コーヒーミルは、挽きたての美味しいコーヒーを楽しむために欠かせないアイテムです。手でハンドルを回してコーヒー豆を挽く、昔ながらの手動式モデルや、電気の力でラクに挽ける電動式のモノがあり、それぞれに違った魅力があります。

そこで今回は、コーヒーミルのおすすめモデルをご紹介。コーヒーミルの種類や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーミルとは?

By: amazon.co.jp

コーヒーミルは、焙煎されたコーヒー豆をドリップ用のコーヒー粉にするためのアイテムです。コーヒー豆は、粉の状態で保存しておくと風味が飛んでしまう場合があります。そのため、豆のまま保存しておき、ドリップする分だけをコーヒーミルで挽くのがおすすめです。

コーヒーミルは、プロ仕様の大型モデルからコンパクトなモデルまで、多種多様にラインナップされています。なお、高価なモデルには豆を潰すことなく挽きやすいモノも多いので、味のクオリティを求める方はプロ仕様のモデルを選んでみてください。

コーヒーミルの種類

手動式

By: amazon.co.jp

手動式は、手でハンドルを回して挽くタイプ。昔ながらの方式で、現在も愛用者の多いアイテムです。音と香りに包まれながら、ゆったりとした時間が楽しめます。

また、コンパクトなモデルもラインナップされており、リーズナブルで持ち運びしやすいのもポイント。さらに、自動式に比べると熱が発生しにくいため、香り高いコーヒーを少人数で飲みたい場合におすすめです。一方、サイズは小さめのモノが多く、大量に挽くのが難しい面もある点には留意しておきましょう。

電動式

By: oxojapan.com

電動式は、電気の力を使ってコーヒー豆を挽くタイプです。ミルの力が均一に行き渡るため、力加減による挽きムラの少ないコーヒーを味わえるのが魅力。かつては業務用の大型モデルがほとんどでしたが、現在では家庭用の小型モデルも登場しています。

電動式のミルは、一度に多くのコーヒー豆を挽きたい場合におすすめ。豆の粉砕方法がモデルによって異なるのが特徴で、バリエーションの多さも魅力です。

コーヒーミルの選び方

均一に挽けるモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーミルを選ぶ際は、豆を均一に挽けるかが重要なポイント。コーヒー豆を均一に挽くことでクリアな後味を実現でき、より味わい深いコーヒーを楽しめます。

均一に挽けなかった場合、荒い部分はあまり抽出されず薄めに、細かすぎる部分は抽出されすぎてえぐみが出てしまうことも。ムラなく安定した味を楽しみたい方には、電動のコーヒーミルがおすすめです。

挽く速さをチェック

By: amazon.co.jp

豆本来の旨味を楽しみたい方は、豆を挽く速さも要チェック。高速で挽くとモーターの熱や摩擦が豆に伝わり、味が落ちやすくなります。

一度に大量に作りたい方や、スピーディーに挽きたい方は、高速で挽ける電動のコーヒーミルがピッタリ。豆本来の風味を落とさず、本格的な味わいを楽しみたい方には、低速のコーヒーミルや加減ができる手動のコーヒーミルがおすすめです。

豆の粉砕方法で選ぶ

プロペラ式

プロペラ式は、プロペラ状のカッターを回すことでコーヒー豆を砕くタイプです。ミキサーに使われるミル機能にも採用されています。リーズナブルなモデルが多く、お手入れしやすいのが特徴。コーヒーミルをあまり使ったことのない方におすすめです。

粉の大きさはミルの稼働時間によって調節可能。長時間挽くほど細かく仕上がります。ただし、挽いた豆の大きさに多少のムラができる点には留意しておきましょう。

臼式・コニカル式

臼式は、上下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプ。手動式コーヒーミルによく用いられる方式です。挽きムラが少なく、プロペラ式と比較して微粉も少ないのが特徴。

コーヒー豆本来の香りを損ないにくく、コーヒーの成分をよりしっかり抽出できるため、コーヒー上級者におすすめです。

なお、臼式の電動モデルには高額な製品が多く、比較的サイズも大きいので、置き場所や予算をしっかり検討してみてください。

カット式(フラットカッター)

