寝袋の下に敷くことで地面からの冷気を防ぎ、同時にクッションの役割を果たす「キャンプマット」。タイプやサイズ、使用時の硬さなどをチェックするのはもちろんですが、持ち運ぶことも考慮すると、なるべく軽量でコンパクトなアイテムをチョイスしたいものです。

そこで今回はおすすめのキャンプマットをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ吟味してベストバイアイテムを見つけてください。

キャンプマットを使用するメリット

断熱効果

By: amazon.co.jp

「断熱効果」はキャンプマットの重要な役割のひとつ。寝袋の下に敷くことで地面からの冷気や熱気を遮断し、快適な睡眠を得られるのがメリットです。特に冬場は地面に体温を奪われ眠れなくなるだけでなく、人命に関わる場合もあるためキャンプマットの使用は欠かせません。

断熱性能の指標となるのが「R値(熱抵抗値)」です。キャンプマットはR値が高いほど熱を逃しにくく断熱性能に優れます。真夏であれば1以下、夏前後なら1~2.5、春・夏・秋なら2.5~4、オールシーズンなら4以上を目安に選んでみてください。

寝心地がよくなる

By: amazon.co.jp

断熱効果と同様に「寝心地」も重要な役割のひとつ。キャンプマットの使用により地面と体の接触が避けられ、快適な寝心地を確保できるのがメリットです。テントサイトの地面は小石が多く凹凸していることがあります。

キャンプマットを使わずに寝袋だけで横になると小石が体にあたり快適な睡眠が得られないだけでなく、体を痛めてしまう恐れもあるので注意が必要です。

キャンプマットの選び方

使用環境に合った種類を選ぶ

銀マット

By: amazon.co.jp

「銀マット」はキャンプマットの中でも一般的に使用されているベーシックなタイプ。蛇腹式とロール式があり、設置や収納も簡単です。多少かさばりますが、軽量かつリーズナブルな価格で購入しやすいのが魅力。適度な弾力性があり地面の凹凸を吸収するほか、熱気や冷気を遮断する断熱性能も備えているためオールシーズン使用できます。

季節に合わせて銀面の向きを変えて使うのがポイント。夏は銀面を下向きにすると地熱がカットでき、冬は銀面を上向きにすると体温を逃しにくく底冷え対策になります。また、ロール式の薄い銀マットであれば、体を覆って体温が保持できるので災害などの緊急時用にもおすすめです。

ウレタンマット

By: amazon.co.jp

パッキングにやや難ありですが、性能が高く手軽に使えるのが「ウレタンマット」です。丈夫で故障が少なく断熱性に優れているのが特徴。サッと敷いて使える利便性や持ち運びの際に荷物の重量が減らせる軽量性の高さも魅力です。

厳冬期や雪山など過酷な環境下のキャンプで使用するのであれば、合成樹脂を素材とした「EVAフォーム」がおすすめ。より断熱性が高く多くのキャンパーから支持を得ています。エアタイプのマットと併用すると、さらに保温力を高められるのがポイントです。

エアマット

By: amazon.co.jp

「エアマット」はポンプやエア注入器などで空気を入れて膨らませるタイプ。他タイプに比べ厚みがあり弾力性が高く、地面の凹凸を体に伝えずに眠れるため、寝心地重視の方におすすめです。なかには保温力を高めるためにダウンを封入しているモデルも存在します。

空気を抜けばコンパクトに収納でき持ち運びに便利ですが、毎回空気を入れる手間がかかるのが難点。また、少しでも穴があくと空気漏れを起こし使えなくなるため、リペアキットを用意する必要があります。パンクのリスクが付きまとう点も留意しておきましょう。

インフレーターマット

By: amazon.co.jp

エアマットとは異なり毎回空気を入れる必要がなく半自動で膨らむのが「インフレーターマット」です。マットを広げてバルブ(空気弁)を開くだけで膨らみ、空気を注入してマットの硬さを微調節することも可能。厚みのあるスポンジ入りで、クッション性が高く地面の凹凸を吸収します。手間をかけずにエアマットのような寝心地を確保できるのがメリットです。

