大切なギターを安全に保管するのに必要な「ギタースタンド」。スタンドを使わずに壁に立てかけるだけだと倒れる危険性があり、傷や破損を防ぐために欠かせません。オーソドックスな立てかけタイプをはじめ、吊り下げタイプや複数のギターを保管できるタイプなどさまざまなモデルが販売されています。

そこで今回は、おすすめのギタースタンドを1本用と複数本用に分けてピックアップ。選び方も解説するのでチェックしてみてください。

ギタースタンドは必要?

By: amazon.co.jp

ギターを壁に立てかけたり、床に置いたりするとネックに負担がかかります。ネックが反って弾きにくくなるほか、誤って倒してしまうと最悪の場合折れてしまうため注意が必要です。

ギタースタンドを使用すれば、より安全に保管しやすくなるのがメリット。ネックの反りやボディを破損させるトラブルを最小限に抑えられます。

ギタースタンドの選び方

種類で選ぶ

一般的な立てかけタイプ

By: amazon.co.jp

ギタースタンドのなかでもっともオーソドックスなのが「立てかけタイプ」です。ボディ下部を支えるシンプルな構造で、比較的安価なのが魅力。脚を広げて置くだけと設置や使い方も簡単なため、初心者がはじめて購入する1台として適しています。

ただし、ネックに負荷がかかって反る可能性があり、高級ギターをかけるのには不向き。くわえて、下部のギター受けに乗せて安定させる構造から、フライングVなど変形ギターはかけられない点にも留意しておきましょう。

ネックに優しい吊り下げタイプ

By: amazon.co.jp

フック部にネックをかけるだけで自動的にロックされるのが「吊り下げタイプ」です。宙ぶらりんの状態になるものの、ロックがかかっているため落下する心配を軽減できます。部分的に負荷が集中しないので、ネックへの影響も最小限に抑えられるのがポイント。

立てかけタイプと異なり下部のギター受けがないため、どんな形のギターでもかけやすいのもメリット。変形ギターを使用している方、購入する予定のある方におすすめのタイプです。

省スペースな壁掛けタイプ

By: amazon.co.jp

ネックをかける部分を壁に取り付けるのが「壁掛けタイプ」です。所有しているギターの本数が多い場合など、置き場所に困っている場合におすすめ。見栄えよく保管したい場合にも適しています。吊り下げタイプと同様のロック式であれば、落下の心配も軽減できるのがポイントです。

壁にネジで固定するタイプの場合、壁の強度に注意が必要。壁のなかが空洞だとネジが効かないため危険です。なかには、パネルに引っ掛けて取り付けるタイプもあり、賃貸住宅で穴を空けられない場合やネジが効かないケースで重宝します。

折りたたみタイプならコンパクトで持ち運びも可能

By: amazon.co.jp

ギタースタンドは思いのほか設置場所を取るモノが多く、ギターを置かないときは邪魔になりがちです。折りたためるタイプなら、不使用時はコンパクトに収納できます。また、ライブや練習などで、ギターとギタースタンドを頻繁に持ち運ぶ場合にも便利。予備のギタースタンドとしてもおすすめです。

ラッカー塗装に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

見栄えや音色をよくするための「ラッカー塗装」が施されたギターを使用している方は、ラッカー塗装に対応しているギタースタンドを要チェック。一般的に、ラッカー塗装したギターをギタースタンドに置く際は、塗装部分がスタンドに直接触れないよう布素材などで保護する必要があります。

ラッカー塗装の保護に対応していないギタースタンドをラッカー塗装のギターに長期間使用すると、変色などの化学変化を起こすことも。大事なギターを守るためにも、ギタースタンドがラッカー塗装に対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

安定感があるかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

大切なギターをしっかりと守るためには、安定感に優れているかが重要です。少し揺らしただけでぐら付くモデルでは、倒れてギターや床を傷付けてしまう可能性があります。安定感を重視するなら、ロック機構を搭載した吊り下げ式やラックタイプがおすすめです。

脚部の角度を調節できるモデルなら、安定しやすく安心。脚部に転倒防止用ゴムを備えているモデルや、傷付きを防ぐための素材が備わったモノなど、工夫がこらされた製品にも注目してみてください。

使用できる本数で選ぶ

By: amazon.co.jp

複数本用のギタースタンドを選ぶ際は、かけられる最大本数をチェックしましょう。エレキギターやアコースティックギターなど、ギターの種類によっては収納本数が変わることがあるので注意してください。

立てかけタイプにも、複数のギターをまとめてかけられるモデルが販売されています。なかでも、横向きでかけられるラックタイプは安定感に優れており、ステージで複数のギターをかけておきたいシーンでも便利です。