By: amazon.co.jp

臼のような歯がついた2枚の円盤で、コーヒー豆を細かく切り刻むタイプ。粒度の均一性には多少ばらつきが出やすいものの、豆をカットするので、グラインドタイプに比べて摩擦熱が発生しにくく、コーヒーの香りが飛びにくいのが特徴です。

喫茶店などでもよく使われているタイプで、雑味の原因となる微粉も少ないのもポイント。スピーディーかつ均一に豆が挽けるため、こだわりのコーヒーが味わえます。

手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーミルの刃の間に詰まる微粉は、雑味の原因。安定した美味しさを出すために、手入れのしやすさもチェックしましょう。セラミック製の刃は、水で丸洗いできて便利。定期的にすみずみまで掃除したい方は、パーツを分解して洗えるモデルを選ぶと安心です。専用ブラシが付属しているモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

アウトドアで使うなら持ち運びやすさもチェック

By: amazon.co.jp

家のなかだけでなく、アウトドアでも使いたい方には、手動モデルや軽量コンパクトなモデルがおすすめ。最近のコーヒーブームにより、キャプテンスタッグやスノーピークなどのアウトドアブランドからも、おしゃれで収納性に優れたコーヒーミルが多数ラインナップされています。キャンプ先で挽きたてコーヒーを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーミルのおすすめメーカー

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

横浜市に本社を置くコーヒー機器の総合メーカー。雑味が出る前にコーヒーを淹れられる「3つ穴式」のコーヒードリッパーが有名です。同ブランドのコーヒーミルは、手動・電動タイプともさまざまなニーズに合うモデルをラインナップ。アンティーク調のデザインを採用したモデルも人気で、インテリアとしても楽しめます。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

耐熱ガラスの企画・開発・製造を行っている、日本の耐熱ガラスメーカー。高度なガラス加工の技術を活かしたコーヒーサイフォンからはじまり、さまざまなコーヒー関連器具を展開しています。

同ブランドのコーヒーミルは、品質の高さに加え、水で丸洗いできるタイプを多数ラインナップしているのが特徴。ガラスのような透明感のあるモデルから、木目調のナチュラルなタイプまでデザイン性に富んでいるのも魅力です。

ポーレックス(Porlex)

By: porlex.co.jp

ポーレックスは精工なセラミック製品を得意とし、自社で企画・開発した製品を国内の自社工場で造っています。同ブランドがラインナップしている手動ミルは、コーヒー愛好家のなかでも人気のあるアイテムです。

粗挽きから細挽きまでの粒度が調節できるほか、セラミック製の刃を採用しているため、お手入れも簡単。スタイリッシュなデザインのモデルは、プレゼントとしても喜ばれます。

コーヒーミルのおすすめ|手動

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-90 BR

ベーシックな手動式コーヒーミルです。口径が広く蓋がないので、豆を入れてからスムーズに挽けるのがポイント。残量を見ながら挽けるため、使い勝手も良好です。

木目のナチュラルなデザインもおしゃれで、キッチンに置いても絵になるアイテム。容量はホッパー部分が約30g、粉受け部分が約25gで、約2人分の豆が一度に挽けます。シンプルで使いやすいので、初心者におすすめのコーヒーミルです。

カリタ(Kalita) ドームミル

安定感が高く、豆が挽きやすい手動式コーヒーミル。細挽きから粗挽きまで、ダイヤルで簡単に好みの粗さに調節できます。

豆の投入部分には蓋がついており、粉が飛び散りにくく、後片付けが簡単なのも嬉しいポイント。粉受けは引き出し式で、開けた瞬間にコーヒーの風味豊かな香りが楽しめます。

丈夫な硬質鋳鉄製の臼刃を採用。切れ味が長持ちするので、雑味の原因となる挽きムラを抑えます。容量はホッパー部分が最大25g、粉受け部分が最大30g。安定感があり挽きやすい、おすすめのコーヒーミルです。

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B

挽きムラが少なく、均一に豆が挽ける臼式のコーヒーミルです。セラミック製の臼刃と、ステンレス製の金属パーツを採用しているので、丸洗いできるのが特徴。雑味の原因となる微粉をきれいに取り除けるため、安定したコーヒーの味を出したい方におすすめです。

容量は、コーヒー粉の場合で100g。豆を挽いて蓋をすれば、そのまま保存容器として使えるのも便利なポイントです。また、ミル本体は蓋の上に重ねられるので、コンパクトに収納できます。

