冬キャンプのテント内で履く「テントシューズ」。最近は使い勝手とあたたかさが注目され、自宅用のルームシューズとしても人気を集めています。

そこで今回はおすすめのテントシューズをご紹介。アウトドアブランドのアイテムをピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

テントシューズの選び方

中綿の素材をチェック

By: amazon.co.jp

テントシューズの中綿は、寝袋に使われているモノと同様の素材が多いのが特徴。おもにダウンと化学繊維が採用され、あたたかさの指標にはフィルパワーが用いられています。

フィルパワーとは、羽毛を1オンス(約28g)のシリンダーに入れたときのふくらみ度合いを示した単位のこと。フィルパワーの数値が大きくなればなるほど、素材に含まれている空気が層を作るので、熱を外に逃しにくい仕様になります。高品質と呼ばれるフィルパワーの目安は700以上です。

ダウン

ダウンのメリットは化学繊維に比べて、保温性が高いこと。また、軽くてコンパクトなので、あたたかさと実用性を重視したい方はダウン素材のテントシューズがおすすめです。

一方、価格が高いのが懸念点。なお、濡れてしまった場合は完全に乾かさないとカビが生えてしまう恐れがあるため、保管方法には気を付けましょう。

化学繊維

化学繊維のメリットは価格がリーズナブルで、お手入れが簡単なこと。また、速乾性があるモノも多く、濡れてもスムーズに対応できます。

デメリットはダウンに比べて保温性が劣ること。さらに、重くかさばるので収納にはややストレスを感じます。その点は留意しておきましょう。

丈の長さをチェック

ロング

By: heritage.co.jp

寒さ厳しいキャンプ場では、膝下まであるロングタイプのテントシューズがおすすめです。保温性が高く、足元からふくらはぎに至るまで冷えを防ぎます。なお、厚手のソックスを履く場合は、サイズ選びはワンサイズ上のテントシューズを選ぶのもおすすめ。靴下の丈感を意識しておくのも重要なポイントです。

ショート

By: amazon.co.jp

ショート丈のテントシューズは、スリッパのように気軽に使えるのが特徴。寒さが厳しいキャンプ場とはいえ、脱着の頻度が多い際には便利なアイテムです。

なお、製品ラインナップが豊富で、おしゃれなデザインのモデルが各メーカーから販売されているのもポイント。アウトドアシーンだけではなく、ルームシューズとしても活用できます。

デメリットとしては、保温性がやや劣ること。極寒の真冬キャンプでは、ロング丈のテントシューズをチョイスしましょう。

機能をチェック

防水機能

冬キャンプのテント内ではいくら防寒着を用意しても、底冷えは厳しく、足元をあたためるのは至難の業です。とくに濡れをカバーすることは重要なので、防水機能は重要しておきたいポイント。高性能のモノであれば、テントシューズを履いたままでも外に出られます。

カバー付き

By: amazon.co.jp

ショート丈のテントシューズのなかには、内側にカバーが付属しているモデルもあります。膝下まで伸ばせば、ロング丈のテントシューズとしても使えるので便利です。汎用性のあるテントシューズを探している方はチェックしておきましょう。

滑り止め

By: amazon.co.jp

ナイロン素材のテントは床が滑りやすいのが懸念点。最悪の場合、大きな怪我につながる場合も考えられます。そのため、テントシューズに滑り止め機能が付いているかどうかチェックしておくことも大切。テントシューズの靴底に滑り止めが付いているモノであれば、より安心して使えます。

携帯性をチェック

By: amazon.co.jp

冬キャンプは防寒対策を考慮しなければならないので、荷物がどうしても多くなりがち。なるべく荷物をコンパクトにまとめたい方は、携帯性もチェックしておきましょう。小さく収納できるダウンのテントシューズであれば、荷物がかさばりにくく、持ち運びしやすいためおすすめです。

テントシューズのおすすめモデル

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシテントブーティシームレス

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシテントブーティシームレス

サンフランシスコ発祥のアウトドアブランド「THE NORTH FACE」が販売するテントシューズです。冬季のキャンプや登山におすすめの防寒アイテム。中綿には高品質の国産クリーンダウンを封入しているため、寒いテント内でもあたたかく過ごすことが可能です。

アッパー部分はシームレス構造を採用しており、縫い目から冷気が侵入するのを防いでくれます。また、撥水加工を施した40Dのナイロン素材を採用しているのもポイントです。