ギタースタンドのおすすめ|1本用

キクタニ ギタースタンド GS-101B

がっちりした脚部で安定感にも優れる

立てかけ式のシンプルなギタースタンドです。転倒防止用ロックバンドが付属し、万が一の転倒を防ぎます。がっちりした脚部で安定感にも優れており、安価ながら安心して使えるモデルを探している方におすすめです。

高さは620~700mmの範囲で調節可能。アコースティックギターやエレキギター、ベースなどさまざまな楽器に対応します。

アルティメイト(ULTIMATE) ギタースタンド GS-1000 PRO

大きなダメージを与えるのが心配な方におすすめ

特許取得の「レッグ・ロッキング・システム」を採用し、安定性に優れているギタースタンドです。自動閉鎖式セキュリティーゲートにより、ギターをかければ自動的にロックしてしっかりと固定します。衝撃で落下して、ギターに大きなダメージを与えるのが心配な方におすすめです。

脚部に保護パッドを備えており、ボディへの傷付きを防ぎやすいのもおすすめポイント。高さは838~1156mmの範囲で調節でき、さまざまなギターやベースに対応します。「フライングV」をはじめ、変形ギターをかけたい場合にも便利です。

タマ(tama) ギタースタンド 839

安定性を重視したい方におすすめ

ドラムの世界的トップブランドとして知られている「タマ」のギタースタンド。マイクスタンドと同じ機構を三脚部に採用しているなど、しっかりとした作りが特徴です。重さ2.5kgと重量感があり、安定性を重視したい方におすすめのモデルです。

オーソドックスな立てかけ式ながら、下部のギター受けに高さ調節機能とスイング機能を搭載している点に注目。アコースティックギターやエレキギターなどさまざまなタイプに対応します。

ラッカー塗装には対応していないため、ギターによってはクロスやスタンドブラなどで保護する必要がある点に留意しておきましょう。

オンステージスタンド(OnStageStands) ギタースタンド XCG4

初めてギタースタンドを使うという方におすすめ

シンプルな立てかけタイプのギタースタンドです。転倒防止用ストラップを備えており、衝撃でギターが落下する心配を軽減。安定感のある三脚でギターの重さをしっかりと支えます。買い求めやすい低価格も魅力。はじめてギタースタンドを購入する方におすすめのモデルです。

ラッカー塗装に対応し、ゴム焼けによるボディの変色を防ぎやすいのも特徴。高さは約61~73cmの範囲で調節でき、さまざまな大きさのギターに対応します。

ケーシー(KC) ギタースタンド GS103B

ギターの大きさに合わせて調節可能

立てかけタイプのシンプルなギタースタンド。リーズナブルな価格で購入しやすいほか、組み立ても簡単なのが魅力です。ネックを支える部分にクッション性のある素材を使用しており、ギターに傷が付くのを防ぎます。高さは、ギターの大きさに合わせて調節可能です。

楽器の前方への転倒を防ぐストッパーが付いているのもポイント。折りたたみができるので、ライブハウスやスタジオへも気軽に持ち込めます。なお、ラッカー塗装には対応していない点には留意しておきましょう。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンドGS414B PLUS

ギター落下のリスクを抑えて使いたい方に

ネックをしっかりと固定できる吊り下げ式のギタースタンドです。「AGS(オートグラブシステム)」を搭載し、楽器の重みでアームが上がってネックを掴む構造。ギター落下のリスクを抑えて使いたい方におすすめのモデルです。

付属の「NINA(ナロー・インストゥルメンタル・ネック・アジャストメント)」を使用すれば、28~52mmまでのネック幅に対応可能。NINAには「スペシャル・フォーミュレイテッド・フォームゴム」を採用しており、ギターをかける際の衝撃から守ります。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンド GS302B

オリジナル構造で優れた安定感

折りたたみ式のコンパクトな立てかけタイプのギタースタンドです。折りたたみサイズ約300×245mmとコンパクトに収納できるのが魅力。ギターケースのポケットに入れて持ち運べるため、スタジオ練習やライブで便利なおすすめモデルです。

独特な5本脚構造で安定感に優れているのもポイント。厚手のスポンジでギターを包み込むように立てかけられるので、少々の衝撃にも耐えられます。通常の立てかけタイプと異なり、ネックに負担をかけない点もメリットです。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンド ソリッド用 GS402B

ロッキングピンで、操作しやすい

ベース半径230mmのコンパクトなギタースタンド。立てかけタイプや吊り下げタイプを設置できない場合におすすめのモデルです。3本脚で安定性に優れており、脚の交差部分にロッキングピンを搭載して転倒のトラブルを防ぎます。