ただし、シングルタイプが主流のため人数分揃える必要があるうえ、モデルによっては重量があり携行しにくいのが難点。エアマット同様にパンクのリスクがあり、穴があくと使えないためリペアキットの準備が必要です。

キャンプマットのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットはテント内で寝袋とセットで使用するため、自分の身長や体型に合ったアイテムを選びましょう。敷いて寝転んだ時に足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出したりしてしまうと、ストレスになるので、やや大きめを選んでおいた方が無難です。

ただし、あまりにもオーバーサイズのモノは持ち運びに影響が出るので、その点は考慮しておきましょう。

重量や収納時サイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットのタイプや素材、大きさによって重量や収納時のサイズが異なります。特に荷物を背負って歩き続ける登山や積載制限のあるツーリングキャンプの場合は、携帯性が求められるので軽くてコンパクトに収納できるモノを選ぶようにしましょう。

しかし、一般的に軽いほどマットの性能が落ちる傾向にあるため、厳冬期や雪山登山においては軽量性よりも断熱性能を重視して選ぶのがおすすめです。また、夏場でも標高の高い山の場合は気温の高低差があるため朝晩は冷え込みます。多少かさばっても断熱性の高いウレタンマットを携行するとよいでしょう。

キャンプマットのおすすめメーカー・ブランド

サーマレスト(THERMAREST)

By: amazon.co.jp

キャンプマットがブランドの象徴とも言えるアメリカの「サーマレスト」。創立は1972年で、世界中にユーザーがいるのが特徴です。定番のクローズドセルマットレスには「Zライト ソル」や「リッジレスト ソーライト」があり、ファスト&ライトシリーズには「ネオエアーX」や「プロライト」などが代表的。ほかにもトレック&トラベルシリーズやキャンプ&コンフォートシリーズなど豊富なアイテムが揃っています。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アウトドアブランドとして広く認知されているコールマンは1901年にアメリカで創立。ガソリン式ランプの販売から始まり、家庭用調理ストープや暖房器具などを手がけています。1950〜60年代からはテントやタープなどキャンプ用品全般を製造するようになり、現在ではアウトドアにおける総合メーカーとして有名です。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に本社があるスノーピーク。1958年の創立以降、高品質で機能的な製品を続々とリリースしており、信頼度が高いブランドとして知られています。

同ブランドのキャンプマットは、インフレーター式を採用しておりクッション性が高く、凹凸のある地面でも快適な寝心地を実現。多くのキャンプ愛好家からも支持されている信頼の高いブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

日本のトップクライマーが1975年に設立したモンベル。登山用のアパレルはもちろん、キャンプ用品やアウドドアグッズなども豊富に取り扱っており、品質に対して価格がリーズナブルなところも魅力です。

キャンプマットにおいてはエア注入式のモデルが人気で、クッション性と保温性の高さが特徴。さまざまなシーンで幅広く使えるため、利便性に優れています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

1976年、新潟県三条市で誕生したキャプテンスタッグ。「ジャンボバーベキューコンロ」を皮切りに、さまざまなアウトドア用品を開発しつづけてきているブランドです。リーズナブルな製品が多いのも特徴。かわいらしい鹿のロゴデザインから「鹿番長」の愛称でも親しまれています。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

1985年にスタートしたロゴス。ユニークな製品づくりが特徴で、キャンプや登山だけでなく、公園や庭先でも気軽にアウトドアが楽しめるアイテムが豊富に揃っています。

キャンプマットのおすすめ人気モデル|発泡マット

サーマレスト(thermarest) Zライト ソル R

キャンパーから絶大な支持を得ている高性能なキャンプマット。独自の凹凸構造と表面のアルミ蒸着により効果的に体温を反射し、地面からの冷気を遮断します。R値約2.6で厳冬期と雪が降る高山を除く、春・夏・秋のキャンプにおすすめ。折り目が付いた蛇腹式で、空気を入れる手間がなくサッと広げるだけで手軽に使えます。

約410gと軽く耐久性が高いのが魅力。柔軟性・弾力性に優れたEVAフォームを採用しているため、寝心地も良好です。収納サイズ約51×13×14cmと若干携帯性は劣りますが、スペックの高いキャンプマットです。

