便利なキャンプ用品があれば、アウトドアをより快適に楽しめます。テントやタープなどの基本的なキャンプ用品からダッチオーブンやバーナーなどの調理器具、そのほか便利な小物類などを揃えておくと便利です。

そこで今回は、便利なキャンプ用品をご紹介します。キャンプ初心者から上級者までおすすめの幅広いアイテムを厳選したので、参考にしてみてください。

キャンプ用品の選び方

キャンプ用品の重さ

By: amazon.co.jp

キャンプ初心者だと、キャンプ用品の機能性やデザインにこだわってしまいがち。しかし、キャンプ用品を選ぶときには、性能や見た目だけでなく、重さもチェックしておきましょう。特にテントやタープ、テーブルやチェアなどのキャンプ用品は、パイプやフレームなどがセットになっているため、見た目より重い場合があります。

また、キャンプでは、食べものやドリンクなどの重さも考慮する必要があります。総重量が重すぎると設営や撤収で疲れてしまうので、できるだけ軽量なキャンプ用品を選びましょう。

取手が付いたキャンプ用品を選んだりキャリーワゴンを持参したりすれば、キャンプ場での移動がラクになるのでおすすめです。

キャンプ用品の収納性

By: amazon.co.jp

キャンプ用品が増えるほど、移動時に荷物がかさばってしまったり自宅で保管する際に必要以上に場所をとってしまったりします。そのため、できるだけ収納性が高いキャンプ用品を選ぶようにしましょう。

例えば、テントやタープ、シュラフなどは専用のケースに入れてコンパクトに収納できるモノ、テーブルやチェアの場合は、折り曲げて収納できるモノを選ぶのがおすすめです。

キャンプ用品の使用人数

By: amazon.co.jp

キャンプ用品を選ぶ際には、使用人数に見合ったモノを選ぶことも重要です。キャンプ用品のなかでも、特にテントのサイズには注意が必要。全員がストレスなく就寝できるよう、床面積をしっかりと確認しておきましょう。迷った際には少し大きめサイズのテントを選ぶと、寝るときに余裕ができるのでおすすめです。

また、タープに関しても少し大きめのモノを選んでおくと、突然雨が振ってきた際もタープの下に避難できたり、キャンプ用品を雨から守ったりできます。

キャンプ用品のおすすめメーカー・ブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は、1900年に設立されたアメリカの総合アウトドアメーカー。当初はランプを扱っていましたが、1960年代にはキャンプ用品全般を扱うようになりました。1976年には日本へ進出し、幅広いキャンプ用品をリリースしています。

コールマンのキャンプ用品は、アウトドアを快適に楽しめる工夫が加えられているのが特徴です。機能性だけでなく、デザイン性が高いのも人気の理由。レトロなタイプからスタイリッシュなモデルまで、老若男女に愛されるキャンプ用品がそろっています。機能性の高さと豊富なバリエーションから、キャンプ初心者から上級者まで親しまれているメーカーです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に大阪市で創立したアウトドア総合ブランド。山一筋に青春時代を過ごし、日本を代表するトップクライマーとなった辰野勇氏が設立しました。当初は登山用具を中心にアイテムを展開していましたが、現在ではキャンプ用品をはじめ、幅広いアウトドアアイテムを提供しています。

モンベルのキャンプ用品は、機能性が高くシンプルなデザインが特徴。国内のブランドだけに、日本の気候に合ったキャンプ用品がそろっています。オプションアイテムが充実しているので、ベースのキャンプ用品を選んで自分好みにカスタマイズするのもおすすめです。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

「スノーピーク」は、金物の町として有名な新潟県三条市で1958年に創業したアウトドアブランド。登山家でもあった創業者山井幸雄氏が当時の登山道具に満足できず、欲しいモノは自分で作ろうと決心して商品を開発したのが始まりです。1986年にはキャンプ事業をスタートし、三条市が誇る職人技を生かした高クオリティなキャンプ用品を展開しています。

スノーピークでは、本社に5万坪のキャンプ場を併設していて、社員が自然と向き合いながらオリジナリティあふれるキャンプ用品を開発。斬新なアイデアで数々のキャンプ用品を生み出し、今では日本だけでなく海外でもファンが増えています。

