世界だけでなく、日本でも昔から人気のあるスポーツ「卓球」。そんな卓球で使われるラケットは、製品によって反発力やコントロールのしやすさが大きく異なります。さらに価格帯もピンキリなので、何を選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの卓球ラケットをご紹介します。初心者から上級者向けのモノまで幅広くピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

卓球ラケットの選び方

種類で選ぶ

シェークハンドラケット

By: amazon.co.jp

シェークハンドラケットは、名前の通り「握手(シェークハンド)」をするように握るタイプの卓球ラケットです。両面にラバーを貼って使用し、フォア側とバック側でボールを打つ面を切り替えながらプレーします。

特にバックハンドでプレーするときに打ちやすいのが特徴。攻めと守りのバランスが取れたプレーをしやすく、現在では最も使用者が多い卓球ラケットです。

ペンホルダーラケット

By: amazon.co.jp

ペンホルダーラケットは、ペンを握るように持つタイプの卓球ラケットです。基本的には表面のみにラバーを貼って使いますが、なかには裏面にラバーを貼って使用するタイプも存在します。

ペンホルダーラケットは、台上のプレーやサーブといった、繊細な操作がしやすいのが特徴。ただし、シェークハンドに比べて、バックハンドでの対応が難しい傾向にあります。

グリップで選ぶ

By: amazon.co.jp

打球の安定感を左右する要因に、「グリップ」の違いが挙げられます。種類は主に「フレア」「ストレート」「アナトミック」があり、手の大きさや形によって握りやすいグリップが異なるのがポイントです。

フレアは握る部分が細くなっているのが特徴。末端に向けてグリップ部分が広がっており、手のひらにフィットしやすいのが魅力です。

ストレートはまっすぐで一直線型のグリップ。サーブをするときに握り方を調節しやすいのがメリットです。アナトミックはグリップ中央部が膨らんでいるタイプで、フレアタイプのモノよりもしっかりと握れるため、安定感のある打球を送れます。

そのほか、特殊なグリップに位置づけされている「中国式ペン」も存在。中国式ペンはシェークハンドのグリップを短くした形のモノで、日本式ペンのように握りながら、シェークハンドラケットのようにバックハンドで威力のある球を打てるのが特徴です。

素材で選ぶ

単板

By: butterfly.co.jp

単板とは一枚の板でできているラケットのこと。打球感が柔らかく、厚さが増すほど反発力が強まりますが、同時に重量が増しラケットを振りにくくなります。

材質には桧(ヒノキ)を採用していることが多いタイプです。単板はペンホルダーラケットでのラインナップが幅広いのでチェックしてみましょう。

合板

By: butterfly.co.jp

合板は複数の木材を貼り合わせたタイプの素材。3・5・7枚の3種類があり、枚数が多いほど反発力が高くなるのが特徴です。ただし、重さが気になる場合は少ない枚数のモデルを選びましょう。

合板の卓球ラケットは、単板のモノと比べて使用しているプレーヤーの数が多く、初心者から上級者まで幅広い層で利用されています。

特殊素材

By: amazon.co.jp

貼り合わせた板の中に「カーボン」などの特殊素材が編み込まれることもあります。特殊素材は材質によって反発力が高まったり、打球感が変わったりするのが特徴です。

価格は高めですが、より高い性能を求める中~上級者におすすめ。使われる素材の種類はさまざまなので、自身の目的にマッチした性能を有しているかどうかをチェックしましょう。

面の形で選ぶ

By: amazon.co.jp

卓球ラケットの面の形は角型・丸型・角丸型の3種類があります。角型は横幅が狭くて縦の長さがあり、ドライブの効いた威力のある球を打ちやすいのが特徴。丸型はどの方向に操作しても面の形に左右されないため、コントロールを重視したい方に適しています。

角丸型は、角型と丸型の中間に位置し、万能に扱いたい方におすすめ。自身の特徴や得意不得意に合わせて、最適な面の形を選びましょう。

重さで選ぶ

By: victas.com

卓球ラケットは、軽いモノで70g程度、重たいモノだと100g以上のモデルがあります。軽い卓球ラケットのメリットは、スイングスピードが速くなり、相手の打球を切り返しやすくなること。一方、軽さから相手の球の威力に押されやすい傾向にあります。

重い卓球ラケットは球威と飛距離が出やすく、相手の打球に打ち負けにくいのがメリットです。ただし、筋力がなかったり、しっかりとしたスイングができていなかったりすると操作が難しくなります。

初心者の方は、軽い卓球ラケットが扱いやすくておすすめ。重量が欲しくなった場合は、重いモデルに切り替えるか、「サイドバランサー」と呼ばれる重りで調節することも可能です。

