寝袋の下に敷くことで地面からの冷気を防ぎ、同時にクッションの役割を果たす「キャンプマット」。タイプやサイズ、硬さなどをチェックするのはもちろんですが、持ち運びやすさも考慮すると、なるべく軽量でコンパクトなアイテムをチョイスしたいものです。

そこで今回は、おすすめのキャンプマットをご紹介。購入を検討している方は、ぜひベストなアイテムを見つけてみてください。

キャンプマットを使用するメリット

断熱効果

By: amazon.co.jp

「断熱効果」は、キャンプマットの重要な役割のひとつ。寝袋の下に敷くことで地面からの冷気や熱気を遮断し、快適な睡眠を得られるのがメリットです。特に冬場は寒さで眠れなくなるだけでなく、人命に関わる場合もあるため、キャンプマットの使用は欠かせません。

断熱性能の指標となるのが「R値(熱抵抗値)」です。キャンプマットはR値が高いほど、熱を逃しにくく断熱性能に優れます。春や夏であれば1.0以上、春から秋にかけての3シーズンなら2.1以上、冬なら3.3以上、厳冬期は5.0以上を目安として選んでみてください。

寝心地がよくなる

By: amazon.co.jp

断熱効果と同様に「寝心地」も重要な役割のひとつ。キャンプマットの使用により地面と体の接触が避けられ、快適な寝心地を確保できるのがメリットです。

テントサイトの地面は、小石が多い場合があります。キャンプマットを使わずに寝袋だけで横になると、小石が体にあたり快適な睡眠が得られないだけでなく、体を痛めてしまう恐れもあるので注意が必要です。

キャンプマットの種類

銀マット

By: amazon.co.jp

銀マットは、価格が安く気軽に購入できるのがメリットです。ホームセンターなどでも販売されているため簡単に入手可能。ある程度の断熱性があるため、夏はもちろん朝晩に多少の肌寒さを感じる春・秋のキャンプにもおすすめです。

丸めて収納するロールタイプの製品と、アコーディオンのように折りたためるタイプの2種類がラインナップされています。アコーディオンタイプは、広げた際に角が丸まらず便利。どちらのタイプも自分で切断できるのが魅力です。

ウレタンマット

By: amazon.co.jp

優れた断熱性を有しているのがウレタンマットのメリットです。春から秋にかけてだけでなく、寒さの厳しい冬にも使えるのが特徴。地面から伝わる冷気を遮断し、快適な睡眠をサポートします。丈夫でハードな取り扱いにも対応できるため、雪山登山にもおすすめの製品です。

ただし、ややかさばるので、携帯性を重視したい方には不向き。折りたたみ方式は銀マット製品と同様、ロールタイプとアコーディオンタイプの2種類がラインナップされています。

エアマット

By: coleman.co.jp

エアマットはエアポンプなどで空気を充填して使用するタイプの製品です。優れたクッション性と寝心地のよさがメリット。また、空気を抜くとコンパクトに収納できるため、携帯性も良好。さまざまな厚みの製品がラインナップされています。

厚みのあるモデルほどかさばりますが、断熱性もクッション性もあがるので、好みや使い方に応じて選択しましょう。ただし、小さな傷でも穴が開いて空気が漏れると使い物になりません。取り扱いに気をつけるとともに、補修キットを常備しておくと安心です。

インフレーターマット

By: amazon.co.jp

バルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できるのが、インフレーターマットの特徴です。断熱性に優れておりクッション性も高いので、快適な寝心地が得られます。高性能ながら準備にあまり手間のかからないのがメリット。

ただし、最終的には自分で空気を吹き込むなどして、硬さ調節をおこなう必要があります。エアマットと同様、穴が開いてしまうと使えなくなるため、補修キットとセットで持ち歩くのがおすすめです。

キャンプマットの選び方

サイズをチェック

By: dod.camp

キャンプマットは、テント内で寝袋とセットで使用するため、自分の身長や体型に合ったアイテムを選ぶのがおすすめ。敷いて寝転んだときに足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出したりしてしまうと、ストレスになるので、やや大きめを選んでおいた方が無難です。

ただし、あまりにもオーバーサイズのモノは持ち運びに影響が出るので、その点は考慮しておきましょう。

重量や収納サイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットのタイプや素材、大きさによって重量や収納時のサイズが異なります。特に荷物を背負って歩き続ける登山や積載制限のあるツーリングキャンプの場合は、携帯性が求められるので軽くてコンパクトに収納できるモノを選びましょう。

