朝食やランチタイムの後などに楽しみたい「コーヒー」。缶コーヒーやインスタントコーヒーとは違った深い味わいを求める方は、やはり香り高い“淹れたて”がおすすめです。

そこで今回は、淹れたてのコーヒーを味わうために欠かせない、おすすめのコーヒー豆と粉をご紹介。あわせてコーヒー初心者に向けた、種類や選ぶ際のポイントなども解説します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒー豆の種類

現在、飲用に使われているコーヒー豆で代表的なのが、アラビカ種とロブスタ種。アラビカ種はエチオピアが原産地で、1本の木からの収穫量が少なく、コーヒー専門店のブレンドなどで使われていることが多い種類です。

一方、中部アフリカのコンゴが原産のロブスタ種は、病害虫に強く、アラビカ種に比べて1本の木からの収穫量が多いのが特徴。苦みが強く、独特な香りを持つ品種で、インスタントコーヒーなどによく利用されています。

また、アラビカ種から突然変異して生まれた「ゲイシャ種」も人気。エチオピアで発見され、洗練された美味しさから世界中に広がった注目のコーヒー豆です。高価で希少なため、流通量が少ない点に留意しておきましょう。

コーヒー豆と粉の選び方

タイプで選ぶ

コーヒー豆

コーヒーが好きな方にぜひおすすめしたいのが、豆の状態で購入して、飲む直前に必要な分だけ挽くこと。挽きたての香りが楽しめるうえ、コーヒー豆が持つ個性や、本来の美味しさを存分に味わうことが可能です。

さらに、使いやすいコーヒーミルを揃えておくと、音と香りを感じながらコーヒーを淹れるプロセスをゆっくりと楽しめます。

コーヒー粉

コーヒー豆を挽くのが面倒な方は、あらかじめ粉にして販売されているモノがおすすめ。飲みたいときにさっと淹れられる手軽さが魅力です。来客や会議シーンなどで一度にたくさん淹れることが多い方は、コーヒー粉をチョイスしてみてください。

ただし、豆に比べると空気に触れる面積が広いため香りが飛びやすく、酸化しやすいのが難点。自分用にはコーヒー豆、大人数分淹れるときは粉とシーンに応じて使い分けるのもおすすめです。

焙煎度をチェック

浅煎り

浅煎りは、コーヒー豆にうっすらと焦げ目がついた状態からシナモン色に変わった状態までを示します。

浅煎りのコーヒー豆は、生豆特有のフルーティーな香りが感じられるのが特徴。また、酸味が強く引き出される傾向があり、コーヒーの苦みをあまり感じることなく爽やかで軽い口当たりが楽しめます。

お茶のようにあっさり飲めるので、焼き菓子や生のフルーツが入ったスイーツとの相性も良好。最近コーヒー業界で、新しい流行として人気を高めていることでも知られる焙煎度合いです。

中煎り

中煎りは、栗色の見た目まで焙煎された状態を指す呼び名です。市販のレギュラーコーヒーには中煎りのコーヒー豆が使用されることが多く、日本人に最も馴染み深い焙煎度合いでもあります。

中煎りのコーヒー豆は、酸味と苦みのバランスがとれているのが特徴。また、香りにはフルーティーさも残っている場合があります。コーヒー豆本来の風味を感じやすいので、主にブラックで飲みたい方におすすめです。

さらに、苦みが強い場合は砂糖で、酸味が強い場合はクリームで和らげられるため、幅広い味わい方が楽しめるのもポイント。料理やスイーツにも合う、比較的飲みやすい焙煎度合いです。

深煎り

By: amazon.co.jp

深煎りは長時間煎ることで、色が濃い茶褐色から黒褐色へと変わり、コーヒー豆の表面に油分が浮かび上がるのが特徴です。

深煎りのコーヒー豆は強い苦みが魅力で、口に含むと深いコクのあるビターな味わいが口全体に広がります。一方、酸味はほとんど感じません。豊かな香ばしさも深煎りしたコーヒー豆の特徴です。

