テントで快適に眠るために重要なのが「キャンプ用枕」。自分にしっかりフィットする枕を選ぶことで、普段の睡眠の環境に近くなり、快眠効果が期待できます。

今回はおすすめキャンプ用枕をピックアップ。おすすめのメーカーや、キャンプ用枕の選び方についても解説するので参考にしてみてください。

キャンプ用枕の種類

インフレータブルタイプ

By: amazon.co.jp

インフレータブルタイプは枕の開口部を開けると、自動的に空気を取り込んで膨らむタイプ。自分で空気を吹き込む必要がないので、手間がかからないのが魅力です。

また、収納するときも開口部を開けて空気を抜けばコンパクトに収まるので、携帯性が高いこともポイント。入れる空気の量で硬さや高さを調整できる製品もあるほか、柔らかなウレタン素材を入れて、より頭にフィットしやすくなっているものもラインナップされています。

手動で空気を注入するタイプ

By: amazon.co.jp

海水浴などで使う浮輪と同じように、自身で息を吹き込んで膨らませて使うタイプです。持ち運びするときに空気を抜くことでコンパクトに収納できます。

息を吹き込まなければならない手間があるものの、ほかのタイプに比べるとコストが低くなりやすいのが嬉しいポイント。キャンプ用枕にかける費用を抑えたい方におすすめです。手軽に空気を注入したい場合は別途エアポンプを用意すると空気入れの時間を短縮できます。

その他タイプ

By: amazon.co.jp

そのほかには、カットされたスポンジが封入されたキャンプ用枕などがあります。スポンジタイプは柔らかく弾力性に優れていて、頭にしっかりとフィットしてくれることがメリット。低反発枕で寝ているような使用感が得られます。

また、荷物をなるべく減らしたいという方は、衣類を詰めて扱うタイプの枕もおすすめです。詰める衣類の量次第で、枕の高さを自由自在に調整できます。

キャンプ用枕の選び方

収納や持ち運びやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアに向かう車やバイクの荷物の容量があまり多くないのであれば、収納のしやすさ・持ち運びやすさを重視して選ぶことも大切です。空気を抜けば薄くなるものや、折りたためるものであれば荷物を圧迫しにくいメリットがあります。

また、キャンプ用枕のなかには広げた状態だとマットとして、折りたためば枕として使えるものもあります。多目的な用途で使える枕を用意して、ほかの荷物を減らすのも1つの手段です。

なお、ウレタン素材などを封入したインフレータブルタイプの枕はコンパクトに収まりにくい製品が多いので注意しましょう。

使用時のサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

使用したときの枕の大きさを重視するのもおすすめです。普段使っている枕よりも小さすぎると寝返りを打ったときに枕から頭が外れてしまうなど、寝づらくなってしまうこともあります。

小さい枕を使いたい場合は裏面に滑り止め加工が施されている物を購入したり、床面と枕の間に滑り止めシートを挟んだりするのもおすすめです。

枕が大きすぎるとテント内のスペースを圧迫して、空間が窮屈に感じることもあります。テントのサイズに対して大きすぎることがなく、普段使っているものに近いサイズの枕を選択するのがおすすめです。

寝心地のよさで選ぶ

By: amazon.co.jp

キャンプの睡眠で普段と変わらない睡眠の質を追求するのなら、寝心地のよさで枕を選んでみましょう。普段使っている枕と同等の硬さのものであれば、キャンプシーンでよりよい寝心地が期待できます。

普段柔らかい枕を使っている方はスポンジタイプの枕や、入れる空気の量によって硬さが調整できる枕がおすすめです。硬い枕を使っている場合は、手動で空気を入れるタイプに最大限空気を入れて使用しましょう。

また、高さを普段使っているものに近づけることでも、寝心地を改善できます。購入する際は枕の横幅だけではなく、高さもチェックしてみましょう。

キャンプ用枕のおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) コンパクトインフレーターピロー2

By: amazon.co.jp

キャンプ用品メーカーのなかでもトップクラスの人気を誇るコールマン。テントやタープなどの居住空間を作るものから、バーベキューグリルなどのアウトドアグッズまで、さまざまな製品が人気を博しています。

ほどよい価格で高品質な製品を売り出していることに定評があり、キャンプ用枕においては2,000円ほどで購入できるインフレータブルタイプの枕が人気です。

ロゴス(LOGOS)

