バランスのとれた味わいを楽しめる「ブラジル産コーヒー」。ブレンドコーヒーのベースとして好まれるほか、近年ではスペシャルティコーヒーとして流通する商品も増えているのが特徴です。

そこで今回は、ブラジル産コーヒーのおすすめをご紹介。ブラジルで主に栽培される品種や、コーヒー豆の等級についても解説します。ぜひ、参考にしてお気に入りの商品を見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ブラジル産コーヒーの特徴

世界最大のコーヒー生産国

By: rakuten.co.jp

ブラジルは世界最大のコーヒー産出国として知られています。コーヒー生産の歴史も長く、1850年から世界最大規模の生産国と輸出国の地位を維持。年間の生産量は200万~300万トンです。世界で生産されているコーヒー豆のうち、およそ3分の1がブラジルで作られています。

国全体がコーヒー生産に適したコーヒーベルトの圏内に位置していることも、ブラジルで盛んにコーヒーが栽培される要因のひとつ。ブラジルの経済的な発展においてもコーヒーは重要な役割を果たしてきました。

適度な酸味とコクを楽しめるバランスのよい味わいで、日本国内に広く流通しているのも特徴。コーヒーが好きな方は、まずブラジル産コーヒーを意識して選んでみてください。

クセがなく味のバランスがよいコーヒー

By: rakuten.co.jp

ブラジル産コーヒーはクセがなく、ととのった味わいが特徴です。苦味も酸味も適度ですが、コクも感じられるボディで後味はすっきりしています。焙煎度合いによって多様な味わいを楽しめるのも魅力。酸味はやさしくナッツやチョコレートを思わせる甘いアロマを有しています。

香りや味のバランスがよいため、コーヒーを評価するときの基準として位置付けられることも。ブレンドコーヒーのベースにぴったりです。コーヒーに飲み慣れていない方やオリジナルブレンドに挑戦してみたい方は、ブラジルコーヒーをチョイスしてみてください。

質より量を重視した生産方法

ブラジルはコーヒーの生産において、質よりも生産量を確保することに重きを置いているのが特徴。大小を含めて30万軒以上のコーヒー農家が存在するブラジルは、大規模農園を中心に「ストリップピッキング」という収穫方法を採用しています。

コーヒーチェリーを枝からしごき取ったり、収穫機で木から振るい落としたりする方法で収穫。効率がよいというメリットもありますが、質の低いコーヒーチェリーが混ざってしまうデメリットがあります。

一方で、品質重視でコーヒーを生産している農園も増えてきており、クオリティの高いブラジル産コーヒーも。ブラジルのコーヒー豆の価格が流通しているコーヒー豆の価格に影響するともいわれています。

ブラジル産コーヒーの選び方

豆の種類で選ぶ

生産量世界一位の「サントス」

By: amazon.co.jp

サントスはブラジル・サントス港より出荷されるコーヒー豆の総称で、世界で最も生産量の多いコーヒー豆です。品質等級は、No.2~8まであります。ライトボディですがコーヒーらしい風味を備えており、焙煎によって魅力的な苦味と甘さに仕上がるのがポイントです。

価格がリーズナブルなのも魅力。さまざまな品種のコーヒー豆と相性がよいため、ブレンドする際に重宝します。マイルドな味わいのコーヒー豆として、日本でも親しまれているのが特徴です。

良質で高級な「カドテアズール」

カドテアズールは、ブラジルのコーヒー豆のなかでも質の高い品種として知られています。濃厚な風味と強い酸味があり、果実味を楽しめるのが特徴です。

ブラジルの「ブルーマウンテン」との異名も。主に標高1000〜1400mの場所で栽培されているのもポイントです。昼夜の寒暖差と恵まれた土壌と雨量によって、質の高いコーヒー豆に成長します。

新種のコーヒー豆「ムンドノーボ」

By: parrot-coffee.com

ムンドノーボは、アラビカ種の一種です。ブルボン種とスマトラ種との自然交配で誕生した新種。ミディアムボディが特徴のコーヒー豆です。味わいには果実味があり、豊かな風味を楽しめます。生産地は、ブラジル南部のサンタ・カタリーナ州。ブラジルを代表するコーヒー豆のひとつです。ほんのりとした酸味を楽しみたい方に向いています。

