ダンベルやバーベルを使用するフリーウエイトをはじめ、マシントレーニングでも活躍する「トレーニングベンチ」。しかし、種類が豊富なので、どれを選んだらいいか迷うことも。

そこで今回はトレーニングベンチの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。トレーニングメニューや設置スペースなどを考慮して選んでみてください。

トレーニングベンチの選び方

種類をチェック

フラットベンチ

By: rakuten.co.jp

フラットベンチは床と平行な作りで、オーソドックスなタイプです。耐荷重は200kg以上と高めのモノが多く、大きな負荷をかけるトレーニングでも安定感が良好。また、ほかのトレーニングベンチと比べて、比較的リーズナブルなので初心者にもおすすめです。

角度調節はできませんが、ダンベルフライやダンベルクランチ、ベンチプレスなど、ダンベルやバーベルを使うトレーニングに十分対応できます。選ぶ際は、トレーニング中に身体や器具が床にぶつからないように、床からの高さにも注目してみてください。

インクラインベンチ

By: amazon.co.jp

インクラインベンチは背もたれが付いた角度を変更できるトレーニングベンチです。価格はフラットベンチと比べ、やや高価なモノが多いですが、上体を起こして行うトレーニングができます。

例えば、頭側を高くした姿勢のインクラインベンチプレスは、大胸筋の上部や三角筋前部に負荷をかけられるのが特徴です。

ベンチの角度が大きいほど大胸筋上部や三角筋への刺激が増加し、小さいほど大胸筋中部から大胸筋上部にかけて刺激が入ります。そのため、トレーニングに慣れてきて、鍛えたい筋肉の部位を微調整したい中級者や上級者におすすめです。

デクラインベンチ

By: wasaico.jp

デクラインベンチは、頭の位置を身体より低く角度調節ができるトレーニングベンチです。滑り落ちないように、脚を引っ掛けるパッドが搭載されたタイプが多く展開されています。

脚が頭よりも高い位置になることで、水平のフラットベンチでは難しい部位にアプローチできるほか、可動域を増やせるのも特徴です。また、トレーニングメニューのバリエーションを追加できるため、筋トレのマンネリ防止にも繋がります。

アジャスタブルベンチ

By: rakuten.co.jp

アジャスタブルベンチは、フラットベンチとインクラインベンチの機能を兼ね備えたトレーニングベンチです。背もたれを水平にすればフラットベンチとして、角度を付ければインクラインベンチとして使用できるので、幅広いトレーニングを行えます。

価格は高い傾向にありますが、初心者から上級者まで使えるため人気のタイプです。なかには、背面だけでなく座面の角度を変更できるモノもあります。

座面の角度を調節することで、お尻が滑ることなく安定し、より踏ん張りを効かせたトレーニングができるのがポイントです。

フォールディングベンチ

By: amazon.co.jp

フォールディングベンチは、コンパクトに折りたためるトレーニングベンチです。使用しないときは省スペースで収納できるため、一人暮らしの方やトレーニングベンチを設置したままにしたくない方におすすめです。

選ぶ際は、折りたたみ方が簡単かどうか確認してみてください。また、持ち運ぶ際に重量があると扱いにくいため、取手が付いているモノもあわせてチェックしてみましょう。

シート幅をチェック

By: amazon.co.jp

トレーニングベンチを選ぶときは、シート幅も重要なポイントです。ブルガリアンスクワットなどの身体を支えるためだけのトレーニングで使用する場合は、幅が狭くても問題ありません。

しかし、ベンチプレスなどシートに背中を預けるトレーニングでは、自身にあった幅が必要。狭すぎて背中やお尻がはみ出してしまうと、身体がぐらつきやすくバランスが不安定になります。一方、広すぎると肩などがつっかえてしまい、十分な可動域が得られず負荷をかけにくくなるのがデメリット。

標準体型の方は、約24〜26cmを目安にして選んでみてください。身体が大きめの方は、自身のボディサイズとトレーニングベンチのサイズを比べながら選ぶのがおすすめです。

耐荷重をチェック

トレーニングベンチの耐荷重は、製品によって違いがあるものの約200kgが一般的です。自身の体重とダンベルやバーベルなどのトレーニング器具をあわせた重量を考慮して選んでみてください。

