コーヒーミルは、挽きたての美味しいコーヒーを楽しむために欠かせない道具です。昔ながらの手でハンドルを回してコーヒー豆を挽く手動式のモノ、電気の力でラクに挽ける電動式のモノがあり、それぞれに違った魅力があります。

そこで今回は、コーヒーミルのおすすめ人気モデルをご紹介。そのほかにも、コーヒーミルの種類や選び方、お手入れ方法についても解説するので参考にしてみてください。

コーヒーミルとは?

By: amazon.co.jp

焙煎されたコーヒー豆をドリップ用のコーヒー粉にするために必要なのがコーヒーミルです。コーヒー豆は、粉の状態で保存しておくと風味が飛んでしまう可能性があるため、コーヒーミルを用いてドリップする分だけの豆をその都度挽くことをおすすめします。

コーヒーミルは、キッチンの一角を占めるようなプロ仕様の大型モデルから、コンパクトなモデルまで多種多様なモデルがリリースされています。なお、価格に比例して豆を潰すことなく挽けるため、味のクオリティを求める方は、なるべくプロ仕様のモデルを選ぶようにしましょう。

コーヒーミルの種類

手動式

By: amazon.co.jp

手動式は、手でハンドルを回して挽くタイプです。コーヒーが飲まれるようになった頃から使われており、現在もファンの多いアイテム。自分の手で挽くので、特別なおいしさがあるのが魅力です。

また、比較的リーズナブルで持ち運びしやすいモノが多いのもポイント。さらに、自動式に比べると熱が発生しにくいため、香り高いコーヒーを少人数で飲むのにおすすめです。ただし、サイズは小さめのモノが多く、大量に挽くのが難しい面もあります。

電動式

By: amazon.co.jp

電動式は、電気の力を使ってコーヒー豆を挽くタイプです。ミルの力が均一に行き渡るため、力加減による挽きムラの少ないコーヒーが味わえるのが魅力。かつては業務用の大型モデルがほとんどでしたが、現在では家庭用の小型モデルも次々と登場しています。

電動式のミルは、一度に多くのコーヒー豆を挽きたい場合におすすめ。豆の粉砕方法がモデルによって異なる点が特徴で、バリエーションの多さも魅力です。

コーヒーミルの選び方

豆の粉砕方法で選ぶ

コーヒーミルで使われる豆の粉砕方法は、主にカッター式(プロペラ式)・臼式(グラインド式)・コーン式(コニカル刃)の3種類です。淹れるコーヒーや使い方によって、おすすめの粉砕方法も変わってくるもの。ここでは、3種類の粉砕方法の特徴を詳しくご紹介します。

カッター式(プロペラ式)

41m81kznnkl

By: amazon.co.jp

カッター式は、プロペラの形状をした刃を回すことで、コーヒー豆に歯をぶつけながら砕いていくタイプです。ミキサーに使われるミル機能にも、この方式が採用されています。ミルのなかではリーズナブルなモデルで、お手入れしやすいのが特徴。コーヒーミル初心者におすすめです。

粉の大きさはミルの稼働時間によって調節可能。長時間挽くほど細かく仕上がります。ただし、挽いた豆の大きさに多少のムラができるという面もあるため、注意が必要です。

臼式(グラインド式)

By: amazon.co.jp

臼式は、上下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプ。手動式コーヒーミルによく用いられている方式です。挽きムラが少なく、カッター式と比較すると微粉も少ないと言われています。

なお、長く使っていると臼歯に微粉が残りやすく、電動式の場合は熱を持ちやすいので注意しましょう。粒の大きさを調節しやすいので、豆によって挽き方を変えたいこだわり派の方におすすめのモデルです。

コーン式(コニカル刃)

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルのなかで豆を挽く性能が最も高いのがコニカル刃です。2枚の刃で豆を切り刻むことで、より挽きムラの少ない均一な仕上がりになるのが魅力。コーヒー豆本来の香りを損ないにくく、コーヒーの成分をより深く抽出することが可能なため、コーヒー上級者におすすめです。

なお、性能が高い反面、高額な製品が多く、比較的サイズも大きいので置き場所や予算をしっかり検討して購入する必要があります。

大きさや用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーミルのなかには、持ち運びができるほど小型化されたコーヒーミルもラインナップされています。小型モデルであれば、家庭用に使う場合でも収納場所に困りません。また、手動式のミルにはハンドルを分解し、コンパクトにできるモデルもあります。

なお、電動タイプのコーヒーミルのなかには、挽きムラとして出てくる「微粉」が少ない粉砕方法を採用したモデルが多いので、気になる方は電動タイプの製品をチェックしてみてください。

