コーヒーのハンドドリップに大きな影響を与える「コーヒードリッパー」。各メーカーからさまざまな製品がラインナップされており、それぞれ抽出しやすいコーヒーの味わいや、使用されている素材の特性により使い勝手が異なります。

そのため、味の好みや自身の使い方に適した製品を選ぶのが大切です。今回は選ぶ際のポイントと共におすすめのコーヒードリッパーを厳選してご紹介します。

コーヒードリッパーの選び方

形状で選ぶ

台形タイプ

By: amazon.co.jp

台形タイプのコーヒードリッパーは、お湯が広範囲にしっかりと浸透してからコーヒーが抽出されるため、コク深い味わいを楽しみたい方におすすめ。製品によって1〜3個の穴が設けられており、穴の数もコーヒーの味わいを左右するポイントです。

基本的には穴の数が少ないと濃いめに、多いと薄めのコーヒーに仕上がります。穴の数や大きさによって抽出時間が変わるので、好みの味わいに合わせて適した製品を選びましょう。

ほかには、リブと呼ばれるコーヒードリッパーの内側に設けられた溝も重要です。リブがお湯の流れを調節するため、コーヒーの抽出時間に影響を与えます。すっきりとした味わいならリブなしのタイプ、しっかりとした味わいならリブがしっかりと設けられたタイプをチェックしてみてください。

円錐タイプ

By: amazon.co.jp

円錐タイプのコーヒードリッパーはお湯がストレートに流れて落ちるため、すっきりとした味わいが好きな方におすすめ。コーヒー粉の厚みができるので、もれなく成分を抽出できるのも特徴です。

円錐の頂点部に大きめの穴が1つ設けられており、お湯が落ちやすいのであっさりとした味わいに仕上がりやすいのもポイント。リブは直線タイプとスパイラルタイプの2種類が主流で、メーカーによって異なります。比較的扱いやすいので初心者の方にもおすすめです。

フィルターの種類で選ぶ

ペーパーフィルター

By: amazon.co.jp

ペーパーフィルターはもっとも一般的なタイプであり、使い捨てで手軽に使えるのが魅力です。紙にコーヒーの油分が染み込むので、ステンレスフィルターよりすっきりとした味わいを楽しめます。

台形タイプと円錐タイプの形状に応じて選ぶ必要があり、台形タイプのペーパーフィルターは比較的入手が容易です。しかし、円錐タイプやリブのないコーヒードリッパー用のウェーブタイプは小さな売り場では売っていない場合もあります。

また、円錐タイプやウェーブタイプはやや価格も高めです。そのため、気軽にコーヒーを淹れたい方は台形タイプのコーヒードリッパーとペーパーフィルターを併用する方法を検討してみましょう。

ステンレスフィルター

By: amazon.co.jp

ステンレスフィルターは使用後に洗うことで何度でも繰り返し使用できます。ゴミが出ないためエコであり、フィルターを買う手間がないのもメリット。金属ならではのスタイリッシュなデザインも人気です。

ペーパーフィルターと異なりコーヒーの油分がそのまま抽出されるので、豆の旨味やコクをダイレクトに味わえます。そのため、しっかりとした味わいが好きな方におすすめです。

ただし、使用後はステンレスのメッシュに粉が残らないようしっかり洗い乾燥させる必要があります。また、コーヒーを淹れる際に微粉と呼ばれるコーヒーの微小な粉まで抽出される場合もあるので、ざらつきを感じる飲み口が苦手な方は注意が必要です。

素材で選ぶ

陶器製

By: amazon.co.jp

陶器製のコーヒードリッパーはもっとも一般的なモデルで、お手頃価格で入手しやすいのが魅力です。割れや欠けに気をつける必要はありますが、耐久性が高く長期間使える上、程よい重みがあるので使用時の安定性にも優れています。

コーヒーを淹れる際は本体の温度が低くなっているため、一度お湯をかけて温めてから使うのがおすすめ。保温性がよいので一定の温度でコーヒーを抽出できます。

製品の種類も豊富であり、重厚感のある見た目もポイント。機能性やデザイン性、コストといったさまざまな点でバランスのよい素材です。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製のコーヒードリッパーは、軽量で割れる恐れもないためもっとも気軽に扱えるのがメリット。リーズナブルな製品も多く販売されているため、ハンドドリップ初心者の方や、コーヒーを淹れる頻度が低いという方におすすめです。