しかし、一般的に軽いほどマットの性能が落ちる傾向にあるため、厳冬期や雪山登山においては軽量性よりも断熱性能を重視して選ぶのがおすすめです。また、夏場でも標高の高い山の場合は気温の高低差があるので、朝晩は冷え込みます。多少かさばっても断熱性の高いウレタンマットを携行するのがおすすめです。

熱遮断性をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットを選ぶ際には、サイズや重量などいくつかのチェックすべきポイントがありますが、熱遮断性についても忘れず確認しましょう。熱遮断性はクッション性と並んで、快適に過ごすための重要な項目。

冬場はもちろん、夏のキャンプ場でも夜間の地面は思った以上に冷えます。熱遮断性が低い製品では地面から伝わる冷気で底冷えするため、ぐっすりと眠れません。

熱遮断性能を表す指標として「R値」が使われます。R値とは、熱の伝わりにくさを表す数字。R値の大きいモノほど熱が伝わりにくいので、断熱効果の高い製品といえます。

全てのキャンプマットにR値の記載があるわけではありませんが、購入前にチェックしておくと安心です。

キャンプマットのおすすめブランド

サーマレスト(THERMAREST)

By: amazon.co.jp

キャンプマットがブランドの象徴ともいえる、アメリカの「サーマレスト」。創立は1972年で、世界中に愛用者がいるのが特徴です。

定番のクローズドセルマットレスには、「Zライト ソル」や「リッジレスト ソーライト」があり、ファスト&ライトシリーズには「ネオエアーX」や「プロライト」などが代表的。ほかにもトレック&トラベルシリーズやキャンプ&コンフォートシリーズなど、豊富なアイテムが揃っています。

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

アウトドアブランドとして広く認知されているコールマンは、1901年にアメリカで創立。ガソリン式ランプのラインナップから始まり、家庭用調理ストープや暖房器具などを手がけています。

1950〜60年代からはテントやタープなどキャンプ用品全般を製造するようになり、現在ではアウトドアにおける総合メーカーとしても有名です。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

日本のトップクライマーが1975年に設立したモンベル。登山用のアパレルはもちろん、キャンプ用品やアウドドアグッズなども豊富に取り扱っています。品質に対して価格がリーズナブルなところも魅力のひとつです。

キャンプマットにおいてはエア注入式のモデルが人気で、クッション性と保温性の高さが特徴。さまざまなシーンで幅広く使えるため、利便性に優れています。

キャンプマットのおすすめモデル

サーマレスト(THERMAREST) クローズドセルマットレス Zライト ソル

サーマレスト(THERMAREST) クローズドセルマットレス Zライト ソル

EVAフォーム素材を使用した、R値2.0のキャンプマットです。アコーディオンのように折りたためるタイプのため、広げるのも収納するのも簡単。柔らかく耐久性があるので、テント内はもちろん地面に直接敷いて休憩したいときにも適しています。

熱反射板の熱を利用して体をあたためる「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しているのも特徴。290gと軽量で、登山やトレッキングにもおすすめのモデルです。

サーマレスト(THERMAREST) アウトドアマットレス ベースキャンプ

サーマレスト(THERMAREST) アウトドアマットレス ベースキャンプ

真冬でも使える、断熱効果の高いキャンプマットを探している方におすすめのモデルです。R値6.0の優れた熱遮断性能を有しているのが特徴。オールシーズン快適にキャンプを楽しめます。

バルブを開くだけで自動的に膨らむインフレーターを搭載しているため、時間をかけて空気を充填する必要がありません。

使用時の厚さは約5cmと寝心地も良好。空気を抜いて折りたたむとコンパクトに収納できます。専用のスタッフサックが付属しており、持ち運びや保管時に便利です。

サーマレスト(THERMAREST) アウトドア マットレス ネオエアー Xサーモ

サーマレスト(THERMAREST) アウトドア マットレス ネオエアー Xサーモ

空気を充填して使用するタイプのキャンプマットです。R値は5.7で、オールシーズン活躍します。「トライアンギュラーコアマトリックス構造」を採用。断面が三角形のチューブを2層に重ねているため、横になっても面が安定し、コールドスポットができにくいのが特徴です。

また、内部に熱反射板を挟み込む「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しているのもポイント。地面から伝わる冷気を遮る一方で、体温を反射することであたたかさを保ち快適な睡眠をサポートします。

