ヨガやストレッチ、筋トレなどの運動を行うときに使う「トレーニングマット」。正しいフォームでのトレーニングをサポートし、膝や足にかかる負担を抑えるのに役立つ、トレーニングには欠かせないアイテムです。

そこで今回は、おすすめのトレーニングマットをご紹介。トレーニング時に出る音を軽減するモデルやクッション性の高い製品をピックアップしたので、ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

トレーニングマットのメリット

身体にかかる負担を軽減できる

By: amazon.co.jp

トレーニングマットは、弾性に優れているのが特徴。床や地面に手足を付いてトレーニングをする際、クッションの役割を果たし、身体にかかる負担を軽減します。また、滑り止め効果によってヨガやストレッチ、筋トレ時のフォームが安定し、十分な効果が得られるのも魅力です。

床を傷付けずトレーニングできる

By: amazon.co.jp

トレーニングマットは、重量のある器具を使用して室内運動する方にもおすすめ。トレーニング中に加え、器具を置いておく際に床が傷付くのを防ぎます。設置する際はあらかじめマットを敷くようにしましょう。

防音対策になる

By: amazon.co.jp

マンションやアパートなどの集合住宅でトレーニングを行う際は、隣や上下階への振動および騒音を防ぐ配慮が必要。柔らかい素材を用いたトレーニングマットは、衝撃を吸収しやすいうえ、防音効果も期待できます。

トレーニングマットの選び方

収納方法で選ぶ

ロールタイプ

By: amazon.co.jp

トレーニング後にマットを丸めて巻くだけで収納可能なロールタイプ。立てても横にしても置けるので、場所を選ばず収納しやすいのが特徴です。キャリーストラップや収納ケースが付属しているモノなら持ち運びもしやすく、家でも外でもお気に入りのモノを使えます。

折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

折りたたみタイプは、布団を折りたたむようにサッとコンパクトにできるのが特徴です。また、基本的に厚手のモノが多く、バーベルなどの重みのあるトレーニング器具を使う方に適しています。

なお、マットの厚みによって折りたたんだときのサイズ感が異なるので、収納場所に収まる大きさかどうか事前に確認しておきましょう。

ジョイントタイプ

By: amazon.co.jp

ジョイントタイプは、パズルのように組み合わせて使うマットを指します。使用しないときはマットを分解しておけば、ベッドの下などのスペースを有効活用して収納できるので便利。トレーニングをするたびに結合や分解を行うため、作業を面倒に思わない方や大きな収納スペースを確保するのが難しい方に適しています。

厚手かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なトレーニングマットは、厚さが6mm程度のモノが主流。6mm以上のモノを選んでおけば床の硬さや冷たさを感じにくいので、激しい筋トレや長時間同じ姿勢をとるヨガなど、さまざまなトレーニングに対応できます。なお、6mm以上のトレーニングマットは収納に幅をとるため、スペースが確保できるかどうか事前に確認が必要です。

厚さが6mm以下の薄手のマットは、ストレッチなどの簡単で短時間のみ使用したい場合におすすめ。一人暮らしの方や収納に幅をとりたくない方は、薄手のマットも検討候補に入れてみてください。

素材で選ぶ

ポリ塩化ビニル(PVC)

By: amazon.co.jp

トレーニングマットの素材のなかで多く用いられているポリ塩化ビニル(PVC)。素材自体が安価なため製品価格も安く、トレーニング初心者の方や初期投資を抑えたい方におすすめです。カラーバリエーションも豊富で、好みの色のトレーニングマットを使えばモチベーションアップにもつながります。

手にとりやすい価格帯が魅力ですが、丸洗いできないのが懸念点。また、使い始めに特有のニオイが発生するので、ニオイに敏感な方は注意しておきたい素材です。

ニトリルゴム(NBR)

By: amazon.co.jp

トレーニングマットの素材としてポリ塩化ビニルに次いで採用されているニトリルゴム。弾性に優れ、摩耗に強く、表面劣化も起こしにくい素材なので、筋トレなどの激しいトレーニングにも向いています。耐久性はほかの素材と比べても高く、長く使い続ける予定がある方や毎日のように使用する方には特におすすめです。

なお、製品価格が高価のためニトリルゴム製のトレーニングマットは手を出しにくく感じますが、長く愛用したい方はチェックしてみてください。

ポリマー環境樹脂(PER)

By: amazon.co.jp

環境にやさしいエコ素材のトレーニングマットを探している方には、ポリマー環境樹脂で作られたモノがおすすめ。焼却処分してもダイオキシンが発生せず、環境にしっかりと配慮されているのもポイントです。

