「コーヒーミル」は、挽きたての美味しいコーヒーを楽しむために欠かせないアイテムです。昔ながらの手でハンドルを回してコーヒー豆を挽く手動式のモノや、電気の力でラクに挽ける電動式のモノがあり、それぞれに違った魅力があります。

そこで今回は、コーヒーミルのおすすめ人気モデルをご紹介。コーヒーミルの種類や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーミルとは?

By: amazon.co.jp

焙煎されたコーヒー豆を、ドリップ用のコーヒー粉にするために必要なのがコーヒーミルです。コーヒー豆は、粉の状態で保存しておくと風味が飛んでしまう恐れがあります。そのため、コーヒーミルを用いるときは、ドリップする分だけの豆をその都度挽くのがおすすめです。

コーヒーミルは、キッチンの一角を占めるようなプロ仕様の大型モデルから、コンパクトなモデルまで多種多様なモデルがラインナップされています。なお、価格に比例して豆を潰すことなく挽けるため、味のクオリティを求める方は、なるべくプロ仕様のモデルを選んでみてください。

コーヒーミルの種類

手動式

By: amazon.co.jp

手動式は、手でハンドルを回して挽くタイプ。昔ながらの方式で、現在もファンの多いアイテムです。音と香りを楽しみながら、ゆったりとした時間が楽しめます。

また、コンパクトなモデルもラインナップされており、リーズナブルで持ち運びしやすいのもポイント。さらに、自動式に比べると熱が発生しにくいため、香り高いコーヒーを少人数で飲むのにおすすめです。一方、サイズは小さめのモノが多く、大量に挽くのが難しい面もあるので注意しておきましょう。

電動式

By: amazon.co.jp

電動式は、電気の力を使ってコーヒー豆を挽くタイプです。ミルの力が均一に行き渡るため、力加減による挽きムラの少ないコーヒーを味わえるのが魅力。かつては業務用の大型モデルがほとんどでしたが、現在では家庭用の小型モデルも次々と登場しています。

電動式のミルは、一度に多くのコーヒー豆を挽きたい場合におすすめ。豆の粉砕方法がモデルによって異なるのが特徴で、バリエーションの多さも魅力です。

コーヒーミルの選び方

豆の粉砕方法で選ぶ

プロペラ式

By: amazon.co.jp

カッター式は、プロペラ状の刃を回すことで、コーヒー豆を砕いていくタイプです。ミキサーに使われるミル機能にもカッター式が採用されています。リーズナブルなモデルで、お手入れしやすいのが特徴。コーヒーミルをあまり使ったことのない方におすすめです。

粉の大きさはミルの稼働時間によって調節可能。長時間挽くほど細かく仕上がります。ただし、挽いた豆の大きさに多少のムラができるため、注意が必要です。

臼式・コニカル式

By: rakuten.co.jp

臼式は、上下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプです。手動式コーヒーミルによく用いられる方式。挽きムラが少なく、カッター式と比較すると微粉も少ないのが特徴です。

コーヒー豆本来の香りを損ないにくく、コーヒーの成分をよりしっかり抽出できるため、コーヒー上級者におすすめです。

なお、殿堂のモデルは高額な製品が多く、比較的サイズも大きいので、置き場所や予算をしっかり検討して購入する必要があります。

カット式(フラットカッター)

By: rakuten.co.jp

臼のような歯のついた2枚の円盤でコーヒー豆を細かく切り刻むタイプ。粒度の均一性には多少ばらつきが出やすいものの、豆をカットするので、グラインド式に比べると摩擦熱が発生しにくく、コーヒーの香りが飛びにくいのが特徴です。

喫茶店などでもよく使われているタイプで、雑味の原因となる微粉も少ないのもポイント。スピーディーかつ均一に豆が挽けるので、こだわりのコーヒーが味わえます。

手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーミルの刃の間に詰まる微粉は雑味の原因ともなるので、安定した美味しさを出すために手入れのしやすさもチェックしましょう。セラミック製の刃だと、水で丸洗いできるのでおすすめ。定期的にすみずみまで掃除したい方は、パーツを分解して洗えるモデルをチョイスすると安心です。専用ブラシが付属しているモデルもあるので、気になる方はチェックしてみましょう。

アウトドアで使うなら持ち運びやすさもチェック

By: rakuten.co.jp

家のなかだけでなく、アウトドアでも使いたい方は、手動タイプに加え軽量コンパクトなモデルがおすすめ。最近のコーヒーブームで、キャプテンスタッグやスノーピークなどのアウトドアブランドからも、おしゃれで収納性に優れたコーヒーミルが多数ラインナップされています。キャンプ先で挽きたてコーヒーを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーミルのおすすめメーカー

