初心者の方でも簡単においしいコーヒーが淹れられる「フレンチプレス」。コーヒーを淹れる方法のひとつで、豊富な製品が販売されています。最近では、より使いやすく改良した製品なども登場しており、幅広いユーザーに人気のアイテムです。

そこで今回は、フレンチプレスのおすすめ製品をご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

フレンチプレスとは?

By: amazon.co.jp

フレンチプレスとは、容器にコーヒー粉とお湯を入れ、金属フィルターを押し込むことでコーヒーを抽出する方法やその器具を指します。日本では紅茶を淹れる方法として有名ですが、元々はフランスでコーヒーを抽出するために開発された方法です。

主なコーヒーの抽出方法としては、ハンドドリップやサイフォン、ネルドリップなどが挙げられますが、フレンチプレスは失敗が少なく初心者でもおいしいコーヒーを淹れやすいのが魅力。オイル感のある豆本来の味わいを楽しめる点も特徴です。

最近では、フレンチプレスのなかにもさまざまな種類が登場しており、味の好みや使い道に応じて自分に適したモノを選べます。

フレンチプレスの種類

フレンチプレス

By: amazon.co.jp

フレンチプレスは、コーヒープレスのなかでもスタンダードなタイプ。容器の中にコーヒー粉をセットし、お湯を入れてプランジャーを押すだけで、美味しいコーヒーが淹れられます。

紙フィルターを使わずコーヒー豆をプレスするので、コーヒー豆の油分がそのまま抽出されやすく、味や香りを楽しめるのが特徴。コーヒー初心者の方でも、安定した味のコーヒーを淹れられます。最も一般的なタイプなので、デザインやカラーリングの豊富さも魅力です。

エアロプレス

By: rakuten.co.jp

空気の圧力を利用してコーヒーを淹れるのが「エアロプレス」。2000年代に入ってから考案された抽出方法で、短時間で濃厚なコーヒーを淹れられるのが特徴です。

容器にお湯とコーヒー粉をセットして蒸らした後、一気にプレスします。エスプレッソのような濃厚な味わいのコーヒーが楽しめるほか、紙フィルターを使用しているので、比較的後片付けが簡単なのもメリットです。

豆の量やお湯を注ぐタイミングなどを変えて、あっさりしたテイストから濃厚なテイストまで、さまざまな味わいのコーヒーを作れるのが魅力。味を追求したい方や、コーヒー上級者にもおすすめのタイプです。

アメリカンプレス

By: arktrading.jp

アメリカンプレスは、コーヒー豆に適度な圧をかける抽出方法で、超微細な目のスチール製フィルターを使用しているのが特徴。フレンチプレスにありがちなざらっとした舌触りがなく、奥深い味わいのコーヒーが楽しめます。

フィルターは繰り返し何度も使え、洗浄やお手入れも簡単。手軽に本格的なコーヒーを淹れたい方は、アメリカンプレスを、ぜひチェックしてみてください。

フレンチプレスの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

フレンチプレスは製品の容量によって、1度に淹れられるコーヒーの量がある程度決まっています。そのため、1度に淹れるコーヒーの量や家族の人数に合わせて容量を検討するのがおすすめです。1〜2杯分なら350ml、3〜4杯分なら500mlを目安に検討してみてください。

ただし、容量の大きい製品であれば1杯から4杯まで自在に抽出できるというわけではない点には、留意しておきましょう。容量の大きなフレンチプレスに少量分のコーヒー粉を入れてもプランジャーが届かず、うまく抽出を行えません。味を損なう場合もあるため、適した容量のモノを選びましょう。

フィルターをチェック

By: amazon.co.jp

コーヒー豆の油分には、コーヒー本来の香りと味がふんだんに含まれています。フィルターの素材や目の細かさによって、コーヒーオイルの抽出加減が決まるので、フィルターも事前にチェックしておきましょう。

濃厚なコーヒーのオイル感を味わいたい方は粗めのメッシュタイプを、なめらかな口当たりを好む方は細かな目のメッシュが使われているフィルターを選んでみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

お手入れのしやすさでは、エアロプレスとアメリカンプレスがおすすめ。一般的なフレンチプレスの場合、使用後容器の底にコーヒー粉が押し固められているので、粉を取り除いても底に微粉が残ってしまいやすいことに加え、パーツが多く洗いにくいのが欠点です。

エアロプレスは紙フィルターを使用すると抽出後の固まったコーヒー粉と共にそのまま捨てられるので、より便利に使えます。また、アメリカンプレスは、フレンチプレスの欠点を改良するために開発された製品。使用後にプランジャーを引き抜けばコーヒー粉をそのまま取り出せるよう設計されており、取り扱いは簡単です。

