キャンプ場で焚き火を楽しむ際に活躍する「焚き火シート」。熱による影響を最小限に抑え地面が保護できるなど、焚き火をする場合に便利に使用できます。ただし、さまざまな種類の製品が販売されているため、どれにすべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回は焚き火シートのおすすめモデルをご紹介します。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので参考にしてみてください。

焚き火シートとは?

By: logos.ne.jp

焚き火シートとは、焚き火台の下に敷くシート上のアイテムをさします。耐熱性の高い素材で作られており、焚き火の際に発生する熱や飛び散った火の粉による延焼から地面を保護するのが役割。キャンプ場でおこなう焚き火はもちろん、炭や薪を燃料とするBBQコンロなどでも活躍します。火を使うさまざまなアウトドアシーンにおすすめの製品です。

優れた耐熱性を有していますが、見た目はレジャーシートとほぼ同じ。折りたたんでコンパクトに収納できるため容易に持ち運べます。そのほか、溶接作業現場で使うスパッタシートなどでも代用ができるので、希望する性能や価格の焚き火シートが見つからないという方はチェックしてみてください。

焚き火シートの選び方

素材をチェック

耐炎繊維

特殊なアクリル繊維を、高温で焼成して作られるのが耐炎繊維です。有機繊維としては高い耐熱性と耐炎性を備えており、炎に強いのが特徴。柔軟で加工がしやすいため、スパッタシート・保護具・キッチンミトンといった幅広い分野の製品に利用されています。

また、触り心地がよくチクチクする不快な刺激がないなど、取り扱いのしやすい焚き火シートを求める方におすすめの素材です。

ガラス繊維

By: amazon.co.jp

ガラス繊維は文字通りガラスを原料として作られた素材です。高温で溶かしたガラスを高速で巻き取った糸状の製品をグラスファイバー(長繊維)、綿状に加工したモノをグラスウール(短繊維)と呼びます。市販されている焚き火シートの素材として多く利用されているのが特徴。種類が豊富で、用途や目的に合ったモデルを選びやすいのが魅力の素材です。

ただし、ガラス繊維特有のチクチク感があるため、取り扱う際には軍手などの着用が必要な点には留意しておきましょう。生地表面にシリコンコーティングを施すことで、チクチク感を多少抑えている製品なども販売されています。

シリカ繊維

By: amazon.co.jp

シリカ繊維は1000℃の環境下で連続使用ができるなど、非常に優れた耐熱性を備えているのが特徴。ガラス原料を繊維にし、特別な処理を施すことで加工されます。スパッタシートをはじめ自動車用の断熱材など、高断熱性能が要求される用途で広く使われている素材です。

断熱性を重視する方におすすめなので、気になる方はチェックしてみてください。

大きさをチェック

By: dod.camp

焚き火シートの大きさも重要なチェックポイントです。焚き火台と同程度のサイズの製品では、飛び散った火の粉や薪の焼けカスなどの落下物から地面を十分にカバーできません。焚き火シートを購入する際には、使用する焚き火台が4個載せられるくらいの大きさを目安に選んでみてください。

灰や焼けカスが焚き火シート上に収まっていれば、終わった後の後片付けも短時間で済ませることが可能です。また、焚き火シートのなかには取っ手付きの製品なども販売されています。燃えカスを持ち運ぶ際に便利なほか、燃料の運搬に利用できるなど使い勝手は良好です。

ペグ穴付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

焚き火シートを選ぶ際には、ペグを打ち込める穴が備わっているかについてもよく確認しましょう。シートの端をペグで固定できる製品は、風の影響が最小限に抑えられるのでおすすめ。焚き火をしている最中に、強風で煽られて慌てる心配が少なく済みます。

また、ペグ穴に紐を通して別の用途に利用できるなど、さまざまな使い方ができるのも便利なポイントです。

焚き火シートのおすすめ

コールマン(Coleman) ファイアープレイスシート 2000037303

突然の強風に煽られにくい

グラスファイバー生地を採用した焚き火シートです。600℃の耐熱性を有しており、焚き火による熱から地面をしっかりと保護します。正方形をしているため、焚き火台を全員で囲むシーンで使いやすいのが特徴。また、使用時の大きさが約80×80cmあり、飛び散った火の粉をカバーしやすいのも安心できるポイントです。

四隅にはハトメを配置。ペグでしっかりと固定すれば、突然の強風に煽られにくいのも魅力です。収納時のサイズは約22×22×4cmとコンパクト。重さも330gほどなので容易に持ち運べます。