深煎りの豆で淹れたコーヒーは強い苦みで口の中をリフレッシュできるので、目覚めの一杯や食後の口直しにもおすすめ。エスプレッソ用として使われるほか、カフェオレやカプチーノにすればデザートやおやつのお供にもなる焙煎度合いです。

自分好みの味を選ぶ

酸味

コーヒー豆を購入するときに、産地や銘柄のほかに気にしたいのが「焙煎度」。一般的に焙煎が浅いほど酸味が強いので、酸味のあるコーヒーが好きな方は、「浅煎り」と「中煎り」タイプがおすすめです。

浅煎りは、「シナモンロースト」「ライトロースト」に分類される豆で、苦みはあまり感じられず、酸味が強いタイプ。中煎りはほどよい酸味が感じられるタイプで、「ミディアムロースト」「ハイロースト」とも呼ばれています。幅広い層に人気のあるスタンダードな焙煎度です。

コク

コーヒー豆の焙煎度が深いほど、コクが増します。しっかりとしたコクのある味わいが好きな方は、中煎り~深煎りタイプがおすすめです。

深煎りは、「フレンチロースト」や「イタリアンロースト」と呼ばれるタイプ。濃い茶褐色で表面に脂分がにじみ、艶が出ているコーヒー豆です。酸味は抑えられ、深いコクのある味わいが楽しめます。

苦み

コクと同様に、焙煎度が深いほど苦みも増します。深煎りに分類される「フレンチロースト」や「イタリアンロースト」は、苦みとコクが強いのが特徴。最も焙煎度の深い「イタリアンロースト」は、豆によっては焦げた風味も加わります。

飲み方で選ぶ

ブラック向け

By: amazon.co.jp

ブラックで楽しみたいなら、酸味と苦みのバランスがとれた、浅煎りか中煎りのコーヒー豆がおすすめ。また、中煎りより少し焙煎を深くした「中深煎り」タイプだと、酸味と苦みに加えてコーヒー豆本来の甘みが感じられるのでブラックに向いています。「フルシティロースト」とも呼ばれ、日本でも幅広い層に好まれている焙煎度です。

さらに、さまざまなコーヒー豆を混ぜ合わせて飲みやすく仕上げた「ブレンド」が、各コーヒーメーカーから発売されています。クセのない美味しいブラックコーヒーを楽しめるためチェックしてみてください。

カフェオレやカフェラテ向け

ミルクを入れて楽しみたいのなら、深煎りの「フレンチロースト」がぴったり。苦みとコクがあるので、ミルクや砂糖との相性がよいのが特徴です。

コーヒーの銘柄でいえば、「マンデリン」がおすすめ。ミルクとのバランスがほどよい、美味しいカフェオレが楽しめます。また、エスプレッソを淹れたい場合は、さらに焙煎度の深い「イタリアンロースト」がぴったりです。

アイスコーヒー向け

By: amazon.co.jp

コクがあり、しっかりとした風味のアイスコーヒーが好きな方は、「フレンチロースト」や「イタリアンロースト」といった焙煎度が深いコーヒー豆がおすすめです。

一方、浅煎りタイプのコーヒー豆でアイスコーヒーを作ると、ほどよい酸味ですっきりした味わいに仕上がります。自分の好みの味にぴったりなコーヒー豆をチョイスしてみてください。

産地をチェック

同じ品種のコーヒー豆を栽培していても、産地によって風味が微妙に異なります。そのため産地の確認はコーヒー豆選びのなかでも重要な要素です。購入する際は風味の特徴を参考にしつつ、気に入ったコーヒー豆は産地を覚えておくと理解を深めることが可能です。

なお、コーヒー豆の有名な産地はアフリカや南米に集中していますが、インドネシアやベトナムなど、東南アジアの国々でもコーヒー豆は栽培されています。アフリカ産や南米産とは一味違った風味のコーヒー豆が楽しめるので、さまざまな産地のコーヒー豆を飲み比べてみるのがおすすめです。