台形や円錐といった形状別に複数のコーヒードリッパーを用意したいという方も、プラスチック製ならコストを抑えて入手できます。デメリットは保温性が低く、ドリップの際にコーヒーが冷めやすい点。また、長期間使い続けると劣化して割れる場合もあるので、定期的な買い替えが必要であることを頭に入れておきましょう。

ガラス製

By: amazon.co.jp

ガラス製のコーヒードリッパーは、ガラスならではの繊細で美しいデザインを楽しめるのが魅力です。割れやすい素材なので取り扱いには注意が必要ですが、耐久性に優れているため長期間使用できます。

ただし、陶器製と同じく冷めやすい素材なので、使用前にはお湯でしっかりと温めてからコーヒーを抽出しましょう。コーヒーを淹れる際の雰囲気や、インテリアとしても映えるデザイン性を重視する方は、ぜひガラス製をチェックしてみてください。

金属製

By: amazon.co.jp

金属製のコーヒードリッパーは、熱伝導率が高く一定の温度でコーヒーを抽出できるのがポイントです。ハンドドリップで蒸らしを行う際に本体が冷めにくいので、コーヒーをおいしく淹れられます。

陶器製やガラス製のように割れたり、プラスチック製のようにヒビが入ったりする恐れがないため長期間愛用できるのもメリット。コーヒーを淹れる頻度の高い方にもおすすめです。

また、モダンな雰囲気のステンレス製や、使い込むと風合いが増す銅製など、デザイン性にも優れています。デメリットはほかの素材と比べ価格が高めである点。コーヒーを本格的に楽しみたい方は、ぜひ候補に入れてみてください。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒードリッパーを選ぶにあたり、サイズは重要なポイントです。コーヒードリッパーのサイズは人数分や杯数分で表示されるので、一度にコーヒーを何杯分淹れたいのかを想定し、使いやすいサイズのモノを選びましょう。

サイズは小さな1〜2人用のほかに、一回り大きな1〜4人用や2〜4人用などの製品が存在します。メーカーによって表記はやや異なるものの、同じモデルで2段階にサイズ展開している場合が一般的です。

コーヒーを淹れる杯数に対しサイズが小さすぎると、数回に分けて淹れる必要があるため手間がかかります。反対に、大きすぎると少量のコーヒーを淹れにくく感じる恐れもあるので、しっかりとチェックしてみてください。

また、ペーパーフィルターでコーヒーを淹れる場合は、コーヒードリッパーと同じサイズのフィルターを購入しましょう。特に、台形タイプはサイズが違うと使えなくなってしまうので注意してください。

コーヒードリッパーのおすすめメーカー

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーであり、高品質なコーヒー器具を製造していることで有名です。ハリオのコーヒードリッパーは円錐タイプのV60が有名で、世界中のバリスタに愛用されています。

内側にはらせん状のスパイラルリブが設けられており、効率よくコーヒーを抽出できるのが特徴。円錐タイプのコーヒードリッパーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

メリタ(Melitta)

By: amazon.co.jp

メリタはコーヒー機器の総合メーカーです。1908年にドイツで創業して以来、改良を繰り返しながら優れたコーヒードリッパーを多数製造してきました。メリタのコーヒードリッパーは台形タイプで、リブが直線状に設けられています。

独自の研究開発により1つ穴式を採用しているのも特徴。一度にお湯を注ぐことが可能であり、正確な時間でコーヒーを抽出できるよう設計されています。老舗メーカーによるスタンダードなコーヒードリッパーを探している方におすすめです。

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

カリタは日本の大手コーヒー機器総合メーカーです。コーヒードリッパーやコーヒーミル、ドリップポットなど豊富なコーヒー機器を製造しており、その優れた性能から国内外で高く評価されています。

カリタのコーヒードリッパーは直線のリブが設けられた台形タイプで、穴の数を3つに設計しているのが特徴。日本の軟水はコーヒーの成分が抽出されやすいと言われており、3つ穴にすることでお湯が早く落ちて適度な濃さのコーヒーを淹れられます。

