冬キャンプのテント内で履く「テントシューズ。最近は使い勝手と暖かさが注目され、自宅用のルームシューズとしても人気を集めています。

そこで今回はおすすめのテントシューズをご紹介。アウトドアブランドのアイテムをピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

テントシューズの選び方

中綿の素材をチェック

By: amazon.co.jp

テントシューズの中綿には、寝袋に使われているものと同様の素材が多く、主にダウンと化学繊維が採用され、暖かさの指標はフィルパワーパワーが用いられます。

フィルパワーとは、羽毛を1オンス(約28g)のシリンダーに入れたときのふくらみ度合いを示した単位です。フィルパワーの数値が大きくなればなるほど、素材に含まれている空気が層を作るので、熱を外に逃さない仕様になります。高品質と呼ばれるフィルパワーの目安は700以上です。

ダウン

ダウンのメリットは化学繊維に比べて、保温性が高いこと。また、軽くてコンパクトなので、暖かさと実用性を重視したい方はダウン素材のテントシューズがおすすめです。

一方、価格が高いのが懸念点。なお、濡れてしまった場合は完全に乾かさないとカビが生えてしまう恐れがあるので、保管方法には気をつけましょう。

化学繊維

化学繊維のメリットは価格がリーズナブルで、お手入れが簡単なこと。また、速乾性があるので、濡れてもスムーズに対応できます。

デメリットはダウンに比べて保温性が劣ること。また、重くかさばるので収納にはややストレスを感じます。その点は留意しておきましょう。

丈の長さをチェック

ロング

By: heritage.co.jp

寒さ厳しいキャンプ場では膝下まであるロングタイプのテントシューズがおすすめです。保温性が高く、足元からふくらはぎに至るまで冷えを防ぎます。なお、厚手のソックスを履くことも考慮されるので、サイズ選びはワンランク上をチョイスするのもアリ。靴下の丈感を意識するのも重要なポイントです。

ショート

By: amazon.co.jp

ショート丈のテントシューズはスリッパのように気軽に使える特徴。寒さが厳しいキャンプ場とはいえ、脱着の頻度が多い際には便利なアイテムです。

なお、製品ラインナップが豊富で、おしゃれなデザインのモデルが各メーカーから販売されているのもポイント。アウトドアシーンだけではなく、ルームシューズとしても活用できます。

デメリットとしては保温性がやや劣ること。極寒のキャンプではロング丈のテントシューズをチョイスしましょう。

機能をチェック

防水機能

冬キャンプのテント内ではいくら防寒着を用意しても、底冷えは厳しく、足元を暖めるのは至難の業です。特に濡れをカバーすることは重要なので、防水機能は重要すべきポイント。高性能であれば、テントシューズを履いたままでも外に出ることができます。

濡れに強いのはダウンより化学繊維。とはいえ、採用されている生地に防水加工がしっかり施されていれば、テントシューズ内の水分をケアできます。ぜひチェックしておきましょう。

カバー付き

By: amazon.co.jp

ショート丈のテントシューズのなかには、内側にカバーが付属しているモデルもあります。膝下まで伸ばせばロング丈のテントシューズとしても使えるので便利です。

滑り止め

By: amazon.co.jp

ナイロン素材のテントは床が滑りやすいのが懸念点ですが、テントシューズの靴底に滑り止めが付いているモノであれば、より安心して使えます。

ただし、滑り止めが付いているテントシューズは履いたまま寝袋に入ると違和感を覚えます。なお、製品によっては滑り止めが付いていない面と採用されてない面とで使い分けることができるリバーシブルタイプもあるので、気になる方は確認しておきましょう。

携帯性をチェック

By: amazon.co.jp

冬キャンプは防寒対策を考慮しなければならないので、荷物はできるだけコンパクトにまとめたいもの。テントシューズに関しても同様で、持ち運びも重視するのであれば、小さく収納できるダウンのテントシューズがおすすめです。

テントシューズのおすすめモデル

イスカ(ISUKA) ダウンプラステントシューズ ロング

寝袋を取り扱う国産老舗メーカー「イスカ」のテントシューズ。生地には高い防風性があるほか、撥水加工が施された「ゴアウィンドストッパー」を全面に採用しており、濡れに強いのが特徴です。

ダウンの質は高く、720フィルパワーと保温性も良好。また、くるぶしの部分をほどよく縫い縮める「シャーリング加工」が施されているため、暖かい空気を逃さない構造を採用しています。

