クセのない、すっきりとした酸味とほどよい苦味で飲みやすい「ハワイ産コーヒー」。等級の違いのほかに、ストレート・ブレンド・フレーバーつきなど、さまざまな商品があるため、選ぶのに迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ハワイ産コーヒーのおすすめ商品と選び方をご紹介。上質なモノから手軽に飲めるモノまで、幅広く取りそろえています。自分の好みに合わせて選んでみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ハワイ産コーヒーの特徴

アメリカで唯一のコーヒー生産地

ハワイ州は、アメリカで唯一コーヒー豆を栽培している土地です。ハワイは、8つの島と120以上の小島が連なっている地域。コーヒーベルトと呼ばれるコーヒー豆栽培に適した地域に属しており、気候・土壌などの環境の条件がそろっています。

良質なコーヒーを収穫できるのが魅力。ハワイ産のコーヒーの品種は、カウ地区で栽培された「カウコーヒー」やコナ地区で栽培された「コナコーヒー」などが有名です。

世界三大コーヒーのコナコーヒー

コナコーヒーは、コナ地区で栽培されているハワイ産コーヒーです。タンザニア産「キリマンジャロ」・ジャマイカ産「ブルーマウンテン」と並ぶ、世界三大コーヒーのひとつ。コナコーヒーは、コーヒー豆の総収穫量の0.1%以下と、希少価値が高い品種です。

水はけのよい土壌・おだやかな気候に加え、適度な降雨による恵まれた天候で育てられています。ハワイコナは、平形で大粒のコーヒー豆。生豆はロウ味がかった緑色の見た目をしています。

ハワイ産コーヒーの味わい

ハワイ産コーヒーは、すっきりとしたフルーツのような酸味が特徴です。クセや強い苦味がなく、飲みやすいのが魅力。軽やかな後味を感じられます。やわらかな口当たりで、芳醇な甘い香りを堪能できるのがポイントです。

高級コーヒーならではの上品な味わいを楽しめます。リッチな気分を味わいたいときや、目上の方をもてなすときにもおすすめです。

ハワイ産コーヒーの選び方

等級で選ぶ

ハワイ産コーヒーは、エクストラファンシー・ファンシー・No.1・セレクト・プライムと等級順に分けられます。エクストラファンシーが一番高く、プライムが一番下の等級です。コナコーヒーの場合は、一番下の等級であるプライムまでが「ハワイコナコーヒー」と認められています。

ハワイでは、コーヒーの品質を守るために厳しい検査を実施。豆のサイズ・欠点豆の数の少なさ・豆の水分量などによって5つの等級に分けています。粒の大きいコーヒー豆ほど完熟度が高く、より味わい深いのがポイント。より美味しく、品質の高いモノを求める方は、等級の高さにも着目してください。

ストレートかブレンドで選ぶ

コナコーヒー100%のストレート

By: amazon.co.jp

コナコーヒー100%のストレートは、コナコーヒー本来の味わいを楽しめます。コーヒーの品質を守るために厳しい検査を行っており、品質の高さが特徴。ただし、コナコーヒーは、世界中のコーヒー豆の総収穫量の0.1%以下のため、希少な品種です。

価格は、ブレンドより高めに設定されています。本格的な味わいを楽しみたい方は、コナコーヒー100%のストレートを選んでみてください。

手軽にコナコーヒーを楽しむならブレンド

By: amazon.co.jp

コナコーヒーを手軽に楽しむならブレンドがおすすめです。ハワイ州の規定では、コナを10%以上使用していれば、「コナ・ブレンド」と認められます。日本で定められている公正競争規約では、レギュラーコーヒーやインスタント豆の場合、コナコーヒーを30%以上使用していれば、「コナ・ブレンド」として販売可能です。

ブレンドはストレートに比べ、リーズナブルな価格で購入できるのがポイント。コナコーヒーの風味をより堪能したい方は、コナコーヒーの配合率が高いモノを選んでみてください。

焙煎度合いで選ぶ

ハワイ産コーヒーは、コーヒー豆の焙煎度合いによって味が異なります。ハワイ産のなかでも有名なコナコーヒーの場合は、ミディアムローストからシティローストがおすすめです。

ただし、深煎りしすぎていると、苦味が強調されてハワイコナ特有の芳醇な甘い香りが飛ぶ傾向があり、一方で浅すぎる焙煎では、コナ本来のさわやかな酸味が強い傾向があります。好みの豆の煎り具合で、ハワイ産コーヒーを選んでみてください。

ハワイ産コーヒーのおすすめ

ロイヤルコナコーヒー ドリップバッグ お試しセット

ロイヤルコナコーヒー ドリップバッグ お試しセット

コナが10%入ったブレンドタイプのハワイ産コーヒーです。メイプルカプチーノ・バニラマカダミアナッツ・チョコレートマカダミアナッツの3種類が入っています。「メイプルカプチーノ」は、とろけるような濃密な甘さのメイプルの香りが特徴。こんがりとしたカプチーノ仕立てにしています。