また、トレーニングを継続するうちにウエイトの重さが増加していく場合が多いため、余裕を持って耐荷重を選ぶのも大切なポイントです。

シートの角度調節ができるかチェック

By: amazon.co.jp

インクラインベンチやアジャスタブルベンチなどのトレーニングベンチは角度調節が可能。角度を変更することでトレーニングの幅が広がるほか、負荷をかける筋肉の部位を微調整できるのが特徴です。

初心者は、まずフラットベンチの状態からトレーニングを始めて、慣れてきたらベンチの角度を付けるのがおすすめ。そのため、フラットベンチとインクラインベンチを合わせたアジャスタブルベンチが便利です。

折りたたみ式かチェック

By: amazon.co.jp

自宅でトレーニングベンチを使いたいけれど、設置したままだと邪魔という方は、省スペースで収納できる折りたたみ式のモノが最適です。フォールディングベンチはもちろん、インクラインベンチやアジャスタブルベンチなども折りたためるタイプが展開されているので、ぜひチェックしてみてください。

折りたたみ方式は、脚をたたむタイプや脚部分のピンを抜き差しするタイプ、ボルトをひねって調節するタイプなどがあります。

折りたたみ式は耐荷重が少ないと思われがちですが、200kg程度の重さに耐えられるモノも多く登場しています。長期間使うためには、耐荷重もあわせて確認するのがおすすめです。

トレーニングベンチのおすすめモデル

アイロテック(IROTEC) フラットベンチEX

幅広いトレーニング用品を扱いトレーニーにも人気が高い「アイロテック」のフラットベンチ。本製品は約5.5cmの厚いクッションを採用しているため、ホールド力がありトレーニング中に身体が痛くなりにくいのが特徴です。

高さはローポジションタイプで安定感は良好。また、3つの支点構造のフレームでぐらつかずに筋トレができます。シートには腹筋用のベルトを搭載しているので、腹筋メニューをこなせるのも魅力のひとつです。

シート幅は約25cmなので、標準体型の方なら問題なく使用できます。デザインは、ホワイトのブランドロゴとレッドのラインが目立ちクールな印象です。

フィールドア(FIELDOOR) 折りたたみフラットベンチ

キャンプ用品を中心に展開するブランド「フィールドア」のフラットベンチ。本製品は折りたたみ式なので、トレーニング専用のスペースを確保できない方にもおすすめです。使い終わった後は、レバーを引きながら脚を倒すだけの簡単操作なのが特徴。

耐荷重は約260kgのため、ある程度の重さのダンベルやバーベルを使用してトレーニングできます。脚部分にはゴムの滑り止めが付いており、安心して筋トレできるのもポイント。カラーはワインレッドとブラックの2色展開です。

リーディングエッジ 折りたたみフラットベンチ LE-FFB

組み立てが一切なく、すぐ使用できるフラットベンチ。シートのクッションには、3種類のスポンジと強度の高い板を組み合わせた素材を使用しているため、やや硬めなのが特徴です。

シート幅は、日本人の体形を考えた設計で約27cmです。肩甲骨の可動域を邪魔しないので、ダンベルプレスやベンチプレスなど幅広い筋トレメニューをこなせます。また、耐荷重は約300kgと非常に高く、高負荷をかけたトレーニングをしたい方にもおすすめです。

本製品は折りたたみ式なので、使用しない場合は壁に立てかけるなど省スペースで収納できます。折りたたみ式ながら、幅広フレームと遊びを最小限にしたボルトタイプのパーツにより、がたつきが少なく安定性が高いのもポイントです。

ワサイ(WASAI) インクラインベンチ MK038

By: wasaico.jp

フラットベンチ・インクラインベンチ・デクラインベンチ・バックエクステンションベンチの4つの役割を果たす多機能なトレーニングベンチ。耐荷重は約150kgとやや低めですが、そこまで高負荷をかける必要がない方には問題ありません。

