ニットなどのデリケートな素材を自宅で手洗いする際に便利な「平干しネット」。型崩れしやすい衣類を吊るさずに干せる優れモノです。大きさや形もさまざまなラインナップがあり、用途に合わせて選べます。

平干しネットを使えば、クリーニング代の節約も可能。平干しネットには衣類だけでなく干しにくいさまざまなモノが干せるので、1つ持っていると便利です。そこで今回は、平干しネットの選び方とおすすめの製品を紹介します。

平干しネットのメリット

By: amazon.co.jp

平干しネットは衣類の形を崩さずに干せるのがメリット。ハンガーに吊るして干す際に起こりがちな、肩に跡がついたり、重みで首周りや袖が伸びたりしてしまうトラブルを防げます。

平干しネットを活用すれば、クリーニング代を節約できるのもポイント。セーターやニットをクリーニングに出すと1枚あたり500円~1,000円前後かかりますが、自宅でおしゃれ着洗い用の洗剤を使って平干しすれば、コストダウンできます。

干すのに手間がかかる衣類を短時間で干せるのも魅力のひとつ。靴下やストッキングを広げて干せば、1つひとつを吊るす手間が省けるので便利です。また、ハンガーに掛けられないぬいぐるみや洗濯ばさみの跡を付けたくない衣類を干せるので、1つあると重宝します。

平干しネットの選び方

使用場所に合わせて選ぶ

吊り下げタイプ

By: amazon.co.jp

ほかの洗濯物と一緒に物干し竿に吊り下げて干すタイプはどんなベランダでも使えるのがメリット。狭いベランダでも物干し竿があれば使えます。吊り下げタイプの平干しネットにはさまざまなサイズがあるため、干し場の広さに合わせて選ぶのがおすすめです。

吊り下げタイプはそれぞれに素材や構造が異なり、耐荷重も製品によって違うため、干したい衣類の重さをよく考えて選ぶのがポイント。水を含むと重くなる大きいセーターなどを干す場合は、頑丈なモノを選んでおくと安心です。

フックの形状も要チェック。吊り下げタイプにはハンガーと同様に引っかけるだけのシンプルなタイプと、洗濯ばさみのように挟み込むタイプがあります。干すモノが重い場合や風が強い地域で使う場合は、挟み込むタイプを使うのがおすすめです。

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

屋上やテラスなどの広い場所で洗濯を干している場合は、据え置きタイプの平干しネットがおすすめ。使う際にサッと出して衣類を広げればよいので手間もかかりません。日陰で陰干ししたいときでも簡単に移動できます。雨の日に部屋干しするときにも使えるので便利です。

浴室乾燥を使ってお風呂に洗濯を干す場合は、浴槽に設置する据え置きタイプのモノが便利。スタンドが付いているタイプとネットのみのタイプがあり、浴室の空きスペースを有効活用できるのがポイントです。ネットタイプはコンパクトに折りたためるので、簡単に収納できます。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

平干しネットにはいろいろなサイズがあるため、干したい衣類が広げられるかどうかを確認しておくことが大切です。せっかく購入しても、小さすぎると衣類が広げられずにしわになり、乾きも悪くなります。直径が70cm程度あれば大人のセーターを干すことが可能です。

干す場所に合うサイズかどうかも要チェック。大きすぎてほかの洗濯物が少ししか干せなくなると不便です。反対に、干し場が広いのに小さすぎるモノを選んでしまうと、干せる衣類の量が少なすぎて使いにくくなります。室内干しで使う場合は、物干しスタンドに干せるサイズか確認しておきましょう。

段数をチェック

By: amazon.co.jp

平干しネットには2段や3段のモノもあるため、干す衣類の量に合わせて段数を選ぶのがおすすめ。ニットやセーターを頻繁に着る方や家族が多い方は、たっぷり平干しできるモノを選ぶと快適です。

また、段数が多い平干しネットを選ぶ場合は、ネットとネットの間に適度な空間があり、通気を確保できるモノがおすすめ。風が通りにくい形状のモノを選んでしまうと、洗濯物がなかなか乾かずにストレスになる可能性もあります。購入前に寸法図をよく確認して選びましょう。