電動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル

カリタ(Kalita) ナイスカットG

カリタ(Kalita) ナイスカットG

コニカル刃によるカッティングタイプの電動コーヒーミルです。ハイスペックな電動コーヒーミルとして真っ先に名前の挙がる名品で、カフェや喫茶店でも採用されるほどの高い性能を備えています。

業務用のコーヒーミルをそのまま使いやすく小型にした製品で、挽きムラや微粉の少なさが魅力。切れ味がよく耐久性に優れたカット刃を搭載しており、カッティングの際に豆へ加わる熱を最小限に抑えています。

本体サイズは幅120×奥行218×高さ337mmで、重量は約2.3kg。本格的な電動コーヒーミルのなかでは比較的小型かつ軽量であり、落ち着いたシックなデザインなので自宅に設置しやすいのもポイントです。

50gのコーヒー粉を受けられるステンレス製の受缶や、お手入れに役立つクリーニングブラシも付属しています。おいしいコーヒーを追求する方におすすめのロングセラー製品です。

カリタ(Kalita) ネクストG KCG-17

カリタ(Kalita) ネクストG KCG-17

カリタによる新型の電動コーヒーミルです。豆を挽いた際に粉がコーヒーミル本体や受缶にまとわりつくのを防止できる静電除去装置を搭載しているのが特徴。粉が飛散せず受缶へまっすぐ落ちるので、周囲の掃除や本体のお手入れが容易です。

モーターの回転数を従来の50%に低減し、加熱により豆の風味が損なわれるのを防いでいるのもポイント。安定性も向上しており、挽きムラの少ない仕上がりでおいしいコーヒーを淹れられます。

本体サイズは123×215×401mmで、重量は2.3kg。静音性にも優れており、従来の65%まで騒音を軽減しているため家庭で使いやすいのもメリットです。上部のホッパーをセットしないと電源が入らない安全装置も内蔵しています。コーヒー上級者の方におすすめのコーヒーミルです。

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

カリタによるリーズナブルな電動コーヒーミルです。豆の粉砕方法にカッター式を採用しており、50gの豆をわずか15秒で中挽きにできます。自宅で手軽にコーヒー豆を挽きたい方におすすめです。

本体サイズは99×82×178mmで、重量は750g。小型かつ軽量の設計なのでキッチンでも場所を取らず、電源さえ確保できればキャンプなどのアウトドアへも気軽に持ち運べます。電動コーヒーミルのエントリーモデルとしておすすめです。

カリタ(Kalita) セラミックミル C-90

カリタ(Kalita) セラミックミル C-90

自宅で頻繁にコーヒーを淹れる方におすすめの電動コーヒーミルです。粉砕方法は臼式で、80gの豆を60秒で挽くことが可能。最大容量が豆90gと大きいので、家族や来客など大人数のコーヒーを淹れる場合にも役立ちます。

臼歯には耐久性の高いファインセラミックを採用しており、挽き目の粗さを9段階に調節できるのもポイント。豆の焙煎度や好みに応じて適切な粗さに調節できるため、より深くコーヒーを楽しめます。

本体サイズは150×85×215mmで重量は1.3kgです。一度にまとまった量の豆を挽けるモデルながらコンパクトなので、ダイニングテーブルやキッチンに設置しやすいのもメリット。お手頃価格の据え置きタイプとしておすすめのコーヒーミルです。

メリタ(Melitta) 電動コーヒーミル ECG62

メリタ(Melitta) 電動コーヒーミル ECG62

メリタによるお手頃価格の電動コーヒーミルです。粉砕方法はカッター式で、豆を入れてスイッチを押すだけで使えるため、電動式のエントリーモデルとしておすすめ。スイッチを押す時間の長さで粒度の調節も行えます。また、一度に最大70gの豆を挽けるので、大人数のコーヒーを淹れることが多い方でも安心です。

底には巻き取り式のコードリールを搭載しており、使わないときは電源コードをすっきりと収納できます。お手入れに役立つクリーニングブラシも付属。コストを抑えつつ電動式のコーヒーミルを入手したい方におすすめです。

メリタ(Melitta) パーフェクトタッチⅡ CG-5B

メリタ(Melitta) パーフェクトタッチⅡ CG-5B

粗挽きから細挽きまで対応可能な電動コーヒーミルです。挽き目を16段階に調節でき、エスプレッソ用の極細挽きも行えるのが魅力。最大容量は豆100gと大きく、一度に大量のコーヒー豆を挽きたい方にもおすすめです。

