スマホを介してドアの施錠・解錠が簡単にできる「スマートロック」。家の中で鍵を見失うことが多い方や、家の鍵を締めたかどうか気になってしまう方に便利なアイテムです。しかし、ひと口にスマートロックといってもモデルによってさまざまな機能が搭載されています。

そこで今回は、おすすめのスマートロックをご紹介。あわせて選び方も合わせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

スマートロックとは?

スマートロックの特徴とメリット

By: amazon.co.jp

スマートロックとは、スマホのアプリを介して遠隔で鍵の開閉ができる装置です。ドアの鍵に機器を取り付けてアプリの設定を行うだけで使用できるので、賃貸のドアであってもスマートロック化できます。

鍵の開閉だけでなく現在の鍵の状態が分かるため防犯にもなるほか、鍵を持ち歩く必要がなく荷物を減らすことが可能です。

また、時間をあらかじめ設定しておくことで、自動で鍵の開閉ができる機能を備えたモデルもあり、子供がいる家庭でも安心して使えます。

スマートロックのデメリット

ほとんどのスマートロックは電池で動いているため、電池切れのリスクがあったり、電池交換に手間がかかったりといったデメリットがあります。継続してお金がかかるので、コストパフォーマンスが気になる方は注意しましょう。

スマホと連携して鍵の開閉を行う場合には、スマホの充電状態も気にかける必要があります。外出中に充電が切れてしまうと解錠に普通の鍵を使うことになり、スマートロックの利点を活かしきれません。

また、鍵を持っていない場合は家から締め出されてしまう可能性も。鍵を持ち歩きたくない方は、スマートロック本体や連携しているスマホの電池残量を常に気にかけておく必要があります。

スマートロックの選び方

施錠と解錠の方法で選ぶ

ハンズフリータイプ

By: amazon.co.jp

ハンズフリータイプは、スマートロックとBluetooth接続をしたスマホを持った人が鍵から離れたり、鍵に近付いたりすることで施錠・解錠を行うのが特徴。両手に荷物を抱えているときでもスムーズに開閉できます。

ただし、電波が悪いと正しく解錠できないことがあるため注意が必要。その場合はアプリを起動して操作したり、普通の鍵を使って解錠したり、対応が必要ですが、基本的には手間いらずで施錠や解錠ができるタイプです。

スマホ操作タイプ

スマホ操作タイプは、専用アプリをインストールしたスマホを操作して施錠・解錠を行うのが特徴。手元にスマホがあればどこにいても操作できるため、鍵のかけ忘れを心配する必要がありません。

また、ほとんどのモデルではアプリを介した操作を記録するので、最後に解錠されたのがいつか、誰が操作したのかといった情報を確認できるのも魅力。鍵をかけ忘れていないかいつも心配になってしまう方におすすめのタイプです。

マルチデバイスタイプ

By: amazon.co.jp

マルチデバイスタイプは、スマホだけでなく、カードキーやフィーチャーフォンなどのさまざまなデバイスで施錠・解錠できるのが特徴。スマホを使い慣れない家族がいる場合や、操作を従業員に任せることがあるオフィスでの使用に便利です。

また、生体認証に対応し、事前に登録された指紋や静脈パターンでしか開けられないスマートロックなどもあります。スマホを持っていない方を含め、複数人で使いたい場合におすすめです。

自宅のドアに対応しているかどうかで選ぶ

ドア枠からサムターンまでの間隔が狭い場合、スマートロック機器が取り付けられない恐れがあります。あらかじめ製品の取り付けに必要なスペースを調べ、自宅のドアに対応しているか調べておきましょう。

また、サムターンがドアノブと一体型のモノや通常の形と異なるモノ、ツマミ部分のボタンを押してから回す必要があるモノなどは、スマートロックが取り付けられない場合が多いため注意が必要です。