バンドやガードがあれば外干しでも安心

By: amazon.co.jp

バンドやガードが付いている平干しネットであれば、風が強い日でも大切な洗濯物が飛んでいかずに済みます。平干しネットに付いているバンドで、衣類を固定できるモノやネットの縁にガードが付いているモノを選んでおけば、安心して外干しできます。

靴下やストッキングなどの細々した衣類を干す場合は、平干しネット全体がネットで覆われたタイプを選ぶと安心です。ガードがかなり高い位置にあるカゴ型タイプもラインナップされているので、いくつかの製品を比較して使いやすそうなモノを選んでみましょう。

平干しネットのおすすめ

OUNONA 洗濯物干しネット 1段

大きめの衣類を広げて干せる縁なしタイプの平干しネット。サイズが横61×縦78cmと大きいので、男性のセーターやニットも干せます。 フックとネットをつなぐ紐が6本付いており、安定感があるのもポイント。速乾性に優れたメッシュを使用しているので、通気性も良好です。

また、衣類だけでなく、クッションや枕を干すのにも最適。竿にしっかり固定できる防風フックを採用しているため、風が吹いても外れにくくなっています。収納の際は折りたたんでコンパクトにすることが可能。フチなしの大きめサイズでコスパのよいモノを探している方におすすめです。

YUUWA 平干しネット1段

平干しする衣類が少ない方や一人暮らしの方におすすめの1段タイプ。直径は約61cmで女性や子供のセーターなどを干すのに適しています。ネットの縁に高さ13cmのガードが付いているため、風で吹き飛びやすい靴下や小物も安心して干すことが可能です。

フックからネットにつながる4本の紐を調節するとそれぞれの長さを変えられるので、衣類を干して重心が偏っても並行に調節できます。干しにくいぬいぐるみやクッションなどを干すのにも便利です。

使わないときは八の字にひねってゴム製のバンドで固定できるため、コンパクトにして収納できます。衣類を干すときにバンドに引っかけて風で飛ばないようにすることも可能。最大耐荷重は約4kgと、丈夫なのもポイントです。

AYE 平干しランドリーバッグ HD002

ハンモックのように広げて衣類を干せる平干しネット。大小2種類の平干しネットがセットになっており、大のネットはサイズが横86×縦34cmと大きいため、ニットワンピースやロングカーディガンを干すのに重宝します。小のネットは横46×縦34cmで靴下や小物を干すのに最適です。

平干しネットとしてだけでなく、洗濯ネットとしても使えるのがポイント。衣類をしっかりカバーした状態で洗えるため、型崩れを防止できます。旅行や出張の際に衣類を入れるバックとしても使えるので、1つ持っているとさまざまな用途に使えて便利です。

MIRACLE 折りたたみ式平干し ネット 2段 MC-BASDRY-A

本製品は広げたときの直径が約60cmの2段タイプ。ネットの縁にガードが付いているので、ニットやセーターだけでなく靴下や手袋を広げて干すのにも便利です。やや小さめサイズなので、子供や女性の衣類を干すのに適しています。価格が安いのも魅力です。

メッシュ生地で通気性がよく、1段目と2段目の間に程よい空間があるのがポイント。 ガードが付いているので洗濯物が飛んでいくトラブルも防げます。フックは引っかけるタイプで扱い方も簡単。折りたたむとコンパクトになる使いやすい製品です。

ダイヤコーポレーション いろいろ物干しネット 2段

直径が約69cmで大きめのセーターも干せる2段タイプの製品。1段目と2段目を分離して1段タイプの平干しネットとしても使えるので、干したい衣類や干す場所のスペースに合わせて使えます。扱いが簡単なフック式で価格が安いのもポイントです。

平干しネットが風で揺れても洗濯物が落ちにくいラウンドガードが付いているため、安心して洗濯を干すことが可能。大きめの枕も干せるので、ホコリやダニの掃除ができます。丸めて専用の収納ポーチに入れると直径26cmのコンパクトサイズになり、場所を取らずに保管することが可能です。

