ワイン通にも人気がある「アルゼンチンワイン」。ブドウ造りに適した立地や気候に恵まれているアルゼンチンには多くのワイナリーが存在することで有名です。冷涼で乾燥したアンデス山脈の麓で日差しをたっぷり浴びて育つブドウは、甘みと酸味が強いためおいしいワインに仕上がります。

アルゼンチンワインはコスパのよいモノから高級なヴィンテージワインまであり、種類も豊富。そこで今回は、アルゼンチンワインのおすすめ銘柄をご紹介します。あわせて選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

アルゼンチンワインの特徴

アルゼンチンワインに使われるブドウの主要品種は、赤ワインが黒ブドウのマルベック種、白ワインが白ブドウのトロンテス種です。どちらのブドウも香り豊かで酸味があるフレッシュな味わいが特徴で、ワインもベリー系や柑橘系の香りがするやや酸味が強い味に仕上がります。

アルゼンチンにはオーガニックワインの製造に力を入れているワイナリーが多数存在することでも有名です。昼夜の気温差が激しい気候により害虫が付きにくいため、農薬を使わずにブドウを育てて手摘みで収穫しています。オーガニックの高級ワインは世界各国でも人気です。

南アメリカ南部に位置するアルゼンチンは国土が縦長に広がっているため、ブドウの産地も国内各地に点在しており、それぞれに違う味わいのワインを造り出しています。

アルゼンチンワインの選び方

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

メンドーサ州

アルゼンチンワインの8割が生産されるメンドーサ州。山々で雨が遮られる乾燥した砂漠地帯になっており、酸味と果実味の強いブドウが育ちます。世界10大ワイン首都の1つとされ、マルベック種だけでなくカベルネ・ソーヴィニヨン種やメルロー種なども盛んに栽培されていることで有名です。

メンドーサ州で生産される赤ワインはパンチのある力強い味が特徴。肉料理にピッタリな味わいなので、アルゼンチン本国でもデイリーワインとして飲まれています。ルハン・デ・クージョ地区で生産されるマルベック種の赤ワインは高品質なワインとして有名です。

白ワインはメンドーサ州のなかでも標高が高いウコ・ヴァレーで造られるモノが人気。フレッシュな果実味とさっぱりした酸味のバランスがよく、上質で高級な白ワインとして世界各国で飲まれています。

サン・ファン州

サン・ファン州はアルゼンチン第2のワイン産地。1年間のうち平均330日が晴天に恵まれるというワイン造りに最適な天候が特徴の地域です。広大な敷地では、カルベネ・フラン種やシャルドネ種が主に栽培されており、多くの銘柄が日本にも輸出されています。

赤ワインはチェリーや干しブドウを思わせる甘い香りとふくよかさを感じさせる口当たりが特徴。タンニンをしっかり感じられる渋みもあり、味の濃い料理に合わせるとよりおいしさを感じられます。

サン・ファン州は赤ワインより白ワインの方が多く製造されていることでも有名です。シャルドネやセミヨンをはじめ、ピノブランなども人気があります。さっぱりした味わいのなかにもブドウの渋みと甘みがしっかり感じられるのが特徴です。

サルタ州

アルゼンチン最北のワイン産地であるサルタ州は赤道が近く気温が高い地域のため、標高の高い場所でブドウを生産しています。標高の高いブドウ畑が標高3000mを超える場所に存在しているのも特徴です。

サルタ州で造られるワインはトロンテス種を使った白ワインがメイン。香り高い白ブドウから造られるワインはフレッシュで飲みやすく、デイリーワインとしても親しまれています。クセのあるワインが苦手な方におすすめです。

リオ・ネグロ州

アルゼンチンの中心部にあるリオ・ネグロ州はパタゴニア地域の北端に位置し、湿度が最高でも30%程度の乾燥地域。年間降水量が少なく風と日差しが強いという好条件なので、ブドウに病気や害虫が寄りつきにくく、酸味と甘みを凝縮させて育ちます。

赤ワインはピノ・ノワールが有名。山の雪解け水に含まれるミネラルや養分をしっかり吸い上げて育ったブドウから造られるため、果実味と渋味と酸味のバランスが絶妙なおいしいワインに仕上がります。