クッション性や重量感はポリ塩化ビニルとほぼ同等ながら、ニオイは少ないのが特徴。水洗いができて常に清潔な状態を保てるため、汗を大量にかくような筋トレや野外でのトレーニングにもぴったりです。

デメリットは素材自体の出回りが少なく、価格設定が高い傾向にあること。価格をあまり気にしない方や、エコを意識しながらトレーニングをしたい方に適した素材です。

天然ゴム

By: amazon.co.jp

天然ゴムから作られた環境にやさしい天然素材。ゴム素材の強みを活かした滑りにくさと強度の高さで、ポージングをとるヨガやピラティスに加え、激しいトレーニングをする際にもおすすめです。

ただし、ゴム製品独特のニオイがあるのに加え、水洗いが難しいほか、比較的重く持ち運びにくいのがデメリット。さらに、ゴムアレルギーの方はアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

マイクロファイバー

By: amazon.co.jp

ポリエステルやナイロンといった化学繊維から作られているのが、マイクロファイバー素材のトレーニングマット。カラーバリエーションが豊富で、柄入りなどデザイン性の高い製品が多くラインナップされています。

また、吸水性や速乾性に優れているのもポイント。トレーニング中に汗をかいてマットに滴り落ちても滑りにくく、使い勝手に優れています。

なお、マイクロファイバー素材は薄手に作られている製品が多く、地面の硬さや冷たさを直で感じやすいのがデメリット。本格的な筋トレでは接地面に傷みが出やすいので、穏やかな動きが多いヨガなどのトレーニングに適している素材です。

熱可塑性エラストマー(TPE)

By: amazon.co.jp

ゴム同様の弾性を持つ熱可塑性エラストマー。リサイクル可能なうえ、燃やしてもダイオキシンなどの有害物質が発生しない環境にやさしい素材です。

ゴムとプラスチックの中間的な性質を有しており、軽量で防滑性に優れているのに加え、ニオイが少ないのも魅力。環境に配慮した製品を選びたい方やニオイに敏感な方にもおすすめです。

また、熱可塑性エラストマーを用いたトレーニングマットの多くは水洗いが可能。衛生面が気になる方にも適しています。

滑り止めが付いているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

激しく身体を動かすトレーニングをする際には、滑り止めが備わったトレーニングマットを選びましょう。ケガの軽減とトレーニングの精度向上のためにも、裏面に滑り止めが付いているモノや、素材自体が滑り止めの効果を持つゴム製モデルを選ぶのがおすすめです。

なお、マイクロファイバー製のトレーニングマットは滑り止めが付いていないモノが多いので、どちらかというと穏やかな動きでトレーニングするヨガやピラティス向き。マットはトレーニング方法に合わせて選ぶようにしましょう。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

トレーニングマットは、用途に合わせた大きさのモノを選びましょう。トレーニングマットのサイズは、大人が仰向けに寝られる程度の大きさが主流です。ただし、身体を大きく使ったトレーニングなどを行う場合は、一般的なサイズのモデルだと小さく感じることも。気になる方は、大きめサイズのモデルも検討してみてください。

トレーニングを省スペースで済ませたい方は、メンテナンスがしやすい小さめサイズのモデルを選ぶのがおすすめです。

トレーニングマットのおすすめメーカー

ナイキ(NIKE)

By: nike.com

ナイキは、主にスニーカーやウェアなどのスポーツ関連製品を多く取り扱っているメーカーです。メーカー名は、ギリシャ神話に登場する勝利の女神の名前から付けられました。

ナイキのトレーニングマットは、機能性だけでなくデザイン性にも優れているのが特徴。ワンポイントのブランドロゴもおしゃれで、カラーもシンプルなモノが多く、年齢・性別を問わず使いやすいのが魅力です。

アディダス(adidas)

By: amazon.co.jp

1948年に設立されたドイツのスポーツ用品メーカー。流行を取り入れたデザイン性の高いアイテムを展開しており、スポーツの枠を超え、カルチャーやファッションなどのシーンにおいても新たな価値を創造し続けています。

アディダスのトレーニングマットは、機能性はもちろん、見た目のおしゃれさにもこだわりたい方におすすめです。

リーボック(Reebok)

By: amazon.co.jp

リーボックは「世界一のフィットネスブランドになる」という理念をもとにユーザーのライフスタイルをサポートする、スポーツブランド。ブランドの発祥は1895年で、トレーニング・ランニング・ウォーキングなどを中心とした、幅広い製品をラインナップしています。

