コーヒーにこだわりがある方にとって、ひとつは欲しいのがコーヒー豆を挽く道具「コーヒーミル」。その種類は「電動式」と「手動式」の2つに大別され、それぞれ違った魅力があります。

そこで今回は、コーヒーミルのおすすめ製品をご紹介。コーヒーミルのタイプや選び方、お手入れ方法についてもお伝えします。

コーヒーミルの種類

手動式

By: amazon.co.jp

自らの手でハンドルを回して挽くタイプです。コーヒーが飲まれるようになった頃から使われ、現在もファンの多いアイテム。自分の手で挽くので、特別なおいしさがあるのが魅力です。

また、比較的リーズナブルで持ち運びしやすいモノが多いのもポイント。さらに、自動式に比べると熱が発生しにくいため、香り高いコーヒーを少人数で飲むのにおすすめです。ただし、サイズは一般的に小さめで、大量に挽くのが難しい面もあります。

自動式

By: amazon.co.jp

電気の力を使ってコーヒー豆を挽くタイプです。ミルの力が均一に行き渡るため、力加減による挽きムラの少ないコーヒーが味わえる方式。かつては業務用の大型モデルがほとんどでしたが、現在では家庭用の小型モデルも次々と登場しています。

自動式のミルは、1度に多くのコーヒー豆を挽きたい場合におすすめ。豆の粉砕方法がモデルによって異なる点が特徴で、バリエーションの多さも魅力です。

コーヒーミルの選び方

挽き方で選ぶ

6150hjysvjl-_sl1000_

By: amazon.co.jp

豆の挽き方によって味が変わっていくのがコーヒーの魅力。挽いたコーヒーの粒度が揃っているほど均等に成分が抽出され、本来の味を楽しめます。挽きムラとされている、コーヒーの細かい粉「微粉」の出方も注目すべき点です。

また、淹れるコーヒーのタイプによって粒度を変えるのもポイント。現行のコーヒーミルの多くは、手動式も自動式も簡単に粒度変更ができます。ただし、エスプレッソで使われる極細挽きに対応しているコーヒーミルは少ないため、注意が必要です。

豆の特性によっても向いている挽き方が異なります。自分の好みに合った挽き方のできるコーヒーミルを選ぶことが重要です。

大きさで用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近では、持ち運びができるほど小型化されたコーヒーミルも登場しています。家庭用に使う場合でも収納場所に困りません。そのためサイズで選ぶのもアリ。また、手動式のミルにはハンドルを分解し、コンパクトにできるモデルもあります。

なお、挽きムラである「微粉」が少ない粉砕方法を採用したコーヒーミルは自動タイプに多い傾向にあるので、気になる方は自動タイプをチェックしてみてください。

コーヒーミルで採用される豆の粉砕方法

コーヒーミルで使われる豆の粉砕方法は主に、カッター式(プロペラ式)・臼式(グラインド式)・コニカル刃(コーン刃)の3種類です。

淹れるコーヒーや使い方によって、おすすめの粉砕方法も変わってくるもの。ここでは、3種類の粉砕方法の特徴を詳しくご紹介します。

カッター式(プロペラ式)

41m81kznnkl

By: amazon.co.jp

プロペラの形状をした刃を回すことで、コーヒー豆に歯をぶつけながら砕いていくタイプ。ミキサーに使われるミル機能にも、この方式が採用されています。ミルの中ではリーズナブルなモデルで、お手入れがしやすいのが特徴。コーヒーミル初心者におすすめです。

豆の粒度はミルの稼働時間によって調節可能。長時間挽くほど細かい仕上がりです。ただし、挽いた豆の大きさに多少のムラができるという面もあります。

臼式(グラインド式)

41nsh6r9url

上下2枚の歯で、コーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプです。手動式コーヒーミルのなかに多いのがこの方式。挽きムラが少なく、カッター式と比較すると微粉も少ないと言われています。また、粒の大きさを調整しやすい点もメリットです。

その一方で、長く使っていると歯に微粉が残りやすく、電動式の場合は熱を持ちやすいという側面もあります。

コニカル刃(コーン刃)

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルのなかで豆を挽く性能が最も高いのがコニカル刃です。2枚の刃で豆を切り刻むことで、より挽きムラの少ない均一な仕上がりになるのが魅力。コーヒー豆本来の香りを損ないにくく、コーヒーの成分をより深く抽出することが可能なため、コーヒー上級者におすすめです。

