バンドのサウンドをささえる要となるベース。愛用のベース本来のサウンドを引き出すためには弦の選択は欠かせません。ただし、ベース弦にはさまざまなタイプがあり選ぶのが難しい場合も。特にはじめて交換する方はどれを選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、ベース弦のおすすめをご紹介します。選び方も解説するので、これからベースを始める方や新しい弦を探している方はチェックしてみてください。

ベース弦の選び方

弦の巻き方で選ぶ

ラウンドワウンド

ベース弦は、中心の芯線に細い巻線が巻き付いている構造になっています。断面の丸い巻線を採用しているタイプがラウンドワウンドです。表面が凸凹でザラザラとした手触りが特徴。サウンドは立ち上がりの早い明るい音色でサスティーンが長く、指弾き・ピック弾き・スラップなど、さまざまな奏法に対応します。

使いやすさからもっとも多く使用されているポピュラーなタイプで、初心者が弦選びで悩んだときの選択としておすすめです。ただ、長期間交換しないと汗や汚れによって劣化しやすく、丸みを帯びたサウンドに変化する特性もあります。

フラットワウンド

四角い形状の巻線を巻いているタイプです。表面はなめらかでツルツルした感触が特徴。サウンドは甘めで落ち着きがあり、サスティーンは短めです。アコースティックベースやジャズ系のベースに適しています。

また、表面のなめらかさはフレットレスベースの指板を守る効果があるほか、音の倍音成分が少なく暗めの音色なのでフレットレスベースで使用される場合も多いです。テンションはラウンドワウンドと比較して強めで指との摩擦が大きいため、慣れが必要なタイプでもあります。

ハーフラウンド

ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間的な特性をもったタイプです。芯線の内側が丸い巻線で外側が平らな巻線を巻いており、ラウンドワウンドの表面を削って平らに加工されたタイプもハーフラウンドと呼ばれます。

サウンドもやはりラウンドワウンドとフラットワウンドの中間的な印象で、こもりすぎずに適度なきらびやかさがあるのが特徴。表面が平らで弾きやすくノイズも少ないのがメリットですが、種類が少なく選択肢があまりないのが難点です。

弦の素材で選ぶ

ニッケル

ベース弦ではもっともポピュラーな素材で、工場から出荷する際の標準弦として多くのメーカーに採用されています。種類が多くリーズナブルに購入できるうえ、耐久性やサウンドも総合的にバランスがとれており、弦の素材に迷ったときにおすすめのタイプです。

なめらかな弾き心地が特徴で、サウンドは中音域の押出しが強めの印象。音にクセがなくバランスに優れているため、さまざまなジャンルや奏法に対応できるオールラウンドな素材です。

ステンレス

硬くさびに強い特徴をもった素材です。弾き心地も硬めでザラザラした感触が特徴。サウンドは明るめで高音域が際立ったギラギラする音色で、音の立ち上がりも早いためスラップ奏法を多用するベーシストが多く愛用しています。

ステンレスのベース弦は耐久性に優れているのがメリットですが、音が硬くなりやすいため音作りする際は注意が必要です。

コーティング弦かどうかで選ぶ

ベース弦は金属なので皮脂や汗などの汚れによって劣化します。弦の表面に特殊なコーティングを施しており、さびにくいのがコーティング弦です。コーティングによって汚れの付着を防止し寿命が長くなるうえ、表面がなめらかで弾きやすくなりフィンガリングノイズも減少します。

サウンドはコーティングしていない弦と比較するとやや落ち着きのある音色です。価格は他の弦と比べて高めですが、通常タイプより2~3倍長持ちするため、長い目で見ればコストを減らせる経済的な効果も期待できます。

弦の太さで選ぶ

ベース弦は、太さによってテンション感が異なり弾き心地も変わるため、太さの選択は重要です。弦の太さはインチで表示されており、「45」また「045」などと表記されています。1弦から純に45・65・85・105インチがセットになっているのが、もっともポピュラーなレギュラーゲージです。

サウンドは太くなるほど中低域が多めの重厚な印象になり、細くなると高域の際立ったギラついた音になります。初心者であればまずはレギュラーゲージを試した後、テンション具合や弾きやすさ、サウンドを確認してから太い弦、細い弦と自分に合った太さを見つけるのがおすすめです。

