ギタースタンドはギターを安全に保管する際に欠かせない大切なアイテムです。ギタースタンドには立てかけタイプや吊り下げタイプ、複数台立てかけタイプなど種類があり、それぞれ使い勝手が異なるため注意が必要です。

そこで今回は、さまざまなタイプのなかからおすすめモデルをピックアップ。あわせて選び方を解説するので購入する際の参考にしてみてください。

ギタースタンドのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

ギタースタンドを使用して保管すると、ネックへの負担を最小限に抑えられるのがメリット。ギターを壁に立てかけたり、床に置いたりするとネックに負担がかかり反りの原因となります。

とくに、壁に立てかけると引っかけて倒してしまうこともあり注意が必要。最悪の場合、ネックが折れたりボディが破損したりなど、取り返しのつかないダメージを与えてしまう場合もあるため注意しておきましょう。

デメリットとしては少し場所をとるほか、地震の大きな揺れではギタースタンドごと倒れる可能性もあります。ただ、壁に立てかけるよりはギタースタンドを使ったほうが大切なギターを守れるため、ハードケースに収納しないのであればギタースタンドを使用しましょう。

ギタースタンドの選び方

種類で選ぶ

立てかけタイプ

By: amazon.co.jp

もっともオーソドックスなタイプのギタースタンドです。ネックとボディの下を支えるだけのシンプルな構造になっており、脚を広げて置くだけと設置も簡単です。価格も安く手軽にギタースタンドを使用したい方やはじめて購入する方に適しています。

ただ、ボディの下部が平らではないフライングV型ギターなど、特殊なデザインのギターはかけられないため注意しておきましょう。また、ネックに負担がある程度かかるため、反る場合もあります。高級なギターをかけるスタンドとしてはおすすめできません。

吊り下げタイプ

By: amazon.co.jp

一見、立てかけタイプと同様のスタンド式ですが、吊るすようにギターをかけるタイプです。ネック上部をフック部にかけるだけでロックされるため、下部の支えがなくてもギターが落下する心配はありません。

安定性がよくギターの横方向に負担をかけにくいため、ネックが反る可能性も立てかけタイプと比べると少ないのがポイントです。また、どんなデザインのギターでもかけられるのもメリット。変形ギターを使用している人には欠かせないタイプです。

複数台立てかけタイプ

By: amazon.co.jp

複数のギターをまとめてかけられるタイプです。モデルによって3本、5本などかけられる本数が異なります。複数のギターを保有している場合、省スペースにまとめておけるため便利です。安定性に優れているほか、折りたためるタイプならライブで使用したい場合に重宝します。

ギターを横置きに重ねるようにかけるため、ギターを正面から眺めるのが楽しみな方には不向きです。ラッカー塗装に対応していないモデルの場合は、ギターの当たる部分にクロスなどを敷いて保護する必要があるため注意しておきましょう。

壁かけタイプ

By: amazon.co.jp

壁に固定し、ギターを吊り下げて使用するタイプです。吊り下げタイプ同様の構造を採用しているタイプなら、ネックをフック部にかければロックされるためギターが落下する心配はありません。部屋の床にスペースがない場合や、ギターを見栄えよく保管したい場合におすすめです。

壁にネジで固定するタイプとパネル等に引っかけて使用するタイプがあり、壁に穴をあけられない場合はパネルに引っかけて使用するタイプがおすすめ。いずれのタイプも、しっかりと壁やパネルに固定されているのを確認しないと危険です。取り付ける際は十分注意しておきましょう。

安定感があるかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

ギタースタンドを選ぶ際は安定感があるのかを確認しておきましょう。少し揺らしただけでガタつくようなスタンドは、倒れる危険性があるので注意が必要です。

安定感を重視するならば、吊り下げタイプか複数台立てかけタイプがおすすめ。ロック機構を採用しているモデルなら、しっかりとギターを固定できます。また、安価なモデルのなかには使用しているゴムの素材が滑りやすいなど、安定感に欠けるモデルもあるため注意しておきましょう。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ギタースタンドは見た目コンパクトですが、脚を広げると案外場所をとります。脚を広げたときのサイズ感も確認しておきましょう。立てかけタイプのなかにはボディだけで支えるモデルがあり、スペースを取らないため便利。コンパクトで持ち運びもしやすいため、ライプなどで携帯したい場合におすすめです。

