空き巣やストーカー被害への対策には、「玄関補助錠」がおすすめです。玄関補助錠は手軽に防犯効果を高められる便利なアイテムですが、どんな製品を選べばよいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめ玄関補助錠をご紹介します。使用するメリットや注目すべきポイントについても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

玄関補助錠の選び方

種類をチェック

外付けタイプ

By: amazon.co.jp

ドアの外側に取り付ける玄関補助錠は、外付けタイプと呼ばれます。外付けタイプは外出する際に施錠するモノで、第三者の目につくことから防犯を強化していることがすぐにわかるのが特徴。泥棒にも侵入難易度が高い家であることをアピール可能です。

ただし、外側からしか施錠や解錠ができないため、中にいる家族が外に出たいときにも出られなくなります。一人暮らしの方であれば問題ありませんが、家族と暮らしている方はきちんと使い方を共有しておきましょう。

内付けタイプ

By: amazon.co.jp

ドアの内側に取り付ける玄関補助錠は、内付けタイプと呼ばれます。外から玄関補助錠が付いていることが確認できないので、解錠方法がわからない第三者に侵入されにくいのが特徴です。

ドアにドリルなどで穴を空け、金属の棒を用いてドアの内側にあるつまみ(サムターン)を回転させて解錠するサムターン回し対策にも有効。外出中はもちろん、自宅にいるときの侵入を防ぎたい方にもおすすめです。

鍵の種類をチェック

カギ式

ドアや壁などに穴を空ける必要がなく、比較的簡単に設置できるのがカギ式の玄関補助錠です。カギのタイプにはいくつかの種類がありますが、防犯力を重視するならディンプルキーがおすすめです。

ディンプルキーとは、表面に大きさの異なるくぼみが複数あるカギのこと。配列の組み合わせが100億通り以上あるモノもあり、複製は非常に困難です。ディンプルキーを複製するには3〜4週間かかるため、万が一カギを落としても、すぐに合鍵が作られるリスクもありません。

また、ディンプルキーはピッキングに強いのも特徴。従来のシリンダー内にはピンが上下にしかありませんが、ディンプルキーは斜めや横にもピンがあります。ピッキングの難易度は高くプロでも解錠に10分以上かかるため、不正解錠の予防に最適です。

ダイヤル式

By: amazon.co.jp

通常の鍵に加えてさらに玄関補助錠の鍵を持ち歩くのが面倒だと考える方には、ダイヤル式がおすすめです。暗証番号を覚えておけば、鍵を持ち歩く必要がありません。第三者に暗証番号を知られなければ突破に時間がかかるため、安全性にも優れています。

ただし、万が一暗証番号を忘れてしまうと家に入れなくなることもあるので注意が必要。緊急で解錠できる仕組みが搭載されているモノや、信頼できる家族に番号を教えておくといった対策を取ると安心です。

リモコン式

By: amazon.co.jp

ピッキングのリスクを少しでも減らしたい方におすすめなのが、リモコン式の玄関補助錠です。専用のリモコンがなければ解錠しないため、たとえメインの鍵が空けられてしまっても家に侵入される可能性は限りなく低く抑えられます。

また、リモコン操作だけで鍵を空けられるので、大きな荷物を持っているときでも無理なく解錠可能です。電池切れになると使えなくなってしまうため注意が必要ですが、防犯を徹底したい方に向いています。

スマートキー式

By: rakuten.co.jp

スマートキーとは、スマホ・ICカード・指紋や音声などの生体認証で操作できる電子錠のこと。カギを持ち歩いたり取り出したりする手間がかからないのが魅力です。

スマートキー式の製品のなかには、スマホアプリやWi-Fiスポットなどを利用してカギの施錠・解錠を遠隔操作できるモノもあります。外出時に家族や友人が来訪しても遠くからカギを解錠できるので、玄関先で待たせてしまうことがありません。

デメリットは、本体のバッテリーが切れるとカギが作動しなくなる可能性があること。バッテリーが少なくなるとアラームなどで知らせる機器がほとんどですが、念の為半年に1回は電池を交換しておきましょう。

外開きか内開きかチェック

By: amazon.co.jp

玄関ドアの開き方には、外に向かって開く「外開き」と家の中に引き入れる「内開き」の2種類があります。両方に対応できる玄関補助錠もあれば、どちらかにしか対応できないモノもあるので注意しましょう。
 