リーボックのトレーニングマットは、機能性に優れた製品を幅広くラインナップ。厚手のモノからキャリーハンドル付きのモノなどさまざまな種類があり、用途に合わせてトレーニングマットを選べます。

トレーニングマットのおすすめ

ナイキ(NIKE) ムーブ ヨガマット YG2011

トレーニング時に汗のにおいが気にならない

デザイン性が高く、トレーニングのモチベーションを保ちたい方におすすめのトレーニングマット。ブランドロゴがワンポイントとして配置されているほか、ベースカラーにアクセントカラーを散りばめたデザインがおしゃれ。また、表面にはエンボス加工がされており、グリップ性も良好です。

本体の素材には、弾力のある熱可塑性エラストマーを採用。耐臭加工も施してあり、快適にトレーニングを行えます。重量は454gと軽いため、持ち運びにも便利です。

アディダス(adidas) トレーニングマット ADMT-12235

汗の吸湿を最小限に抑える

ニトリルゴムを用いたリバーシブル仕様のトレーニングマット。激しい運動を行っても磨耗しにくく、長く愛用できるおすすめアイテムです。厚さ約10mmでクッション性に優れており、手足などを保護しながら快適にトレーニングを行えます。

裏面に施されたノンスリップ加工により、優れたグリップ力を発揮。また、汗の吸湿を最小限に抑えるクローズドセル技術を採用しており、衛生面が気になる方にもおすすめのアイテムです。

未使用時は丸めてコンパクトに収納が可能。キャリーストラップ付きで楽に持ち運べるのも魅力です。

アディダス(adidas) トレーニングマット ADMT-13232

肌あたりのよいフラット加工を採用

高密度かつクッション性に優れたユニークな表面形状が特徴のトレーニングマット。高いグリップ力を備えており、不安定な態勢でもバランスをとりやすく、さまざまなエクササイズに使用できます。裏面には、肌あたりのよいフラット加工を採用しており、気分や用途に合わせて表裏を使い分けできるのも魅力です。

グレーの迷彩柄を基調としたシックな色合いで、大人っぽく仕上げているのもポイント。機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのトレーニングマットです。

アディダス(adidas) ヨガマット 5mm ADYG-10300

滑り止め加工により激しい動きをしてもズレにくい

熱可塑性エラストマーを採用したトレーニングマット。厚さ5mmながらクッション性に優れており、床・地面と接する手足や膝、腰などにかかる負担を抑えながら快適にトレーニングできます。

裏面には滑り止め加工が施されているので、マット上で激しい動きをしてもズレにくいのが魅力。本体重量は約750gと軽量で、容易に持ち運びできるのもポイントです。ブランドロゴが際立つシンプルなデザインで、性別を問わず使用できるおすすめモデルです。

アディダス(adidas) ホットヨガマット ADYG-10680

肌触りがよく吸汗性にも優れたタオル地を使用

厚さわずか2mmの薄型モデル。1枚で使用できるのはもちろん、手持ちのトレーニングマット上に重ねても使える汎用性の高いトレーニングマットです。

エコ素材のポリマー環境樹脂を採用。表面には、肌触りがよいうえ吸汗性に優れたタオル地を使用しており、汗をかきやすいホットヨガなどに適しています。丸洗いが可能なため、清潔さをキープできるのも魅力です。

また、裏面に滑り止め加工が施されているのもポイント。体重がかかるポーズをとってもマットがズレにくく、トレーニングに集中できるのも魅力です。

アルインコ(ALINCO) エクササイズフロアマット mini EXP100

省スペースのトレーニングマットを探している方におすすめ

長さ100×幅70cmのコンパクトサイズで狭いスペースでも使用できるトレーニングマット。柔軟で弾性に富むポリ塩化ビニル素材を用いており、ヨガやストレッチなどを行う際はもちろん、トレーニング器具使用時の床面保護や衝撃吸収、防音対策などにも役立ちます。

丸めて収納できるロールタイプで、保管場所に困らないのも魅力。省スペース設計のトレーニングマットを探している方に人気のおすすめモデルです。

アルインコ(ALINCO) 折りたたみエクササイズマット EXP180

クッション性に優れ、床の硬さが気にならない

背が高い方でも快適に使用できる長さ約179cmのトレーニングマットです。軽量かつクッション性に優れた合成樹脂を採用。水洗いが可能なため、いつでも清潔に保てます。

コンパクトに折り畳めて収納も容易。ロールタイプのような丸まり癖が付きにくいうえ、素早く展開できます。また、お手頃な価格で購入できるのも魅力。使い勝手のよさに加え、コスパも良好のおすすめモデルです。

