コーヒー愛好家が一度は憧れる、コーヒー豆の自家焙煎。最近では、家庭でも気軽に焙煎できるコーヒー焙煎機が発売されています。

今回は、コーヒー焙煎機の選び方を説明したうえで、おすすめのアイテムをピックアップ。自分の目指す味に合ったコーヒー焙煎機を選んで、自宅で本格派コーヒーを楽しみましょう。

コーヒー焙煎機の選び方

焙煎方式で選ぶ

手動式

By: amazon.co.jp

手網などの容器にコーヒー豆を入れ、ガスコンロの上で振って焙煎を行うのが「手動式」タイプ。最も安価で気軽に焙煎できますが、火の入れ方にムラが出て、安定した味に仕上がるまでに、経験とコツが必要です。

また、コーヒー豆を入れる部分を手動で回転させて焙煎する、ドラム型の据え置きタイプもあります。ドラム型のほうが、手で振る方法よりも安定した焙煎が可能です。

電動式

By: amazon.co.jp

ガスコンロの上に置いてボタンを押すだけで、コーヒー豆が入っているドラムが回転し、均一に焙煎できる「電動式」。豆の状態を見て、火力や時間を自分で調節できるのがポイントです。

焙煎の手間を省きつつも、自家焙煎の雰囲気を十分楽しませてくれます。手動は大変だから避けたいけれど、自家焙煎の気分を味わいたい方におすすめです。

自動式

By: amazon.co.jp

焙煎時間や温度などを細かく設定でき、スイッチひとつですべて自動で行ってくれます。全自動なので失敗がなく、味にぶれのない安定した焙煎が可能です。手軽に、本格的な味を求めている方におすすめ。ただし、多機能だけあって高価なアイテムが多いので、購入前にしっかりと検討しましょう。

焙煎方式で選ぶ

ガス式

By: amazon.co.jp

ガス式のメリットは、豆の様子を見ながら自分で火力の調節ができ、好みの味に焙煎できること。自家焙煎ならではの豆が変化する過程を楽しめるので、コーヒー通におすすめしたい方法です。しかし、自分好みの味に仕上げやすい反面、焼きムラができ、安定した味に仕上げるには試行錯誤が必要になることもあります。

電気式

By: amazon.co.jp

電気式のメリットは、ボタンひとつで安定した焙煎が可能なこと。自動で焙煎が行えるので、いつでも安定した味を楽しめますが自家焙煎の醍醐味を感じにくいのが難点です。

「電気式」で安定した焙煎と手軽さを求めているのか、「ガス式」で手間はかかるが好みの味を極めるのか、自分に合った方式をチョイスしてみてください。

ガス+電気式

By: amazon.co.jp

ガス式と電気式のよいところを満たしたのが、ガスに当てながら電動で焙煎を行うタイプ。焙煎の過程を見ながら、火力を自分で調節できるうえ、自動で焙煎を行ってくれます。ただし、海外製品が多く、取扱説明書が外国語だったり、変圧器が必要になったりするケースがあるので注意が必要です。

その他機能をチェック

アフターバーナー

By: amazon.co.jp

自家焙煎で気になるのが、焙煎中に生じる煙。煙の排出を抑える「アフターバーナー機能」が付いているかも事前にチェックしておきたいポイントです。より快適な環境下で焙煎を行いたい方は、アフターバーナー機能が搭載しているモデルをチョイスするようにしましょう。

チャフコレクター(チャフトレー)

By: rakuten.co.jp

焙煎中に「チャフ」と呼ばれるコーヒーのカスが飛び散ってしまうのも、自家焙煎の難点。せっかくお気に入りのコーヒー焙煎機を購入しても、キッチン回りが汚れて掃除が大変となると、出番も少なくなってしまいます。

チャフが飛沫しにくい構造のモデルや、チャフトレーが付属しているモノだと、お手入れが簡単でおすすめです。

焙煎量をチェック

By: panasonic.jp

一度に焙煎できる量が、少量だと50g、大容量のタイプだと600gくらいまでと、さまざまな焙煎量のコーヒー焙煎機が発売されています。自宅で使うので、さほど大容量は必要ありませんが、あまりにも少量ずつだと頻繁に焙煎しなければなりません。個人差もありますが、家庭用だと200g前後の容量のタイプだとちょうどよいサイズです。

