寝袋の下に敷くことで地面からの冷気を防ぎ、同時にクッションの役割を果たす「キャンプマット」。タイプやサイズ、使用時の硬さなどをチェックするのはもちろんですが、持ち運ぶことも考慮すると、なるべく軽量でコンパクトなアイテムをチョイスしたいものです。

そこで今回はおすすめのキャンプマットをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ吟味してベストバイアイテムを見つけてください。

キャンプマットの種類

銀マット

By: amazon.co.jp

テント内の床や地面に置いて使用するマット。従来からあるタイプで、リーズナブルかつ軽量なのが特徴です。また、ほどよい弾力性もあるため、地面の硬さを和らげるほか、寒い日には冷え対策にもなります。濡れたり、汚れたりした際も拭くだけで対応できるので、お手入れも容易です。

ただし、より快適な寝心地を求めるとなるとマットの厚みが増すことになり、サイズにもよりますが持ち運ぶ際にはかさばることが多々あります。その点は留意しておきましょう。

ウレタンマット

By: amazon.co.jp

布団やシーツの下のクッション材として使用されるウレタンマット。子供部屋の床材としても使用されることもあり、衝撃をしっかりと吸収してくれるのが特徴です。

地面の凹凸や冷気をカットしてくれるため、アウトドアでの睡眠にも最適。購入前にはしっかりとサイズと厚みを確認しておきましょう。

エアマット

By: amazon.co.jp

空気を入れて膨らませ、地面の凹凸や冷気から体を守ってくれるマット。空気を抜くとコンパクトに収納できるのが特徴です。製品によって厚みや大きさが異なるので、用途や人数によって最適なものを選びましょう。

なお、同タイプはフットポンプで空気の入るタイプや電動空気入れの付いているモノなど製品によって膨らませる仕様が異なるので、購入する際は事前に確認しておきましょう。

インフレーターマット

By: amazon.co.jp

バルブを開けることで自動で空気の入る仕組みのマット。使い方が簡単なことやコンパクトに収納できることが特徴です。

エアマットほどではないものの、厚みはあるので寝心地はまずます。地面の凹凸や冷気はしっかりガードしてくれるので、使い勝手は良好です。ただし、その分価格はやや高め。予算と使用頻度を考慮して選ぶようにしましょう。

キャンプマットの選び方

キャンプマットのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットはテント内で寝袋とセットで使用するため、ご自身の身長や体型に合ったアイテムを選びましょう。敷いて寝転んだ時に足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出てしまうと、睡眠時のストレスとなるので、やや大きめを選んでおいた方が無難です。ただ、あまりにもオーバーサイズのモノは持ち運びに影響が出てくるので、その点は考慮しておきましょう。

キャンプマットのおすすめメーカー・ブランド

サーマレスト(thermarest)

By: amazon.co.jp

キャンプマットがブランドの象徴とも言えるアメリカの「サーマレスト」。創立は1972年で、世界中にユーザーがいるのが特徴です。定番のクローズドセルマットレスには「Zライト ソル」や「リッジレスト ソーライト」があり、ファスト&ライトシリーズには「ネオエアーX」や「プロライト」などが代表的。
ほかにもトレック&トラベルシリーズやキャンプ&コンフォートシリーズなど豊富なアイテムが揃っています。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アウトドアブランドとして広く認知されているコールマンは1901年にアメリカで創立。ガソリン式ランプの販売から始まり、家庭用調理ストープや暖房器具などを手がけて成長するに至りました。1950〜60年代からはテントやタープなどキャンプ用品全般を製造するようになりさらに拡大。現在ではアウトドアにおける総合メーカーとして地位を確立しています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社があるスノーピーク。1958年の創立以降、高品質で機能的な製品を続々とリリースしており、信頼度が高いブランドとして知られています。

モンベル(montbell)

By: amazon.co.jp

日本のトップクライマーが1975年に設立したモンベル。登山用のアパレルはもちろん、キャンプ用品やアウドドアグッズなども豊富に取り扱っており、品質に対して価格が良心的なところも好評です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