折りたたみ時サイズが282×105mmと持ち運びしやすいのも魅力。スタンドの用意がないスタジオや路上ライブなどでも活躍します。ラッカー塗装には未対応なので、ラッカーフィニッシュを施したギターを長時間乗せて保管する場合には、クロスを巻くなど工夫が必要です。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンド EZ PACK GS200B

持ち運びやすく、外出先での利用に

フラットに折りたためる立てかけタイプのギタースタンドです。薄くコンパクトな状態になるため、ギターケースに入れて持ち運びたい場合におすすめ。路上ライブなどスタンドのないシーンで役立ちます。アコースティックギターとエレキギター兼用モデルです。

コンパクトモデルながら、組み立て時はしっかりとギターを支える構造。前面ストッパーが可変する仕組みで、厚みの異なるギターを乗せやすいのが魅力です。

K&M ギタースタンド WAVE 20 17590

ギタースタンド・譜面台・マイクスタンドなどの専門メーカー「K&M」が販売するギタースタンドです。ネックを支える部分がない、ユニークなピラミッド型のデザインが特徴。ボディだけで支える仕様で、ネックに負担がかかりにくいのがメリットです。

脚部の開き具合は5段階で調節可能。ギターのサイズに合わせて調節できるので便利です。折りたためばA4サイズで2.5cmの薄さになるため、持ち運びも簡単。重さも0.4kgと軽量なので、スタジオやライブ用に携帯しながら使用したい方へおすすめです。

ハーキュレス(HERCULES) ギターハンガー GSP39WB PLUS

壁掛けタイプのギタースタンドです。吊り下げタイプで使用されているロック機構「AGS」を搭載しており、ギターの落下を防げます。ソリッドボディのギターやベースに適したショートネックで、耐荷重は7kg。壁にギターを並べて見栄えを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

特殊ゴム「SFF」採用でギターをかける際の衝撃を軽減する仕様。付属のアタッチメント「NINA」を使用すれば、より細いネックのギターにも対応します。

キクタニ ギターハンガー GA-150

クローゼットやハンガーラックなどに吊るして収納できるギタースタンド。床面にスタンドを置くスペースがない方にぴったりです。引っ掛けた際に左右の揺れを抑えるフック形状で、大切なギターを安心して保管できます。工具なしでフックの向きを変更できるのもポイントです。

耐荷重は10kg、パイプ径は45mmまで対応。ギターだけでなく、さまざまな弦楽器の収納にも使えます。そのほか、ラッカー塗装のギターに対応しているのも魅力。汎用性の高いおすすめのギターハンガーです。

ギタースタンドのおすすめ|複数本用

Cific ギター・ベース用スタンド

ギターやベースを最大5本立てかけられるギタースタンドです。足の角度を調節できるのが特徴。また、ギターが触れるボディやネックは厚手のラバーで覆われているため、傷付くのを防げるのもポイントです。

使用時のサイズは、幅86×奥行き47×高さ73cm。折りたたむとコンパクトになるので、未使用時に場所を取らないのも人気の理由です。安定感が高いモデルのため、自宅で使用するのはもちろん、ステージ上で使用できるギタースタンドを探している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンド GS525B

初心者でも組み立て・折りたたみがしやすい複数本用のギタースタンドです。最大で5本のギターを立てかけておくことが可能。横向きで立てかけるラックタイプなので、ギターのネックに負担がかかりにくいのも魅力です。

また、別売りの拡張アダプターを購入すれば、立てかけられる本数を増やせるのもポイント。拡張性に優れています。間隔も調節できるため、利便性に優れているギタースタンドを探している方におすすめです。

さらに、接触部分にはSFFラバー素材が採用されているので、ギターが傷付くのを防げるのもメリットです。使用時のサイズは、幅100×奥行き50×高さ64cm。折りたたむと幅101×奥行き11×高さ71cmに収まります。

ゲーターフレームワークス(GATOR FRAMEWORKS) ROK-IT ギタースタンド 5本立て

マイクやスピーカーをはじめ、楽器・AV機器用のスタンドを製造するブランドとして、2013年にスタートした「GATOR FRAMEWORKS」の複数本用のギタースタンド。本製品は機能性と耐久性が高く、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

最大で5本のギターを立てかけることが可能。ラックタイプで横向きに立てかけるため、ネックが劣化するのを防げます。汎用性が高く、エレキギター・アコースティックギター・エレキベースなど、さまざまなボディタイプに対応しているのもおすすめポイントです。

さらに、ラバーパッドが付いていることによって、ギターが傷付くのを避けられるのもメリット。丈夫なスチール製フレームで、安定感があるのも魅力です。サイズは、幅63×高さ55cm。折りたためるので、持ち運びしやすいモデルを探している方も、要チェックです。

