鍵を保管するのに便利な「キーボックス」。製品によってはキーストッカー・キーファイル・スペアキーボックスと呼ばれるモノもあり、家族で使用したり、職場やマンションなどで使用したりと幅広いシーンで活躍します。

キーボックスは取り付け方や施錠方法、防犯性の高さなど製品によってさまざま。そこで今回は、キーボックスの特徴と選び方をご紹介。自分の使用環境に合ったキーボックスを見つけてみてください。

キーボックスとは?

By: amazon.co.jp

キーボックスとは、名前の通り鍵を保管するケースのことです。ボックス事態にロックが掛けられており、ロックの解除方法を知っている人だけで鍵を共有できます。

最もよく使用されているのは、複数の従業員が出入りするオフィスや店舗。紛失や渡し忘れなどトラブルの多い合鍵を使用するよりも、安全で確実な方法です。

また、自宅での鍵の保管や受け渡しにも活躍するので、帰宅時間や合鍵の数を気にせず鍵を共有できます。

キーボックスの選び方

種類で選ぶ

南京錠タイプ

By: amazon.co.jp

1番シンプルなタイプのキーボックスです。U字型で引っ掛けて使うモノが多く、自宅用など保管する鍵の本数が少ない場合におすすめ。自宅の玄関や宅配ボックス、窓の格子部分など、引っ掛けるスペースがあればどこにでも設置できます。

中身はシンプルな構造のモノが多く、鍵以外にもメモや印鑑などちょっとした小物を入れておくことも可能。キーボックス自体を南京錠として使用できるのも魅力です。

壁掛け・置き型タイプ

By: amazon.co.jp

複数の鍵や、金庫の鍵などの保管に向いているタイプです。キャビネットタイプと呼ばれることもあり、オフィス・店舗・学校などでも使用されています。ケースの中に鍵を引っ掛けるフックが複数付いており、多くの鍵をまとめて保管可能です。

キーボックスを壁に固定できる壁掛けタイプは、安全性に優れているのが特等。持ち運びの可能性がある場合は、取っ手がついている製品や、置き型タイプの製品が向いています。

施錠方式で選ぶ

ダイヤル式・プッシュ式などの暗証番号

By: amazon.co.jp

最も一般的なのが、暗証番号によって施錠するタイプ。決まった数字にダイヤルを回すことで開錠できます。数字さえ覚えておけば簡単に開けられるため、子供との共有にもおすすめ。ただし、施錠した後にダイヤルを回すのを忘れてしまうと防犯の意味がないので注意が必要です。

プッシュ式はオフィスの金庫などにおすすめのタイプ。ボタンを押すだけでよいのでお手軽ですが、背後から簡単に番号が見えてしまうため、玄関など第三者の目に触れる位置での使用はおすすめできません。暗証番号の長さが長くなればなるほど防犯性は高まるため、何桁かどうかもチェックしましょう。

鍵で開閉するタイプ

By: amazon.co.jp

1人~少人数で管理する場合におすすめなのが鍵で開閉するシリンダー錠タイプです。複数の鍵をまとめて管理したい場合におすすめ。鍵を持っている人以外は開けることができないため、防犯性が高いのが特徴です。

収納本数をチェック

By: amazon.co.jp

収納したい鍵の本数に合わせて製品を選ぶことが大切。鍵の本数が増える可能性も考えて、あらかじめ少し大きめの製品を選ぶようにしましょう。また、鍵以外のアイテムを収納できるかもポイント。メモ・印鑑・文房具など小物を収納できると便利です。

また、キーボックスのなかには後からキーフックを追加できる製品もあります。従業員の数や管理する部屋、書類の数が多いオフィスや店舗などでは、保管する鍵の本数の増減がしやすい製品がおすすめです。

耐久性をチェック

By: amazon.co.jp

室内で使用する壁掛けタイプや置き型タイプは問題ありませんが、外で使用する南京錠タイプの製品の場合は耐久性も確認しておきましょう。特に雨風にさらされる位置に設置する場合は防水性や、錆びにくい素材を使用しているかどうかも重要です。

キーボックスのおすすめ

シーティムバージョン(C-Timvasion) 大容量暗唱番号ボックス

シーティムバージョン(C-Timvasion) 大容量暗唱番号ボックス

家の形をしたかわいらしいダイヤル式のキーボックスです。4桁の暗証番号を設定して使うダイヤル方式と、緊急予備キーで開けるシリンダー方式の2通りで使えるため、万が一暗証番号を忘れた場合でも安心して使用できます。

