寝袋の下に敷くことで地面からの冷気を防ぎ、同時にクッションの役割を果たす「キャンプマット」。タイプやサイズ、使用時の硬さなどをチェックするのはもちろんですが、持ち運びやすさも考慮すると、なるべく軽量でコンパクトなアイテムをチョイスしたいものです。

そこで今回はおすすめのキャンプマットをご紹介。購入を検討している方は、ぜひベストバイアイテムを見つけてください。

キャンプマットを使用するメリット

断熱効果

By: amazon.co.jp

「断熱効果」はキャンプマットの重要な役割のひとつ。寝袋の下に敷くことで地面からの冷気や熱気を遮断し、快適な睡眠を得られるのがメリットです。特に冬場は地面に体温を奪われ眠れなくなるだけでなく、人命に関わる場合もあるためキャンプマットの使用は欠かせません。

断熱性能の指標となるのが「R値(熱抵抗値)」です。キャンプマットはR値が高いほど熱を逃しにくく断熱性能に優れます。真夏であれば1以下、夏前後なら1~2.5、春・夏・秋なら2.5~4、オールシーズンなら4以上を目安に選んでみてください。

寝心地がよくなる

By: amazon.co.jp

断熱効果と同様に「寝心地」も重要な役割のひとつ。キャンプマットの使用により地面と体の接触が避けられ、快適な寝心地を確保できるのがメリットです。テントサイトの地面は小石が多い場合があります。

キャンプマットを使わずに寝袋だけで横になると小石が体にあたり快適な睡眠が得られないだけでなく、体を痛めてしまう恐れもあるので注意が必要です。

キャンプマットの選び方

使用環境に合った種類を選ぶ

銀マット

By: amazon.co.jp

「銀マット」はキャンプマットのなかでも一般的に使用されているベーシックなタイプ。蛇腹式とロール式があり、設置や収納も簡単です。多少かさばりますが、軽量かつリーズナブルな価格で購入しやすいのが魅力。適度な弾力性があり地面の凹凸を吸収するほか、熱気や冷気を遮断する断熱性能も備えているため、オールシーズン使用できます。

銀マットは、季節に合わせて銀面の向きを変えて使うのがポイント。夏は銀面を下向きにすると地熱がカットでき、冬は銀面を上向きにすると体温を逃しにくく底冷え対策になります。また、ロール式の薄い銀マットであれば、体を覆って体温が保持できるので災害などの緊急用としてもおすすめです。

ウレタンマット

By: amazon.co.jp

パッキングにやや難ありですが、性能が高く手軽に使えるのが「ウレタンマット」です。丈夫で故障が少なく断熱性に優れているのが特徴。サッと敷いて使える利便性や持ち運びの際に荷物の重量が減らせる軽量性の高さも魅力です。

厳冬期や雪山など過酷な環境下のキャンプで使用するのであれば、合成樹脂を素材とした「EVAフォーム」がおすすめ。より断熱性が高く多くのキャンパーから支持を得ています。エアタイプのマットと併用すると、さらに保温力を高められるのがポイントです。

エアマット

By: amazon.co.jp

「エアマット」はポンプやエア注入器などで空気を入れて膨らませるタイプ。ほかのタイプに比べ厚みがあり弾力性が高く、地面の凹凸を体に伝えずに眠れるため、寝心地重視の方におすすめです。なかには保温力を高めるためにダウンを封入しているモデルも存在します。

空気を抜けばコンパクトに収納でき持ち運びに便利ですが、毎回空気を入れる手間がかかるのが難点。また、少しでも穴があくと空気漏れを起こし使えなくなるため、リペアキットを用意する必要があります。パンクのリスクが付きまとう点も留意しておきましょう。

インフレーターマット

By: amazon.co.jp

エアマットとは異なり毎回空気を入れる必要がなく半自動で膨らむのが「インフレーターマット」です。マットを広げてバルブ(空気弁)を開くだけで膨らみ、空気を注入してマットの硬さを微調整することも可能。厚みのあるスポンジ入りで、クッション性が高く地面の凹凸を吸収します。手間をかけずにエアマットのような寝心地を確保できるのがメリットです。

ただし、シングルタイプが主流のため人数分揃える必要があります。さらに、モデルによっては重量があり携行しにくいのが難点。エアマット同様にパンクのリスクがあり、穴があくと使えないためリペアキットの準備が必要です。

キャンプマットのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットはテント内で寝袋とセットで使用するため、自分の身長や体型に合ったアイテムを選びましょう。敷いて寝転んだときに足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出したりしてしまうと、ストレスになるので、やや大きめを選んでおいた方が無難です。