サーマレスト(thermarest) リッジレスト ソーライト

断熱性の高さに定評のあるキャンプマットです。R値2.8なので初春から初冬の使用に最適。表面のアルミ蒸着と凹凸構造により、夏は熱気をカットして涼しく、冬は冷気を遮断して体温を保持します。

軽量EVAフォームを採用しているため約400gと軽く、耐久性に優れているのがポイント。安価で購入しやすく、丈夫で長く使えるコスパに優れたキャンプマットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) EVAフォームマット M-3318

リーズナブルな価格ながら高い耐久性を備えた高コスパなキャンプマット。素材に丈夫でちぎれにくいEVA樹脂を採用しているのが特徴です。断熱性に優れ低温時でも硬くなりにくく柔軟性と弾力性を維持します。水分や紫外線にも強く劣化しにくいので長く愛用できるのも魅力です。

折り畳み式で収納時の長さ約56cmとエアマットに比べてかさばりますが、空気を多く含む素材で軽く、重量が抑えられるので登山やツーリングキャンプにおすすめ。厳冬期を除く3シーズンの使用に適しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングジャバラマット M M-3317

一般的に使用されているベーシックタイプのキャンプマットです。アルミ蒸着により体の熱を反射し冷気を遮断。高い断熱効果で快適な睡眠をサポートします。約100×200cmの大きめサイズながら、蛇腹式で厚さ約5cmに折り畳めるので収納スペースを取りません。

約8mmと薄いですが春・秋のキャンプであれば断熱効果も十分。他タイプのマットと併用するとより保温力が高められるので、1枚常備しておくと便利です。汚れても洗えるのでお手入れが簡単。キャンプに限らずピクニックや日焼け用マットとしてなど、さまざまなシーンで使えるおすすめのキャンプマットです。

オガワ(ogawa) フォームマット2

テントを主軸にアウトドア用品を取り扱っている日本のメーカー「オガワ」のキャンプマットです。素材に発泡ポリエチレンを採用しており、断熱性・耐候性に優れているのが特徴。厚さ約1.5cmとやや薄めながら、クッション材に多数の小さな凹みを設けたディンプル加工によりクッション性は良好です。

約200×120cmのダブルサイズですが、2つに折り畳むとシングルサイズとしても使用可能。シングル時は厚さ約3cmになり、さらにクッション性がアップします。持ち運びに便利な収納袋が付属するのもポイント。1枚で2通りの使い方ができるおすすめのキャンプマットです。

リクライ(LICLI) レジャーマット

キャンプはもちろん、ピクニック・運動会・釣りなど幅広いシーンで活躍するおすすめのキャンプマットです。素材に耐久性・耐候性に優れたEVAフォームを採用。柔軟性・弾力性があるのに加え、高い断熱効果で夏も冬も快適な寝心地が確保できます。

折り畳み式でセッティングと収納も簡単。本体重量約330gと軽く、専用収納袋が付属するためラクに持ち運べます。オレンジ・グリーン・ブルー・レッドの4色から選べるのは嬉しいポイント。高機能かつ汎用性に優れたおすすめのキャンプマットです。

ニーモ イクイップメント(NEMO Equipment) スイッチバック レギュラー NM-SWB-R

独自のデザインと硬さの異なる2層構造のフォームにより快適な寝心地を実現したキャンプマット。六角形の凹凸を蜘蛛の巣状に連結することで剛性と快適性を高めています。裏面には断熱フィルムを装備しており、地面からの冷気を遮断。体温を上方向に反射しつつマット上に熱を留めて効果的に保温します。

独自のフォーム形状により隙間なくぴったり折り畳めるのがポイント。約13×14×51cmとコンパクトになり収納スペースを取りません。使い勝手がよく価格もリーズナブルなので初めてのキャンプマットにもおすすめです。

キャンプマットのおすすめ人気モデル|エア注入式

サーマレスト(thermarest) ネオエアー Xライト マックス SV R

快適性と携帯性を兼ね備えたキャンプマット。互い違いに並ぶ三角形のチューブを二段に重ねた内部構造で、熱を逃しにくく温かい空気を保持できるのが特徴です。また、内部に熱反射板を挟み込む独自技術により、地面からの冷気を防ぎつつ体温を反射するため保温性も良好。R値3.2で初春から初冬のキャンプに適しています。

