初心者の方でも簡単においしいコーヒーが淹れられる「フレンチプレス」。コーヒーを淹れる主要な方法のひとつで、豊富な製品が販売されています。最近ではより使いやすく改良した製品や従来のフレンチプレスと異なる斬新な製品も登場しており、幅広いユーザーに人気のアイテムです。

そこで今回はフレンチプレスのおすすめ製品をご紹介します。フレンチプレスはハンドドリップなどのように技術が要らず、誰でもおいしいコーヒーを淹れられるので、ぜひこの機会に試してみてください。

フレンチプレスとは?

By: amazon.co.jp

フレンチプレスとは、容器にコーヒー粉とお湯を入れ、金属フィルターを押し込むことでコーヒーを抽出する方法やその器具を指します。日本では紅茶を淹れる方法として有名ですが、元々はフランスでコーヒーを抽出するために開発された方法です。

主なコーヒーの抽出方法としては、ハンドドリップやサイフォン、ネルドリップなどが挙げられますが、フレンチプレスは失敗が少なく初心者でもおいしいコーヒーを淹れられるのが魅力。オイル感のある豆本来の味わいを楽しめる点も特徴です。最近ではフレンチプレスのなかにもさまざまな種類が登場しており、味の好みや使い道に応じて自分に適したモノを選べます。

フレンチプレスの選び方

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

フレンチプレスは製品の容量によって、1度に淹れられるコーヒーの量がある程度決まっています。そのため、いつも1度に淹れるコーヒーの量や家族の人数に合わせて容量を検討するのがおすすめです。1〜2杯分なら350ml、3〜4杯分なら500mlを目安に検討してみてください。

注意してもらいたいのが、容量の大きい製品であれば1杯から4杯まで自在に抽出できるというわけではない点。容量の大きなフレンチプレスに少量分のコーヒー粉を入れてもプランジャーが届かず、うまく抽出を行えません。味を損なう可能性もあるので、容量はしっかりとチェックしておきましょう。

種類で選ぶ

フレンチプレス

By: amazon.co.jp

フレンチプレスでもっともメジャーなのは、金属フィルターを先端に搭載したプランジャーと呼ばれるパーツとガラス容器を用い、コーヒーの抽出を行うタイプです。他の2種類よりも製品のラインナップが豊富で、容量の大きな製品は主にこのタイプが採用されています。

使い方は、容器の中にコーヒー粉を入れ、お湯を注いで数分待ってからプランジャーを押し下げるだけと簡単。コーヒー粉のみがこされて容器の下部に押し固められるので、そのまま容器を傾けると抽出したコーヒーを注げます。

シンプルで使いやすく、多種多様な製品から気に入ったモノを選べるのがメリットです。もっともベーシックなタイプなので、初心者の方はぜひチェックしてみてください。

エアロプレス

By: amazon.co.jp

エアロプレスは空気圧を利用し、短時間でコーヒーを抽出するタイプです。比較的新しい抽出方法で、酸味と甘みのバランスが取れた味わいを楽しめます。淹れ方の自由度が高く、お湯を注ぐタイミングやコーヒー豆の挽き方などを変えることで、自分好みの味に調節できるのもメリットです。

基本的な使い方は、まず容器にコーヒー粉を入れお湯を注ぎ、付属のパドルと呼ばれるヘラでかき混ぜます。豆を蒸らした後、プランジャーを押し込み、空気圧を利用してフィルターからコーヒーのみを抽出し、直接カップに注げば完成です。

手順通りスムーズに使うには慣れが必要ですが、使いこなせると安定した味わいが楽しめます。コーヒー好きの方に、ぜひ試してもらいたいタイプです。

アメリカンプレス

By: rakuten.co.jp

アメリカンプレスは最近登場した新しいタイプで、フレンチプレス同様、圧力をかけてお湯からコーヒー粉をこし、コーヒーを抽出します。フレンチプレスと異なるのは、プランジャーのフィルター部分にコーヒー粉を入れるポッドが搭載されている点です。

使い方は、まず容器にお湯を注ぎ、ポッド内のコーヒー粉全体がちょうどお湯に浸かるようプランジャーをセットします。そのまま30〜120秒程度蒸らし、30〜120秒程度かけてプランジャーを底まで押し込むと、おいしいコーヒーの完成です。

