アウトドアで眠る際にあると重宝するのがキャンプ用の枕。地面の凸凹を抑え、快適な睡眠をサポートする便利アイテムです。しかし、キャンプの際に持ち運ぶ荷物が増えたりかさばったりするのではと、購入を悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、携帯性に優れたキャンプ用枕のおすすめモデルをご紹介します。選び方のポイントについても詳しく解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

キャンプ用枕の選び方

キャンプ用枕の種類

インフレータブルタイプ

By: amazon.co.jp

バルブを開けるだけで空気が充填され、自動的に膨らむのがインフレータブルタイプのキャンプ用枕です。自分で空気を入れる必要がないため手軽に利用できるのが特徴。膨らんだあとに空気を吹き込んだり、抜いたりすることで枕の高さや柔らかさ加減を調節できます。就寝準備にできるだけ手間を掛けたくない方におすすめです。

ただし、内部にウレタンフォームを配置しているので、空気を抜いてもコンパクトになりにくいのがデメリット。購入を検討している方は、多少の厚みが残る点は留意しておきましょう。

セルフインフレータブルタイプ

By: amazon.co.jp

自分で空気を吹き込んで膨らませるのが、セルフインフレータブルタイプのキャンプ用枕です。手動なので手間はかかるものの、空気の量を調節しながら注入できるのがポイント。自分好みの柔らかさや高さに合わせやすいのが魅力です。また、内部にウレタンフォームなどの素材がないため、完全に空気を抜いてしまえばコンパクトに収納できます。

持ち運ぶ荷物の量をできるだけ減らしたい方や、登山やキャンプツーリングなどで使用したい方におすすめのタイプです。

スポンジタイプ

By: amazon.co.jp

スポンジタイプのキャンプ用枕は、内部にスポンジなどの素材が充填されています。空気を注入する必要がなく、取り出してすぐに使える手軽さが特徴。クッション性に優れているため、携帯性より寝心地を重視する方に向いています。

専用の袋を必要とせず、本体を丸めてそのまま収納できるのも魅力。使い勝手がよいタイプを求める方におすすめのタイプです。

中に衣類などを詰めるタイプ

By: amazon.co.jp

携帯性を重視する方におすすめなのが、中に衣類などを詰めて使用するタイプのキャンプ用枕です。スタッフバッグのような形状で、空気を出し入れするバルブやクッション性を確保するスポンジなどを持たないシンプルな仕様。持ち運ぶ荷物の量や重量を最小限に抑えたい場合にピッタリのタイプです。

アウター・タオル・グローブなど、中に詰めるアイテムの種類や量で枕の高さや柔らかさが調節できます。

収納時のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャンプ用の枕を選ぶ際には、収納時のサイズもしっかりとチェックしましょう。快適な寝心地でも、大きすぎて持ち運びに苦労するモノは、気軽にキャンプへ持っていきにくいので注意。登山のようにリュックに入れて長い距離を歩くのなら、かさばらないようできるだけコンパクトに折りたためるタイプの枕が重宝します。

また、オートキャンプのように車で運んで利用するなら、収納時のサイズが多少大きくても寝心地のよい枕の方が快適です。使用するケースに合わせて選んでみてください。

キャンプにおすすめの枕

ディーオーディー(DOD) ソトネノマクラ CP1-654-TN

使用時の寸法が約幅47×奥行き30×高さ7.5cmある、大型サイズのキャンプ用枕です。寝返りを打っても頭がはみ出しにくいなど、ゆったりと眠りたい方におすすめのモデル。ウェーブ形状を採用しているため、首筋から頭部にかけてのフィット感は良好です。

バルブを開けると自動で膨らみますが、さらに空気を吹き込むことで好みの高さに調節可能。寝心地のよい高さに合わせられるのが魅力です。

枕カバーにボリエステルとコットンの混紡生地を採用しているのが特徴。コットンを使用することで、気持ちのよい肌触りを実現しています。また、取り外して洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイントです。

コールマン(Coleman) コンパクトインフレーターピロー II 2000010428

携帯性に優れたインフレータブルタイプのキャンプ用枕です。折りたたむことでコンパクト収納することが可能。重量も約280gと軽量で、ソロキャンプやキャンプツーリングにおすすめの枕です。

表面のポリエステル生地にはピーチ加工が施されており、肌触りのよさが魅力。また、枕の中央部にくぼみを設けているのがポイントです。頭部をしっかりとサポートするため、安定した状態で寝られます。持ち運びがしやすく、寝心地のよいキャンプ用枕を探している方はチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) インフレーティング ピロー UB-3017

