空き巣やストーカーによる被害を防止するために、玄関補助錠がおすすめです。玄関補助錠は手軽に防犯効果を高められる便利なアイテムですが、どんな製品を選べばいいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、おすすめ玄関補助錠をご紹介します。玄関補助錠を使用するメリットや注目すべき選び方についても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

玄関補助錠とは?

By: amazon.co.jp

玄関補助錠とは、玄関に取り付けて防犯効果を高める補助的な錠のこと。警視庁では「ワンドア・ツーロック」という1つのドアに対して2つの錠をつけることが推奨されているため、現在使用している鍵に加えて玄関補助錠をつけることがおすすめです。

玄関補助錠には解錠方法や取り付け工事の有無など、あらゆる種類があります。これからご紹介する選び方を参考に、自宅に使用できる玄関補助錠を選びましょう。

玄関補助錠を使用するメリット

玄関補助錠を使用すると、家に侵入するまでの時間を長くすることができるため、防犯効果を高められるのがメリット。泥棒が家に侵入しようとするときは、侵入に5分以上かかると約70%が諦めるといわれています。

また、外から玄関補助錠がついているとわかる製品の場合、厳重に防犯対策がされている家だという印象を与えて狙われることを防げるのでチェックしておきましょう。

玄関補助錠の選び方

種類をチェック

ディンプルキー式

By: amazon.co.jp

通常の鍵に加えて玄関補助錠の鍵を持ち歩くのが苦にならない方には、ディンプルキー式の玄関補助錠を選ぶのがおすすめ。ディンプルキーとは、通常の鍵のようにギザギザとした形ではなく、鍵によって異なる窪みがつけられている鍵のことです。

鍵を差し込む部分(シリンダー)には外筒と内筒の2つが備わっていて、内筒を回転させることで解錠します。シリンダーの内部には内筒の回転を妨げるピンがありますが、一般的な鍵の場合はこのピンが上下・左右など1方向にだけ設置されているのが特徴です。

しかし、ディンプルキーの場合は上下・左右・斜めの多方向にピンが設置されているため、内部構造がより複雑化します。そのためピッキングは難しく、解錠に10分以上かかることも珍しくありません。安全性を高めたいのであれば、ディンプルキータイプの玄関補助錠を選びましょう。

ダイヤル式

By: amazon.co.jp

通常の鍵に加えてさらに玄関補助錠の鍵を持ち歩くのは面倒だと考える方には、ダイヤル式がおすすめです。暗証番号を覚えておけば、鍵を持ち歩く必要がありません。第三者に暗証番号を知られなければ突破に時間がかかるため、安全性にも優れています。

ただし、万が一暗証番号を忘れてしまうと家に入れなくなるという心配も。緊急で解錠できる仕組みが搭載されているモノや、信頼できる家族に番号を教えておくといった対策を取ると安心です。

リモコン式

By: amazon.co.jp

ピッキングのリスクを少しでも減らしたい方におすすめなのが、リモコン式の玄関補助錠です。専用のリモコンがなければ解錠しないため、たとえメインの鍵が開けられてしまっても家に侵入される可能性は限りなく低く抑えられます。

また、リモコン操作だけで鍵を開けられるので、大きな荷物を持っているときでも無理なく解錠可能です。電池切れになると使えなくなってしまうため注意が必要ですが、防犯対策を徹底したい方に向いています。

取り付け方法をチェック

外付けタイプ

By: amazon.co.jp

ドアの外側に取り付ける玄関補助錠は、外付けタイプと呼ばれます。外付けタイプは外出する際に施錠するモノで、第三者の目につくことから防犯対策を強化していることがすぐにわかるのが特徴。泥棒にも侵入難易度が高い家であることをアピールできます。

ただし、製品によっては施錠することで留守であることがわかってしまうものも。さらに、外側からしか施錠や解錠ができないため、中にいる家族が外に出たいと思っても出られなくなります。一人暮らしの方であれば問題ありませんが、家族と暮らしている方はきちんと使い方を共有しておきましょう。

