント。大事なエギをしっかり固定しておけるので、ケース内でエギ同士がぶつかったり、絡み合ったりするのを避けられます。

シマノ(SHIMANO) セフィア エギホルダー BP-221S

本製品は、エギ専用のルアーケースです。本体サイズは450×250×180mm。3.5号のエギであれば18本ほど収納できるサイズです。また、内部にはスポンジを備えており、エギを出し入れしやすいのが魅力。エギが落ちるのを防ぐことも可能です。

さらに、ケースの底部分にはメッシュ素材が使われているため、水切れがよいのもおすすめポイント。取っ手が樹脂素材でできているので、開閉しやすいのも魅力のひとつです。

RYUGI(リューギ) R-TANK HOOK STOCKER L

フックを収納しておくのにおすすめのルアーケースです。本体サイズは160×95×47mmで、ウレタンスリットフォームを全面に採用しているのが特徴。フックのほかに、ジグヘッドやスモラバも収納できます。

また、フックのサイズやジグヘッドの重さがひと目でわかるよう、内側に貼り付けられるシールが付属するのもおすすめポイント。各アイテムの整理にも役立ちます。

さらに、防水パッキンを採用しているため、雨天時の釣りでも中身が濡れるのを防げるのも魅力。本体の四隅にはコーナーバンパーが付いており、落下時の破損を防ぐことが可能です。