キャンプ用品のおすすめ|テント

コールマン(Coleman) タフワイドドーム Ⅳ/300

コールマン(Coleman) タフワイドドーム Ⅳ/300

5〜6人用のおすすめテント。サークルベンチレーションシステムを採用しており、空気の循環がよく、テント内に熱がこもりにくいのが特徴です。

居住空間が広々としているのもポイント。ファミリーテントを探している方はぜひチェックしておきましょう。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) QC-DT210

クイックキャンプ(QUICKCAMP) QC-DT210

大人2〜3人用のドーム型テント。子どもと同伴であれば、大人2名+子ども2名の計4人に対応できるので、ファミリーキャンプにも適したモデルです。

ワンタッチで設営できるほか、撤収も傘のようにたたむだけなので、キャンプ初心者でも取り扱いは簡単。価格は1万円以下とリーズナブルなので、コスパ重視で選びたい方にもおすすめのテントです。

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス

コールマン(Coleman) ラウンドスクリーン2ルームハウス

4〜5人用の2ルームテント。寝室とリビングがセットになっている仕様で、広々とした居住空間を設営できるのが特徴です。

ベンチレーションに長けた構造を採用しているのもポイント。暑さを感じる際は開放的に、寒さを感じる時は全面クローズと、汎用性が高いのも魅力です。

ディーオーディー(DOD) カマボコテント2

ディーオーディー(DOD) カマボコテント2

大型の2ルーム型テント。製品名の通りカマボコ型を採用しており、換気したい際はオープンに、暖かさを逃したくない場合は全面クローズで対応できるのが特徴です。

就寝の定員は5名ですが、リビング空間はかなり広く、大人10人がくつろげるほど広々。天井の高さは195cmと窮屈さを感じさせないのもポイントです。

オガワ(ogawa) ピルツ9-DX

オガワ(ogawa) ピルツ9-DX

居住性に優れた4人用のティピ型テント。建てる際はそれぞれの角にベグを打ち込み、メインポールを立ち上げるだけなので、簡単に設営することができます。

テントの頂点部分は天窓として自由に開閉ができるので、内部に簡易的な暖房器具を置くことも可能。満足度の高いおすすめモデルです。

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント5型

モンベル(mont-bell) ムーンライトテント5型

ロングセラーモデルの4~5人用テント。設営が比較的簡単なほか、防水性や通気性も優れていると評判のアイテムです。

総重量は約5.4kgと軽く、収納サイズもコンパクト。生地には難燃加工が施されているため、安全性に配慮しているのもポイントです。

キャンプ用品のおすすめ|タープ

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) Takibi-Tarp Cotton Recta

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) Takibi-Tarp Cotton Recta

耐火性に優れたコットンを採用したタープ。火の粉が舞い上がっても穴があきにくい素材なので、タープの下で調理をするのはもちろん、火を焚くことも可能です。

耐久性があり、乾きやすいのもポイント。長く使えるキャンプ用品を探している方はぜひチェックしておきましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープL

ユニフレーム(UNIFLAME) REVOタープL

メインポールの高さが240cmと開放感のあるタープ。シートは左右非対称の流線型フォルムとなっているので、さまざまな張り方に対応できます。

たたむ際は対角をしっかりと引っ張り合えるのでシワになりにくいのもポイント。使い勝手のよいおすすめアイテムです。

ディーオーディー(DOD) チーズタープ

ディーオーディー(DOD) チーズタープ

張る方向が迷いにくい正方形のタープ。ポールを通すグロメットとロープを結ぶループは全部で16ヶ所あり、アレンジしやすいのが特徴です。

素材にポリコットンを採用しており、燃えにくいのもポイント。収納サイズはコンパクトなので、持ち運びも容易です。

モンベル(mont-bell) ビッグタープHX

モンベル(mont-bell) ビッグタープHX

難燃加工が施されたタープ。ポールとの接合部分はステンレス素材の金具を採用しており、耐久性に優れています。

タープの縁は二重に補強してあるのもポイント。なお、メインポールとサブポールは別売りとなっているので、その点は確認しておきましょう。

キャンプ用品のおすすめ|シュラフ

コールマン(Coleman) フリースフットEZキャリースリーピングバッグ/C0

コールマン(Coleman) フリースフットEZキャリースリーピングバッグ/C0

足元70cmゾーンにフリース素材を使用し、寒さ対策を講じている封筒型のシュラフ。アウターにはポリエステルの起毛素材を採用して暖かみをアップさせています。洗濯機で丸洗いができるのもポイント。快適温度は0℃以上と春や秋でも使えるモデルです。

