スマートフォンを介してドアの施錠・解錠が簡単にできる「スマートロック」。家の中で鍵を見失うことが多い方や、家の鍵を締めたかどうかが気になってしまう方に便利なアイテムです。しかし、ひと口にスマートロックといってもモデルによってさまざまな機能が搭載されています。

そこで今回は、おすすめのスマートロックをご紹介。あわせて選び方も合わせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

スマートロックとは?

By: amazon.co.jp

「スマートロック」とは、スマートフォンのアプリなどを使って鍵を開け閉めできるシステムのことです。通信機能や認証機能を備えているのが特徴で、高いセキュリティで鍵の施錠などのコントロールを行えます。

鍵の施錠方法や取り付け方法に関しては、製品によってさまざま。また、最近ではスマートフォンを使わず、指紋などの生体認証で開錠ができるモデルもラインナップされています。

スマートロックのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

スマートロックを導入するメリットのひとつに、鍵を携帯する必要がないことが挙げられます。開錠・施錠の際に鍵を出し入れする必要がなく、ドア前で慌てて鍵を探さずに済みます。

また、多くのスマートロックにはオートロック機能を備えており、鍵を閉め忘れても自動で施錠するのがポイント。なかには鍵の開閉履歴が残るモノや、開錠・施錠がリアルタイムで分かるモデルもラインナップされています。

さらに、スマートロックが紐づけられたスマートフォンを紛失しても、IDとパスワードがあれば鍵の管理が可能。代替機や別のスマートフォンにアプリをダウンロードすれば使用できます。

デメリット

By: qrio.me

スマートロック側とスマートフォン側のどちらも、電池切れには注意が必要。スマートロックは電池が切れそうになるとスマートフォンに通知が行くモデルであれば予防できますが、スマートフォンの電池切れには注意が必要です。

また、オートロック機能を備えているスマートロックを導入した際、スマートフォンを家に置きっぱなしにして外出すると締め出されてしまうことがあります。特に一人暮らしだと、管理会社に連絡することになってしまうので留意しておきましょう。

スマートロックの選び方

自宅のドアに対応しているかどうかで選ぶ

By: ninjalock.me

スマートロックを選ぶ際は、まず製品が自宅のドア形状に対応しているかをチェックしましょう。対応していない製品を購入してしまうと、後に返品処理などの手間がかかってしまいます。

ドア形状には、サムターンがドアに直接付いている「ドア付きタイプ」、取っ手の上下2つにサムターンが付いている「プッシュプル錠タイプ」、鍵と錠がひとつの箱に収まっている「面付き箱錠タイプ」などがあるのが特徴。ほかにも、回転型のノブにサムターンが埋まっている「ドアノブ付きタイプ」もあります。

さまざまなタイプのスマートロックが販売されているため、ぜひチェックしてみてください。

設置方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

スマートロックは、大きく分けて2通りの設置方法があります。ひとつは、サムターンを覆うように取り付ける方法。対応している形状が多く、工具いらずで簡単に取り付けられます。また、粘着テープで貼り付けるためドアに穴をあける必要がなく、賃貸でも取り付けが可能です。

もうひとつは、既存の鍵と置き換えて使用する方法。簡単な取り付け工事が必要ですが、サムターンに取り付けるタイプに比べて見た目がスッキリします。ドアのデザインをあまり崩したくない方や持ち家の方におすすめです。

施錠と解錠の方法で選ぶ

ハンズフリータイプ

By: qrio.me

ハンズフリータイプは、スマートロックとBluetooth接続をしたスマートフォンを持った人が、鍵から離れたり近付いたりすることで施錠・解錠を行うのが特徴。両手に荷物を抱えているときでもスムーズに開閉できます。

ただし、電波が悪いと正しく解錠できないことがあるため注意が必要。その場合はアプリを起動して操作したり、普通の鍵を使って解錠したりと対応が必要です。

スマートフォン操作タイプ

スマートフォン操作タイプは、専用アプリをインストールしたスマートフォンを操作して施錠・解錠を行うのが特徴。手元にスマートフォンがあればどこにいても操作できるため、鍵のかけ忘れても安心です。

また、アプリを介した操作を記録するモノであれば、最後に解錠されたのがいつか、誰が操作したのかといった情報を確認できるのも魅力。鍵をかけ忘れていないか心配になってしまう方におすすめのタイプです。

マルチデバイスタイプ

By: amazon.co.jp

マルチデバイスタイプは、カードキーやフィーチャーフォンなどのさまざまなデバイスで施錠・解錠できるのが特徴。スマートフォンを使い慣れていない家族がいる場合や、操作を従業員に任せることがあるオフィスでの使用に便利です。

また、生体認証に対応し、事前に登録された指紋でしか開けられないモデルもあります。スマートフォンを持っていない方を含め、複数人で使いたい場合におすすめです。

その他機能で選ぶ

By: ninjalock.me

小さな子供や高齢者など、スマートフォンを持っていない家族がいる場合は、リモコン型のキーがあるタイプのスマートロックや暗証番号で開閉できるモデルがおすすめ。特にリモコン型キーがある場合、ボタンで開閉できるため子供でも簡単に扱うことが可能です。家族構成やライフスタイルに応じて、必要な機能を備えたモデルを選ぶようにしましょう。