コーヒー豆のおすすめランキング

第1位 澤井珈琲(SAWAI COFFEE) ビクトリーブレンド ブレンドフォルティシモ セット

1982年創業のコーヒー、紅茶専門店が販売するコーヒー豆です。濃厚な香りとコクが特徴の「ビクトリーブレンド」は、通常の2倍の時間をかけて煎り上げられたヨーロッパスタイルの中深煎りタイプ。チョコレートのような深いコクが感じられるので、カフェオレなどにも適しているコーヒー豆です。

「ブレンド・フォルティシモ」は、ブラジルの上位クラスである「サントス#2」がベース。上質なコーヒー豆のみが厳選されており、やさしい口当たりが特徴です。あっさりとした味わいでほどよいコクと香ばしさが感じられ、飲みやすいのが魅力。

2種類のブレンドコーヒーが1kgずつセットになっており、比較的リーズナブルな価格で購入できる点もおすすめです。

第2位 ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)

200gのコーヒー豆が、月1回2パック届くブルーボトルコーヒーのサブスクリプションサービス。上品なコクとバランスのとれた味わいが楽しめる「ベラ・ドノヴァン」や、チョコレートのような味わいの「ジャイアント・ステップス」など、おすすめのコーヒー豆が自宅に届きます。

また、構造や形状、流れにこだわって物理学者と共にデザインされたドリッパーと、オリジナルのフィルターがセットになった「ドリッパーセット」が別途用意されているのもポイント。合わせて購入すれば、ブルーボトルコーヒーのコーヒーをより楽しめます。毎月さまざまな味わいのコーヒーを堪能したい方におすすめです。

第3位 東京コーヒー(TOKYO COFFEE) TOKYO COFFEE BLEND

日本農林規格である「JAS」認定のオーガニックコーヒー豆です。無農薬で100%有機栽培なので、安心して使用可能。味への作用はもちろん、環境への影響も含めて厳選されたコーヒー豆が使われています。

主に南米のアラビカ種が使用されており、深いコクのある苦みと、ほのかな甘みを包み込む酸味が特徴。長く続くリッチな後味が楽しめます。シンプルなデザインのパッケージに入っているので、キッチンにそのまま置いてもおしゃれでおすすめです。

第4位 加藤珈琲店(KATO COFFEE) ゴールデンブレンド 怒涛の珈琲豆セット G500×4

世界の珈琲鑑定士が認めた高品質な「Qグレード」のコーヒー豆を使用しています。アメリカスペシャルティコーヒー協会(SCAA)のカッピング採点基準で、80点以上の高評価を獲得したコーヒーロットに与えられる「Q」の称号を取得。口当たりがマイルドで、コク・甘み・酸味がバランスよく調和した味わいを感じられます。

焙煎度合いは、中深煎りの「シティロースト」。香りもよく、さっぱり爽やかな味で、苦いコーヒーが苦手な方にもおすすめです。

第5位 ネスレ(Nestle) スターバックス レギュラーコーヒー カフェ ベロナ 220g

スターバックスの店舗でコーヒーを飲むのと同じように、家でも厳選された味わいを楽しめる豆タイプのレギュラーコーヒーです。豆は、香りが高いアラビカ種を使用。焙煎度としては深煎りにあたる「ダークロースト」で、深いコクがあります。

ダークココアのような、ほんのりとした甘さを感じられるのが特徴。チョコレートやカラメルなど、濃厚な甘みのある食べ物とよく合います。スイーツとともに、ゆったりとコーヒーブレイクを楽しみたい方におすすめです。

第6位 クラシカルコーヒーロースター(CLASSICAL COFFEE ROASTER) スペシャル エスプレッソ ブレンド

中南米産の上質なアラビカコーヒー豆を使用した製品です。じっくりと深煎りされているので、エスプレッソコーヒーにもぴったり。香ばしくビターな味わいは、アイスコーヒーにもおすすめです。

本製品は1kgのコーヒー豆が、チャックつきのスタンドパックに入っています。コーヒー豆から発生するガスを排出するための、高性能ガス抜きバルブもついており、コーヒー豆の鮮度が保ちやすい点もおすすめです。