ボトム部分には、滑り止め機能を兼ねたブランドのロゴプリントが施されています。持ち運びや保管時に便利なスタッフサックが付属しており、携帯性にも優れているおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) アウトドアスリッパ M 2000031092

コールマン(Coleman) アウトドアスリッパ M 2000031092

アウトドア用品の老舗ブランド「コールマン」が取り扱うアイテムです。冬キャンプなど、寒い季節の多様なアウトドアシーンで便利に使えるおすすめのモデル。中綿にはポリエステル素材を採用しており、購入しやすい価格が魅力です。

アウトドアに出かけないときには、自宅でルームシューズとしても活用可能。気軽に購入できる有名ブランド製品なので、はじめてのテントシューズを検討している方はチェックしてみてください。

イスカ(ISUKA) ダウンプラス テントシューズ ショート

イスカ(ISUKA) ダウンプラス テントシューズ ショート

By: isuka.co.jp

高性能素材「ウェザーテック」を採用したテントシューズです。特殊な樹脂を2枚の生地で挟み込んだ3層構造をしており、防水・防風・透湿・結露防止性能に優れているのが特徴。雨や雪、風など、さまざまなアウトドアの環境下で安心して使えるおすすめのモデルです。

中綿には、保温性の高い700フィルパワーの良質ダウンを採用しています。足首部分にはゴムとバンジーコードを併用することで、使用する場面に応じて履き心地の調節が可能。また、くるぶしの付近にはシャーリング加工が施されているなど、足先のあたたかい空気を逃さず脱げにくいような工夫がされています。

イスカ(ISUKA) ダウンプラス テントシューズ ロング 223121

イスカ(ISUKA) ダウンプラス テントシューズ ロング 223121

雪中キャンプにおすすめのテントシューズ。寝袋やダウンパーカーの性能向上を目的に開発された「ゴアウィンドストッパ-」を全面に採用しています。720フィルパワーの高品質ダウンを70g使用しており、優れた防寒性能が魅力です。

除雪作業など、テント周辺で行う多様な活動で活躍するモデル。また、足首部分の調節にはバンジーコードと平ゴムを併用しています。テント内ではゆったりと、雪中作業の際は雪が侵入しないようにしっかりと絞るなど、シーンに応じて使い分けができるので便利です。

ボトムエリアは耐久性に優れ滑り止め効果もある「ドミーアルファ」でしっかりとガード。雪上でも安心して活動できます。

ノルディスク(NORDISK) モス ダウンシューズ 109060

ノルディスク(NORDISK) モス ダウンシューズ 109060

スカンジナビアデザインのテントなどでも人気の、ノルディスクが販売するアイテムです。ショート丈のスリッパタイプなので、簡単に脱いだり履いたりできるのが特徴。寒い時期のテントや山小屋などで、リラックスして過ごすようなシーンにおすすめのモデルです。

中綿には保温性の高い600フィルパワーの良質ダウンを採用しています。寝袋の中でも快適に使えるため、就寝時に足の冷えが気になる方にも最適。なお、冬山用の厚手の靴下を着用していても履きやすいよう、ゆったりめのサイズ感になっているので購入時は留意しておきましょう。

ナンガ(NANGA) テントシューズ

ナンガ(NANGA) テントシューズ

羽毛にこだわる寝袋メーカーとして人気の「ナンガ」のテントシューズ。中綿に650フィルパワーの良質なダウンを約60g使用しています。折りたたみ式のカバーを備えており、ロング・ショートどちらでも使うことが可能。テントや車内でくつろぐときにはショート、外で作業をする際にはロングにするなど、シーンに応じて使い分けができます。

表生地に「オーロラテックス」を採用しているのもポイント。2層構造で作られており、防水性と透湿性を高いレベルで両立させています。雪中キャンプを思いきり楽しみたい方におすすめのモデルです。

Tentock テントシューズ ショート

Tentock テントシューズ ショート

600フィルパワーの良質ダウンを90%使用したテントシューズです。寒い季節のキャンプはもちろん、自宅のルームシューズやオフィスシューズとしても重宝する防寒アイテム。足首部分は弾力性のあるバンド仕様になっており、冷気をシャットダウンしてあたたかさを保ちます。