アルインコ(ALINCO) ジョイントマット

マットの衛生面が気になる方のおすすめ

厚さ10mmで重量がある器具の下にも安心して敷けるジョイントタイプのトレーニングマット。30cm四方のマットが8枚セットになっており、設置場所や用途に合わせてサイズを調節できます。

運動中の衝撃や騒音を軽減するクッション性に優れた素材を採用。また、汗や飲み物などが浸透しにくく、汚れても簡単に拭き取れます。衛生面を重視する方にもおすすめのトレーニングマットです。

フィールドア(FIELDOOR) トレーニング エクササイズ用 ジョイントマット

衝撃をしっかり吸収するトレーニングマット

好みのサイズや形状にカスタムできるジョイントタイプのトレーニングマットです。パズルのように組み合わせて大きさを調節できるのに加え、カッターやハサミなどを使って自由にカットが可能。設置スペースの凹凸に合わせてキレイに敷き詰められます。

硬度の高い素材を採用しており、重い器具を使用する際も沈み込みにくいのがメリット。約20mmの極厚仕様で、トレーニング時の衝撃をしっかり吸収するおすすめのトレーニングマットです。

リーボック(Reebok) スタジオリーボック スタジオマット RSYG-16021

スポーツクラブなどの専門施設向けに開発された「スタジオリーボック」シリーズのトレーニングマット。長さ100×幅50cmの比較的コンパクトなサイズで、狭い室内でも快適に使用できます。

高い柔軟性と強力なグリップ力を備えた素材を採用。厚さ約10mmでクッション性にも優れており、身体への負担を軽減しながらトレーニングに集中できます。モチベーションアップにつながるスタイリッシュなデザインも魅力。トレーニング初心者から上級者まで使えるおすすめモデルです。

リーボック(Reebok) テックスタイルヨガマット 401292006

持ち運びに便利な、キャリーハンドル付きのトレーニングマットです。外出先でヨガやトレーニングを行う際、簡単に肩にかけて持ち運べます。ユニセックスなデザインと定番のブラックカラーで、さまざまなウェアと好相性です。

本製品の厚みは5mmと薄めで、一人暮らしの方や収納に幅をとりたくない方におすすめ。また、薄めながら、身体を守るのに十分なクッション性を有しています。グリップ性にも優れているので、トレーニング中にズレにくく快適です。

素材には、メンテナンスがしやすい熱可塑性エラストマーを採用。汗などで汚れた際は、湿った布で拭けば清潔に使えます。

ミズノ(MIZUNO) 折りたたみマット C6JMA58000

折りたたんで収納できるトレーニングマット。厚さ約10mmで床や地面の硬さおよび冷たさを感じにくく、快適にトレーニングを行えます。広げた際のサイズは長さ182×幅61cmで、身長が高い方でも安心して使えるおすすめモデルです。

本体重量およそ650gと非常に軽量。ショルダーベルト付きで楽に持ち運べるのも魅力です。筋トレ方法のイラストが印刷された個性的なデザインもポイント。人目を引くおしゃれなトレーニングマットを探している方にも適しています。

ミズノ(MIZUNO) トレーニングマット 1GJBT10300

厚さ約20mmで硬く冷たい地面の上でも快適に使用できる屋外向けトレーニングマットです。特殊形状の成形裏面パッドを採用。何も敷かない場合に比べて筋肉を冷やしにくく、より効果的なトレーニングを行えます。

表面には、肌触りよいナイロン素材を採用。四つ折りタイプでコンパクトに収納できるのも魅力です。なお、フローリングなどの滑りやすい場所では使用できないため、注意しておきましょう。

エレコム(ELECOM) エクリアスポーツ トレーニングマット HCF-YM08

表面にガイドラインが描かれており、フォームを確認しながらヨガやストレッチ、筋トレなどが行えるトレーニングマット。厚みのあるソフトな素材で、硬い床や地面の上でも快適にトレーニングできるおすすめモデルです。

長さ181×幅61cmの比較的大きいサイズで、寝転がって行うトレーニングにも対応可能。裏面には波型の滑り止め加工が施されており、トレーニング中にマットがズレるのを防げます。カラーは、汚れが目立たないブラックのみを展開。丸めたマットを固定するベルト付きで、保管や持ち運びがしやすいのも魅力です。

