スマホ操作による施錠・解錠やオートロックを気軽に導入できる「スマートロック」。シリンダーを交換したり両面テープで貼り付けたりするタイプであれば、賃貸でも使用可能です。

今回は、おすすめのスマートロックをご紹介。メリットやデメリットのほか、取り付け方法の違いや機能などもあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

スマートロックとは?

By: homehub.site

スマートロックは、スマホやカードキー、リモコンなどの電子機器を利用して、鍵を施錠したり解錠したりできるアイテム。鍵をより便利に扱えるのはもちろん、セキュリティ対策としても優れています。

アプリに対応するスマートロックの場合、遠隔で鍵を施錠・解錠したり合鍵を作成してシェアしたりも可能。工事が必要なモデルのほか、貼り付けるだけで使用できるモデルもあり、賃貸住まいの方も気軽に導入できます。

スマートロックのメリット

オートロックで鍵の閉め忘れを防止

By: sadiot.com

スマートロックのなかには、オートロック機能に対応したモデルも多くあります。ドアを閉めるだけで自動的に施錠できるので、鍵のかけ忘れが心配な方におすすめです。

ドアが閉じてからロックがかかるまでの時間を設定したり、オートロックを一時的に無効にしたりできるモデルもあります。ゴミ出しや郵便物の受け取りなど、短時間だけ外出する場合にも安心して使用できます。

解施錠の履歴をチェックできる

By: sadiot.com

多くのスマートロックは、施錠したり解錠したりするとアプリに時間が記録されます。履歴はいつでも確認できるので、万が一トラブルがあった場合にも時間を特定できるほか、こまめにチェックしておけば施錠忘れも防止可能です。

また、家族ごとに鍵を作成している場合、家族の帰宅を履歴からチェックできる点も魅力。合鍵を作成してシェアした場合もいつ誰が解錠したのかを記録できるため、セキュリティ面も良好です。

合鍵の作成・削除が簡単

By: candyhouse.co

スマートロックは、施錠や解錠にかかる手間を軽減できるだけではなく、簡単に合鍵を作成できる点も魅力です。通常の鍵であれば合鍵作成は費用をかけて専門店に依頼するのに対して、スマートロックの場合はアプリから作成してシェアできます。

また、合鍵を作成するだけではなく簡単に削除できるのもポイント。作成時と同様にアプリから不要な合鍵を削除できるので、安心して一時的に合鍵を渡せます。また、アプリによっては、時間や回数を制限した合鍵も作成可能です。

鍵を持ち歩く必要がない

By: switchbot.jp

スマートロックのメリットは、鍵を持ち歩かずに外出できること。多くの方が外出時に鍵とスマホを持ち歩くのに対して、スマートロックを導入した場合はスマホだけで済むので、身軽に出かけられます。

鍵を持ち歩く機会が減るため、さまざまなリスクを軽減できる点もメリット。外出先で鍵を紛失してしまうと探すのに手間がかかり、場合によっては鍵を変えなくてはいけません。

スマートロックの場合、スマホを紛失しても鍵を無効化するだけで済むので、手間や出費を抑えられます。

スマートロックのデメリット

電池切れや取り付け不良による締め出しのリスクがある

By: switchbot.jp

スマートロックのデメリットとして、締め出しのリスクが挙げられます。例えば、電源に電池を採用しているモデルの場合、外出中に電池が空になってしまうと帰宅時に動作せず、締め出されてしまうので注意が必要です。

また、オートロック機能を搭載したモデルの場合は、カードキーやスマホを自宅に閉じ込めてしまうリスクもあります。締め出しが不安な場合は、こまめに電池残量をチェックしたり、合鍵を信頼できる家族に預けたりするなどの対策が有効です。

導入費用やランニングコストの問題

スマートロックは、日々のちょっとした手間を解消する便利なアイテムです。しかし、スマホやカードキーなどと連携する電子機器であるため、本体の価格はやや高価。電源に電池を利用する場合はランニングコストも発生します。

導入費用を押さえたい場合は、できるだけ価格の安いスマートロックを選びましょう。数は多くないものの、高性能で十分な機能を有しながら1万円を切るようなモデルもラインナップされているので、チェックしてみてください。

鍵やドアの種類によっては設置できない

スマートロックは、全てのドアや鍵に取り付けられるわけではありません。穴をあけるタイプのように大がかりな工事をすれば多くのドアに取り付けられるものの現実的ではなく、新築の戸建て住宅や賃貸物件などでは利用できない可能性もあります。