専用の収納袋が付属しており、持ち運びやすいのもポイント。また、防水性のあるナイロン素材を採用しているため、多少の水濡れ程度であれば安心して使えます。

AEGISMAX ダウンテントシューズ

AEGISMAX ダウンテントシューズ

中綿にホワイトダックダウン(羽毛)90%とフェザー(羽根)10%を採用したアイテムです。購入しやすい手頃な価格が魅力。晩秋のキャンプや自宅のルームシューズとして、気軽に購入できるアイテムを探している方におすすめのモデルです。

表生地には防水性のあるナイロン素材を、裏生地にはソフトナイロンを採用。また、携帯や保管の際に便利な専用の収納袋も付属しており、携帯性にも優れています。

キングキャンプ(KingCamp) テントシューズ KA7176

キングキャンプ(KingCamp) テントシューズ KA7176

中綿に中空繊維を採用したショート丈のテントシューズです。脱いだり履いたりしやすいので、テントへの出入りを頻繁にするような使い方におすすめのモデル。プルストラップが付いており、履きやすさにも配慮されています。

底面に滑り止め加工が施されているのもポイント。また、収納袋が付属しており持ち運びしやすいため、飛行機や列車での旅行などさまざまなシーンで活躍します。キャンプはもちろん、自宅や旅行先で気軽に使える防寒スリッパを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コイ(KOI) ルームシューズ

コイ(KOI) ルームシューズ

ウール素材を採用したアイテム。ウール特有のあたたかくて優しい肌ざわりが魅力です。裏生地にはボアを採用。足全体を包んでくれるため、テント内の足元防寒におすすめです。

ソール部分に合成ゴム素材を採用しているのもポイント。滑りにくいだけでなく、歩く際に大きな音をたてることはありません。キャンプはもちろん、オフィスや病院などでも活躍します。

洗濯ネットを使えば洗濯機で洗うこともでき、常に清潔に保てるのも魅力。汎用性に優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

グンゼ(GUNZE) ルームシューズ ウチコレ AUJ011

グンゼ(GUNZE) ルームシューズ ウチコレ AUJ011

インナーウェアでも人気の「グンゼ」が販売する製品です。発熱系繊維「バウンドヒータープラス」を採用しているのが特徴。あたたかくて軽いだけでなく、洗濯もできるので、常に清潔にしておきたい方にもおすすめのモデルです。

さらに、抗菌防臭加工が施されているのもポイント。ショート丈タイプながら足首までしっかりとカバーするため、冬キャンプで使用するテントシューズや足元が冷えるオフィス用のシューズとしても便利です。

JIAHG ダウンスリッパ

JIAHG ダウンスリッパ

中綿にダウン80%、スモールフェザー20%を使用した製品です。内部底面にはフリース、周囲にはボア生地といった柔らかく肌ざわりのよい素材を採用。保温性と通気性に優れており、長時間履いていても蒸れにくく快適に過ごすことが可能なため、テントシューズとしてもおすすめのモデルです。

表面には防水性に優れたダウンジャケット生地を採用。また、底面には滑り止め加工が施されたTRD素材を採用しており、テント内やフローリングの上でも安心して歩けます。

エムール 洗える 羽毛 ルームソックス

エムール 洗える 羽毛 ルームソックス

中綿にダウン60%、フェザー40%を使用したあたたかくて軽いアイテム。自宅はもちろん、キャンプで使用するテントシューズとしても使用可能。寒い季節の防寒アイテムとして重宝します。ショート丈タイプなのでかさばらず、リラックスタイムを過ごすのに最適です。

裏面にはスエード生地を採用しており、テント内やフローリングを歩く際に滑りにくくなっています。また、洗うことが可能なのも本製品の魅力。いつでも清潔にしておきたい方にもおすすめのモデルです。コンパクトに折りたためるうえ、専用の収納袋が付いているためどこへでも気軽に持ち運べます。

ミズノ(MIZUNO) ルームブーツ 678-900

ミズノ(MIZUNO) ルームブーツ 678-900

スポーツ用品で人気のブランド「ミズノ」が販売するアイテムです。足首まですっぽりと覆う形状をしているのが特徴。中綿が入っているのであたたかく、保温性に優れています。

足首部分に付いているコードで、締め付け具合の調節が可能。コードを絞れば冷気の侵入を防げ、緩めればゆったりと履けるなどシーンによって使い分けられます。洗濯もでき、衛生的に使えるおすすめの製品です。