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

横浜市に本社を置くコーヒー機器総合メーカー。雑味が出る前にコーヒーを淹れる「3つ穴式」のコーヒードリッパーが有名です。同ブランドのコーヒーミルは、手動、電動タイプともさまざまなニーズに合うモデルをラインナップ。アンティーク調のデザインも人気で、インテリアの一部としても楽しめます。

ハリオ(HARIO)

By: rakuten.co.jp

耐熱ガラスの企画・開発・製造を行っている、日本の耐熱ガラスメーカー。高度なガラス加工の技術を活かしたコーヒーサイフォンからはじまり、さまざまなコーヒー関連器具を展開しています。

同ブランドのコーヒーミルは、品質の高さに加え、水で丸洗いできるタイプを多数ラインナップしているのが特徴。ガラスのような透明感のあるモデルから、木目調のナチュラルなタイプまでデザイン性に富んでいるのも魅力です。

ポーレックス(Porlex)

By: rakuten.co.jp

ポーレックスは、精工なセラミック製品を得意とし、自社で企画、開発した製品を国内の自社工場で造っています。同ブランドがラインナップしている手動ミルは、コーヒー愛好家のなかでも人気のあるアイテムです。

粗挽きから細挽きまでの粒度が調節できるほか、セラミック製の刃を採用しているためお手入れも簡単。スタイリッシュなデザインは、プレゼントにしても喜ばれます。

手動コーヒーミルのおすすめ

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3BR 42078

木のぬくもりが感じられるコーヒーミルです。手動タイプの臼式で、錆びにくく耐久性の高いステンレス製刃を採用しています。

調節ネジを回すことで、粗挽きから細挽きまで簡単に調節可能。投入口が広くコーヒー豆が入れやすいほか、下部の粉受けがねじ込み式のため、さっと取り出せる使い勝手のよさも魅力です。

本体サイズは約170×85×210mm。コーヒー豆は一度に最大35g、粉受けは55gまで収納可能で、一度に2~3人分のコーヒー豆が挽けます。挽きムラが少なく扱いやすいタイプなので、初めての手動コーヒーミルにおすすめです。

カリタ(Kalita) クラシックミル 42003

アンティークデザインがおしゃれなコーヒーミルです。丈夫な硬質鋳鉄(ちゅうてつ)を採用した臼式の手動タイプ。安定感のある箱型で、テーブルの上に置いて手で押さえながら豆が挽けるため、少ない力でスピーディーにコーヒー豆が挽けます。

挽き目の調節はネジを回して簡単に行えるほか、豆の投入口にはフタがついており、粉が飛び散りにくいのも嬉しいポイント。引き出し式の粉受けは扱いやすく、最大は45gまで収納可能です。

本体サイズは190×145×230mm。コンパクトで、キッチンに置いてもインテリア映えする、おすすめのコーヒーミルです。

カリタ(Kalita) ダイヤミル ブラック N #42138

インテリアの一部としても馴染み、アンティーク調がおしゃれなグラインド式のコーヒーミル。ハンドルを回しながらゴリゴリと音を聞き、コーヒー豆を挽くプロセスをゆっくり楽しめます。

刃は丈夫な鋳鉄素材で、切れ味が長持ちするのが特徴。豆の粒度は、本体サイドについているナットで簡単に調節できます。また、投入口が広く豆が入れやすいほか、粉受けは引き出し式で使い勝手のよさが魅力です。

本体サイズは、174×180×245mm。重さは3700gとやや重めですが、そのぶん安定感がありハンドルが回しやすいのがポイントです。投入口の容量は豆50g分、粉受けは最大60gまで収納可能。1人分の豆を挽くときはもちろん、来客時にも重宝するおすすめのコーヒーミルです。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル セラミック スリム MSS-1TB

本体に目盛りがついており、コーヒースプーンで計量しなくても挽いた量が一目でわかるコーヒーミル。挽き具合も調節ネジで簡単にコントロールでき、使い勝手のよさから人気の高いアイテムです。

摩擦熱が発生しにくいセラミック製の臼式で、コーヒーの香りと味を逃がしにくいのが特徴。パーツを分解して水洗いできるため、お手入れの手軽さもポイントです。また、使わないときは、ハンドルを本体にひっかけてコンパクトに収納できます。

本体サイズは、幅150×奥行72×高さ220mmで、コーヒー粉は最大24g収納できます。家だけでなく、キャンプや登山などに気軽に携帯できるコーヒーミルを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B