スマートロックのおすすめモデル

キュリオ(Qrio) Qrio Lock Q-SL2

シンプルなブラックデザインが目を引くスマートロックです。本製品には、ハンズフリー解錠機能を搭載。スマホがドアに近づくと、自動で解錠ができるのが魅力です。

ドアが閉まった後は、ドアセンサーによってオートロックを実行。外出後や帰宅後の閉め忘れを予防できます。ゴミ出しなどで一時的に外出する場合は、本体つまみを操作しておけば、オートロック機能の一時停止を行えます。

また、スマホを持っていない方でも解錠可能な「Qrio Key」や、遠隔地からの解施錠を可能にする「Qrio Hub」などを別売で用意。多彩な機能を利用できる、おすすめのスマートロックです。

ビットキー(Bitkey) bitlock LITE

月額制の料金プランを採用しているスマートロックです。本体価格には、機種代と1年間の利用分が含まれています。13か月以降も利用する場合は、月額プランもしくは年額プランを支払って利用するのが特徴です。

取り付けはシールを貼るだけなので、非常に簡単。プランの契約中であれば、製品の不具合時に無償で交換してもらえるのがポイントです。本体には、IPX3の防水仕様を施しています。

また、別売の「bitbutton」でも鍵の解錠が可能。スマホの電源が切れてしまった場合や、スマホを持っていない子供がいる場合などにおすすめです。さらに、入室履歴の管理機能を使って、誰が家にいたのかをスマホでスムーズに確認できます。

ニンジャロック(NinjaLock) NinjaLock2

豊富な機能を備えるスマートロックです。アタッチメントには、特許取得済みの無段階可変構造を採用。さまざまなサイズのサムターンに対応しているので、ぴったりと取り付けられます。

リモートコントロールのために使う専用アプリは、シンプルな画面で非常に使いやすいのが特徴。また、鍵情報を家族や友人と共有して、一時的な解錠権限を付与するいった操作を行えます。

本体内には、24時間の時計機能を内蔵。帰宅の時間に合わせて鍵を開けたり、出発時刻とともに鍵を自動で閉めたりできるのがメリットです。自動や手動での開閉は、すべて履歴として記録できます。

Manhaoya スマートロック M7W-JP

万が一に備えて非常キーを備えるスマートロックです。スマートフォンの電源が切れてしまった際も、本体のフタを取り外せば、通常の鍵が使用できます。

本製品は、柔軟な形で暗証番号を決められるのが特徴。開くたびに変化する動態番号をはじめ、臨時の番号や一度きりの番号などを設定できるため、高いセキュリティが期待できます。

さらに、不正解錠警報機能を搭載。不正侵入を試みる人が無理やり開けようとしたときに、大きな警報音を鳴らします。「お休み強制ロック」機能を使えば、室外からの解錠を無効にできるのがメリットです。

OWSOO スマートドアロック

オフィスのドアやガレージドアなどに取り付けやすいスマートロックです。外部取り付けプレートを使用して、簡単に取り付けられるのが魅力。設置後は、しっかりとドアへ接着し続けます。

また、ステンレス製のスタイリッシュなデザインを採用。ステンレス製なので耐久性が高く、錆にも強いのが特徴です。また、厚さは比較的薄いため、ドアのデザインを損ないにくく設置できます。

バッテリーは、スタンバイモード時で約16か月間持続。消耗してきたらバックアップバッテリーに切り替えて駆動するので、長期間安心して利用できます。

サムスン(Samsung) SAMSUNG Touch the Pride SHS-1321

パスコードやICカードで解施錠を行えるスマートロック。スマートフォンを使わずに解錠するモデルです。パスワードによるロック解除時は、2つの数字認証と、任意の登録パスワード認証の二重構造を採用。セキュリティに心配な方でも、安心して利用できます。

厚さは2cmと非常に薄いのが魅力のひとつ。本体は高級感のある光沢ボディのデザインなので、スタイリッシュな扉によくなじみます。また、夜間でも操作がしやすいバックライトを搭載しているので安心です。

また、キータグによる解錠も可能。オフィスや、自宅の室内ドアなどへ取り付けたい方におすすめです。

WAFU 指紋ハンドルロック WF-017

ドアノブ一体型になっているスマートロックです。本製品は、指紋認証機能を利用し、スマートフォンを使用しないのが特徴。回し部分のタッチセンサーに指をあてることで、解錠を行えます。

左右どちらのドアにも取り付けられるのがおすすめポイントです。玄関のドアだけでなく、家の部屋に取り付けるスマートロックとしても重宝します。

電源は使い捨てではなく、充電式の電池を採用。ハンドル端のインターフェースへUSBケーブルを差し込めば。充電を行えます。約1年間の電池寿命で利用でき、残量が少なくなると警告がされるので安心です。

東邦金属工業 GATEMAN Nero

感度の高いタッチパネルを採用したスマートロックです。本製品はスマートフォンを使用せず、暗証番号4~12桁で解錠するタイプ。「のぞき見防止機能」や、「暗証番号のカモフラージュ機能」などが付いているので、セキュリティ面で安心して利用できます。

また、カードキーによる解錠にも対応し、最大40枚まで登録できるのがメリットです。電源はアルカリ乾電池4本で駆動するので、設置やメンテナンスが簡単。従業員のいるオフィスなどで使いやすいおすすめのスマートロックです。