ロゴス(LOGOS)モミモミまくら

By: amazon.co.jp

手軽なアウトドアを楽しみたいユーザーから人気を得ているメーカー。比較的リーズナブルな製品が多いだけでなく、ランタンフック・ロールペーパーホルダーなど、ほかのメーカーではあまり見ない、痒い所に手が届く小物を多く取り扱っていることが特徴です。

また、ファッション性が高い柄物のアイテムが揃っているのもポイント。枕においてもおしゃれな製品が多くあるので、見た目にもこだわりたい方におすすめのメーカーです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピング ピロー

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグはキャンプメーカーのなかでもリーズナブルなアイテムに定評のあるメーカーです。取り揃えている製品のジャンルも豊富で、テントや寝袋などキャンプに必須のアイテムを少ない予算で購入できます。

キャンプ用枕でもリーズナブルな製品があり、1,000円以下で購入できる枕も少なくありません。キャンプ用品をなるべく少ない予算で揃えたい方にとっておすすめのメーカーです。

キャンプ用枕のおすすめ

コールマン(Coleman) コンパクトインフレーターピロー2

コールマン(Coleman) コンパクトインフレーターピロー2

コールマンが手がけるアウトドア用枕のなかでもポピュラーな枕。インフレータブルタイプなので開口部を開けておくだけで自動的に膨らみます。

48cmと広めの横幅と、中央部に作られたくぼみのおかげで安定感に優れているのが魅力。枕から頭が外れにくく、寝心地のよい一品です。

表面の生地は滑りにくいピーチ加工が施されていて、肌触りも良好。カットされたスポンジが中に入っているのでほどよく柔らかい感触となっています。

リーズナブルな価格にも関わらず、収納ケースが付属していて持ち運びにも便利なので、コスパ良好なキャンプ用枕です。

ロゴス(LOGOS)モミモミまくら

ロゴス(LOGOS)モミモミまくら

口を付けて膨らませるのではなく、本体を揉むことで空気を入れる枕です。表面にはアンダーウェアにも用いられる柔らかく肌触りのよい素材を使用しています。横幅が19cmと小さめサイズなので、子ども用の枕として人気です。

さらに、空気を抜けば紙のように薄くなるので、畳めば難なくポケットにも入るほどコンパクトなことも魅力。荷物の量が限られるツーリングキャンプで使用するのもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) 小さくたためるMyまくら

ロゴス(LOGOS) 小さくたためるMyまくら

アウトドア用枕の柔らかさや高さにこだわりたい方におすすめの枕です。空気の注入量によって柔らかさと高さが変わるので、自分に適した感触で睡眠がとれます。

また、枕を上から見た際に、上部と下部で高さが違うこともポイント。向きを変えることでも枕の高さを調整できます。柔らかさがベストなのに高さが合わない、というときは枕の向きで調整しましょう。

コンパクトに収納できる専用ポーチも同梱されており、収納時には手のひらに乗るほどのサイズへとまとまりまるので、持ち運びにも適した枕です。

ロゴス(LOGOS) セルフインフレートピロー

ロゴス(LOGOS) セルフインフレートピロー

デザートタイプのカモフラージュ柄が魅力的な枕。バルブをひねるだけで空気が充填されるインフレータブルタイプで、手軽な使用感も魅力です。同じ柄のマットも販売されているので、併せて使用すればギアの統一感が増します。

また、付属している収納袋がカモフラージュ柄なのも魅力。キャンプ用枕の見た目にもこだわりたい方におすすめしたいアイテムです。

ロゴス(LOGOS) エアーまくら スカイマルチクッション Type-B

ロゴス(LOGOS) エアーまくら スカイマルチクッション Type-B

枕として使えるだけでなく、クッションとしても活躍する枕です。広げることで固い座面でものんびり座れるクッションとなり、折りたためばアウトドア用の枕として使えます。

素材にはジャケットやコートなどにも扱われるベルベット仕上げを施しているので、優しい肌触りを実現しているのもポイント。重量が約110gと軽量なのも嬉しいポイントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピング ピロー