等級で選ぶ

ブラジル産コーヒーを選ぶ際は、等級に注目して選ぶのもおすすめです。コーヒー豆の格付けは国によって基準が異なります。19世紀に「ニューヨーク・コーヒー定期取引市場」が創設されたのをきっかけに、ブラジル産コーヒーの格付けも開始されました。

ブラジルは、サイズと欠点数という2つの基準を基に等級を決定します。ブラジルの等級は「No」で表されているので、気になる方は選ぶ際の指標にしてみてください。

焙煎度合いで選ぶ

バランスよく風味を楽しむなら中煎り〜中深煎り

By: rakuten.co.jp

コーヒーの味わいにバランスを求めるなら、中煎りや中深煎りをチョイスしてみてください。中煎りは日本人がとくに好む傾向にある焙煎度合いで、流通量も多いのが特徴。コーヒー豆の持つ個性を存分に堪能したい方にぴったりです。レギュラーコーヒーやホットコーヒーで楽しみたい場合にも適しています。

中深煎りは、中煎りと深煎りの中間に当たる焙煎度合い。シティローストやフルローストと呼ばれる焙煎と同等です。酸味に対して苦味がわずかに強いため、中煎り以上にコクがあり芳醇な味わいを楽しめます。中煎りでは少し苦味やコクが足りないと感じている方は、中深煎りを試してみるのがおすすめです。

しっかりと苦味を楽しむなら深煎り以上

深煎りは苦味をしっかりと楽しむための焙煎度合い。別名で、フレンチローストなどと呼ばれています。店舗によって深煎りの定義が異なる場合もありますが、強く焙煎することで苦味・コク・ビター感を得られるのが特徴です。

ナッツやスモーキー系の風味を備えやすいブラジル産コーヒーは、深煎りにも適しているのがポイント。一方で、果実味の強いコーヒー豆は深煎りに向いていないといわれています。深煎りは酸味が少なく味わいが濃いため、ミルクを使ったカフェラテや濃く抽出するエスプレッソにおすすめです。

ブラジル産コーヒー豆のおすすめ

ローグレード TOKYO COFFEE ブラジル コーヒー豆 オーガニック

ローグレード TOKYO COFFEE ブラジル コーヒー豆 オーガニック

JAS認証を取得しているブラジル産コーヒーです。自然の力を利用して栽培しているのが特徴。豆の種類はサントスです。なめらかなボディとキレのある余韻が魅力。チョコレートのような甘さとやさしい酸味もポイントです。

ナッティーな風味も備えており、お店でも人気を有する商品と謳われています。焙煎の度合いは中深煎り。ハンドドリップに適していますが、エアロプレスや水出しなどの多様な淹れ方で楽しめます。ブラジルのコーヒーらしい、バランスのとれた味わいを求めている方におすすめです。

サーティーフーズ パオコーヒー ブラジル・ピーベリー

サーティーフーズ パオコーヒー ブラジル・ピーベリー

ブラジル産コーヒーのなかでも、個性が際立っている商品です。特徴的な味や香りを楽しめるストレートコーヒーシリーズのひとつ。珍しい種類のコーヒー豆を、個性を活かす焙煎によって仕上げています。コーヒー好きな方への手土産にもぴったりです。

ピーベリー豆とは、通常は2粒入りのコーヒーの実に1粒しか入っていないことによって、実の中いっぱいに成長したコーヒー豆のこと。エッグ形でかわいい外観です。

ブラジルのコーヒーらしい、ナッツのような香りが凝縮されています。香り高いため深みを感じられる味わい。一方でクセのない風味で、飲みやすいのも魅力です。少し変わったブラジル産コーヒー豆を探している方は、チェックしてみてください。

前田珈琲 ストレート豆 完熟ブラジル豆 牛若丸

前田珈琲 ストレート豆 完熟ブラジル豆 牛若丸

貴重なブルボン種を使用したブラジル産コーヒーです。栽培地は、ブラジルの高地にあるモンテ・アレグレ農園。原料の果肉除去は「パルプド・ナチュラル」を採用しています。果皮の固い未熟な豆は取り除き、完熟豆のみを高い精度で収集。クセのないクリアな味わいを実現しています。

やや深めの焙煎に仕上げることで、適度な苦味と甘みを楽しめるコーヒーです。「完熟豆が持つ秀逸な味わいを知って欲しい」という思いから販売されている商品。同店のこだわりが詰まったストレートコーヒーです。