イスカ(ISUKA) キャンプラボ600

イスカ(ISUKA) キャンプラボ600

全長190cm、幅84cmとゆったりとした仕様の封筒型シュラフ。最低使用温度は10℃とサマーキャンプにおすすめのモデルです。

5000円以下で購入できるリーズナブルな価格帯もポイント。コスパ重視でキャンプ用品を選びたい方におすすめです。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 #3

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 #3

モンベルの寝袋のなかでも人気の高いダウンハガーシリーズ。「スーパースパイラルストレッチシステム」を採用し、伸縮性に優れているのが特徴です。

本製品の最低使用温度は-2℃で、春先や秋口などやや肌寒さを感じる時期にも対応。ストレスなく使えるおすすめのアイテムです。

イスカ(ISUKA) エア 300SL

イスカ(ISUKA) エア 300SL

最低使用温度が2℃と春から夏のテント泊に最適なマミー型シュラフ。中綿に300gのダウンが詰められており、保温性は良好です。足元はゆとりをもたせた逆台形形状を採用。重さは570gと軽量なのもおすすめポイントです。

コールマン(Coleman) キッズマミーアジャスタブル/C4

コールマン(Coleman) キッズマミーアジャスタブル/C4

子ども用のシュラフを探している方におすすめのモデル。顔の部分だけ露出する仕様なので、暖かさをしっかりとキープすることができます。

身長に合わせて140cmと170cmに長さを調節できるのもポイント。カラーはネイビーとオレンジをラインナップしています。

コールマン(Coleman) ファミリー2 in1/C5

コールマン(Coleman) ファミリー2 in1/C5

両親2人と子どもの3人でゆったりと寝られる封筒型のシュラフ。ジッパーを開くとブランケットやマットしても使用することができます。

また、セパレート構造を採用しており、2つのシュラフとして分離すること可能。家族で使えるキャンプ用品を探している方におすすめのアイテムです。

キャンプ用品のおすすめ|マット

サーマレスト(THERMAREST) Zライト ソル

サーマレスト(THERMAREST) Zライト ソル

凹凸仕様の折りたたみ式マット。表側にアルミを蒸着しており、断熱性を向上させているのが特徴です。

サイズは2種類あり、レギュラーサイズは51×183×2cmで、重さは410g。スモールサイズは51×130×2cmで、重さは290gといずれも軽量です。

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット/W

コールマン(Coleman) キャンパーインフレーターマット/W

バルブを開けると中のウレタンマットが広がり、自動的に膨らむマット。厚さは2cmですが、十分なクッション性があり、ふんわりとした寝心地を体感できるのが特徴です。

使用時のサイズは約195×129cmと、縦横ともに余裕があるのもポイント。PVCコーディング加工が施されており、耐久性が高いのも魅力です。

クイックキャンプ(QUICKCAMP) 車中泊キャンピングマット

クイックキャンプ(QUICKCAMP) 車中泊キャンピングマット

バルブを捻るだけで簡単に膨らむマット。バルブは2個用意されており、弾力の調整が簡単にできるのが特徴です。

サイズは198×63cmで、厚みは最大8cmまで対応。製品名の通り、車中泊にもテント泊のキャンプにも使いやすいおすすめモデルです。

キャンプ用品のおすすめ|チェア

コールマン(Coleman) インフィニティチェア

コールマン(Coleman) インフィニティチェア

アウトドア用のリクライニングシェア。丈夫なスチームフレームや汚れがつきにくいポリエステル生地のシートを採用しており、野外での使用シーンを考慮した作りになっています。

たためば厚さ15cm程度にまとまるのもポイント。心身ともにリラックスできるおすすめのキャンプ用品です。

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームチェア

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームチェア

天然木のブナを採用したロースタイルチェア。座面の前部と背もたれの上部は湾曲した仕様になっており、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

パーツはバラせるので、コンパクトに収納できるのもポイント。製品ラインナップはポリエステル生地を採用したカモ・デニム・ブラウン、コットン生地を採用したアイボリー・カーキ・レッドの計6種類です。

