ヨガやストレッチ、筋トレなどといった運動を行うときに使う「トレーニングマット」。正しいフォームでのトレーニングをサポートし、膝や足にかかる負担も抑えるため、トレーニングには欠かせないアイテムです。

そこで今回は、おすすめのトレーニングマットをご紹介。トレーニング時に出る音を防いだり、クッション効果で足腰をサポートする機能性の高い製品をピックアップしたので、選ぶときの参考にしてみてください。

トレーニングマットのメリット

By: amazon.co.jp

トレーニングマットはジムや自宅、野外などで、地面に手や素足を付いてトレーニングをするときに便利なアイテム。床や地面の上で直接トレーニングを行うよりも、弾力性のあるマットがクッションの役割を果たし、身体にかかる負担を軽減します。

筋トレやヨガなどで発生する音を抑えられ、早朝や深夜しかトレーニングができない方や、マンションやアパート住まいで階下への騒音対策を考えている方にもおすすめです。

筋トレの効果を得るためには、正しい姿勢と正しいフォームで行うことが重要。滑り止めが備わったトレーニングマットを使用すれば、滑りやすいフローリングや畳の上でも安定してトレーニングができます。また、トレーニング器具を使用して運動する方にもぴったり。器具の下にトレーニングマットを敷いておけば、床が傷付くのも防げるので、持っておいて損はないアイテムです。

トレーニングマットの選び方

収納方法で選ぶ

ロールタイプ

By: amazon.co.jp

もっとも主流な収納方法で、トレーニング後にマットを丸めて巻くだけで収納可能なロールタイプ。立てても横にしても置けるので、場所を選ばず収納しやすいのが特徴です。キャリーストラップや収納ケースが付属しているモノなら持ち運びもしやすく、家でも外でもお気に入りのモノを使えます。

折りたたみタイプ

By: amazon.co.jp

折りたたみタイプのマットは基本的に厚手のモノが多く、バーベルなどの重みのあるトレーニング器具を使う方に適しています。なお、マットの厚みによって折りたたんだときのサイズ感が異なるので、収納場所に収まる大きさかどうか事前に確認しておきましょう。

ジョイントタイプ

By: amazon.co.jp

ジョイントタイプは、パズルのように組み合わせて使うマットを指します。使用しないときはマットを分解しておけば、ベッドの下などのスペースを有効活用して収納できるので便利。トレーニングをするたびに結合や分解を行うため、作業を面倒に思わない方や、大きな収納スペースを確保するのが難しい方に適しています。

厚手かどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なトレーニングマットは、厚さが6mm程度のモノが主流。6mm以上のモノを選んでおけば床の硬さや冷たさを感じにくいので、激しい筋トレや長時間同じ姿勢をとるヨガなど、さまざまなトレーニングに対応できます。なお、6mm以上のトレーニングマットは収納に幅をとるため、スペースが確保できるかどうか事前に確認が必要です。

厚さが6mm以下の薄手のマットは、ストレッチなどの簡単で短時間のみ使用したい場合におすすめ。一人暮らしの方や収納に幅をとりたくない方は、薄手のマットも検討候補に入れてみてください。

素材で選ぶ

ポリ塩化ビニル(PVC)

By: amazon.co.jp

トレーニングマットの素材のなかで、もっとも多く用いられているのがポリ塩化ビニル(PVC)。素材自体が安価なため製品価格も安く、トレーニング初心者の方や初期投資を抑えたい方におすすめです。カラーバリエーションも豊富で、好みの色のトレーニングマットを使えばモチベーションアップにもつながります。

手にとりやすい価格帯が魅力ですが、ポリ塩化ビニルは水に弱いので、丸洗いできないのが懸念点。使用後のお手入れは、タオルやウェットティッシュなどでの水拭き程度です。大量に汗をかくトレーニングをするときには、不向きといえます。また、使い始めに特有のニオイが発生するため、ニオイに敏感な方は注意しておきたい素材です。

ニトリルゴム(NBR)

By: amazon.co.jp

ポリ塩化ビニルに次いで、トレーニングマットの素材として多く用いられているニトリルゴム。弾力性に優れ、摩耗に強く表面劣化を起こしにくい素材なので、筋トレなどの激しいトレーニングにも向いています。耐久性はほかの素材と比べても高く、長く使い続ける予定がある方や毎日のように使用する方には特におすすめです。

ただし、水洗いができないのが難点。簡単な水拭き程度でお手入れが終わってしまうため、衛生面が気になる方には不向きです。製品価格が高価なのでニトリルゴム製のトレーニングマットは手を出しにくく感じますが、長く使い続けたい方はチェックしてみてください。