万が一誤ったタイプを購入してしまうと、玄関ドアに設置することができません。製品を購入する前に、外開き・内開き・兼用など取り付けられるタイプをしっかりチェックしてみてください。

賃貸なら工事不要タイプがおすすめ

By: rakuten.co.jp

最適な玄関補助錠を選ぶには、設置方法も重要なポイント。防犯性を重視するなら、ドアに穴を空けてしっかり固定するタイプがおすすめです。ただし、素人には取り付けが難しく施工業者に依頼しなければならないモノもあるので注意しましょう。
 
気軽に玄関補助錠を設置する場合は、ドアに挟み込んだり両面テープで貼ったりするタイプがおすすめ。必要がなくなったときも簡単に取り外せ、傷を付けることもほとんどありません。

特に賃貸物件の場合、玄関ドアや壁などに傷を付けてしまうと退去時に現状復帰費用がかかってしまいます。着脱がしやすく、工事も必要ない玄関補助錠を選びましょう。

玄関補助錠のおすすめモデル|外付けタイプ

ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ N-2425

4桁の数字を組み合わせ、任意の暗証番号を設定するダイヤル式の玄関補助錠。右開き・左開き問わず1枚扉の外側に取り付けられます。ドアに挟み込むだけで簡単に設置できますが、1万通りもの暗証番号を設定できる本格仕様です。

ロック本体とドアの開きが大きい場合は、付属のスキマスペーサーで調節可能。開閉スイッチが大きく回しやすいので、帰宅時や外出時にスムーズに操作できるのも魅力です。工事や施工の必要がないため、手間なく防犯したい方はチェックしてみてください。

ノムラテック どあロックガード ディンプルキータイプ N-2426

施工の必要がなく、簡単に取り付けられる玄関補助錠です。付属のキーはピッキングが困難で防犯性に優れたディンプルキーを採用。ディンプルキーは5本のスペアがあるため、家族で共有したり予備を保管したりしておけます。

内側の取り付け金具には「保管用ホルダー」があり、補助錠の収納スペースとして使用可能。補助錠を使わないときは、ロックをかけて保管できます。ただし、ドア周りの形状によっては保管できないので注意しましょう。

スキマスペーサーが2枚付属しているので、ドアとの隙間が合わなくとも微調整ができるのもポイント。ドアや壁に傷を付けずに設置できるため、賃貸物件に住んでいる方に適しています。設置の手間をかけずに防犯したい方におすすめの製品です。

ノムラテック どあロックガード ディンプルキー式外開き・内開き兼用 N-1073

外開き・内開き兼用のディンプルキー式玄関補助錠です。2タイプの取り付けネジが付属しており、金属製と木製のどちらのドアにも設置可能。玄関ドアだけでなく、倉庫やロッカー、引き出しなどさまざまな箇所に使用できます。

ドアの内側と外側に取り付けられるので、外出中は玄関補助錠として使い、入室中は室内補助錠として使えるのも特徴。ルームシェア時の防犯としても重宝します。

カギは防犯性の高いディンプルキーを採用。スペアキーが3本付属しているため、共有したり予備として保管したりすることもできます。さまざまな箇所に取り付けられ、幅広い用途に対応できる製品です。

ガードロック 内開き扉用 物件管理ロック No.597

防犯性に優れたディンプルキーを採用。4方向にピンを配置しているため、ピッキングが困難な仕様です。鍵違いパターンは17万通りあるので、容易に解錠することはできません。素材は頑丈なステンレスを採用し、こじ開けもしにくく作られています。

ドアや枠に穴を空けずに、簡単に取り付けられるのもポイント。スペーサーが3枚付属しているため、すき間なくぴったり設置できます。傷を付けずに設置できるので、マンションやアパートに住んでいる方の防犯におすすめの製品です。

ガードロック 玄関ドア用 ぼー犯錠 No.550

手軽に自宅やオフィスなどの防犯ができる玄関補助錠。不正解錠に強いリバーシブルタイプのディンプルキーを採用しています。ロック本体は35×41×34mmとコンパクトサイズなので、宿泊先で使用するのもおすすめです。

扉枠の固定に滑り止め用のゴムを使用しているため、ドアが傷付きにくいのもポイント。左開き・右開きのどちらのドアにも、穴を空けず簡単に取り付けられます。シンプルで使いやすいため、さまざまなシーンで活躍する製品です。