コールマン(Coleman) コンパクトフォールディングチェア

コールマン(Coleman) コンパクトフォールディングチェア

座面の高さが28cmのアウトドアチェア。天然木を採用したアームレストがデザインのアクセントとなっています。

耐荷重は80kg。約2kgと軽量なほか、折りたためば厚さ9cmとスリムにまとまるのもポイントです。使い勝手のよいキャンプ用品を買い揃えていたい方はぜひチェックしておきましょう。

コールマン(Coleman) ファイアープレイスフォールディングチェア

コールマン(Coleman) ファイアープレイスフォールディングチェア

シートに防火加工が施されたアウトドアチェア。キャンプファイヤーや焚き火台の前でも安心して使えるのが特徴です。

座面の高さは約28cm、重さは約2.2kgと軽量で、耐荷重は80kg。アームレストが手触りのよいウッド仕様になっているのもポイントです。

パイプ椅子と同じ要領でスリムに折りたたむことができるのも魅力。製品の上部にはハンドルが備わっているので、持ち運びがスムーズに行えるのも便利な点です。

スノーピーク(snow peak) ローチェアショートアイボリー

スノーピーク(snow peak) ローチェアショートアイボリー

落ち着いた雰囲気のアウトドアチェア。座面の高さは30cmで、製品名の通りロースタイルのイスを探している方におすすめです。

アームレストには天然木を使用。背面にはポケットやフックが付いているので、ちょっとした小物を収納する際に便利です。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFチェア100

ユニフレーム(UNIFLAME) UFチェア100

重さ2.8kgと軽量ながら、耐荷重は100kgと大柄な方でも安心して使えるアウトドアチェア。脚フレームのパイプ内にスチールを入れることで、強度をアップさせているのが特徴です。

収納する際は中央に集約するタイプで、サイズは17×107cmと面長にまとまるのもポイント。長く使えるキャンプ用品を探している方はぜひチェックしておきましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウトラウンジチェア

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプアウトラウンジチェア

価格1000円台と格安のアウトドアチェア。右側のアーム部分にはカップホルダーが付いており、飲み物やスマホを置く際に便利です。

背面に収納ポケットが用意されているのもポイント。安価ながら使い勝手のよいキャンプ用品を探している方におすすめです。

キャンパーズコレクション(Campers Collection) ユニエアチェアフルクッション

キャンパーズコレクション(Campers Collection) ユニエアチェアフルクッション

随所にクッションが施された座り心地良好のアウトドアチェア。背面にメッシュ加工が施されているので、通気性にも配慮されています。

両サイドにカップホルダーが備わっているのもポイント。価格帯としてはリーズナブルなので、コスパの高いおすすめアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSクラシックスアルミ背付ベンチ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSクラシックスアルミ背付ベンチ

アウトドア用のベンチ。サイズは104×56×66cmで、座面の高さは28.5cmと二人掛けでも余裕があるサイズ感です。

なお、同社の「アルミ背付ベンチ用 リラックスクッションカバー」を活用すれば、ソファに早変わり。興味がある方はぜひセットでの購入を検討してみてください。

ヘリノックス(Helinox) チェアワン

ヘリノックス(Helinox) チェアワン

軽量でありながら耐久性の高い人気のアウトドアチェア。重さ890gながら145kgの耐荷重に対応しており、安心して座れます。

お尻がすっぽりとハマるほか、両脇のメッシュ加工により蒸れに配慮しているのもポイント。折りたためば片手に収まる程度のサイズにまとまるので、リュックなどに入れて容易に持ち運ぶことができます。