背もたれを預けるシートは4段階で、バックエクス部分のシートは3段階で角度を調節できます。トレーニングメニューや体型に応じて、細かく角度を変更できるのが特徴です。

フットレストなどに脚や手を引っ掛けると、腹筋や背筋のトレーニングもできます。幅広いトレーニングをこなしたい方におすすめのモデルです。

JX FITNESS ウェイトベンチ

シートの角度を5段階で調節できるトレーニンベンチ。フラットベンチ・インクラインベンチ・デクラインベンチに変更して筋トレできるため、さまざまなトレーニングメニューをこなせます。

チューブが付属しているため、ダンベルなしで負荷をかけたトレーニングができるのも魅力。また、フォーム付きのフットレストに脚を引っ掛ければ、腹筋や背筋メニューも行えます。

スチールパイプにはダンベルラックが搭載されており、持参しているダンベルをスッキリ収納できます。折りたたみ式なので、使用後はコンパクトに折りたたんでしまえるのもポイントです。

東急スポーツオアシス シェイプアップ ベンチ SU-100

首都圏を中心に展開するフィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」のデクラインベンチ。耐荷重は約100kgと低めなので、自重トレーニングを中心に行う方におすすめです。

負荷は弱・中・強の3段階で調節可能なので、自身のレベルに応じて変更できます。チューブが搭載されており、トレーニングメニューの幅が広がるのもポイント。

トレーニング後はコンパクトサイズに折りたためるため、狭いスペースにも収納できます。一人暮らしなど部屋に十分なスペースを確保できない方は、ぜひチェックしてみてください。

アディダス(adidas) ユーティリティーベンチ

人間工学に基づいたカーブのあるシートで快適なトレーニングができるアジャスタブルベンチ。背面だけでなく座面シートの角度も調節できるため、お尻が滑り落ちることなく安定してトレーニングできるのがポイントです。

耐荷重は約125kgでやや低めの設定です。体重が軽めの方や、負荷をあまりかけない方に適しています。シートは高密度フォームを採用し、耐久性の高いブラックパウダー塗装で仕上げているのが特徴。

背面シートには、3本ストライプとアディダスのロゴが描かれており、おしゃれなデザインなのも魅力です。

フィールドア(FIELDOOR) フラットインクラインベンチ

全21通りの角度調節ができるアジャスタブルベンチ。背面シートは7段階、座面シートは3段階で角度を調節でき、筋トレメニューや、自身の身長や体型に応じて細かく変更できます。

クッション性のあるベンチなので身体が痛くなりにくく、トレーニングに集中できるのもポイント。スタンドはグリップがしっかり効いており、安定性は良好です。カラーはブラックとワインレッドの2色展開なので、部屋のインテリアなどにあわせて選んでみてください。

YouTen BARWING 4WAYトレーニングベンチ

角度と高さ調節をあわせると400通りも変更できるアジャスタブルベンチ。背もたれの角度は10段階、座面の角度は5段階、フットレストの角度は2段階、フットレストの高さは4段階で変えられます。

自分好みに微調整できるので、快適なトレーニングが可能です。角度調節は、ワンタッチで簡単なのもポイント。耐荷重は約200kgで、歪みにくく折れにくい強靭なフレームを採用しています。高負荷をかけたトレーニングを行いたい方におすすめです。

本製品は折りたたみ式で、使用後はコンパクトに収納できるのも魅力のひとつ。持ち手付きのため、ラクに持ち運べます。

アイロテック(IROTEC) マルチパーパスフォールディングベンチ

ハンドルを上げ下げするだけで簡単に角度調節ができるフォールディングベンチ。角度は7段階に変更でき、フラットベンチ・インクラインベンチ・ディクラインベンチの役割を果たします。

筋トレが終わったら、脚を折りたたんでコンパクトに収納できるのも魅力のひとつ。キャスター付きのため、移動はラクラクです。本製品は組み立て不要なので、すぐ使用できます。面倒な組み立てが苦手な方におすすめです。

ノヨック(NOYOK) トレーニングベンチ

耐荷重が約400kgと耐久性の高いフォールディングベンチ。背面シートは6段階、座面シートは3段階で角度を調節できます。フットレストは3段階で位置を変更できるので、自身の身長などにあわせて脚を引っ掛けやすいのも特徴です。

使用後は小さく折りたためます。本製品には、手提げハンドルや手提げ縄が搭載されているため、持ち運びしやすいのもポイント。初心者から上級者まで効率的に筋トレできるおすすめの1台です。