スマートフォンを介してドアの施錠・解錠が簡単にできる「スマートロック」。家の中で鍵を見失うことが多い方や、家の鍵を締めたかどうかが気になってしまう方に便利なアイテムです。しかし、ひと口にスマートロックといってもモデルによってさまざまな機能が搭載されています。

そこで今回は、おすすめのスマートロックをご紹介。あわせて選び方も合わせて解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

スマートロックとは?

By: amazon.co.jp

スマートロックとは、スマートフォンから開錠や施錠の操作ができる専用のデバイスのこと。主に玄関の鍵に取り付けて、位置情報やBluetoothによりハンズフリーの状態で開錠できるようにしたり、オートロックを実現したりできます。

鍵を取り出さずに開錠や施錠ができるほか、鍵をかけ忘れたり、施錠し忘れたのではないかと心配したりする必要がなくなります。家族や友人に合鍵をシェアしたり、開錠・施錠の履歴をチェックしたりできる点も魅力です。

製品によっては、アプリによる操作以外に指紋や暗証番号、ICカードによる施錠・開錠ができる場合もあります。

スマートロックのメリット・デメリット

メリット

By: sadiot.com

スマートロックを導入するメリットのひとつは、鍵を携帯する必要がないこと。開錠・施錠の際に鍵を出し入れする必要がなく、ドア前で慌てて鍵を探さずに済みます。

また、多くのスマートロックにはオートロック機能を備えており、鍵を閉め忘れても自動で施錠可能。なかには、鍵の開閉履歴が残るモノや、開錠・施錠がリアルタイムで分かるモデルもラインナップされています。

さらに、スマートロックが紐づけられたスマートフォンを紛失しても、IDとパスワードがあれば鍵の管理が可能。代替機や別のスマートフォンにアプリをダウンロードして使用できます。

デメリット

By: qrio.me

スマートロック側とスマートフォン側のどちらも、電池切れには注意が必要。スマートロックは電池が切れそうになるとスマートフォンに通知が行くモデルであれば予防できますが、スマートフォンの電池切れには注意が必要です。

また、オートロック機能を備えているスマートロックを導入した際、スマートフォンを家に置いたまま外出すると締め出されてしまうことがあります。特に一人暮らしだと、管理会社に連絡することになってしまうので留意しておきましょう。

スマートロックはマンションなどの賃貸でも使える?

By: au.com

工事不要のスマートロックであれば、マンションのような賃貸物件でも使用できるモノがあります。両面テープなどで貼り付けるだけなので、ドアを傷つけにくく設置が簡単なのが特徴です。

鍵の取り替えといった工事が必須の製品を使いたい方は、管理会社などの許可を事前に得る必要がある点に注意しましょう。場合によっては、許可が出ず使用できないこともあります。

スマートロックの選び方

自宅のドアに対応しているかどうかで選ぶ

By: ninjalock.me

スマートロックを選ぶ際は、まず製品が自宅のドア形状に対応しているかをチェックしましょう。対応していない製品を購入してしまうと、後に返品処理などの手間がかかることも。

ドア形状には、サムターンがドアに直接付いている「ドア付きタイプ」、取っ手の上下2つにサムターンが付いている「プッシュプル錠タイプ」、鍵と錠がひとつの箱に収まっている「面付き箱錠タイプ」などがあります。

さまざまなタイプのスマートロックが販売されているため、ぜひチェックしてみてください。

取り付け方法で選ぶ

貼付けタイプ

By: qrio.me

両面テープや粘着シートでドアに貼り付けるスマートロックが貼付けタイプ。ドアを傷つけにくく簡単に原状回復できるため、賃貸でも導入しやすい点がメリットです。専門の知識や難しいDIYも不要なので、初心者でも簡単に取り付けられます。

ドアの材質によっては、しっかりと固定しないと外れやすい点がデメリット。取付け・取り外しのしやすさを優先する方におすすめです。

シリンダー交換タイプ

By: qrio.me

シリンダー交換タイプは、既存の鍵のシリンダー部分を取り外し、空いたスペースにスマートロックを導入します。追加で穴を開けたりネジを入れたりせず、取り外した鍵を元に戻せるのであれば、賃貸の部屋でも導入可能です。

自分で交換できるタイプの場合コストはほとんどかかりません。業者を依頼しなければならないタイプのシリンダーであれば、その分追加でコストが発生します。賃貸でもスマートロックをしっかりと固定したい方におすすめです。

穴あけ工事タイプ

ドアに穴を開けてスマートロックを取り付けるのが、穴あけ工事タイプです。原状回復ができなくなるので、賃貸のアパートやマンションには導入できない場合がほとんど。DIYの知識や経験がない場合は、業者に依頼する必要があるので、コストもかかります。

一方で、スマートロック用に穴を開けて固定するため、安定した状態で使用できる点がメリット。自宅がDIYできるタイプの場合はおすすめの取り付け方法です。

施錠と解錠の方法で選ぶ

ハンズフリータイプ

By: qrio.me

ハンズフリータイプは、スマートロックとBluetooth接続をしたスマートフォンを持った人が、鍵から離れたり近付いたりすることで施錠・解錠を行うのが特徴。両手に荷物を抱えているときでもスムーズに開閉できます。

