「キャンプ用ケトル」とは、名の通りキャンプシーンで使われるやかんのこと。特にあたたかい飲み物・食べ物が必須の寒い時期のキャンプでは、重宝するアイテムです。

しかし、キャンプ用ケトルはさまざまなモノが展開されているため、どれを選べばよいか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのキャンプ用ケトルをご紹介します。選び方もあわせて解説しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

キャンプ用ケトルの必要性

By: amazon.co.jp

キャンプ用ケトルは、寒い時期のキャンプに欠かせないアイテムのひとつ。焚火やストーブなどの上に置いたり吊るしたりしておくだけで、常に一定量の熱湯を確保できます。

キャンプ時の調理器具「クッカー」などでも代用はできるものの、調理をしている時に湯沸かしできないのがデメリット。キャンプ用ケトルは、湯沸かしのスピードや注ぎやすさなどが追求されているため、湯沸かしにおいてはクッカーよりも便利に活用できます。

なかには、湯沸かしと調理鍋の2WAYで使えるキャンプ用ケトルもラインナップ。キャンプ時の荷物を減らしたい方も、ぜひチェックしてみてください。

キャンプ用ケトルの選び方

タイプをチェック

軽量コンパクトな「やかんタイプ」

By: rakuten.co.jp

やかんタイプのキャンプ用ケトルは製品ラインナップが幅広いので、自分好みのアイテムを見つけやすいのが特徴。また、軽量でコンパクトなモノが多いため、持ち運びにも適しています。

さらに、底面が広い形状のモノが多く安定感も良好。炎の当たる面積が広く、湯沸かしの速度もスピーディーです。ただし、背が低く取っ手も短めのモノが多いため、焚火で使用したい場合は火傷に注意しましょう。

直火で使用するなら「縦長タイプ」

By: rakuten.co.jp

縦長タイプは、名の通り縦に長い形状のキャンプ用ケトルです。大容量のモノが多いため、たくさんのお湯を沸かしたいファミリーキャンプなどにおすすめ。また、吊り下げ可能なアイテムが多く、直火でも安心して使えるのもメリットです。

加えて、デザイン性に優れたアイテムも数多く展開されています。ただし、縦長でかさばりやすく、持ち運びや収納には少々苦労する点は留意しておきましょう。

調理にも使える「寸胴タイプ」

By: amazon.co.jp

寸銅タイプのキャンプ用ケトルは、片手鍋のような形状に注ぎ口が付いているのが特徴。汎用性が高く、湯沸かしのみならず調理にも使用できます。また、間口が広いため、不使用時にはケトル内に小さな鍋・小物などを収納しておけるのもメリットです。

さらに、容量も比較的大きめなので、たっぷりとお湯を沸かしたい方にもおすすめ。しかし、サイズ・重量ともに大きなモノが多い点は留意しておきましょう。

必要な容量をチェック

By: amazon.co.jp

キャンプ用ケトルを購入する際は、容量もチェック。4人未満の少人数でキャンプに行くなら、容量1L未満のキャンプ用ケトルで十分です。大人数で行く場合は、1~1.5L程度は必要。ただし、調理にも使いたい場合は、1~3L程度の大容量タイプを選んでおくと便利に活用できます。

なお、容量には満タンまで入れた「満水容量」と、お湯が吹きこぼれない程度の「適正容量」の2種類があるため注意が必要。どちらの容量なのかも忘れずに確認しておきましょう。

素材をチェック

ステンレス製

By: rakuten.co.jp

ステンレス製のキャンプ用ケトルは、耐久性に優れているのが特徴。焚火でも安心して使用できるほか、長持ちしやすいのもメリットです。長く使い込むほどに、風合いの変化を楽しめます。

また、お手入れにも手間がかかりにくいため、キャンプの頻度が高い方や初心者の方にもおすすめ。ほかの素材に比べるとやや重量があるものの、総合的にバランスがよく使いやすい素材だといえます。