ベースのスケールに合わせて選ぶ

スケールとはナットからブリッジサドルまでの長さ。使用しているベースによってスケールは異なり、適合した弦を選択しないと張れない場合もあるため注意が必要です。ベースのスケールには4種類あり、もっとも一般的なのが「ロングスケール」。ジャズベースやプレシジョンベースに多く使用されます。

他弦ベースに採用されているのが「スーパーロングスケール」です。SGシェイプなどのギブソン系ベースに多いのが「ミディアムスケール」。女性や子供にも弾きやすい、ムスタングベースなど小さめのベースに採用されるのが「ショートスケール」です。

ベース弦のおすすめ

ダダリオ(D’Addario) ベース弦 ニッケル Long Scale 045-100 EXL170

ダダリオ(D'Addario) ベース弦 ニッケル Long Scale 045-100 EXL170

弦専門メーカーとして世界中のアーティストから支持されている「ダダリオ」のベース弦です。素材はニッケルを採用しているほか、ロングスケールで太さは045-100と、さまざまなベースとの相性がよいベーシックなモデル。高品質ながら手頃な価格なので、はじめて弦を交換する方や初心者におすすめです。

形状は断面の丸い形状を採用したラウンドワウンド。ブライトなサウンドと正確なピッチが特徴で、チューニングの精度の高さもポイントです。指弾き・ピック弾き・スラップなど、さまざまな奏法に対応します。

ダダリオ(D’Addario) ベース弦 ハーフラウンド/ピュアニッケル Short Scale 045-100 ENR71S

ダダリオ(D'Addario) ベース弦 ハーフラウンド/ピュアニッケル Short Scale 045-100 ENR71S

形状にラウンドワウンドとフラットワウンドの中間的な特性を持つ、ハーフラウンドを採用したベース弦。フラットワウンドより明るめでラウンドワウンドよりはギラツキの少ないバランスに優れたサウンドです。中域が強めで甘めのサウンドを求めている方におすすめ。

巻線にはピュアニッケルを使用し高精度な研磨加工を施しており、フラットな表面に仕上げられているのが特徴です。フィンガーノイズが少なく、指板を傷つけにくいもポイント。本製品はショートスケールなので、ムスタングベースなど小さめのベースに適しています。

ダダリオ(D’Addario) ベース弦 NYXL Long Scale 5弦 045-130 NYXL

ダダリオ(D'Addario) ベース弦 NYXL Long Scale 5弦 045-130 NYXL

もっとも一般的なロングスケールの5弦ベース弦。ダダリオ独自の高炭素カーボン「NY STEEL」を芯線に採用しており、通常のベース弦より広いダイナミックレンジとサスティーンを持つモデルです。

巻き弦にはニッケルメッキを採用しており、バランスに優れた汎用性の高さが特徴。チューニングの安定性も抜群で、さまざまなタイプのジャンルや奏法に対応します。サウンドは低音のパンチが効いた力強い音色。価格はスタンダードなモデルより少し高めなので、ライブ用やレコーディング用としておすすめです。

エリクサー(Elixir) ベース弦 NANOWEB ニッケル Long Scale Light/Medium 045-105 14077

エリクサー(Elixir) ベース弦 NANOWEB ニッケル Long Scale Light/Medium 045-105 14077

特殊技術のコーティングを施している弦が高く評価されている「エリクサー」のベース弦。他メーカーのコーティング弦は巻線のみにコーティングを施していますが、エリクサーでは弦全体をすっぽりと覆うようにコーティング。一般的な弦と比べて2~3倍の長寿命を実現しています。

当モデルは5弦ベース用で素材にはステンレスを採用。コーティングを施していないラウンドワウンド弦より落ち着きのあるサウンドで、フィンガーノイズも少ないのが特徴です。通常のベース弦と比較して少し高めですが、長期間使い続けられるため経済的にお得。練習用の弦として張りっぱなしで長期間使用したい方におすすめです。