デメリットとしては、性能に伴い高額な製品が多い点や、比較的サイズの大きい点が挙げられます。

電動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

キャンプなどのアウトドアでも手軽に使えるコンパクトな電動タイプのコーヒーミルをお探しの方におすすめなのが、カリタのCM-50です。リーズナブルな価格も魅力。サイズは幅99×奥行82×高さ178mm、重量は約750gです。

豆の粉砕方法は、カッター式(プロペラ式)を採用。容量は約50gです。50gの豆を15秒で中挽きにできて、連続使用時間は60秒。必要な分だけ手軽に挽けるので、忙しい朝などに重宝するおすすめの電動コーヒーミルです。

メリタ (Melitta) 電動コーヒーミル パーフェクトタッチII CG-5B

リーズナブルな電動コーヒーミルでもエスプレッソを楽しみたいという方におすすめのモデルです。比較的低価格ながら本格仕様の臼式ミル歯を採用。細挽きのエスプレッソから、粗挽きまで挽くことができるのが魅力です。

粒度は粗さ調節ダイヤルを回して4段階の調節が可能。杯数目盛りがついているので、ダイヤルを合わせると2〜12杯まで量を調整できます。

また、フタをしっかり閉めないとスイッチが入らない安全装置機能を搭載。お子様がいるご家庭でも安心です。サイズは幅113×奥行153×高さ219mmで、重量1.1kgとコンパクト。キッチンに置いても気にならないサイズです。

デロンギ (DeLonghi) コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

1万円を下回るリーズナブルな製品ながら、高価格の電動コーヒーミルに多く使われているコーン式の粉砕方法を採用した「KG364J」。中挽きから極細挽きまで対応しており、エスプレッソからドリップまで幅広くコーヒーを楽しめます。

中挽き・中細挽き・細挽き・極細挽きの4つのステージから挽き方が選べて、粒度設定は14段階。また、ホッパーがきちんと装着されていないと作動しない安全ロック機能も搭載しています。

さらに、低速回転モーターとコーン式挽き刃採用されているため、摩擦熱を最小限に抑えるのもポイント。コーヒー本来の香りを楽しめるおすすめの電動コーヒーミルです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) コーヒーグラインダー 7660JP

実用性とデザイン性が高く人気の電動コーヒーミルです。幅125×奥行125×高さ215mm、重量1.1kgのコンパクトサイズながら150Wの強力モーターを搭載。中煎り豆60gの場合、粗挽きなら7秒、細挽きでも20秒ほどで挽くことができます。

粉砕方法にはプロペラ式を採用していますが、ラッセルホブス独自形状のブレイドで挽きムラを抑えられるのもポイント。コーヒー豆を入れるグラインディングボウルは取り外し式なので、粉をこぼすことなくフィルターに移せて、掃除や水洗いも簡単なおすすめのコーヒーミルです。

キングトップ(KINGTOP) 電動式コーヒーグラインダー KH-001

低価格ながらハイパワーのモーターを搭載した電動コーヒーミルです。コーヒー豆を挽く時間が短いのが特徴。フレンチプレスコーヒなら約8秒、エスプレッソも12秒で挽くことができます。

豆を挽くブレイドは錆びにくい「304ステンレス」製。また、中が見やすいクリアカバーが採用されているため、コーヒー豆の状態を確認しながら挽き加減を微調整できます。

コーヒー豆以外にもコショウやナッツなど、乾燥したさまざまな食材に使用可能。汎用性が高い人気のモデルで、手動式から電動コーヒーミルに乗り換えたいという方におすすめです。

ボダム(bodum) BISTRO 電気式コーヒーグラインダー 10903-01JP

エスプレッソ用の極細挽きから、フレンチプレス用の中荒挽きまで幅広い挽き方ができる電動コーヒーミル。粒度はダイヤルで無段階に調整できます。スタイリッシュなデザインも人気の理由です。

回転速度が比較的遅いコニカル刃を採用。コーヒー豆を均一に挽けて、動作音も静かなところが特徴です。また、異物が混入していてもモーターへのダメージを最小限に抑える「フリクションクラッチ機能」を搭載しています。

挽いた豆を入れるコンテナは耐熱ガラス製なので、静電気の発生を抑え粉が飛び散りにくい仕様。コンテナは220gと大容量で、コーヒーを飲む頻度が多い方や大人数で飲む方におすすめのコーヒーミルです。

レコルト(recolte) コーヒーミル RCM-1

コンパクトサイズでおしゃれな電動コーヒーミル。カラーはビターブラウンと、グロスレッドの2色展開です。

ボタンひとつで使用できるシンプル設計で、コーヒー約1杯分のコーヒー豆が約10秒で挽けるため、忙しい朝などに活躍します。また、ミニサイズながら消費電力が160Wとハイパワーなところも魅力。一人暮らしの方にもおすすめのコーヒーミルです。