1976年、新潟県三条市で誕生したキャプテンスタッグ。「ジャンボバーベキューコンロ」を皮切りに、さまざまなアウトドア用品を開発しつづけてきているブランドです。リーズナブルな製品が多いのも特徴。かわいらしい鹿のロゴデザインから「鹿番長」の愛称でも親しまれています。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

1985年にスタートしたロゴス。ユニークな製品づくりが特徴で、キャンプや登山だけでなく、公園や庭先でも気軽にアウトドアが楽しめるアイテムが豊富に取り揃っています。

キャンプマットのおすすめ人気モデル

サーマレスト(thermarest) Z-LITE ソル レギュラー

定番のキャンプマット。アルミ密着加工で断熱性に優れており地面の冷気をカットするほか、クッション性もあり使い勝手は良好です。

展開と収納がスムーズなのもポイント。サイズは183×51cm、高さは2cm、重さも410gと軽量で持ち運びにも便利です。

サーマレスト(thermarest) ネオエアーXライト

重さは350gと軽量のキャンプマット。収納時の大きさも23×10cmと小型で、折りたたみの傘とほとんど変わらない大きさにまとまっているのが特徴です。

コアマトリックステクノロジーと反射板を入れるサーマキャプチャーテクノロジーを採用。断熱性に優れ、保温性も良好です。

表面にノンスリップ加工が施されており、ゆるやかな傾斜ならスマートに対応。サイズは51×183cm、高さは6.3cmです。

サーマレスト(thermarest) プロライトプラス レギュラー

耐寒性の高いキャンプマット。自動膨張式マットの中では高い断熱性があるのが特徴です。

バルブを開けると自動で空気注入され、セッティングはスムーズ。空気を抜いても最低限のクッション性と断熱性があり、エアマットにとって致命的なパンクや空気漏れ対策にもしっかり対応できます。

厚みのあるふかふかのキャンプマットで寝心地は良好。サイズは183×51cm、高さは3.8cmです。

コールマン(Coleman) エクストラデュラブル エアーベッド

地面の凹凸にしっかり対応できるエアーベッド。とにかく快適な寝心地を求めている方におすすめです。サイズは約185×97cm、高さは約20cm。重さは2.1kgと軽量なので、持ち運びにもストレスなく対応できます。

ただ、膨らませる作業はどうしても手間がかかるので、購入を検討する際は手動ないし電動のポンプを別途用意することも考慮しておきましょう。

コールマン(Coleman) コンフォートエアマットレス

2.5kgと軽量のエアマットレス。サイズは約187x97cm、高さは 約19cmです。空気を入れると幅が約1mに大きく広がり、大人が寝ても充分な広さを確保できます。ロール式でコンパクトに収納でき、持ち運びも容易。

ダブルロックバルブ仕様で、空気を入れているときにエア漏れすることもなく、セットもスムーズにできます。発売から年月は経っていますが、エアマットタイプでは定番のアイテムです。

コールマン(Coleman) コンフォートマスター インフレーターマット

ハイエンドモデルとなる「マスターシリーズ」のキャンプマット。サイズは約198×63cm、高さは約6cmです。表面は固めのスポンジ(ソリッドフォーム)で裏面は柔らかめのスポンジ(カッティングフォーム)を採用しているのが特徴。キャンプマットとしてはやや高価なので、使用頻度の高いユーザーにおすすめです。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーター マットシングルⅢ

連結も可能なのなシングルキャンプマット。サイズは約195×63cm、高さは約5cm、重量は約1.8kgです。サイズ感、厚み、重さのトータルバランスが良好で、あらゆるキャンプサイトで活躍してくれる汎用性の高さが特徴。車載はもちろん、バックパックにセットして持ち歩くのにも便利なアイテムです。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーター マットW

ダブルサイズ仕様のキャンプマット。サイズは約195×130cm、高さは約4cm、ピロー部分に関しては他より2cm高い6cmに設定されています。

バルブを回せば自動で空気が注入される「セルフインフレータブル」を採用しているのが特徴。大きめのサイズはもちろん、スピーディかつ手軽にセットできるので、子どもと一緒に寝る際にも便利なアイテムです。

