コーヒー愛好家が一度は憧れるコーヒー豆の自家焙煎。最近では、家庭でも気軽に焙煎できる「コーヒー焙煎機」が発売されています。

そこで今回は、コーヒー焙煎機の選び方を説明したうえで、おすすめのアイテムをピックアップ。自分の目指す味をつくれるコーヒー焙煎機を選んで、自宅で本格派コーヒーを楽しみましょう。  

コーヒー焙煎機の選び方

焙煎方式で選ぶ

手動式

By: amazon.co.jp

手網などの容器にコーヒー豆を入れ、ガスコンロの上で振って焙煎を行うのが「手動式」タイプ。安価で気軽に焙煎できますが、火の入れ方にムラが出て、安定した味に仕上がるまでに、経験とコツが必要です。

また、コーヒー豆を入れる部分を手動で回転させて焙煎する、ドラム型の据え置きタイプもあります。ドラム型のほうが、手で振る方法よりも安定した焙煎が可能です。

電動式

By: amazon.co.jp

ガスコンロの上に置いてボタンを押すだけで、コーヒー豆が入っているドラムが回転し、均一に焙煎できる「電動式」。豆の状態を見て、火力や時間を自分で調節できるのがポイントです。

焙煎の手間を省きつつも、自家焙煎の雰囲気を十分楽しませてくれます。手動は大変だから避けたいけれど、自家焙煎の気分を味わいたい方におすすめです。

自動式

By: amazon.co.jp

焙煎時間や温度などを細かく設定でき、スイッチひとつですべて自動で行う方式。全自動なので失敗が少なく、味にムラのない安定した焙煎が可能です。手軽に、本格的な味を求めている方におすすめ。ただし、多機能だけあって高価なモデルが多いので、購入前にしっかりと検討しておきましょう。

熱源で選ぶ

ガス式

By: amazon.co.jp

ガス式のメリットは、豆の様子を見ながら自分で火力の調節ができ、好みの味に焙煎できること。自家焙煎ならではの豆が変化する過程を楽しめるので、コーヒー通におすすめしたい方法です。しかし、自分好みの味に仕上げやすい反面、焼きムラができ、安定した味に仕上げるには試行錯誤が必要になることもあります。

電気式

By: amazon.co.jp

電気式のメリットは、ボタンひとつで安定した焙煎が可能なこと。自動で焙煎が行えるので、いつでも安定した味を楽しめますが自家焙煎の醍醐味を感じにくいのが難点です。

「電気式」で安定した焙煎と手軽さを求めているのか、「ガス式」で手間はかかるが好みの味を極めるのか、自分に合った方式をチョイスしてみてください。

ガス+電気式

By: amazon.co.jp

ガス式と電気式のよいところを満たしたのが、ガスに当てながら電動で焙煎を行うタイプ。焙煎の過程を見ながら、火力を自分で調節できるうえ、自動で焙煎を行ってくれます。ただし、海外製品が多く、取扱説明書が外国語だったり、変圧器が必要になったりするケースがあるので注意が必要です。

その他機能をチェック

アフターバーナー

By: amazon.co.jp

自家焙煎で気になるのが、焙煎中に生じる煙。煙の排出を抑える「アフターバーナー機能」が付いているかも事前にチェックしておきたいポイントです。より快適な環境下で焙煎を行いたい方は、アフターバーナー機能が搭載しているモデルをチョイスするようにしましょう。

チャフコレクター(チャフトレー)

By: rakuten.co.jp

焙煎中に「チャフ」と呼ばれるコーヒーのカスが飛び散ってしまうのも、自家焙煎の難点。せっかくお気に入りのコーヒー焙煎機を購入しても、キッチン回りが汚れて掃除が大変となると、出番も少なくなってしまいます。

チャフが飛沫しにくい構造のモデルや、チャフトレーが付属しているモノだと、お手入れが簡単でおすすめです。

焙煎量をチェック

By: panasonic.jp

一度に焙煎できる量が、少量だと50g、大容量のタイプだと600gくらいまでと、さまざまな焙煎量のコーヒー焙煎機が発売されています。自宅で使うので、さほど大容量は必要ありませんが、あまりにも少量ずつだと頻繁に焙煎しなければなりません。個人差もありますが、家庭用の場合、約20杯分に相当する200g前後の容量がちょうどよいサイズです。

サイズと重さをチェック

By: amazon.co.jp

サイズや重さもコーヒー焙煎機を選ぶ際に重要なポイント。使いたい豆の量に合わせて選ぶのはもちろん、使用場所や収納場所に合わせたサイズを選びましょう。ガスを利用したりコンロに乗せたりするタイプの場合は、キッチンにある程度のスペースが必要です。