ギット(Guitto) ギタースタンド 5本収納 GGS-07

仕切りの位置と、ボディの受け部分を自由に移動できるのが特徴のギタースタンドです。アコースティックギターとエレキギターなど、厚みが違うギターを並べるときに、接触しないよう調節できるのが人気の理由。最大で5本のギターを立てかけられます。

仕切りとネックハンガー部分は、柔軟性のあるプラスチックを使用しており、ギターが傷付くのを防ぐことが可能。横向きで収納するので、ギターのネックにかかる負担を軽減できるのもおすすめポイントです。

使用時のサイズは幅67×奥行き50×高さ70cmですが、折りたたむことが可能なため、未使用時に場所を取らないのもメリット。重量は3.3kgで、耐荷重は30kgです。

K&M ギタースタンド 4本用 ガーディアン 3+1 17534

世界のトップブランドとして幅広い人気を誇る「K&M」の複数本用ギタースタンドです。エレキギター3本とアコースティックギター1本を立てられるのが特徴。サイズは、幅62.6×奥行き33.5×高さ70cm。ほかのモデルに比べて、奥行きが短いので、コンパクトなモデルを探している方にぴったりです。

また、ギターが触れる部分には滑りにくい素材が使用されているため、安定感に優れているのもおすすめポイント。ベース部分を折りたたむことが可能なので、場所を取らずに保管できます。持ち運びしやすいのも魅力です。

さらに、追加でキャスターを購入すれば、楽に移動でき、掃除の際に手間がかかりません。扱いやすさを重視したい方は、ぜひ当モデルの購入を検討してみてください。

杜の工房 天然木 ギタースタンド5本掛

素材に天然の木が使用されているのが特徴のギタースタンドです。最大で5本まで、エレキギターを立てかけることが可能。ストラトキャスター・テレキャスター・レスポールタイプであれば、余裕を持って立てかけられます。

仕切りの間隔は10cm。ホルダー部分にはギターに傷が付かないよう、フェルトが貼り付けてあります。サイズは幅62×奥行き29×高さ60cmと奥行きが短いので、コンパクトなのも人気の理由です。見た目がおしゃれなギタースタンドを探している方はチェックしてみてください。

クラシックプロ(CLASSIC PRO) ギタースタンド GST7

アコースティックギター・エレキギターに対応しているギタースタンドです。エレキギターの場合は最大で7本、アコースティックギターの場合は最大で4本立てかけることが可能。横向きに立てかけるラックタイプなので、ギターのネックの劣化を防げるのも魅力です。

サイズは幅87.5×奥行き41×高さ75cm。なお、アーム部分が溶接されており、取り外しはできません。より多くのギターを保管できるモデルを探している方は、チェックしてみてください。

ハーキュレス(HERCULES) GS432B

吊り下げ式の複数本用ギタースタンドです。最大で3本のギターを吊り下げることが可能。ギターの重量で下降すると同時に、アームが上がりネックを掴むように保持するのが特徴です。

また、ギターに合わせて約90.5〜113cmまで高さ調節が可能。高さはグリップを握るだけで調節できるため、初心者が扱いやすいのも魅力です。

さらに、ギターとの接触部分にはゴムが使用されているので、傷付くのを防げるのもおすすめポイント。ネック幅2.8〜5.2cmのギターに対応可能です。そのほか、折りたたむと高さ約78×約15×約15cmに収まるため、場所を取らないのもメリット。重量は3kgで、耐荷重は30kgです。

ケーシー(KC) ギタースタンド 2本立てタイプ GS-002

1本用のギタースタンドと変わらないスペースに、2本のギターを立てかけられるギタースタンドです。リハーサルスタジオや、ライブのステージ上での使用におすすめ。8の字タイプのストッパーが付いているため、転倒するのを防げます。

また、各パーツを分解してコンパクトに折りたたみできるのも魅力。未使用時に保管する際に場所を取りません。重量は1.6kg。持ち運びしやすいのも人気の理由です。

ゲーターフレームワークス(GATOR FRAMEWORKS) ROK-IT ギタースタンド RI-GTRAU2X

ギターを2台立てかけられるギタースタンドです。仕切りの幅を3段階に調節できるのが特徴。アコースティックギターやエレキギターなど、さまざまなボディタイプに対応できます。

また、ギターの塗装を守るラバーパッドが付いているのもおすすめポイント。グリップ力も高いので、安定性が優れているのも魅力です。さらに、コンパクトに折りたためるため、持ち運びしやすいのもメリット。使用時のサイズは、幅33×高さ41.4cmで、重量は2.4kgです。

ギタースタンドのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ギタースタンドのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。