ただし、あまりにもオーバーサイズのモノは持ち運びに影響が出るので、その点は考慮しておきましょう。

重量や収納時サイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットのタイプや素材、大きさによって重量や収納時のサイズが異なります。特に荷物を背負って歩き続ける登山や積載制限のあるツーリングキャンプの場合は、携帯性が求められるので軽くてコンパクトに収納できるモノを選ぶようにしましょう。

しかし、一般的に軽いほどマットの性能が落ちる傾向にあるため、厳冬期や雪山登山においては軽量性よりも断熱性能を重視して選ぶのがおすすめです。また、夏場でも標高の高い山の場合は気温の高低差があるため朝晩は冷え込みます。多少かさばっても断熱性の高いウレタンマットを携行するのがおすすめです。

キャンプマットのおすすめメーカー・ブランド

サーマレスト(THERMAREST)

By: amazon.co.jp

キャンプマットがブランドの象徴ともいえるアメリカの「サーマレスト」。創立は1972年で、世界中に愛用者がいるのが特徴です。定番のクローズドセルマットレスには「Zライト ソル」や「リッジレスト ソーライト」があり、ファスト&ライトシリーズには「ネオエアーX」や「プロライト」などが代表的。ほかにもトレック&トラベルシリーズやキャンプ&コンフォートシリーズなど豊富なアイテムが揃っています。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アウトドアブランドとして広く認知されているコールマンは1901年にアメリカで創立。ガソリン式ランプのラインナップから始まり、家庭用調理ストープや暖房器具などを手がけています。1950〜60年代からはテントやタープなどキャンプ用品全般を製造するようになり、現在ではアウトドアにおける総合メーカーとして有名です。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社があるスノーピーク。1958年の創立以降、高品質で機能的な製品をラインナップしており、信頼度が高いブランドとして知られています。

同ブランドのキャンプマットは、インフレーター式を採用しておりクッション性が高く、凹凸のある地面でも快適な寝心地を実現。多くのキャンプ愛好家からも支持されている信頼の高いブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

日本のトップクライマーが1975年に設立したモンベル。登山用のアパレルはもちろん、キャンプ用品やアウドドアグッズなども豊富に取り扱っています。品質に対して価格がリーズナブルなところも魅力のひとつです。

キャンプマットにおいてはエア注入式のモデルが人気で、クッション性と保温性の高さが特徴。さまざまなシーンで幅広く使えるため、利便性に優れています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

1976年、新潟県三条市で誕生したキャプテンスタッグ。「ジャンボバーベキューコンロ」を皮切りに、さまざまなアウトドア用品を開発しつづけてきているブランドです。リーズナブルな製品が多いのも特徴。かわいらしい鹿のロゴデザインから「鹿番長」の愛称でも親しまれています。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

1985年にスタートしたロゴス。ユニークな製品づくりが特徴で、キャンプや登山だけでなく、公園や庭先でも気軽にアウトドアが楽しめるアイテムが豊富に揃っています。

キャンプマットのおすすめモデル|銀マット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングジャバラマット M-3317

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングジャバラマット M-3317

低コストで、ひとりでのキャンプや車中泊などで手軽に使用できるのが魅力の銀マット。断熱性能が高く適度なクッション性も備えているため、寝袋の下に敷いても車内で使用しても寝心地は良好です。災害時などの緊急用として準備しておくのにもおすすめ。

就寝時以外にも荷物の仮置きにも使える便利なマットで、汚れても水で綺麗に洗い流せるのも魅力です。蛇腹式で収納時に多少かさばるのが難点。そのため、アウトドアに使用する場合には自転車やバイクより車で持ち運ぶのがおすすめです。

モザンビーク(Mozambique) アウトドアマット

モザンビーク(Mozambique) アウトドアマット

20mmの厚さがあり、凹凸がある場所でも寝心地よく眠れるモザンビークのアウトドアマット。アルミ蒸着加工が施されており、冬はアルミ面を上にすることで身体の熱を逃がさず、地面の冷気を遮断します。アルミ面を下にすれば、地面の熱をシャットアウトしてくるので夏でも快適な寝心地です。

耐久性がよく、軽量で折り畳めばコンパクトなため持ち運びも楽々。キャンプマッドの使用頻度が多く、本格的なキャンプを楽しみたい方におすすめです。

バンドック(BUNDOK) アルミ ロール マット BD-341

バンドック(BUNDOK) アルミ ロール マット BD-341

クッション性に優れ、サイズも大きくさまざまなレジャーやアウトドアで使用するのに便利なロール式の銀マット。お花見など季節ごとの行楽、海や山でのアウトドアにもおすすめです。

