鍵などを使わなくても専用のリモコンを所持するだけでドアが自動に開錠できるスマートエントリーを搭載した車はだいぶメジャーになってきましたよね。両手がふさがっている時などでは非常に便利ですが、それは自転車の時も同様。そこで、現在クラウドファンディングサイトKickstarterにて出資を募集しているのが、スマホで自動開錠してくれる自転車用ロック「LINKA」。スマートエントリーだけでなく、防犯対策にも十分な効果を発揮してくれそうなスマートロックです。

見た目は普通のタイヤに取り付けるタイプの自転車ロックで、重さも500g以下と軽量。施錠はボタンをタップすると自動で約9mmの鉄製のアームが出てきてロックがかかります。開錠は専用アプリをインストールし、Bluetooth接続をしたスマホを所持した状態で自転車に近づくだけで、自動的に開錠されるという手軽さ。もちろん、スマホが手元にない場合は、4桁のパスコードを入力することで開錠できるのでご安心を。

また、LINKAには盗難防止用のアラームが搭載されており、スマホを所持していない他人が自転車を動かすと100デシベルのサイレンが鳴り響き、泥棒を撃退。と、同時にその様子をスマホを通して知らせてくれるという心強さ。開発者らによれば、三軸加速度メーターを搭載しているため、泥棒と偶然自転車にぶつかってしまった人とを区別し、アラームの誤発動を抑えているというハイテク仕様。

LINKAは充電式ですが、1回の充電で約1年ももつということなので、充電切れの心配もなし。現在このアイテムは99ドルの出資で入手可能となっています。盗難防止に加え、自動開錠までしてくれるなんて至れり尽くせりですね。