「コーヒーミル」は、挽きたての美味しいコーヒーを楽しむために欠かせないアイテムです。昔ながらの手でハンドルを回してコーヒー豆を挽く手動式のモノや、電気の力でラクに挽ける電動式のモノがあり、それぞれに違った魅力があります。

そこで今回は、コーヒーミルのおすすめ人気モデルをご紹介。コーヒーミルの種類や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

コーヒーミルとは?

By: amazon.co.jp

焙煎されたコーヒー豆を、ドリップ用のコーヒー粉にするために必要なのがコーヒーミルです。コーヒー豆は、粉の状態で保存しておくと風味が飛んでしまう恐れがあります。そのため、コーヒーミルを用いるときは、ドリップする分だけの豆をその都度挽くのがおすすめです。

コーヒーミルは、キッチンの一角を占めるようなプロ仕様の大型モデルから、コンパクトなモデルまで多種多様なモデルがラインナップされています。なお、価格に比例して豆を潰すことなく挽けるため、味のクオリティを求める方は、なるべくプロ仕様のモデルを選んでみてください。

コーヒーミルの種類

手動式

By: amazon.co.jp

手動式は、手でハンドルを回して挽くタイプ。昔ながらの方式で、現在もファンの多いアイテムです。音と香りを楽しみながら、ゆったりとした時間が楽しめます。

また、コンパクトなモデルもラインナップされており、リーズナブルで持ち運びしやすいのもポイント。さらに、自動式に比べると熱が発生しにくいため、香り高いコーヒーを少人数で飲むのにおすすめです。一方、サイズは小さめのモノが多く、大量に挽くのが難しい面もあるので注意しておきましょう。

電動式

By: amazon.co.jp

電動式は、電気の力を使ってコーヒー豆を挽くタイプです。ミルの力が均一に行き渡るため、力加減による挽きムラの少ないコーヒーを味わえるのが魅力。かつては業務用の大型モデルがほとんどでしたが、現在では家庭用の小型モデルも次々と登場しています。

電動式のミルは、一度に多くのコーヒー豆を挽きたい場合におすすめ。豆の粉砕方法がモデルによって異なるのが特徴で、バリエーションの多さも魅力です。

コーヒーミルの選び方

均一に挽けるモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーミルを選ぶ際は均一に挽けるかが重要なポイント。コーヒー豆を均一に挽くことでクリアな後味を実現でき、より味わい深いコーヒーを楽しめます。

均一に挽けずムラがある場合、荒い部分はあまり抽出されず薄めに、細かすぎる部分は抽出されすぎてえぐみが出てしまうことも。ムラなく安定した味を楽しみたい方は、電動コーヒーミルがおすすめです。

挽く速さをチェック

By: amazon.co.jp

豆本来の旨味を楽しみたい方は挽く速さも要チェック。高速で挽くとモーターの熱や摩擦などが豆に伝わり、味が落ちやすくなります。

1度に大量に作りたい方や、スピーディーに挽きたい方は電動の高速で挽けるコーヒーミルがピッタリ。ただ、豆本来の風味を落とさず、本格的な味わいを楽しみたい方は低速のコーヒーミルや加減ができる手動のコーヒーミルがおすすめです。

豆の粉砕方法で選ぶ

プロペラ式

By: amazon.co.jp

カッター式は、プロペラ状の刃を回すことで、コーヒー豆を砕いていくタイプです。ミキサーに使われるミル機能にもカッター式が採用されています。リーズナブルなモデルで、お手入れしやすいのが特徴。コーヒーミルをあまり使ったことのない方におすすめです。

粉の大きさはミルの稼働時間によって調節可能。長時間挽くほど細かく仕上がります。ただし、挽いた豆の大きさに多少のムラができるため、注意が必要です。

臼式・コニカル式

臼式は、上下2枚の歯でコーヒー豆を臼のようにすり潰して挽くタイプです。手動式コーヒーミルによく用いられる方式。挽きムラが少なく、カッター式と比較すると微粉も少ないのが特徴です。

コーヒー豆本来の香りを損ないにくく、コーヒーの成分をよりしっかり抽出できるため、コーヒー上級者におすすめ。

なお、電動モデルは高額な製品が多く、比較的サイズも大きいので、置き場所や予算をしっかり検討して購入する必要があります。

カット式(フラットカッター)

臼のような歯のついた2枚の円盤でコーヒー豆を細かく切り刻むタイプ。粒度の均一性には多少ばらつきが出やすいものの、豆をカットするので、すり潰すグラインドタイプに比べると摩擦熱が発生しにくく、コーヒーの香りが飛びにくいのが特徴です。