容量は200g。賞味期限は焙煎後90日です。ブラジル産コーヒーらしい味わいを堪能したい方は、ぜひ検討してみてください。

イヌイットコーヒーロースター ブラジル プラナウト フレンチロースト

イヌイットコーヒーロースター ブラジル プラナウト フレンチロースト

焙煎士が厳選したブラジルのコーヒー豆です。ナチュラル精製の「グレープチェリー」。ブラジル産ならではの香ばしいナッツのアロマと、チョコレートのような甘さが特徴です。苦味と甘みのバランスがよく、厚みのある味わいを楽しめます。

焙煎度合いは、フレンチロースト。豆の個性を活かした焙煎を行っています。ミナスジェライス州プラナウト農園の豆を使用。栽培地の標高は1100~1200mです。品種はカツアイ・ムンドノーボ・アカイア。深めに焙煎したブラジル産コーヒーを探している方におすすめです。

路珈珈 ROKUMEI COFFEE ブラジル ベラビスタ農園 パルプドナチュラル

路珈珈 ROKUMEI COFFEE ブラジル ベラビスタ農園 パルプドナチュラル

ブラジル・ベラビスタ農園のコーヒー豆です。ブラジルらしいマイルドな味わいで、アーモンドチョコレートのような風味を楽しめるのが特徴。冷めてくると、果実味が感じられると謳われています。焙煎度合いは中煎り。品種はブルボンアマレロです。

ベラビスタ農園では代々受け継がれてきた知識のみならず、農業大学で農学と栽培に関する知識を習得。さらに、新しいテクノロジーも導入しています。環境にも配慮しながら、良質なコーヒー豆を栽培しているのが魅力です。

焙煎を行う「ROKUMEI COFFEE」でも、CO2排出量の少ない焙煎機を導入しています。サステナブルにもこだわったブラジル産コーヒーが気になる方におすすめです。

銀河コーヒー 大吟醸ブラジル

銀河コーヒー 大吟醸ブラジル

不純物を除去して雑味の少ない味わいに仕上げる「大吟醸製法」を採用したブラジル産コーヒー。日本酒の製法からヒントを得た方法で、生豆を流水で丁寧に磨き上げ、外皮などを取り除いています。

本商品にはブラジル産コーヒーのなかでトップクラスの等級「NO.2、S18」の豆を使用。苦味や酸味、雑味のバランスがとれているのが魅力です。渋みが控えめで、まろやかな飲み口が楽しめます。豊かな香りも広がりつつも、クリアで飲みやすい一品です。

焙煎にもこだわっており、メーカー独自の3段焙煎法でコーヒー豆のよさをしっかり引き出しています。チャック付きの袋入りで保存にも便利。焙煎したての豆をパッキングしているため、鮮度のよさを重視したい方におすすめです。

パロットコーヒー ブラジル クイーンショコラ 中深煎り

パロットコーヒー ブラジル クイーンショコラ 中深煎り

ほどよい苦味とチョコレートを思わせる芳醇な香りが特徴のブラジル産コーヒー。酸味は控えめで、コクのある口当たりが楽しめます。ミルクとの相性が良好なので、ブラックコーヒー以外でも飲みたい方にぴったりです。

ブラジルのミナスジェライス州イビラシ地域で収穫された豆を使用しており、豆の品種はムンドノーボ種とカツアイ種。メーカーはコーヒー豆全体の3~5%未満しかないスペシャルティクラスの豆にこだわっているので、品質のよいコーヒーが堪能できます。

焙煎にはガスを用いた直火式焙煎機を使用。遠火の強火でコーヒーの甘みや香りを引き出し、ふっくらとした豆に仕上げています。コーヒー特有の酸味が苦手な方や、ブラジル産コーヒーのなかでもスペシャルティコーヒーを選びたい方におすすめです。

バンディビーンズ(BUNDY BEANS) ブラジル 中煎り

バンディビーンズ(BUNDY BEANS) ブラジル 中煎り

オレンジのような爽やかな風味とナッツを思わせる香りが広がるブラジル産コーヒー。豆の品種はイエローブルボンです。苦味は控えめで、メープルシロップに似た甘い風味も魅力。全国規模で焙煎の技を競う「ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップ」で準優勝した焙煎士が手がけています。