ラバーの種類で選ぶ

By: rakuten.co.jp

「ラバー」とは、球を打つ面に貼るゴムのこと。一般的にラバーと卓球ラケットは別売りになっているモノがほとんどです。レジャー目的で卓球ラケットが必要な方は、ラバー付きのモデルをチェックしましょう。

また、ラバーは大きく分けて「裏ソフトラバー」と「表ソフトラバー」の2種類が存在します。裏ソフトラバーは表面が平坦で摩擦が大きく、回転がかかりやすいタイプ。表ソフトラバーは、表面にたくさんの粒が形成されており、スピードが出やすいタイプです。

裏ソフトラバーのほうが、ボールの回転やスピードを思いのままに操作しやすいので、初心者におすすめ。また、ラインナップしている数が多いのも特徴です。

卓球ラケットのおすすめメーカー

バタフライ(BUTTERFLY)

By: amazon.co.jp

バタフライは主に卓球用品を扱っている会社です。アマチュア選手からトップ選手まで、幅広い層でバタフライのラケットが使われています。ラインナップが豊富なのも特徴。どれを選べばよいか分からない方は、バタフライのラケットから探してみるのがおすすめです。

ニッタク(Nittaku)

By: amazon.co.jp

ニッタクは日本卓球株式会社のブランド。試合の公式球にニッタクのボールが使われることも多々あり、卓球プレーヤーに広く親しまれています。

卓球ラケットは初心者から上級者向けのモノまで、幅広くラインナップ。攻撃用や守備用など、用途やプレイスタイルに合わせた選び方もできます。好みのモデルを見つけやすいおすすめのメーカーです。

ヤサカ(Yasaka)

By: amazon.co.jp

ヤサカは1947年に創業した日本の卓球メーカー。スピードボールを打つためのラケットを多くラインナップしているのが特徴です。

ヤサカのラケットは、ある程度卓球に慣れてきた中級者に特におすすめ。競技性を追求する方はぜひチェックしてみましょう。

スティガ(STIGA)

By: amazon.co.jp

スティガはスウェーデンのスポーツ用品会社。ヨーロッパだけでなく、日本でもスティガの卓球用品は競技者に多く愛用されています。

スティガの卓球ラケットは、デザイン性に優れたモノを多く揃えているのが特徴。性能だけでなく、見た目も重視する方におすすめです。

卓球ラケットのおすすめアイテム

バタフライ(BUTTERFLY) コルベル 30271

木材5枚合板ラケットの代名詞といえるバタフライの人気モデルです。1995年から現在まで発売されているロングセラー品で、初心者から上級者まで幅広いプレイヤーが使用しています。

平均重量は約89g。ブレードの構成は5枚合板仕様で、反発力においてもバランスが取れています。グリップはフレアを採用しており、手のひらへのフィット感も良好です。価格が比較的リーズナブルで購入しやすいのもポイント。これから卓球を始める方にもおすすめのモデルです。

バタフライ(BUTTERFLY) メイスパフォーマンス 35001

平均重量が約83gと軽量な卓球ラケット。5枚合板で反発力にも優れ、前陣でのスマッシュやドライブを効かせたオールラウンドなプレーが楽しめます。

軽くて振り抜きやすいため、初級者におすすめ。中級者の場合もラバーとの組み合わせによって威力を出したり、スピン量の調節ができたりと、自分好みの特徴を出せるのがポイントです。

バタフライ(BUTTERFLY) インナーフォース レイヤー ALC 36701

アリレートカーボンを搭載しており、反発力とコントロールのバランスに優れた卓球ラケット。平均重量が約89gあるため、飛距離を出しやすいのが魅力です。木材特有の柔らかさがあるので、ボールをつかむ感覚も楽しめます。

プレースタイルを選ばずに使える製品で、中級者から上級者におすすめ。グリップ形状も、フレア・ストレート・アナトミックをラインナップしており、好みに合わせて選べます。

バタフライ(BUTTERFLY) ティモボルALC 35861

ドイツの世界ランカー、ティモ・ボル選手の使用モデル。アリレートカーボンを搭載することで、高い攻撃力と安定感が両立した卓球ラケットです。平均重量は約86gと扱いやすく、スイングスピードに自信のない方でも安心して使えます。

カーボンが外側の近くに挟まれているアウターカーボンタイプで弾みやすいため、しっかりとスピンをかけられる中級者から上級者におすすめです。グリップのデザインがおしゃれで、見た目を重視する方にも適しています。

バタフライ(BUTTERFLY) ビスカリア 30041

アリレートカーボン搭載ラケットの原型となったモデル。オリジナルのデザインを再現しながら2019年に復刻され、数多くのトップ選手が愛用しています。グリップがやや太めで、手のひらの感覚を打球に反映しやすいのが特徴です。

5枚合板で球持ちがよく、特殊素材の反発力でスピードもしっかりと出せます。攻守のバランスに優れており、幅広いプレースタイルに対応可能。ただし、ハイスペックなモデルの分、価格は高めに設定されています。