また、立てかけタイプや吊り下げタイプのスタンド式モデルをいくつも設置すると、場所をとってしまうため注意が必要。複数のギターをコンパクトにまとめて保管したい場合は、複数台立てかけタイプを選択しましょう。

ギタースタンドのおすすめ

キクタニ ギタースタンド GS-102B

立てかけタイプのシンプルなギタースタンド。リーズナブルな価格ながら品質がよく、はじめてギタースタンドを購入する方におすすめのモデルです。ボディの受け部には回転式を採用しており、ギターの重心をスタンドの軸にあわせて転倒のリスクを最小限に抑えています。

ネックを支える部分も立てかけるだけのシンプルな作りが特徴。付属のラバーストラップを使用すれば転倒のリスクをさらに減らせるため便利です。

キクタニ ギタースタンド GS-101B

がっちりとした三脚の採用で安定性を確保しているギタースタンド。高さは620~700mmの範囲で調節可能です。転倒防止用セキュリティストラップが付属しており、立てかけタイプで転倒のリスクが気になる方におすすめのモデルです。

ネック部は幅80×奥行70mmで、変形ギターを除いたあらゆるエレキギター、アコースティックギターの設置に対応しています。高級ギターに採用されていることがあるラッカー塗装に対応しているのもポイント。大切なギターの塗装へのダメージを防止します。

アリア(ARIA) ギタースタンド GS-2003B

リーズナブルな価格が魅力の立てかけタイプのギタースタンド。エレキギターをはじめ、アコースティックギターやベースにも対応可能なオールマイティーなモデルです。シンプルな構造ながら安定性に優れているのがポイント。ボディエンドホルダーは回転式になっており、ボディ下部が平行でないジャズベースなども支えられます。

高さを調節できるアジャスター付きで約500~630mmの範囲で調節可能です。パーツは分解してコンパクトに収納でき、ライブなどで使うために持ち運びたい場合にも最適。コストパフォーマンスに優れたシンプルなモデルを探している方におすすめのモデルです。

ハーキュレス(HERCULES) GS414B PLUS ギタースタンド

フック部に「オートグラブシステム」を採用した吊り下げ式のギタースタンド。楽器をかけたときの重みでアームが上がる構造になっており、ネックをしっかりと固定します。ギターに負担をかけない構造で、ネックの反りが心配な方におすすめのモデルです。

付属の「ナロー・インストゥルメント・ネック・アジャストメント」を使用すれば、幅28~52mmの範囲で調節できるためネックの細いギターにも対応します。高さは950~1150mmの範囲で調節可能です。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンド GS302B

折りたたみ式のギタースタンドです。折りたたみ時サイズ300×245mmと薄くコンパクトになるため、ギグバッグのポケットに収納可能。スタジオやライブでスタンド使用したい場合におすすめのモデルです。重さ800gでコンパクトながら重量感があり、独特な形状の5本脚の採用と相まって抜群の安定性を実現しています。

本製品はストラトタイプやレスポールタイプなど、ボディの厚みがないソリッドギターに対応したタイプ。厚みのあるアコースティックギター用は別にラインナップされているのでチェックしてみてください。

ハーキュレス(HERCULES) GS432B PLUS ギタースタンド 3本用

3本のギターを同時にかけられる吊り下げタイプのギタースタンド。重さ2.98kgで許容重量30kgと、安定性に優れています。狭いスペースになるべく多くのギターをまとめて保管したい方におすすめのモデルです。

新機構のクラッチを採用したクリップ部はグリップを握ることで高さを調節できるほか、出っ張りが少ない設計になっています。また、フック部には特殊なゴムを採用しており、楽器が触れる部分をやさしく保護できるのもおすすめポイントです。