原材料の豆は、ミナスジェライス州南部マンチケーラ山脈の「グランハ サンフランシスコ」という農園で栽培。同農園は安定した気温と降水量に恵まれた地域で、コーヒー栽培に理想的な環境とされています。甘みが強いブラジル産コーヒーを選びたい方におすすめです。

自家焙煎珈琲やすらぎ ブラジル アロマ ショコラ

自家焙煎珈琲やすらぎ ブラジル アロマ ショコラ

チョコレートやナッツのような香りが楽しめるブラジル産コーヒー。フルーティーな風味と、重すぎない爽やかな口当たりが特徴です。サントアントニオ・エステートコーヒー生産者組合に所属する農園のなかから複数の農園を選定。深い甘みのコーヒー豆をブレンドしています。

ホットでもアイスでも美味しく飲めるのがポイント。生クリームと相性がよいので、ラテなどにアレンジしたい方にもおすすめです。注文が入ってから焙煎しているのも魅力。小分け包装に対応しており、100g・200gから選択可能です。少量ずつ包装された商品を探している方はチェックしてみてください。

味の素AGF ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムブラック ブラジル

味の素AGF ちょっと贅沢な珈琲店 プレミアムブラック ブラジル

ブラジル産コーヒー豆のなかでもハイグレードな「NO.2」を贅沢に使ったコーヒーです。ナッツを思わせる香ばしい風味とバランスのとれた味わいが特徴。酸味はやや控えめで、コクや苦味がしっかり感じられます。

本商品はスティックタイプで手軽に飲めるインスタントコーヒーです。フリーズドライ製法を導入し、コーヒー本来の風味を逃さずに加工。1本あたり2gずつの個包装で、1箱あたり20本入っています。賞味期限は25ヵ月。オフィスなどの外出先でもコーヒーをより手軽に楽しみたい方におすすめです。

・1箱

・3箱セット

旭珈琲 中深煎り プレミアムコーヒー ブラジル サンアントニオ ショコラ ピーベリー

旭珈琲 中深煎り プレミアムコーヒー ブラジル サンアントニオ ショコラ ピーベリー

甘みを含んだナッツの香りが広がるブラジル産コーヒー。苦味がほんのりと感じられ、後味も甘くて飲みやすいのが強み。キャラメルやチョコレートを思わせる香りも特徴的です。焙煎歴40年以上のベテラン焙煎士が手がけており、熟練の技が光ります。

社内で独自のカップテストを実施し、品質をキープできるように配慮しているのもポイント。焙煎士のほか、生豆鑑定マスターやコーヒーインストラクターなど、コーヒーに関する専門知識・技能を持つスタッフが在籍しています。コーヒーの専門家が作ったブラジル産コーヒーを飲みたい方におすすめです。

カカシコーヒー(KAKASHICOFFEE) ブラジル プレミアムボイア ナチュラル

カカシコーヒー(KAKASHICOFFEE) ブラジル プレミアムボイア ナチュラル

プレミアム品質のコーヒー豆を100%使用したブラジル産コーヒー。ナッツのような香ばしい風味とほどよい甘み・酸味が楽しめます。食事中にも飲めるスタンダードな味わい。焙煎度は中煎りです。コーヒー豆本来の香りが引き立ちます。

欠点豆を焙煎前・焙煎後の2回にわたって、手作業で丹念に除去。雑味が少ないすっきりとした飲み口に仕上げています。独自に設計したロースターを使用し、コーヒー豆の風味を損なわないように焙煎しているのもポイント。飲みやすい風味のブラジル産コーヒーを選びたい方におすすめです。

ブラジル産コーヒーの売れ筋ランキングをチェック

ブラジル産コーヒーのランキングをチェックしたい方はこちら。

ブラジル産コーヒーの美味しい淹れ方

By: rakuten.co.jp

ブラジル産コーヒーはバランスのよい味わいなので、浅煎りから深煎りまで美味しく淹れられるのが特徴です。現地ではエスプレッソかカプチーノが一般的な淹れ方。ホットで飲むのが主流とされています。

また、他国の豆とも相性がよいためブレンドのベースとしてもぴったりです。コロンビアとグアテマラをブレンドすれば、甘くてコクのある味わいに。コロンビアとエチオピアの組み合わせでは、酸味を楽しめる華やかな味わいを楽しめます。

ストレートはもちろんですが、さまざまな淹れ方を試せるのがブラジル産コーヒーの魅力。ぜひ、お気に入りの淹れ方を探してみてください。