バルブは開口部が大きく通常バルブの約3倍の速さで空気の出し入れが可能。独自の内部構造と約6.3cmの厚みで安定感があり、地面の凹凸を体に伝えにくく快適な睡眠が得られるため、寝心地重視の方におすすめです。

サーマレスト(thermarest) プロライト プラス R

登山家やバイカーから人気を集めているキャンプマットです。空気を均一に含む「アストモスフォーム」の採用により、軽量性と収納性を両立。さらに、フォームを斜めにカットすることで、保温性を高めているのがポイントです。R値3.4と断熱性能に優れているため、雪を伴わない低山であれば冬場でも使用できます。

バルブを開くと自動で膨らむので、簡単かつスムーズなセッティングが可能です。空気を抜いても最低限の弾力性と断熱性を備えているので、パンクや空気漏れなどのトラブル時も安心。携帯性・保温性に優れた登山やツーリングキャンプにおすすめのキャンプマットです。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルⅢ 2000032354

厚さ約5cmでクッション性が高いキャンプマットです。バルブを開くと自動で空気を注入するセルフインフレーター式を採用。重さ約1.8kg、収納時サイズ直径約15×70cmとやや重くかさばりますが、約5cmと厚みがあり寝心地は良好です。

マットのサイドにはボタンが付属しており、連結可能なためファミリーキャンプにおすすめ。使用時のサイズは約63×195cmと十分な広さがあり快適に使えます。

コールマン(Coleman) アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド 2000032620

約185×135cmの大きさでミニバンなど車中泊に最適なキャンプマット。伸びにくく破れにくい「PUNCTURE GUARD」生地の採用に加え、ダブルレイヤー構造でパンクに強いのが特徴です。コールマン従来のエアベッドと比較して、強度は約25%、軽量性は約30%向上しています。

約20cmの厚みで車内の段差による凹凸を吸収し、フラットな状態で横になれるので就寝時も快適です。車内に限らずテント内での使用にもおすすめ。ロール式で約36×30×9cmとコンパクトに収納できるので持ち運びにも便利です。

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス S 170A6487

安定感のある快適な寝心地が魅力のキャンプマットです。約19cmの厚みで弾力性があり地面の凹凸を体に伝えにくく快適な睡眠が得られます。ダブルロック構造のバルブにより、空気漏れしにくく何度も入れ直す手間がかかりません。注入口が外に飛び出しており、ポンプのノズルが差し込みやすく空気を簡単に入れられるのもポイントです。

約187×97cmと広々としているのでストレスなくゆったり眠れます。コールマンらしいベージュ×グリーンのカラーも魅力。キャンプアイテムをコールマンで揃えたい方にもおすすめです。

スノーピーク(snow peak) キャンピングマット2.5w TM-193

寝返りしても落下しにくい約198×77cmとゆったりサイズのキャンプマット。従来のシングルマットに比べて幅があるため大人が寝ても十分な広さを確保できます。約6.2cmと厚みがあり、でこぼこした地面や車内でも快眠できるのが魅力です。

バルブを開くと自動で膨張するセルフインフレーター式でセッティングが簡単。ポンプ機能を備えた便利な収納ケース付きで空気量の調節が可能です。さらに収納ケースには水の侵入を防ぐシーム加工が施されているほか、大人数のキャンプの際にマットが混在しないようネーム記入スペースを設けています。

リペアキットが付属しているので、穴が空いてしまったときも安心です。マットの裏面にはノンスリップ加工が施されており、テント内で滑りにくいのもポイント。機能が充実したおすすめのキャンプマットです。

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180 1124665

By: montbell.jp

クッション性と保温性を重視して開発されたキャンプマットです。穴のない密なウレタンフォームと約5cmの厚みにより、地面からの影響を受けにくく寝心地は良好。冷気を遮断する優れた断熱性能も備えているため冬場のキャンプにもおすすめです。