喫茶店などでもよく使われているタイプで、雑味の原因となる微粉も少ないのもポイント。スピーディーかつ均一に豆が挽けるので、こだわりのコーヒーが味わえます。

手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーミルの刃の間に詰まる微粉は雑味の原因ともなるので、安定した美味しさを出すために手入れのしやすさもチェックしましょう。セラミック製の刃だと、水で丸洗いできるのでおすすめ。定期的にすみずみまで掃除したい方は、パーツを分解して洗えるモデルをチョイスすると安心です。専用ブラシが付属しているモデルもあるので、気になる方はチェックしてみましょう。

アウトドアで使うなら持ち運びやすさもチェック

By: amazon.co.jp

家のなかだけでなく、アウトドアでも使いたい方は、手動タイプに加え軽量コンパクトなモデルがおすすめ。最近のコーヒーブームで、キャプテンスタッグやスノーピークなどのアウトドアブランドからも、おしゃれで収納性に優れたコーヒーミルが多数ラインナップされています。キャンプ先で挽きたてコーヒーを楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーミルのおすすめメーカー

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

横浜市に本社を置くコーヒー機器総合メーカー。雑味が出る前にコーヒーを淹れる「3つ穴式」のコーヒードリッパーが有名です。同ブランドのコーヒーミルは、手動、電動タイプともさまざまなニーズに合うモデルをラインナップ。アンティーク調のデザインも人気で、インテリアの一部としても楽しめます。

ハリオ(HARIO)

耐熱ガラスの企画・開発・製造を行っている、日本の耐熱ガラスメーカー。高度なガラス加工の技術を活かしたコーヒーサイフォンからはじまり、さまざまなコーヒー関連器具を展開しています。

同ブランドのコーヒーミルは、品質の高さに加え、水で丸洗いできるタイプを多数ラインナップしているのが特徴。ガラスのような透明感のあるモデルから、木目調のナチュラルなタイプまでデザイン性に富んでいるのも魅力です。

ポーレックス(Porlex)

By: porlex.co.jp

ポーレックスは、精工なセラミック製品を得意とし、自社で企画、開発した製品を国内の自社工場で造っています。同ブランドがラインナップしている手動ミルは、コーヒー愛好家のなかでも人気のあるアイテムです。

粗挽きから細挽きまでの粒度が調節できるほか、セラミック製の刃を採用しているためお手入れも簡単。スタイリッシュなデザインは、プレゼントにしても喜ばれます。

手動コーヒーミルのおすすめ

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3C

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3C

カラフルでポップなデザインが魅力の手動コーヒーミル。ミルの下半分が粉受けになっており、上部は簡単に着脱できます。上のホッパーは大きく空いているため、コーヒー豆を入れやすいのも特徴。粉受けはねじ込み式を採用しており、約50gのコーヒー粉を受けられます。

丈夫な硬質鋳鉄製臼歯を採用しているのも魅力のひとつ。切れ味が長持ちするので、長期的に使いたい方にもおすすめです。さらに、ネジの締め具合で挽き目の調節が可能。手軽に好みの味わいを実現できます。本体は170×85×210mmとコンパクト設計。キャンプなどに持ち運んで使いたい方にもピッタリです。

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3BR 42078

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3BR 42078

豆の挽き方にこだわりたい方におすすめの手動コーヒーミル。スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みやすいのも魅力です。ハンドルをゆっくり回すことで、ゴリゴリとした音色と豊かな香りが部屋中に広がります。

投入口がオープン式になっており、コーヒー豆を入れやすいのも魅力のひとつ。歯にアルミを採用しており、錆びにくく切れ味が長持ちします。ネジを調節することで豆の挽き方を変えられるのもポイント。おしゃれなコーヒーミルを探している方にもおすすめです。

カリタ(Kalita) クラシックミル 42003

カリタ(Kalita) クラシックミル 42003

スタイリッシュでインテリアにも馴染みやすいおしゃれな手動コーヒーミル。丈夫な硬質鋳鉄製臼歯を採用しており、切れ味が長持ちしやすいのが特徴です。下部分が箱型のため、豆を挽く際に支えやすいのも魅力のひとつ。デザイン性も高く、インテリアとしても馴染みやすいです。

豆容器にフタがついているため、使わないときにホコリなど不純物が入りにくいのもポイント。挽いているときも豆が飛び散りにくいので、集中して豆を挽けます。粉受けには引き出し式を採用。ネジの締め具合を調節すれば、自分好みに合ったコーヒー豆の挽き方ができます。