好みの高さに調節しやすい、インフレータブルタイプのキャンプ用枕です。バルブを開くだけで自動的に空気が入るのが便利。空気を抜けば、付属のバッグに収納できるので携帯性にも優れています。

枕の生地にはポリエステルを採用。PVC加工が施されており、強度が高く防水性にも優れています。軽く濡れる程度なら、問題なく使用できるモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 洗えるキャンピングピロー UB-17

中綿の入ったキャンプ用枕です。ポリエステル素材のウルトラファインファイバーが300g充填されており、寝心地は良好。表地にはフランネル加工の綿を採用しているなど、肌触りのよさが魅力です。中綿入りですが、比較的コンパクトに折りたためるので容易に持ち運べます。

洗濯機での丸洗いに対応しているのが特徴。きれいに保ちやすいのはもちろん、速乾性のある素材を採用しているため乾きやすいのもポイントです。

ロゴス(LOGOS) セルフインフレート まくら 72884223

リバーシブルのデザインが特徴的なキャンプ用枕。片面には薄いグリーンを、反対面にはブラウンカラーを採用しています。好みやその日の気分に応じて、異なる色を楽しめるのが魅力。インフレータブルタイプのため、自分で空気を入れる手間も省けます。

ワイドバルブを備えており、空気の出し入れが短時間でおこなえるのも便利です。枕を膨らませたときの最大高さが約12cmあるなど、十分な厚みを確保。地面の凹凸や硬さを気にすることなく、キャンプ場でもぐっすりと眠ることが可能です。

ロゴス(LOGOS) マルチクッション BJ 73860003

セルフインフレータブルタイプのキャンプ用枕です。生地の表面には、肌触りがよいベルベット仕上げを施しているのが特徴。2つに折れば枕として、広げればクッションとしても利用できるなど使い勝手は良好です。

キャンプはもちろんスポーツ観戦の際にも活躍。比較的安価なので、気軽に使いやすいキャンプ用枕が欲しい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ストレッチピロー TM-095R

キャンプをはじめ車中泊や飛行機の機内など、幅広いシーンで活躍するキャンプ用枕です。本製品は空気が自動で入るインフレータブルモデル。寝転んだ状態でバルブを緩めることが可能。寝心地を確認しながら、枕の高さや柔らかさを調節できて便利です。

TPUフォームを内蔵しながらも、スリムかつコンパクトに折り畳めます。付属の収納ケースに入れて気軽に持ち運べるなど、携帯性も良好なモデルです。

スノーピーク(snow peak) マット&ピロー TM-094R

自動で空気が注入できるインフレータブルタイプの製品です。枕以外にもマットとして使えるので、キャンプ時にアウトドアチェアに敷けるのも便利。ほかにも、旅行やスポーツ観戦など幅広いシーンで重宝します。

中央部から折り曲げて固定することで枕として使用可能。就寝時の快適な寝心地をサポートします。収納サイズは直径約9×19cmとコンパクト。重さ140gと軽量のため、携帯性にも優れています。クッションと枕、両方の用途を備えたおすすめのモデルです。

サーマレスト(THERMAREST) スタッフサックピロー 30161

衣類やタオルなどを詰め込んで使用するタイプのキャンプ用枕。携帯性を重視する方におすすめです。ウレタンフォームやポリエステルファイバーなどが入っていないので、小さく折りたたんで収納できるほか、重さも64gと非常に軽量。詰め込む衣類の量を変えることで枕の高さが調節できます。

裏生地にはマイクロフリース素材を採用。表地にはシリコンコーティングの施されたコーデュラナイロン生地を使用しているため、収納袋として利用する場合に雨などによる水濡れから内容物を守ります。登山やキャンプツーリングなど、持ち運ぶ荷物を減らしたい方にぴったりの枕です。

サーマレスト(THERMAREST) アウトドア コンプレッシブルピロー

マットレスの製造時に発生する、フォームの切れ端を利用して作られたキャンプ用の枕です。展開してすぐに使用できるのが便利。空気を吹き込んだり膨らむのを待ったりする手間を省けます。横幅が大きいため、キャンプ場でもゆったりと就寝することが可能です。

デニムやグレーマウンテンなど、複数のデザインをラインナップ。未使用時は小さく丸めて本体のビルトインポケットに収納が可能です。展開時の1/3ほどに圧縮できるので、コンパクトに持ち運べます。