特に、シリンダー交換タイプや貼り付けタイプのスマートロックは、既存のサムターンやドアノブの形状に取り付けの可否が大きく左右されるので注意が必要。購入する前に、必ず取り付けられるかどうかをよくチェックしておきましょう。

スマートロックの選び方

取り付け方法をチェック

貼り付けタイプ

By: yamamotocorp.com

貼り付けタイプは、最も簡単に取り付けられるスマートロックです。両面テープでサムターンや鍵周辺を覆うように貼り付けるだけで施工が完了。特別な工事が不要なのはもちろん、シール跡や塗装剥がれなどに気を付ければ簡単に元に戻せます。

シールで固定しているだけなので、経年劣化により落下するリスクがある点はデメリット。また、サムターンやドアノブ、玄関ドアの形状などによっては正しく取り付けられない可能性もあるため、事前によくチェックする必要があります。

シリンダー交換タイプ

By: amazon.co.jp

スマートロックのなかには、シリンダーを交換して取り付けるタイプもあります。シリンダーを取り外してスマートロックをねじ止めする構造なので取り付け後の落下の心配が少なく、長期間使いたい方におすすめです。

シリンダーの種類によっては取り付けられない場合もあるため、事前の確認は必須。また、取り付けには簡単なDIYが必要なので、苦手な方には少しハードルが高めです。

また、周辺に傷を付けると原状回復が難しくなるため、賃貸のマンションやアパートの場合は注意が必要です。

穴開け工事タイプ

By: amazon.co.jp

穴あけ工事タイプのスマートロックは、設置したいドアやシリンダーに直接加工を施して固定します。工事の手間こそかかるものの、落下の心配が少なく、周囲に馴染んだ状態で取り付け可能です。

一方、工事が必要な点はデメリット。自身で工事ができる場合もあるものの、DIYの経験が少ない場合は業者に施工を依頼する必要があり、時間やコストなどがかかってしまいます。

また、一度取り付けてしまうと元に戻せない点にも注意。退去の際に原状回復が必要な賃貸物件では利用できないため、戸建て住宅やオフィスなどにおすすめのタイプです。

玄関錠(サムターン)の形状をチェック

By: candyhouse.co

スマートロックを設置する際は、サムターンの周辺にスペースを確保する必要があります。また、製品によって対応するサムターンが異なる点にも注意。

特に、四角形やしずく型といった特殊な形状のモノや、回転角度が大きいモノには取り付けられない場合があるので、購入前に確認するのが大切です。

施錠・解錠方法をチェック

一番人気な「ハンズフリータイプ」

By: sadiot.com

ハンズフリータイプのスマートロックは、名前の通り鍵やスマホに触れずにロック解除できるタイプ。アプリをインストールしたスマホをポケットやカバンに入れた状態で近づくと、Bluetoothや位置情報を利用して自動的に解錠できます。

スマホを取り出す必要がないので、荷物で両手が塞がっていても近づくだけで解錠可能。ただし、Bluetoothの接続状況やスマホのGPSの精度によっては正しく機能しない場合もあるため、注意が必要です。

アプリで操作する「スマホ操作タイプ」

By: homehub.site

スマホ操作タイプのスマートロックは、アプリから鍵の施錠や解錠を操作できます。スマホを自身で操作して解錠するため、確実にロックを解除できる点が特徴。また、アプリによっては施錠・解錠の履歴も遡ってチェックできます。

正確な操作ができる反面、毎回ドアの前でスマホを取り出さなければいけない点はデメリット。両手に荷物を持った状態でカバンやポケットの中からスマホを取り出すのは、やや面倒に感じる場合もあります。

複数人での使い分けもできる「マルチデバイスタイプ」

マルチデバイスタイプのスマートロックは、スマホアプリのほかにカードキーやリモコンなど、さまざまな方法でロックを解錠できます。暗証番号の入力による解錠にも対応していれば、万が一カードキーやリモコンを忘れてしまっても解錠可能です。

マルチデバイスタイプのスマートロックのメリットは、複数人で使い分けやすい点。スマホを持っていない家族にも、カードやリモコンを渡せば簡単に鍵をシェアできます。自宅はもちろん、社員が出入りするオフィスや倉庫にもおすすめです。

各種機能をチェック

締め忘れ防止の「オートロック機能」

By: qrio.me

オートロック機能が搭載されたスマートロックも非常に人気。ドアが閉まるのを感知すると自動的に施錠されるので、出かける度に鍵を差し込んで回したり、スマホを操作したりといった手間がかかりません。

