空き巣やストーカーに被害への対策には、「玄関補助錠」がおすすめです。玄関補助錠は手軽に防犯効果を高められる便利なアイテムですが、どんな製品を選べばいいか悩んでしまいがち。

そこで今回は、おすすめ玄関補助錠をご紹介します。使用するメリットや注目すべき選び方についても解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

玄関補助錠とは?

By: amazon.co.jp

玄関補助錠とは、玄関に取り付けて防犯効果を高める補助的な錠のこと。警視庁は「ワンドア・ツーロック」という1つのドアに対して2つの錠を付けることが推奨されているため、現在使用している鍵に加えて玄関補助錠を設置するのがおすすめです。

玄関補助錠には解錠方法や取り付け工事の有無など、さまざまな種類があるので、自宅にでも使用できる玄関補助錠を選びましょう。

玄関補助錠を使用するメリット

玄関補助錠を使用すると、家に侵入するまでの時間を長くできるため、防犯効果を高められるのがメリット。泥棒が家に侵入しようとするときは、侵入に5分以上かかると約70%が諦めるといわれています。

また、外から玄関補助錠が付いているとわかる製品の場合、厳重に防犯されている家だ、という印象を与えて狙われることを防げるのでチェックしておきましょう。

玄関補助錠の選び方

種類をチェック

ディンプルキー式

By: amazon.co.jp

通常の鍵に加えて玄関補助錠の鍵を持ち歩くのが苦にならない方には、ディンプルキー式の玄関補助錠を選ぶのがおすすめ。ディンプルキーとは、通常の鍵のようにギザギザとした形ではなく、鍵によって異なる窪みが付けられている鍵のことです。

鍵を差し込む部分(シリンダー)には外筒と内筒の2つが備わっていて、内筒を回転させることで解錠します。シリンダーの内部には内筒の回転を妨げるピンがありますが、一般的な鍵の場合はピンが上下・左右など1方向にだけ設置されているのが特徴です。

しかし、ディンプルキーの場合は上下・左右・斜めの多方向にピンが設置されているため、内部構造がより複雑化します。そのためピッキングは難しく、解錠に10分以上かかることも珍しくありません。安全性を高めたい場合は、ディンプルキータイプの玄関補助錠を選びましょう。

ダイヤル式

By: amazon.co.jp

通常の鍵に加えてさらに玄関補助錠の鍵を持ち歩くのは面倒だと考える方には、ダイヤル式がおすすめです。暗証番号を覚えておけば、鍵を持ち歩く必要がありません。第三者に暗証番号を知られなければ突破に時間がかかるため、安全性にも優れています。

ただし、万が一暗証番号を忘れてしまうと家に入れなくなる心配も。緊急で解錠できる仕組みが搭載されているモノや、信頼できる家族に番号を教えておくといった対策を取ると安心です。

リモコン式

By: amazon.co.jp

ピッキングのリスクを少しでも減らしたい方におすすめなのが、リモコン式の玄関補助錠です。専用のリモコンがなければ解錠しないため、たとえメインの鍵が開けられてしまっても家に侵入される可能性は限りなく低く抑えられます。

また、リモコン操作だけで鍵を開けられるので、大きな荷物を持っているときでも無理なく解錠可能です。電池切れになると使えなくなってしまうため注意が必要ですが、防犯を徹底したい方に向いています。

取り付け方法をチェック

外付けタイプ

By: amazon.co.jp

ドアの外側に取り付ける玄関補助錠は、外付けタイプと呼ばれます。外付けタイプは外出する際に施錠するモノで、第三者の目につくことから防犯を強化していることがすぐにわかるのが特徴。泥棒にも侵入難易度が高い家であることをアピールできます。

ただし、製品によっては施錠することで留守であることがわかってしまうモノも。さらに、外側からしか施錠や解錠ができないため、中にいる家族が外に出たいときにも出られなくなります。一人暮らしの方であれば問題ありませんが、家族と暮らしている方はきちんと使い方を共有しておきましょう。

内付けタイプ

By: amazon.co.jp

ドアの内側に取り付ける玄関補助錠は、内付けタイプと呼ばれます。外から玄関補助錠が付いていることが確認できないので、解錠方法がわからない第三者に侵入される心配がありません。

ドアにドリルなどで穴を空けて、金属の棒を用いてドアの内側にあるつまみ(サムターン)を回転させ、解錠するサムターン回し対策にも有効。外出中はもちろん、自宅にいるときの侵入を防ぎたい方にもおすすめです。

面付けタイプ

By: rakuten.co.jp

面付けタイプとは、ドアに貫通穴を空けてしっかりと固定するタイプの玄関補助錠です。取り付けると錠前本体は室内側だけに露出し、外側からは鍵穴だけが見えるため、外観を損ねず防犯効果を高められます。