モザンビーク(Mozambique) アウトドアピロー 枕 スウェードピロー

寝心地を重視する方におすすめのモデルです。内部にキューブ形状のウレタンを詰め込んだキャンプ用枕。ウレタンの位置を変えることで、枕の高さや固さを調節することが可能です。枕カバーにはスウェード生地を採用しており、優しい肌触りも実現しています。

また、日光に当てると大きく膨らみやすいのが特徴。天気がよい昼間に枕を外で干しておくと、より快適な寝心地を得ることが可能です。キャンプはもちろん、車や電車による移動の際などでも重宝します。

KAKERU コンパクト枕

ウレタンフォームが充填されたキャンプ用枕です。自然な柔らかさと、頭を優しく包み込む収まり感のよさが魅力。枕カバーには肌触りのよいフリース生地を採用しています。

洗濯機で丸洗いできるのも本製品の特徴。手入れが簡単で、きれいな状態を保ちやすいのがポイントです。片方から丸めて本体のポケットに入れるだけで、簡単に収納可能。また、紐が付いているので携帯性も良好です。

Hikenture キャンプ枕

空気を入れて膨らませる、セルフインフレータブルタイプのキャンプ用枕です。逆流を抑える弁付きのバルブを搭載しているのが特徴。3〜5回ほど息を吹き込むだけで膨らむと謳われているなど、短時間で準備を済ませられます。また、厚さが約12cmあるためクッション性も良好です。

収納時の寸法は直径約8×13cmとコンパクト。枕カバーは取り外して洗えるため、きれいな状態を保つことが可能です。固定用のベルトが付いているのもポイント。車のヘッドレストに取り付けられるなど、長距離ドライブにもおすすめの枕です。

NatureHike 自動インフレーターピロー

手ごろな価格で購入できるインフレータブルタイプのキャンプ用枕。バルブを開けるだけで膨らむため、準備が簡単。空気を補充すれば、枕の高さも調節できます。

内部に詰められたスポンジを備えており、寝心地は良好。また、持ち運びや保管の際に便利な収納袋を付属しているため、持ち運びにも便利です。

手軽に使いやすい製品を探している方におすすめ。これからキャンプに挑戦してみようと考えている、アウトドア初心者の方などにも適しています。

フィールドア(FIELDOOR) インフレータブルピロー

高密度のウレタンフォームを採用した製品です。高いクッション性を求める方におすすめ。バルブを回すだけで空気が充填されるため、簡単にセッティングが可能です。十分に膨らんでから少しずつ空気を調節することで、好みの柔らかさに合わせられます。

枕の中央部にへこみをもたせているのがポイント。頭にフィットしやすく安定した状態で眠ることが可能です。バルブを開けて丸めながら空気を押し出せば、コンパクトに収納できます。ファミリーキャンプや旅行に便利なキャンプ用枕です。

ジージーエヌ(G.G.N.) エアピロー GN02CM010

インフレータブルタイプのキャンプ用枕です。ワンタッチで膨らみ、高さの調節も可能。収納時にはスリムに折りたためるなど、かさばりにくいので持ち運びにも便利です。

裏面にラバー加工が施されているため、キャンプマットやインナーシートの上でズレにくい仕様。地面の硬さや凹凸を気にせず、快適な寝心地を実現します。

また、比較的安価で手に入れられるのも魅力。気軽に購入しやすく、キャンプ初心者の方におすすめの枕です。

Gear Doctors エアーピロー

折りたたみ時の寸法が約縦14×横8cmと、コンパクトに収納できる製品です。携帯性に優れたキャンプ用枕を求める方におすすめのモデル。重さも100gと非常に軽量なため、携帯性も良好です。

裏面には滑りを抑えるラバー素材を採用しているのが特徴。固定用のベルトも搭載しているので、キャンプマットなどに取り付ければ朝まで枕がズレる心配なく眠ることが可能です。

TSGarden エアーピロー

セルフインフレータブルタイプのキャンプ用枕です。手動プレス式のエアポンプを搭載しているのが特徴。息を吹き込む必要がなく、約30秒ほどで膨らませられると謳われています。また、バルブを開けば簡単に空気を抜くことも可能です。

中央部がへこんだ形状で作られており、就寝中の頭や首をサポートします。快適な寝心地のキャンプ用枕を探している方はチェックしてみてください。