本製品は膝下まで包むロング丈で、靴底に滑り止めが付いているのもポイント。冬キャンプにおすすめのテントシューズです。

イスカ(ISUKA) ダウンプラステントシューズ ショート

ショートタイプのテントシューズ。生地には、特殊樹脂フィルムを3重構造させた「ウェザーテック」を採用し、高い防水性と防風性を備えています。ショートタイプにもシャーリング加工と滑り止めが施されており、滑りにくく、足元をしっかりと暖めてくれるテントシューズです。

付属の収納ケースでコンパクトに持ち歩けるのもポイント。ショートタイプでスムーズに脱着できるのも魅力です。冬のキャンプはもちろん、車中泊や家の中でのルームシューズとしても活用できます。

イスカ(ISUKA) マイクロライトテントシューズ

同ブランドが開発した「マイクロライト」を中綿に採用したモデル。マイクロライトは化学繊維ですが、軽量コンパクトで保温性も良好の素材です。本製品の重さは150gと軽く、コンパクトに収納できるバックも付属しています。

くるぶしの部分にはシャーリング加工が施されているほか、滑り止めが備わっているのもポイント。ダウンのテントシューズに比べると価格も安いので、コスパも良好です。

ナンガ(NANGA) テントシューズ

国産屈指のシュラフメーカーである「ナンガ」のテントシューズ。生地には撥水性に優れた「オーロラテックス」を採用しており、雨や雪などの悪天候の日でも安心して利用できます。

保温性を保ちつつ、テントシューズ内にこもった蒸れを外に排出するため、いつまでも快適な履き心地をサポート。中綿にはホワイトダックダウンを贅沢に使っているので暖かく、濡れにも強さを発揮します。

なお、本製品は折りたたみ部分を伸ばすとロングタイプとして利用できるので、ショート丈かロング丈かで購入を迷っている方はぜひチェックしておきましょう。

モンベル(mont-bell) エクセロフトフットウォーマー

アウトドアの定番ブランドである「モンベル」のテントシューズ。太さが異なる3種類のポリエステル繊維を絶妙なバランスで組み合わせた「エクセロフト」を採用し、保温性と耐久性に優れています。

底面には滑り止めが加工されているものの、リバーシブル仕様なので就寝時は裏返して対応することが可能。また、本製品は洗濯機で丸洗いができるのも特徴です。

保温性が良好ながらも、価格はリーズナブルなので「とりあえずテントシューズを試してみたい」という方におすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) NSE Tent Down Bootie

アメリカを代表するアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」のテントシューズ。700フィルパワーの高品質なダウンを片足に50gずつ封入しているため、保温性が良好のアイテムです。

生地には撥水加工を施しているため濡れに強く、快適に過ごすことができます。男女問わず履けるユニセックスモデルなので、まとめて買い揃えるのもおすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) テント ミュール

テントシューズとしても冬用の室内履きアイテムとしても人気の製品。キャンプシーンでも快適に利用できる保温性と耐久性に加え、軽量化も図っているので、長く愛用できます。

スリッパのように脱ぎ履きができる手軽さもポイント。なお、本製品はメンズサイズになりますが、別途レディースサイズも展開しているので、気になる方ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) アウトドアスリッパ

高品質なアウトドアグッズを豊富に揃えている「コールマン」のテントシューズ。中綿は化学繊維を使用しているため、濡れに強く、使用後のお手入れも容易です。

本製品は内側がフリース素材なので、底冷えをしっかりカバーできるのもポイント。価格帯としてリーズナブルなので、まとめ買いするのもおすすめです。

ネイチャーハイク(Naturehike) テントシューズ

高品質かつ軽量なアウトドアグッズを展開している中国の「ネイチャーハイク」。中綿には700フィルパワーのダウンを採用しており、暖かさに優れているのが特徴です。重さは80gとかなり軽量。収納バッグも付属しており、コンパクトに収納できます。

リーズナブルな価格もポイント。コスパ良好のテントシューズを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

マウンテンイクィップメント(MOUNTAIN EQUIPMENT) テントシューズ

「マウンテンイクィップメント」はイギリスに拠点を置くアウトドアメーカー。ふくらはぎ部分にまで600フィルパワーのダウンを封入しているので、暖かさは良好です。

また、足首にもシャーリング加工が施されているので、ホットな空気を外に逃がしにくいのもポイント。冬キャンプでしっかり活躍してくれるアイテムです。

キングキャンプ(KingCamp) テントシューズ

安価なアウトドアグッズを展開している中国の「キングキャンプ」のテントシューズ。表面には防水ナイロン採用しており、足裏には滑り止めも付いています。また、コンパクトにまとまる収納袋も付属しているので持ち運ぶ際にも便利です。