第7位 国太楼(Kunitaro) 徳用500g キリマンジャロブレンド 豆

世界中の産地から新鮮なコーヒー豆を直輸入している国太楼の製品です。焙煎中の温度や流量など、品質管理に欠かせないデータをリアルタイムでモニタリング。「温度プロファイル」と呼ばれる記録機能を利用して、コーヒー豆の持つ本来のおいしさを引き出す焙煎を実現しています。

本製品の原産地は、タンザニアやコロンビアなど。アフリカや南米のコーヒー豆を、キリマンジャロの豊かな酸味が楽しめるようにブレンドしています。煎りたてのコーヒー豆をそのままパッケージングして、風味重視している点もおすすめです。

第8位 キーコーヒー(KEY COFFEE) プレミアムステージ スペシャルブレンド

コーヒーメーカーとして有名な「キーコーヒー」を代表するブレンドコーヒーです。酸味と苦みが調和した深い味わいが特徴。やや深煎りの本製品は、酸味・苦み・コクのバランスに優れており、万人受けしやすいメリットがあります。

原産地は、ブラジルやコロンビアなどの南米が中心。選りすぐりのアラビカコーヒー豆を100%使用しており、品質が高いのもポイントです。パッケージには、コーヒー豆が放出する炭酸ガスを袋外に排出し、外気は遮断できる特殊バルブを採用しています。200gという試しやすい分量で販売されている点もおすすめです。

第9位 藤田珈琲(FUJITA COFFEE) プレミアムラオスブレンド

東南アジアのラオス原産コーヒー豆を使用。コーヒー豆の育成に適した高原や山岳地帯で生産されるコーヒー豆が高く評価されています。

丸みを帯びたやさしい香りが特徴で、マイルドであっさりとした酸味の後に、柔らかな苦みと濃厚な甘みがバランスよく広がります。ナッツ系の香りの余韻が残っているので、コーヒー初心者にもおすすめです。

第10位 小川珈琲 有機珈琲バードフレンドリーブレンド 豆

生産から出荷までの工程を徹底管理した有機栽培のコーヒー豆です。環境への配慮が評価され、アメリカのスミソニアン国立動物園内にある「スミソニアン渡り鳥センター」によって、「バードフレンドリーコーヒー」の認証を得ています。

原産地は、グアテマラ・ホンジュラス・エチオピアなど。濃厚な甘みと、ビターチョコレートのような苦みのある味わいがおすすめです。小川珈琲のコーヒー豆は、「アフターミックス製法」と呼ばれる製法が採用されているのがポイント。コーヒー豆のコンディションに合わせて、焙煎した後にブレンドするので、味の特性を引き出しやすくなっています。

第11位 UCC上島珈琲 GOLD SPECIAL ゴールド スペシャル スペシャルブレンド

大手メーカーである「UCC」のコーヒー豆です。珈琲鑑定士が厳しい基準で世界中から厳選した豆を、産地に応じた焙煎プロファイルによって、豆ごとに異なる方法で焙煎しています。

本製品の原産地は、ブラジルやコロンビアなど。甘い香りと風味豊かなコクが特徴で、毎日飲んでも飲み飽きないおいしさが高い人気を誇っています。「ゴールド スペシャル」シリーズには、本製品のほかに、リッチブレンド・モカブレンド・キリマンジャロブレンドなどが存在。アイスコーヒー用の製品も用意されています。

第12位 カークランド(KIRKLAND) シグネチャー スターバックス ロースト ハウスブレンドコーヒー

コストコのプライベートブランドである「カークランド」のコーヒー豆です。パッケージに記載があるように、スターバックスとのコラボーレーションにより製造されており、本格的なコーヒーが自宅でも味わえます。コクと苦みが強く感じられるので、酸味が苦手な方でも飲みやすいのが魅力。

1.13kgと大容量ながら価格が安いため、毎日自宅で気軽に飲めるコーヒー豆を探している方におすすめです。

第13位 ドリップコーヒーファクトリー リッチブレンド コーヒー 豆

喫茶店全盛時代の味を再現したコーヒー豆です。古きよき時代をイメージして作られており、濃厚な味わいが特徴。珈琲焙煎師の監修のもとで丁寧に焙煎されており、酸味は控えめで、深い香りやコクが感じられます。