一般的なフレンチプレスより短時間で抽出でき、金属フィルターの目が細かいので抽出したコーヒーに微粉が混入しにくいのがメリット。1度に淹れられるコーヒーの量も多いため、エアロプレスと比べて複数人分のコーヒーを淹れるのにも適しています。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

お手入れのしやすさでは、エアロプレスとアメリカンプレスがおすすめ。一般的なフレンチプレスの場合、使用後容器の底にコーヒー粉が押し固められているので、粉を取り除いても底に微粉が残ってしまいやすいことに加え、パーツが多く洗いにくいのが欠点です。

エアロプレスは手入れが容易で、紙フィルターを使用すると抽出後の固まったコーヒー粉と共にそのまま捨てられるので、より便利に使えます。

アメリカンプレスは、フレンチプレスの欠点を改良すべく開発された製品。そのため、使用後にプランジャーを引き抜けばコーヒー粉をそのまま取り出せるよう設計されており、取り扱いは簡単です。お手入れのしやすさを重視する方は、エアロプレスかアメリカンプレスを検討してみてください。

フレンチプレスのおすすめメーカー

ボダム(bodum)

By: amazon.co.jp

ボダムは1944年にデンマークで創業されたキッチンウェアブランドです。北欧らしい洗練されたおしゃれなデザインと、優れた機能性が魅力。コーヒー関連器具も充実しており、フレンチプレスのラインナップも豊富です。

フレンチプレスはさまざまな容量の製品があり、シンプルでスタイリッシュなデザインとカラーバリエーションに富んでいるのが特徴。ボダムのフレンチプレスはプロのバリスタやカフェでも採用されているため、デザイン性だけでなく抽出性能にも信頼が置けます。初めてフレンチプレスの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

ハリオは日本の耐熱ガラスメーカーで、コーヒー関連器具も豊富に扱っています。特にハリオの円錐型ドリッパー「V60」はコーヒー愛飲家の間で高い人気を集めており、ハンドドリップの定番製品として有名です。

フレンチプレスも多彩な製品を展開しています。コストパフォーマンスに優れたお手頃価格の製品や、木を使用した上質なデザインの製品など、幅広い製品が販売されているので、容量や価格帯から自分に合ったモノを選択可能。安心して購入できるコーヒー関連器具メーカーです。

フレンチプレスのおすすめ

ボダム(bodum) CHAMBORD フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 1923-16J

ボダム(bodum) CHAMBORD フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 1923-16J

ベーシックで人気の高いフレンチプレスです。耐熱ガラスと金属フレームによるシンプルでクラシカルなデザインが魅力。カフェでフレンチプレス式コーヒーを提供する際に採用されていることも多く、初めてフレンチプレスを手に取る方にもおすすめです。

本モデルは自宅で使いやすい350mLのタイプですが、容量違いで500mLと1Lのモデルも販売されています。コストパフォーマンスに優れた、フレンチプレスの定番製品としておすすめです。

ボダム(bodum) BRAZIL フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10948-294

ボダム(bodum) BRAZIL フレンチプレスコーヒーメーカー 0.35L 10948-294

リーズナブルでポップなカラーリングが魅力のフレンチプレスです。プラスチック部分のカラーバリエーションが豊富で、底に記されたbodumのロゴがおしゃれな製品。デザイン性を重視する方にもおすすめです。

メッシュフィルターはステンレス製で、容器は耐熱ガラスを採用しています。本モデルは使い勝手のよい350mlサイズですが、大容量の1Lモデルも販売されているので必要に応じてチェックしてみてください。カラフルなカラーでテーブルに彩りを添える、お手頃価格の製品です。

ボダム(bodum) KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10685-01

ボダム(bodum) KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー 0.5L 10685-01

フレンチプレスのロングセラー製品です。ブラックのプラスチックによる、モダンなラウンドデザインが特徴。ステンレス製のメッシュフィルターで、オイル感とコクのあるコーヒーを抽出できます。

容量は本モデルの500ml以外にも、350mlと1Lのモデルがあり、自分に合った大きさを選べるのもポイント。根強い人気を誇るフレンチプレスの定番モデルです。

ボダム(bodum) TRAVEL PRESS SET 携帯用フレンチプレスコーヒーメーカー K11067-913

ボダム(bodum) TRAVEL PRESS SET 携帯用フレンチプレスコーヒーメーカー K11067-913

タンブラーのように持ち歩けるフレンチプレスです。ステンレスフィルターの付いたプランジャーを搭載しており、コーヒーを抽出した後そのまま飲めます。本体はステンレスの二重構造で、保温性が高いのもポイントです。