「バニラマカダミアナッツ」は、香ばしいマカダミアナッツとまろやかなハワイコナの上品なマリアージュを感じられるのが魅力です。バニラの心地よい香りを堪能できます。「チョコレートマカダミアナッツ」は、ビターな味わいと深みのあるコク。チョコレートの甘美な香りとのコントラストを楽しめます。

ハワイのトップブランドコーヒーブランドの商品です。内容は、1個あたり10g。個包装で、10杯分入っています。ドリップバッグなので、手軽に楽しめるのもポイント。さまざまなフレーバーを飲み比べしたい方におすすめのハワイ産コーヒーです。

日本ヒルスコーヒー ヒルス ハーモニアス ハワイコナブレンド

日本ヒルスコーヒー ヒルス ハーモニアス ハワイコナブレンド

さわやかな酸味とやわらかなコクを楽しめる、ハワイ産コーヒーです。ハワイ島ファラライ山とマウナロア山の西側で栽培されたコナコーヒーと、ブラジル産などのアラビカ豆100%をブレンド。地球環境保全に貢献している、レインフォレスト・アライアンス認証を受けた農園で収穫されたモノを使用しています。

特殊なパックに入っており、炒りたて・挽きたての味わいを長時間楽しめる商品です。賞味期限は、製造日より12ヵ月。1袋に130g入っています。粉タイプなので、お湯を注いでそのままドリップ可能。コナコーヒーを中心とした個性的な味わいを堪能したい方におすすめのハワイ産コーヒーです。

bears coffee ハワイコナ エクストラファンシー

bears coffee ハワイコナ エクストラファンシー

花のような甘い魅惑的なアロマを感じられる、ハワイ産コーヒーです。ハワイ州政府の厳密な管理のもとで精製されており、高品質なのが特徴。等級は、エクストラファンシーです。コーヒー一筋に励んできた創業40年弱のロースターによる本格的な味わいを堪能できます。

ほどよい苦味とコクに加え、やわらかな酸味を感じられるのが魅力。ウォッシュドで精製処理しています。1袋200g入り。豆の状態で届きます。ハワイ産コーヒーのなかでも高級なモノを探している方におすすめです。

ハワイセレクション(Hawaii Selection) 100%粉コーヒー フリーズドライ インスタント

ハワイセレクション(Hawaii Selection) 100%粉コーヒー フリーズドライ インスタント

100%コナコーヒーを手軽に味わえる、ハワイ産コーヒーです。ハワイ島の人気ロースターの手法を用いて、フリーズドライ製法で仕上げています。苦味が少なく、さわやかでフルーティーな味わいが魅力。コナコーヒー本来の風味を堪能できます。

内容量は、1瓶あたり42.52gです。約33杯分。マグカップの場合、約2g分にあたるティースプーン山盛り1杯にお湯を200ml入れるのが目安です。六角形の瓶に入っており、ギフトにも適しています。やさしい香りで、ひと息つきたいときにおすすめのハワイ産コーヒーです。

ハワイアンパラダイスコーヒー(Hawaiian Paradise Coffee) 10%コナ

ハワイアンパラダイスコーヒー(Hawaiian Paradise Coffee) 10%コナ

ハワイコナを10%ブレンドした、フレーバータイプのハワイ産コーヒーです。バニラマカダミア・チョコレートマカダミア・バタースコッチ・ヘーゼルナッツ・クラシックローストノンフレーバーなどから3種類選べます。

「バニラマカダミア」は、マカダミアナッツとバニラの甘く香ばしい香りが特徴。「バタースコッチ」はコナのブレンドコーヒーにバタースコッチの濃密な甘味をプラスしています。「クラシックローストノンフレーバー」は、伝統的なロースト手法で焙煎しているのがポイント。深みとコクのある味わいを堪能できます。

1993年に創業した大手コーヒー会社によるブランドの一品。ハワイの高級ホテルで提供しています。内容量1袋198g入り。3個セットです。賞味期限は製造日から12ヵ月。粉タイプなので、そのままドリップして楽しめます。さまざまなフレーバーを楽しめる、ハワイ産コーヒーです。

ライオンコーヒー(LION COFFEE) 100%コナコーヒー

ライオンコーヒー(LION COFFEE) 100%コナコーヒー

希少価値の高いコナを100%使用した、ハワイ産コーヒーです。リッチな味わいと、芳醇な香りを堪能できます。なめらかになるまでじっくり焙煎しているのがポイント。1864年に創業したアメリカの老舗コーヒーブランドの商品です。

ほかにもバニラやマカダミアナッツの香りのついた、赤いパッケージのフレーバーコーヒーがあります。内容量は、1袋198g入りです。約20杯分。コナコーヒーの味わいをしっかりと味わいたい方におすすめのハワイ産コーヒーです。