YNICESHOP ルームシューズ ブーツ型

YNICESHOP ルームシューズ ブーツ型

内側にフワフワのボア生地を採用したアイテムです。足全体を優しく包み込んでくれるうえ保温性にも優れているため、寒い季節の防寒アイテムに最適。裏面には滑り止め効果があるほか、撥水性もあるTPRソールを採用しています。また、汚れたらブラシで簡単に洗い流せるのも魅力です。

さらに、ユニセックス仕様で性別問わず使えるのもポイント。価格も手頃なので、気軽に購入できる製品を探している方はチェックしてみてください。

HRFEER ルームシューズ

HRFEER ルームシューズ

ダウンジャケット風のデザインがおしゃれな製品です。内側にはあたたかくて優しい肌ざわりのボア生地を採用しており、保温性に優れています。底面に滑り止め加工が施されているのも魅力です。

また、ソールには適度な厚みがあるので、多少濡れている場所でも安心して使用できます。履いたり脱いだりするのが容易なショート丈タイプ。テントへの出入りを頻繁にするようなシーンで重宝します。

グンゼ(GUNZE) ルームシューズ ウチコレ AUJ012

グンゼ(GUNZE) ルームシューズ ウチコレ AUJ012

肌着メーカーとして有名なグンゼのアイテムです。発熱系繊維を使用した「バウンドヒータープラス」を採用しているのが特徴。羽毛のように弾性がありあたたかいため、リラックスタイムを過ごすには最適です。

抗菌防臭加工が施されているほか、洗濯が可能なのでいつでも清潔な状態を保てるのもポイント。また、かかとを踏んで、スリッパのように使用できます。簡単に脱いだり履いたりできるため、テントに出入りする際に便利です。

Tentock テントシューズ

Tentock テントシューズ

5層構造のソールを採用した、履き心地のよさが魅力のテントシューズです。足が直接触れる部分には肌ざわりがよくあたたかいフリース素材を採用。また、底部分には滑りにくいTPE素材を採用しています。

かかと部分にはヒールループが付属。濡れてしまったときにぶら下げて乾かしたり、移動の際にカラビナでリュックに吊り下げたりと便利に使用できます。ショート丈を採用しており、簡単に脱いだり履いたりできるおすすめアイテムです。

ミズノ(MIZUNO) ルームシューズ 678-810

ミズノ(MIZUNO) ルームシューズ 678-810

ミズノが取り扱っているショート丈のアイテム。ポリエステル100%の中綿を採用しており、軽くてあたたかいのが特徴です。自宅で使うのはもちろん、冬のキャンプで重宝するテントシューズとしてもおすすめのモデル。

洗濯が可能で、常に清潔な状態を保てるのもポイント。また、底面には滑り止め加工が施しているのでテント内でも安心して使えます。丈が短く脱いだり履いたりしやすいため、テントの出入りを頻繁にするようなシーンで便利です。

フェークフェース(FAKEFACE) ダウンスリッパ

フェークフェース(FAKEFACE) ダウンスリッパ

スリッパ感覚で使用できるショート丈の製品です。底面には滑り止め加工がされているので、テント内を歩くときも安心。また、柔らかい素材を採用しており、歩く際に音が響きにくいのも魅力です。

シンプルな仕様で、ユニセックス仕様なのもポイント。アウトドア用としてはもちろん、オフィスや自宅でも使える汎用性の高いおすすめアイテムです。

Putu ルームシューズ

Putu ルームシューズ

裏生地にボアを採用しており、保温性に優れた製品です。表生地には水を弾く撥水素材が採用されているため、秋・冬キャンプのテントシューズとしてもおすすめのモデル。雨や雪はもちろん、結露などによる水濡れにも安心して使用できます。

スリッパタイプなので、簡単に脱いだり履いたりすることが可能。また、ボトムにはしっかりとした滑り止めが付いています。テント内だけでなく、自宅やオフィス、近所の買い物などのさまざまなシーンで便利に使えるモデルです。

スブ(SUBU) ダウンサンダル

スブ(SUBU) ダウンサンダル

寒い季節でも気軽に履けるアイテム。内側の生地には起毛処理が施されているため、心地よい肌ざわりが楽しめます。近所に出かけるときだけでなく、ルームシューズやテントシューズとして使うのにもおすすめのモデルです。

4層構造のインソールを採用しているのもポイント。足にフィットしやすいので、快適に歩けます。カラーバリエーションも豊富なので、好みの色をチョイスしてみてください。