本体には滑り止めカバーがついているため、安定感も良好。そのほか、ナットを回して簡単に好みの粗さに調節できます。丸洗いできるのも魅力です。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル・スマートG MSG-2-T

本体サイズが幅15×奥行5.3×高さ19cmとコンパクトで、携帯に便利な手動式コーヒーミルです。ハンドルをシリコーンゴム部分に差し込めるので、スリムに収納可能。キャンプなどのアウトドアシーンで活躍します。

透明のボディを採用しており、豆の様子を確かめながら挽けて便利。また、セラミック製の刃は水洗いできるため、微粉が気になる方にもおすすめです。

豆の粗さは、ツマミで簡単に調節可能。容量はコーヒー粉24gで、2杯ほどのコーヒー豆が一度に挽けます。キャンプやピクニックなどへ気軽に携帯できる、収納性に優れたコーヒーミルを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・ウッド N

セラミックとオリーブウッドの組み合わせがおしゃれな、手動式のコーヒーミル。セラミック製の臼を採用しているため摩擦熱が発生しにくく、コーヒー本来の味と香りが楽しめます。

カーブを描いたフォルムは握りやすく、少ない力で挽けるのも特徴。ツマミを回して好みの粗さに簡単に調節できます。

デザインはもちろん、コーヒーの味にもこだわりたい方におすすめ。おしゃれな見た目で、プレゼントにしても喜ばれるアイテムです。容量はコーヒー粉30gで、約3杯分のコーヒーが淹れられます。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミル2 ミニ

焙煎度や粒度にかかわらず、効率よく挽ける独自開発のセラミック刃を採用したコーヒーミル。ハンドルの回転もスムーズで、なめらかな挽き心地が特徴です。調節ネジにより、細挽きから粗挽きまで好みの粒度に調節可能。挽きムラが少なく、均一に挽ける精度の高さも魅力です。

セラミック刃などのパーツをすべて分解・洗浄できるのもポイント。コーヒーの味を損なう微粉を取り除いて、毎回美味しいコーヒーを楽しめます。

また、気軽に持ち歩きやすいコンパクトサイズなのもメリット。ハンドルはハンドルホルダーに挟めるので、収納性も良好です。家でもアウトドアシーンでも、場所を選ばず使える手動のコーヒーミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミル2

本製品は、ポーレックスの「コーヒーミル2 ミニ」の性能はそのままに、容量を多く設計されたアイテム。一度に約30gの豆が挽け、3杯ほどのコーヒーが淹れられます。

本体サイズは直径4.9×高さ19.2cmと、スリム設計なのが嬉しいポイントです。また、ステンレスのシンプルなデザインもおしゃれ。自分用はもちろん、プレゼントにもおすすめのコーヒーミルです。

貝印(Kai Corporation) コーヒーミル&ドリッパー

コーヒーミルとドリッパーが一体構造になったアイテム。挽いたコーヒー粉をドリッパーに移す手間が省けるほか、洗い物も少なくて済むので、家はもちろんアウトドアシーンにもおすすめです。

セラミック製の臼刃を使用しており、コーヒーの味と香りを損いにくいのがポイント。また、独自に開発した「FIXグラインド機構」により、微粉を軽減して挽きの精度を高めています。

本体サイズは、18.5×16×10.3cm。一度にカップ1~2杯分のコーヒー豆が挽けます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレスハンディーコーヒーミルS

パール金属のアウトドア部門であるキャプテンスタッグが展開している、手動式のコーヒーミルです。本体は、アウトドアユースにも耐えられる丈夫な「18-8ステンレス」を採用。錆びや汚れに強く、お手入れが簡単なのも嬉しいポイントです。

刃には、摩擦熱が発生しにくく、コーヒーの香りを損いにくいセラミックを採用。下刃は取り外して、水洗いも可能です。細挽きから粗挽きまで、ツマミで簡単に調節できます。

本体サイズは直径4.6×高さ13.5cm、容量は豆で約17g。コンパクトなので、ソロキャンプにもおすすめです。

スノーピーク(snow peak) フィールドバリスタ ミル CS-116

グッドデザイン賞を受賞したことのある、スタイリッシュなコーヒーミル。ハンドルと蓋は一体型で、使わないときはハンドルを折りたたんでコンパクトに収納できます。

ステンスのシンプルなボディに、天然木を使用した持ち手がおしゃれ。粒度もダイヤルで簡単に調節でき、気分に合わせて好みの味のコーヒーを楽しめます。

携帯に便利な収納ケースが付属するのも嬉しいポイント。アウトドアで、ゆっくりとコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