粉砕方法には臼式を採用。挽く豆の量を調節できる杯数目盛を搭載しており、最大12杯分まで指定した量の粉砕を行えます。受皿には豆の量を簡単に把握できる目盛が付いているため、挽く豆の計量に使えるのもメリットです。

また、フタを閉めないと電源が入らない安全装置を内蔵しているので、安心して使えます。高性能な電動コーヒーミルとしておすすめの製品です。

富士珈機 みるっこ コーヒーミル R-220

富士珈機 みるっこ コーヒーミル R-220

業務用としても使える高性能な電動コーヒーミルです。挽きムラが少なく均一に豆を挽けるのが特徴で、コーヒー愛飲家の間でも人気の高い製品。特に、中挽きや粗挽きに適しています。一度に最大200gの豆を挽けるため、大人数でコーヒーを楽しむ用途にもおすすめです。

本体サイズが幅165×奥行245×高さ360mmとコンパクトなのも魅力。また、使用時の静音性にも優れています。本格的にコーヒーを楽しみたい方は、ぜひ検討してみてください。

ボンマック(BONMAC) コーヒーミル BM-250N

ボンマック(BONMAC) コーヒーミル BM-250N

コスパに優れた電動コーヒーミルです。本体サイズは幅120×奥行270×高さ360mmで、レトロでおしゃれなデザインが魅力。1分あたり150gのコーヒー豆を粉砕でき、一度に最大200gの豆を均一に挽けます。

挽き終えたコーヒー粉は受缶のスクリューキャップから取り出せるので、粉の飛び散りが少ないのもメリット。低コストで挽きムラの少ない電動コーヒーミルを探している方におすすめです。

ボダム(bodum) 電動コーヒーグラインダー BISTRO 10903

ボダム(bodum) 電動コーヒーグラインダー BISTRO 10903

おしゃれでカラーバリエーションが豊富な電動コーヒーミルです。インテリアとしても映える製品で、デザイン性を重視する方におすすめ。粉砕方法はコーン式で無段階の挽き目調整ダイヤルを搭載しており、極細挽きから粗挽きまで対応できます。

エスプレッソやフレンチプレスなど幅広いコーヒーの淹れ方に合わせて豆を挽けるのが魅力。一度に最大220gのコーヒー豆を粉砕でき、大人数へコーヒーを淹れる場合にも活躍します。コーヒー粉を受ける容器はガラス製なので、静電気による粉の飛び散りが起こりにくいのもメリットです。

また、容器にはシリコンバンドが付いており、粉砕時に手を添えると滑り止めになるので安定させて使うことが可能。スタイリッシュな電動コーヒーミルを探している方はぜひチェックしてみてください。

デロンギ(DeLonghi) コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

デロンギ(DeLonghi) コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

低速で豆を粉砕できる電動コーヒーミルです。粉砕方法にコニカル刃を採用し、摩擦熱を抑える低速回転でカットするため、豆本来の風味を守りながら粉砕できるのが魅力。挽き目は14段階に設定可能で、細挽きから粗挽きまで自在に調節できます。

極細挽きでエスプレッソを淹れたい方にもおすすめ。一度に弾ける豆の量は最大110gです。安全機能も搭載しており、豆を入れる容器のホッパーが正しくセットされていないと作動しないので、安心して使えます。

お手入れに便利なクリーニングブラシも付属。上部の刃は取り外しが可能で、容易に掃除を行えます。電源コードを底部に収納できるのもポイント。多機能で使い勝手のよい電動コーヒーミルです。

手動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3

シンプルなデザインのコーヒーミルです。粉砕方法は手動の臼式で、硬質の素材を採用しているため、切れ味が長持ちするのが特徴。豆の投入口は豆35g分、粉受けは豆55gの容量を備えています。一度に少人数分のコーヒーを淹れる用途におすすめです。

豆の投入口はそのまま豆を投入できるオープン式であり、口が広く簡単に豆が入れられます。下部の粉受けはねじ込み式で、回して開けると挽いたコーヒー粉を取り出すことが可能。本体内部の調節ネジで豆を挽く粗さを調節できるのもポイントです。

本体サイズは170×85×210mmで重量はわずか610gであり、コンパクトかつ軽量のため持ち運びも容易。手動式コーヒーミルのエントリーモデルとしておすすめです。

カリタ(Kalita) クラシックミル 42003

カリタ(Kalita) クラシックミル 42003

クラシカルな雰囲気が魅力のコーヒーミルです。インテリアとしてもおしゃれなデザインなので、キッチンはもちろんダイニング周辺にも設置しやすい製品。頑丈な硬質鋳鉄(ちゅうてつ)を使用した臼式で、調節ネジを操作して挽き目の調節も行えます。