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピング ピロー

リーズナブルなアウトドア用品に定評のあるキャプテンスタッグの枕。チェック柄の枕カバーが綿100%なので、吸湿性や肌触りに優れています。

アウトドア用枕のなかには丸洗いできないものが多く、汚れが気になったらウェットティッシュなどで拭かなければならないケースがほとんどですが、本製品は丸洗いできるので、清潔に使い続けることが可能です。

素材には、速乾性が高い速乾ウルトラファインファイバーを使用しているので、手入れは普段の洗濯物と同じように洗って乾かすのみ。手軽に枕の清潔さをキープしたい方におすすめです。

イスカ(ISUKA) ノンスリップピロー

イスカ(ISUKA) ノンスリップピロー

裏側に滑り止め加工がされているインフレータブルタイプの枕です。睡眠中の枕のズレを予防してくれるほか、中央部にはくぼみが形成されているので、頭部にしっかりフィットします。

また、応急用パッチを同梱しているのも本製品の魅力。もし本体に穴が開くなどして使用できなくなったときは、損傷個所にパッチを貼り付けることで応急処置ができます。

また、汗をかきやすい時期では別売りの枕カバーを取り付けるのもおすすめです。綿100%でできた枕カバーなので汗をしっかりと吸い取り、快適さを損なわずに使用できます。

Hikenture エアーピロー

Hikenture エアーピロー

自身で空気を吹き込んで使うアウトドア用枕。自動で膨らむインフレータブルタイプに比べるとやや手間がありますが、優れた収納性が魅力の製品です。

空気を抜いて専用の収納袋に入れると、手のひらサイズほどの大きさになるので荷物をほとんど圧迫しません。収納を重視する方に特におすすめのアイテムです。

また、吹き込む空気の量を増減させることで高さを自由自在に調整できるのもポイント。枕の高さにこだわりのある方にもおすすめのキャンプ用枕です。

ワック(WAQ) インフレータブルまくら

ワック(WAQ) インフレータブルまくら

シンプルかつ機能性に優れたアウトドア用品が多いWAQのインフレータブル枕。中の素材には柔らかくクッション性に優れたウレタンチップを使用しており、頭部をしっかりと包み込んでくれる感触が魅力です。

丸洗いこそできないものの表面には撥水加工が施されています。水気の多い濡れタオルで汚れを拭き取れるので、手入れも比較的簡単。

また、補修テープが同梱されているため、枕が破れたり破損してしまったりした際にも対応しやすいアイテムです。

サーマレスト(THERMAREST) コンプレッシブルピロー

サーマレスト(THERMAREST) コンプレッシブルピロー

マットレス製造時の切れ端を使用して作られた枕。柔らかすぎない程よい弾力が持ち味の製品です。計7種類豊富なデザインから選べるので、おしゃれな枕を探している方にも適しています。

S・M・Lと3段階のサイズを展開しているので、自身の好みに合わせた大きさを選びやすいのも魅力です。Sサイズだと横幅が約41cmとコンパクト。Lサイズだと横幅約58cmと、一般的に家庭で使われている枕に近い大きさになります。

豊富なカラーとサイズ展開から選べるので、家族で揃えて使用する際におすすめのキャンプ用枕です。

スマートトラベル(SmartTravel)ネックピロー

スマートトラベル(SmartTravel)ネックピロー

ひょうたんのようなユニークな形状の枕。「ネックピロー」とも呼ばれる、首元を支えることを重視したタイプの枕です。腰や肩への負担を和らげる効果が期待できます。

サイズは比較的コンパクトなので、車の運転中にヘッドレストと頭の間に挟むのもおすすめです。バックストラップがついているのでヘッドレストに固定できます。

バックストラップは最大54cmに伸縮するので、車のヘッドレストだけではなくアウトドアチェアなどにも固定可能。バルブを開けるだけで空気が注入されるインフレータブルタイプなので、使用感も手軽です。

フィールドア(FIELDOOR) インフレータブルエアピロークッション

フィールドア(FIELDOOR) インフレータブルエアピロークッション

広げればクッションとして、折りたためば枕として使用できる、多機能なインフレータブルタイプの枕です。折りたたんだときはファスナーでしっかり固定できるので、安定して使用できます。

中材にはクッション性の高い高密度のウレタンフォームを採用しているため、ふんわりとした柔らかい使用感を実現。ゴツゴツとした地面で使ってもストレスをあまり感じさせません。