スノーピーク(snow peak) キャンピングマットシーツ

サイズが198×77cm、高さが6.2cmのキャンプマット。大人ひとりが手足を伸ばして寝るには充分な大きさで、クッション性もしっかりしているのが特徴です。

本製品はバルブで空気の注入を調節する仕様。付属の収納ケースを活用することでよりスムーズにセットすることができるのもポイントです。

モンベル(montbell) フォームパッド180

素早く広げて、すぐに畳める軽量な折りたたみ式キャンプマット。サイズ181×51cm、高さは1.6cm、重さは357gです。素材には耐久性と断熱性に優れたポリエチレンフォームを採用。全面に施したディンプル加工によりクッションは良好です。

また、凹凸の厚みによって地面と体との距離を離すことにもひと役買っており地面からの冷えもしっかり遮断。一方で、本体の凹凸はしっかり折り重なる設計になっており、収納する際は51×15×11cmとコンパクトにまとまるのもポイントです。

モンベル(montbell) U.L.コンフォートシステムアルパインパット25 180

軽量・コンパクトで扱いやすいキャンプマット。サイズは180×50cm、高さは2.5cm、スタッフバッグを含む総重量は681gです。

素材は穴のないソリッド状の軽量なスポンジを採用。クッション性と保温性を保つことに貢献しており、快適な寝心地を体感できるのが特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット

サイズが217×140cm、高さが1.5cmのキャンプマット。ダブルサイズながら760gと軽量で、簡単に持ち運べるのが特徴です。

波型設計を採用することで表面に暖かい空気を溜める一方、地面からの冷気も防いでくれるのもポイント。面の凹凸にもしっかり対応できるほか、クッション性もあるので使い勝手は良好です。キャンプマットを半分に折れば、その部分を枕代わりに活用することもできます。

ロゴス(LOGOS) セルフインフレートマット・SOLO

5cmの厚みがあり、快適に使用できるおすすめのキャンプマット。サイズは約190×65cm、重さ約1.45kg、収納サイズは約67×19cmです。

バルブを開けると自動で膨らみ、空気が足りない場合はあとから足することも可能。使用後は、バルブを開けくるくると巻くだけで収納できますが、完全に空気を抜くにはコツが必要です。購入を検討している方は事前に空気の抜き方を確認しておきましょう。

ロゴス(LOGOS) デザインセルフインフレートマット・SOLO

白地を基調としたストライプ柄がおしゃれなキャンプマット。サイズは190×64cm、高さ3cmとゆとりある大きさに設定されています。

角についたバルブを開くと自動で空気が入る設計を採用。なお空気圧に関しては調整することも可能です。ちなみに空気を抜く際はバルブを開けて、反対側からゆっくりと丸めて空気を押し出す仕様。収納サイズは約67×18cmとやや大きめなので、その点は留意しておきましょう。

ロゴス(LOGOS) どこでもオートベット130

電動ポンプ付属で空気入れの手間を解消できるキャンプマット。スイッチを入れて3分ほどで空気の注入が完了するのが特徴です。

電源は電池式。なお、ポンプ式フットポンプで代用することも可能です。サイズは186×134cm、高さは21cm。なお、電動ポンプを採用しているため、重さは3.7kgとやや使い勝手には難がありますが、製品の表面はベルベッド式で肌触りもよく、寝心地は快適です。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット

カラフルでおしゃれなだけではなく、多くの機能を兼ね備えたキャンプマット。サイズは約180×112cm、高さは約3cmです。

収納サイズは18×58cmとコンパクトにまとまるのもポイント。耐水素材を採用しており、朝露などにもしっかり対応できます。

軽くて弾力性のあるハイパーエラスティックラバースポンジ使用で、寝心地も快適。使い勝手のよいおすすめの製品です。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM-01

By: dod.camp

オートマチックエアバルブを採用しており、バルブを開けると自動で空気が入るキャンプマット。表面の生地には耐スクラッチ加工が施され耐久性があり、一方で裏面にはドット加工を施し地面の傾斜にも対応できます。

圧着式接合で縫製部の隙間や糸のほつれを解消。耐水圧1200mmの耐水素材を使用しており、ある程度の雨もカバーします。ハイパーエラスティックラバースポンジを使用しておる、軽さと弾力性を両立しているのもポイント。サイズは180×50cm、高さは1.5~2.5cm、重さは830gです。