面付けタイプは頑丈なので、ドアをバールでこじ開けて侵入する手口にも効果的。ただしドアに穴を空ける工事が必要なことから、賃貸住宅に住んでいる方は事前に確認を取りましょう。

賃貸の方は要注意

By: amazon.co.jp

賃貸住宅に住んでいる方は、両面テープなどで手軽に取り付けられる玄関補助錠がおすすめです。現状復帰が容易でドアや壁を傷つ付けない製品を選び、オーナーに迷惑をかけることなく防犯しましょう。

玄関補助錠のおすすめモデル

ノムラテック ドアロックガードディンプル キータイプ ブラック N-2426

ノムラテック ドアロックガードディンプル キータイプ ブラック N-2426

ドアや壁に穴を空ける工事不要の玄関補助錠です。取り付け方法は外付けタイプ。ピッキング対策に効果的なディンプルキー式なので、手軽に防犯効果を高められます。

取付金具をドア枠にセットしてねじを回すだけで固定できるため、工具を持っていない方でも簡単に取り付けられるのが嬉しいポイント。また、左開きにも右開きにも対応するので、引越しが多い方も安心です。

カラーバリエーションはブラックとブロンズの2色。防犯を強化していることをアピールしたい方や、賃貸住宅に住んでいる一人暮らしの方におすすめです。

ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ N-2425

ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ N-2425

鍵を持ち歩かなくても施錠・解錠ができるダイヤル式の玄関補助錠です。取り付け方法は外付けタイプ。暗証暗号は1万通りあるため、番号を知らない第三者が解錠することは困難です。

鍵穴がないため、ピッキング対策に効果的なのも魅力。また、開閉スイッチを操作してダイヤルを回すだけで開け閉めできるため、手軽な操作で防犯効果を高められます。

壁やドアに穴を空ける必要がないので、賃貸マンションに住んでいる方でも安心。鍵の紛失が心配な方や、通常の鍵以外に玄関補助錠の鍵を持ち歩くのが煩わしい方におすすめです。

ガードロック(GuardLock) 外開き一枚扉用 留守わからん錠 No.555

ガードロック(GuardLock) 外開き一枚扉用 留守わからん錠 No.555

在宅時も外出時も見た目が変わらない人気の玄関補助錠です。取り付け方法は外付けタイプ。シリンダーにはアンチピッキングピンを採用しており、ピッキングやサムターン回しによる侵入が難しくなっています。

同シリーズには一枚扉用だけでなくカブセ扉用も用意されており、幅広いドアに対応できるのも魅力。また、施錠した状態でも内側から開けられる非常脱出ボタン付きのモノも選べます。

工事不要で手軽に設置できるのも嬉しいポイント。賃貸住宅でも気兼ねなく使える玄関補助錠を探している方はチェックしてみてください。

ガードロック(GuardLock) 外開きドア用チェーンでロック No.220

ガードロック(GuardLock) 外開きドア用チェーンでロック No.220

ドアチェーンにセットすることで外出時にもチェーンロックを利用できる玄関補助錠です。外出時には外からドアの隙間に手を入れてチェーンをセットし、鍵をかけることで施錠可能。帰宅時にはドアを開けて隙間から鍵を解錠してチェーンを外します。

縦横どちらのタイプのドアチェーンにもセットできるのが嬉しいポイント。また、内付けタイプなので、在宅時も外出時も見た目が変わりません。ピッキングやサムターン回し対策になる玄関補助錠を探している方におすすめです。

ガードロック(GuardLock) 物件管理ロック 内開き扉用補助錠 No.597

ガードロック(GuardLock) 物件管理ロック 内開き扉用補助錠  No.597

内開きドアに対応した外付けタイプの玄関補助錠です。取付金具はドアにセットして、ネジを回すだけで固定可能。ドアや壁を傷付けずに設置できます。

キーはピッキングが難しい、ディンプルキータイプ。左開き右開きの両方に対応しており、さらに本体とドアの隙間をぴったりと埋められるスキマスペーサーが3枚付いているなど、汎用性が高いのも魅力です。

スペアキーは3本付属しているので、鍵を1本失くしても買い換える必要がないのが嬉しいポイント。手軽で使い勝手のよい玄関補助錠を探している方におすすめです。

ガードロック(GuardLock) 外開き一枚扉用 物件管理ロックダイヤル式 No.596K

ガードロック(GuardLock) 外開き一枚扉用 物件管理ロックダイヤル式 No.596K

自分の好きな暗証番号を設置することで施錠できるダイヤル式の玄関補助錠です。一般扉用とカブセ扉用の2種類から選べるのが特徴。外付けタイプなので、防犯を強化していることがひと目でわかります。