収納時のサイズもコンパクトで持ち運びにも便利です。汎用性が高く、キャンプだけでなくスポーツ観戦などのアウトドアでも活躍します。

フィールドア(FIELDOOR) インフレータブルピロー

フィールドア(FIELDOOR) インフレータブルピロー

サイズ感が一般的な枕に近いインフレータブルタイプの枕。柔らかいスポンジなどにも用いられるチップウレタンを詰めているので、頭にフィットする感覚も一般的な枕に似ています。普段と変わらない寝心地を追求したい方におすすめです。

アウトドア用枕のなかでは比較的大型なサイズですが、収納時には1Lのペットボトルほどにまとまるコンパクトさも売りのひとつ。枕を膨らませたときにチップウレタンが偏ることがあるものの、手で軽くならすだけですぐ元に戻ります。

コクーン(COCOON)コクーンエアーコアトラベルピローウルトラライトXLVer2

コクーン(COCOON)コクーンエアーコアトラベルピローウルトラライトXLVer2

最大で横幅48×奥行38cmほどになる大型の枕。普段大きい枕を使用している方におすすめのアイテムです。空気を入れる量を調整すればサイズ感を自由自在に変えることもできるので、小さめの枕が好みの方でも問題なく使用できます。

アウトドア用枕のなかでは大型のサイズですが、収納時はコンパクトに収まるのでそれほど荷物を圧迫しません。

テンピュール(TEMPUR) トラベルピロー

テンピュール(TEMPUR) トラベルピロー

NASAが公式認定したことでも知られる、高品質な寝具に定評のあるテンピュールが開発した携帯用の枕です。

携帯用ということもありサイズは控えめですが、その寝心地のよさは折り紙付き。ベロア仕上げのつやつやとした肌触りと、柔らかさが魅力です。

本製品では、人それぞれの体重や体温を感知して快眠にベストな状態へとゆっくりと沈み込むテンピュール素材を採用していると謳われています。巻いて専用のポーチに収納すればコンパクトに収まるので、携帯性も良好です。

サーマレスト(THERMAREST) スタッフサックピロー

サーマレスト(THERMAREST) スタッフサックピロー

基本的にはスタッフサックとして使用し、衣類を詰めれば枕としても活躍できるアイテムです。表地はナイロンですが裏地は暖かく柔らかいマイクロフリースになっているので、リバースして使用するのをおすすめします。

表地のナイロンは「コーデュラナイロン」という軽量ながら強度に優れた素材。通常のナイロンに比べて7倍ほどの強度があるので、破れにくい頑丈なスタッフサックとしても高いパフォーマンスが期待できます。

ムーンレンス(Moon Lence) エアーピロー

ムーンレンス(Moon Lence) エアーピロー

重量がわずか78gと、優れた軽量性が特徴の枕です。収納すれば片手で握れるほどコンパクトに収まるので、持ち運びも簡単。少ない荷物でのキャンプに適しています。

自分で空気を入れるタイプの枕ですが、息を吹き込む回数は3~5回ほどと、準備が比較的手軽なのも魅力。

中央が凹んでいる形状なので、椅子に座っているときや車の運転中などでもクッションとしても活躍します。防水性が高く、汚れに強いTPU生地を採用しているので傷みにくく、手入れの回数も最小限で済む枕です。

Drakefyre ネックピロー

Drakefyre ネックピロー

U字型の形状が特徴の枕。頭部全体ではなく首元を支えることを重視しているため、首や肩への負担を軽減する効果が期待できます。

押し式のバルブを使って空気を入れるタイプで、空気を充填させるのにかかる時間は約45秒とスピーディに使用できるのも魅力。口を付けて膨らませなくていいので衛生的にも安心して使用できます。

スノーピーク(snow peak) ストレッチピロー

スノーピーク(snow peak) ストレッチピロー

高品質で高級感のあるアウトドア用品で人気を集めている日本のアウトドアブランド、スノーピークの枕です。バルブ付近にあしらわれた控えめのロゴがファンの心を掴みます。

バルブを緩めれば自動で空気が入るインフレータブルタイプなので、使用感に優れていることが魅力。頭を枕に置いている状態でバルブを開くことで、高さを手軽に調整可能です。

裏面には滑り止めの加工が施されているので、頭を動かしてもずれにくいようになっています。サイズ感は控えめなので、スペースがあまり取れない場所での仮眠に利用するのもおすすめです。