お手入れのしやすさを重視する方は、エアロプレスかアメリカンプレスを検討してみてください。

フレンチプレスのおすすめメーカー

ボダム(bodum)

By: amazon.co.jp

ボダムは1944年にデンマークで創業されたキッチンウェアブランドです。北欧らしい洗練されたおしゃれなデザインと、優れた機能性が魅力。コーヒー関連器具も充実しており、フレンチプレスのラインナップも豊富です。

同ブランドのフレンチプレスは、さまざまな容量の製品があり、シンプルでスタイリッシュなデザインとカラーバリエーションに富んでいるのが特徴。デザイン性だけでなく抽出性能も優れています。初めてフレンチプレスの購入を検討している方も、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーで、コーヒー関連器具も豊富に扱っています。特にハリオの円錐型ドリッパー「V60」はコーヒー愛飲家の間で高い人気を集めており、ハンドドリップの定番製品として有名です。

フレンチプレスも多彩な製品を展開しています。コストパフォーマンスに優れたお手頃価格の製品や、木を使用した上質なデザインの製品など、幅広い製品を販売。容量や価格帯から自分に合ったモノを選択しやすいのが魅力です。

フレンチプレスのおすすめ

ボダム(bodum) KENYA ケニヤ フレンチプレス 10682-01J

コーヒーオイルをしっかり抽出するフィルター

ボダム製品のなかでも、根強い人気を誇るフレンチプレス。ブラックを基調としたラウンドデザインと、プランジャーの丸いツマミがモダンな雰囲気を漂わせるおしゃれなアイテムです。

ステンレスメッシュフィルターを採用しており、コーヒーオイルをしっかり抽出。コーヒー豆が持つうま味を引き出すため、豊かな味わいのコーヒーが楽しめます。

また、長く使いやすいパーツの採用や、手入れのしやすさが魅力。初めてのフレンチプレスにもおすすめです。本体サイズは、350ml・500ml・1000mlのモノがラインナップされています。

ボダム(bodum) BRAZIL ブラジル フレンチプレス 10948-294J

比較的リーズナブルな価格で購入できる

シンプルなデザインと、ポップなカラーリングが魅力のフレンチプレス。プラスチック部分にデザインされたロゴがおしゃれで、キッチンを明るく彩るアイテムです。

ステンレスメッシュフィルターを採用しており、味わい深いコーヒーを淹れられるのが特徴。コーヒービギナーでも、気軽に本格的な味のコーヒーが楽しめます。

同ブランドのフレンチプレスのなかでも、比較的リーズナブルな価格で購入できるのも嬉しいポイント。使い勝手のよい350mlと、来客時にも活躍する1000mlの2タイプがラインナップされています。

ボダム(bodum) CHAMBORD シャンボール フレンチプレス 1923-17

フレンチプレスの原型ともいわれるアイテム

耐熱ガラスに金属フレームのコンビネーションがクラシカルな雰囲気を演出するフレンチプレス。1950年代にデザインされた姿がそのまま引き継がれており、職人の手により細部までこだわって作られています。

太めのハンドルは握りやすく押しやすいほか、挽いた豆がこぼれるのを防ぐ仕様。機能面も充実しています。また、ステンレス製フィルターを採用しており、オイル感とコクのあるコーヒーを抽出可能です。フレンチプレスの原型ともいわれる本アイテムで、ぜひコーヒータイムを楽しんでみてください。

ボダム(bodum) TRAVEL PRESS SET トラベルプレスセット K11067-01

付属のフタを付ければタンブラーとしても利用できる、2way仕様の便利なフレンチプレス。オフィスや出張先、アウトドアシーンなどに携帯して、美味しいコーヒーを楽しめます。

本体は2重構造なのが嬉しいポイント。保温性、保冷性に優れており、飲み頃の温度をキープします。また、本体が耐久性に優れたステンレス製で、長く愛用しやすいのもメリット。シリコンバンドは、滑り止めの役目もあり、使い勝手も良好です。

食洗器に対応しているため、お手入れも簡単。汎用性の高いフレンチプレスを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) ハリオール ブライト N THJN-2HSV

ステンレスフレームを採用したスタイリッシュな雰囲気のフレンチプレス。コーヒーのほかに、紅茶やハーブティーも美味しく抽出できます。

容量は300mlで、1~2人分のコーヒータイムにぴったり。食洗器に対応しているので、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。リーズナブルな価格も魅力。高品質で、コスパの高いフレンチプレスを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) カフェプレス・ウッド CPSW-2-OV