本体サイズをチェック

By: amazon.co.jp

手動タイプは手で振り続けたり、換気扇の下やガス台に移動して使ったりするので、軽くて取り回しやすいモノがおすすめ。また、使わないときの収納スペースを考えて、省スペース設計のタイプを選びましょう。

軽量コンパクトで持ち運びが簡単だと、自宅だけなくキャンプなどのアウトドアシーンでも自家焙煎が楽しめます。

コーヒー焙煎機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

プロの焙煎を自宅で再現できる、高性能でコンパクトな電動式のコーヒー焙煎機をラインナップしています。同ブランドのコーヒー焙煎機は、スマホと専用アプリを連動して焙煎状況を確認できるなど、使い勝手に優れているのが特徴。

忙しい毎日のなかでも、自家焙煎をして美味しいコーヒーを飲みたい方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

ライソン(LITHON)

By: rakuten.co.jp

簡単な操作で、おしゃれなデザインのコーヒー焙煎機を製造しているライソン。焙煎終了後、予熱で焙煎が進むのを防ぐ「冷却モード」を搭載したり、チャフの掃除が簡単な構造を取り入れたりと、使い勝手に優れたコーヒー焙煎機を製造販売しています。デザイン重視の方は、チェックしておきたいブランドです。

カルディ(KALDI)

By: amazon.co.jp

コーヒーと輸入食品を取り扱い、全国的に人気のカルディ。コーヒーを専門に取り扱っているブランドゆえに、自家焙煎初心者から上級者向けまで幅広い層に対応したコーヒー焙煎機を多数ラインナップしています。日本語に対応したマニュアルが付属しているのも心強いポイントです。

コーヒー焙煎機のおすすめアイテム|手動式

ハリオ(HARIO) コーヒーロースター レトロ RCR-50

ハリオ(HARIO) コーヒーロースター レトロ RCR-50

ドラム部分に耐熱ガラスを採用し、アルコールランプなどの熱源を使って自家焙煎を楽しめるアイテム。ツマミは温かみのある天然木で、その名の通り、レトロな雰囲気を醸し出しているおしゃれなコーヒー焙煎機です。

一度に50gの生豆を焙煎でき、1~2人分向け。アルコールランプの揺れる炎を見ながら、ゆっくりと自家焙煎を楽しみたい方におすすめです。

コッタ(Cotta) 手動コーヒー焙煎機

コッタ(Cotta) 手動コーヒー焙煎機

スタイリッシュなデザインが人気のコーヒー焙煎機。アルコールランプを使うタイプで、シンプルな構造で扱いやすいのが特徴です。

本体サイズが16.2×21.2×14.5cmとコンパクトなのも嬉しいポイント。カラカラとコーヒー豆が回る音を楽しみながら、自家焙煎の雰囲気を存分に楽しめます。ただし、チャフが周りに飛ぶのでお掃除が大変な点は留意しておきましょう。

高儀(Takagi) カフェパン

高儀(Takagi) カフェパン

日本製の手動タイプのコーヒー焙煎機です。約50gのコーヒー豆が入り、1~2人分の焙煎にぴったり。軽量コンパクトで扱いやすいほか、フタ付きで中身が飛び出さないのもポイントです。フタは網なので、コーヒー豆が変化する様子が楽しめ、ガスで火を調節しながら自分好みの味に仕上げられます。

食洗器に対応しているため、お手入れが簡単なのも魅力のひとつ。少量タイプを探している方や、アウトドアでも使えるコーヒー焙煎機を探している方におすすめです。

パルシック 煎り上手

パルシック 煎り上手

コーヒー豆を入れて、ガスコンロで3~5分振るだけで、美味しく自家焙煎ができるアイテム。焼きムラを軽減する構造で、初心者におすすめの手動式コーヒー焙煎機です。

一度に5〜6人分の焙煎ができ、家庭用にちょうどよいサイズ。240gと軽量のため、女性でも扱いやすいのがポイントです。また、丸洗いもでき、先端のフタは取り外して掃除可能なので、コーヒーのカスが混じることなく雑味のない味に仕上げます。