スノーピーク(snow peak) FD KID’S チェア

スノーピーク(snow peak) FD KID'S チェア

小さな子ども用のアウトドアチェア。シートの高さは49cmとハイスタイルのテーブルにも合わせやすいのが特徴です。

重さは2kgで、倒れにくい構造を採用しているのもポイント。レストランで使用するような子ども用のイスを探している方におすすめです。

ヘリノックス(Helinox) ビーチチェア

ヘリノックス(Helinox) ビーチチェア

ハイバック仕様のローチェア。パーツの接地面が多く、地面が比較的柔らかい砂地でも脚が沈みにくいのが特徴です。

組み立てが簡単で、収納時はコンパクトにまとまるのもポイント。座面の高さは27cmで、足を思いっきり伸ばせるのも魅力です。

オンウェー(Onway) コンフォートローチェア

オンウェー(Onway) コンフォートローチェア

肘掛に竹を使用しているアウトドアチェア。座面や背もたれに帆布生地を採用しており、ゆったりとした座り心地を体感できます。

使い勝手良好ながら1万円台で購入できる価格帯も魅力。お得感の高いおすすめのキャンプ用品です。

キャンプ用品のおすすめ|テーブル

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル / 90

コールマン(Coleman) ナチュラルウッドロールテーブル / 90

天然木のスギを使用している2〜4人用のテーブル。折りたたみ式のテーブル台と脚部を組み合わせる仕様なので、収納時はコンパクトにまとまります。2段階の高さ調節ができるのもポイント。汎用性の高いおすすめアイテムです。

オンウェー(Onway) ミニウイングテーブル

オンウェー(Onway) ミニウイングテーブル

重さ282gとかなり軽量なテーブル。アーチ型のトレーが両サイドに付いているため、アイテムの置き分けがスムーズにできます。

収納する際はスーツケース型になるので、持ち運びも容易。メインとしてはもちろん、サブ用のテーブルを探している方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーロードアルミフォーウェイテーブル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) レジャーロードアルミフォーウェイテーブル

カラフルなデザインが特徴のテーブル。高さは4段階調節に対応しているので、アウトドアチェアに合わせて使うことができます。

収納する際はスーツケース型にまとまるので持ち運びにも便利。サイズはコンパクト・S・Mの3種類から選べます。

ハイランダー(Hilander) ロールトップテーブル

ハイランダー(Hilander) ロールトップテーブル

ロースタイルのウッドテーブル。天板をしっかりと固定する構造を採用しており、安定感があります。

収納時はかなりスリムになるので、持ち運びに便利なほか、車載する際も快適。サイズは横幅が50・90・120cmの3タイプをラインナップしています。

スノーピーク(snow peak) IGTスリム

スノーピーク(snow peak) IGTスリム

サイズが940×403×408mmとロースタイルチェアとマッチするテーブル。ウッド調の天板はバラすことができるほか、脚部は折りたたみが可能なので、収納する際もスムーズに対応できます。

落ち着きあるデザインもポイント。キャンプシーンはもちろん、室内インテリアとしても映えるおすすめアイテムです。

キャンプ用品のおすすめ|ランタン

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン

コールマン(Coleman) 2500 ノーススター LPガスランタン

使い勝手のよさと煌々と光る明るさが好評のLPガスランタン。専用のカートリッジを取り付ける仕様で、ワンタッチで点火できるのが特徴です。

レギュラーガス使用時の光量は最大1543ルーメンで、200W相当の明るさ。燃焼時間は470gのカートリッジを使用した場合、4~8時間使用可能です。

ペトロマックス(Petromax) HK500

ペトロマックス(Petromax) HK500

1917年に開発され、今も多くのキャンパーから支持されている圧力式の灯油ランタン。100年近くモデルチェンジしておらず、長年に渡って愛され続けている逸品として知られています。

明るさは最大500キャンドルパワー(400W相当)で、燃焼時間は約8時間としっかりと照らし続けてくれるのもポイント。種類としてはニッケルとブラスの2タイプをラインナップしています。

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

キャンプ初心者でも安心して使える発光パネル搭載のLEDランタン。光量は単一乾電池4本の使用で最大約500ルーメン、8本であれば約800ルーメンで、最大光量時は約20時間点灯するのが特徴です。

4枚あるパネルはスマホと同サイズ程度で、着脱することが可能。それぞれをハンドライトとして活用することもできます。

ジェントス(GENTOS) EX-777XP

ジェントス(GENTOS) EX-777XP

単一乾電池を3本使う仕様のLEDランタン。最大光量280ルーメンで、連続点灯時間は72時間と十分な明るさとスタミナを兼ね備えているのが特徴です。

ハンガーフックが付いているので安心して吊るせるほか、本体底面にはビルトインフックも備わっているので、逆さ吊りにも対応することが可能。汎用性の高いおすすめのキャンプ用品です。

