寝袋の下に敷くことで地面からの冷気を防ぎ、同時にクッションの役割を果たす「キャンプマット」。タイプやサイズ、硬さなどをチェックするのはもちろんですが、持ち運びやすさも考慮すると、なるべく軽量でコンパクトなアイテムをチョイスしたいものです。

そこで今回は、おすすめのキャンプマットをご紹介。購入を検討している方は、ぜひベストなアイテムを見つけてみてください。

キャンプマットを使用するメリット

断熱効果

By: amazon.co.jp

「断熱効果」は、キャンプマットの重要な役割のひとつ。寝袋の下に敷くことで地面からの冷気や熱気を遮断し、快適な睡眠を得られるのがメリットです。特に冬場は寒さで眠れなくなるだけでなく、人命に関わる場合もあるため、キャンプマットの使用は欠かせません。

断熱性能の指標となるのが「R値(熱抵抗値)」です。キャンプマットはR値が高いほど、熱を逃しにくく断熱性能に優れます。春や夏であれば1.0以上、春から秋にかけての3シーズンなら2.1以上、冬なら3.3以上、厳冬期は5.0以上を目安として選んでみてください。

寝心地がよくなる

By: amazon.co.jp

断熱効果と同様に「寝心地」も重要な役割のひとつ。キャンプマットの使用により地面と体の接触が避けられ、快適な寝心地を確保できるのがメリットです。

テントサイトの地面は、小石が多い場合があります。キャンプマットを使わずに寝袋だけで横になると、小石が体にあたり快適な睡眠が得られないだけでなく、体を痛めてしまう恐れもあるので注意が必要です。

キャンプマットの種類

銀マット

By: amazon.co.jp

銀マットは、価格が安く気軽に購入できるのがメリットです。ホームセンターなどでも販売されているため簡単に入手可能。ある程度の断熱性があるため、夏はもちろん朝晩に多少の肌寒さを感じる春・秋のキャンプにもおすすめです。

丸めて収納するロールタイプの製品と、アコーディオンのように折りたためるタイプの2種類がラインナップされています。アコーディオンタイプは、広げた際に角が丸まらず便利。どちらのタイプも自分で切断できるのが魅力です。

ウレタンマット

By: bears-rock.co.jp

優れた断熱性を有しているのがウレタンマットのメリットです。春から秋にかけてだけでなく、寒さの厳しい冬にも使えるのが特徴。地面から伝わる冷気を遮断し、快適な睡眠をサポートします。丈夫でハードな取り扱いにも対応できるため、雪山登山にもおすすめの製品です。

ただし、ややかさばるので、携帯性を重視したい方には不向き。折りたたみ方式は銀マット製品と同様、ロールタイプとアコーディオンタイプの2種類がラインナップされています。

エアーマット

By: coleman.co.jp

エアーマットはエアポンプなどで空気を充填して使用するタイプの製品です。優れたクッション性と寝心地のよさがメリット。また、空気を抜くとコンパクトに収納できるため、携帯性も良好。さまざまな厚みの製品がラインナップされています。

厚みのあるモデルほどかさばりますが、断熱性もクッション性もあがるので、好みや使い方に応じて選択しましょう。ただし、小さな傷でも穴が開いて空気が漏れると使い物になりません。取り扱いに気をつけるとともに、補修キットを常備しておくと安心です。

インフレーターマット

By: amazon.co.jp

バルブを緩めるだけで自動的に空気を充填できるのが、インフレーターマットの特徴です。断熱性に優れておりクッション性も高いので、快適な寝心地が得られます。高性能ながら準備にあまり手間のかからないのがメリット。

ただし、最終的には自分で空気を吹き込むなどして、硬さ調節をおこなう必要があります。エアーマットと同様、穴が開いてしまうと使えなくなるため、補修キットとセットで持ち歩くのがおすすめです。

キャンプマットの選び方

サイズをチェック

By: dod.camp

キャンプマットは、テント内で寝袋とセットで使用するため、自分の身長や体型に合ったアイテムを選ぶのがおすすめ。敷いて寝転んだときに足首が出てしまったり、横幅が足りずにはみ出したりしてしまうと、ストレスになるので、やや大きめを選んでおいた方が無難です。

ただし、あまりにもオーバーサイズのモノは持ち運びに影響が出るので、その点は考慮しておきましょう。

重量や収納サイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットのタイプや素材、大きさによって重量や収納時のサイズが異なります。特に荷物を背負って歩き続ける登山や積載制限のあるツーリングキャンプの場合は、携帯性が求められるので軽くてコンパクトに収納できるモノを選びましょう。