コーヒーミルのおすすめ|電動

カリタ(Kalita) スローG15

本体サイズ7.6×7.6×24.1cmと、スリムなボディが魅力の電動式コーヒーミルです。名前の通り、ゆっくりと豆を挽くことで摩擦熱を抑制し、酸化と微粉を抑えられるのが特徴。コーヒー本来の味と香りを楽しめます。

中挽き15gを約5分かけて挽くため、ゆっくりとコーヒータイムを楽しみたい方におすすめ。タイマー機能が搭載されており、5分経つと自動で止まるのも嬉しいポイントです。

刃には、切れ味のよいセラミックを採用。豆の粗さもダイヤルで簡単に調節できます。容量は、ホッパー部分・粉受け部分ともに約15g。乾電池式で持ち運びが簡単なので、アウトドアシーンにも活躍します。

カリタ(Kalita) KPG-40

本体サイズが8.5×8.5×16cmと、コンパクトな電動式コーヒーミルです。ホッパーの容量は40gで、中挽き40gを30秒で挽けるハイパワー設計が特徴。忙しい朝や、来客時に重宝するアイテムです。

本製品はプロペラ式で、ステンレス製の刃を採用。スイッチを押すだけの簡単操作で、初心者でも安心して使えます。また、リーズナブルな価格も魅力。コストパフォーマンスに優れた、高性能なコーヒーミルを探している方におすすめです。

カリタ(Kalita) ナイスカットG 61119

業務用コーヒーミルの性能はそのままに、コンパクトに設計された人気の電動コーヒーミル。切れ味のよいカット刃を採用しているため、雑味の原因となる微粉が出にくく、均一に挽けるのが特徴です。

ホッパーの容量は50gで、極細挽きから粗挽きまで、15段階で粒度を細かく調節できるのもポイント。味の好みや、自分が使っている器具に合わせて豆を挽けます。また、スイッチが前面についているので、操作性も良好。クリーニングブラシも付属しているため、お手入れも簡単です。

クラシカルなデザインも魅力。自宅で本格的なコーヒーを楽しみたい方は、ぜひ検討してみてください。

ハリオ(HARIO) V60 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8B

挽き目が39段階で細かく調節できる、電動式コーヒーミル。ハンドドリップに適した中細挽きはもちろん、エスプレッソ用の極細挽きや、コーヒープレス用の粗挽きなど、用途に合わせて簡単に調節できます。

コニカル刃式のステンレス製刃を採用しており、微粉が出にくく、均一に挽きやすいのが特徴。また、蓋がついているのでコーヒーの粉が飛び散りにくく、お手入れや後片付けが簡単なのも魅力です。

容量はコーヒー粉100g。挽きムラが少なく、精度の高さを求めている方や本格的にコーヒーを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ハリオ(HARIO) スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー

ハリオの人気ミル「スマートG」と、電動ハンディ―グラインダーがセットになったアイテム。「スマートG」に電動グラインダーを装着することで、スピーディーかつ均一に豆が挽けます。ゆっくりと豆を挽きたいときは「スマートG」単体で手挽きすることも可能。シーンに合わせて手動・電動の2wayで使える便利なコーヒーミルです。

リュックにすっきりと収まるコンパクトサイズで、アウトドアシーンにぴったり。リチウムイオン畜電池式で、ボタンひとつで使える操作性のよさも魅力です。

刃には、コーヒーの味を損ないにくいセラミック製の臼刃を採用。粗さもツマミで簡単に調節できます。家でもアウトドアシーンでも使える、携帯性に優れたコーヒーミルを探している方におすすめです。

ハリオ(HARIO) 電動コーヒーミル・プロペラ

蓋が閉まっているときのみ動作する、安心設計のコーヒーミル。挽く時間で粒度を変えられるので、自分好みの粗さに調節できます。

本体サイズが幅10.3×奥行10.4×高さ18.3cmと小さめなほか、コードを底部にすっきりと収納できるのも魅力。容量は60gで、コンパクトながら約6杯分のコーヒー豆を一度に挽けます。キッチンが狭い方や、スペースをあまり取りたくない方におすすめです。