耐熱ガラスのジャグに、オリーブウッドの持ち手とフタの組み合わせがおしゃれなフレンチプレス。テーブルに置くだけでおしゃれな空間になり、贅沢な気分のコーヒータイムが楽しめます。

コーヒー粉とお湯を入れてプレスするだけで、安定した味のコーヒーが抽出可能。コーヒーのうま味成分をたっぷり含んだコーヒーオイルを抽出でき、コク深い味わいを堪能できます。

サイズは、300mlの2人用と600mlの4人用をラインナップ。プレゼントにしても喜ばれる、おすすめのフレンチプレスです。

ハリオ(HARIO) カフェプレス・スリムS CPSS-2-TB

実質容量が240ml、1~2杯用のフレンチプレスです。サイズは、幅113×奥行78×高さ172mmとスリム設計で、収納スペースに余裕のない方や、一人暮らしの方におすすめ。コンパクトながらも、コーヒーのうま味をしっかりと抽出し、香り高いコーヒーが淹れられるのが魅力です。

ガラス本体は電子レンジが使用できるので、コーヒーをあたため直したいときに便利。食洗器にも対応しているので、後片付けも簡単です。コンパクトなコーヒープレスを探している方は、ぜひ検討してみてください。

エアロビー(AEROBIE) エアロプレスゴー

コーヒーを抽出するのに必要なアイテムが、すべてマグカップにコンパクトに収納できるアイテム。アウトドアや旅行、オフィスなどにも気軽に持ち運び可能です。

使い方はシンプルで、コーヒー粉とお湯を注ぎプレスすれば、約1分で濃厚なコーヒーが淹れられます。また、豆の挽き具合や、お湯の量を調節することで、あっさりとしたドリップテイストのコーヒーから、コクのあるエスプレッソテイストまで、気分に合わせて好みの味のコーヒーを淹れられるのも魅力です。

携帯性に優れたフレンチプレスを探している方や、自由にアレンジしてコーヒーを楽しんでみたい方はぜひチェックしてみてください。

エアロビー(AEROBIE) エアロプレス コーヒーメーカー

空気圧を利用して、約1分で美味しいコーヒーが淹れられるエアロプレス。コーヒー豆の量やお湯を入れるタイミングなどを調節して、オリジナルレシピが作れる自由度の高さが魅力です。

抽出後のコーヒー粉とフィルターはワンプッシュでゴミ箱へ捨てられるので、お手入れもスムーズ。ホットからアイスまで、さまざまな味わいのコーヒーを自由に楽しめます。

アークトレーディング(arktrading) アメリカンプレス ALB001

100ミクロンの極細スチール製フィルターを採用したアメリカンプレスです。ざらつきのない、すっきりした味わい深いコーヒーが淹れられます。

内部のポット設計は、特許を取得。コーヒーの粉にお湯を均一に浸透させられるため、簡単に本格的なコーヒーが楽しめます。また、抽出後の粉もきれいに取り出せ、お手入れやメンテナンスが楽なのもメリットです。

本体は合成樹脂のトライタンを用いた2重構造を採用し、飲み物を保温できるほか、持っても熱くなりにくく使い勝手も良好。さらに、注ぎ口は滴垂れしない設計で、カップに注ぎやすいのもポイントです。

ビアレッティ(BIALETTI) フレンチプレス オミーノ 0.35L 3160

ブランドのアイコンでもある型抜きの「ビアレッティおじさん」がデザインされた、おしゃれなフレンチプレス。人間工学に基づいた形状のハンドルは握りやすく、使いやすさを追求して設計されたアイテムです。

コーヒービギナーでも、安定して美味しいコーヒーを淹れやすく、コーヒー本来のうま味を楽しめます。容量は2人用にちょうどよい350mlと、たっぷりのサイズの1000mlをラインナップ。シンプルで使いやすいので、初めてのフレンチプレスにおすすめです。

スタンレー(STANLEY) 真空コーヒーシステム

真空断熱ボトル・マルチポットがセットのフレンチプレス。さまざまな場所で美味しいコーヒーが淹れられ、そのままボトルで持ち歩きができます。

ステンレス製のボトルは、真空断熱構造を採用しているため、保温力も良好。コップとしても機能するフタは、外フタを外すと中にもう一つコップが付いており、淹れたてコーヒーをシェアできます。また、マルチポットは、水を沸かすだけでなく、アウトドアシーンで調理ツールとしても利用可能です。