ロゴス(LOGOS) たき火台シート・ワイド 81064023

風の影響に左右されないアイテム

横幅が約130cmあるワイドサイズの焚き火シート。焚き火台だけでなく、BBQグリルも利用できる製品を探している方におすすめのモデルです。キャンプやBBQなど、さまざまなアウトドアシーンで活躍します。また、四隅にペグ用の穴が設けられており、風の影響を軽減できるのも嬉しいポイントです。

素材にはガラス繊維を採用。素手で触れるとチクチクと痛みを感じる場合があるので、軍手などを装着してから取り扱う必要がある点には留意しておきましょう。

ロゴス(LOGOS) たき火台 耐火・断熱シート 81064033

薪の補充や食材の出し入れが簡単にできる

断熱性能の高い焚き火シートを求める方におすすめのモデルです。シリコンコーティング加工を施した、ファイバーグラス素材を採用しているのが特徴。さらに、コットン生地を縫い合わせた3層構造により、優れた断熱性を実現しています。地面や芝生などへの影響を抑えることが可能です。ペグで固定する際に便利な穴も設けられています。

展開時のサイズは約80×80cm。さまざまな方向から焚き火台へのアクセスがしやすいので、薪の補充や食材の出し入れが容易におこなえます。焚き火を楽しむのはもちろん、炎を利用して料理をする際にも便利です。折りたたむとコンパクトに収納が可能。ほかのキャンプグッズと合わせて便利に持ち運べます。

ディーオーディー(DOD) タキビバビデブーM FR3-754-TN

使用時の寸法が約100×100cmある大型の焚き火シートです。大人数で楽しむグループキャンプにおすすめのモデル。耐熱性に優れたガラス繊維生地を使用しているため、焼け落ちた薪や飛び散った火の粉などによる延焼リスクが軽減できます。また、八角形デザインを採用するなど、大勢で焚き火を囲みやすい設計がされているのも嬉しいポイントです。

生地の両面にシリコン加工を施しているのが特徴。ガラス繊維特有のチクチク感が抑えられるほか、灰などの汚れも簡単に拭き取れるなど使い勝手は良好です。持ち運びや保管の際に便利なキャリーバッグが付属しています。

ディーオーディー(DOD) タキビバビデブーS FR1-904-KH

ソロキャンプにおすすめのコンパクトなモデルです。使用時の大きさは約65×65cm。小型の焚き火台を載せるのにぴったりなサイズ感はもちろん、小さく折りたためるので容易に持ち運べます。ガラス繊維素材による、ダブルレイヤー構造を採用しているのが特徴です。約250℃の耐熱温度を確保しているため、火床の低い焚き火台でも安心して利用できます。

専用のキャリーバッグが付属。灰などで汚れても、袋に入れてそのまま持ち帰れるので重宝します。両面にシリコンコーティングが施されており汚れが拭き取りやすいなど、手入れが簡単なのも特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 焚火 シート80×80cm UG-3300

ガラス繊維生地を採用した耐熱性に優れた焚き火シート。耐熱温度が700℃と高いのが特徴です。焚き火による熱や火の粉などから、地面をしっかりと保護します。ペグ用の穴が付いており固定すれば風対策がおこなえるため、安心して楽しむことが可能です。

ただし、表面に微細なガラス繊維が付着しているので取り扱いには注意が必要。作業の際には軍手や革手袋など、保護具の着用するのがおすすめです。使用時の大きさが約80×80cmあり、多様なサイズの焚き火台が利用できます。

バンドック(BUNDOK) 焚き火シート BD-498

シンプルなブラックを採用した焚き火シート。おしゃれな焚き火シートを探している方におすすめのモデルです。カーボンフェルト素材を使用しており、約700℃の耐熱温度性能を有しています。

使用時のサイズは約60×60cmと比較的コンパクト。ソロキャンパーなど、小型の焚き火台を利用する方におすすめの大きさです。価格も手頃なので気になる方はチェックしてみてください。

ZEN Camps 焚き火専用シート

ブラックレーベルシリーズの焚き火シートです。シンプルでおしゃれな製品を求める方におすすめのモデル。ガラス繊維素材を使用しており、約550℃の耐熱温度性能を備えています。

約95×60cmの横長デザインを採用しているため、焚き火台はもちろんBBQグリルを載せるのにもぴったり。シリコン加工が施されているのもポイント。汚れが簡単に洗い流せるため後片付けしやすいのも魅力です。