スマートロックによっては、ドアが閉じてから鍵がかかるまでの時間を調節可能なほか、位置情報を利用して一定距離まで離れると自動的にロックする機能にも対応。ゴミ出しのような短時間の外出向けに、オートロックをオフできるモデルもあります。

鍵をシェアできる「合鍵機能」

By: sadiot.com

スマートロックのなかには、合鍵を作成できる機能を搭載したモデルもあります。合鍵を作成して相手のスマホにシェアしておけば、物理的な鍵を渡さなくてもスマホだけで鍵を施錠したり解錠したりできて便利です。

モデルによっては、合鍵が有効な回数や時間なども設定可能。時間や回数を限定した合鍵は、友人や親戚が訪問するときに活用できます。

また、アプリによっては鍵の開閉記録をチェックする機能も提供。誰がいつ開閉したのかすぐに確認できるため、セキュリティ面も安心です。不要な鍵はすぐに削除できるので、安全に合鍵をシェアできます。

「電池残量通知機能」があれば締め出しの防止にも

By: amazon.co.jp

スマートロックの多くはドアに直接取り付ける構造のため、電源に乾電池を採用しています。外出中に乾電池が空になってしまうと、帰宅したときにロックを解除できず、鍵による解錠に対応していないモデルの場合は締め出されてしまいます。

電池残量の低下による締め出しが不安な場合は、電池残量通知機能を搭載したスマートロックがおすすめ。電池の残りが少なくなるとアラームやライトなどで通知されるので、電源が切れる前に電池を交換できます。

災害などの緊急時には「自動解錠機能」があると安心

By: amazon.co.jp

鍵の施錠や解錠を自動化できるスマートロックは、便利な一方でスマホやリモコンなどを持っていないとスムーズに鍵を開けられません。スマホを操作したりボタンを押したりする時間が惜しいほど急いでいるときには、やや不便な場合もあります。

スマートロックのなかには、自動解錠機能を搭載したモデルもあるので要チェック。例えば、室内側のセンサーが一定以上の温度を検知すると火災が発生したと判断し、自動的に解錠されます。万が一、災害が発生したときに便利な機能です。

スマートロックのおすすめ|賃貸向け

キュリオ(Qrio) Qrio Lock Q-SL2

両手に荷物を抱えていても使えるアイテム

ハンズフリーで解錠できるおすすめのスマートロック。専用アプリで登録した本体とスマホの位置情報を利用し、スマホを持った状態で帰宅すると自動的に解錠します。鍵やスマホを取り出す必要がなく、両手に荷物を抱えていても使えるおすすめアイテムです。

高性能なオートロック機能を有しているのもポイント。ドアの閉扉を検知して素早く施錠します。オートロックの一時停止機能にも対応。ゴミ出しや郵便物の受け取りなど、短時間の外出時に便利です。

合鍵を作成する機能も搭載。いつでも解錠できる家族向けの合鍵に加え、来客時に活躍する一時的に使える合鍵など、複数の合鍵が用意されている点も魅力です。付属の両面テープで貼り付けるだけなので、賃貸のマンションやアパートでも安心して使えます。

スイッチボット(SwitchBot) スマートロック W1601702

音声コントロールで解錠できるスマートロック

指紋・パスワード・カードでの解錠が可能なスマートロック。指紋認証の精度が高く、汗をかいた手や子供の小さな指でも素早く解錠できるのでおすすめです。施錠忘れを防ぐオートロック機能付きで、安心して使用できます。

Amazon AlexaやGoogle Homeなどに対応し、室内から音声コントロールで解錠することが可能。家事や育児で手が離せないときの来客時に便利です。

専用アプリ「SwitchBot」に解錠の履歴が記録され、後からチェックできます。また、バッテリー残量が不足するタイミングで通知されるため、電池切れを防止できるのもメリットです。

山本商事 鍵穴のないリモコンドアロック REMOCK RE-01

さまざまなドアに簡単に取り付けられるアイテム

さまざまなドアに取り付けられるスマートロック。玄関ドアはもちろん、引き戸にも対応するおすすめの製品です。本体の裏面に特殊粘着シートが貼り付けられているので、工事不要で簡単に取り付けられます。

