アウトドアシーンで敷布団のような役目を果たす「キャンプマット」。テント内での寝心地をよくするためには必須のアイテムです。しかし、製品によってタイプやサイズ、断熱性などが異なるため、どの製品を選ぶべきか迷ってしまうことも。

そこで今回は、おすすめのキャンプマットをご紹介します。選び方やおすすめのブランドについても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

キャンプマットを使うメリットとは?

凹凸のある地面でも寝床を確保できる

By: amazon.co.jp

キャンプでは必ずしも地面が平面な場所にテントを張れるとは限りません。地面に凸凹のある場所でテントを張る際は、キャンプマットを寝袋の下に敷くことで、凸凹を気にせず横になれます。クッション性があるので、より快適に寝転びたい方にとっては欠かせないアイテムのひとつです。

断熱効果で底冷えを防止

By: amazon.co.jp

キャンプマットは、断熱効果が期待できるのもメリットです。キャンプマットを使用しない場合、寝袋が持つ保温性を生かせないことがあるため注意が必要。冬だけでなく、夏でも夜になると地面が冷えるので、底冷えを守るためにもキャンプマットを用意しておきましょう。

キャンプマットの種類

価格が安く購入しやすい「銀マット」

By: amazon.co.jp

コストパフォーマンスを重視している方には銀マットがおすすめです。買い求めやすい価格が設定されているのが特徴。切ることも可能なので、用途に合うサイズに調節して使用できるのもメリットです。

また、折りたたんだり丸めたりもできるため、持ち運びしやすい製品を探している方にもぴったり。一方、薄い製品が多いので事前に厚さを確認しておきましょう。

断熱性に優れた「ウレタンマット」

By: dod.camp

ウレタンマットは、断熱性に優れているのが特徴。底冷えを低減したい方にぴったりのタイプです。また、銀マットより厚みがあるモノが多く、マットが硬めなので、凸凹な地面の上にも敷けます。

さらに、耐久性にも優れているため、長い期間使用し続けられるのもメリット。銀マットに比べてかさばりやすいものの、携帯しやすい軽量な製品もラインナップされています。

寝心地がよくコンパクトに収納できる「エアーマット」

By: amazon.co.jp

エアーマットは、風船のように空気を入れることで膨らませるのが特徴です。ウレタンマットに比べてふかふかな寝心地を得られるのが特徴。断熱効果も期待できます。

設営するのに時間がかかるのが難点ですが、空気を抜けば持ち運びしやすくなるのもメリット。穴が空くと使えなくなってしまうため、使用する際は注意しましょう。

自動で空気を入れられる「インフレーターマット」

By: amazon.co.jp

インフレーターマットとは、自動で空気を入れられるキャンプマットのこと。バルブを緩めると空気が入るので、エアーマットよりも設営しやすいのがメリットです。未使用時は空気を抜くことでコンパクトになり、保管スペースを取りません。

エアーマットに比べると薄いモノが多いですが、クッション性があるので寝心地は良好。ほかのタイプよりも価格が高いものの、寝心地と設置のしやすさを兼ね備えた万能タイプです。

キャンプマットの選び方

身長やスペースに合わせたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

キャンプマットを選ぶ際は、身長や使用するスペースに合う製品を選ぶのがポイント。特に、寝心地のよさを重視したい場合には、足や頭がはみ出ないように、身長よりも少し大きいサイズの製品を選ぶのがおすすめです。

また、テント内で使用する場合にはテントの内寸を、車で使用する場合には車内のスペースを事前に把握しておくのも重要。サイズが大きすぎると使用スペースに収まらない可能性があるため、注意しましょう。

収納時のサイズや重量もチェックしよう

By: amazon.co.jp

キャンプマットを選ぶ際は、収納時のサイズや重量をチェックしておくのもポイントです。車に積んで持ち運ぶ場合には、ほかの荷物と一緒に積む必要があるため、コンパクトにたためる製品がおすすめ。特に、空気を抜くとコンパクトになるエアーマットや、インフレーターマットが向いています。