付属の中栓は、コーヒー粉を入れるケースとしても利用できるので便利。さらに、プランジャーを含めすべてのパーツは、ボトルの中にスタッキングできコンパクトに収納できます。キャンプや登山、ピクニックなどにも携帯しやすい、フレンチプレスを探している方におすすめです。

POLIVIAR フレンチプレス FPY-JP

高い耐久性を備え、サビにも強い「18-8ステンレススチール」を採用したフレンチプレス。自宅用はもちろん、割れにくいのでアウトドアシーンにも向いています。

持ち手にドイツ製チーク材を採用しており、おしゃれな見た目でインテリア映えするアイテム。容量は1000mlのたっぷりサイズなので、来客時のおもてなしにもぴったりです。ジャグは、断熱2重構造を採用し、飲み物が冷めにくいのも嬉しいポイント。機能性に優れたフレンチプレスを探している方にもおすすめです。

スカイライン(Skyline) フレンチプレス

高級感あふれるステンレス製のフレンチプレスです。本体は2重構造を採用しており、保温性、保冷性に優れているのが特徴。飲み頃温度をキープするのが魅力です。オフィスや家でのリラックスタイム、来客時のおもてなしなど、さまざまなシーンで活躍します。

フィルターは、超微細な目のステンレス製フィルターを採用。コーヒーの微粉を取り除き、雑味のないクリアで奥深い味わいのコーヒーが楽しめます。

耐久性に優れた「304ステンレス」製で、キズや衝撃に強く、長く愛用できるのも嬉しいポイント。注ぎ口は、カップにスムーズに注げるU字型を採用し、使い勝手も良好です。

バリスタコー(BARISTA&CO) Core Coffee Press 3 Cup

美しいカラーのステンレススチールとガラスの組み合わせが、クラシカルな雰囲気のフレンチプレス。コーヒー粉とお湯を入れてプランジャーを押すだけで、コーヒーのうま味が楽しめます。紙フィルターや布のフィルターを使ってドリップしたコーヒーとはまた違った味わいが魅力です。

サイズは350ml。小さめのコーヒーカップで約3杯分のコーヒーが淹れられます。クラシックモダンなデザインは飽きにくく、長く愛用しやすいアイテム。コーヒーが好きな方へのプレゼントにもおすすめのフレンチプレスです。

メリタ(Melitta) フレンチプレススタンダード MJF-1701

おしゃれな取っ手を採用し、デザイン性に優れたフレンチプレス。コーヒーオイルのうま味をダイレクトに味わうことができ、フレンチプレスならではのコクや甘みが楽しめます。

容量は使い勝手のよい350ml。価格もリーズナブルなので、シンプルでコスパの高いフレンチプレスを探している方や、コーヒービギナーにおすすめです。

スノーピーク(snow peak) チタンカフェプレス3カップ CS111

直火にかけられるチタン製のカフェプレスです。本体を直火にかけお湯を沸かしたのち、コーヒー粉を入れてプレスするだけで、3人分のコーヒーが簡単に淹れられます。お湯を別に沸かす手間が省けるのが嬉しいポイントです。

サイズは、直径82×高さ140mm。本体は200gと軽さも魅力です。取っ手が折りたためるうえ、付属の収納袋にコンパクトにまとまります。キャンプに適したフレンチプレスを探している方におすすめです。

パール金属(PEARL METAL) フレンチプレス ブレイクタイム HB-552

リーズナブルな価格が嬉しいフレンチプレス。安価ながらも、コーヒーオイルのうま味をしっかり楽しめる本格的なコーヒーが淹れられ、機能性に優れたアイテムです。容量は350mlで、コーヒーカップ約2杯分を抽出できます。

取っ手や各パーツは取り外せて、お手入れが簡単なのも嬉しいポイント。コストパフォーマンス重視の方にもおすすめのフレンチプレスです。

エスプロ(ESPRO) ウルトラライト

ボトル・プレス・フィルター部分を含めて280gと、軽量のフレンチプレスです。コーヒーを淹れてフィルターを外したら、そのままステンレスボトルとして使えるのが特徴。ステンレス真空断熱2重構造を採用しているので、飲み頃温度をキープできます。

ダブル・マイクロフィルターの採用により、コーヒーの微粉をキャッチ。雑味のないまろやかな舌触りと、コーヒーオイルの深く豊かな味わいのコーヒーを楽しめます。

サイズは、直径6.5×高さ23.5cm。コーヒーの抽出量は約315mlです。携帯性に優れ、外出先やアウトドアフィールドでも利用できるフレンチプレスを探している方も、ぜひ検討してみてください。