高性能にもかかわらず、重量は430gと軽量。リペアキットが標準装備されているので、万が一の破損時にも安心です。価格は高めですが、優れた携帯性と熱遮断性を求める方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド 2000032620

コールマン(Coleman) アドベンチャーエクストラデュラブルエアーベッド 2000032620

車中泊でも便利に使えるキャンプマットを探している方におすすめのモデルです。空気を入れて使用する方式のエアマット。厚さ約20cmのため、シートの凹凸もしっかり吸収します。キャンプ場・車内のどちらでも快適に過ごせる製品です。

素材には、伸びたり破れたりしにくい「PUNCTURE GUARD」を使用。さらに、パンクしにくい「ダブルレイヤー構造」を採用しています。収納時のサイズは約36×30×9cmとコンパクト。機能性に優れたおすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) テントエアーマット 270 170A6607

コールマン(Coleman) テントエアーマット 270 170A6607

テントの中全体に敷き詰めて使用するタイプの製品です。フロアサイズが約270×270cm以上のテントに適しています。就寝エリアだけでなく、テント内全体をくつろぎスペースにしたい方におすすめのキャンプマット。

寝返りを打てるので、子供のお昼寝タイムでも安心して寝かせておけます。表面にはフロック仕上げが施されているため、マットの上で寝袋が滑ることもありません。小さな子供連れのファミリーキャンプを計画している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

簡単に使える、インフレーター方式のキャンプマットです。空気を充填すると約5cmの厚さになるため、快適に眠ることが可能。エアの量が不足しているときには、付属の収納ケースをポンプ代わりとして使えるので重宝します。

使用時寸法は約63×195cmのシングルサイズ。本体側面にスナップボタンが付いており、マット同士を連結できます。必要に応じてシングルとダブルの使い分けができるので便利です。空気を抜いて丸めれば、約φ15×70cmとコンパクトに折りたためるため、携帯性にも優れています。

モンベル(mont-bell) フォームパッド 150 1124826

モンベル(mont-bell) フォームパッド 150 1124826

軽量で使い勝手のよい製品です。丈夫で断熱性に優れたポリエチレンフォーム素材を採用し、キャンプマットの全面には、凹凸パターンを配置しているのが特徴。横になったときの荷重が分散されるので、全体的に柔らかく快適に過ごせます。また、マットの裏面を硬めに仕上げるなど、地面の凹凸を感じにくいような工夫が施されています。

アコーディオンのように折りたためる方式を採用。折りたたんだ際に、くぼんだ部分と突起の箇所が重なるように設計されているため、コンパクトに収納できます。スタッフバッグが付属しているため、運搬や保管時にも重宝します。

重量は336gと軽量なので持ち運びも簡単。軽くてクッション性の高い製品を探している方におすすめのモデルです。

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム エアパッド ワイド 150 1124752

小さく折りたためてリュックに収納しやすい、おすすめのキャンプマットです。空気を充填して使用するタイプなので、空気を抜いて丸めれば、約φ10×24cmとコンパクトに折りたためます。使用時には約7cmの厚みがあるため、寝心地も良好です。

空気の入る各チューブ間に隔壁を設けた、ボックス構造を採用しているのが特徴。隔壁の高さを確保することで地面からの冷気を伝わりにくくしています。リペアキットが付属しているので、万が一のパンク時にも安心です。

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 150 1124666

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 150 1124666

軽量スポンジとエア充填を組み合わせたキャンプマットです。スポンジには肉抜き加工が施されていない素材を採用しており、優れたクッション性と保温性の高さが特徴。冬のキャンプや登山で使用できる製品を探している方におすすめのモデルです。

使用時の厚さは5cmと、多少の凸凹なら吸収するので快適に眠れます。また、横幅が60cmあるため、大柄な方でもゆったりと横になることが可能。スタッフバッグは力の弱い方でも収納しやすいよう大きめに設計されているので、取り扱いも簡単です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット Sサイズ M-7381

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット Sサイズ M-7381

気軽に購入できる、安い価格の製品を探している方におすすめのモデルです。発砲ポリエチレン素材にアルミ蒸着処理を施したキャンプマット。夏場のキャンプをはじめ、ピクニックなど多様なアウトドアシーンで活躍します。

60×180cmのシングルサイズですが、用途に応じて好みの形に切断可能。ミニバンの窓枠に合わせてカットすれば、防寒カーテンとしても利用できて便利。スキー場で仮眠をとるようなシーンでも重宝します。