ガードロック 外開き一枚扉用留守わからん錠 No.555

常にロックが付いたままなので、外からは在宅か不在か判断できない玄関補助錠。アンチピッキングピンを採用しているだけでなく、鍵違いが200万通りあるため不正解錠を強力に予防します。本体は両面テープで接着するので、工具を使う必要もありません。

4本のカギが付属しているため、予備を保管しておいたり家族で使用したりすることが可能。非常脱出機能が付いているので、外側から施錠されていてもボタンを押せば内側からドアを開けられます。不在を認識させず、手軽に防犯ができるおすすめの製品です。

Akayi 電子ドアロック 暗証番号式

任意の4〜8桁の暗証番号を設定して使用する玄関補助錠。3回間違えて入力すると緊急ロック機能が発動し、アラームとともに3分間ロックされます。非常キーが付属しているので、暗証番号を忘れてしまったときは非常キーで解錠でき安心です。

ドアを閉めると自動的に施錠されるため、鍵のかけ忘れを予防。室内からロックをかける「おやすみ強制ロック」機能を使えば、外部から解錠することができなくなります。就寝時だけでなく、プライバシーを守りたいときにもおすすめです。

シンプルなキーパッドを採用しており、子供からお年寄りまで操作しやすいのも魅力。自宅やオフィスなどで本格的な防犯をしたい方におすすめの製品です。

EPIC 電子錠 開き戸用 ES-F300D

ICカードや指紋認証、暗証番号など、幅広い解錠方法を選択できる玄関補助錠。ICカードは最大200個で指紋認証は最大100まで登録できるため、大人数での使用にも対応できます。

暗証番号は、4〜12桁もしくは6〜12桁の好きな数字を登録可能。暗証番号のごまかし入力機能も搭載され、のぞき見による不正解錠も予防できます。1回だけ解錠できるワンタイム暗証番号も登録できるので、ゲストの訪問時にも便利です。

スマホアプリを使用すれば、ドアに近づいたり電子錠をタッチしたりするだけでも解錠できます。無理やりこじ開けようとすると警報が鳴るので、泥棒への威嚇も可能。防犯性に優れており、自宅からオフィスまでさまざまな場所で活躍する製品です。

田辺金属工業所 ドアノブガード PG-10

ドアノブにかぶせて鍵穴を隠し、南京錠でロックするタイプの玄関補助錠です。ピッキングされたり鍵穴に接着剤を流し込まれたりするいたずらを予防。工事不要なので、簡単に取り付けできます。

本体は2.5mmの厚さがあるステンレス製カップを採用し、破壊にも強い仕様。カギは暗証番号を自由に設定できるダイヤル式なので、紛失のリスクも避けられます。事務所のドアや勝手口などで手軽に防犯をしたい方におすすめの製品です。

日本ロックサービス モヒトツロック DS-MH-1U

玄関ドアを室外から押さえてガードする玄関補助錠です。コンパクトながら、本体は真ちゅう、取り付けネジはステンレスを採用しているため耐久性も良好。玄関ドアだけでなく、窓や引き出しなどにも設置できます。

日本製のディンプルキーを使用しているので、ピッキングなどの不正解錠から強力にガード。木やアルミ、鉄など幅広い素材に対応できるのもおすすめのポイントです。

日中製作所 玄関用 取替引違戸錠鍵付 ディンプルシリンダータイプ GA-800D

設置面からの飛び出し幅が3.5mmと少なく、網戸があっても取り付けられる引戸向け玄関補助錠。内網戸・外網戸のどちらでも対応できるのが特徴です。ただし、補助つまみを付けると飛び出し幅が16mmになるので、外網戸の場合は注意しましょう。

カギはピッキングに強く不正解錠が難しいディンプルキーを採用。4本のカギが付属しているため、複数人でも使用できます。内側の部品は耐久力に優れた焼結合金で作られており、耐久性に優れているのが特徴です。引戸の防犯力を強化したい方は、本製品をチェックしてみてください。

玄関補助錠のおすすめモデル|内付けタイプ

山本商事 リモック

ドアの内側の好きな箇所に貼り付けて使用するリモコン式の玄関補助錠。柔軟性や耐候性に優れた特殊な粘着シートを採用しているので、特別な工具は必要がありません。ドアや枠の形状に合わせて、横付けや縦付けなどさまざまな向きで設置できます。