本体サイズは約13×5×15cmとコンパクト。中は自由に収納できるので、鍵以外にもメモ・印鑑・カードなども収納できます。本体には亜鉛合金と鋼の二重構造を採用しているため、耐摩耗性・耐食性・耐久性があり、雨風にさらされる玄関でも安心です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 鍵収納キーボックス SL-75

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 鍵収納キーボックス SL-75

U字金具で引っ掛けて使える4桁のダイヤル方式を採用したキーボックスです。鍵以外にもメモや印鑑などの貴重品を収納・保管できます。ダイヤル部分にはダストカバーが付属しており、雨風や汚れからキーボックスを守ってくれます。

設定した暗証番号でU字金具が開錠され、設定した暗証番号に3333を足した番号で本体が開錠される2段構造を採用。キーボックスそのものを盗まれる危険性がありません。設定した暗証番号は何度でも変更可能。ただし、暗証番号を忘れた場合は、本体を切断する以外に開錠できないため注意が必要です。

ノムラテック(Nomuratec) カギの収納BOX N-1296

ノムラテック(Nomuratec) カギの収納BOX N-1296

ドアノブに引っ掛けて使用するタイプのキーボックスです。開錠はダイヤル式を採用。防水加工は施されていないため、玄関ポーチや屋根のある玄関や軒下などでの使用におすすめです。

4桁のダイヤル方式による高い防犯性がポイント。ダイヤルは自分で自由に設定可能で番号は1万通りあります。車の鍵など大きい鍵でもすっぽり入る厚みのある形状。収納口が広いため、鍵以外にもちょっとした小物の収納にも役立ちます。

八番屋 キーボックス

八番屋 キーボックス

コンパクトサイズながらも18個の鍵を収納できるダイヤル式のキーボックスです。置き型タイプとしても使用できますが、本体裏側に壁掛け用の穴が設置されているため、壁掛けとしても使用可能。取付け用のネジも最初から付属しており、届いたその日にすぐ設置できます。

開錠方法は3桁のダイヤル方式。桁数が少ないので、ある程度の防犯性があれば十分といった方におすすめ。5色のキーホルダーで鍵を色分けして管理できます。

ジンゲ(ZHENGE) 壁掛けキーボックス

ジンゲ(ZHENGE) 壁掛けキーボック

複数の鍵やカードキーの収納ができるU字タイプのダイヤル式キーボックスです。素材にはステンレス鋼材を使用し、耐摩耗性・耐食性・耐久性が高いのがポイント。雨風にさらされても安心なため、屋根やポーチのない玄関先でも使用できます。

防犯性の高い4桁のダイヤル方式を使用しており、暗証番号は自由に設定可能。U字フック部分には強化したスチールシャックルを採用し、表面はゴムでおおわれているので傷や盗難の心配が少ないのが特徴です。キーボックスの中には5本程度まで鍵の収納が可能。仕切りなどはないため小物も一緒に収納できます。

ミッション(Mission) ダイヤル式キーボックス

ミッション(Mission) ダイヤル式キーボックス

シンプルな作りでコストパフォーマンスに優れたダイヤル式のキーボックス。4桁のダイヤル式の暗証番号で鍵を管理するシンプルな方式で、オフィスや家庭など幅広いシーンで使用可能です。収納の中には仕切りがないため、鍵以外に小物も一緒に保管できます。

暗証番号は自由に設定ができて、鍵の番号は何度でも変更が可能です。シリンダーキーは付属していないので、暗証番号を忘れないように注意が必要。キーボックスを試してみたい方や、手軽に使いたい方におすすめの製品です。

ソニック(Sonic) ダイヤルキーボックス KS-968

ソニック(Sonic) ダイヤルキーボックス KS-968

3桁の暗証番号式のダイヤルキーボックスです。上部に持ち運びに便利な取っ手が付いているので、取付け穴にネジを通せば壁掛けとしても使用できます。

3色のラベル付きキーホルダーが付属しており、鍵の種類を色ごとに分けて収納可能です。シリンダーキーは付いていないので暗証番号忘れには注意が必要。シンプルでコストパフォーマンスに優れた製品を探している方におすすめです。