ホイップクリームをのせたウインナーコーヒーや、チョコレートやアーモンドなどと一緒に飲むのがおすすめです。

第14位 コクテール堂(Cocktail-Do) オールド5ブレンド

1949年創業の「コクテール堂」が作るロングセラーのコーヒー豆です。渋みを和らげて甘みやコクを引き出すために、コーヒー生豆を数十ヶ月にわたり山梨県韮崎市の工場でしっかりと熟成、乾燥など、エイジングを行っています。完成時にまろやかさや透明感のある味わいが得られるのが特徴です。

原産地は、ブラジルやコロンビアなどの南米。深煎りのフレンチローストタイプなので、アイスコーヒーが好みの方にもおすすめです。

第15位 ハラダ製茶(HARADA) 源宗園オリジナルコーヒー

静岡にある「ハラダ製茶」が販売するコーヒー豆です。お茶の文化に馴染み深い日本人の口に合いやすい味が特徴。老舗のお茶屋ならではの焙煎技術と独自のブレンドにより、酸味を抑えたコクのある味と香りに仕上げられています。

苦み・酸味・コクのバランスに優れているのが魅力。500g×4袋のセットながら、リーズナブルな価格で購入できるので、毎日飲むコーヒーにおすすめです。

第16位 神戸上島義弘ブレンド Uブレンド

1959年以来、多くの喫茶店で飲まれてきた「神戸上島義弘ブレンド」のコーヒー豆です。ブラジル産のコーヒー豆を中心に数種類をブレンド。上品な香りと調和のとれたすっきりとした味わいが特徴です。

150g×2袋のセットがリーズナブルな価格で購入できる点もおすすめ。懐かしい喫茶店の味を、毎日自宅で楽しめます。本製品はマイルドな味わいですが、カフェオレやアイスコーヒーに適したコクと苦みのある「Bブレンド」も人気です。

第17位 成城石井 エスプレッソ 450g 豆

買いつけ・開発・輸入を自社で行っている「成城石井」のコーヒー豆。洗練された風味を持つアラビカ種のコーヒー豆を100%使用し、芳醇な質感や甘味があるのが特徴です。

深煎り仕上げなので、豊かなコクと切れのよい苦みが味わえます。ぺーパードリップだけでなく、エスプレッソにもおすすめです。

第18位 辻本珈琲(TSUJIMOTO COFFEE) レギュラーコーヒー豆 スマトラマンデリン200g

自家焙煎した新鮮なコーヒー豆を豊富に取り揃えている「辻本珈琲」の製品です。インドネシアのスマトラ島で収穫された、最も良質とされるG1グレードのマンデリンを、じっくりと丁寧に焙煎しています。

重厚なコクとクリアな苦みや甘味によって、奥行きのある味わいに仕上がっているのがポイント。良質なコーヒーをゆっくり味わいたい方におすすめです。

第19位 土居珈琲(DOI COFFEE) 甘いブレンド スペシャルミックス

手作業で選別した良質な豆を使用し、注文を受けてから必要量のみ焙煎する、こだわりのコーヒー豆。40年以上もの試行錯誤を経て行き着いた、ビターチョコレートのような甘みが特徴です。

ブラジル産の銘柄をベースに、コロンビア産とメキシコ産をバランスよくブレンド。甘い香りとなめらかな口当たりで、毎日飲んでも飲み飽きないきれいな味わいが魅力です。

甘みを重視しているため、苦みや酸味の強いコーヒーが苦手な方にもおすすめ。鮮度の高いコーヒーの風味をぜひじっくりと堪能してみてください。

第20位 天馬珈琲 カフェインレスコーヒー 250g

水のみでカフェインを除去する「スイスウォーター方式」を採用したカフェインレスコーヒーです。カフェインを水に溶かして、特殊なフィルターでカフェインだけを除去。コーヒーの風味はしっかりと残っており、豆本来のコクも楽しめます。

適度な苦味と酸味があるブラジル産のコーヒー豆を使用。焙煎度合いは、中深煎りといわれる「フルシティロースト」です。コクと苦味が強調されており、香ばしい匂いが楽しめるのが特徴。就寝前にもコーヒーを飲みたい方におすすめです。