セラミック製の臼を採用し、丸洗いに対応したコーヒーミル。最大100gまで粉を収納できるほか、付属のフタをすればそのままコーヒー粉の保存容器にもなる便利なアイテムです。

グリップ部分には滑り止めが加工されており、ハンドルの回しやすさもポイント。ナットを回せば、好みの粒度に簡単に調節可能です。本体サイズは、幅172×奥行×93高さ231mm。手動タイプで、一度にたくさん豆を挽けるコーヒーミルを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) セラミック コーヒーミル・ウッド MCW-2-OV

セラミック製の本体と、粉受け部分にオリーブウッドを採用したコーヒーミル。洗練されたデザインのコーヒーミルを探している方におすすめです。

くびれ形状のためグリップしやすく、豆が挽きやすいのも特徴。調節ネジを回すことで、好みの挽き具合に簡単に調節できます。また、セラミック製の臼は、錆びにくく切れ味がよいのもポイント。摩擦熱が最小限ですむので、豆の酸化を防いで美味しさを長持ちさせます。

本体サイズは、幅167×奥行85×高さ215mm。最大30gのコーヒー粉の収納ができるため、2~3人分のコーヒーを淹れたいときにぴったりです。臼は分解して水で丸洗いできます。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミル2 ミニ

コンパクトなボディと使い勝手のよさで、コーヒー愛好家から高い人気のある日本製のグラインド式コーヒーミル。金属臭が出にくいセラミック製刃を採用しているため、コーヒー本来の香りと味を損なわずにコーヒー豆が挽けます。

粗挽きから細挽きまで、ダイヤルで小刻みに調節できるほか、挽きムラが少なく高精度な仕上がりが特徴です。また、すべてのパーツを分解して水洗いできるのでお手入れも簡単。いつでも衛生的に使用でき、ぶれない味のコーヒーを淹れられます。

使わないときはホルダーにハンドルを差し込めばコンパクトにまとまるので、携帯性も良好。キャンプなどのアウトドアシーンに気軽に持ち運べるコーヒーミルを探している方におすすめです。サイズは、外径50×高さ135mmで、一度に約20gのコーヒー豆が挽けます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コーヒーミル・Sサイズ・18-8 UW-3501

新潟県三条市に本社を置く同社が、アウトドアブランドとして立ち上げたキャプテンスタッグのコーヒーミル。本体サイズは外径46×高さ135mmと、アウトドアブランドならではのコンパクトさで携帯性のよさが特徴です。

金属臭を抑えるセラミック製刃の採用で、香り高いコーヒーを楽しめるのもポイント。コンパクトながらも性能は高く、挽き具合がツマミで簡単に調節できます。また、セラミック刃は取り外して洗えるので、お手入れも簡単。自宅でもキャンプでも使えるコーヒーミルを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) フィールドバリスタ ミル CS-116

ハンドルとフタが一体型のコーヒーミルで、ハンドルを折りたたんでコンパクトに収納できます。スタイリッシュなフォルムに天然木がワンポイントで映え、キャンプ道具にこだわりのある方におすすめです。

収納サイズは、57×48×165mmで、携帯に便利な収納ポーチがついているのも嬉しいポイント。また、コンパクトながら、挽き具合をツマミで簡単に調節できる使い勝手のよさも持ち合わせています。キャンプ先で使えるコーヒーミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

青芳(Aoyoshi) ヴィンテージ コーヒーミル

新潟県燕市に本社を置き、高品質でデザイン性に優れた生活用品を製造しているメーカー。同ブランドのコーヒーミルは、ステンレスの本体にヴィンテージ加工を施し、おしゃれな外観で人気のアイテムです。

摩擦熱が発生しにくく、コーヒーの香りを逃さないセラミック製刃を採用。挽き心地も軽いほか、セラミック刃は取り外して丸洗いができるため、お手入れも簡単です。粒度をダイヤルで簡単に調節できるのもポイント。

本体サイズは、外径46×高さ135mmで、手のひらに収まるコンパクトボディも魅力です。自宅でもアウトドアでも使えるおしゃれなコーヒーミルを探している方におすすめ。一度に挽ける豆の量は約17gで、1~2人分のコーヒーを淹れられます。

モクネジ(MokuNeji) MokuNeji × Kalita コーヒーミル

熟練の工芸職人により、ひとつずつ丁寧に手作りされているコーヒーミル。ボディには天然木のケヤキが使用され、木目の美しさが活かされているほか、ろくろの作り出す曲線によって、持ちやすさと安定感が特徴です。

