ヨガやストレッチ、筋トレなどといった運動を行うときに使う「トレーニングマット」。正しいフォームでのトレーニングをサポートし、膝や足にかかる負担も抑えてくれるため、トレーニングには欠かせないアイテムです。

そこで今回は、おすすめのトレーニングマットをご紹介。トレーニング時に出る音を防いだり、クッション効果で足腰を守ってくれたりする機能性の高い製品をピックアップしたので、選ぶときの参考にしてみてください。

トレーニングマットのメリット

By: amazon.co.jp

トレーニングマットは、ヨガ・ストレッチ教室や自宅、野外などで、地面に手や素足をついてトレーニングをするときにあると便利なアイテム。床や地面の上で直接トレーニングを行うよりも、弾力性のあるマットがクッションの役割を果たし、身体にかかる負担を軽減してくれます。

筋トレやヨガなどで発生する音を抑えてくれる効果もあり、早朝や深夜しかトレーニングができない方や、マンションやアパート住まいで階下への騒音対策を考えている方にもおすすめです。

筋トレの効果を得るためには、正しい姿勢と正しいフォームで行うことが重要。滑り止めがついているトレーニングマットを使用すれば、滑りやすいフローリングや畳の上でも安定してトレーニングができます。また、トレーニング器具を使用して運動する方にも最適。器具の下にトレーニングマットを敷いておけば、床にキズができるのを防ぐ効果もあるため、持っておいて損はないアイテムです。

トレーニングマットの選び方

収納方法で選ぶ

ロールタイプ

By: amazon.co.jp

もっとも主流な収納方法で、トレーニング後にマットを丸めて巻くだけで収納可能なロールタイプ。立てても横にしても置けるので、場所を選ばず収納しやすいのが特徴です。キャリーストラップや収納ケースがついているモノなら持ち運びもしやすく、家でも外でもお気に入りのモノを使えます。

折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

折りたたみタイプのマットは基本的に厚手のモノが多く、バーベルなどの重みのあるトレーニング器具を使う方に適しています。なお、マットの厚みによって折りたたんだときのサイズ感が異なるので、収納場所に収まる大きさかどうか事前に確認しておきましょう。

ジョイントタイプ

By: amazon.co.jp

ジョイントタイプは、パズルのように組み合わせて使うマットを指します。使用しないときはマットを分解しておけば、ベッドの下などのスペースを有効活用して収納できるので便利。トレーニングをするたびに結合・分解を行うため、その作業を面倒に思わない方や、大きな収納スペースを確保するのが難しい方には最適です。

厚手かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なトレーニングマットは、だいたい厚さが6mm程度のモノが主流。6mm以上のモノを選んでおけば床の硬さや冷たさを感じにくいので、激しい筋トレや長時間同じ姿勢をとるヨガなど、さまざまなトレーニングに対応できます。なお、6mm以上のトレーニングマットは収納に幅をとるため、スペースが確保できるかどうか事前に確認が必要です。

厚さが6mm以下の薄手のマットは、ストレッチなどの簡単で短時間のみ使用したい場合におすすめ。一人暮らしの方や収納に幅をとりたくない方は、薄手のマットも検討候補に入れてみてください。

素材で選ぶ

ポリ塩化ビニル(PVC)

By: amazon.co.jp

トレーニングマットの素材のなかで、もっとも用いられているのがポリ塩化ビニル(PVC)。素材自体が安価で流通しているため製品価格も安く、トレーニング初心者の方や初期投資を抑えたい方におすすめです。カラーバリエーションも豊富で、好みの色のトレーニングマットを使ってモチベーションアップも図れます。

手にとりやすい価格帯が魅力ですが、ポリ塩化ビニルは水に弱いので、使用後のお手入れはタオルやウェットティッシュなどでの水拭き程度しかできないところがデメリット。大量に汗をかくトレーニングをするときなどには不向きといえます。また、使い始めに特有のニオイが発生するため、ニオイに敏感な方は注意しておきたい素材です。

ニトリルゴム(NBR)

By: amazon.co.jp

ポリ塩化ビニルに次いで、トレーニングマットの素材として多く用いられているニトリルゴム。弾力性に富み、摩耗に強く表面劣化を起こしにくい素材なので、筋トレなどの激しいトレーニングにも向いています。耐久性はほかの素材と比べても高く、長く使い続ける予定がある方や毎日のように使用する方には特におすすめです。

その反面、水洗いができないのが難点。簡単な水拭き程度でお手入れが終わってしまうため、衛生面が気になる方には不向きです。製品価格が高価なのでニトリルゴム製のトレーニングマットは手を出しにくく感じますが、長く使い続けたいという方はチェックしてみてください。