ポリマー環境樹脂(PER)

By: amazon.co.jp

環境にやさしいエコ素材のトレーニングマットを探している方には、ポリマー環境樹脂で作られたモノがおすすめ。燃やして処分してもダイオキシンが発生せず、環境にしっかり配慮されているのもポイントです。

クッション性や重量感はポリ塩化ビニルとほぼ同等ながら、ニオイは少ないのが特徴。水洗いができて常に清潔な状態を保てるため、汗を大量にかくような筋トレや野外でのトレーニングにもぴったりです。

デメリットは、素材自体の出回りが少なく、価格設定が高い傾向にあること。価格をあまり気にしない方や、エコを意識しながらトレーニングをしたい方に適した素材です。

天然ゴム

By: amazon.co.jp

天然ゴムの木から作られた、環境にやさしい天然素材。ゴム素材の強みを活かした滑りにくさと強度の高さで、ヨガやピラティスなどのポージングをとるトレーニングにも、激しいトレーニングをする際にもおすすめです。

ただし、ゴム製品独特のニオイがあることや、水洗いが難しいほか、ほかの素材に比べて重く持ち運びしにくいのがデメリット。さらに、ゴムアレルギーの方はアレルギー反応を起こしてしまう場合もあるので注意が必要です。

マイクロファイバー

By: amazon.co.jp

ポリエステルやナイロンといった化学繊維から作られているのが、マイクロファイバー素材のトレーニングマット。カラーバリエーションが豊富で、柄入りなどデザイン性の高い製品が多くラインナップされています。

また、吸水性や速乾性に優れているので、トレーニング中に汗をかいてマットに滴り落ちても、滑りにくいのが嬉しいポイント。さらに、タオル感覚で洗えるため、清潔な状態を保てます。

マイクロファイバー素材は薄手に作られている製品が多く、地面の硬さや冷たさを直で感じやすいのがデメリット。本格的な筋トレでは接地面に傷みが出やすいので、穏やかな動きが多いヨガなどのトレーニングに適している素材です。

滑り止めが付いているかどうかで選ぶ

By: .amazon.co.jp

激しく身体を動かすトレーニングをする際には、滑り止めが備わったトレーニングマットを選びましょう。ケガの予防とトレーニングの精度向上のためにも、裏面に滑り止めがついているモノや、素材自体が滑り止めの効果を持つゴム製のモノを選ぶのがおすすめです。

マイクロファイバー製のトレーニングマットは滑り止めが付いていないモノが多いので、筋トレなどの激しいトレーニングをする際には不向き。穏やかな動きでトレーニングできるヨガやピラティスには向いているため、トレーニング方法に合わせて選ぶようにしましょう。

トレーニングマットのおすすめ

アディダス(adidas) トレーニングマット ADMT-12235

人気スポーツブランド「アディダス」の、クッション性に優れたトレーニングマットです。表面には大きくアディダスのロゴマークがプリントされています。裏面はノンスリップ加工が施されており、床とのホールド性を向上。厚みは10mmと分厚く、トレーニング中の手や膝などをしっかりと保護します。

未使用時はロールアップしてコンパクトに収納可能です。持ち運ぶ際は、付属のキャリーストラップを用いると便利。サイズは183×61cmで、広々と使えるのも特徴です。ニトリルゴム素材でできており、耐久面も良好。長期的に使いたい方におすすめのアイテムです。

アディダス(adidas) ホットヨガマット ADYG10680

ポリエステルとPER素材を採用した、手触りのよいトレーニングマットです。クッション性にも優れ、快適な使用感を実現。表面がタオル素材のため、吸湿性にも優れています。洗濯もできるので、お手入れも簡単です。

裏面は滑り止め加工が施されており、トレーニング中のマットのズレを防ぎます。サイズは173×61cmと大きめ。厚みは2mmと薄めな分、ロールアップすればコンパクトに持ち運べます。

アルインコ(ALINCO) エクササイズフロアマット mini EXP100

本体サイズが100×70cmのコンパクトなトレーニングマット。ポリ塩化ビニル素材で値段が安く、初めてトレーニングマットを購入する方におすすめです。防音性が高く、トレーニングやヨガ以外に、エクササイズバイクなどの設置用にも使えます。

表面は凹凸加工が施されており、高い滑り止め効果を発揮。裏面もスリップ止め加工済みで、トレーニング中にマットが動く心配を軽減します。また、収納時にはマジックテープで固定できます。重量も約1.2kgのため、持ち運びの際に便利です。