Gruper トレーニングマット

環境にやさしいうえ、素材特有のニオイが少ない熱可塑性エラストマーを採用したトレーニングマット。優れた耐滑性を備えており、汗がマット上にしたたり落ちても滑りにくく、安定した体勢でトレーニングに集中できます。

伸びや裂けに強く、激しいトレーニングにも使用可能。汚れたら水洗いできるため、衛生面を重視する方にも適しています。

表裏で色が異なるおしゃれなデザインもポイント。カラーバリエーション豊富で、プレゼントにもおすすめのトレーニングマットです。

Reodoeer トレーニングマット

厚みのある高密度ニトリルゴムを用いたトレーニングマット。優れたクッション性とグリップ力を備えており、快適かつ安心してトレーニングを行えます。また、器具を使用したトレーニング時の防音対策や床への傷防止にも活躍。幅広い用途に使えるおすすめモデルです。

保管や持ち運びに便利なゴムバンドと収納バッグが付属しているのもポイント。水洗いも可能で、いつでも清潔に保てます。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力。無駄を省いたシンプルなデザインで、年齢や性別を問わず使えます。

YUREN ヨガマット

彫刻技術を利用して描かれたマンダラ模様がポイントのトレーニングマットです。カラーは、ブラック・ホワイト・レッドの3種類から選択が可能。未使用時は丸めてコンパクトに収納できます。

高い強度と耐滑性を有した天然ゴムを採用。激しいトレーニングにも対応可能なうえ、滑りやすいフローリングや畳の上でも安心して使用できるおすすめのモデルです。

YUREN ヨガマット 幅広 B08KZHM9DZ

2人でも使いやすい幅広タイプのトレーニングマットです。サイズは長さ200×幅120×厚み1cm程度と、一般的なトレーニングマットよりも大きめ。2人で一緒にトレーニングをしたい場合や、大きいトレーニング機器用のマットとしても使えるモデルです。

素材にはクッション性に優れた高品質なニトリルゴムを採用。膝立ちでも快適に使いやすいほか、断熱構造で床面からの冷気や湿気も防ぎます。

汗などで汚れた場合は、タオルでの拭きとりも可能。カラーはグリーン・ブルー・パープル・グレー・ブラックの5種類から選べます。

ヨガデザインラボ(Yoga Design Lab) ヨガマット

バリ在住のカナダ人デザイナーによって創設された「ヨガデザインラボ」のおしゃれなトレーニングマットです。

表面には、使用済みペットボトルを原料にして作られたマイクロファイバーを採用。優れた弾性と滑り止め効果を持つ3.5mmの天然ゴムを裏面に用いており、室内・屋外を問わず快適に使用できます。

汚れたら洗濯機で丸洗いできるのも魅力。色や柄のバリエーションが豊富で、デザイン性を重視する方にもおすすめのトレーニングマットです。

プリマソーレ(primasole) ヨガマット PSS91NH075

2019年に誕生した女性向けフィットネスブランド「プリマソーレ」のトレーニングマットです。焼却しても有害物質が発生しないと謳われている、エコ素材のポリマー環境樹脂を採用。耐摩耗性に優れており、長く愛用できるおすすめのモデルです。

表面に特殊なエンボス加工を施すことで、グリップ力の向上を実現。姿勢や動作が安定し、より効果的なトレーニングを行えます。保管や持ち運びに便利な収納ケースとキャリーバンドが付属しているのもポイントです。

イーエムピーティー(EMPT) ジョイントマット

パズルのようにつなげて使用するジョイントタイプのトレーニングマット。1枚あたり60cm四方の大判サイズで、一般的なジョイント式トレーニングマットに比べて使用する枚数が少なく済みます。また、6枚1セットになっており、設置場所や用途に合わせて簡単にサイズを調節することも可能です。

厚さ12mmの極厚仕様で、手足などを保護するとともに、トレーニング時の衝撃や音を軽減。周囲への配慮が必要な集合住宅でも安心してトレーニングに打ち込めます。耐水性に優れており、汚れたらサッと拭き取るだけで清潔に保てるのも魅力。使い勝手のよいおすすめのトレーニングマットです。

KaRaDaStyle 幅広体操マット

幅およそ80cmで広々と使える折りたたみタイプのトレーニングマット。柔軟性に富みながらも沈み込みが少ない発泡ポリエチレン素材を用いており、快適にトレーニングを行えます。

また、防水仕様のPVCレザー製カバーを採用しているのもポイント。汚れてもサッと拭くだけで簡単にお手入れできます。ラインナップは12色展開で、好みのカラーを探しやすいのも魅力です。

トレーニングマットのAmazonランキングをチェック

トレーニングマットのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。