そのため、台形タイプのコーヒードリッパーはカリタ製を愛用している方も多く、初心者の方にもおすすめ。コーヒードリッパーだけでなくドリップポットなどのコーヒー機器も展開しているため、一つのメーカーで器具をそろえたい方にもおすすめです。

コーノ(KONO)

By: amazon.co.jp

コーノは円錐タイプのコーヒードリッパーを探している方におすすめのブランドです。1925年に日本で創業した珈琲サイフオン株式会社によるコーヒードリッパーであり、コーヒー愛飲家の間で長い間支持されてきました。

コーノのコーヒードリッパーは同じ円錐タイプのハリオに比べ穴が小さく、本体の下部にのみ直線のリブが設けられているのが特徴。上部にリブがないことで抽出速度が遅くなるため、コクのある味わいが楽しめます。ネルドリップのようなコーヒーが好きな方におすすめです。

コーヒードリッパーのおすすめ

ハリオ(HARIO) V60透過ドリッパー02クリア VD-02T

ハリオ(HARIO) V60透過ドリッパー02クリア VD-02T

円錐タイプの名品として高く評価されているコーヒードリッパーです。世界中でプロに愛用されているモデルであり、コーヒー初心者から上級者まで幅広い方におすすめ。その優れたデザインから2007年のグッドデザイン賞も受賞しています。

円錐タイプなので縦にコーヒー粉の層ができ、注いだお湯が円錐の頂点へと流れることでコーヒー豆の旨味と香りをしっかり抽出できるのが特徴。お湯の注ぎ方次第で味わいや濃さを調節できます。

らせん状のスパイラルリブがペーパーフィルターとコーヒードリッパーの間に空間を作るので、コーヒー粉がしっかりと膨らみスムーズに抽出できるのもポイント。本製品は扱いやすいプラスチック製で、食洗機にも対応しているため簡単にお手入れを行えます。

サイズは使いやすい1〜4杯用ですが、ほかに1〜2杯用や1〜6杯用もラインナップされています。円錐タイプのコーヒードリッパーとして、ぜひチェックしてもらいたいおすすめモデルです。

ハリオ(HARIO) V60透過ドリッパー02セラミックW VDC-02W

ハリオ(HARIO) V60透過ドリッパー02セラミックW VDC-02W

ハリオの名作「V60」の陶器製モデルです。長い歴史を誇る有田焼きの製法を利用しており、1つ1つ職人の手によって製造されています。陶器ならではの優れた保温性や、重厚感のある質感が魅力です。

また、食洗機に対応しているため容易に洗えるのもメリット。本製品は1〜4杯用ですが、一回り小さな1〜2杯用も販売されています。陶器製の円錐タイプを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) V60カパードリッパー VDP-02CP

ハリオ(HARIO) V60カパードリッパー VDP-02CP

「V60」の金属製モデルです。本体部分には銅、取っ手部分には真鍮を使用しています。金属製なので熱伝導率に優れており、抽出時に素早く温まるためコーヒーを一定の温度でおいしく淹れられるのが魅力です。

耐久性が高く長期に渡って使用でき、使うほどに銅独特の風合いが増すのもポイント。銅ならではの質感や取っ手の優雅なデザインにより、アンティークな雰囲気も楽しめます。サイズは使い勝手のよい1〜4杯用。機能性とデザイン性の両方に優れたおすすめ製品です。

メリタ(Melitta) アロマフィルター AF-M 1×2

メリタ(Melitta) アロマフィルター AF-M 1×2

台形タイプの人気コーヒードリッパーです。プラスチック製なので気軽に取り扱える上、価格もリーズナブルなのでハンドドリップ初心者の方にもおすすめ。メリタ独自の1つ穴方式により正確な時間でコーヒーを抽出できるので、毎回好みの味わいを再現できます。

コーヒー粉をしっかりと蒸らせるように、穴の位置がやや高めに設計されているのも特徴。より深くコーヒー豆の香りを引き出せます。

本製品のサイズは2〜4杯用で、本体に杯数の目盛りが記されているのもポイント。抽出する際、ペーパーフィルター越しに目盛りを参考にすることで、正確な量のコーヒーを淹れられます。プラスチック製の台形タイプとしておすすめの製品です。