メリタ(Melitta) コーヒーミル ホワイト ECG62

本体サイズが18.3×9.8×9.8cmと、コンパクトな電動式コーヒーミル。独自設計の強力モーターを搭載しているため、均一に豆が挽けて、精度が高いのも特徴です。

コンパクトながらホッパーの容量は70gで、一度に約7杯分のコーヒー豆が挽けるのもポイント。ワンタッチで豆の挽き具合を調節できる、シンプルな操作性も魅力です。

電源コードは本体底に収納でき、見た目もすっきりします。そのほか、掃除に便利なクリーニングブラシが付属するのもメリット。シンプルな電動式コーヒーミルを探している方におすすめです。

メリタ(Melitta) フラットカッターディスク コーヒーグラインダー

By: melitta.co.jp

業務用モデルにも使われる「フラットディスク形式」を採用した電動式コーヒーミル。挽きムラが少なく豆が均一に挽けるので、自分好みの味を安定して楽しめます。

ダイヤル操作で、細挽きから粗挽きまで17段階の調節が可能。ホッパーの容量は200gで、一度に大量のコーヒー豆が挽けます。また、最大14杯分まで必要な量を挽ける「杯数目盛り」を備えているのも嬉しいポイント。大容量の電動式コーヒーミルを探している方におすすめです。

デロンギ(DeLonghi) カッター式コーヒーグラインダー KG40J

簡単操作のカッター式コーヒーミル。蓋を押し込んでいる時間により、豆の粗さを調節できます。初心者でも使いやすい、シンプルな操作性が特徴。豆の挽き具合が、ホッパーから確認できるのもポイントです。

容量は80gで、一度に約8杯分の豆が挽けるのもメリット。来客時などに重宝します。また、ホッパーは取り外しができるほか、付属のクリーニングブラシを使えばお手入れも簡単です。

本体サイズは、幅11×奥行12.5×高さ25cm。本体の底面に電源コードが収まるので、すっきり収納できます。初めて電動コーヒーミルを使う方におすすめのモデルです。

オクソー (OXO)タイマー式コーヒーグラインダー

挽き目を43段階に細かく調節できる電動式コーヒーミル。エスプレッソからフレンチプレスまで、好みにぴったりの豆を挽けます。ホッパーの容量は約340gです。

挽きたい杯数に合わせて、最大30秒まで挽き時間を設定できるのもポイント。ホッパーには紫外線カット効果が期待できるので、豆を入れたまま使えて便利です。

コニカル式の刃を採用しているのも特徴。微粉が出にくく、雑味が少ない濃厚な味わいのコーヒーを楽しめます。外刃は取り外せるほか、ホッパーには粉の飛散を防ぐトラップドアを備えているため、お手入れも簡単です。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) コーヒーミル 電動 7660JP

本体サイズが幅12.5×奥行12.5×高さ21.5cmとコンパクトながら、150Wのハイパワーモーターを搭載したコーヒーミル。中挽きなら最大60gを約10秒で挽けて、忙しい朝の時間帯や来客時に重宝します。

スイッチを押すだけの簡単操作で使えるのも魅力。クリアカバーから豆の挽き具合を確認でき、押している時間の長さで挽き具合を調節できます。また、取り外し可能なグラインディングボウルが備わっているのもメリット。粉の飛散を防げるほか、お手入れも簡単です。

さらに、独自形状の刃とグラインディングボウルにより、挽きムラを軽減して、安定した味のコーヒーを楽しめます。コンパクトでおしゃれな電動式コーヒーミルを探している方におすすめです。

OYUNKEY コーヒーミル

コーヒー豆を投入して蓋の上から抑えるだけで挽ける、カッター式のコーヒーミル。約15秒で細挽きにできるほか、挽きムラが少ない精度の高さも特徴です。

コーヒーのほかに、煮干し・穀物・香辛料などに対応しているのも嬉しいポイント。毎日の食事や離乳食作りでも活躍します。

ステンレス製のボディには防水加工が施してあり、丸洗いも可能。付属の専用ブラシを使えば、隅々まできれいに掃除ができます。1台でマルチに活躍する、汎用性の高いコーヒーミルを探している方におすすめです。