筋トレグッズのなかでもダンベルに次いで手軽なアイテムとして知られる「ケトルベル」。一見、鉄球に取っ手が付いただけのモノに思えますが、さまざまな使い方をすることで、効率的に筋肉を鍛えられます。

どれも似たようなフォルムをしていることから、違いがよくわからない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はおすすめのケトルベルをご紹介。あわせて選び方についても解説するので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ケトルベルとは?

By: amazon.co.jp

「ケトルベル」とは、鉄の塊に取っ手が付いたトレーニング器具。ダンベルやバーベルと同じ分類ですが、取っ手が付いている分、トレーニング方法にバリエーションがあるのが特徴。スイングやプッシュアップなど、使い方次第でさまざまな部位を鍛えられます。

また、製品としてはウエイト別にラインナップが分かれており、モノとしてはコンパクトなのも魅力のひとつ。ジムはもちろん、自宅で気軽に筋トレしたい方からも支持されています。

ケトルベルの選び方

重さをチェック

By: amazon.co.jp

ケトルベルはダンベル同様、重さ別に分かれているタイプと、バーベルのように重さの調節できる可変式のモノとがあります。主流としては重さ別によって分かれているタイプで、ウエイトとしては10g以下から50kgを超えるモノまでさまざま。購入する際はしっかりと確認しておきましょう。

なお、ケトルベルの購入をきっかけとして筋トレを始めたいと考えている方は、軽いウエイトから選ぶのがおすすめ。男性であれば10kg前後、女性であれば6kg前後が目安です。ダンベルのように持ち上げるだけであれば、さらに重たくてもトレーニングが可能ですが、取っ手を掴んでさまざまなトレーニングがしたい方は、低負荷の軽いウエイトを選ぶようにしましょう。

ハンドルの太さや長さをチェック

By: amazon.co.jp

ケトルベルのハンドルは、メーカーやアイテムによってさまざまな太さが存在しています。ハンドル部分が太い場合、トレーニングがしにくくなることもあるため、握りやすいアイテムを選びましょう。

目安としては、握った際に親指と人差し指が触れるか触れないかの位置にあること。距離が空きすぎているとトレーニング時に余計な握力が必要になるほか、スイング時に体がブレやすくなり、フォームも崩れやすくなります。購入を検討する際はしっかりと握れるアイテムを選ぶようにしましょう。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

ケトルベルで使われている素材は大きく分けて「キャストアイアン」と「スチール」の2種類があります。

キャストアイアンは日本語でいうところの鋳鉄のこと。安価なのがメリットですが、ウエイトがアップするにつれ、ケトルベル自体のサイズも比例して大きくなります。

一方、スチールはケトルベルのリフティング競技で採用されているのが特徴。形や大きさは重量に関わらずどれも同じなので、負荷を変えつつも、同じような使用感でトレーニングできるのがメリットです。 

コーティングの有無をチェック

ケトルベルには表面保護を目的したコーティングが施されているモノもラインナップされています。床面にキズをつけにくいのが特徴。PVCやポリプロピレンなどで加工されたタイプが多く、トレーニング場所に配慮できるのがメリットです。

なお、競技用ケトルベルの場合、ハンドル部分に塗装や表面加工が施されていないモノが多いので、その点も留意しておきましょう。

ケトルベルのおすすめメーカー

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON)

By: amazon.co.jp

スタンダードモデルはもちろん、競技用、エクササイズ用など、製品ラインナップが豊富な「ケトルベル魂」。ケトルベルで気軽に筋トレをしたい方から本格的に肉体改造をしたい方まで、それぞれのレベルや目的に合わせてアイテムを選べます。

鉄人倶楽部(IRONMAN CLUB)

By: amazon.co.jp

「鉄人倶楽部」とは、スポーツやレジャー、アウトドアなど、幅広い製品を取り扱っているメーカー「カワセ」のフィットネスブランド。無骨なデザインが多いケトルベルにおいて、一線を画すポップなデザインのアイテムを展開しています。「市場に数多く流通しているケトルベルはなんとなく取っつきにくい」と思う方はぜひチェックしておきましょう。

ケトルベルのおすすめ

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) スタンダード・ケトルベル

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) スタンダード・ケトルベル

キャストアイアン製のケトルベル。握りやすさや回転のしやすさなどに配慮したバランス設計で、トレーニングしやすいのが特徴です。特に、手の持ち替えが多く、さまざまな動きをするエクササイズに適しています。

また、Eコーティング加工が施されているのもポイント。サビを防ぎ、傷がつきにくい仕様となので、安心して使い続けられるのも魅力です。

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) プログレード・ケトルベル

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) プログレード・ケトルベル

競技用に作られた鉄製のケルトベル。サイズ・ハンドルともにどの重量でも同じ形状なので、トレーニング時にフォームを崩しにくいのが特徴です。

また、球面が大きいため、腕への衝撃に配慮できるのもポイント。ケトルベルを胸の位置まで押し上げる「クリーン」や肩よりも高く上げる「スナッチ」などにも対応できます。

さらに、重さごとにカラーが異なるので、見分けがつきやすいのも魅力。競技のケルトベルを複数個用意したい方におすすめのモデルです。

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) ネオプレーン・ケトルベル

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) ネオプレーン・ケトルベル

床へのキズや衝撃に配慮できるケトルベル。ネオプレーンと呼ばれる柔らかい素材のコーティングされたキャストアイアン製のアイテムで、自宅でも気兼ねなくトレーニングできるのが特徴です。