一方、キャンプマットを持って行動する時間が長い場合は、銀マットをはじめとした軽くてかさばらない製品を選びましょう。

防水加工されているモノがおすすめ

キャンプや登山では、突然の雨や結露によってテントのなかに水が溜まることがあります。キャンプマットが濡れるとマットが冷えて寝心地が悪くなるため、防水加工が施されている製品を選ぶのがおすすめです。

キャンプマットのなかには、PVC加工が施されている製品もラインナップされているので、事前にチェックしておきましょう。

断熱性は「R値」をチェック

寒い冬の季節にキャンプマットを使用する場合には、断熱性をチェックしておきましょう。断熱性は「R値」で示されているのが一般的。R値が高いと、断熱性が高い製品といえます。

冬にキャンプマットを使用する際は、R値が3〜5程度の製品を選ぶのがおすすめです。また、春〜秋の場合にはR値2〜3.5くらい、夏はR値2未満の製品が向いています。

重ね使いで断熱性もUP

By: amazon.co.jp

キャンプマットは複数枚重ねることで断熱性を向上させることが可能です。氷点下になる場所でのキャンプをはじめ、より身体を冷えから守りたい場合には、重ね使いも検討してみてください。

また、まずは春〜秋用にキャンプマットを用意しておき、冬になったら追加で購入してオールシーズン対応できるように準備するのもおすすめです。

キャンプマットのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は世界で愛されるブランドのひとつ。登山グッズやアウトドアアイテムの開発を行っています。モンベルのキャンプマットは、高品質な製品が多いのが特徴です。耐久性に優れているので、長い期間使用し続けられます。

また、「Light&Fast」というコンセプトにもあるように、軽量でスムーズに設置できる製品が多いのも魅力です。使い勝手のよさを重視したい方も、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

オクラホマ州でランプの発売から事業を開始した「コールマン」。現在ではテント・チェア・テーブルなど、さまざまなアウドドアアイテムを展開しており、多くのファンに親しまれています。

コールマンのキャンプマットは、初心者向けの価格が安い製品から、上級者向けの品質を重視した製品まで、幅広くラインナップされているのが特徴。また、おしゃれなデザインの製品も多いので、見た目にこだわりたい方にも向いています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、アウトドア用品を取り扱う国内ブランド。テントやバーベキューコンロはもちろん、サイクリング用品やガーデニング用品まで、幅広くニーズに合わせた製品開発を行っています。

キャプテンスタッグのキャンプマットは、機能性に優れた製品が多いのが特徴。価格も安いため、コストパフォーマンスを重視したい方は要チェックです。

キャンプマットのおすすめモデル

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム エアパッド 180

保温性に優れているのが魅力的

チューブの間に隔壁を設けるボックス構造を採用したキャンプマットです。隔壁を高く設定していることで、保温性に優れているのが特徴。エアーマットタイプのため、ふかふかな寝心地を得られます。

また、軽量化をはかるために、必要のない部分をカットしているのもおすすめポイント。重量はスタッフバッグを含めて514gです。空気を抜けば、直径11×20cmとコンパクトに収まるのもメリット。持ち運びしやすいモデルを探している方にも向いています。

さらに、逆止弁付き空気注入バルブが付いており、逆止弁を押しのけることでスムーズに空気を抜くことも可能。サイズは、長さ180×幅50×厚さ7cmです。

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム アルパインパッド25 180

収納時のサイズがコンパクトで、保管時に場所を取らない

軽量かつ保温性に優れているのが魅力のキャンプマットです。サイズは長さ180×幅50×厚さ2.5cm。生地・バルブ・バックルなど、細部にわたって軽量化をはかっています。重量は664g。収納時のサイズは直径16×25cmとコンパクトなので、保管時に場所を取りません。

また、握力に自信がない方でも簡単にマットをしまえるよう、付属のスタッフバッグが大きめに設計されているのもおすすめポイントです。

本製品は、肉抜きされていないスポンジを使用することでクッション性・保温性を均一に保っているのもメリット。さらに、ピローストラップが付いており、スタッフバッグに衣類を詰めて枕として固定することも可能です。

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス S 170A6487

水に強く、雨や結露によってマットが冷えにくい

素材にPVCを使用しているため、水に強いのが魅力のキャンプマットです。雨や結露によってマットが冷えにくいのが魅力。エアーマットタイプなので快適な寝心地を得られます。