リモコンで解錠できるため、高い防犯性を維持しながら快適にドアを開閉可能。室内から施錠と解錠をコントロールできる点も魅力です。登録できるリモコンの数は最大16個。複製被害を防止するため、個別電波コードを採用しています。万が一、リモコンを落としたり紛失したりしてしまっても、すぐに登録を抹消可能です。

電源には乾電池を採用。電池残量が少なくなると本体から音と光で通知されるため、電池切れの前に交換できます。

キャンディハウス(Candy House) SESAME4 855835006273

貼り付けるだけで簡単に設置できるおすすめのスマートロック。さまざまな形状のサムターンに対応しています。独自の「SesameOS 2」を搭載。スマホからロックを解除できるほか、Apple Watchによる解錠も可能です。鍵を持ち歩く必要がなく、身軽に外出できます。

専用のスマホアプリを使用すると、簡単に合鍵も作成可能。作った合鍵はQRコードで素早くシェアできます。また、鍵の開閉履歴をアプリに記録し、いつでもチェックできる機能も搭載。万が一、トラブルがあってもスムーズに対応できます。

別売のWi-Fiモジュールを使用すれば、Amazon AlexaやGoogle Homeなどのスマートスピーカーとも連携可能。自宅のスマートホーム化にも役立ちます。

SADIOT SADIOT LOCK MHP-SLS01

手ぶらで簡単に解錠できるおすすめのスマートロックです。GPSとBluetoothを組み合わせた精度の高い位置検出機能の搭載。スマホを持った状態でドアに近づくとロックを解除できます。Apple Watchに対応しているのもポイントです。

合鍵の作成機能も搭載。家族以外にも鍵を施錠・解錠できる権限を開放でき、最大20人までシェアできます。権限の付与と解除はアプリから素早く変更可能。施錠や解錠の履歴はアプリにもしっかりと記録され、後からチェックできます。

オートロック機能にも対応。鍵が施錠されるまでの時間は柔軟に設定できます。また、別売のハブを用意すれば、鍵の締め忘れ機能も利用可能。GPSを活用し、ドアから150m離れた時点で通知を送るか自動でロックします。

スマートロックのおすすめ|戸建て向け

美和ロック(MIWA) 電池式ハンズフリー電動サムターンユニット DTRS II smart DTRS-D02CDAA

2種類の解錠方法を採用したスマートロック。専用のキーを携帯した状態でボタンを押すか、ボタンを押してからキーをかざすとロックを解除できます。

単3アルカリ電池で駆動。電池の寿命は1日10回操作した場合で約1年と長く、電池交換の手間もほとんどかかりません。また、電池残量が少なくなるとアラーム音で知らせる機能にも対応しています。

万が一電池が切れてしまっても、室外から9V角形電池で電源を供給可能。また、シリンダーカバーを外せば鍵穴にもアクセスできます。厚さ33〜44mmのドアに対応。対応の錠前であれば簡単に取り付けられる点も魅力です。

美和ロック(MIWA) 電池式電動サムターンユニット PiACK II smart

暗証番号とカードによる解錠が可能なスマートロックです。2つを組み合わせた、より防犯性の高い設定にも対応。専用アプリをインストールすれば、スマホも鍵として活用できます。

テンキーは横から見えにくい構造。ダミーの数字を消去してから暗証番号を入力するフェイクピン機能も搭載しています。第三者にのぞき見されても暗証番号の判別がしにくい設計で、安心して使えます。

オートロック機能を有している点も魅力。解錠した後に自動的にロックされるモードのほか、カードや暗証番号で解錠した場合にのみ自動でロックされるモードも用意されており、シーンに応じて選択できます。電源には電池を採用。電池切れ防止アラーム機能を備えているほか、万が一電池が切れてもカバーを外せば鍵で解錠できます。

ロックイン(Lockin) G30 Smart Lock

工事不要ながら安定性に優れたスマートロック。サムターンを取り外して本体をねじ止めする構造なので、落下しにくいのがメリットです。スマホでのロック解除に加え、付属のキーパッドをドアの外側に取り付ければ、暗証番号でも解錠できます。

付属のゲートウェイを利用すると、Wi-Fiにも接続可能。スマホを使用してリモートで解錠できます。例えば、外出中に鍵を所持していない子供が帰ってきてしまった場合にも、スマートに対応可能です。

電源には単3電池を採用。鍵を差し込んでも解錠できるため、電池切れによって締め出されるのが心配な方にも適しています。

ジンドウ(GIMDOW) スマートロック

高性能ながら手頃な価格で購入しやすいスマートロックです。専用のアプリをインストールしたスマホで簡単に解錠可能。アクセス権を持つユーザーを管理できるほか、誰が出入りしたかを記録できる便利な機能も搭載しています。