RUIEN 物干しネット ruien-1

強い風や砂ぼこりから衣類をガードできる平干しネット。全体がネットで覆われたクローズドデザインのため、防風や防塵だけでなく虫や鳥のフンから衣類を守れます。セミオープンファスナー付きで衣類の出し入れがしやすいのもポイントです。

直径は約61cmで高さが17cmあるので、セーターなどの衣類だけでなくぬいぐるみなども干せます。2段タイプなので靴下や手袋を一度にたくさん干すのにも最適。無数の小さな穴が開いたメッシュを採用しているため、速乾性にも優れています。洗濯物をしっかり守って干せる平干しネットです。

OTraki 物干しネット 3段

3段タイプの平干しネットで段と段の間が広いモノを探している方におすすめの製品。通気性に優れているため、たっぷり干しても洗濯物がすっきり乾きます。直径は約48cmと小さめですが、女性や子供のニットやカーディガンを干すことが可能です。

ラウンドガードが付いており、衣類や小物をしっかりガードして干せます。フックの付け根が360°回転するため、風で適度に回って洗濯物に風を通すことが可能。3段でも全体の長さが110cmなので、低めの物干し竿でも干せます。外干しでも部屋干しでもたっぷり干せる平干しネットです。

ファイン 物干しネット 3段 FIN-809

本製品はサイズの異なる3段のネットにさまざまなモノを干せるのが魅力。1段目のネットは2段目と3段目より一回り小さいため、2段目と3段目に風と日光が当たりやすいのもポイントです。1段目のネットには縁がありませんが、紐とネットの間隔が狭いので、ぬいぐるみなどを干しても落ちにくくなっています。

それぞれの段を取り外せるため、2段タイプとしても1段タイプとしても使えて便利。干すモノに合わせて段と段の間を高さ調節できるのも魅力です。3段目の底面には洗濯バサミが8つあり、靴下などの小物類も干せます。収納時は折りたたむことが可能。耐荷重が6kgあり、衣類をたっぷり干せる製品です。

ダイヤ 室内用物干し ダイヤ お部屋で平干しネット 1段

据え置きタイプの平干しネットで素早く使えるモノを探している方におすすめの製品。さっと開いて衣類を広げるだけで簡単に平干しができるので便利に使えます。テラスに置いて陰干ししたり、天気の悪い日に部屋干ししたりするのにも最適です。

通気性のよい立体アーチ形状で衣類の下にも風がよく通るため、乾きにくい厚めのニットもしっかり乾きます。使わないときは丸めてバンドで固定できるので、収納場所も取りません。ストレスなく出し入れできて楽に使える平干しネットです。

ダイヤ お風呂で平干しネット 1段

浴室乾燥機を使って洗濯を干す方におすすめの平干しネット。浴槽の上に置いてセーターやニットを平干しできるため、浴室の物干しスペースが狭くても使えます。本体サイズは縦60×横75.1cmで、標準サイズの浴槽やユニットバスで使用可能です。

浴槽の上に置いて衣類を干すため、水分をたっぷり含んだセーターから水が下に垂れても安心。室内に平干しして床が濡れてしまうトラブルを回避できます。丸めてバンドで固定し、コンパクトに収納することが可能。価格が安いので、2枚購入して浴室に複数の衣類を干せます。

diary 平干しネット 2段

72cm角のワイドサイズで大きめのセーターやニットをゆったり干せる据え置きタイプの製品。2段目と1段目が分離できるため、1枚だけ干したいときは1段に切り替えて使用可能です。同じ製品を複数購入して積み重ねれば、限られたスペースで複数枚のセーターを干せます。

使わないときはコンパクトに折りたむことができ、吊り下げた状態でも収納できるので場所を取りません。 吊り下げ式の平干しネットが使えないキャンプ場などにも最適。サイズが合えば風呂場の浴槽の上に置いても使えます。据え置きタイプで分離や積み重ねが簡単にできる製品です。