コーヒースプーンと東ティモール産の有機コーヒー生豆が付属しているのも魅力。コーヒーが好きな方へのプレゼントにも最適です。

新越ワークス(Shin-works) 丸型ギンナン煎り BGV08

新越ワークス(Shin-works) 丸型ギンナン煎り BGV08

コーヒー豆も美味しく焙煎でき、家庭で使うのにちょうどよいサイズ。本体は270gと軽量なほか、取っ手は天然木のため熱くなりにくく、毎日の取り回しにストレスを感じさせないアイテムです。

価格もリーズナブルなので、はじめて自家焙煎にチャレンジしたい方におすすめ。気軽に持ち運べるので、キャンプなどのアウトドアシーンでも自家焙煎が楽しめます。

コーヒー焙煎機のおすすめアイテム|電動式

KALDI (カルディ) コーヒーロースター

KALDI (カルディ) コーヒーロースター

手動タイプからワンランクアップしたい方におすすめの電動式コーヒー焙煎機です。ガス台の上に置いて使用し、撹拌だけ自動化したタイプ。焙煎具合を確認しながら火力を自分でコントロールできるため、好みのローストに仕上げることが可能です。ドラムには耐久性に優れた2mmのステンレスを採用しているほか、2つの撹拌羽根と斜めのドラム設計で煎りムラが少なく、均一な焙煎ができます。

本体のほか、温度計・ホッパー・サンプラー・チャフコレクターが付属しているので、すぐに自家焙煎にチャレンジできるのも嬉しいポイント。また、日本語のマニュアルもあるので安心して使用できます。容量は最大250gまで。自家焙煎を極めたい方におすすめのコーヒー焙煎機です。

KALDI (カルディ) コーヒーロースターミニサイズ

KALDI (カルディ) コーヒーロースターミニサイズ

本体が、幅26×奥行24×高さ20cmとコンパクトサイズが特徴のコーヒー焙煎機。ガスなどの直火に当てて焙煎しつつ、ドラムの回転を自動で回すタイプで、手動式よりも手間がかからず、安定した焙煎が可能です。

焙煎温度が確認できる温度計・サンプラー・ホッパーが付属しているのも嬉しいポイント。日本語のマニュアルもあるので安心して使えます。また、電動式ながら、比較的リーズナブルな価格も大きな魅力。コンパクトでコスパの高いコーヒー焙煎機を探している方におすすめです。一度に最大250g焙煎できます。

ボボ(BOBO) コーヒー焙煎機

ボボ(BOBO) コーヒー焙煎機

ガス火で焙煎し、スタートボタンを押せばドラムが自動で回転するタイプです。丈夫なステンレス製で、焼きムラが少なく安定した焙煎が可能。一度に最大250g焙煎でき、チャフトレーも付属しているため、後片付けも簡単です。

リーズナブルな価格も嬉しいポイント。気軽に購入できる価格帯なので、手動タイプをひと通り楽しんで、次のステップとして電動式の焙煎機に移行したい方におすすめです。

フジローヤル 小型本格ロースターCOFFEE DISCOVERY

フジローヤル 小型本格ロースターCOFFEE DISCOVERY

ゴールドの外観が高級感あふれる、ハイスペックな家庭用コーヒー焙煎機。冷却機能・小数点単位での詳細な温度表示・タイマー・単独排気ファン・微調整バルブ・高性能ガス圧計など、コーヒー焙煎機に必要な機能が凝縮されたアイテムです。

幅が35.6cmの縦型設計で、収納スペースをとらないのも嬉しいポイント。小型であるにも関わらず本格的な機能を備え、上級者におすすめしたいコーヒー焙煎機です。

コーヒー焙煎機のおすすめアイテム|自動式

パナソニック(Panasonic) The Roast

パナソニック(Panasonic) The Roast

熱風温度や風量をきめ細かく設定でき、ムラのない焙煎が可能なコーヒー焙煎機。チャフを自動で取り除く最新技術を搭載し、雑味のないまろやかな味の焙煎が可能です。

同ブランドは、コーヒー焙煎機本体と、厳選されたコーヒー生豆を毎月セットで届ける「The Roast Basic」サービスを展開しています。専用アプリをインストールすれば、スマホとの連動も可能。コーヒー豆に合った焙煎工程(プロファイル)を本体に送信したり焙煎状況もスマホ上で確認できたりと、利便性に優れているのが特徴です。