コーヒー粉のおすすめランキング

第1位 ヒルス(HILLS) ヒルス リッチブレンド

アメリカ・サンフランシスコでヒルス兄弟によって誕生した「ヒルスブロスコーヒー」のコーヒー粉です。原産地はベトナムやブラジルなど。やや深煎りの豊かなコクと芳ばしい香りが特徴です。

本製品は750g×1袋ですが、350g×1袋や350g×3袋などのラインナップも存在します。食後やくつろぎの一時に飲むコーヒーにおすすめです。

第2位 加藤珈琲店(KATO COFFEE) しゃちブレンド

パプアニューギニア産のコーヒー豆をブレンド。豊かで深みのある味わいが特徴のプレミアムコーヒーです。1つ1つの豆をチェックし、納得したモノのみを調達する「加藤珈琲」によって選ばれた良質な豆を、深めのフルシティローストに仕上げています。

100%アラビカ種の豆だけを使用しており、長時間じっくりと焙煎。豆が持つ本来の味が引き出されている点もおすすめです。

第3位 ライオンコーヒー(LION) バニラマカデミア

アメリカで古い歴史を持つ老舗の「ライオンコーヒー」が販売するコーヒー粉です。厳選されたコーヒー豆を、念入りにブレンド、焙煎する「ファンシーロースト」により、新鮮な味と香りを実現。バニラマカダミアの甘い香りが楽しめます。

酸味や苦みのバランスにも優れており、飲みやすいのも特徴。香りが甘すぎる場合には、ほかのコーヒー豆とブレンドしてコーヒーを淹れるのもおすすめです。

第4位 エージーエフ(AGF) ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド

喫茶店で飲むようなおいしさと香り高さが楽しめるコーヒー粉です。ブラジル産の最上級グレード豆の特徴に合わせて、AGF独自の「T²ACMI焙煎」を採用。豊かなコクと深く濃い香りを実現しています。

パッケージには外気の侵入を防ぐバルブを搭載。コーヒー粉の香りが飛びにくい仕様です。輸入したコーヒー豆は全ロットを残留農薬検査しており、安心してコーヒーが楽しめる点もおすすめ。コーヒー豆の焙煎から充填まで全て日本国内で製造されている点も魅力です。

第5位 ネスレ(Nestle) スターバックス レギュラーコーヒー ブレックファースト ブレンド 160g

自宅でスターバックスの味が楽しめるおすすめのコーヒー粉です。本製品は、マイルドで爽やかな後味の「ブレックファースト ブレンド」。1日の始まりにふさわしい飲みやすいコーヒーが淹れられます。

香りやコクのバランスに優れた「ハウス ブレンド」や、ダークココアのような口あたりの「カフェ ベロナ」、ソフトなココアと軽く煎ったナッツの繊細なニュアンスが感じられる「ライトノート ブレンド」など、ラインナップが豊富に用意されているので、チェックしてみてください。

第6位 エージーエフ(AGF) マキシム レギュラー・コーヒー マスターおすすめのモカ・ブレンド

コク・酸味・苦みのバランスに優れたコーヒー粉です。風味鑑定士の資格を持つコーヒーマスターが、ブレンドから焙煎までを監修。プロお墨つきの味を楽しめる点が魅力です。コク3・酸味4・苦味2の割合でブレンドすることにより、豊かなコクとすっきりとした味わいを実現しています。

本製品は、コーヒーメーカー・サイフォン・水出しコーヒーポットなど、さまざまな器具に対応。アイスコーヒーも簡単に淹れられます。コーヒー豆の焙煎から充填までは、全て国内の工場で生産。日本人の味覚に合わせて開発されている点もおすすめです。

第7位 UCC上島珈琲 ROAST MASTER リッチ

UCCの焙煎職人のなかから選ばれた「ローストチャンピオン」の熟練の技術を駆使して作られたコーヒー粉です。焙煎機や生豆の特性に合わせて、焙煎温度や時間を決定。繊細な焙煎プロファイルにより、理想的な味わいを実現しています。