エリクサー(Elixir) ベース弦 NANOWEB ステンレス Long Scale 5弦 Light 045-130 14777

エリクサー(Elixir) ベース弦 NANOWEB ステンレス Long Scale 5弦 Light 045-130 14777

エリクサーの独自技術「ナノウェブ極薄コーティング」を施した5弦ベース弦。従来のポリウェブコーティングと原理・手法は同様ながらコーティング厚を約30%薄くすることに成功しています。一般的な弦と比較しても弾き心地や感触も近く、はじめてコーティング弦を使用する方におすすめです。

スケールはロングスケールでもっとも一般的なタイプ。ジャズベースやプレシジョンベースに適しています。素材にはステンレスを採用しており、コーティングの効果と相まって長寿命なのも魅力です。サウンドはニッケルコーティング弦と比較した場合、ややくっきりとしたブライトさのあるサウンドに仕上がります。

アーニーボール(ERNIE BALL) 2834 ベース弦 45-100 スーパースリンキー

アーニーボール(ERNIE BALL) 2834 ベース弦 45-100 スーパースリンキー

高品質ながらリーズナブルな価格の製品を多くラインナップしている「アーニーボール」のベース弦。南カリフォルニア州の工場で高品質の材料を使用して製造されており、世界中の多くのベーシストが愛用しているモデルです。

形状はラウンドワウンドで、太さ045-100とテンション感は弱めなのが特徴。やわらかく弾きやすく指への負担が少ないため、初心者におすすめです。テンション弱めながら張りのある音質で、ハイからローまでバランスのとれたブライトなサウンドも魅力。また、指の力の弱い女性でもしっかりとした音を出せるのもポイントです。

サドウスキー(SADOWSKY) SBN45B Blue ブルーラベル ニッケル 5弦ベース弦

サドウスキー(SADOWSKY) SBN45B Blue ブルーラベル ニッケル 5弦ベース弦

米国ニューヨーク州に拠点をかまえている楽器の企画・製造・販売をおこっている「サドウスキー」の5弦ベース弦。小企業ながら確かな品質を誇っており、ハイエンド楽器メーカーとして高く評価されています。

本モデルは素材にニッケルを採用したラウンドワウンド弦で、手触りがよく弾きやすいのが特徴。ほどよいテンション感があり、立ち上がりの早いしっかりとした低音と、細かい高音も出せるバランスに優れたサウンドを実現しています。高クオリティで手頃なモデルを探している方におすすめです。

バッカス(Bacchus) ベース弦 BBS40

バッカス(Bacchus) ベース弦 BBS40

ハイエンドモデルからエントリーモデルまでハンドメイドギター・ベースの製造・販売をおこなっている「バッカス」のベース弦です。ベース弦のなかでは最安値クラスのリーズナブルな価格ながらも、一般的なモデルと変わらない耐久性が特徴。頻繁に交換して常に新品の弾き心地を楽しみたい方におすすめです。

素材にニッケルを採用したラウンドワウンド弦でロングスケール。太さ040-100とテンションは弱めなので、初心者や女性にも適しています。サウンドもクセがないため、幅広いジャンルや奏法に対応するオールラウンドなモデルです。

Inner Wood 頑固弦 4st Regular set 45-105

Inner Wood 頑固弦 4st Regular set 45-105

ハイエンドベースで多くのベーシストに支持されている「Inner Wood」のベース弦です。一般的なモデルの包装は丸くまとめられていますが、巻かれていないストレートな状態で出荷されるのが特徴。巻グセによるビビリやトラブルが少なく、弦高を低めにセッティングする方におすすめです。

ペグが1列に並んでいるフェンダースタイルのベースなら弦を切らずにセットできます。当モデルは4弦ベース用で045-105のレギュラーゲージ。ワンランク細い043-100のミディアムゲージと、さらに細い040-100のライトゲージもラインナップされています。

アリアプロII (AriaproII) ベース弦 AGS-700 FW

アリアプロII (AriaproII) ベース弦 AGS-700 FW

四角い形状の巻線を巻いた「フラットワウンド」のベース弦。表面がなめらかなので、フレットレスベースの指板を傷つけたいくない方におすすめのモデルです。なめらかでやさしい印象のサウンドなので、アコースティックベースやジャズ系のベースで指弾きするスタイルに適しています。

また、ツルツルした手触りで指先が痛くならないのもポイント。ラウンドワウンドで指が痛くなる方にもおすすめのモデルです。