手動タイプのコーヒーミルおすすめ人気モデル

カリタ(Kalita) 手挽きコーヒーミル KH-3

リーズナブルながら、ハンドルと円筒部に木材を用いたクラシカルなデザインで人気の手動式コーヒーミル。アウトドアにも気軽に持っていけます。

刃は硬質な鋳鉄製の臼歯を採用。切れ味が長続きするのが魅力です。粒度は細〜粗と好みに合わせて選べるのがポイント。開口部が広く、オープン式なのでコーヒー豆を簡単に入れられます。

また、円筒形なので手で押さえやすく、豆を挽きやすいおすすめの手動タイプのコーヒーミルです。

MokuNeji×Kalita コーヒーミル MJ-CML

温かい木の雰囲気が魅力的な手動のコーヒーミルです。コーヒー用具のメーカーとして人気のカリタ社とのコラボ製品であるところがポイント。本体の中央部分はワンタッチで開閉できるため、お手入れなどもラクです。

コーヒー本来のおいしさを味わうのはもちろん、おしゃれなデザインでもコーヒーを楽しめるおすすめのコーヒーミルです。

E-PRANCE 手挽きコーヒーミル セラミック ステンレス

キャンプや登山などのアウトドアシーンで手軽に使用できるポータブルなコーヒーミルです。ステンレス製の円筒形ボディは幅49×高さ180mm。リーズナブルな価格も魅力です。

容量は約30gで、3人分のコーヒー豆を挽くことができます。調節ネジを左右に回せば、豆の粒度を変えることが可能です。ブレイドは硬くて丈夫なセラミック製のため、錆びる心配が不要なのもポイント。また、部品点数も少ないので、分解しやすくメンテナンスが容易なおすすめのコーヒーミルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) コーヒーミル ハンディータイプ UW-3501

アウトドア用品メーカーとして名高いキャプテンスタッグのコーヒーミルです。サイズは幅46×高さ135mm、重量も218gと軽量コンパクト。キャンプはもちろん登山に持っていって使用できます。

ボディはステンレス製で、錆びにくく汚れが落ちやすいのでメンテナンスも簡単です。刃にはセラミックを採用しているので、金属臭がなくコーヒー本来の香りを楽しめます。

粒度の調整は調節ネジを回すだけのシンプルな操作で、刃も簡単に取り外して水洗いすることが可能。アウトドアでも清潔に利用できるおすすめのコーヒーミルです。

ハリオ(HARIO) 手挽きコーヒーミル セラミック スケルトン MSCS-2

人気ランキングでも上位にランクインしている手動コーヒーミルです。セラミックの刃を採用しているので、摩耗しにくく切れ味が長続きします。

粒度は、粗さ調節ナットを回すことで調節可能。また、滑り止めカバーが付いているので、安定してコーヒー豆を挽くことができます。

ミル本体をフタの上に重ねられるため、狭いキッチンでも収納しやすい形状。フタをすればたっぷり100gのコーヒー粉も保存できる、使い勝手のよいコーヒーミルです。

ハリオ(HARIO) 手挽き コーヒーミル MXR-2TB

珍しい四角形の手動コーヒーミル。スタイリッシュでカッコイイデザインが好きな方におすすめです。サイズは幅183×奥行75×高さ175mmと文庫本サイズで、本棚への格納も可能。ハンドルは取り外し可能でコンパクトになるため、収納に困らないのも魅力です。

また、本体横のレバーを倒すと吸盤が作動し、机などの平らな面に固定できます。女性でもラクに豆を挽けるところがおすすめの手動コーヒーミルです。

コーヒーミルのお手入れ方法

ブラシを使って払い落とす

61-m8dpdezl-_sl1500_

By: amazon.co.jp

コーヒーミルを使い続けると、刃や受皿に微粉がたまってきます。そのままにしておくと刃の性能が落ち、おいしくコーヒー豆が挽けなくなる原因に。

定期的に刷毛で払い落とすことをおすすめします。専用ブラシが付属しているモデルもあるのでチェックしてみてください。

水で丸洗いする

最も清潔にできるお手入れ方法が水洗い。手動式には、刃の部分まで分解できるモデルが多いです。最近では自動式でも細かく分解し水洗いできるモデルも増えてきました。

水で錆びにくい材質を採用しているモノも多いので、水洗いをしようと考えている方は、その性質もチェックしておいた方がよいでしょう。