ポリマー環境樹脂(PER)

By: amazon.co.jp

環境にやさしいエコ素材のトレーニングマットを探している方には、ポリマー環境樹脂で作られたモノがおすすめ。燃やして処分してもダイオキシンが発生せず、環境への配慮がしっかりとされているのもポイントです。

クッション性や重量感はポリ塩化ビニルとほぼ同等ながら、ニオイは少ないのでどんな方でも使いやすいのが特徴。水洗いができて常に清潔な状態を保てるため、汗を大量にかくような筋トレや野外でのトレーニングにも最適です。

唯一の欠点は、素材自体の出回りが少なく、価格設定が高めになってしまっているところ。価格を気にしない方や、エコを意識しながらトレーニングをしたい方にはぴったりな素材です。

天然ゴム

By: amazon.co.jp

天然ゴムの木から作られた、環境にやさしい天然素材。ゴム素材の強みを活かした滑りにくさと強度の高さで、ヨガやピラティスなどのポージングをとるトレーニングにも、激しいトレーニングをする際にもおすすめです。

一方、ゴム製品独特のニオイがあることや、水洗いが難しかったりほかの素材に比べて重く持ち運びしにくかったりするのがデメリット。さらに、ゴムアレルギーの方はアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

マイクロファイバー

By: amazon.co.jp

ポリエステルやナイロンといった化学繊維から作られているのが、マイクロファイバー素材のトレーニングマット。カラーバリエーションが豊富で柄が入っているようなデザイン性が高い製品が多いのが特徴です。

また、吸水性や速乾性に優れているので、トレーニング中に汗をかいてマットに滴り落ちても、汗によって滑りにくいのが嬉しいポイント。タオルのような感覚で洗えるため、常に清潔な状態を保てます。

一方、マイクロファイバー素材は薄手に作られている製品が多く、地面の硬さや冷たさを直で感じやすいところがデメリット。本格的な筋トレでは接地面に痛みが出やすいので、穏やかな動きが多いヨガなどのトレーニングに適している素材です。

滑り止めがついているかどうかで選ぶ

By: .amazon.co.jp

激しく身体を動かすトレーニングをする際には、トレーニングマットに滑り止めがついているタイプのモノを選びましょう。正しいフォームでトレーニングを行うためには、床面が安定しているかどうかはしっかりと確認しておきたいところ。ケガの予防とトレーニングの精度向上のためにも、裏面に滑り止めがついているモノや、素材自体が滑り止めの効果を持つゴム製のモノを選ぶのがおすすめです。

マイクロファイバー製のトレーニングマットは滑り止めがついていないモノが多いので、筋トレなどの激しいトレーニングをする際には不向き。穏やかな動きでトレーニングできるヨガやピラティスには向いているため、トレーニング方法に合わせて選ぶようにしましょう。

トレーニングマットのおすすめ

アディダス(adidas) トレーニングマット ADMT-12235GR

アディダス(adidas) トレーニングマット ADMT-12235GR

ドイツのバイエルン州に本拠を置いている、日本でも人気の高いブランド「アディダス」。同社の象徴ともいえる三本線のロゴが大きくプリントされた本製品は、滑りにくいニトリルゴムを採用して作られたトレーニング用のマットです。

厚さは10mm。クッション性のある素材なので、激しいトレーニングをしても手や膝にかかる負荷を抑えてくれるのがポイントです。裏面にノンスリップ加工が施されており、フローリングなどの滑りやすい床で使いやすいのも魅力。持ち運びにも便利なストラップつきで、ロールアップしやすい柔らかい素材のためコンパクトに収納できます。

リーボック(Reebok) トレーニングマット

リーボック(Reebok) トレーニングマット

ニトリルゴムで作られたトレーニングマット。厚みが7mmとしっかりあるため、筋トレやストレッチといった足腰に負担がかかりやすいトレーニングに適しています。

安定性を高めるために凹凸加工を施しているので、滑りやすい床面での使用も快適。サイズは173×61cmと女性一人が寝ころべる大きさですが、軽量でロールアップしやすい素材のため持ち運びがしやすいところも魅力です。

YUREN トレーニングマット

YUREN トレーニングマット

サイズは185×90cmと、身体の大きい成人男性が余裕を持って寝ころべる特大サイズのトレーニングマット。厚さも15mmあるので、膝や腰などの負担を軽減したり、トレーニング時の騒音を防いだりしてくれます。高密度のニトリルゴムで作られており、クッション性や耐久性が優れているのも特徴。筋トレやストレッチ、フィットネスなど、さまざまなトレーニングで重宝します。