メリタ(Melitta) 陶器フィルター SF-T 1×2

メリタ(Melitta) 陶器フィルター SF-T 1×2

メリタによる台形タイプのロングセラー製品です。1919年の登場以来多くの人に愛用されてきたモデルで、陶器ならではのナチュラルなオフホワイトと温かみのある質感が魅力。ベーシックな陶器製の台形タイプを探している方におすすめです。

流体力学に基づいたフィルター角度とリブにより、効率よくコーヒーを抽出できるのもメリット。毎回一定の味わいを再現できる、メリタこだわりの1つ穴方式も採用しています。

本製品のサイズは2〜4杯用ですが一回り小さな1〜2杯用も販売されているので、自分に適したモノを選べるのもポイント。台形タイプのコーヒードリッパーを探している方はぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) 102-ロト

カリタ(Kalita) 102-ロト

カリタによる台形タイプのロングセラー製品です。日本の水質に合わせた独自の3つ穴式を採用しており、コーヒーの雑味が出る前においしい部分のみを抽出できるのが特徴。ベーシックな台形タイプのコーヒードリッパーを探している方におすすめです。

素材は保温性に優れる陶器製で、複数のカラーから好みのモノを選べます。サイズは2〜4人用であり、初めて台形タイプを使う方にもおすすめの製品です。

カリタ(Kalita) ウェーブドリッパー155

カリタ(Kalita) ウェーブドリッパー155

リブなしタイプの円錐型コーヒードリッパーです。専用のウェーブペーパーフィルターと併用すると、お湯が均一に馴染みやすいので味ムラの少ないコーヒーを楽しめます。ステンレス製で頑丈なため、アウトドアにもおすすめです。

円錐タイプでありながらカリタ独自の3つ穴式を採用しており、雑味の少ないコーヒーを淹れられます。サイズはコンパクトな1〜2人用です。リブなしタイプの人気製品を探している方はぜひ検討してみてください。

E-PRANCE コーヒードリッパーステンレスフィルター

E-PRANCE コーヒードリッパーステンレスフィルター

ステンレスフィルタータイプの人気コーヒードリッパーです。ペーパーフィルターを用意する手間がなく、ステンレスなので手軽に扱えて長く愛用できるのがメリット。ステンレスの二重メッシュを採用しており、目詰まりしにくくコーヒーを抽出しやすい製品です。

サイズは使い勝手のよい1〜4杯用。豆の持つ味わいをダイレクトに楽しめるおすすめ製品です。

コーノ(KONO) 名門2人用ドリッパーセット MDN-20

コーノ(KONO) 名門2人用ドリッパーセット MDN-20

円錐タイプの名作として有名なコーヒードリッパーです。サーバーやペーパーフィルターがセットになっているため、入手してすぐにハンドドリップを行えます。コーヒードリッパーはプラスチック製で、手軽に扱えるのも魅力です。

サイズは2人用なので、二人暮らしの方はもちろん、一人暮らしの方にもおすすめ。もう一回り大きな4人用も販売されています。ネルドリップのような味わいを楽しみたい方は、ぜひ候補に入れてみてください。

ハリオ(HARIO) V60オリーブウッドスタンドセット VSS-1206-OV

ハリオ(HARIO) V60オリーブウッドスタンドセット VSS-1206-OV

天然木の風合いがおしゃれなスタンドとコーヒードリッパーのセットです。オリーブウッドの美しい木目が魅力で、ナチュラルな雰囲気を楽しみながらコーヒーを淹れられます。インテリアとしても映えるコーヒードリッパーを探している方におすすめです。

コーヒードリッパーとスタンドのほかに、サーバー・ペーパーフィルター・スプーンが付属しており、コーヒー器具をまとめて揃えられるのもメリット。コーヒードリッパーとサーバーはスタイリッシュなデザインの耐熱ガラス製で、安心して熱湯でコーヒーを抽出できます。

サイズはベーシックな1〜4杯用です。デザイン性に優れたガラス製のコーヒードリッパーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。