本製品は、深煎りのシティローストを採用。酸味を抑えた深いコクが特徴で、カフェラテやカフェオレにもおすすめです。

第8位 ティーライフ(Tea Life) 水出し珈琲

煮出し不要で簡単に楽しめる水出し珈琲です。ベトナム・ブラジル産のコーヒー豆をブレンドし、理想的な味と香りを実現。フルシティローストにより酸味を弱めて苦味を強めることで、コクを高めています。ロブスタ品種がブレンドされているのも特徴です。

ミルクや砂糖、氷を入れても風味が損なわれにくいのが魅力。アイスコーヒーを楽しみたい場合におすすめです。500〜600mlの水にティーバッグ1袋を入れて、4時間ほど冷蔵庫に入れておくだけで簡単にアイスコーヒーが楽しめます。

第9位 ビーンズトーク(BEANS TALK) オリジナル ブレンドコーヒー

飲みやすくバランスに優れたおすすめのコーヒー粉です。ブラジルの大粒豆がベース。専門の焙煎士が理想的な味わいに焼き上げており、コクと旨味を深めています。

パッケージには、コーヒー豆から出るガスは袋外に放出し、外気は遮断できる「ワンウェイバルブ」を採用。比較的リーズナブルな価格で購入できますが、すっきりしたバランスのよい味わいを楽しめます。

第10位 CON SOC COFFEE フレーバーコーヒー

かわいらしいリスのマークがついた「CON SOC COFFEE」のフレーバーコーヒーです。ジャコウネコのフンから採取されるコーヒーは広く知られていますが、本製品はリスのフンからできています。

コクと苦みのバランスに優れており、上品な甘い香りが特徴。酸味は抑えめで後味がすっきりとしており、飲みやすいコーヒーが淹れられます。香りが甘くヘーゼルナッツの風味を持っているので、アイスコーヒーにもぴったり。ミルクを入れて飲むのもおすすめです。

第11位 加藤珈琲店(KATO COFFEE) スペシャルアイスブレンドセット

珈琲専門店がブレンドしたアイスコーヒー用のコーヒー粉です。コロンビア・ブラジル産の上質なコーヒー豆を使用。深煎りのフレンチローストで仕上げており、深みのあるコクと香りが楽しめます。

本製品は中挽きされたコーヒー粉ですが、豆のままでも購入可能。1kgと大容量なので、人数の多い家庭やオフィス用におすすめです。

第12位 自家焙煎珈琲 やすらぎ(YASURAGI COFFEE) お試し 飲み比べセットB

3種類の味わいが楽しめるコーヒー粉です。「東インドの女王」と呼ばれるカロシをベースにした「トラジャブレンド」は、深いコクとほどよい苦みが特徴。ブラジル産のコーヒー豆もブレンドされており、甘みもプラスされています。

「コロンビアブレンド」は、柔らかな酸味と甘みに加えて、奥深いコクのある味わいが特徴。コク・甘味・香味のバランスに優れています。「AAパプアニューギニア シグリ」は、清涼な気候と十分な降水量のある豊かな土壌で育成されたコーヒー豆を使用。酸味や苦みが控えめで、飲みやすくおすすめです。

第13位 キーコーヒー(KEY COFFEE) イリーブレンド モカ 粉 ミディアムロースト

世界中から厳選した複数のアラビカ種豆を使用したコーヒー粉です。イリーオリジナルのレシピでブレンドされており、酸味と苦味のバランスに優れているのが特徴。ミディアムローストを採用して、キャラメルやチョコレートのような甘い香りも実現しています。

世界140ヶ国、50000店ものレストランやバールで使用されており、飲みやすさや品質の高さでもおすすめです。

第14位 小川珈琲 京都 西京極 小川珈琲店シリーズ カフェインレスブレンド 180g 粉

まろやかで飲みやすい味わいのコーヒー粉です。コロンビア産コーヒー豆のコクと、グアテマラ産コーヒー豆のやさしい酸味が調和。コクや酸味、甘みのバランスに優れているのが特徴です。