忙しい毎日でも、コーヒーの味に妥協せず、自家焙煎にこだわってみたい方はぜひチェックしてみてください。

ライソン(LITHON) コーヒー焙煎機 RT-01

ライソン(LITHON) コーヒー焙煎機 RT-01

コーヒー豆を入れてボタンを押すだけの簡単操作で、いつでも焙煎したての新鮮なコーヒーが楽しめるアイテム。温度と風量を自動で調節し、ムラのない精度の高い焙煎が可能。一度に焙煎できる量は40~60gです。

焙煎終了後の熱で、焙煎が進んでしまうのを防ぐ「冷却モード」を搭載しているのが特徴。焙煎が終わったら、自動的に送風モードに切り替わり、コーヒー豆を冷却します。また、効率よくチャフを集める「チャフコンテナ」も付属しているので、後片付けも楽です。

手動式のように振ったり、焙煎後にうちわで仰いだりする手間は必要なく、ボタン操作ですべてを行ってくれるコーヒー焙煎機。もっと手軽に自家焙煎をしたい方におすすめです。

アイコーヒー(iCOFFEE) コーヒーロースター

アイコーヒー(iCOFFEE) コーヒーロースター

焙煎時間を9段階にセットでき、初心者でも簡単に本格的な味が楽しめるアイテム。ドーム型のガラス製のフタから焙煎状況が確認でき、自分の好みに合ったローストが可能です。また、稼働中は自動的にロックがかり、安全面にもしっかり配慮されています。

最大の特徴は焙煎中に生じる煙を80〜90%削除できる「アフターバーナー機能」を搭載していること。煙が少ないコーヒー焙煎機を探している方は、ぜひ検討してみてください。

YZHDQ 電動コーヒー焙煎機

YZHDQ 電動コーヒー焙煎機

変圧器を必要とせず、国内で安心して使える日本仕様のコーヒー焙煎機。ダイヤル操作で細かく温度を設定でき、焼きムラの少ない安定した仕上がりです。ガラス製のフタで、コーヒー豆の変化が楽しめるうえチャフも飛ばず、後片付けが簡単なのも魅力です。

内部はテフロンコーティングが施され、汚れが付きにくく、お手入れも楽。価格もリーズナブルなので、コストパフォーマンスに優れたコーヒー焙煎機を探している方におすすめです。一度に最大500g焙煎できます。

ジェネカフェ(Gene Cafe) コーヒーロースターCBR-101A

ジェネカフェ(Gene Cafe) コーヒーロースターCBR-101A

最先端の「3D回転方式」を採用しているため、コーヒー豆がうまく混ざり合い完成度の高い焙煎が可能なアイテム。温度は60~250℃まで1℃刻みで設定できるほか、時間も6秒から30分間まで6秒単位で設定でき、細かなニーズにも応えられる仕様です。

耐熱ガラス製のドラムは取り外しが可能なので、豆の出し入れもしやすく、お手入れしやすいのもポイント。また、チャフコレクターも付属しているため、焙煎後の後片付けも楽です。自家焙煎にとことんこだわりたい方は、この機会にぜひチェックしてみてください。一度に焙煎できる量は、最大250gです。

ダイニチ(Dainichi) コーヒー豆焙煎機 カフェプロ101

ダイニチ(Dainichi) コーヒー豆焙煎機 カフェプロ101

コーヒー焙煎機の多くは外国製ですが、日本製の焙煎機です。取り扱い説明書もわかりやすく、充実したサポートが受けられるのもポイント。高さ37.5×幅25×奥行26.5cmのコンパクト設計で、プロ仕様の焙煎を可能にします。

焙煎窯は、上下から電気ヒーターでゆっくりと熱を加える「ダブル焙煎方式」を採用。ムラがなく、均一した焙煎に仕上がります。焙煎具合は細かく12段階に設定でき、浅煎りから深煎りまで、ボタン操作ひとつで設定可能。焙煎が終わると自動で冷却する機能も有しているので、美味しさのタイミングを逃しません。

1回の焙煎量は120gですが、連続焙煎も可能なので一度に大量のコーヒー豆が焙煎できます。簡単な操作で、レベルの高い焙煎ができるモノを探している方や、日本製のコーヒー焙煎機を求めている方におすすめです。