また、バルブにはダブルロック構造を採用しており、開閉しやすいのもおすすめポイント。使用時のサイズは約187×97×19cmあります。ロール式で、重量は約2500g。エアーマットタイプのなかでも、持ち運びしやすい製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルlll 2000032354

人気ブランド「コールマン」のインフレーターマットです。マットの膨らみが足りない場合には、付属の収納ケースに空気を溜め、空気栓から空気を入れることが可能。未使用時は丸めることで、約直径15×70cmとコンパクトに収まるので、荷物を減らしたいソロキャンパーやツーリングキャンパーに向いています。重量は約1800gです。

使用時のサイズは約63×195×5cm。同製品を追加で購入すれば、スナップボタンによって連結できるのもおすすめポイントです。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマットハイピーク シングル 2000036153

厚さが10cmあるため、ベッドのような快適な寝心地を得たい方におすすめのキャンプマットです。インフレーターマットなので、初心者でも手軽に設営ができます。空気が足りない場合には、付属の収納ケースがポンプの代わりになるのもメリットです。

組み立てる際は、空気が出入りしやすいようバルブを全開にしておくのがおすすめ。加圧する場合には、逆止弁を内側にすることで空気の逆流を防ぎ、効率よく空気を入れられます。また、逆止弁を外側にすれば、収納する際にスムーズに折りたたむことが可能です。

本製品の重量は約2700g。収納時は約直径21×72cmとコンパクトに収まります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングジャバラマット UB-3046

すぐに敷けてすぐに折りたためるキャンプマットです。使用時のサイズは、約長さ200×幅80cmなので身長が高い方に向いています。

銀マットタイプで、厚さは約0.8cm。収納時のサイズは約80×32cmとコンパクトになるため、ツーリングキャンプなど、荷物を減らしたいときにも適しています。気軽に使えるので、本格的なアウトドアだけでなく、ピクニックやお花見などでの使用にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット56×182cm M-3318

価格が安く、コストパフォーマンスを重視したい方におすすめのキャンプマットです。水に強いうえに軽量で、柔らかく弾力のあるEVA樹脂を使用しているのが魅力。厚さが約2cmあり凹凸が施されているので、クッション性があります。また、凸部にあたたかい空気が溜まりやすく、保温性に優れているのもポイントです。

サイズは約長さ182×幅56cm。キャンプマットとしてはもちろん、ヨガマットなどとして使用することも可能です。さらに、折りたたんで付属のゴムバンドで留めるとコンパクトになるので、収納しやすいのもメリット。収納時のサイズは長さ56×13×12.5cmです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングFDマット M-3303

スムーズに設営・撤去ができるキャンプマットです。ジャバラ式で、さっとコンパクトに折りたためます。荷物がかさばってしまうのを避けたい方におすすめです。

本製品は、内部素材には発泡ポリウレタン、カバー素材にはナイロンを使用。シンプルな構造なので、はじめてキャンプマットを購入する場合にもおすすめです。扱いやすいキャンプマットを探している方はチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) 55セルフインフレートマット ソロ 72884170

リバーシブルデザインが魅力のキャンプマット。表にはアウトドアシーンに馴染むグリーン、裏には落ち着いたブラウンを採用しており、シーンや気分に応じて使い分けできるのが特徴です。

インフレータブルマットなので、バルブを緩めるだけで空気を入れることが可能。大きめのバルブを採用しているため、スムーズに空気の出し入れができます。使用時のサイズは、約幅65×奥行190×高さ5.5cm。両サイドにはボタンが付いており、同製品を連結可能です。

付属の収納バッグにしまえば、約直径17×高さ61cmに収まります。重量は約2000gです。

サーマレスト(THERMAREST) プロライトプラス

軽量かつコンパクトなキャンプマットです。アトモスフォームと呼ばれる素材を使用することで、軽量化を図っているのが特徴。また、インフレーターマットなので、初心者でも簡単に空気を送り込めるのが魅力です。