重さも295gと軽量なため持ち運びも簡単。厚さが8mmあるので多少の凸凹なら気になりません。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット シングル M-3318

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット シングル M-3318

アコーディオン式に折りたためるキャンプマットです。約270gと軽量なうえコンパクトに折りたためるので、トレッキングや登山にもおすすめ。折りたたみ方を工夫すれば枕のように使ったり、休憩時のクッション代わりにできたりと、さまざまな使い方が可能です。

素材には発泡ポリエチレンとEVA樹脂を使用。厚さが20mmあるのでクッション性が良好なのはもちろん、地面からの冷気もしっかりとシャットアウト。断熱性が高いので春先や晩秋のキャンプでも重宝します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティング キャンプマット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティング キャンプマット

気軽に購入可能なインフレーターマットを探している方におすすめのモデルです。内材に厚さ25mmのポリウレタンフォームを採用しているのが特徴。エアを充填することで、クッション性がよく断熱性にも優れた快適な寝心地を手に入れられます。

バルブを開けるだけで空気が入るので、準備に手間取ることもありません。空気を抜いて折りたためば、約φ12×59cmとコンパクトに収納可能。重量も約900gと比較的軽量なため、持ち運びも簡単です。コスパのよいキャンプマットが欲しい方は、チェックしてみてください。

ディーオーディー(DOD) ソトネノサソイ S

ディーオーディー(DOD) ソトネノサソイ S

ユニークなキャンプアイテムを数多く発売している、DODのキャンプマットです。インフレーターを搭載しているので、エアの充填が簡単にできます。

ブックカバーのように脱着のできるシーツを採用しているのも特徴で、洗濯機で丸洗いができるなど、清潔な状態をキープしておきたい方におすすめのモデルです。シーツ生地にはポリエステルとコットンの混紡素材であるポリコットンを採用しているので、肌触りがよく快適に過ごせます。

内材には、厚さ4.5cmの肉厚スポンジを使用しているのもポイント。まるで家の布団のように寝心地がよく、ネーミングの通り、屋外での睡眠に誘われるようなキャンプマットです。

ディーオーディー(DOD) ソトネノキワミ S

ディーオーディー(DOD) ソトネノキワミ S

手間をかけずに空気を入れられる、インフレータータイプの製品です。10cmの極厚ウレタンフォームを採用しているのが特徴。キャンプ場でも自宅にいるような寝心地を求める方におすすめのキャンプマットです。高さ調節が可能な枕も付属しています。

枕にエアポンプ機能が備わっているのもポイント。エア充填後の空気量調節が簡単にできるので重宝します。マット本体と枕のカバーは取り外して洗えるので、使用後も清潔に保つことが可能です。価格は若干高めですが、アウトドアでも快適な睡眠にこだわりたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

ディーオーディー(DOD) キャンピングマット CM2-64

ポップなカラーリングが自然のなかで映える、おしゃれなデザインのキャンプマットです。約1800×1120mmの特大サイズは、2人で使用するのにおすすめ。インフレーターを備えているため空気を入れるのも簡単です。

また、空気量の調節が可能なバルブを採用しているので、好みの硬さに調節できます。軽くてクッション性にも優れた「ハイパーエラスティックラバースポンジ」を使用しているのも特徴。寝心地のよさと持ち運びやすさを両立しています。

生地にはPVCコーティングを施したポリエステル素材を採用しており、耐水圧が1200mmあるため、地面の湿気で体が濡れてしまうこともありません。キャンプはもちろんピクニックや車中泊など、多目的に使用できるおすすめの製品です。

Saifu キャンプマット

Saifu キャンプマット

空気を入れて使用するエアマットです。足踏み式スポンジポンプを搭載しているのが特徴。エアポンプを持ち運ぶ手間を省きたい方にもおすすめのキャンプマットです。厚みが約6cmあり、地面からの冷気を遮断するため快適に眠れます。

使用時のサイズは約190×60cmとゆとりのある大きさ。大柄な方でもゆったりと横になって寝られます。また、携帯性のよさも本モデルの特徴です。大きなサイズにもかかわらず、収納時は約φ10×21.5cmとコンパクトなため、持ち運びも簡単。補修シートが付属しているので、万が一のときでも安心です。

キャンプマットの楽天市場ランキングをチェック

キャンプマットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。