設置方法で選ぶ

By: qrio.me

スマートロックは大きく分けて2通りの設置方法があります。ひとつは、サムターンを覆うように取り付ける方法。対応している錠前が多く、工具いらずで簡単に取り付けられます。また、粘着テープで貼り付けるためドアに穴をあける必要がなく、賃貸でも取り付けが可能です。

もうひとつは、既存の鍵と置き換えて使用する方法。簡単な取り付け工事が必要ですが、サムターンに取り付けるタイプに比べて見た目がスッキリします。ドアのデザインをあまり崩したくない方やDIYが好きな方におすすめです。

そのほか、専用アプリが家族全員のスマホで使用できるかどうかも重要なポイント。機種だけでなくアプリやOSのバージョンによって異なるため、事前に確認しておきましょう。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アプリに電池残量が表示されるかどうかも選ぶポイントのひとつ。電池切れで鍵が開けられなくなってしまう恐れがあるため、残量が少なくなった段階で知らせてくれる機能があると便利です。

小さな子供や高齢者など、スマホを持っていない家族がいる場合は、リモコン型のキーがあるタイプのスマートロックや暗証番号で開閉できるモデルがおすすめ。特にリモコン型キーがある場合、ボタン1つで開閉できるため子供でも物理キーより簡単に扱うことが可能です。

ほかにも、AIアシスタントに対応しているモデルや一定時間を経過すると自動でロックがかかるオートロック対応モデル、ゲスト用に合鍵機能を備えたモデルなど、さまざまな機能があります。家族構成やライフスタイルに応じて、必要な機能を備えたモデルを選びましょう。

スマートロックのおすすめモデル

キュリオ(Qrio) Qrio Lock Q-SL2

キュリオ(Qrio) Qrio Lock Q-SL2

導入のしやすさと多彩な便利機能で人気のスマートロックです。ハンズフリータイプのため、荷物で両手が塞がっている状態でも玄関に近付くだけでスマホと連動して鍵の解錠が可能。オートロック機能も搭載しており、一定時間が経つと自動で施錠されるため、帰宅直後に鍵を閉め忘れる心配がありません。

取り付けはサムターンを覆うように両面テープで貼り付けるだけなので簡単。鍵交換や穴あけの必要なく後付けできるので、賃貸住宅でも安心して導入できます。

解錠はスマホのほかに専用リモコンの「Qrio Key」でも可能。さらに、解錠・施錠の履歴はスマホアプリで確認できるので、子供がいつ帰宅したかもモニタリングできます。また、Apple Watchやスマートスピーカーでの遠隔操作に対応するのも魅力です。

キュリオ(Qrio) Qrio Smart Lock Q-SL1

キュリオ(Qrio) Qrio Smart Lock Q-SL1

来客や友人などの訪問が多い家庭におすすめのスマートロックです。導入しやすいリーズナブルな価格に加え、本製品はキーシェア機能を搭載しているのが特徴。LINEやFacebookなどのメッセージ機能を使って鍵をシェアできます。

シェアした鍵は有効期間を限定できるので安全面も良好。合鍵を作る手間がかからず、信頼できる人にだけ解錠の権限を付与することで、鍵をより便利に活用できます。

解錠方法はハンズフリータイプで、オートロック機能にも対応。取り付けは両面テープを使用しますが、日本の住宅にあるさまざまな形状のサムターンに対応しているため、導入がしやすいのもポイントです。

キャンディハウス(Candy House) SESAME mini

キャンディハウス(Candy House) SESAME mini

さまざまな解錠方法に対応した多機能なスマートロックです。アプリ操作での解錠やハンズフリー解錠のほかに、アプリを起動しなくても連携したスマホをノックすることでも解錠が可能。さらに、スマホやスマートスピーカーからの音声解錠にも対応しているので、急な来客時もリビングから遠隔で鍵を開けられます。

キーシェア機能にも対応。自宅に訪問してほしいゲストにアプリ上から期間限定の鍵をシェアできます。解錠履歴はアプリ上で確認できるうえに、手動操作で鍵の無効化も可能です。