ミル機械部はカリタ社が製造しており、内部のネジでエスプレッソ用の細挽きから粗挽きまで、自由に調節できます。また、粉受け部分には3重ネジ構造を採用しており、開閉がしやすく操作性のよさも魅力です。

本体サイズは外径97×高さ258mmで、最大30gの豆が挽けます。天然木の経年変化を楽しみたい方や、一生モノのコーヒーミルを探している方におすすめ。また、手動のコーヒーミルのなかでは高級な部類に入るので、プレゼントにしても喜ばれるコーヒーミルです。

プジョー(PEUGEOT) コーヒーミル ノスタルジー 841-1

プジョーは車メーカーとして有名ですが、実は、車よりも家庭用コーヒーミルの製造のほうが歴史は長く、180年前から手掛けています。本アイテムは初期モデルの復刻版で、挽きムラの少ない精度の高さが特徴。安定のあるフォルムでガタつきも少なく、軽くスムーズな挽き心地も魅力です。

サイズは、幅130×奥行130×高さ210mmで、一度に約25gの豆が挽けます。クオリティも高いながら、アンティーク調のデザインもおしゃれなので、雰囲気重視の方におすすめです。

電動コーヒーミルのおすすめ

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

プロペラ式のカッターを採用しており、50gの豆をわずか15秒で中挽きに挽けます。操作も簡単で扱いやすく、はじめての電動コーヒーミルにおすすめです。

本体サイズは約99×82×178mm、重量は約750g。約5杯分のコーヒー豆を一度に挽けるパフォーマンスながらも、コンパクトなボディが魅力です。また、リーズナブルな価格も嬉しいポイント。電動ミルを購入したいけれど、種類の多さに迷っている方は、エントリーモデルとしてぜひ検討してみてください。

カリタ(Kalita) ネクストGコーヒーミル 61090

プロの仕上がりを家庭でも手軽に楽しめる、コニカル式のコーヒーミルです。「静電除去装置」を備えており、粉の飛散を防いでいるのが特徴。本体や粉受けへの付着や粉の飛び散りを軽減しているので、掃除が簡単なのもポイントです。

モーターの回転数を減らしているため、摩擦熱が出にくく、コーヒー本来の風味を楽しめるのも魅力。挽きムラも少なく、いつでも安定した味のコーヒーが淹れられます。

ホッパーがきちんとセットされているときのみ作動する安全設計のほか、優れた静音性でシーンを気にせず使えるのもメリット。コーヒーを極めたい方におすすめのコーヒーミルです。

カリタ(Kalita) イージーカットミル コーヒーミル EG-45

幅90×奥行き90×高さ185mm、重さ約570gの軽量コンパクトボディで、片手でミルを持ちながらスイッチを押せる電動コーヒーミル。底のリブ設計により、均一の粒度に豆が挽けるほか、雑味の原因となる微粉を軽減しているのが特徴です。

40gのコーヒー豆を30秒で中挽きに仕上げます。簡単な操作性のプロペラ式コーヒーミルが欲しい方におすすめです。

ハリオ(HARIO) ハリオ V60 電動コーヒーグラインダー コンパクト EVC-8B

フレンチプレスからエスプレッソまで39段階の粒度が調節でき、持っている器具に合わせて好みのコーヒーを淹れられる電動コーヒーミル。ステンレス製のコニカル式の臼歯を採用し、粒度のばらつきがなく、クオリティの高い仕上がりが特徴です。

粉受けには、粉の飛び散りを予防するフタがついているほか、臼は取り外して水洗いができるのでお手入れも簡単。本体サイズは、幅130×奥行185×高さ335mmのコンパクト設計も嬉しいポイントです。

粒度を細かく調節できるタイプを探している方や、仕上がりの精度にこだわる方は、ぜひ検討してみてください。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動コーヒーミル 7660JP

本体サイズが幅125×奥行125×高さ215mmとコンパクトでありながら、150Wのハイパワーモーターを搭載したコーヒーミル。中挽であれば60gのコーヒー豆を約10秒で挽けるので、忙しい朝の時間帯に重宝します。

スイッチを押すだけで、簡単に好みの粒度に調節できるのもポイント。刃には独自形状を採用し、挽きムラが少なく、均一の粒度に仕上がります。また、粉受け用のボウルは飛び散りを防ぐため、お手入れが簡単なうえ、粉を無駄にすることもありません。操作が簡単なタイプや、ハイパワーの電動コーヒーミルを探している方におすすめです。