内付けタイプ

By: amazon.co.jp

ドアの内側に取り付ける玄関補助錠は、内付けタイプと呼ばれます。外から玄関補助錠が付いていることが確認できないので、解錠方法がわからない第三者に侵入される心配がありません。

ドアにドリルなどで穴を空けて、金属の棒を用いてドアの内側にあるつまみ(サムターン)を回転させ、解錠するサムターン回し対策にも有効。外出中はもちろん、自宅にいるときの侵入を防ぎたい方にもおすすめです。

工事の有無をチェック

By: amazon.co.jp

工具付きの製品やシリンダー錠の場合、取り付けの際に工事が必要です。持ち家であれば問題ありませんが、賃貸住宅に住んでいる方はオーナーの許可なしに工事をすることは不可能なので、注意しましょう。

賃貸住宅に住んでいる方は、両面テープなどで手軽に取り付けられる玄関補助錠がおすすめです。現状復帰が容易でドアや壁を傷つけない製品を選び、オーナーに迷惑をかけることなく防犯対策をしましょう。

玄関補助錠のおすすめモデル

ガードロック(GuardLock) 留守わからん錠 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 555

ガードロック(GuardLock) 留守わからん錠 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 555

外付けタイプの玄関補助錠。在宅時も外出時も見た目が変わらないので、第三者からは家に人がいるかどうか判断できません。そのため防犯効果が高まります。

また、シリンダーにアンチピッキングピンを採用しているのが特徴。本物の鍵を差すときのように垂直に押し込まなければピンが引っかかって回らないため、ピッキングの難易度が飛躍的に向上しています。サムターン回し対策も可能なので、あらゆる側面から防犯効果を高めたい方におすすめの玄関補助錠です。

取付金具をドア枠に固定し、ドアに取付プレートを両面テープで貼り付け、本体を装着するだけで使えます。工事不要で手軽に取り付けられるため、ドアや壁に穴を空けたくない方や賃貸に住んでいる方におすすめです。

ガードロック(GuardLock) 物件管理ロック 内開き扉用補助錠 597

ガードロック(GuardLock) 物件管理ロック 内開き扉用補助錠 597

外付けタイプの玄関補助錠。ドアや壁に穴を空ける工事は不要で、賃貸に住んでいる方でも穴や傷を気にすることなく安心して使えます。取付金具をドアにはめて、ツマミを回してドアに固定するだけで使える手軽さが魅力です。

ピッキングに強いディンプル錠を採用しているのが特徴。4方向にピンが配列されているのでピッキングの難易度が上がり、正規の鍵以外のモノで解錠するのは至難の技です。

また、スペーサーが3枚も付属しているのが嬉しいポイント。戸当たり厚み寸法の違いに対応するため、スペーサーを入れて調節できます。隙間をなくしてきちんとドアに固定できるので、より防犯効果が高まるというメリットも。手軽に使えてしっかりと防犯対策ができる玄関補助錠を探している方に向いています。

ガードロック(GuardLock) ぼー犯錠 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 550B

ガードロック(GuardLock) ぼー犯錠 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 550B

工具や加工が一切必要ない玄関補助錠。穴を空けず、家に傷をつけずに使えるので、賃貸住宅に住んでいる方におすすめです。取り付けは自身で手軽に行えるため、DIYなどが苦手な方でも安心できます。

リバーシブルディンプルキーを採用し、ピッキング対策効果を高めているのが特徴。合わせて4方向10本のピンシリンダーを採用することで、不正侵入を防止します。左右どちらにも取り付けられるので、引っ越しが多い方でも使いやすい安心の玄関補助錠です。