コクヨ(KOKUYO) キーボックス KFB-TL32

コクヨ(Kokuyo) キーボックス KFB-TL32

事務用品の老舗メーカーでもあるコクヨが販売するプッシュ式の暗証番号で開錠するキーボックスです。32個の鍵を保管できるタイプで、オフィスやマンションでの鍵の管理におすすめ。壁掛けとしても置き型としても使用できます。

暗証番号は0〜9の番号を4~8桁まで自由に設定・変更が可能。入力操作を3回間違えると警報ブザーが鳴るなど高い防犯性が魅力です。開錠後5秒経過すると施錠されるオートロックも搭載しています。別売りのキーハンガーとキーホルダーを購入すれば収納本数の拡張も可能な製品です。

ジンゲ(ZHENGE) ダイヤル式キーボックス

ジンゲ(ZHENGE) ダイヤル式キーボックス

鍵や小さなメモ、印鑑なども収納できるコンパクトな壁掛けタイプのキーボックスです。素材はステンレス鋼材で、耐摩耗性・耐食性・耐久性に強く、雨風があたる場所でも設置可能。本体サイズが9×11.5cmでスマホよりもコンパクトなため、玄関脇や倉庫脇など好きなところで使用できます。

施錠は4桁のダイヤル方式を採用しており、3桁の製品よりも10倍高い安全性が魅力。鍵の紛失の心配もないので、防犯性が高いのがポイントです。子供の留守番や高齢の一人暮らしにもおすすめ。万が一何かあった時は、電話で番号を伝えるだけで救急隊員などが開錠できるというメリットもあります。

ヴィジョンライフ(Vision-Life) ダイヤル式キーボックス

ヴィジョンライフ(Vision-Life) ダイヤル式キーボックス

約5×9×3cmの大容量の収納スペースをかねそなえたダイヤルロック式のキーボックスです。耐腐食性・耐候性のある素材を使用しており、雨風の影響だけでなく冬場の凍結の心配もありません。

開錠方法は4桁のダイヤル式で防犯性が高いのがポイント。スライドカバー設計によって番号ダイヤルの破損も防止してくれます。また、中の収納スペースが大きいため、鍵以外のアイテムの収納にも便利。家庭用としてもオフィス用としても使い勝手のよい製品です。

ハンディマン(handyman) テンキーキーボックス DKB-24

ハンディマン(handyman) テンキーキーボックス DKB-24

鍵が不要なプッシュ式のキーボックスです。暗証番号は1桁から最大8桁まで自由に設定できるため、中身の重要性に合わせて簡易な保管から、強固なセキュリティにまで多様な使い方が可能です。電源コードがいらない電池式を採用しており、単3アルカリ電池4本で約2年間使用できます。

収納本数は24本で、キーホルダー側にもキーフック側にも鍵の名前を記載できるので管理しやすいのがポイント。また、万が一暗証番号を忘れてしまった時でも非常開錠キーが2本付いているため安心です。さらに、暗証番号リセット機能もあり、何かあってもキーボックスを壊す必要がありません。

ナカバヤシ(Nakabayashi) キーボックス20個収容 NKB-E02

ナカバヤシ(Nakabayashi) キーボックス20個収容 NKB-E02

鍵で開錠するシリンダー式のキーボックスです。基本的には壁に掛けて使用しますが、取っ手が付いているので持ち運び用としても使えます。丸みを帯びた柔らかいデザインを採用しているので、自然に部屋になじみます。

シリンダーキーは2本付属しているため、1~2人で鍵を管理する場合におすすめ。キーボックス内には4色に分かれたネームタグ付きのキーホルダーが20個入っています。ネームタグにどこの鍵か記載することで管理も簡単にできるので、シンプルで使い勝手のよいキーボックスを探している方におすすめです。

カール事務器 キーボックス CKB-32-S

カール事務器(CARL) キーボックス CKB-32-S

金属製で頑丈な作りが魅力のキーボックスです。ネジで止めれば壁掛け収納として、ハンドルを使えば持ち運び用として使用できます。鍵で開錠するシリンダー式を採用しており、シリンダーキーは2本付属。1~2人で管理する方におすすめです。

全部で4色に色分けされたキーフックが32個収納でき、キーフックは色ごとに取り外して移動可能。それぞれ好きな高さに調節できるため、長さのある鍵にも対応できます。同じシリーズで16・32・48・64個収納が販売されているので、鍵の保管本数にあわせてサイズを選びましょう。