仕事や家庭でのプリンター選び、どのような基準で選んでいますか? ランニングコスト? 印刷の速さ? それともデザイン? プリンターは出しているメーカーも多くあり、その分、世に出ているモデルの数も多くなります。迷ってしまいがちなプリンター選択ですが、ここでは多くのメーカーの中でも「老舗」と言われる、リコーのおすすめプリンターを特集します!

リコー(RICOH)SP C250L

こちらはデスクサイドにおける、コンパクトサイズなモデルです。小さくても高機能で、自動両面印刷機能を標準装備、出力速度は12P/分と高速印刷が可能となっています。ドライバー画面でとじ方(左右開き/上下開き)の指定が行なえる点も、細かいところに手が届いておりグッドですね。

リコー(RICOH)SG 3120SF

1台4役でコンパクト。プリンターとしての機能も果たす複合機モデルです。GELJETシステムにより、たわみのない高精度な紙送りが可能です。機能が多いと操作に不安が出ますが、こちらのモデルは液晶が搭載。視覚的に操作できるので、安心ですね。

リコー(RICOH)SP C740

A3サイズの用紙が印刷できるレーザープリンターとしては、なんと世界最小と話題を呼んだモデルです。LED方式による小型化に成功しており、使いたい場所に合わせて、気軽に置ける一台となっています。また、連続出力速度35枚/分の高速連続プリント&27ページ/分の高速両面印刷と、速度面でも圧倒的な速度を誇っています。

リコー(RICOH)SP C250SFL

1辺の長さが50cm程度と、複合機ではかなり小さい部類に入るこちらの製品ですが、小さいだけじゃないんです。電話、FAX、スキャンができるのはもちろんのこと、プリンターとしても快適な連続出力、軽快なファースト出力、素早いウォームアップ、また便利な自動両面出力なども備えています。レーザープリンターなのでランニングコストも安いため、場所を取ることができないオフィスなどでいかがでしょうか。