しかし、一般的に軽いほどマットの性能が落ちる傾向にあるため、厳冬期や雪山登山においては軽量性よりも断熱性能を重視して選ぶのがおすすめです。また、夏場でも標高の高い山の場合は気温の高低差があるので、朝晩は冷え込みます。多少かさばっても断熱性の高いウレタンマットを携行するのがおすすめです。

熱遮断性をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプマットを選ぶ際には、サイズや重量などいくつかのチェックすべきポイントがありますが、熱遮断性についても忘れず確認しましょう。熱遮断性はクッション性と並んで、快適に過ごすための重要な項目です。冬場はもちろん、夏のキャンプ場でも夜間の地面は思った以上に冷えるため、熱遮断性が低い製品では地面から伝わる冷気で底冷えする場合があります。

熱遮断性能を確認する際は「R値」を要チェック。R値とは、熱の伝わりにくさを表す数字で、値が大きいモノほど熱が伝わりにくいので、断熱効果の高い製品といえます。すべてのキャンプマットにR値の記載があるわけではありませんが、購入前にチェックしておくと安心です。

重ね使いするのもおすすめ

By: amazon.co.jp

寝心地を追及したい方は、2枚のマットを重ねて使うのもおすすめ。例えば、銀マットの上にインフレーター式のキャンプマットを重ね敷きすることで、断熱性と保温性がアップできたり、雨や湿気による濡れを防げたりと、より快適な就寝スペースを確保できます。究極の寝心地を作りたい方は、キャンプの季節や気候を考慮していろいろと工夫してみてください。

キャンプマットのおすすめブランド

サーマレスト(THERMAREST)

By: amazon.co.jp

キャンプマットがブランドの象徴ともいえる、アメリカの「サーマレスト」。創立は1972年で、世界中に愛用者がいるのが特徴です。

定番のクローズドセルマットレスには、「Zライト ソル」や「リッジレスト ソーライト」があり、ファスト&ライトシリーズには「ネオエアーX」や「プロライト」などが代表的。用途にあわせて選べる、豊富なアイテムが揃っています。

コールマン(Coleman)

By: rakuten.co.jp

アウトドアブランドとして広く認知されているコールマンは、1901年にアメリカで創立。ガソリン式ランプのラインナップから始まり、家庭用調理ストープや暖房器具などを手がけています。

1950〜60年代からはテントやタープなどキャンプ用品全般を製造するようになり、現在ではアウトドアにおける総合メーカーとしても有名です。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

日本のトップクライマーが1975年に設立したモンベル。登山用のアパレルはもちろん、キャンプ用品やアウドドアグッズなども豊富に取り扱っています。品質に対して価格がリーズナブルなところも魅力のひとつです。

キャンプマットにおいてはエアー注入式のモデルが人気で、クッション性と保温性の高さが特徴。さまざまなシーンで幅広く使えるため、利便性に優れています。

キャンプマットのおすすめモデル|銀マット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シルバーキャンピングジャバラマット

じゃばらに折りたためるキャンプマットです。使用時サイズは、100×200×0.8cm。ゴムがついているため持ち運びがしやすいほか、収納時サイズは100×32×5cmと、コンパクトに収納が可能です。夏場のキャンプやピクニック、ビーチなど、さまざまなアウトドアシーンで気軽に利用できます。

リーズナブルな価格も魅力。ファミリーでまとめて購入したい方や、シンプルな銀マットを探している方におすすめです。また、キャンプマットを重ねて使うときに、一番下に敷くマットにも適しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ユーザー(User) 極厚15mm 折りたたみキャンプマット

15mmの厚みがあるキャンプマットです。地面からの冷気をシャットダウンし、冬のキャンプにぴったりなアイテム。使用時サイズは100×180cmと、厚みだけでなく幅にもゆとりがあるのため、寝心地重視の方におすすめです。

折りたたみ式のため、ロール式のように巻きクセもなく、ストレスフリーで使えるのもポイント。キャンプ、車中泊はもちろん、布団の下に敷いて家の中でも使えます。とにかく厚みのある銀マットを探している方におすすめです。

バンドッグ(BUNDOK) アルミ ロールマット

リーズナブルな価格が魅力のシンプルな銀マットです。コンパクトにまとまるロールタイプで、携帯性、収納性ともに良好。使用時は、180×60×0.8cm、収納時サイズは、60×15.5×15.5cmです。

サイズ展開が豊富なのも嬉しいポイント。自分の身長や体型に合うキャンプマットがなかなか見つからない方は、ぜひチェックしてみてください。

キャンプマットのおすすめモデル|ウレタンマット

サーマレスト(THERMAREST) クローズドセルマットレス Zライト ソル

R値2.0で、3シーズンに対応したキャンプマット。アコーディオンのように折りたたむタイプで、就寝時はもちろん、小休憩したいときも素早く広げられ、撤収も簡単です。

熱反射板の熱を利用して体温を高める「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しているほか、表面にアルミを蒸着することにより、断熱性を20%アップしているのが特徴。また、表面にある凹凸は弾力性が高く、寝心地も良好です。