取り付けはサムターンの上に両面シールで貼り付けるだけなので簡単。また、従来の金属鍵も今まで通り使用できるので、スマホに慣れていない家族がいる家庭でも問題なく使えます。

ライナフ(Linough) NinjaLock2

ライナフ(Linough) NinjaLock2

高いセキュリティで利用できるスマートロックです。扉のサムターンに後付けするだけでスマホを鍵として使用が可能。解錠はスマホアプリ上で行いますが、オートロック機能にも対応します。また、解錠履歴の確認もできるので、オフィス用としてもおすすめです。

キーシェア機能にも対応。アプリから共有した鍵は有効期間を限定したり、暗号化したりもできるので、しっかり防犯できます。

出発や帰宅など特定の時間帯に合わせて内蔵の時計が鍵を自動で開閉するのも特徴。また、別売りのキーパッドを導入すれば、暗証番号やNFCカードを使用した解錠方法も追加できます。

ダナロック(danalock) danalock V3 Homekit

ダナロック(danalock) danalock V3 Homekit

自宅の家電設備をApple Homekitで連携している方におすすめのスマートロックです。Apple Homekitと連携設定を済ませた後はiPhone・iPad・Apple TVなどのアップル製品から遠隔で鍵の開閉操作が行えます。

解錠は「ホーム」アプリからの操作のほか、Siriを使用した音声操作でも可能。Siriに「鍵はどうなってる?」と尋ねれば、鍵の施錠確認ができます。さらに、Homekitのシナリオ機能にも対応。テレビ・エアコン・照明などと一緒に「おでかけモード」として登録しておけば、鍵の施錠も含めた操作が外出時に一括で行えます。

サムスン(SAMSUNG) SMARTデジタルドアロック SHS-2920

サムスン(SAMSUNG) SMARTデジタルドアロック SHS-2920

セキュリティ面でも安心して使えるドア一体型のスマートロックです。解錠時は最初にスクリーン上でランダムに表示される2つの数字を入力し、続いて指定のパスワードを入力。指紋の跡からパスワードが漏洩する心配がないのが魅力です。

加えて、二重ロッキング機能に対応するのもポイント。パスワード入力の後にカードキーによる解錠手順も追加できるので、来客用にパスワードを共有した際、セキュリティを一時的に高めたい場合にも効果的に使えます。

扉が閉まってから10秒後に鍵がかかるオートロック機能にも対応。さらに、室内で高温が感知されるとロックが解除される非常時対応システムを搭載しているので、万が一の場合もスムーズに脱出できます。

東邦金属工業 GATEMAN Nero

東邦金属工業 GATEMAN Nero

2種類の解錠方法が利用できるドア一体型のスマートロックです。通常はタッチスクリーンからのパスワード入力で解錠。パスワードは4〜12桁まで設定できるほか、タッチスクリーンにはのぞき見防止機能も搭載されているので安全に入力できます。

加えて、ICカードキーによる解錠に対応するのも特徴。SuicaなどFeliCa技術を搭載するICカードが鍵代わりに使えます。最大40枚までのICカードが登録できるので、家族にはICカードによる解錠、来客にはパスワードによる解錠などの使い分けが可能です。

オートロック機能で鍵の閉め忘れ対策にも対応。内側からはハンドルを回すだけで扉が開けられるアンチパニック機能付きなのもポイントです。

イージータッチ(eGeeTouch) スマートパドロック 第3世代

高い耐候性を備えた頑丈な南京錠タイプのスマートロックです。南京錠のシャックル(掛け金)部分には防犯性に優れたダブルロック機構を採用。加えて、IP45相当の防塵・防滴性能とグレード6の耐塩水性を有しているので、屋外にある物置やアウトドアシーンでの利用にもおすすめです。

解錠はスマホやスマートウォッチからのアプリ操作のほか、付属のNFCタグでも可能。キーシェア機能にも対応しており、時間制限の設定や解錠履歴の確認もできます。

バッテリーは充電式。フル充電で7000回以上の解錠・施錠が可能で、バッテリー残量はアプリ上で確認できます。