さらに、フォームを斜めに肉抜きしたダイアゴナリーダイカットを駆使することで、断熱性を保ちつつ、さらなる軽量化を実現しています。サイズはS・M・Lが用意されており、重量はそれぞれ450g・650g・880g。R値はそれぞれ3.2なので、春・秋・冬での使用に向いています。

サーマレスト(THERMAREST) モンドキング3D

R値が7.0と高く、冬に使用するのに適したキャンプマットです。地面からの冷気を中央のフォーム層で遮断する、ストラタコアフォームを採用しているのが特徴。また、上面の凹部は身体から出る熱を溜めやすくなっており、あたたかさをキープすることが可能です。

さらに、表面には自宅のベッドのような触り心地を得られるストレッチニットが採用されています。厚さは10cmあるため、地面の凹凸が気になりにくいのが魅力。寝ていても側面は垂直に保たれるので、複数のマットを並べて使用できます。

ポンプ機能が付いたスタッフサックが付属するため、簡単に空気の調節が可能。サイズはL・XXLが用意されており、重量はLが1990gでXXLが2500gです。

ディーオーディー(DOD) SOTONE NO KIWAMI CM3-651-TN

数多くのキャンプ用品を取り扱う「ディーオーディー」のキャンプマット。伸縮性のある表面素材に加え、厚さ10cmのウレタンを採用することで、包み込まれるような寝心地を得られるのが特徴です。

また、シーツの素材にはポリエステルとコットンの混紡生地を採用しており、ベタつき感を軽減しています。シーツは取り外し可能で、洗濯機で丸洗いできるので、清潔に使用し続けられるのもメリットです。

さらに、高さを調節できる枕が付属しており、エアポンプとしても使用可能。使用時はバルブを開くだけで空気が送り込まれるため、簡単に設営できるのも魅力です。

ディーオーディー(DOD) SOTONE NO SASOI CM1-620-TN

厚さ約4.5cmのスポンジを使用しているキャンプマットです。スポンジ密度が高く、快適な寝心地を得られます。表面と裏面は圧着式で接合されているため、水の染み込みを低減できるのもおすすめポイントです。

また、シーツは取り外しが可能で、洗濯機で丸洗いできます。シーツ専用のバッグが付属しており、保管しやすいのもメリットです。裏面の生地には滑り止め加工が施されているため、さまざまな場所で使用できます。

さらに、携帯性に優れているのも魅力。付属の専用タイダウンベルトによって、よりコンパクトに収納ができます。重量は約2400g。使用時のサイズは約長さ192×幅60cmです。

バンドック(BUNDOK) FDマット BD-513G

手軽に使えるキャンプマットです。素材には軽量発泡ポリエチレンを使用しており、重量は約315g。使用時のサイズは約長さ180×幅60cmです。折りたたむことが可能で、収納時は約60×13×15cmに収まり、持ち運びしやすいのがポイント。ソロキャンプやツーリングキャンプに向いています。

簡単に設営でき、価格も安いため、はじめてキャンプマットを購入する方にぴったり。ピクニックや海でも便利に使えます。

バンドック(BUNDOK) アルミジャバラマット M BD-503

清潔に使用できるキャンプマットを探している方におすすめの製品です。折りたたんだ際に、地面に接する面と表面が重ならないのが特徴。また、巻き癖が付きにくいので、平らに敷くことが可能です。

銀マットタイプで、簡単に設営・収納ができるのもメリット。素材にはアルミ蒸着発泡ポリエチレンを採用しており、クッション性があるのもポイントです。

使用時のサイズは約185×60×0.5cm。重量は約240gと軽量なので、携帯性に優れているのも魅力です。キャンプで荷物を減らしたい方に向いています。

KingCamp エアーマット

枕が付いているキャンプマットです。サイズは、長さ183×幅51×厚さ3cm。収納時は 直径16×29cmに収まります。表面にはオックスフォード生地が使用されており、通気性・防湿性に優れているのも特徴。蒸れにくく、快適な寝心地を得られます。

また、防水加工が施されているため、雨や結露によってキャンプマットが冷えにくいのもおすすめポイント。滑り止め加工もされているので、地面が滑りやすい場所にも適しています。