白ワインはやや緑がかったソーヴィニヨン・ブランが人気。酸味が強くフレッシュで爽やかな風味なので、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。ハーブや柑橘系を思わせる豊かな香りも感じられるので、初心者にも飲みやすいワインといえます。

品種で選ぶ

By: amazon.co.jp

マルベック

アルゼンチンワインを有名にした黒ぶどう品種のマルベックから造られる赤ワインは、濃い赤褐色が美しくブラックチェリーやカシスを思わせる甘い風味が特徴。力強い味とタンニンをしっかり感じられるため、ステーキなどの肉料理に合わせるのがおすすめです。

マルベック種のワインにはフルボディのモノが多く存在します。初心者には敬遠されがちなフルボディですが、果実味があるため飲みやすいのが魅力です。フレッシュ感と重さの両方を好む赤ワイン通にも人気があります。

オーク樽で熟成した甘くスパイスのような風味が感じられる赤ワインは、高級ワインとして有名です。また、マルベック種にカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローをブレンドした赤ワインもあり、濃厚な味と飲みやすさで人気があります。

トロンテス

アルゼンチンの白ワインを有名にしたトロンテス種は標高の高い地域で造られており、ピーチやメロンのような果実味と爽やかな香りが特徴。ワインにもブドウの特徴を生かすため、樽で熟成させずに出荷されています。

トロンテス種からは多くのオーガニックワインが造られていることでも有名です。フレッシュな味わいとハーブのような香りを感じる白ワインに仕上がるため、ワイン初心者や苦みが苦手な方にも適しています。

トロンテス種の白ワインには、スパイシーな料理を合わせるのがベスト。辛い料理を食べた後に飲むと、爽やかな味と香りで口の中をリフレッシュできます。薬味の多い料理とも相性がよいため、さまざまな料理に合わせて楽しんでみましょう。

ワイナリーで選ぶ

By: amazon.co.jp

アルゼンチンには多くのワイナリーが存在し、それぞれに特徴のあるワインを製造しています。産地やブドウ品種でワインを決められない場合は、自分に合った味のワインを造っているワイナリーを見つけ出すのもおすすめです。

なかでも、イタリアの名門オーナーが経営するボデガ・チャクラは、アルゼンチンの恵まれた気候と環境を生かし、無農薬でブドウを育ていることで有名です。風味も香りもよいオーガニックワインを探している方は、ボデガ・チャクラのワインにチャレンジしてみましょう。

ボデガス・カリアは生産コストを下げることでリーズナブルな本格ワインを手掛けているワイナリー。設立して約7年という新しいワイナリーですが、気軽に飲めるおいしいワインの人気が広まり急成長を遂げています。

老舗のボデガ・ノートンは、高級ワインのような本格的な味わいのワインを低価格で発売することで有名。テーブルワインにも上質なモノを選びたい方に好まれています。いつもより少しだけ高いワインを記念日やイベントで飲みたいというときにおすすめです。

アルゼンチンワインのおすすめ

カテナ マルベック2017 赤

カテナはメンドーサ州にある有名ワイナリー。本銘柄は、カテナ家所有の畑から収穫されるブドウの品種をいくつかブレンドして醗酵と熟成を行っています。フレンチオークとアメリカンオークの樽で約1年熟成させているのがポイント。10年以上の熟成にも耐えられる酒質ですが、すぐに飲んでも熟成感を楽しめるのが魅力です。

深い色合いのワインはカシスを感じさせる果実味が特徴。樽で熟成しているためチョコレートのような香ばしい香りが漂います。辛口のミディアムボディなので肉料理だけでなく、イタリア料理やフランス料理とも好相性のワインです。

ボデガ・ノートン カベルネ・ソーヴィニョン・レゼルヴァ 赤

濃厚な味わいが魅力の赤ワイン。ブラックチェリーやカシスを感じさせる芳醇な香りと、しっかりとしたタンニンが味わえます。辛口のフルボディとは思えない、安価な値段設定も人気の理由です。

果実味が濃くタンニンの渋さも味わえるので、コスパのよいおいしい赤ワインを探している方におすすめ。肉料理や濃厚なビーフシチューにもよく合うカベルネ種の赤ワインです。