飲み口にキャップが付いているので、自宅でコーヒーを抽出してから外出したり、コーヒー粉だけ入れておいてオフィスでお湯を注いだりと便利に使用できます。持つ際に滑り止めとなるシリコンバンドのカラーリングが豊富なのもメリット。外出先でもおいしいコーヒーが楽しめるおすすめ製品です。

ハリオ(HARIO) カフェプレス・ウッド CPSW-2-OV

ハリオ(HARIO) カフェプレス・ウッド CPSW-2-OV

オリーブウッドをハンドルやフタに採用した、天然木の風合いが魅力のフレンチプレスです。温かみのあるデザインなので、ナチュラルな雰囲気のインテリアとも調和します。

本体部分は耐熱ガラスとステンレスを用いて設計されており、熱湯にも対応可能。本製品は2杯用の容量ですが、同じデザインで4杯用の製品も販売されています。木目の雰囲気がおしゃれなおすすめのフレンチプレスです。

ハリオ(HARIO) ハリオール ブライト N THJN-2HSV

ハリオ(HARIO) ハリオール ブライト N THJN-2HSV

リーズナブルで手に取りやすいハリオのフレンチプレスです。お手頃価格でありながら素材に耐熱ガラスとステンレスを用いた高品質な設計で、無駄な装飾を省いたシンプルなデザインが魅力。容量は300mlで、1〜2杯分のコーヒーを淹れるのに適しています。

コーヒーはもちろん、紅茶を淹れることも可能。コストパフォーマンスの高い製品を探している方におすすめです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) コーヒー・プレス フラワーレリーフ コットン

ル・クルーゼ(LE CREUSET) コーヒー・プレス フラワーレリーフ コットン

ル・クルーゼによるセラミック製のおしゃれなフレンチプレスです。マットなホワイトに小さな花模様をあしらったデザインで、セラミック特有の温かみある雰囲気が魅力。セラミック製なので耐熱ガラスと比べて保温性に優れているのもポイントです。

容量は800mlと大きく、1度にまとめて数杯分のコーヒーを淹れたい方におすすめ。ル・クルーゼならではのおしゃれなデザインでコーヒーを楽しめるフレンチプレスです。

エアロビー(AEROBIE) エアロプレス コーヒーメーカー

エアロビー(AEROBIE) エアロプレス コーヒーメーカー

コーヒー愛飲家の間で高い人気を集めているエアロプレスです。空気圧を利用し、30秒から1分ほどの短時間でコーヒーを抽出できます。お湯の注ぎ方や注ぐ量、コーヒー粉の挽き方、蒸らし時間などを自分流にカスタマイズし、好みの味わいを追求できるのが魅力です。

手順が多いため扱いにはやや慣れが必要ですが、ハンドドリップなどと比べ技術が不要で、味わいの再現性が高いのもメリット。フィルターは紙タイプが付属していますが、メタルタイプも別売りされており、好みに応じて選べます。

紙タイプはすっきりとした味わいのコーヒーが淹れられ、使用後はコーヒー粉と共に使い捨てられるので手入れが容易。メタルタイプは繰り返し使用できるので経済的なうえ、甘みやオイルを感じられる味わいのコーヒーが淹れられます。

1度に抽出できるのはコーヒー1杯分で、複数人分のコーヒーを淹れるのには不向きですが、短時間で手軽に1杯分のコーヒーを淹れるのにおすすめ。コーヒーが好きな方は、ぜひ1度試してみてください。

アメリカンプレス(AMERICAN PRESS) アメリカンプレス

アメリカンプレス(AMERICAN PRESS) アメリカンプレス

従来のフレンチプレスより便利さを追求したアメリカンプレスです。プランジャーの先端に搭載された、フィルター付きポッド内にコーヒー粉を閉じ込めるため微粉が容器に残らず、手入れしやすいのがメリット。100ミクロンの極細スチール製フィルターを使用しているのでコーヒーに微粉が混入しにくく、クリアでオイル感のあるコーヒーを楽しめます。

容器には合成樹脂のトライタンを用いた二重構造を採用。長時間コーヒーを保温できるうえ、持っても熱くならず、使い勝手のよい設計です。注ぎ口は駅だれしないよう設計されており、カップに注ぎやすいのもポイント。シンプルで洗練されたデザインのおすすめ製品です。