本製品は、水を用いてコーヒーの生豆に含まれるカフェインを約97%以上カット。カフェインが気になる方にもおすすめです。

第15位 キンボ(KIMBO) エスプレッソ粉 ゴールド 250g

エスプレッソも楽しめる強いコクが特徴のコーヒー粉です。高級なアラビカ種のコーヒー豆のみを使って作られており、バランスのとれた酸味と甘みを実現。心地よい後味が残る点もおすすめです。

「キンボ」のコーヒーは、強く芳ばしい香りが創業から50年以上の間、世界中で人気。味だけでなく、コーヒーのアロマを楽しみたい方にもおすすめです。

第16位 横砂園 エチオピア モカ イリガチャフ G1 500g

コーヒー発祥の地ともいわれるエチオピア産の豆を使用したコーヒー粉です。「イリガチャフ」に使用されるコーヒー豆は、エチオピア南シダモ地方の高地で栽培されています。バランスのとれた酸味や、花のような甘い香りが特徴。新しいタイプのモカフレーバーが楽しめます。

本製品は浅煎りですが、中煎り・中深煎り・深煎り・アイス用・おまかせなどが選択可能。また、好みに合わせて豆の引き方を選択できる点もおすすめです。

第17位 カルディ(KALDI) マイルドカルディ 200g

コーヒーと輸入食品を取り扱う「カルディ」のコーヒー豆。ブラジル産やコロンビア産の銘柄をブレンドしてやわらかな甘みを引き出した、カルディ定番の人気アイテムです。濃い目に淹れてアイスコーヒーにするなど、さまざまな飲み方を楽しめます。

また、比較的お手頃価格なのもポイント。毎日気軽に飲める、コストパフォーマンスの高いコーヒーを探している方におすすめです。

なお、カルディのオリジナルコーヒー豆には、イタリアンローストやモカフレンチなど多様なバリエーションがあるので、ぜひチェックしてみてください。

第18位 銀座カフェーパウリスタ(CAFE PAULISTA) 森のコーヒー 粉 200g

銀座に店舗を構える老舗のコーヒー専門店、「銀座カフェーパウリスタ」のコーヒー粉です。農薬や化学肥料を使っていないのがポイント。爽やかな酸味と豊かなコクを併せ持つ、バランスのよい味わいが特徴です。

苦味が少ないので、コーヒー独特の苦味が得意でない方にもおすすめ。気になる方はチェックしてみてください。

番外編|コーヒー豆の挽き方の種類をチェック

コーヒーは、挽いた豆の大きさよって極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽きの5種類に分類されます。

極細挽きは、最も細かい挽き方で大きさは上白糖程度。パウダー状になっており、エスプレッソやターキッシュコーヒー(トルコ式コーヒー)に適しています。細挽きは、上白糖とグラニュー糖の中間くらいの大きさで、水出しコーヒーなどにぴったりです。

中細挽きは、市販のレギュラーコーヒーに多く見られるタイプで、大きさはグラニュー糖程度。ペーパードリップやコーヒーメーカーと好相性です。中挽きは、グラニュー糖とザラメの中間ほどの大きさで、サイフォンやネルドリップ向き。最も粗い挽き方の粗挽きは、ザラメくらいの大きさで時間をかけてじっくり抽出するフレンチプレスやパーコレーターなどに適しています。

なお、細かく挽くほど成分が抽出されて苦味の強い濃厚な味になり、荒く挽くほど酸味のあるすっきりとした味わいになるのが特徴。好みや気分に合わせて挽き方を変えてみてください。

番外編|コーヒー豆の保存方法をチェック

開封後は空気に触れると酸化が進むので、焙煎してから1ヵ月以内には飲み切りましょう。1ヵ月で消費しきれない場合は、密閉容器に入れて直射日光や高温多湿を避けて常温保存すると、香りと味が長持ちします。冷蔵庫には入れず、食器棚などに置いて保存するのがベストです。

豆の状態であれば、冷凍庫に入れて長期保存できます。しかし、どんな保存方法であっても長期保存すれば味と香りは落ちていくため、自分の消費ペースを考慮してコーヒー豆を購入するのが大切です。

コーヒー豆のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

コーヒー豆のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。