ハンドルの仕様にもこだわっており、しっかりと握ってトレーニングできるのもポイント。表面には凹凸や引っ掛かりがないので、心地よく使えるのも魅力です。

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) ファットバーン・ケトルベル

ケトルベル魂(KETTLEBELLKON) ファットバーン・ケトルベル

脂肪燃焼を目的としたエクササイズ「ファットバーン」用のケトルベル。球面部分が小さく、スイングがしやすいので、回数多めのトレーニングやスピードを意識したプログラムをこなしたい方におすすめです。

本製品はキャストアイアン製ながら、ビニールでコーティングされており、安全で傷つきにくい仕様になのも特徴。ケトルベルを使ってアクティブに筋トレをしたいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

鉄人倶楽部(IRONMAN CLUB) ケトル ダンベル

鉄人倶楽部(IRONMAN CLUB) ケトル ダンベル

リーズナブルな価格とポップなカラーリングが魅力のケトルベル。ガッチリとしたフォルムが多いケルトベルのなかでも、スタイリッシュに仕上がっているのが特徴です。

軽量ウエイトのラインナップが豊富なのもポイント。女性でも扱いやすいので、気軽なエクササイズとしてケトルベルを導入したいと考えている方におすすめです。

エムアールジー(MRG) 可変式ケトルベル

エムアールジー(MRG) 可変式ケトルベル

ウエイトの調節ができる可変式のケトルベル。プレートの着脱でさまざまな重さにトライできるので、コスパにも優れているのが特徴です。

ウエイトの幅は軽いモノで3.6kg、重いモノで18kgと比較的軽め。底面にはラバー素材を採用しているので、床面に対する滑り止めと傷つけ防止に配慮できるのも魅力です。筋トレのレベルアップが容易に図れるほか、トレーニング方法や目的別によっても使い分けられるので、汎用性が高いケトルベルを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ボディメーカー(BODYMAKER) ケトルベル

ボディメーカー(BODYMAKER) ケトルベル

ブラックカラーにロゴマークのみとシンプルかつ無骨なデザインのケトルベル。ハンドル部分はやや太めなので、手が大きい方に向いているアイテムです。

トレーニングとしてはほかのケトルベル同様、ケトルベルを胸の位置まで押し上げる「クリーン」や肩よりも高く上げる「スナッチ」などのスイング系に対応しています。また、腕立て伏せの「プッシュアップ」や上半身を左右にひねる「ロシアンツイスト」など両手を使ったトレーニングがやりやすいのもポイント。ケトルベルで本格的に筋トレをやりたいと思っている方におすすめアイテムです。

アイロテック(IROTEC) ケトルベル ラバーコーティングタイプ

アイロテック(IROTEC) ケトルベル ラバーコーティングタイプ

傷がつきにくいラバーコーティング仕様のケトルベル。ハンドル部分はクロームメッキ加工が施されており、クールなデザインに仕上がっているのが特徴です。

重量表示に視認性の高いイエローピット文字を採用。見た目にもこだわったケトルベルを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ニシスポーツ(NISHI) ケトルベル

ニシスポーツ(NISHI) ケトルベル

ラバーコーティングが施されたスチール製のケトルベル。ハンドル部分はクロームメッキ加工が施されており、スタイリッシュに仕上がっているのが特徴です。

本製品はやや太めで幅広のワイドグリップを採用しているのもポイント。「ダブルスイング」のような両手を使って体を大きく動かすトレーニングに向いています。

また、ラバーの滑り止めがしっかりと効くのも魅力。ケトルベルを胸の位置まで押し上げる「クリーン」など、体と接触させる際もスムーズに対応できます。

フィールドア(FIELDOOR) ケトルベル

フィールドア(FIELDOOR) ケトルベル

リーズナブルな価格が魅力のケルトベル。ハンドル部分は軽めのウエイトであっても幅広かつ太めなので、手が大きい方や握力の強い方、両手でトレーニングしたい方におすすめのアイテムです。

本製品は傷がつきにくいPVCコーティングが施されているのも魅力。ラインナップはカラー別に分かれているので、無骨なイメージの強いケルトベルのなかではポップに仕上がっています。

ワイルドフィット(WILD FIT) JKA公認ケトルベル

ワイルドフィット(WILD FIT) JKA公認ケトルベル

ケトルベルのトレーニングであるスナッチを競技化した団体「日本ケトルベル協会(JKA)」が公認するケトルベル。製品は重さ別に複数ラインナップされていますが、大きさ(寸法)は全種類同じなので、ウエイトを変えてもトレーニング時にフォームを崩しにくいのが特徴です。

また、重さによってカラーが異なるのもポイント。購入する際は適性ウエイトの製品をチョイスするのはもちろん、ケトルベルを使って筋トレのレベルアップを図りたい方はぜひシリーズでの購入も検討してみてください。

イヴァンコ(IVANKO) ケトルベル

イヴァンコ(IVANKO) ケトルベル

メーカー名とウエイトの数字のみが刻印されているシンプル仕様のケトルベル。ハンドル部分は太めなので握力を要しますが、バランス能力を必要とされる形状を採用しているのが特徴です。

見た目は球体ですが、底面はフラットで、設置時の安定感を確保。ラインナップは、軽めからヘビーウエイトまで揃っているので、ケトルベルを使ってストイックに筋トレをしたい方はぜひチェックしておきましょう。

リオレス(RIORES) ケトルベル

リオレス(RIORES) ケトルベル

ハンドルが太めのケトルベル。ややグリップ部分の幅が狭いので、両手を使ったトレーニングよりもクリーンやスナッチ、ワンハンドスイングなど、片手で行うトレーニングに向いているモデルです。

素材としては鉄製で、傷がつきにくいPVCコーティングが施されているのもポイント。ラインナップは重さに合わせてカラーが分かれているので、ウエイト別に買い揃えたい方にもおすすめです。