アルミ製

By: rakuten.co.jp

アルミ製のキャンプ用ケトルは、軽量で扱いやすいのが特徴。持ち運びやすいため、荷物をすべて自分で背負わねばならないソロキャンプにも適しています。また、熱伝導性に優れており、スピーディーに湯沸かしができるのもメリットです。

しかし、やや耐久性に劣る点には注意が必要。できる限り焚火ではなく、ガスコンロやバーナーなどで火力に気を付けて使用しましょう。

銅製

By: rakuten.co.jp

銅製のキャンプ用ケトルは、熱伝導性の高さが特徴。火の通りが早いので、スムーズに湯沸かしができます。また、使い込むほど味わい深い飴色に変化していくのも魅力です。

一方で、柔らかく変形しやすいのが難点。さらに、青緑色のサビや黒ずみが発生する可能性もあり、お手入れに手間がかかる点を留意しておきましょう。

ホーロー製

By: amazon.co.jp

ホーローとは、鉄の表面にガラス質を焼き付けてコーティングした素材です。ホーロー製のキャンプ用ケトルは、高い耐久性と熱伝導性を備えているのが特徴。また、保温性にも優れているため、湯沸かしの頻度を減らせるのもメリットです。

さらに、光沢感のあるおしゃれな見た目で、デザイン性重視の方にも適しています。しかし、焚火で使うと色の変化・劣化が起こりやすいため、ガスコンロやバーナーなどでの使用がおすすめです。

キャンプ用ケトルのおすすめ

RidgeMonkey スクエアケトル 0.5L 10C5060432149956C10

キューブデザインが目を引くキャンプ用ケトルです。サイズは15×15×6cm、容量は0.5Lと小さめなのでソロキャンプにおすすめ。また、取っ手は折りたたみ式かつ収納ケース付きなので、持ち運びしやすいのもメリットです。

素材に軽量なアルミニウムを採用。さらに、硬質アルマイト加工が施されているため、耐摩耗性にも優れています。ユニークなキャンプ用ケトルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) パックアウェイ TM ケトル 0.6L 2000010532

やかんタイプのキャンプ用ケトルです。重量約150gでサイズは約15×13×8cmの軽量コンパクト仕様のため、持ち運びやすいのが特徴。容量は約0.6Lなので、約4杯分のコーヒーを入れられます。

素材には、軽く熱伝導性の高いアルミニウムを使用。表面に「ハードアノダイズド加工」を施しているため、アルミ製ながら傷が付きにくいのもメリットです。

また、取っ手部分にシリコンカバーが付いているほか、最後まで傾けてもフタが外れにくい設計を採用しているのもポイント。便利な携帯用メッシュポーチも付属しており、ソロキャンプにおすすめのキャンプ用ケトルです。

ミニマルワークス(MINIMAL WORKS) ミニケトル BOGLE MGTW-KB000-GO0ST

シンプルなデザインが魅力のキャンプ用ケトルです。光沢のあるステンレス素材とフタ部分の木目素材の組み合わせが、洗練された雰囲気を演出しています。

取っ手は熱伝導率の低いシリコンカバーで覆われているのがポイント。手の滑りを防ぎながら、火傷のリスクを低減できます。

サイズは14.5×14.5×8cm、容量は0.6Lのコンパクト設計。ソロキャンプなどにもおすすめのキャンプ用ケトルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルミキャンピングケットル UH-4101

アルミ製のキャンプ用ケトルです。重量は約137gと軽いので、携帯性重視の方におすすめ。硬質アルマイト加工を施しており、耐摩耗性に優れているのも特徴です。

さらに、熱伝導性に優れているため、素早く湯沸かしができるのもメリット。自宅でも使用できるキャンプ用ケトルを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

イーグルプロダクツ(EAGLE PRODUCTS) キャンプファイヤーケトル 0.7L ST200

ステンレス素材と銅素材を組み合わせた、ユニークなキャンプ用ケトルです。側面と上部にはステンレスを、底面部分にのみ銅を採用することで優れた耐久性と熱伝導性を実現。スムーズに湯沸かしやすいのがメリットです。