キャンパーズコレクション エアボールマット

ボール状のエアクッションによって地面の凹凸にしっかり対応できるキャンプマット。薄型設計のため空気の容量が少なく、フットポンプを使用すれば5分ほどでセッティングができます。

サイズは180×70cm、高さは2cmで、マジックテープで連結して使用することも可能。お手頃な価格もポイントなので、車中泊用のマットを探している方にもおすすめです。

ニーモ(NEMO) ベクター 25L

エアマット特有のふわふわした感触を解消した硬めのキャンプマット。適度な弾性で身体をしっかり支え、沈み込みが少なく腰への負担を軽減してくれるのが特徴です。

サイズは193×64cm、高さは8cm。両サイドを高くすることで横揺れやマットからの落下を防止できるのがポイントです。また、未使用時はフラットに収納することができるフットポンプを採用しており、使い勝手も良好。収納サイズは24×8cm、重量612gと軽量かつコンパクトにまとまります。

ニーモ(NEMO) ゾア20R

コンパクトながら断熱性の高いキャンプマット。軽さと保湿性を求める方におすすめです。サイズは183×51cm、高さは2.5cm。内部を縦横に肉抜き加工した「2アクシスコアリング」により、重さは380gと軽量です。表面には肌触りのよいファブリックを使用しており、気軽に横になれるおすすめのキャンプマットです。

イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス

ナイロン30D素材を使用した軽量かつ耐久性のあるキャンプマット。裏面生地に強力なスリップ防止加工を施され、傾斜のある地面にも対応。サイズは165×50cm、高さは2.5cmです。

ショートサイズのため、荷物を軽くしたい方におすすめ。収納時の空気抜きには少々コツが必要なため、購入を検討している方は事前にWebサイトで確認しておきましょう。

クイックキャンプ キャンピングマット

車中泊からキャンプまで幅広く使用可能なキャンプマット。特徴は2ヵ所に取り付けられた大型バルブで、空気の注入や排出がスピーディにできるのが特徴です。

また、厚さ5cmの高反発ウレタンを採用。ほどよい硬さと弾性があり、使い勝手はまずまずです。サイズは193×63cmで広さは十分。さらにパンクキットが付属されており、空気漏れをしてもすぐに対応できるよう配慮されています。

ビッグアグネス(big agnes) インシュレーテッド エアコアウルトラプチ

エアーチューブの片面に中綿を溶着した高い断熱性の高いキャンプマット。サイズは168×51cmと小さいものの、厚みは8.5cmあり、地面の凹凸や冷気にしっかり対応できるのが特徴です。

重さは558g。逆流防止弁がついたハイボリュームバブル採用しているほか、エアの排出時はクイックデフレーションバルブを開けるだけで空気が抜ける仕組みなので、展開と収納がスムーズ行えるのもポイントです。

エクスペド(EXPED) シンマット HL Mサイズ

収納時は19×9cmと片手に乗るほどコンパクトにまとまるキャンプマット。広げるとサイズは180×52cm、高さは7cmです。

素材には「Texpedloftマイクロファイバー断熱材」を重ねることにより、断熱性は良好。地面の凹凸や冷気をあまり気にせずに使うことができます。

両側の空気セルが高く設計されており、睡眠時の落下もしっかりとカバー。フラップ付きバルブにより、空気の注入がスムーズで、付属のポンプサックを使用するとさらに素早く空気入れることができます。

シートゥーサミット(SEA TO SUMMIT) コンフォートライト S.I.マットレギュラー

内部フォームの肉抜きをするデルタコア技術によって、軽さと暖かさを兼ね備えたキャンプマット。サイズは183×51cm、高さは5cmです。

二重構造の多機能・大口径バルブ採用で、空気の出し入れもスムーズ。空気の注入時間が早く、空気を排出時は逆支弁がエアの再流入を防ぎます。ワンプッシュで空気の微調整もできるので、使い勝手のよいおすすめのアイテムです。

キャンプマットの楽天市場ランキングをチェック

キャンプマットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。