カリア アルタ シラー マルベック 2018 赤

本製品はイギリスのボデガス・カリア氏が、アルゼンチンのサン・ファン州で製造している赤ワイン。「アルタ シラー マルベック 2018」は、シラー種とマルベック種をブレンドした赤ワインです。

2つのブドウの個性が生かされており、チェリーに似た甘い香りとほのかにタンニンを感じられるのがポイント。フルボディに仕上がっているので、スパイシーなエスニック料理や濃厚な肉料理によく合います。飲みごたえのある香り高い赤ワインです。

ボデガ・チャクラ バルダ 赤

ボデガ・チャクラは、イタリアのスーパートスカーナワインを手掛けるオーナーがアルゼンチンで立ち上げたワイナリー。リオ・ネグロ州を含むパタゴニア地方は冷涼で乾燥した気候のため、病気に強く味の濃いブドウが採れるのが魅力です。

本銘柄は、イタリア仕込みの巧みな技で造られており、フレッシュなストロベリーやラズベリーのような甘い香りが特徴。果実味たっぷりの濃厚な味わいなので、赤ワインが好きな方に適しています。香りも味も上質なミディアムボディの赤ワインです。

ミッシェル・トリノ クマ オーガニック トロンテス 白

1000円前後の安いオーガニックワインを探している方におすすめの白ワイン。ミッシェル・トリノはサルタ州カファジャテ最大の生産者で、無農薬の有機栽培ブドウで造るオーガニックワインに「クマ」というブランド名を付けて発売しています。

本銘柄は、バラやジャスミンを感じさせるフローラルな香りと、トロンテス種ならではの豊かな果実味は前菜やサラダと好相性。「クマ=ピュア」という意味通り、すっきりした味わいでソーセージやハムにもよく合う白ワインです。

ボデガス・エスメラルダ ティリア シャルドネ 2018 白

アルゼンチン有数のワイナリーとして有名なボデガス・エスメラルダ社の白ワイン。メンドーサ州の東と南にある別々の畑で収穫されたシャルドネ種を原料としています。桃やパイナップルを連想させるフレッシュな香りとまろやかな口当たりが感じられるので、初心者にも最適です。

さっぱりした味わいなので、天ぷらやお寿司などの和食との相性が抜群。洋食に合わせるならクリーム系のパスタやグラタンがおすすめです。価格が安いのでデイリーワインにも最適。爽やかな香りとフルーティーな味わいの白ワインです。

モンテス カイケン・ウルトラ・シャルドネ 白

ホームパーティーやちょっとしたお祝いにぴったりなスパークリングワイン。カイケンはモンテス社がアルゼンチンに所有するワイナリーで、優れたテロワールとして知られる、グアルタジャリー地区で栽培されたシャルドネ種を使ってワインを造っています。

本銘柄は、桃やメロンのような甘い果実の香りと、パンチのある果実の旨味が特徴。甘く濃厚な味わいなので、魚のムニエルやグラタンに合わせると好相性です。味も香りも甘さを感じられる白ワインは初心者の方にも飲みやすいので、チャレンジしてみてください。

ボデガ・ノートン レゼルヴァ・シャルドネ 白

ボデガ・ノートンはクリスタルガラスで有名なスワロフスキー社が所有するワイナリー。日本でも広く流通しているアルゼンチンワインを多数生み出しています。本銘柄は樹齢30年以上の畑から厳選したブドウだけを使用し、樽でじっくり1年熟成させたあと、瓶内熟成を経て造られています。

本銘柄は、柑橘系の香りが強いのが特徴。樽で熟成させたことによって、バニラのようなエッセンスも感じられます。濃厚なシャルドネの味に適度な酸味が加わっており、和食から洋食までどんな料理にも合わせやすいワインです。

サンタ・アナ トロンテス 白

サンタ・アナはメンドーサ州とサン・ファン州に4つのワイナリーを保有する老舗ワイナリー。高品質でコスパのよいワインは、世界各国でデイリーワインとして楽しまれています。本銘柄はスクリューキャップなので、手軽に飲めるのも魅力です。

トロンテス種のブドウを豊富に使ったワインは、マスカットのような甘い香りが特徴。口当たりがまろやかでほんのり甘いので、ワイン初心者におすすめです。飲んだ後は口に甘さが残らず、さっぱりするのもポイント。魚料理と相性のよい白ワインです。