また、隙間を埋めるゴムスペーサーが付属しているのも魅力のひとつ。取付時にドアと本体の間に微妙な隙間が生まれてしまっても、ゴムスペーサーで調節できます。細かいところにまでこだわった玄関補助錠を探している方におすすめです。

ノムラテック(Nomura tec) ドア用補助錠 どあロックガード ディンプルキータイプ N-2426

ノムラテック(Nomura tec) ドア用補助錠 どあロックガード ディンプルキータイプ N-2426

防犯効果の高いディンプルキーを採用した外付けタイプの玄関補助錠。ピッキングにかかる時間が大幅に長くなるため、泥棒の侵入を防ぎやすくなります。左開きにも右開きにも対応するので、引越しが多い方も安心です。

取付金具はドア枠にセットして、ネジを回すだけで固定できます。施錠するときはドアを閉め、取付金具の先端に本体をセットしてキーを回せば完了。室内側には保管用ホルダーが付いているので、本体を使用しないときは収納しておけます。

付属のスキマスペーサーを使うことで、本体とドアの隙間をぴったりと埋められるのも嬉しいポイント。隙間をなくすことできちんと施錠でき、防犯効果を高められます。使いやすい工夫を施した玄関補助錠を探している方におすすめです。

ノムラテック(Nomura tec) ドア用補助錠 どあロックガード ダイヤルタイプ N-2425

ノムラテック(Nomura tec) ドア用補助錠 どあロックガード ダイヤルタイプ N-2425

外付けでダイヤル式の玄関補助錠。暗証番号を設定することで、鍵を持ち歩かなくても施錠・解錠ができます。通常の鍵以外に玄関補助錠の鍵を持ち歩くのが煩わしいという方や、紛失してしまいそうで心配という方におすすめです。

玄関補助錠本体にある開閉スイッチを操作してダイヤルを回すだけで、施錠が完了。解錠の際はダイヤルを回して暗証番号に合わせてから開閉スイッチを操作すれば開きます。手軽な操作で防犯効果を高められるので、難しい操作が苦手な方におすすめです。

暗証暗号は1万通りあるため、番号を知らない第三者が解錠することは困難。取付工事が不要で、賃貸住宅でも使えるというメリットもあります。壁やドアに傷をつけずに防犯効果を高めたい方におすすめです。

ガードロック(GuardLock) ぼー犯錠 ダイヤル式 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 553

ガードロック(GuardLock) ぼー犯錠 ダイヤル式 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 553

賃貸住宅でも使える工事不要の玄関補助錠。加工や工具も不要なので、DIYが苦手な方でも難なく使い始められます。賃貸住宅はもちろんですが、自宅のドアや壁に傷をつけたくない持ち家在住の方にもおすすめです。

好きな暗証番号を設定できるダイヤル式で、追加で鍵を持たなくても防犯効果を高められるのが特徴。番号は1万通りあるため、短時間で解錠することは困難です。

本体裏にゴムマグネットが付いているのも魅力のひとつ。使用していないときはドアの室内側に貼り付けて置けるので、邪魔になりません。左右どちらにも使えるので、万能性があるのもポイント。使い勝手がよいダイヤル式の玄関補助錠を探している方におすすめです。

フキ(FUKI) iNAHO キーアウト SM-12

フキ(FUKI) iNAHO キーアウト SM-12

鍵穴を隠して2重ロックできる外付けの玄関補助錠。ドアノブや鍵穴をすっぽりと覆い隠して、防犯効果を高めます。付属の専用プレートを使うことで、工具や工事不要で簡単取り付けが可能。賃貸住宅に住んでいる方や、手軽に設置できる玄関補助錠を探している方におすすめです。

ダイヤル式なので、追加で鍵を持ち運ぶ必要がありません。好きな暗証番号を設定できるので、自分が覚えやすい番号にできる安心感があります。暗証番号は1万通りあるため、防犯効果は極めて高いのが魅力です。