CARBABY 焚き火シート

ガラス繊維素材を採用した焚き火シート。シリコンコーティングが施されているため、灰などの汚れが容易に落とせます。また、ガラス繊維特有のチクチク感が少ないのも嬉しいポイントです。作業温度は700℃を確保しており耐熱性は良好。瞬間使用温度が1500℃あるので、キャンプ場の地面や草木を焚き火の熱からしっかりと守ることが可能です。

四隅にペグ用の穴を配置するなど、風対策がしやすい設計もされています。使用時のサイズは98×61cmと横長デザイン。焚き火台はもちろんBBQグリルなども利用できます。

Chaslean 焚き火シート

リーズナブルな価格で購入できる、おすすめの焚き火シートです。気軽に購入できる製品を探している方におすすめのモデル。低価格ながら約550℃の耐熱温度を備えているため、安心して使用することが可能です。キャンプやBBQなど、火を取り扱うさまざまなアウトドアシーンで活躍します。

4箇所にハトメが打たれておりペグダウンできるのがポイント。強風に煽られる心配が少なく済みます。コスパを重視する方はチェックしてみてください。

ICHIFUJI 耐火 防炎 スパッタシート

700℃の耐熱温度を有する、ガラス繊維素材で作られたスパッタシートです。瞬間使用温度が1500℃あるなど高い耐熱性能が特徴。100×100cmの大きめサイズなので、熱や飛び散った火の粉などから広い範囲が保護できます。また、四隅にハトメが打たれているため、ペグによる固定ができるのも魅力です。

専用の袋が付いているので持ち運びにも便利。幅広いシーンで使える製品を求める方におすすめのモデルです。

Alpinista 焚き火台シート

六角形の形をしたユニークなデザインのスパッタシート。6箇所にハトメが配置されているため、風の強い日にはペグダウンしてしっかりと固定することが可能です。50×50cmサイズは、重さが約200gと軽量なので容易に持ち運べます。ソロキャンプに適した焚き火シートが欲しい方におすすめのモデルです。

両サイドに取っ手を備えているのが特徴。焚き火の燃えカスや灰を捨てる際に重宝します。ほかにも、薪を運搬する用途に利用できるなど使い勝手は良好です。準備や後片付け作業をする際に便利な手袋が付属しています。

Hikenture 焚き火シート

広げると92×100cmになる、長方形をした大型の焚き火シートです。焚き火台はもちろん大きめのBBQグリルなどでも利用できます。幅広いシーンで使える製品を求める方におすすめのモデル。耐熱温度は1000℃で、瞬間使用温度が1650℃あるため、地面や芝生を焚き火の熱や火の粉からしっかりと保護します。

四隅には丈夫なハトメが打ち込まれており、ペグによる固定ができるのも便利なポイントです。生地の両面にはシリコンコーティングが施されているも魅力。触ってもチクチクしにくいので快適に取り扱えます。また、水洗いで汚れが落としやすいためメンテナンス性も良好です。

GOGlamping 焚き火シート

グループキャンプにおすすめのモデルです。大型の焚き火台を利用する場合でも周囲の地面をしっかりとカバーすることが可能。ガラス繊維素材を使用しており耐熱温度は800℃を確保しています。多人数で囲みやすいよう、六角形デザインを採用しているのも嬉しいポイントです。

ペグが6本付属しているので別途購入する必要がないのも魅力。さらに、携帯用のキャリーバッグも付属しているため、便利に持ち運ぶことが可能です。

吉野(YOSHINO LIMITED) スパッタシート YS-F2-11

100×100mmにカットされたスパッタシートです。JIS A1323試験の最高基準「A種」に合格したと謳われているなど高い耐炎性能を備えているため、焚き火シートとしてもおすすめ。耐炎繊維を採用しフェルト生地に仕上げているのが特徴です。軽くて柔らかいので取り扱いやすいのも魅力です。

さらに、ハサミやカッターで自由にカットができるのもポイント。用途に応じてぴったりのサイズやデザインの焚き火シートが作れます。切断面がほつれる心配も少ないのが魅力です。シリコンコーティングがされていないのも本モデルの特徴。水を含ませて利用するなど、さまざまな使い方ができます。

吉野(YOSHINO LIMITED) シリカクロス汎用タイプ PS-600-TO-1

高性能な焚き火シートを探している方におすすめの製品です。素材にシリカ繊維を採用しているのが特徴のスパッタシート。高い耐熱性能を備えています。92×92cmサイズにカットされており、そのまま焚き火シートとして利用できるので便利です。

4箇所にハトメを配置しているのがポイント。ペグでしっかりと固定ができるので、風によるトラブルの心配が少なく済みます。また、柔軟で加工性にも優れているなど使い勝手も良好です。