約2億6000万通りの個別電波コードを使用しているため、複製はほぼ不可能。リモコンキーと手動ダイヤルでしか解除できないので、ピッキングなどの不正解錠を予防できます。万が一リモコンを紛失しても、本体の登録ボタンを押すだけでデータを消せるのもポイントです。

施錠と解錠を異なる電子音で知らせるため、施錠を忘れにくい仕様。単3電池4本で半年〜1年使用できるコスパのよさも魅力です。最大16個までリモコンを追加できるので、家族やオフィスで使いたい方はチェックしてみてください。

Qrio Lock スマホで自宅カギを解施錠できるスマートロック Q-SL2

スマホをカバンやポケットの中に入れたままドアに近づくだけで解錠できる玄関補助錠。カギを取り出したりダイヤル操作をしたりする手間がかかりません。ドアが閉まればオートロックされるため、施錠のし忘れも予防できます。

スマホアプリをダウンロードするだけで、家族や知人同士で簡単に合鍵をシェア可能。別売りの専用リモコンキーを使えば、スマホを持っていない子供やお年寄りでも操作できます。

両面テープで本体を取り付けられるので、穴空けなどの工事も必要ありません。剥がした跡も残りにくいため、賃貸住宅でも安心して使用できます。ハンズフリーでスムーズに解錠したい方におすすめの製品です。

キャンディハウス(Candy House) セサミ スマートロック

カギを取り出さなくとも、スマホでドアを解錠できるスマートロック式玄関補助錠です。対応できるカギのタイプが多く、日本の住宅に使われるほとんどのカギに適合します。

Wi-Fiアクセスポイントを使えば、遠隔地からの解錠・施錠も可能。カギの履歴をアプリで閲覧できるため、誰がいつ開閉したのかチェックできるのもポイントです。

電池残量が少なくなると、スマホにアラートが表示。万が一電池が切れてしまっても、通常のカギで解錠できます。シンプルなデザインでカラーバリエーションも豊富なので、見た目にもこだわりたい方はチェックしてみてください。

ホンダロック(Honda Lock) 住宅用キーレスエントリー イージーロック TXタイプ

両手が塞がっていても、ボタン1つで解錠できるリモコン式の玄関補助錠です。暗い場所でも鍵穴を探す必要がなく、スムーズな解錠を実現。錠前のタイプが合えば、ドライバーだけで設置できます。

付属品の2個を含めて、最大8個までのリモコンを登録可能。4色のミニリモコンが別売りで販売されているため、家族全員で使えるのもポイントです。リモコンのなかに手持ちのカギを収納できるので、電池切れ時には手動でも解錠できます。

自動車用キーと同じ耐衝撃性能を持ち、ポケットから誤って落としても壊れにくいのも特徴。また、誤って衣服に入れたまま洗濯しても壊れないほどの防水性能があるとも謳われています。リモコンを使ってスムーズに帰宅したい方におすすめの製品です。

ガードロック ひとりで出掛けないで 外開き一枚扉用

ドアの内側からロックをかけるので、家族が知らない間に外へ出てしまうのを予防する玄関補助錠。ロックを解除するには、暗証番号もしくは専用キーが必要です。

本格的なシリンダー錠を採用しているため、引っ張ったりドライバーをねじ込んだりしても解錠しにくいのが特徴。暗証番号は4桁のダイヤル式で、1万通りの番号違いがあります。

また、本製品はドア枠に金具を締め付けるだけで設置できるのも魅力。取り付け部分にはゴム板を使用しているため、扉が傷付きにくい仕様です。家族の予期せぬ外出を予防したい方は、チェックしてみてください。

ニューイング スーパーセキュリティー ホームロックキー2 ST1

サムターン回しなどの不正解錠をしにくくする装置。扉に穴を空け工具を差し込まれても、製品が空回りするだけでサムターンまでは届きません。内側からサムターンにかぶせれば装着できる手軽さも特徴です。

製品のグレー部分を押しながら回すだけで、扉の施錠・解錠が可能。付属のハンドルを挿し込むと、子供やお年寄りでも簡単に内鍵を回せるようになります。就寝時はハンドルを外してドアノブにぶら下げれば、保管スペースもとられません。

本製品の重さは約19.1gで、幅40×奥行28.8×高さ40mmとコンパクトでかさばらないのもポイント。しっかりした防犯ができるだけでなく、価格が安いのも魅力の玄関補助錠です。