素材にはEVAフォーム素材を採用し、290gと軽量なのもポイント。収納サイズは、51×13×12cmとコンパクトにまとまり、リュックに積んで気軽に持ち運べます。登山やトレッキングにおすすめのキャンプマットです。

サーマレスト(THERMAREST) リッジレスト ソーライト

R値2.1を有する、ロールタイプ式のキャンプマット。「サーマキャプチャーテクノロジー」を採用しているほか、アルミ蒸着加工を施しているため、優れた保温性が特徴です。

使用時サイズは、51×183cm。収納時サイズは51×20cm、重さ400gと、軽さとコンパクトさを追求しています。春から初冬まで3シーズンにわたって使え、さまざまなアウトドアシーンで活躍するおすすめのキャンプマットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 折りたたみマット M-3303

内部に発砲ポリウレタンを採用したキャンプマットです。使用時サイズは100×200×1.5cm。横幅が広いので、ひとりでゆっくり寝たい方におすすめです。

折りたたみ式で、使いたいときに素早く広げられ、撤収も楽なのがポイント。肩から下げられる紐がついているので、持ち運びも簡単です。キャンプはもちろん、車中泊にも使えるキャンプマットを探している方は、チェックしてみてください。

モザンビーグ(Mozambique) キャンプマット

R値2.6で、肌寒い季節でも使用できるキャンプマット。表面のアルミ蒸着加工により、保温性に優れているほか、長く使用できる耐久性の高さが特徴です。

厚さが2cmあり、小石があるキャンプサイトでも快適に寝られるのが魅力。折りたたむと、56×13×12cmとコンパクトにまとまり、収納ケースが付属しているのも嬉しいポイントです。

素材の選定から製造、加工までこだわり抜いて作られたアイテム。機能性が高く、長く愛用できるキャンプマットを探している方や、コスパのよいキャンプマットを求めている方におすすめです。

キャンプマットのおすすめモデル|エアーマット

コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス

寝心地を最優先したい方におすすめのエアー式のキャンプマット。空気が入れやすく、漏れにくい「ダブルロックバルブ」構造の採用で、簡単に設置できるのが特徴です。

ロール式収納でコンパクトにまとまるのもポイント。家の布団のような寝心地なので、寝袋が苦手な方にもおすすめです。エアーポンプとのセットもラインナップされています。

コールマン(Coleman) テントエアーマット 300 170A6608

テントのフロア全体に敷くエアーマットで、約270×270cm以上のサイズのテントに使えます。寝袋を使わなくても、ブランケットをかけてそのまま横になれるので、小さな子供のいるファミリーキャンプなどにおすすめです。

「ダブルロック構造」のため、使い勝手に優れているのもポイント。付属の収納ケースでコンパクトにまとまるため、携帯性にも優れています。キャンプ中でも、布団のように寝られるキャンプマットを探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180

オプションのポンプバッグで、簡単かつスピーディーに空気が入れられる人気のエアーマットです。使用時サイズは、長さ180×幅60cmで、大柄な方でもゆっくりと休めるワイド設計が魅力。また、厚みが5cmもあるためクッション性と保温性が高く、冬山でも使用できます。

付属のスタッフバッグは大きめに設計されているため、すばやく片付けられるのもポイントです。また、ポンプバッグは、衣類入れとしても代用できるのもメリット。冬でも使えるキャンプマットを探している方におすすめです。

Saifu エアーマット キャンプマット

簡単に空気が入れられる、人気の足踏み式エアーマットです。キャンプマットに足踏みポンプを備えており、別途エアーポンプを購入する必要がないのが嬉しいポイント。約40〜60回ほど足で踏めば、設置完了です。

使用時サイズは、約190×60×6cm。厚みが6cmもあるので、クッション性の高いキャンプマットを探している方におすすめです。撤収は、バルブで空気を抜いてから丸めるロールタイプで、コンパクトに収納できます。

人間工学に基づいて設計されたエアーピローがついているほか、同じモデルであれば、ボタンで連結できるのもメリット。また、生地には防水加工が施されているため、雨やフロアからの濡れが気になりにくいのも魅力です。機能性の高い足踏み式エアーマットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

GMAULEE キャンプマット

手で空気を入れるハンドポンプ式のキャンプマット。息を吹き込んだり、別途ポンプを購入したりする必要がなく、手動ポンプにより約1分ほどでエアーマットが完成します。

サイズは、195×65×6.5cmと、体の大きな男性が使ってもゆとりのある設計が魅力。空気が抜けにくい「二重バルブ構造」を採用しているうえ、表面の凹凸形状が体の沈みこみを防ぐため、ストレスフリーの快適な寝心地を確保できます。