Gruper ヨガマット 6mm

表面のS形模様と裏面の波紋模様で滑り止め効果を高めたトレーニングマットです。汚れても直接水洗いが可能のため、清潔に使えます。本体サイズは183×61cmと大きく、身長の高い方でも安心です。

厚みは6mmでクッション性は良好。重量は850gと軽量なので、持ち運びやすいのも特徴です。専用の収納バッグが付属しているのも嬉しいポイント。素材は密度の高いTPE素材フォームを採用し、耐久性にも優れています。

カラーバリエーションも豊富なので、ぜひチェックしてみてください。

フィールドア(FIELDOOR) トレーニングマット

ダンベルなどの重たいトレーニング器具を置いても、沈みこみにくいトレーニングマット。程よく硬いため、重量のあるマシンを置くのにも適しています。ジョイントタイプで、自由自在に組み合わせが可能。配置するスペースに合わせてカットできます。

サイドパーツも付属しており、すっきりと配置できるのも特徴です。内容量は8枚入りで、1枚あたり45cm角の大きさ。厚みは10mmと分厚く、防音対策としても機能します。耐熱温度も90℃まで対応し、床暖房と併用しやすいのもおすすめのポイントです。

ヨガワークス(YOGA WORKS) ヨガマット6mm

色鮮やかなカラーが魅力のトレーニングマット。サイズは173×61cmで脚を伸ばしても使える大きさ。厚みは6mmとちょうどよく、安定性が求められるポーズをとりやすいのも特徴です。

クッション性も備えているので、膝や手の負担を軽減します。ロールアップすれば、コンパクトに持ち運び可能。また、無地にヨガワークスのロゴが配置されており、おしゃれなのもポイントです。

ヨガデザインラボ(YogaDesignLab) コンボマット

天然ゴムとマイクロファイバーで作られた、触り心地のよいトレーニングマット。3.5mm厚の天然ゴムがクッション性を高めています。表面素材のマイクロファイバーは、汗をかくほどグリップ力が向上。また、表面に水スプレーをかけても滑り止め効果が期待できます。

手洗い、もしくは洗濯機の手洗いコースで洗えるため、お手入れも簡単です。収納方法はロールタイプを採用しており、片付けもラクラク。さらに、付属のストラップを使えば手軽に持ち運べます。

サイズは176×61cmと大きめで、脚を伸ばして使用したい方にもおすすめです。

Reodoeer トレーニングマット

収納ケース付きで、持ち運びがしやすいトレーニングマット。重量は800gと軽量のため、出先で使用するのにも便利です。10mmの厚みがあるので、クッション性と防音性は良好。ニトリルゴム素材を採用しており、耐久性にも優れています。

サイズは183×61cmで、身長の高い方でも広々と使用可能。ロールアップして付属のゴムバンドで固定すれば、コンパクトに収納できます。ロゴがプリントされているだけのシンプルなデザインもおすすめのポイントです。

TOPLUSトレーニングマット

高密度のTPE素材を採用したトレーニングマットです。耐久性に優れているので、頻繁にトレーニングマットを使用する方におすすめの製品。クッション性も良好のため、エクササイズをサポートします。厚さは6mmで、負荷のかかるトレーニングの際でも沈みこみにくく、安定して使えるのも特徴です。

裏面は凹凸模様が配置されていて、滑りにくい仕様。サイズも183×61cmと大きく、幅広い使い方が可能です。収納の際は、付属のゴムバンドを使えば、コンパクトにロールアップできます。

プリマソーレ(primasole) ヨガマット

安価で気軽に購入できるトレーニングマット。表面にはエンボス加工が施されており、滑りにくい仕様です。クッション性にも優れ、トレーニング機器を置くのにも適した製品。厚みは4mmなので、使用時の沈みこみを避けたい方にもおすすめです。

重量は900gと軽量。専用のメッシュキャリングケースも付属しており、持ち運びにも便利です。サイズは173×61cmで、横になるのにも充分な大きさ。より高いクッション性を求める方は、厚みが8mmのタイプもラインナップしているので、ぜひチェックしてみてください。

YUREN トレーニングマット

185×90cmの大型トレーニングマット。サイズが大きいので、肩幅の広い方や身長の高い方でも安心して使えます。厚みも15mmあり、膝や腰などへの負担を軽減。床から伝わる冷えも予防します。

素材は高密度のニトリルゴムを採用し、耐久性も良好です。表面は滑り止め効果が期待でき、快適にトレーニングできます。防水加工も施されており、お手入れが簡単なのも特徴。専用の収納ケースとバンドも付属し、持ち運びにも便利です。