一時的にのみ有効な合鍵を作成し、配布する機能にも対応。親戚の訪問時や家事代行サービスを利用している場合などに、物理的な合鍵を作って渡す手間がかかりません。また、電池の残量もチェックできます。

ゲートウェイを用意すればWi-Fiに接続可能。外出先からも解錠や施錠を行えます。スマホを持っていない方でもキーパッドを使用して暗証番号で解錠可能。汎用性に優れたスマートロックを探している方におすすめです。

ビットキー(bitkey) bitlock LITE2

さまざまなサムターンに対応する後付けタイプのスマートロック。テープで貼り付けるだけなので、賃貸物件はもちろん、新築の戸建て住宅にも気兼ねなく設置可能です。スマホでロックを解除できるのはもちろん、Apple Watchによる解錠にも対応しています。

専用アプリを利用すると、簡単に合鍵を作成して家族や友人などにシェア可能。また、合鍵を使用できる時間帯や回数を設定できるほか、誰がいつ出入りしたかをアプリで記録できます。セキュリティ面を重視する方にもおすすめです。

オートロック機能を有している点も魅力。ドアを閉めると自動的に施錠されるため、鍵を持ち歩く必要がないうえ、締め忘れも防止できます。

スマートロックのおすすめ|オフィス向け

東邦金属工業 GATEMAN WV-40

暗証番号のほか、カードキーによる解錠も可能なスマートロックです。登録できるカードの枚数は最大40枚。多くの社員が出入りするオフィスでも余裕を持って使用できます。

管理者モードでは暗証番号やカードキーの設定に管理者用の番号が必要になるため、セキュリティ面も良好。別売のBluetoothモジュールを使用すれば、スマホアプリからも解錠できます。

シリンダー交換タイプなので、大掛かりな工事は不要。電源にはアルカリ単3乾電池を4本使用します。1日約10回の使用であれば、最大で約1年間は電池交換の必要がない点もメリットです。

東邦金属工業 デジタルドアロック TOHO GR-50T

豊富な開錠方法に対応するおすすめのスマートロックです。ICキーと暗証番号のほか、指紋認証にも対応しています。ICキーは最大100枚までの登録が可能。暗証番号は4~12桁の数字を最大4個まで登録できるほか、のぞき見防止の機能も用意されています。

自動ロック機能に対応しているので、施錠の手間がかからない点も魅力です。各種操作時には音が鳴る設計。音量は8段階で調節できるほか、一時的に無音で操作できるなど、周囲に配慮して使用できます。

非常用のメカニカルキーが4本付属するため、締め出されるリスクを軽減可能。電源はアルカリ単3乾電池を4本使用します。1日10回のペースで開閉する場合、約1年間は電池交換なしで駆動可能です。

エピック(EPIC) N-TOUCH EPJP-NTOUCH

高セキュリティながら低価格を実現するスマートロック。4~12桁の暗証番号による解錠に対応しています。1回のみ有効なワンタイム暗証番号の設定も可能。手元を見られても暗証番号を推測されにくい機能を備えており、安心して使えるおすすめアイテムです。

操作時に鳴る音の大きさは7段階で調節可能。ミュートにも設定できるので、深夜や早朝でも周囲に配慮しながら使えます。無理やり開錠しようとした場合に警報が発せられる点も魅力です。

室外からの解錠を無効にできる「おやすみ強制ロック」や、室内機の解錠ボタンを無効化する「お出かけ強制ロック」などの機能も搭載。また、火災を検知すると自動で解錠する機能にも対応しています。

エピック(EPIC) Flassa5D EPJP-FL5D

7種類のユーザー設定が可能なスマートロック。役職や雇用形態に応じて解錠の権限を振り分けるなど、柔軟に運用できます。

カードまたは指紋と、暗証番号の二重認証を採用し、解錠時のセキュリティを強化。オートロック機能や施錠忘れを知らせる機能を搭載しているので、外出や社員が不在となる時間帯が多いオフィスにおすすめです。

室外機はIPX5の防水性能を備えているため、屋外ドアにも安心して取り付けられます。暗証番号を推測されにくい機能も付いており、近くに人がいる場合の対策として便利です。

スマートロックの売れ筋ランキングをチェック

スマートロックのランキングをチェックしたい方はこちら。