アルティメイト(ULTIMATE) ギタースタンド GS-1000 PRO

使いやすさを重視して開発された吊り下げタイプのギタースタンドです。特許取得の「レッグ・ロッキング・システム」の採用で抜群の安定性を実現。転倒が心配な方におすすめのモデルです。加えて、自動開閉式セキュリティゲートの採用でネックをしっかりと固定します。

ギターの塗装にダメージを与えない保護パッドや、ピックの置き場に便利なピック設置スロットを搭載しているなど、使い勝手に優れたモデルです。

キクタニ ギターハンガー GH-525

壁かけタイプのギタースタンド。壁にネジを使用して固定するタイプですが、別売りのバックプレートを使用すればパネルに引っかけることも可能です。ロック式ではないですが、壁面との接地面積が広いため重たいギターも安心して保管できます。床面にスタンドを置くスペースがない場合におすすめのモデルです。

ネジは付属していますが、取り付ける際はボードアンカーを使用するのがおすすめ。柱のない場所ではネジが効かない可能性があり、非常に危険なので注意しておきましょう。

ハーキュレス(HERCULES) GSP39WB PLUS ギターハンガー

壁にネジで固定する壁掛けタイプのギタースタンド。ストラトタイプやレスポールタイプなどのソリッドボディに適したショートネックタイプです。がっちりネックを固定するオートグラブシステムを採用しており、落下が心配な方におすすめのモデルです。

付属の「ナロー・インストゥルメント・ネック・アジャストメント」でネックの細いギターにも対応しており、ネック幅28~52mmの範囲で調節できます。

String Swing ギターハンガー CC01KOAK

壁面に取り付ける壁かけタイプのギタースタンドで、壁面に固定するベース部に木材を使用しているのが特徴。部屋の雰囲気やインテリアとの調和にこだわりたい方におすすめのモデルです。ネック幅は46~50mmまで対応しており、シンプルなフックでギターをかけやすくなっています。

石膏ボードの壁にネジを打ち込む際に便利な「ボードアンカー」が付属しているのもポイント。しっかりとネジが効いて固定できるため、壁の後ろに柱がない場所でも安全にギターをかけられます。

キクタニ マルチギタースタンド 3本掛 GS-600/3

3本掛けの複数台立てかけタイプのギタースタンドです。設置面サイズ幅580×奥行400mmの手頃な大きさで3本のギターを保管できるため便利。省スペースに多くのギターを保管したい方におすすめのモデルです。

ネックを支えるバーの間隔は約95mmの幅があるため、厚みのあるアコースティックギターの保管も可能。楽器が当たる部分にはラバー素材を採用しており、ギターにやさしいのもポイントです。ラッカー対応となっていますが、長時間の放置や温度変化によってはギターの塗装面が変質する場合もあるため注意しておきましょう。

ハーキュレス(HERCULES) ギタースタンド GS525B

5本のギターを収納できる複数台立てかけタイプのギタースタンドです。耐荷重80kgで安定性に優れているため、複数のギターを持っている方におすすめのモデルです。楽器に触れる部分はSFFラバー素材を採用しており、衝撃を受けた際にギターへのダメージを最小限に抑えます。

組み立てが簡単なほか、ネックを支えるバーの間隔を調節できるのもポイント。アコースティックギター・エレキギター・ベースなど、さまざまな楽器を一度に保管できるため便利です。

K&M エレキギタースタンド “ウェーブ20

ギタースタンド・譜面台・マイクスタンドなどの専門メーカー「K&M」のギタースタンド。ネックを支える部分がないユニークなピラミッド型のデザインが特徴です。たためばA4サイズ、2.5cmの薄さになるため持ち運びも簡単。スタジオやライブ用として携帯しながら使用したい場合におすすめのモデルです。

脚部の開き具合は5段階で調節可能。ギターのサイズにあわせて調節できるため便利です。