テントファクトリー(TENT FACTORY) クラシックLEDランタン

テントファクトリー(TENT FACTORY) クラシックLEDランタン

クラシックな外観ながら単一乾電池を6本使うLEDランタン。「レトロの雰囲気を楽しみたいけど、安全性も考慮したい」という方におすすめのアイテムです。

ノーマルモードでは220ルーメンで、連続点灯時間は21時間。エコモードでは70ルーメンで、連続点灯時間は90時間と長く照らせるのもポイント。持ち運びにも便利なので、サブランタンを探している方にもおすすめです。

キャンプ用品のおすすめ|バーナー

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

テーブルに直接設置するタイプのツーバーナー。本体重量は約2.3kgと軽く、収納バッグも付属しているので、ストレスなく持ち運べるのが特徴です。

CB缶タイプのガス燃料を使用し、各バーナーの火力は1時間あたり2500kcal。使用時間は燃料1本あたり約1.5時間で、湯沸かしはもちろん、調理もスムーズに対応できます。

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

卓上にセットするスタンドタイプのツーバーナー。2本のCB缶からガスを供給する「ガスシンクロナスシステム」を採用おり、安定した火力をキープできるのが特徴です。

同社純正のCB缶「ST-760」を使用した場合、火力は1バーナーあたり最大4200kcal、燃焼可能時間は約1.9〜2.5時間と充実しているのもポイント。しっかり調理をしたい方におすすめのキャンプ用品です。

コールマン(Coleman) 413Hパワー ハウスツーバーナー ストーブ

コールマン(Coleman) 413Hパワー ハウスツーバーナー ストーブ

ホワイトガソリンを燃料とする定番のツーバーナー。風に強く、安定した火力をキープできるのが特徴です。

正面から見て右側のメインバーナーは最大で約3650kcal/h、左側のサブバーナーは約2750kcal/hとどちらもパワフル。燃焼可能時間は約2〜6時間と長く、炒め物からトロ火での煮込み料理まで、幅広く対応できるおすすめのキャンプ用品です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

折りたためばアタッシュケースのように持ち運べるツーバーナー。設置するとコンロの底面がやや前方に傾斜しているので、吹きこぼれなどが溜まりやすく、掃除しやすいのが特徴です。

燃料はガス燃料のCB缶を使用し、同社の「プレミアムガス」をセットした際は1コンロあたり最大3900kcal/h、「レギュラーガス」をセットした際は最大3000kcal/hと十分な火力を確保できます。燃焼時間は約45〜55分。ちょっとした用途にも使いやすいおすすめのキャンプ用品です。

ジェットボイル(JETBOIL) MiniMo

ジェットボイル(JETBOIL) MiniMo

カップとセットになったシングルバーナー。ちょっとした合間にコーヒーやスープを飲みたい際に重宝するアイテムです。

OD缶を燃料とし、沸騰スピードが早いのも特徴。フタやボトムカバーが付属していたり、ガス調節レバーが長めになっていたりと、使い勝手に配慮しているのもポイントです。

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ノズル交換が不要で、ホワイトガソリンとLPガスの双方の燃料に対応するシングルバーナー。バーナーヘッドには約300の炎口があるため、風に強く火力をしっかりキープできます。

重さ約225gと軽量なのもポイント。短時間でお湯を沸かすことができるので、キャンプ場で温かいコーヒーを飲みたい方やカップ麺を食べたい時など、ちょっとした用途で重宝するおすすめアイテムです。

キャンプ用品のおすすめ|焚き火台

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

人気の焚き火台。耐久性に優れた網「ロストル」が付属しているほか、耐荷重は20kgと十分なので重たいダッチオーブンを設置することも可能です。

目の細かい焼き網もセットとなっているのでBBQにも対応。キャンプ用品としては定番のおすすめアイテムです。

スノーピーク(snow peak) 焚き火台M

スノーピーク(snow peak) 焚き火台M

三角錐タイプの焚き火台。折りたためばペタンコになるので、持ち運ぶ際にも便利です。タフなステンレス素材を採用しているので耐久性は良好。なお、本製品は2〜3人用のMサイズですが、ほかにも1〜2人用のSサイズや3〜4人用のLサイズもラインナップしています。

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングLセット

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングLセット

風を取り込む構造「エア アシスト スタートシステム」を採用した焚き火台。点火の際は中央の筒に細かい木材を挿入し、下部から着火する仕組みで、上部に置いた薪に効率的に燃え広がっていくのが特徴です。