使うたびに移動させる場合は、できるだけ軽いモデルの方が負担になりにくいのでおすすめ。手動式の場合は、ハンドルの長さや重さも忘れずにチェックしておきたいポイントです。

コーヒー焙煎機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

プロの焙煎を自宅で再現できる、高性能でコンパクトな電動式のコーヒー焙煎機をラインナップしています。同ブランドのコーヒー焙煎機は、スマホと専用アプリを連動して焙煎状況を確認できるなど、使い勝手に優れているのが特徴。

忙しい毎日のなかでも、自家焙煎をして美味しいコーヒーを飲みたい方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

カルディ(KALDI)

By: amazon.co.jp

コーヒーと輸入食品を取り扱い、全国的に人気のカルディ。コーヒーを専門に取り扱っているブランドゆえに、自家焙煎初心者から上級者向けまで幅広い層に対応したコーヒー焙煎機を多数ラインナップしています。日本語に対応したマニュアルが付属しているのも心強いポイントです。

フジローヤル(FUJI ROYAL)

By: fuji-royal.jp

フジローヤルは、コーヒーミルや焙煎機などを手掛ける日本最大規模のコーヒー関連機器メーカー。構造や操作性をシンプルにし、長年使っても壊れにくいコーヒー焙煎機を実現しています。

耐久性の高さに加え、修理やメンテナンスなどの保守体制がしっかりと整っている点も魅力です。使えば使うほど愛着がわくようなコーヒー焙煎機がラインアップされています。

コーヒー焙煎機のおすすめアイテム|手動式

発明工房 手煎り焙煎機 煎り上手

簡単にムラが少なく焙煎できるコーヒー焙煎機。コーヒー豆を本体に入れガスコンロで火にかけながら左右に振ると、約3~5分で焙煎できます。1回で5~6人分のコーヒー豆をまとめて焙煎できるので、豆をできるだけ酸化させず効率的に消費できる点が魅力です。

内部の底にあるわずかな突起によりコーヒー豆を回転でき、ムラが少なく焙煎可能。先端に開けられた空気穴が空気を取り込み、焙煎に適している220℃前後の温度を実現します。手動式なので、好みの煎り加減を自分で調節可能です。

本体には表面がアルマイト処理されたアルミニウムを採用。柄は天然木で、重量は240gと軽量です。先端部分は取り外し可能。丸洗いできるため、清潔な状態で使い続けられます。

初心者でも簡単に使える、おすすめのコーヒー焙煎機です。

EasyRaku コーヒーロースター コーヒー生豆焙煎器

円形のローラーを手動で回すタイプのコーヒー焙煎機。ステンレス製のローラーにコーヒー豆を入れ、直火に掛けながらハンドルを回して焙煎します。コーヒー焙煎機のほか、スタンドとアルコールランプが付属するので、購入後すぐに使用可能です。

ローラーには、菱形グリッド設計を採用。焙煎中のコーヒー豆落下を予防します。直火式のため、ムラが少なく焙煎可能。ローラーを回す速度や時間、火力の大小などを調節して煎り加減を好みに設定できるので、こだわりがある方にもおすすめです。

コーヒー豆以外にも、大豆やピーナッツなどさまざまな豆を焙煎できます。ローラーのサイズは直径130×高さ100mm、スタンドのサイズは長さ160×幅120×高さ145mm。スタイリッシュなデザインを採用した、おすすめのコーヒー焙煎機です。

ハリオ(HARIO) コーヒーロースター レトロ RCR-50

レトロ風なデザインがおしゃれなコーヒー焙煎機です。スタンドに設置されたアルコールランプにより、直火でコーヒー豆を焙煎可能。耐熱ガラスを採用した円筒の中にコーヒー豆を投入してスタンドにセットし、ハンドルを回転させながら焙煎します。

ステンレス製のスタンドには曲線的なデザインを採用。亜鉛合金製の台座は安定感があるので、アルコールランプや焙煎で熱くなったコーヒー豆を安全に取り扱えます。球体型のハンドル部分には、天然木を採用。レトロなデザインが魅力です。

1度に焙煎できるコーヒー豆は約50g。本体サイズは幅264×奥行139×高さ190mmとコンパクトなため、小さなキッチンやリビングでも扱いやすく、収納にも場所を取りません。雰囲気から楽しめる、おすすめのコーヒー焙煎機です。

カルディ(KALDI) ロースター

ガスコンロに設置して使用する手動式のコーヒー焙煎機。底面に溝が設けられているため五徳にセットしやすく、安定した状態で使えます。ハンドルを掴んで内部のドラムを回転させるタイプなので、煎り加減を自由に調節可能です。