テント内での使用はもちろん、スリッパのようにストレスなく脱着ができるので、ルームシューズとしても最適。価格重視でテントシューズを選びたい方は要チェックです。

ゴールデンマンゴー(Golden Mango) ダウンルームシューズ

ビビットなカラーが目を引くテントシューズ。中綿にはダウンが封入されているほか、表面のナイロン生地には撥水加工が施されているのが特徴です。

同モデルは素材にダウンを採用しているにもかかわらず、リーズナブルな価格が魅力。コスパ良好なアイテムです。カラーは、ブルー、オレンジ、レッド、ブラックの4色をラインナップしています。

ヘリテイジ(HERITAGE) ウインドストッパー ダウンテントシューズDX

「ヘリテイジ」は高品質な登山用品を取り扱っている国内メーカー。中綿にはポーランドホワイトグースを片足に50gずつ入れているため、保温性が高いのが特徴です。

本製品は滑り止めが付いているほか、つま先やかかとにダウンが偏らない構造を採用しているので、使い勝手は良好。コンパクトに収納できるスタッフバッグも付属しています。価格はやや高めですが、満足度の高いテントシューズを求めている方におすすめです。

ファイントラック(finetrack) ポリゴンテントシューズ

同社が独自で開発したシート状の保温素材「ファインポリゴン」を8枚封入することで保温性を高めたテントシューズ。表面には「エバーブレス」を採用し、濡れに強く、乾きが速いのが特徴です。

ロング丈のテントシューズの中では、225gとかなり軽量のため、持ち運びに便利。極寒地のキャンプ場にも耐えられる軽量テントシューズを求めている方におすすめです。

ノルディスク(NORDISK) モス・ダウン・シューズ

ワンポール型テントで人気のブランド「ノルディスク」のダウンシューズ。600フィルパワーのダウンを封入し、保温性が良好のアイテムです。カラーは、レッド、ブルー、グリーン、オレンジの4色をラインナップしています。

サイズも大人用からキッズサイズまで展開しているので、ファミリーでお揃いで購入するのもおすすめ。スリッパのように気軽に履けるので、テント内ではもちろん、ルームシューズとしても利用できます。

イージーマックス(AEGISMAX) ダウンテントシューズ

中国のアウトドアブランド「イージーマックス」。同社の寝袋と同じ素材で作られているテントシューズです。中綿には質の高いダウンを封入し、表面には防水加工のナイロン生地を採用。保温性、防水性ともに良好なアイテムです。

重さは約75gと超軽量。収納袋も付属でついているので、コンパクトにまとめられます。リーズナブルな価格もポイントです。

スブ(SUBU) サンダル

アウトドアシーンはもちろん、ルームシューズとしても活躍が期待できるスタイリッシュなアイテム。内側には起毛加工の生地を採用しているほか、4層構造と靴底も厚く、足元からくる冷えをしっかり守ります。

付属で専用のバックもついているので持ち運びに便利。キャンプや旅行、ちょっとした外出時に気軽に履け、ひとつ持っておくと重宝するアイテムです。

フェークフェース(FAKEFACE) ダウンシューズ

表面には撥水加工を施している生地を使用しているので、濡れに強いのが特徴。また、裏面にはTPRゴムを利用しているので滑りにくい仕様です。洗濯機で洗えるので衛生的に使えるのもポイント。コスパ良好のアイテムなので、価格重視でテントシューズを選びたい方にもおすすめです。

テフアンアン(TeFuAnAn) ダウンテントシューズ

ダウンを封入しているほか、内側にはフリース生地を採用しているテントシューズ。シューズの口の部分をほどよく絞っているため、暖かい空気を外に逃しにくいのが特徴です。

140gと軽量で、便利な収納袋も付属しているのもポイント。ふわふわとして履き心地を体感できるおすすめのアイテムです。

ランランド(LAN LAND) テントシューズ

中綿はダウンを封入されているほか、表面には濡れに強いナイロン生地を採用しています。軽量で、収納バックも付属でついているので持ち運びに便利です。

カラーはレッドとオレンジの2色がラインナップしており、どちらもビビッドなカラーを採用。キャンプではもちろん、ルームシューズとしても評判の高いテントシューズです。

プテュ(Putu) ルームシューズ

室内用でも屋外用としても使えるアイテム。ルームシューズとしてはなかなかゴツいデザインですが、内側にボア付きの生地を採用しており、温かく、履き心地は快適です。靴底には、二重滑り止めのゴム素材が使われているほか、表面には撥水素材が採用しているので、肌寒い時期に庭先へ出る際のサンダルとしても便利です。