ロール式でコンパクトに収納ができ、持ち運びにも便利。低価格で持ち運びや収納も簡単なことに加え、アウトドア以外にも万が一の災害対策としても利用できる、用途が多彩で便利な銀マットです。

HWSHOW 銀マット キャンプ用

>HWSHOW 銀マット キャンプ用

防水性が高く、雨の日でも安心して使用できるHWSHOWの銀マット。縦250×横200cmと大きめなのでテント内に敷けば数人でも寝られます。湿気にも強いため、ピクニックやお花見などで湿った場所に直接敷いても快適なレジャーが楽しめるのが魅力。

キャンプなどのアウトドアで使用する場合、急な雨でも荷物に被せると雨が避けられます。また、ロール式で軽量コンパクトに収納できるため、持ち運びにも便利です。

ユーザー(User) 極厚15mmマット U-P993

ユーザー(User) 極厚15mmマット U-P993

厚さが15mmで凹凸がある場所にテントを設営しても快適な寝心地が魅力の銀マット。両面アルミ加工で断熱性もよく防水性にも優れています。厚さがしっかりあり、寒い時期でも冷気を遮断してくれるので、冬のキャンプで使用してもあたたかく快適に眠れるキャンプマットです。

小さな石の上でも気にならず、あたたかいため山で本格的なキャンプをしたい方にはおすすめ。冬場にはご自宅のフローリングで、布団の下に敷くのにも適しています。

キャンプマットのおすすめモデル|ウレタンマット

サーマレスト(THERMAREST) Zライト ソル

サーマレスト(THERMAREST) Zライト ソル

重さが410gと軽量で簡単に持ち運べて、蛇腹式でコンパクトに折り畳めるのはもちろん、広げるのも楽なウレタンマット。R値2.6で春~秋までのシーズンで多少の温度差があっても快適な寝心地です。キャンプで寝袋の下に敷く以外にも、素早く広げられて移動中の休憩に使用しても便利。

耐久性も優れていて、小石が多い場所や芝生の上などアウトドアのいろいろな場面でも快適に使用できる便利なキャンプマットです。どこでも使えてさまざまな用途で活用できる便利なキャンプマットを探している方におすすめです。

サーマレスト(THERMAREST) リッジレスト ソーライト

サーマレスト(THERMAREST) リッジレスト ソーライト

ロール式で収納も広げるのも簡単で、キャンプをはじめ移動の多いアウトドアで使用するのに便利なウレタンマット。アルミ蒸着加工で身体の熱を外に逃がさず、凹凸のある表面に温もりを保ってくれるため、春先や初冬のキャンプでもあたたかい寝心地。

重量が400gと軽量で、巻いて収納すれば簡単に持ち運べます。価格が手頃なのも魅力。登山の際の休憩で使用しても、車中泊の際に使用しても快適に過ごせる便利なキャンプマットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVA フォームマット M-3318

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVA フォームマット M-3318

保湿性とクッション性に優れ、冬の冷気を遮断し凹凸がある場所でもストレスなく使えるウレタンマット。高性能ウレタンマットで表面が凹凸のある波形になっているため、熱を逃さず高いクッション性能を生み出しています。

キャンプでひとりで寝るときや、釣り・登山といったレジャーで休むときでも気軽に活用できるのが魅力。折り畳み方によってクッションや枕としても使用できます。

リクライ(LICLI) レジャーマット

リクライ(LICLI) レジャーマット

クッション性の高い素材で、断熱性・保湿性にも優れたリクライのレジャーマットです。1.8cmの厚みがあり柔らかいので、テント内で寝袋の下に敷いても快適な寝心地。長時間座って使用しても疲れを感じにくく快適です。また、撥水加工されているため、直接地面に敷いても、水洗いできて安心。

オールシーズン快適に使用でき、キャンプはもちろん、登山やピクニックなどありとあらゆるレジャーで活用できる便利なアイテム。カラーも、オレンジ・グリーン・ブルー・レッドの4種類から選べます。

フィールドア(FIELDOOR) キャンプマット

フィールドア(FIELDOOR) キャンプマット

ウレタンとインフレ―ターが融合した良質な寝心地が魅力のキャンプマット。厚さ5cmと、キャンプで使用してもまるでベッドのような寝心地。縦198×横153cmと広々としているためテント内でもふたりでもゆったりとくつろげます。