豆の投入口はフタつきで埃が入りにくく、挽く際に豆が飛び散らないのもポイント。下部の粉受けは引き出し式なので、挽いたコーヒー粉を簡単に取り出せます。箱型なので使用時の安定性に優れており、ハンドルを回しやすいのもメリットです。

粉受けの最大容量は豆45gであり、一度にまとまった量の豆を挽くことが可能。本体サイズは190×145×230mmで、重量は1.25kgです。アンティークなデザインが好きな方はぜひチェックしてみてください。

カリタ(Kalita) ダイヤミルN 42137

カリタ(Kalita) ダイヤミルN 42137

豆を挽く作業を楽しめる手動のコーヒーミルです。ハンドルをゆっくりと回し、豆を挽くゴリゴリとした感触と音を楽しみながら粉砕を行えます。豆の挽き目を好みに合わせて調節できるのもメリットです。

粉砕方法は硬質の鋳鉄素材を採用した臼式で、切れ味が長持ちする設計。投入口の容量は豆50g分であり、口が広く豆を入れやすいのもポイントです。粉受けは挽いたコーヒー粉を取り出しやすい引き出し式で、最大60gのコーヒー粉をためられます。

本体サイズは174×180×245mmで重量は3.3kgと、やや大型のコーヒーミルです。しかし、重さがある分安定性に優れており、豆を粉砕しやすいのが魅力。小さな力で使える手動式のコーヒーミルを探している方におすすめです。

カリタ(Kalita) コーヒーミル KKC-25

カリタ(Kalita) コーヒーミル KKC-25

お手入れのしやすい手動式コーヒーミルです。刃に磨耗しにくく切れ味が長続きするセラミックを使用しており、丸洗いできるのが特徴。刃は取り外せるので洗いやすく衛生的に使えます。

セラミック素材なのでコーヒーの風味を損ないにくいのもメリット。また、粗さ調節ダイヤルを搭載しており、豆の挽き目も好みに応じて調節できます。本体サイズは82×160×219mmで、重量は380gであり、気軽に持ち運べるのもポイントです。

受缶には約30gのコーヒー粉をためられます。豆の投入口は挽く際に豆が飛び散ることのないフタつきタイプです。本体の底には滑り止めのシリコンベースを装備しているため、ハンドルを回しやすいのも魅力。洗いやすいセラミック刃のコーヒーミルを探している方におすすめです。

カリタ(Kalita) セラミックスリムミル 42120

カリタ(Kalita) セラミックスリムミル 42120

アウトドアにおすすめの手動式コーヒーミルです。本体サイズ158×50×250mmのスリムな円筒状で、重量が350gと軽く、素材に耐久性の高いステンレスを用いています。

ハンドルは取り外して本体内部に収納できるため、すっきりとした筒状となり、容易に持ち運べるのが魅力です。刃にはセラミックを使用しており、取り外し可能なのでお手入れも簡単に行えます。

粉受けの容量はコーヒー粉30gです。豆の挽き目を調節できるため、アウトドアでも好みのコーヒーを淹れられます。頑丈で携行性に優れたコーヒーミルです。

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B

丸洗いに対応したお手入れのしやすいコーヒーミルです。粉砕方法に臼式を採用しており、刃にはセラミック、金属部にはステンレスを用いているため、水で丸洗いができます。臼部分は分解できるので、細部まで掃除できるのも魅力です。

本体サイズは幅172×奥行93×高さ231mmで、一度にコーヒー粉100gの粉砕を行えます。底面に滑り止めカバーがついており、本体の位置を固定し安定して豆を挽けるのもポイント。

また、上部のミル部分を取り外し付属のフタを下部に取り付けると、そのままコーヒー粉の保存容器としても使えます。使い勝手のよい手動式コーヒーミルです。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミルミニ

ポーレックス(Prolix) コーヒーミルミニ

モバイル性に優れた小型のコーヒーミルです。本体サイズは直径5×高さ135mmで、一度に約20gのコーヒー豆を挽けます。粒度調節機能を搭載しており、細挽きから粗挽きまで行えるのもメリットです。

刃には金属臭がないセラミックを採用しているので、豆の風味を損なわずに粉砕できます。パーツを全て分解できるため、洗いやすく衛生的に使えるのもポイント。ハンドルは取り外してホルダーに収納し、コンパクトに持ち運べます。

ハンドルホルダー機能が付いた滑り止めを備えているので、豆を挽く際により簡単にハンドルを回すことが可能。シンプルな形状で持ち運びやすく、キャンプなどのアウトドアにおすすめの製品です。