ドアや壁に穴を空けずに手軽に設置できるのも嬉しいポイント。また、補助錠本体の裏側にはゴムマグネットが付いているため、使用していないときはドアの室内側に貼り付けて保管できます。

通常の鍵以外に玄関補助錠用の鍵を持ち歩く必要がないのも魅力。壁やドアに傷を付けず手軽に防犯効果を高めたい方におすすめです。

アルファ(ALPHA) シリンダー面付本締錠 V-570

アルファ(ALPHA) シリンダー面付本締錠 V-570

工具によってしっかりと固定する面付けタイプの玄関補助錠です。取り付けられるドアの暑さは33~40mm。ドア枠の材質によっては自力で工事できるため、DIYが得意な方におすすめです。

外から見ると鍵穴だけが露出し、在宅時も外出時も見た目が変わらないのが嬉しいポイント。付属のスペアキーは3本あるため、万が一1本失くしても買い換えることなく使い続けられます。

ピッキングやサムターン回しを防ぐガードストッパー付きなのも魅力。ただしドアやドア枠に穴を空けて設置するので、賃貸住宅に住んでいるの方は事前に確認を取りましょう。

東邦金属工業 GATEMAN WV-40 面付錠 デジタルドアロック

東邦金属工業 GATEMAN WV-40 面付錠 デジタルドアロック

カードキーと暗証番号、2つの方法で施錠や解錠できる玄関補助錠です。取り付け方法はドアに貫通穴を空ける面付けタイプ。鍵穴がないので、ピッキング対策として高い効果を発揮します。

別売りのリモコンを購入すれば、リモコン式の玄関補助錠としても活躍。さらに、万が一電池切れした場合でも、外部から充電して鍵を空けられるので安心です。

スタイリッシュなデザインも魅力。工事によって取り付けることで防犯効果を高められる玄関補助錠を探している方におすすめです。

ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 リ・ボーン2

ユーシン・ショウワ 後付けリモコン電気錠 リ・ボーン2

専用のリモコンで開け閉めできる玄関補助錠です。鍵の開け閉めをブザーで知らせるので、確認しやすいのが特徴。さらに、電池の残量が少ない際にもブザーが鳴るため、交換忘れを防げます。

鍵の閉め忘れを予防できる自動施錠機能付きなのも嬉しいポイント。高い防犯効果を備えながら、スムーズに出入りできる玄関補助錠を探している方におすすめです。

山本商事(YAMAMOTO SHOJI) 鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK RE-01

山本商事(YAMAMOTO SHOJI) 鍵穴のないリモコンドアロックREMOCK RE-01

外からは存在がわからない内付けタイプの玄関補助錠です。リモコン式で、大きな荷物を持っているときでもスムーズに出入り可能。また、2億6000万通りの個別電波コードを採用しており、カギの複製が難しいところも魅力です。

特殊な粘着テープで固定する方式のため、工事なしで簡単に取り付けられるのが嬉しいポイント。取り外しも簡単なので、賃貸住宅に住んでいる方や引越しが多い方でも安心して使えます。

リモコンは標準で4つ付属。1つの本体に最大16個のリモコンを登録できるため、家族が多い方でも使えます。手軽に設置できて使いやすいリモコン式玄関補助錠を探している方におすすめです。

美和ロック(Miwalock) 鍵穴ロック ホームミニU9 ATL-011

美和ロック(Miwalock) 鍵穴ロック ホームミニU9 ATL-011

鍵穴を覆い隠して2重ロックできる外付けタイプの玄関補助錠です。形状「MIWA U9」の鍵穴であれば、工具や工事不要で簡単取り付けが可能。開け閉めは専用のサークルキーを挿し込んで左右に回して行います。

サークルキーはピッキングが困難なのが魅力。サークルキーは番号で管理されており、万が一キーを失くしても番号を控えておけばメーカーに合鍵を発注できます。

在宅時でも不在時でも見た目が変わらないのがポイント。賃貸住宅に住んでいる方や、手軽に設置できる玄関補助錠を探している方におすすめです。

日中製作所 ディンプル引違戸錠 5本キー NP-GA-900DX-B

日中製作所 ディンプル引違戸錠 5本キー NP-GA-900DX-B

2枚の戸を左右どちらにも移動させて開閉できる引き違い戸用の玄関補助錠です。ダブルロック機構と呼ばれる複雑な内部構造が特徴。さらに、鍵はピッキングが困難なディンプルキーを採用しており、高い防犯効果を発揮します。

さまざまな厚さの引き違い戸に対応するためのスペーサーや、位置ズレを防ぐ部品が充実しているため、比較的取り付けしやすいこともポイント。また、専用の鍵は5本セットで付いており、家族で共有して使えます。

カラーをブラックとシルバーの2色から選べるのも魅力。取り付け工事が必要なので、持ち家に住んでいる方におすすめです。