さらに、ウレタンフォームを使用しており、断熱性に優れているのもメリットです。本製品はインフレーターマットのため、バルブを開くだけで簡単に空気を入れられます。初心者が扱いやすい製品を探している方も、ぜひチェックしてみてください。

ZOOOBELIVES エアーマットレス

耐久性に優れたキャンプマットを探している方にぴったりの製品です。軍のパラシュートに使用されるほど頑丈な素材を採用しているのが特徴。手動式の空気ポンプが付いているので、足や手で押すだけで簡単に空気を送り込めます。

また、空気を抜けば直径15×35cmとコンパクトに収まり、携帯性に優れているのもおすすめポイント。専用の収納バッグも付属しています。さらに、厚さが最大10cmあるため、地面の凹凸を感じにくいのもメリットです。

モザンビーク(Mozambique) キャンプマット

季節に応じて使い分けできるのが魅力のキャンプマットです。表面にはアルミ加工が施されており、寒い時期はマットからの冷気を遮断しつつ熱を反射し、優れた保温性を発揮します。

一方、あたたかい季節にはアルミ加工がされた面を裏側にして使用することで、暑さによる寝苦しさを低減可能。折りたたむとコンパクトにまとまるのも嬉しいポイントです。

KINGOODS エアーマット

多層構造を採用し、クッション性を高めているキャンプマットです。厚さは7cmあり、地面と身体の間に空気の層ができることによって、地面の凹凸を感じにくいうえ、断熱効果も期待できます。人間工学に基づいてデザインされた枕もポイントです。

表面には撥水加工が施されており、水に濡れてマットが冷えてしまう心配が少ないのもメリット。さらに、足で踏むだけで空気が入るマットなので、設営が簡単なのも魅力です。

WAQ 車中泊マット 厚手 8cm

マット部分にウレタンフォームを使用しているキャンプマットです。フォームをひし形に打ち抜き、程よいクッション性を実現しています。厚さは8cmあるので、地面の凹凸が気になりにくいのもメリットです。

また、車中泊に適しているのもおすすめのポイント。使用時は長さ192×幅65cmとミニバンに収まりやすいサイズです。

さらに、バルブを緩めるだけで使用できるため、設営が簡単なのもメリット。大きめのバルブを採用しており、スムーズに空気が入ります。付属の収納袋にしまえば、コンパクトサイズになるので携帯しやすいのも魅力です。

KOOLSEN エアーマット

機能性に優れたキャンプマットです。クッション性に優れたメモリーフォーマットを採用しているのが特徴。空気の入れ具合を調節できる枕が連結されており、好みの高さに合わせられます。

また、素材には耐久性の高いナイロンを使用しており、耐荷重が200〜300kgなので、体格のよい方でも安心して使用可能です。表面には撥水加工が施されており、水に濡れてもさっと拭き取れます。さらに、インフレーターマットタイプなので、バブルを緩めるだけで空気を送り込むことが可能です。

サンドリー(SUNDRY) 折りたたみクッションマット

約長さ200×幅140cmと大きめサイズのキャンプマット。2人で使用できるキャンプマットを探している方におすすめの製品です。素材には発泡ポリエチレンを使用。表面には特殊な凹凸があります。くぼんだ部分にあたたかい空気が溜まりやすく、保温性に優れているのが魅力です。

また、折り目に合わせてはさみやカッターで切れるのもメリット。用途に応じてサイズを変更できます。折りたたみ式のため、すぐに設営できるのもポイント。付属のキャリーバッグにしまえばコンパクトに収まります。

DTOETKD エアマット

足で踏んで空気を送り込む仕組みのキャンプマットです。空気口を大きめに設計しており、スムーズにしまえるのがメリット。高品質なナイロンとTPU素材を採用しており、耐久性に優れています。耐荷重は最大300kgのため、体格のよい方でも安心して利用可能です。

さらに、生地には防水加工が施されており、雨に強いのもポイント。汚れは濡れたタオルでさっと拭き取りやすく、お手入れも簡単です。エアーマットタイプながら価格が安いので、エアーマットを試してみたい方はチェックしてみてください。

キャンプマットの楽天市場ランキングをチェック

キャンプマットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。