温度計が搭載されており、コーヒー豆の温度を把握できる仕様。高温用のベアリングも内蔵しています。また、ハンドル操作がスムーズで、力を入れず簡単に操作可能です。上下に通風孔が搭載されており、空気を循環させやすく、内部を効率的に保温できます。

ドラムが斜めに設置されており、かくはん羽も2枚内蔵されているので、均一な焙煎を実現。ドラムの角度とベアリングの搭載により、静かな焙煎が可能です。本格的なコーヒー焙煎機に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

コーヒー焙煎機のおすすめアイテム|電動式

カルディ(KALDI) Coffee Wide POP Roaster

使いやすいコーヒー焙煎機。素材に光沢のあるステンレススチールが採用されています。外側の各面はボルトではなく溶接で接着し、自然で美しい曲線を実現。高級感のあるデザインはもちろん、耐久性に優れている点も魅力です。

3mmの穴が無数に開けられたドラムには、かくはん羽を3基搭載。ドラムの後方には温度計が挿入されているので、内部の温度を常に把握可能です。ドラムを支えるボールベアリングにはカバーがされているため、異物の混入を予防しつつ騒音対策もできます。

また、取っ手が2つ搭載されているため、焙煎後の排出も簡単。分解しやすい構造を採用しており、お手入れも簡単にできます。おしゃれで使いやすい、おすすめのコーヒー焙煎機です。

カルディ(KALDI) 焙煎機

光沢のあるデザインがスタイリッシュな電動式のコーヒー焙煎機。外装やドラムにはステンレススチールが採用されており、高い耐久性が魅力です。バイメタルタイプの温度計が搭載されているので、コーヒー豆のリアルタイムの温度を把握できます。

斜めにセットされたドラムには2つのかくはん羽が搭載され、均一な焙煎が可能。上下にそれぞれ通風口が開けられているため、空気の循環が促され、効率的に内部を保温できます。焙煎時の騒音を低減できる設計なため、静かに使用できる点も魅力です。

コーヒー豆の投入時に便利な着脱式のホッパーが付属。チャフトレーも同梱されているため、キッチン周りを汚さずに焙煎できます。デザインを重視する方におすすめのコーヒー豆焙煎機です。

カルディ(KALDI) Coffee Roaster ミニサイズ

コンパクトな電動式のコーヒー焙煎機。直径3mmの穴が無数に開けられた、厚さ2mmのステンレススチール製のドラムを搭載しています。内部にはかくはん羽が搭載されており、ドラム自体の傾きと組み合わされたムラの少ない均一な焙煎が可能です。

密閉型の温度計を搭載。焙煎されているコーヒー豆の温度を数値で確認できるので、好みの煎り加減に調節しやすい点が魅力です。ドラムを支えるベアリングの位置が工夫されているため、焙煎時の騒音を低減し静かに作業を進められます。

ドラムや外部に作用されているステンレススチールは、耐腐食性に優れているため、長期間安心して使用可能。本体サイズが幅260×奥行240×高さ200mmとコンパクトなため、小型の焙煎機に興味がある方におすすめです。

コーヒー焙煎機のおすすめアイテム|自動式

パナソニック(Panasonic) The Roast

スマートフォンと連携できるコーヒー焙煎機。熱風でコーヒー豆を焙煎する方式を採用しています。チャフの分離機能も搭載。サイクロン技術を応用した仕組みによりチャフのみを自動で分離できるため、雑味の少ないコーヒー豆に仕上げられます。

iOS端末向けに用意された専用アプリをインストールすると、連携が可能。スマートフォンから本体にプロファイルを送信すると、自動で適した温度や風量を設定できます。焙煎状況もアプリから確認できるので、いつも安定したクオリティで焙煎可能です。

フジローヤル(FUJI ROYAL) 小型本格ロースター COFFEE DISCOVERY

By: fuji-royal.jp

本格的な焙煎を楽しめるコーヒー焙煎機。内部の温度をリアルタイムで小数点1桁まで表示できる温度計を内蔵しているため、微妙な温度変化にもすぐに気が付けます。指定した温度に達すると自動で消火するハイカット機能も搭載し、加熱しすぎを予防可能です。

単独排気ファンを搭載し、連続焙煎にも対応。タイマー機能もあるため、焙煎してからの時間を計測可能です。本格的な仕様ながら本体サイズは幅661×奥行き416×高さ706mmと縦に長いスリムな設計。都市ガス・プロパンガスの両方に対応します。

ブラックを基調とした高級感のあるデザインも魅力のひとつ。チャフコレクターや排気ファン、冷却モーターなど便利な機能を豊富に搭載しています。本格的な焙煎でワンランク上のコーヒーを楽しめる、おすすめのガス式コーヒー焙煎機です。