サイズは約直径14.5×高さ7.4cm、容量は0.7Lとコンパクトサイズ。さらに、収納袋が付属しているため、持ち運びやすく便利です。

フィールドア(FIELDOOR) チタンケトル

軽量なチタン素材を使用したキャンプ用ケトルです。重量150gで容量0.7Lとコンパクトサイズ。さらに、収納袋も付属しているため、持ち運びしやすいのが特徴です。

取っ手部分にシリコン製のカバーが付いているので、手が滑るのを防ぎつつ火傷のリスクを低減できるのもメリット。また、間口が広めの設計で手を入れやすいので、洗いやすく便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ホーローケットル CSブラックラベル UH-522

高い耐久性・熱伝導性を備えたホーロー製のキャンプ用ケトルです。素早く湯沸かしができるのはもちろん、汚れが落ちやすくお手入れにも手間がかかりにくいのが特徴。アウトドアのみならず普段使いでも重宝します。

光沢のあるブラックカラーで、おしゃれなキャンプシーンを演出できるのもポイント。デザインにこだわったアイテムを探している方にもおすすめです。

Overmont アウトドアケトル Kettle-0.8L

素早く湯沸かしをしたい方におすすめのキャンプ用ケトルです。素材は熱伝導性に優れたアルミを採用。また、取っ手はカバー付きなので、火傷が心配な方にもおすすめです。

表面は硬質アルマイト加工を施しており、耐擦傷性・耐腐食性を備えているのもメリット。さらに、底面には滑り止めが付いているため、安定性に優れているのもポイントです。

スノーピーク(snow peak) ケトル NO.1 CS-068

直火でも安心して使える寸胴タイプのキャンプ用ケトルです。素材は耐久性に優れたステンレスを採用。長持ちするほか、使い込むほどに風合いの変化も楽しめます。

また、取っ手部分を折りたためるのもポイント。お湯を沸かしたり、鍋の中でラーメンを作ったりと、調理ができるアイテムを探している方にもおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山ケトル900 667736

本体とフタにはアルミを、取っ手にはステンレス鋼を採用したキャンプ用ケトルです。アルミの高い熱伝導性により、スピーディーに湯沸かしできるのが特徴。取っ手は複数の穴が設けられているため、熱くなりにくいのもポイントです。

満水容量は約0.9L、適正容量は約0.85Lと程よい大きさながら重量は約186gと軽め。加えて、ナイロンメッシュケースも付属しているので持ち運びしやすいのもメリットです。

プリムス(PRIMUS) ライテック・ケトル 0.9L P-731701

直径約15.5cmと広めの底面で、効率的に湯沸かしできるキャンプ用ケトル。満水容量は0.9L、適正容量は約0.8Lとやや小さめなので、少人数のキャンプにおすすめです。

素材は熱伝導性に優れたアルミニウムを採用。硬質アルマイト加工を施しており、傷や摩耗にも強く長持ちします。また、重量は約200gと比較的軽く、メッシュスタッフバッグが付属しているため、持ち運びしやすいのもメリットです。

Fire-Maple ANTARCTI ステンレスケトル

ステンレス製で、焚火での使用におすすめのキャンプ用ケトル。取っ手の形状が工夫されており、吊り下げてお湯を沸かすことも可能です。

また、注ぎ口の形状にこだわっているのもポイント。お湯が伝わないように設計されているため、コーヒーのドリップなどにも適しています。

容量は1Lで重量295gとやや重めですが、専用のメッシュポーチが付属しているため持ち運びしやすいのもメリットです。

プリムス(PRIMUS) ライテックトレックケトル&パン P-731722

荷物をなるべく減らしたい方におすすめの寸胴タイプのキャンプ用ケトルです。本体はケトルや鍋として、フタ部分はミニフライパンとして使えるのが特徴。ケトルの内側に食材がこびりつきにくいノンスティック加工を施しているのもポイントです。