ただし、電波が悪いと正しく解錠できないことがあるため注意が必要。その場合はアプリを起動して操作したり、普通の鍵を使って解錠したりと対応が必要です。

スマートフォン操作タイプ

By: sadiot.com

スマートフォン操作タイプは、専用アプリをインストールしたスマートフォンを操作して施錠・解錠を行うのが特徴。手元にスマートフォンがあればどこにいても操作できるため、鍵をかけ忘れても安心です。

また、アプリを介した操作を記録するモノであれば、最後に解錠されたのがいつか、誰が操作したのかなどの情報を確認できるのも魅力。鍵をかけ忘れていないか心配になってしまう方におすすめのタイプです。

マルチデバイスタイプ

By: ninjalock.me

マルチデバイスタイプは、カードキーやフィーチャーフォンなどのさまざまなデバイスで施錠・解錠できるのが特徴。スマートフォンを使い慣れていない家族がいる場合や、操作を従業員に任せることがあるオフィスでの使用に便利です。

また、生体認証に対応し、事前に登録された指紋でしか開けられないモデルもあります。スマートフォンを持っていない方を含め、複数人で使いたい場合におすすめです。

その他機能で選ぶ

オートロック

By: ninjalock.me

鍵の締め忘れが不安な方にぴったりなのが、オートロック機能を搭載したスマートロックです。ドアが閉まった際に自動で鍵をかけられるのが魅力。なかには、時間経過やドアから離れた距離によって施錠を行える製品もあります。

オートロック機能を一時停止できるモノを選べば、ゴミ捨てなどの時間がかからない外出では施錠しないといった使い方も可能。用途にあわせて選んでみてください。

電池残量の通知機能

By: candyhouse.co

スマートロックを選ぶ際は、電池残量の通知機能が搭載されているかチェックしましょう。電池が切れた状態に気づかず外出すると、ドアを施錠しに戻る手間が発生したり閉め忘れたりする恐れがあります。

専用のアプリで通知するタイプは、スマートフォンなどで手軽に確認できるため便利。電池が切れる前に残量を確認したい方におすすめです。

スマートロックのおすすめモデル

キュリオ(Qrio) Qrio Lock Q-SL2

工事不要で取り付けられる人気のスマートロック。付属の両面テープで取り付ける貼付けタイプを採用しているので、シリンダーの交換や穴あけなど大掛かりな作業が不要です。オプションパーツが付属しているため、さまざまなタイプのサムターンに対応できます。

付属の開閉センサーにより、オートロックを実現。短時間の外出時に便利な、オートロックを一時停止させる機能も搭載されています。また、連携したスマートフォンがカバンやポケットに入ったままの状態でも、ハンズフリーで解錠可能です。

合鍵の共有機能にも対応。ファミリーキーやゲストキーなど、合鍵の種類によって付与される権限が異なるので、一時的な鍵の共有にも安心して使用可能です。さらに、Apple Watchからの解錠や施錠の操作にも対応しています。

工事不要で原状回復しやすいため、賃貸のアパートやマンションに住んでいる方にもおすすめのスマートロックです。

キュリオ(Qrio) スマートロック Q-SL1

スマートフォンによる開錠に特化したスマートロック。粘着シートによる貼付けタイプを採用しているため、原状回復が必要な賃貸にも導入しやすい点がメリットです。工具や工事も不要なので、特別な知識やDIYの経験も必要ありません。

便利なオートロック機能に対応。指定した時間が経過すると自動で施錠できるので、鍵のかけ忘れを予防でき、施錠したかどうか不安になる心配もありません。鍵を取り出す必要はなく、スマートフォンがあれば簡単に施錠も開錠も可能です。

電池2本で約300日、4本だと約600日の連続動作に対応。電池は2本ずつ消費され、2本の電池残量が少なくなった時点で通知されるので、本体の電池切れを気にせずに使用可能です。スマートフォンの電池が切れている場合は、通常の鍵で開錠できます。シンプルで使いやすい、おすすめのスマートロックです。

ビットキー(bitkey) bitlock LITE

サブスクリプションタイプのスマートロックサービス。付属のシールでサムターンの上から被せるように設置します。特別な工事がいらず簡単に導入できるほか、外側の鍵穴はそのままなので今までの鍵も引き続き使用可能です。

また、乾電池4本により、最大600日使用可能。電池残量が少なくなるとアプリで知らせます。さらに、スマートフォンを持った状態で、ドアに近付くだけで開錠できるほか、オートロック機能も搭載しています。

専用アプリを使って、家族や友人に鍵を共有できるのもポイント。アプリを利用した開錠や施錠は記録され、いつでも履歴をチェックできるので、防犯にも役立ちます。IPX3相当の防水性能も有しているので、多少の水濡れであれば気にせず使用できる点も魅力です。