ジェネシス(GENESIS) コーヒーロースター Gene Cafe CBR-101A

最大約250gのコーヒー豆を焙煎できるコーヒー焙煎機。ドラムの外側にはクリアな強化ガラスが用いられているので、焙煎されているコーヒー豆の状態を目視で確認可能です。3D回転方式の採用によりコーヒー豆が均等に混ぜられ、ムラなく仕上がります。

チャフコレクターの搭載も特徴のひとつ。焙煎中に飛び散るチャフをまとめて集められるため、周囲を汚しません。ドラムも本体から取り外せるため、コーヒー豆の投入や取り出しが楽にでき、掃除やお手入れも簡単にできます。

液晶ディスプレイを搭載し、現在の温度と設定温度を交互に表示可能。ダイヤル操作で温度と時間を設定でき、温度は60~259℃までの間で1℃刻み、時間は6秒~30分まで6秒刻みで設定できます。

デジタル設定により毎回安定した焙煎ができる、おすすめのコーヒー焙煎機です。

オッティモ(OTTIMO) コーヒービーンロースター J-150CR

木目調のデザインがおしゃれなコーヒー焙煎機。本体上部にはドーム状のガラス蓋が搭載されているので、焙煎中に中身をチェック可能です。アフターバーナーが搭載されており焙煎中の煙を約90%カットできるため、自宅でも気軽に使えます。

最大150gのコーヒー豆を焙煎可能。焙煎時間はダイヤル操作で9段階から選択でき、温度もスタートボタンの長押しにより6段階で調節できます。焙煎時に発生したチャフは自動的にチャフ受けに溜まる構造なので、使用後には簡単にお手入れ可能です。

静音性の高いモーターを搭載。チャフ受けが正しく取り付けられていなかったり、蓋が閉まっていなかったりすると動作しない機能により、安全に使用できます。落ち着いたデザインのコーヒー焙煎機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ライソン(LITHON) ホームロースター RT-01 KLRT-001B

自宅でも手軽に焙煎が楽しめるコーヒー焙煎機。本体に搭載された2つのボタンにより、MEDI・DARKの2種類の煎り加減をワンタッチで選択可能です。カフェオレやレギュラー、アイスコーヒーなど、レシピに合わせて好みの焙煎度を選べます。

内部にはファンを内蔵。焙煎が終了するとに自動的にファンによる送風が開始されるので、余熱による焙煎の進みすぎを予防できます。温度や風量は搭載されたマイコンによって自動で制御されており、時間ごとに適切な温度で焙煎可能です。

蓋の中央が透明なガラスになっているので、焙煎中の様子を確認できます。焙煎中のチャフは熱風でチャフコンテナに集められるため、掃除の手間もかかりません。自宅で手軽に本格的なコーヒーが楽しめる、おすすめのコーヒー焙煎機です。

ダイニチ(DAINICHI) コーヒー豆焙煎機 カフェプロ101 MR-101

細かい設定が可能なコーヒー焙煎機。上下に電気ヒーターが搭載されムラなく均一に焙煎できる、ダブル焙煎方式を採用しています。上部には脱臭触媒も搭載。焙煎時の気になるニオイを低減できるので、自宅でも手軽に煎りたてのコーヒーを楽しめます。

本体に搭載されたボタンで、煎り加減を12段階から設定可能。好みの煎り加減を選択すれば自動で焙煎が開始されるので、温度や時間などの複雑な設定は必要ありません。完了後にコーヒー豆を取り出せば、すぐに次の焙煎が行える点も魅力です。

焙煎時間には冷却時間も含まれており、煎りすぎを予防可能。焙煎途中でも豆を取り出せるので、細かな煎り加減にまでこだわりたい方にもおすすめです。1回につき、120gの生コーヒー豆を投入できます。

Kacsoo コーヒーロースター

簡単に使えるコーヒー焙煎機です。鍋底にはフッ素樹脂加工が施されたハニカムポットを採用し、焦げ付きを予防しています。かくはんレバーが搭載されているので、コーヒー豆をまんべんなく均等に加熱し、ムラなく均一に焙煎可能です。

1度に焙煎できる豆の量は500g。温度は前面に搭載されたダイヤルにより、0~240℃の間で調節可能です。蓋は透明なガラス製のため、常に焙煎中のコーヒー豆の色や大きさを確認できるほか、通気口が搭載されており、香りもチェックできます。

コーヒー豆以外にも、大豆やピーナッツ、ポップコーン作りにも対応。価格がリーズナブルで、コストパフォーマンスにも優れています。シンプルで使い方もわかりやすいので、初心者の方におすすめのコーヒー焙煎機です。