バタフライ(BUTTERFLY) サイプレスG-MAX 23930

本体素材に最高級の木曽檜を用いた上級者向けの単板卓球ラケットです。ブレード厚は約10mmで、優れた打球感と高い威力を実現。単板のため、よくしなり、衝撃を受け止めた後に一気にパワーを放出できます。

グリップ形状は日本式ペンホルダーで、ダイナミックなプレーを楽しみたい方におすすめ。ただし、平均重量は約90gと重く、扱いにコツが必要なので上級者向けです。価格は高いですが、予算が合う方はぜひチェックしてみてください。

バタフライ(BUTTERFLY) センコー1500 10950

ラバー付きでレジャー用途に適した卓球ラケット。別途でラバーを用意する必要がないので、購入してからすぐに使えます。グリップ形状は日本式ペンホルダーを採用しており、初めての方でも扱いやすいモデルです。ブレードの構成は5枚合板。価格が非常に安いため、気軽に入手できます。

ニッタク(Nittaku) アキュート NE-6682

日本式ペンホルダータイプのモデル。卓球ラケットを初めて使う方にもおすすめの入門用です。合板構成は5枚で、平均重量は約75g。非常に軽量なモデルかつ価格も安いため、気軽に使用できます。

入門用ではあるものの、スピードが乗った球を打つことも可能。ハイテンションラバーと組み合わせれば、中級者でも充分にプレーできるモデルです。

ニッタク(Nittaku) セプティアー NE-6780

耐久性と弾力性に優れている卓球ラケット。オール木曽桧の7枚合板で構成されているのが特徴です。平均重量が約85gとバランスの取れた重さで、扱いやすいのもポイント。中陣からの連打にも対応できます。

広角な打ち分けやドライブの効いたショット、台上の処理といった技術を磨くのにもぴったりの製品で、初心者から中級者の方におすすめです。

ニッタク(Nittaku) セプティアーリード NE-6415

素材に木曽桧を採用している柔らかい打球感の卓球ラケットです。形状は日本式ペンラケットの角丸型。平均重量は約80gと軽量で、操作性に優れています。

球持ちがよくコントロールしやすいほか、7枚合板のため弾力性があるのも特徴。安定して球を打てるスイートスポットが広いため、初心者でも気持ちのよいショットを楽しめます。

ニッタク(Nittaku) フライアットカーボン NC-0360

極薄のカーボンを搭載している卓球ラケット。平均重量が約82gと比較的軽量なので、特殊素材採用の卓球ラケットを初めて扱う方にもおすすめです。軽い力で打ってもよく弾むのが特徴。軽快なスイングと打球音で、球を打っている感覚が掴みやすくなります。

ぶつけたときに割れにくいウッドエッジガードを搭載しているのも嬉しいポイント。初心者でも安心して使えるモデルです。

ニッタク(Nittaku) バイオリン NE-6756

弦楽器の製法を参考に作られた卓球ラケットです。ブレード全体に硬さのバラつきがなく、スイートエリアが広いため安定感のある打球を楽しめます。

さらに、独特なしなりを生むので打球したときの弾みがあり、球持ちも良好。打球感は柔らかめです。グリップ形状はストレートとフレアの2種類から選べます。

ヤサカ(Yasaka) 馬林カーボン MC-C 中国式 YM-6

前陣で攻撃力と安定性を兼ね備えたプレーがしたい方におすすめの卓球ラケットです。7枚合板のうち2枚にカーボンを採用。木材も硬めのモノを用いることで攻撃力を向上させ、スイートスポットも拡大しています。

適度に打球感を味わえるので安定感があるのも特徴。平均重量は約85gとバランスが取れています。グリップは中国式以外にも、フレアとストレートが用意されており、好みに合わせて形状を選択可能です。

ヤサカ(Yasaka) 馬林エキストラスペシャル MES-3 FLA YM-43

木材の7枚合板構成で反発力に優れている卓球ラケット。平均重量が約92gと重いため、パワーのあるショットで攻めたい方におすすめのモデルです。スピンのかかったショットを打つには技術を要するため、中〜上級者に適しています。

グリップ形状はストレート・フレア・中国式ペンの3種類。打ち方や握りやすさを考慮して、好みのモデルを選びましょう。

ヤサカ(Yasaka) アルネイド FLA TG-103

「PAカーボン」を搭載しており、高い攻撃力を持つ卓球ラケット。特殊素材ながら、ほどよく柔らかい打球感を備えています。中国の梁靖崑選手も愛用しているモデルです。

前陣でのブロックや、中陣からの攻撃時も安定して打球できるのが魅力。オールラウンドなプレーをこなしたい方におすすめの卓球ラケットです。

スティガ(STIGA) カーボネード 245 1063-XX

カーボン素材を45度の角度で編み込んだ卓球ラケット。木材5枚+2枚のアウターカーボンモデルで、弧線を描きながらもスピードのある打球を楽しめます。平均重量は約95gと重めです。