ドアノブや鍵穴を傷から保護してくれるゴム板が付いているのも特徴。大事な家の一部が傷つくのを防ぎます。手軽に使えるダイヤル式の玄関補助錠を探している方におすすめです。

ガードロック(GuardLock) チェーンでロック 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 220

ガードロック(GuardLock) チェーンでロック 外開き 一枚 玄関ドア用補助錠 220

内付けタイプの玄関補助錠。在宅時も外出時も見た目が変わらない内付けタイプなので、安心感があるのがメリットです。ドアチェーンが付いている玄関であれば、穴を空ける工事をしなくてもドライバーで取り付けるだけで使えます。賃貸住宅に住んでいる方におすすめです。

通常ドアチェーンは在宅時にしか施錠できませんが、本製品を使うことで外出時にもドアチェーンを使用できるようになります。外からドアの隙間に手を入れてチェーンをセットし、鍵をかけることで手軽に施錠可能。帰宅時にはドアを開けて隙間からキーを入れ、解錠してチェーンボルトを外せます。

チェーンを効果的に活用できるので、サムターン回し対策もできるのが魅力。ドアチェーンにつけるタイプの内付け玄関補助錠を探している方におすすめです。

日本ロックサービス モヒトツロック DS-MH-1U

日本ロックサービス モヒトツロック DS-MH-1U

外付けタイプの玄関補助錠。ドアを外からしっかりと押さえ、防犯効果を高めます。穴を空ける工事が必要なので、持ち家に住んでいる方におすすめです。ドア枠の材質によっては自力で工事できるため、DIYが得意な方に向いています。

日本製のディンプルシリンダーを採用しているのが特徴。複雑な内部構造によって、ピッキングから家を守ります。安全性に優れているので、毎日のお出かけだけでなく、長期外出時にも安心できるのが魅力です。

外開きドア用と内開きドア用、そして引き戸用の2種類があるため、自宅のドアタイプに合わせて適した製品を選べます。工事によって取り付けることで防犯効果を高められる玄関補助錠を探している方におすすめです。

ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 リ・ボーン2

ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 リ・ボーン2

自宅の玄関に付いている鍵をリモコン錠に変えられる玄関補助錠。現在使用しているサムターンと交換するだけで、手軽に取り付けられます。鍵のタイプに合わせて適した製品を選べるので、自宅に合うものを購入しましょう。

自動施錠機能が付いているため、鍵の閉め忘れがないのが魅力のひとつ。ドアを解錠して一定時間経つと、自動で施錠してくれます。さらに付属のノブキャップを活用することで、サムターン回しをブロック。うっかり鍵をかけ忘れるという事態を防ぎつつ、防犯効果も高めてくれます。

リモコン操作で手軽に解錠できるので、大きな荷物を持っているときでも安心です。1つのリモコンで1ドア2ロックの解錠が可能で、何個も鍵やリモコンを持ち歩く煩わしさがないのもポイント。スムーズな解錠と防犯効果を両立させたい方におすすめです。

山本商事(YAMAMOTO SHOJI) 鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK RE-01

山本商事(YAMAMOTO SHOJI) 鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK RE-01

内付けタイプのリモコン式玄関補助錠。取り付けていることがわからないため、ピッキングなどを防いで防犯効果を高めます。ドアの内側の好きな場所に特殊な粘着シートで貼り付けるだけで、取り付けが完了。工事不要なので、賃貸住宅に住んでいる方にもおすすめです。

万が一リモコンを紛失してしまっても、本体の登録・抹消ボタンを押すことで紛失したリモコンを使えなくできます。第三者がリモコンを拾って侵入を試みても、抹消していれば侵入が防げるのがポイントです。

電池交換時期になると音で知らせてくれるため、急に使えなくなってしまう心配がありません。取り付けも取り外しも簡単なので、引越しが多い方でも安心して使えます。使い勝手のよいリモコンタイプの玄関補助錠を探している方におすすめです。