ライナフ(Linough) NinjaLock2

スタイリッシュなデザインが魅力のスマートロックです。本体をサムターンに被せるように取り付け、両面テープで固定するタイプを採用。サムターンを掴むスライダーの幅は自由に調節できるので、さまざまなタイプの鍵に対応できます。

指定した時間に鍵を開閉したり、オートロックを動作させたりするタイマー機能を搭載しているのも特徴。事前にパスワードを設定して友人や家族に伝えると、面倒な登録や招待なしで一時的に開錠や施錠ができるため、来客が多い方にもおすすめです。

有効期限や日時を限定した鍵の発行も可能。誰がいつ開錠・施錠したのかをアプリでチェックできる点も魅力です。アプリからはもちろん、本体からも電池の残量をチェックできるので、気が付いたら電池がなくなっていたなどのトラブルを未然に防げます。

特殊な形状の鍵にも取り付けやすい、おすすめのスマートロックです。

エピック(EPIC) 後付電子錠 ES-F500D

穴あけ工事タイプのスマートロック。利用者レベルを最高管理者・一般管理者・ユーザー・ゲストの4段階から選択できるので、自宅に取り付けて使用するのはもちろん、賃貸として貸しているアパートやマンションの管理用としてもおすすめです。

さまざまな開錠方法を選択できる点も魅力のひとつ。暗証番号やICカードのほか、指紋認証やスマートフォンアプリからの開錠にも対応しています。スマートフォンを持った状態でタッチしたり、近付いたりするだけで開錠も可能です。

来客時に便利な、1回のみ利用できる暗証番号を発行するワンタイム暗証番号にも対応。オートロック機能は有効・無効を選択可能です。開錠時に鳴るメロディーの音量は7段階で調節でき、朝方や夜中にはミュートにも設定できます。

無理やり開けようとすると警報を鳴らす機能も搭載。多機能なスマートロックを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Manhaoya スマートロック M7W-JP

暗証番号による開錠に対応したスマートロック。取付方法にはシリンダー交換タイプを採用しています。力に自信がない方やDIYの経験がない方でも簡単に設置でき、かつ取り付けた後は安定した状態で使用可能です。

アプリによる開錠のほか、暗証番号による開錠に対応。1回のみ利用できる暗証番号を発行したり、暗証番号に回数や有効期間を設定したりも可能です。来客時に指定の番号を入力してもらうと通知が来るので、遠隔で開錠もできます。

近くに人がいる場合でも安心して暗証番号を入力できるように、ダミーの番号を入力する機能も搭載。無理やり開けようとしたり、3回連続で暗証番号を間違ったりすると警告音を発するので、防犯面にも優れています。

薄型のシンプルなデザインも魅力。暗証番号による開錠をしたい方におすすめのスマートロックです。

S SMAUTOP スマートドアロック

5通りの開錠方法に対応したスマートロック。指紋・パスワード・ICカード・鍵・スマートフォンアプリの5つの方法で開錠可能です。動作は単3電池4本。緊急用のUSBポートが搭載されており、万が一電池が切れてもモバイルバッテリーで給電して使用できます。

取付方法には簡単ながら耐久性に優れたシリンダー交換タイプを採用。暗証番号を入力する際は、近くにいる人に盗み見られないように、前後にダミーの番号を追加できます。指紋は最大で100個まで登録できるので、家族が多い方も安心して使用可能です。

アプリはiPhoneとAndroidの両方に対応。遠隔で開錠したり、鍵を共有したりなど、さまざまな使い方ができます。豊富な開錠方法に対応した、おすすめのスマートロックです。

エピック(EPIC) 電子錠 ES-F300D

賃貸管理におすすめのスマートロック。取付方法には穴あけ工事タイプが採用されています。室外機にもBluetoothが搭載されているため、金属製の厚いドアの場合でもスマートフォンとの通信が安定している点が特徴です。

利用者レベルを最高管理者・一般管理者・ユーザー・ゲストの4段階から選択可能。開錠方法は暗証番号・ICカード・指紋・スマートフォンアプリの4通りです。ICカードは最大200枚、指紋は最大100個まで登録できるので、オフィスでも使用できます。

オートロック機能にも対応。不審者がこじ開けようとすると警報を発するほか、室内機が一定以上の温度を感知すると火事だと判断して自動で開錠できるなど、防犯や防災面でも優れています。就寝時には、外からの開錠をロックする機能も便利です。

サディオ(SADIOT) SADIOT LOCK MHP-SLS01

セキュリティ性能に優れたスマートロックです。工事不要で簡単に設置可能。セキュリティチップを内蔵し、外部からのハッキングを対策している点が特徴です。動作は電池式で、カートリッジタイプのため簡単に交換できます。

スマートフォンを持った状態でドアに近付くだけで開錠可能。スマートフォンをカバンやポケットから取り出す必要がないので、荷物を持っている状態でもスムーズにドアを開けられます。指定した時間が経過すると施錠する、オートロック機能も利用可能です。

スマートフォンを持っていなくても、専用のリモコンキーで簡単に開錠と施錠ができます。低価格な点も魅力のひとつ。コストパフォーマンスに優れた、おすすめのスマートロックです。