オーシャンリッチ(Oceanrich) コードレス自動コーヒーミル G1

リーズナブルな価格ながら、臼式コニカルカッターを搭載したコードレス電動コーヒーミル。粒度のばらつきが少なく、雑味の原因となる微粉も出にくいのが特徴です。

便利なUSB充電式で、フル充電で約20回使用できます。電源を必要としないうえ、幅85×奥行き85×高さ175mmのコンパクトボディで、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。

シンプルなワンタッチ操作で5段階の粒度調節ができるほか、消し忘れを防止する「自動停止機能」を備えているのも嬉しいポイント。1回で約2杯分の粉を挽け、挽き終わったらそのまま保存瓶としても利用できるのも便利です。

コードレスのコーヒーミルを探している方や、コニカルカッターを採用したコンパクトタイプの電動コーヒーミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ボダム(bodum) 電動コーヒーグラインダー BISTRO 10903-01JP-3

粉砕方法はコーン式で、エスプレッソに適した細挽きからフレンチプレス用の粗挽きまで、好みに応じて簡単に調節ができます。挽きムラが少なく精度の高い仕上がりのほか、静音性に優れているのも特徴です。

耐熱ガラスのコンテナーは粉が飛び散りにくく、ホッパーともに丸洗いが可能。インテリア映えするおしゃれなデザインも人気なので、性能もデザインも妥協したくない方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi) カッター式コーヒーグラインダー KG40J

簡単な操作性で、コーヒー初心者にも優しいプロペラ式カッターを採用したコーヒーミル。コーヒー豆を入れてフタを押すだけで豆が挽けるほか、押している時間の長さによって、粗挽きから中細挽きまでの調節が可能です。

カッター式には珍しく容量が多く、一度に8杯分のコーヒー豆が挽けるのもポイント。粉受けが外せるので、取り回しが楽なほか、付属のクリーニングブラシでお手入れも簡単です。また、フタが完全に閉まっているときのみ作動する仕様で、安全面にもしっかり配慮されています。

本体サイズは、幅110×奥行125×高さ250mm。コンパクトボディのうえ、使わないときは本体底面に電源コードをすっきり収納できます。操作性に優れた電動コーヒーミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

メリタ(Melitta) フラットカッターディスク コーヒーグラインダー ECG71-1B

業務用でよく使われているフラットカッターディスクを採用したコーヒーミル。幅97×奥行160×高さ255mmのコンパクトサイズながらも、プロの味を家庭で気軽に楽しめます。

ダイヤルで粗挽きから細挽きまで、17段階の調整が可能。最大200gのコーヒー豆が一度に挽けるほか、簡単なツマミ操作で14杯分まで挽きたい分量をセットできます。喫茶店の本格的な味を家庭で再現したい方や、大容量のコーヒーミルを探している方におすすめです。

HadinEEon 電動コーヒーミル

200Wのハイパワー仕様で、ワンタッチ操作でスピーディーに豆が挽けるコーヒーミル。強靭なステンレス製カッターを備え、コーヒー豆だけでなく、茶葉やコショウ、豆、ゴマなどのあらゆる素材を粉砕でき、マルチに活躍するコーヒーミルです。

水洗いできるほか、付属のブラシですみずみまで掃除できるのもポイント。違う素材を粉砕した後でも、臭い移りすることなく衛生的に使えます。コーヒーシーンだけでなく、調理の場でも使えるコーヒーミルを探している方におすすめです。

HAUTURE 電動コーヒーミル

豆を投入して、フタを押すだけで粉が挽けるプロペラ式のコーヒーミル。安定感があり、より少ない力でスピーディーに豆が挽けます。200Wのハイパワー仕様のほか、耐久性に優れたステンレス製刃を採用。コーヒー豆のほか、穀物や香辛料など、あらゆる素材に対応します。

本体が加熱すると停止する自動電源オフ機能を搭載。また、取り外しができる粉受けは水で丸洗いできるため、お手入れも簡単です。本体サイズは116×210mm。最大75gまで対応しており、粗挽きなら約10秒で完了します。

Kmoveon 電動コーヒーミル

リーズナブルな価格とレトロなデザインがおしゃれな電動コーヒーミル。耐久性の高いステンレス製刃を採用し、一度に最大250gのコーヒー豆を挽けます。ダイヤル操作で8段階に挽くスピードを調節でき、粗挽きから細挽きまで好みの粒度に粉砕可能です。

微粉が飛び散りにくい設計のほか、安全装置も備えているのもポイント。本体サイズは、幅150×高さ250mmのスリム設計のため、キッチンの隙間収納も可能です。大容量の電動コーヒーミルを探している方や、コスパの高いコーヒーミルを探している方はチェックしてみてください。