枕がついているほか、ボタンで同モデルと連結できるので、ファミリーキャンプにもおすすめ。付属のケースに収納すると、片手で持てるほどコンパクトにまとまるので、軽量コンパクトのキャンプマットを探している方はチェックしてみてください。

キャンプマットのおすすめモデル|インフレーターマット

サーマレスト(THERMAREST) アウトドア マットレス プロライト

同ブランドのインフレーター式のキャンプマットのなかでも軽量でコンパクトなモデルです。R値が2.4を備えており、春から秋にかけて使える3シーズンに対応しています。

独自の「ダイアゴナリーダイカットフォーム」の採用により、高い保温性と軽さを追及しているのも特徴。また、豊富なサイズラインナップも魅力です。冷えやすい背中や足元をケアできる女性向きモデルもあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット シングルIII 2000032354

バルブを緩めるだけで設置できるインフレーター式のキャンプマットです。使用時サイズは約63×195×5cm。厚さが5cmあるので、砂利や小石があるフィールドでも快適に使用できます。

同モデルとボタンで連結すれば、ダブルサイズとして使用できるのもポイント。空気の膨らみが足りないときは、付属の収納ケースで空気を入れることもでき、好みの硬さに調節できます。寝心地のよいインフレーター式のキャンプマットを探している方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) ソトネノサソイS CM1-620

インフレーター式のキャンプマットとシーツがセットになったアイテム。肌触りのよいポリコットン製のシーツは、洗濯機で丸洗いできるため、いつでも清潔な状態で使用できます。

使用時サイズは、192×60cmで、内部に肉厚スポンジを採用しており、厚みが約4.5cmあるのも嬉しいポイント。キャンプでも家の布団のような感覚で就寝できます。収納時サイズは15×15×66cm。付属のキャリケースにコンパクトにまとまるので、携帯性も良好です。

テントサイズに合わせて3サイズ展開しているほか、同シリーズであればボタンで連結できるのもメリット。家族構成やテントの大きさに合わせて柔軟に対応できる、おすすめのキャンプマットです。

ロゴス(LOGOS) 55セルフインフレートマット

厚さ5.5cmと、優れた弾力性で寝心地のよさを追及したインフレーター式キャンプマット。使用時サイズは、幅65×奥行190cmのシングルサイズですが、同シリーズのモデルであれば連結できるので、さまざまなシチュエーションで臨機応変に対応できます。

空気の出し入れがスピーディーに行える「ワイドバルブ」を採用しているのが特徴。また、グリーンとオレンジのリバーシブル仕様で、シーンに合わせて使い分けができるのも魅力です。

収納時は、直径17×高さ61cmにコンパクトにまとまるので携帯性も良好。厚みがあって、寝心地のよいインフレーター式のキャンプマットを探している方におすすめです。

ハイランダー(Hilander) スエードインフレーターマット

触り心地のよいスエード生地のインフレーター式キャンプマットに、冷感シーツがセットになったアイテム。汗ばむ季節のキャンプには、冷感シーツを使用したり、冬はキャンプマット単体で使ったりと、1年を通して快適に使用できるおすすめのキャンプマットです。

使用時サイズは、幅65×長さ192×高さ最大5cm。クッション性も高いほか、エアーピローもついているので、快適な寝心地を確保できます。また、万が一のときのためにリペア生地がついているのも嬉しいポイントです。

収納時サイズは、幅20×高さ65cmとコンパクトにまとまるので携帯性も良好。洗えるカバーがついているアイテムを探している方や、夏のキャンプを検討している方におすすめです。

ベアーズロック(Bears Rock) キャンプマット

リーズナブルな価格が魅力のインフレーター式マット。内部に高反発ウレタンフォームを採用しており、程よい弾力性で沈み込みを防ぎ、快適に睡眠できるおすすめのキャンプマットです。

使用時サイズは、大柄な男性でもゆとりを感じられる195×60cm。厚みも3cmあり、地面の凹凸や下からの冷気をブロックします。片付けるときは、バルブから空気を抜いて巻くだけなので、力のない女性でも簡単に撤収が可能。付属のバッグで、コンパクトにまとまります。

万が一のときのために、補修キットが付いているのも嬉しいポイント。また、枕とキャンプマットは膨らみを調節できるため、使い勝手に優れています。豊富なカラーバリエーションも魅力なので、好みのデザインをチョイスしてみてください。

キャンプマットの楽天市場ランキングをチェック

キャンプマットの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。