空気を抜けばコンパクトに収納でき、収納バッグも付いているので持ち運びも簡単。テントのサイズや人数によって、同じメーカーのサイズのマットと連結することも可能。カラーはブラック・カーキ・ブラウン・オレンジ・カモフラージュの5種類から選べます。

キャンプマットのおすすめモデル|エアーマット

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス

エアマット特有の自宅の柔らかいベッドのような寝心地で、ダブルロックで空気も抜けにくいエアーマットレス。サイズはシングル縦187×横97cmと、ダブル縦187×横138cmとありテントの大きさや人数で選べます。

共に19cmの厚みがあるので、小石が多い場所などコンディションがよくないキャンプ地でも快適な寝心地を求める方におすすめです。シングルは2.5kg、ダブルで3.3kgの重量がありますが、ロール式でコンパクトに収納も可能。キャンプ以外にも、ご自宅の来客用としても重宝します。

コールマン(Coleman) テントエアーマット 300 170A6608

コールマン(Coleman) テントエアーマット 300 170A6608

テント全体をカバーできる大きさで、数人で快適に寝られるエアーマット。300サイズと270サイズがあり、300サイズは縦282×横190cmで、270サイズが縦255×横189cmです。どちらも広々としていて、テント内がベッドのような空間になります。ファミリーでのキャンプで使用するのにおすすめのキャンプマットです。

厚さが14cmで地面の小石も気にならず、肌触りも柔らかいため、テントで快適に過ごせます。テントの対応サイズは、300サイズが300×300cm以上、270が270×270cm以上です。

コールマン(Coleman) エクストラデュラブルエアーベッド ダブル 2000031957

コールマン(Coleman) エクストラデュラブルエアーベッド ダブル 2000031957

大型でも軽量で強度も高いエアーマット。ファミリーでのキャンプにおすすめのダブルベッドサイズで、重量も3.2kgと、大きさからすると非常に軽量です。さらにパンクにも強い構造で、コンディションの悪い場所でのアウトドアで使用するときも安心感があります。

サイズは縦198×横148cmと縦97×横185cmがあり、厚さも20cmとゆったりとした広さで寝心地も良好。値段も手頃でコスパの高いキャンプマットとして人気の製品です。

ロゴス(LOGOS) どこでもオートベッド 130

ロゴス(LOGOS) どこでもオートベッド 130

電動ポンプとフットポンプが付いていて、どこでも簡単に空気が注入できるエアーベッド。電動ポンプは電池式になっているため、コンセントがない場所でもスイッチひとつで空気が入れられます。付属の収納袋に入れて楽々と持ち運びできるのも魅力です。

20cmの厚さもあり寝心地も良好。収納や持ち運びが楽なうえ、どこでも簡単に設置できる、便利で使い勝手もいいロゴスの人気エアー式キャンプマットです。

クライミット(KLYMIT) イナーシャ・オゾン スリーピングパッド

クライミット(KLYMIT) イナーシャ・オゾン スリーピングパッド

重量が346gと軽量で持ち運びも便利なクライミットのエアーマット。網状の穴あき構造になっていて、寝袋に入れた状態で使用するエアーマットです。ロール式で、空気を抜けば簡単に丸められて、コンパクトに収納できるのも魅力。

頭部には厚みが10cmの枕も内蔵しており寝袋でも快適な寝心地です。軽量化と寝心地を追求したエアーマットで、単独での登山やキャンプで携帯するのに適しています。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション クイックエアベッド QABI-002

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション クイックエアベッド QABI-002(BR)

電源ポンプが内蔵していて簡単に使用できる山善のエアーマット。肌触りもよく25cmの厚さもあるため寝心地も良好です。さらに、空気注入も約50~60秒で完了するスピーディさが、キャンプでの設営ストレスを軽減させます。

キャンプで簡単に設置でき、寝心地もいいエアーマットを探している方におすすめ。縦190×横97cmとテント内でゆったりと寝られるのはもちろん、ご自宅用のマットレスとして活用しても快適な寝心地です。

KOOLSEN エアーマット

KOOLSEN エアーマット

厚さが5cmあり、断熱と保温性も優れたエアーマット。キャンプで寝る際には地面に小石があっても気にならず、寒い時期の冷気も遮断します。耐水加工も施されているため、汚れても水で濡らしたタオルなどで綺麗に拭き取れるので衛生面も安心。

表面は卵のように膨らんだ空気のクッションが身体をバランスよく支え、寝心地も快適。コンパクトに収納でき、超軽量で持ち運びも簡単です。カラーも豊富でオレンジ・グレー・シアン・グリーン・ブルーの5種類から選べます。