本製品は筒部分のベースと三角錐部分が大きめのウイングLがセットになった4〜8人用。ワンランク小さいサイズのウイングMがセットになったモデルもあり、そちらは2〜4人用となっています。なお、各種パーツは別売りにも対応しているので、購入する際は組み合わせを考慮しておきましょう。

キャンプ用品のおすすめ|クーラー

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) グランドフリーズクーラー50

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) グランドフリーズクーラー50

本体に厚み30mmの超高密度ウレタンを採用したハードクーラー。容量は約47Lで、350mL缶が縦置きで64本、500mLペットボトルが縦置きで36本、2Lペットボトルが縦置きで12本入ります。フタの部分には缶などが置けるホルダーが2つあり、ちょっとしたテーブルとして使えるのもポイントです。

コールマン(Coleman) 54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー

コールマン(Coleman) 54QT 60TH アニバーサリースチールベルトクーラー

厚さ約30mmの発泡ウレタンをトップとボディに採用した保冷力の高いハードクーラー。高さは41cmで、2Lのペットボトルが縦に入る大型サイズです。

容量は約51Lで、飲み物はもちろん、食材の収納も可能。4人程度のファミリーキャンプに十分対応できるおすすめのアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラウンドコールドクーラーバッグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラウンドコールドクーラーバッグ

円柱型のソフトクーラー。バッグの開口部は大きいものの、取り出し口は小さいので、冷気を逃しにくいのが特徴です。

収納時は厚さ85mmとコンパクトに圧縮できるのもポイント。容量は16・26・45Lの3種類をラインナップしています。

コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーⅡ

コールマン(Coleman) アルティメイトアイスクーラーⅡ

ストラップ付きで持ち運びに便利なソフトクーラー。厚さ20mmの断熱材とアルミ蒸着ライナーにより保冷力が高いのが特徴です。

開口部とは別に上部に小窓が用意されているので、取り出す際に冷気が逃げにくいのもポイント。容量サイズは25Lと35Lをラインナップしています。

キャンプ用品のおすすめ|その他

FYX キャンプ 調理器具 7点セット

FYX キャンプ 調理器具 7点セット

コンパクトにまとまったアウトドア用の調理器具セット。包丁・まな板・ハサミ・しゃもじ・おたま・フライ返し・フォークと便利なアイテムが取り揃っているのが特徴です。

持ち運びに便利な専用ケースが付属しているのもポイント。価格もリーズナブルなので、キャンプはもちろん、頻繁にBBQを楽しむ方にもおすすめのアイテムです。

ソト(SOTO) ステンレスヘビーポット GORA ST-950

ソト(SOTO) ステンレスヘビーポット GORA ST-950

大中小と3種類の鍋がセットになった製品。フタはお皿としても鍋敷きとしても使えるので、省スペースを意識したい方におすすめです。

収納袋も付属しているので持ち運びする際にも便利。それぞれステンレス製なので、耐久性も良好です。

ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドキャリングシンク

ユニフレーム(UNIFLAME) フィールドキャリングシンク

1台で何役もこなせるシンク(洗い桶)。直接火にかけることができるので、冷水をお湯にすれば油まみれになった食器を洗う際にも便利です。

木製のフタはまな板としても活用することが可能。サイズは375×260×135mm、重さは約1.2kg、容量は約6Lです。

ソト(SOTO) フィールドチャッカーⅥ ST-417

ソト(SOTO) フィールドチャッカーⅥ ST-417

火起こしが苦手な方におすすめのトーチ。ワンタッチで点火できるほか、ロングノズルを採用しているので、安心して燃料を着火することができます。キャンプ初心者はもちろん、チャッカマンやライターの使用に不安を感じる方はぜひ試してみてください。

ペトロマックス(Petromax) アラミドプロ300グローブ

ペトロマックス(Petromax) アラミドプロ300グローブ

熱に強く、燃えにくいアラミド繊維を採用しているグローブ。鍋つかみとして活用するのはもちろん、焚き火台の炭を直接ピックアップしたい際にも重宝するアイテムです。

手の指が5本にしっかりと分かれているのもポイント。あると便利なおすすめのキャンプ用品です。