ケトルの容量は1.0Lで、フライパンのサイズは内径11×高さ3cmと程よい大きさ。炊飯であれば、約2合まで対応可能です。

素材にアルミニウムを採用。熱伝導性が高くスピーディーにお湯を沸かせます。底面に滑り止め加工が施されており、安全性を重視する方にもおすすめです。

サンパーシー アウトドア ケトル 容量1.1L

安全性を重視する方におすすめのキャンプ用ケトルです。フタのつまみと取っ手部分にプラスチック素材を採用。手にフィットする形状で滑りにくいほか、火傷のリスクを低減します。

本体には硬質アルミニウム素材を使用。焦げや錆びを防ぎやすいのがポイントです。さらに、熱伝導性にも優れているうえ、底面が広めに設計されているので、素早くお湯を沸かせます。

カクセー(Kakusee) SOLA Relax ソラリラ キャンピングケトル PP-06

直火専用で寸胴タイプのキャンプ用ケトル。内側に目盛りが付いているため、軽量カップを使用せずに水量調節ができるのも特徴です。

素材に錆びにくく丈夫なステンレスを採用。焚火でも安心して使用できるほか、お手入れの手間がかかりにくいのもメリットです。

側面の取っ手と上部のハンドルが折りたためるのに加え、収納袋が付いているので携帯性も良好。満水容量は1.2L、適正容量は0.7Lで少人数のキャンプにおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングケトルクッカ― M-7296

湯沸かし調理もできる、寸胴タイプのキャンプ用ケトルです。取っ手を上部に向ければケトルとして、横に向ければ片手鍋として使えるのが特徴。キャンプ時の荷物を減らしたい方におすすめです。

素材に丈夫なステンレス鋼を採用しています。焚火でも安心して使用できるほか、お手入れの手間がかかりにくいのもポイント。また、満水容量1.3L・実用量1Lと大きめのサイズで、使い勝手も良好です。

コールマン(Coleman) ファイアープレイスケトル 2000026788

吊り下げても使える、縦長タイプのキャンプ用ケトルです。素材は高火力にも対応できるステンレスを採用。また、注ぎ口にフタが備わっているため、焚火の灰などが入り込みにくいのもメリットです。

注ぎ口のフタは本体を傾けると水圧で開く仕様。さらに、約1.6Lの大容量でたっぷりお湯を沸かせるのも魅力です。焚火にも安心して使えるキャンプ用ケトルを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングケットル 1.9L UH-4208

容量約1.9Lでファミリーキャンプにおすすめのキャンプ用ケトルです。素材に丈夫で錆びにくいステンレスを採用。ハンドル付きで吊り下げても使用できるため、使い勝手は良好です。

側面の持ち手は握りやすい形状で設計されているのもポイント。本体サイズは約幅16.5×奥行22×高さ19cm、重量は約580gとややかさばりますが、大人数での使用に適しています。

ロゴス(LOGOS) 大型吊りケトル 81210306

約3Lの大容量で、ファミリーキャンプにおすすめのキャンプ用ケトルです。素材に耐久性の高いステンレスを採用。長めのハンドル付きで、吊り下げて使用できます。

IHに対応しているため、アウトドアシーンのみならず自宅でも使えるのもメリット。フタの取っ手にはあたたかみのある木材を採用しており、デザイン性にも優れているのも魅力です。

ファイヤーサイド(FIRESIDE) グランマーコッパーケトル 12113

使い込むほど風合いの変化を楽しめる銅製のキャンプ用ケトルです。容量3.3Lと大容量ながら、熱伝導性が高くスピーディーに湯沸かしができます。

注ぎ口はお湯が垂れにくい角度に設計されているため、水切れがよいのもメリットです。さらに、取っ手の内側は丸みを帯びており、握り心地も快適。デザイン性と実用性を兼ね揃えたアイテムです。

ロゴス(LOGOS) たためるケトル 81210305

コンパクトに折りたためるキャンプ用ケトルです。本体にシリコン素材を採用しているのが特徴。厚み約5.8cmまで折りたためるので、収納しやすいのがメリットです。

重量は約400gと軽量ながら、容量は約1Lとたっぷりのお湯を沸かせるのもポイント。リュックなどに収納しても、かさばりにくいキャンプ用ケトルを求めている方におすすめです。