また、水洗いが可能のため清潔に保ちやすいのもポイント。トレーニング後はロールアップして収納ケースにしまえば、コンパクトにまとめることもできる機能性に優れたトレーニングマットです。

アルインコ(ALINCO) エクササイズフロアマット

アルインコ(ALINCO) エクササイズフロアマット

9mmの厚みがあり、床面のキズ予防・振動の軽減・防音に有効なトレーニングマット。同ブランドから発売されているウォーキングマシンの下にも敷けると謳われているように、マシンや器具を扱うときに下に敷いておくのにも適しています。もちろん、筋トレやストレッチ、ヨガなどのトレーニング時の使用もできるので、用途にとらわれず使えるのも魅力です。

マットの裏面には滑り止めがついており、しっかりと床にフィットするのもポイント。ポリ塩化ビニル素材で柔らかく、簡単にロールアップできて収納も丸めるだけと簡単です。弾力性を感じる素材感で、快適なトレーニング環境を整えてくれます。

リクライ(LICLI) ヨガマット

リクライ(LICLI) ヨガマット

183×61cmとビッグサイズながら約800gと軽量で、野外でのヨガやピラティスといったトレーニングにおすすめの製品。カラーバリエーションも豊富で好みのモノを見つけやすいため、トレーニングツールでモチベーションアップを図りたい方にもおすすめです。

マット表面には横じまの特殊エンボス加工を施しているので滑りにくく、10mmの厚みを持つマットがクッションの役割を果たすのもポイント。便利なストラップと収納ケースつきで、収納だけでなく、持ち運びも簡単にできるおすすめのトレーニングマットです。

カラダスタイル(KaRaDaStyle) 重反発マット

カラダスタイル(KaRaDaStyle) 重反発マット

4辺に強力な面ファスナーが施されており、連結させることが可能なトレーニングマット。中身は重反発ウレタン素材とEPE素材でサンドイッチした構造になっており、衝撃を吸収してくれるクッション性と適度な柔らかさを実現しています。

表面の生地には防水性のあるPUレザーを採用しており、汗やドリンクが垂れてもお手入れが簡単なほか、キズなども目立ちにくい仕様。三つに折りたたんでも厚さが12cmほどにしかならないので、収納時に場所をとらない大きさなのも魅力です。

KINGBOS トレーニングジョイントマット

KINGBOS トレーニングジョイントマット

パズルのように組み合わせて使うジョイントタイプのトレーニングマットです。マットの硬度が55と高いのが特徴。バーベルやランニングマシンといった重たいトレーニングマシンを使用するときでも沈み込みにくく、トレーニングに集中できます。また、音や衝撃を吸収してくれるので、階下への騒音対策のためにトレーニングマットを探している方にもぴったりです。

耐熱温度は90℃で、床暖房の上でも使用可能。床面を選ばないため、絨毯やフローリング、畳など、さまざまな住環境に対応しています。さらに、撥水性の高いEVA樹脂製なのもポイント。汗やドリンクが落ちてもシミになりにくく、お手入れも簡単です。

ヨガデザインラボ(YogaDesignLab) コンボマット

ヨガデザインラボ(YogaDesignLab) コンボマット

ヨガタオルとしても使えるオールインワンタイプの製品。表はリサイクルペットボトルが主原料のマイクロファイバー、裏には環境にやさしい生分解性の天然ゴム素材を組み合わせて作られており、エコフレンドリーな仕様なのが特徴です。

手洗いができるほか、洗濯機の手洗いコースで洗浄可能で、清潔に使い続けられます。女性らしいカラーリングのモノから男女問わず使えるモノまで、デザインが豊富なところも魅力です。

厚みは3.5mmとほかのトレーニングマットに比べると薄手なので、マシンやダンベルなどのアイテムを使う激しいトレーニングよりも、身体を緩やかに動かすヨガやピラティス向き。なお、薄手とはいえ裏面の天然ゴムがクッション効果をもたらしているため、床面の冷たさや硬さを感じにくくトレーニングに集中できます。

アディダス(addidas) ホットヨガマット ADYG10680

ポリエステルと環境にやさしいポリマー環境樹脂を使用して作られたトレーニングマット。クッション性のある柔らかい素材で、身体にかかる負担を軽減します。また、吸湿性に優れているため、汗を大量にかくホットヨガをする方には特におすすめです。

洗濯も簡単にできる素材なので、衛生的に使えるのも魅力。173×61cmと大判サイズですが、保管時はロールアップしてコンパクトにまとめられます。