クライミット(KLYMIT) スタティックV スリーピング・パッド

クライミット(KLYMIT) スタティックV スリーピング・パッド

寒い時期でもあたたかく、ゆったりとした寝心地が魅力のエアーマット。Vチェンバー式チューブにより空気熱の流れと発散を抑制して温もりを持続させる独自の構造。寝ている間あたたかさを保ち、空気のクッションで身体全体を心地よく支えてくれます。

コンパクトな簡単収納と、514gと軽量なため持ち運びも便利。スタッフサックが付属で、設営時も10~15回の吹込みで膨らむので登山でのキャンプに携帯して行く場合におすすめです。車中泊をする際や災害時用のグッズとしても適しています。

キャンプマットのおすすめモデル|インフレーターマット

サーマレスト(THERMARES) プロライト プラス

サーマレスト(THERMARES) プロライト プラス

軽量で冬のアウトドアでも快適に使用できるインフレ―ターマット。大きさはS・R・Lサイズと女性用があり、それぞれのニーズに応じて選べます。Rサイズや女性用は570gと非常に軽量です。

断熱性能として大切なR値も3サイズとも3.4、女性用は4.2と寒い時期にも対応しています。もしパンクしたとしても、クッション性と断熱性は最低限維持できるため安心して使用が可能です。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII

手軽なシングルサイズとしても、連結してダブルサイズとしても使用できるインフレ―ターマット。厚さ5cmと、アウトドアの際に寝袋の下に敷くのに適度な厚さで快適な寝心地です。付属の収納ケースをポンプ代わりにして空気を注入し、膨らみの調節もできます。

車中泊や仮眠時の使用にもおすすめ。手軽に使用できるのが魅力のキャンプマットです。

スノーピーク(snow peak) インフレーター キャンピングマット2.5w TM-193

スノーピーク(snow peak) インフレーター キャンピングマット2.5w TM-193

自宅のベッドに敷くマットレスのような寝心地が魅力のインフレ―ターマット。縦198×横77cmと体格のよい方でもゆったりと寝られ、寝返りを打てる広さです。厚さも6.2cmあり地面の小石くらいの凹凸は気になりません。

空気を出し入れするバルブも扱いやすく、操作に自信のない方でも安心。アウトドアでのゆったりと快適な寝心地を追求する方におすすめのキャンプマットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティングマット UB-3005

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティングマット UB-3005

高い耐久性と防水性が魅力のインフレ―ターマット。使用している生地にはPVC加工がされていて強い強度があるため、アウトドアでも安心して使用できます。また、防水性も優れていて、寒い時期の結露でも濡れることはありません。

弾力があり軽量なウレタンフォームをクッション材として使用していて、身体を包み込んでくれるような快適な寝心地。取り扱いも簡単で、マットを広げてバルブを開くと膨らむ仕組みです。使用後は付属の収納袋に丸めて収納すれば楽に持ち運べます。

ロゴス(LOGOS) セルフインフレートマット

ロゴス(LOGOS) セルフインフレートマット

厚さが5cmでクッション性も高いインフレ―ターマット。縦は190cmあり、テントの大きさにフィットする仕様です。横は65cmの1人用と、135cmの2人用があり組み合わせての使用も可能。圧縮して軽量コンパクトに収納でき、持ち運びも簡単です。

収納バッグも付いていて、圧縮して収納しているときにはクッション代わりにもなります。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

縦180×横112cmでゆったりとくつろげるインフレ―ターマット。2人用のサイズで、大人2人でも余裕を持って寝られます。裏面には斜面に敷いても滑りにくいドット加工を施した生地が使用されていて、山間部のキャンプでも安心です。

キャンプマットとしてだけではなく、広い車内での車中泊に使用するのもおすすめ。コンパクトに収納もできて車に積んでおけば、アウトドアはもちろん、急な車中泊の際にも使用できて便利です。カラフルなデザインで子供にも人気を集めています。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) インフレータブル マットQC-CM8.0

クイックキャンプ(QUICKCAMP) インフレータブル マットQC-CM8.0

キャンプや車内での快適な寝心地を追求する方におすすめのインフレ―ターマット。厚さが8cmで凹凸のある場所や、コンディションの悪い地面で使用しても安心で快適な寝心地です。

厚みがあり、内部の空気と高反発のウレタンフォームがクッション性を高め、柔らかく体を包み込むように支えてくれます。また、2人で使用する場合には連結してダブルサイズにもできる、寝心地のよさと便利さを兼ね備えたキャンプマットです。

キャンプマットの楽天市場ランキングをチェック

キャンプマットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。