表地には摩耗や裂けに強いリップストップ生地を採用。TPUラミネート加工を施し耐水性を高めています。スタッフバッグやリペアキットを付属しているのもポイント。クッション材をはじめ、生地・バルブ・バックル・トグルに至るまで軽量性を追求した設計で持ち運びにも便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティング ごろ寝マット UB-3020

一息入れたいときなどリラックスタイムにおすすめのキャンプマット。大人2人で座るのに最適な約120cmの半身サイズで長座布団としても使用できます。バルブを開くだけで空気が入るセルフインフレーター式を採用。収納時はバルブを開いたまま空気を抜きながら丸めるだけなので簡単です。

表地に吸湿性・速乾性に優れたポリエステルを使用し、PVC加工で耐久性と防水性を確保しています。クッション材には弾力性の高いウレタンフォームを使用しているので寝心地・座り心地は快適。パープル・ピンク・ブルーの3色から好みのカラーが選べるのも嬉しいポイントです。

ロゴス(LOGOS) グランベーシック Bed Style 超厚 WIDEセルフエアマット 72884150

約209×96cmのワイドサイズでゆったり使えるキャンプマット。大人1人が寝るのに十分な広さを確保しており、一般的なキャンプマットでは足が出てしまう高身長の方にもおすすめです。寝返りしても落ちにくく安心して眠れます。

バルブを開放すると自動で膨らみ、空気を注入して好みの硬さに調節することも可能。厚さ約4.6cmでクッション性があり、地面の凹凸を体に伝えにくく快適な睡眠が得られます。約3.5kgとやや重量がありますが、持ち運びに便利な収納バッグ付きでコンパクトにまとめられ収納スペースも取りません。

ロゴス(LOGOS) エアライトマット ポンプ内蔵 72884410

ポンプを内蔵したエアタイプのキャンプマット。足で踏むだけで空気が注入でき、1分程度で膨らむため素早くセッティグできます。毎回空気の注入する手間を軽減できるのが魅力です。

約10cmと十分な厚みがあり寝心地は良好。TPUコーティグを施したナイロン素材の採用により耐水性も備えています。約540gの軽さに加え、約10×10×28cmとコンパクトにまとめてリュックに収納可能。なるべく身軽で行いたい登山やソロキャンプなどにおすすめです。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

テントサイトを彩るカラフルなキャンプマット。大人2人が横に並んで寝られる約180×112cmのワイドサイズで、キャンプだけでなくピクニックや車中泊など幅広いシーンにおすすめです。折り畳めば1人用としても使用できます。

クッション材に軽く弾力のある「ハイパーエラスティックラバースポンジ」を採用。円形状に穴をあける肉抜きカットでさらに軽量化を図り、反発力と保温性を確保しています。PVCコーティングにより耐水性が高く、水滴や結露などによる濡れにも対応。表面・裏面生地が圧着式で接合されており、水が侵入しにくいのもポイントです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズエアマット CM1-288

ツーリングキャンプに特化したバイカーにおすすめのキャンプマット。付属のキャリーバッグ使用時で直径約15×56cm、さらに2つ折りにして丸めると直径約15×27cmのコンパクトサイズになりリュックに収納できます。

また、バッグは衣類などを入れると枕として使用できるのがポイントです。多目的ループを装備しており、マットのバンドを通すと固定して使えるので睡眠中にズレる心配もありません。耐水性に優れたターポリン生地を採用しているため、突然雨に降られても安心です。

肉抜きなしのフルフラットなスポンジと約3cmの厚みで保温性・クッション性が高くオールシーズン使用できます。高耐久性とリーズナブルな価格でコスパも良好です。

イスカ(ISUKA) ピークライトマットレス 203509

摩耗に強く弾力性に優れたナイロン30D素材を採用した耐久性の高いキャンプマット。裏面の生地には滑りを軽減するノンスリップ加工が施されているため、就寝中にズレにくく傾斜のある場所でも使用できます。

約175×50cmのショートサイズで約580gと軽く、身軽さが求められる登山やサイクリング、ツーリングキャンプなどにおすすめ。収納時は直径約13×26cmとコンパクトにまとまるので、リュックに入れて携行できます。自動で空気が注入されるセルフインフレーター式でセッティングも簡単です。

キャンプマットの楽天市場ランキングをチェック

キャンプマットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。