また、「DIAMOND TOUCH TECHNOLOGY」と呼ばれる滑らかな表面仕上げにより、優れたボールタッチと打球感を備えているのが特徴。攻撃力を重視しながらも、安定感を持たせたい方におすすめのモデルです。

スティガ(STIGA) エタニティ VPS V 3010-XX

合板に特殊な処理が施された木材を採用しており、パワーを持たせながらも重量を抑えた卓球ラケット。中国ナショナルチームの意見を取り入れたモデルで、威力のあるドライブで押し込みたい方におすすめです。

5枚合板の構成で、平均重量は約90gとやや重め。外板に硬めの板を採用しており、木材特有の打球感はそのままに反発力を高めているのが特徴です。

スティガ(STIGA) ダイナスティ カーボン 1070-XX

木材合板の打球感を取り入れたアウターカーボンの卓球ラケット。球持ちがよく、安定感のあるショットが打てるモデルです。また、高い反発力でスピードも充分に備えています。

スティガ独自の「TeXtreme+」加工技術により、スイートスポットが広いのも嬉しいポイント。平均重量が約95gと重いため、筋力のあるプレーヤーにおすすめです。

TSP スタッシュ 26154

球の弾みが抑えられており、さまざまな打ち方を試しやすい卓球ラケット。ブレードの構成は5枚合板を採用です。弾みにくいためスピードは控えめですが、その分コントロールを重視したい方に適しています。

平均重量が約85gとバランスがよいのも特徴です。また、価格が比較的安いため購入しやすいのもポイント。卓球を始めたい方や、初心者の方はぜひチェックしてみてください。

TSP レバント 26184

コントロールがしやすく、ハードな打球感で球が打てる初心者〜中級者向けの卓球ラケットです。素材は木材5枚の合板を採用しており、適度な反発力があります。平均重量は約85gとバランスのよい重さで、操作性も良好です。

グリップ形状はシェークハンドのフレアのみ展開。握りを固定しやすいので、打球の感覚を養いやすいのが特徴です。これから卓球の技術を磨いていきたい方はぜひ検討してみてください。

TSP スワット 026014

初心者から上級者まで扱えるハイスペックな卓球ラケット。ブレードの構成は木材7枚合板です。木材ならではの球持ちのよさがあり、回転をかけやすいほか、スピードもしっかりと出るので幅広いプレースタイルにマッチします。

平均重量は約85gで、軽すぎず重すぎないバランスのよさが魅力。スイートスポットも広く、安定した打球を繰り出せます。プレーヤーを選ばず価格もお手頃なので、卓球ラケット選びに迷っている方は要チェックです。

TSP スワット5PW 026384

TSPの人気モデル「スワット」から、より繊細な打球感を追求した卓球ラケット。5枚合板にすることで球持ちのよさを向上させており、打った瞬間の感触を正確に手に伝えられます。

平均重量は約80gと軽量で操作性も良好。グリップの厚みは約23mmと薄く設計されており、手が小さめの方でもしっかりと握れます。弾みが控えめでコントロールしやすいため、初心者の方にもおすすめです。

TSP スワットパワー 026684

パワーを最大限まで高めている卓球ラケット。木材に含まれる水分を燻製することで減らす「SWテック」により、軽量化を実現しながらも通常の木材よりも硬いのが特徴です。

ラケット本体は約6.6mmと厚みがあり、平均重量も約90gと重く設計されているため、相手の球威に押されにくいのが魅力。また、木材ならではの球持ちのよさを備えているのも嬉しいポイントです。プレー時の安定性を求める方はぜひチェックしてみてください。

VICTAS ZX-GEAR IN 028804

威力のあるドライブと球持ちのよさが特徴的な卓球ラケット。「ダイナコア」と呼ばれる設計で木材5枚と最新素材のZカーボン2枚を組み合わせているのが特徴。中芯の隣に特殊素材を組み込んでおり、木材の打球感を活かしながら威力も向上しています。

反発力と弾性のバランスがよいため、鋭いコースを狙った台上プレーなどにも対応可能。どのようなプレースタイルの方でもマッチしやすいモデルです。

VICTAS KOKI NIWA WOOD 027204

丹羽孝希選手の使用モデルで、前陣でのプレーや速さのあるカウンターにマッチした卓球ラケットです。構成は木材7板合板。特殊素材よりも弾みにくく、木材特有の打球感を有しています。球を掴む感覚があり、コントロールしやすいのもポイントです。

全体的にバランスがよく扱いやすいモデルですが、平均重量が約90gと重いため、パワーのあるプレイヤーに適しています。