イデカフェ(IDE CAFE) アロハ ヌイ ロア ハワイコナ10% ブレンド

イデカフェ(IDE CAFE) アロハ ヌイ ロア ハワイコナ10% ブレンド

上質でフレッシュな酸味と柑橘系の香りを楽しめる、ハワイ産コーヒーです。アラビカ種のコーヒー豆を100%使用し、希少なハワイコナを10%ブレンドしています。熟練のロースターによる高い技術でじっくり丁寧に焙煎しているのがポイントです。

焙煎後は中細挽きにし、脱酸素状態に袋詰めして鮮度を保っています。2000年8月、千葉県鎌ヶ谷市に創業した自家焙煎珈琲専門店による商品です。

内容量は、200g・1000gをラインナップ。豆・粉から選択可能です。手軽に飲めるドリップタイプもあります。賞味期限は、製造日より1年間。ハワイ産コーヒーの力強い味わいを堪能したい方におすすめです。

セイコー珈琲 贅沢ドリップ倶楽部 ハワイコナ

セイコー珈琲 贅沢ドリップ倶楽部 ハワイコナ

味のバランスがとれた、ハワイ産コーヒーです。力強い酸味と、ほのかに植物系の甘い香りを感じられます。遠赤外線効果によってコーヒー豆を焼き上げているのがポイント。「石焼焙煎」と「ドイツPROBAT社製の焙煎機」で豆の中までふっくらと焼き上げています。

香り高く、やさしい味わいに仕上げているのが魅力です。内容量は、1袋につき12g。合計5袋入りです。賞味期限は1年。ドリップタイプなので、好きなタイミングで手軽に飲めます。リッチなハワイ産コーヒーを楽しみたい方におすすめです。

フェローシップ アイカネ・プランテーション カウ・コーヒー

フェローシップ アイカネ・プランテーション カウ・コーヒー

控えめな酸味と豊かな甘味を堪能できるハワイ産コーヒーです。やわらかなフルーティーさとなめらかな味わいを楽しめるのが魅力。独特な香りが特徴です。本商品は、カウ地区のマウナ・ロア山の東南側斜面に位置するコーヒー農園で栽培されたコーヒー豆を使用しています。

昔ながらの手摘みと手作業で栽培・選別。1894年から引き継がれる農法と製法で、独自の味わいをキープしています。ハワイ州農務局品質認定マークであるSeal of Qualityつき。焙煎具合は、ミディアムダークローストです。中挽きしています。内容量は、227g。約28杯分です。

8gに対して150ccのお湯で淹れて飲むのがおすすめ。焙煎挽豆のほかに焙煎豆・ピーベリー焙煎豆があります。ミルク・砂糖なしでもおいしく飲めるハワイ産コーヒーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。 

アイランドヴィンテージコーヒー(ISLAND VINTAGE COFFEE) エクストラファンシー

アイランドヴィンテージコーヒー(ISLAND VINTAGE COFFEE) エクストラファンシー

甘味と旨味がバランスよく調和した、ハワイ産コーヒーです。1800~2000フィートの高地で栽培されたコーヒー豆を使用しています。サイズが大きく、密度が高いのが特徴。上質で濃い味わいが魅力です。パッションフルーツやパイナップルのフレーバーが口の中に広がり、次第にベイカーズチョコレートのような芳醇な味わいを感じられます。

100%のコナコーヒー。手摘みで収穫しているのもポイントです。コーヒー豆本来の味わいを楽しみたい方は、ブラックコーヒーで飲むのがおすすめ。クリームや砂糖を加えても美味しく飲めます。

内容量は、200gと454gをラインナップ。豆の状態は、豆・粉から選択できます。品質を重視する方におすすめのハワイ産コーヒーです。

ハワイ産コーヒーの売れ筋ランキングをチェック

ハワイ産コーヒーのランキングをチェックしたい方はこちら。

ハワイ産コーヒーの美味しい淹れ方

ハワイ産コーヒーを淹れる際は、3投式ドリップで入れるのがおすすめです。3投式ドリップは、3回の抽湯でドリップする淹れ方。お湯は85℃のモノを用意し、多めにポットに入れておきます。ドリッパーをセットして中挽きの粉を10g投入。粉を平らにして中央に少しくぼみをつけることで、お湯が注ぎやすくなります。

真ん中から円を描くようにお湯を注入。30~60秒蒸らし、粉が膨らみきるまで待ちます。注ぐときは外側に注ぎすぎないようにするのがコツです。3回に分けてすべてのお湯を注ぎます。抽出時間は、2分50秒。1投目、ゆっくり落とすと濃い味わいに、サッと通すと軽やかな味わいになります。好みの味わいに合わせておいしく淹れてみてください。