カリタ(Kalita) コーヒーミル KV-1N

カリタ(Kalita) コーヒーミル KV-1N

シンプルなデザインで持ち運びにも便利な手動コーヒーミルです。豆容器にフタがついており、ホコリなどの不純物が入りにくいのが特徴。挽いているときも豆が飛び散りにくいので、安心してコーヒー豆を挽けます。

ミル部分は丈夫な硬質鋳鉄製臼歯を採用。切れ味が長持ちしやすいので、長期的に使いたい方にもおすすめです。粉受けの容量はやや少なめの約30g。一人暮らしの方にピッタリの手動コーヒーミルです。

カリタ(Kalita) キュービックミル 42165

カリタ(Kalita) キュービックミル 42165

キューブ型の形状と木目柄のデザインが魅力の手動コーヒーミル。アウトドアはもちろん、インドアで普段使いもしやすい設計で、部屋のインテリアともマッチしやすいのが特徴です。

豆容器にはフタがついており、屋外で使用しても不純物が入りにくく、安心してコーヒー豆を挽けます。ミル部分と粉受け部分はマグネットで結合しているため、簡単に開け閉めが可能。粉受けの容量は約30gと少なめなので、一人暮らしの方にピッタリです。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル MSS-1TB

ハリオ(HARIO) コーヒーミル MSS-1TB

本体サイズ185×114×81mmとコンパクトで収納しやすい手動コーヒーミルです。ハンドルを本体に引っ掛けられるので、収納する際や持ち運ぶ際に便利な設計。おしゃれで、インテリアにも馴染みやすいデザインです。

粉受け部分はスケルトンを採用しており、挽いた粉を確認できるのもポイント。目盛りもついているので、軽量カップも不要です。セラミック製の臼部分は分解して簡単に水洗い可能。手入れがしやすいコーヒーミルを探している方にもおすすめです。

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル MCW-2-OV

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル MCW-2-OV

セラミック製のホッパーにオリーブウッドの粉受けを組み合わせたおしゃれなデザインの手動コーヒーミル。本体はくびれ形状を採用しており、握りやすく挽きやすいのが特徴です。つまみを回すことで粗さを調節できるのもポイント。自分好みの味わいのコーヒーを手軽に楽しめます。

本体サイズは90×100×210mmとコンパクト設計。バッグにもすっきり収納できるので、アウトドアなどで持ち運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

粉受けの容量は約30gとやや少なめ。一人暮らしの方や二人暮らしの方にピッタリのコーヒーミルです。

ハリオ(HARIO) クリアコーヒーグラインダー MXR-2TB

ハリオ(HARIO) クリアコーヒーグラインダー MXR-2TB

テーブルに固定して安定して豆を挽ける手動コーヒーミルです。本体のレバーを倒すことで吸盤が作動し、机など平らな面に固定可能。弱い力でもしっかりと豆が挽けます。さらに、ハンドル部分は取り外して本体に収納可能。本体サイズは126×180×81mmとコンパクトで、文庫本形状を採用しており、省スペースですっきり収まります。

臼部分は摩擦熱が発生しにくいセラミックを採用。コーヒー粉へのダメージを防ぎ、豆本来の味わいを楽しめます。粉受けは透明なので、粉が落ちていくプロセスを確認できるのもポイント。利便性の優れたコーヒーミルを探している方におすすめです。

モクネジ(MokuNeji) MokuNeji×Kalita COFFEE MILL

モクネジ(MokuNeji) MokuNeji×Kalita COFFEE MILL

熟練の工芸職人により、ひとつずつ手作りされている手動コーヒーミル。ボディは天然木で作られており、ひとつひとつ木目が異なるので自分だけのスペシャル感を味わえます。ろくろ職人が作りだす木の曲線によって、手に馴染む持ちやすさと安定性、プロポーションの美しさを実現。デザイン性に加えて利便性に優れているのもうれしいポイントです。

本体中央は3条ねじ構造になっており、ワンタッチで開閉が可能。精巧なねじ切りの技術を使って作られているため、きっちりとハマり安定感があります。高品質なため、ほかのコーヒーミルと比べて価格は高め。ただ、オリジナリティがあり利便性も高いので、ギフトとしてもおすすめです。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミル・II

コンパクトでアウトドアにピッタリの手動コーヒーミル。ミル部分にはセラミック製の刃を採用しており、摩擦熱が発生しにくく豆本来の美味しさを味わえるのが特徴です。また、刃は吸水性がないので水洗いに対応。手入れも簡単で錆びにくく、長く清潔に使えるのもポイントです。

1目盛り平均37ミクロン単位で粒度を調節できるのも魅力のひとつ。細挽きから粗挽きまで好みの粗さに調節できます。前モデルに比べて同じハンドル回転数で約1.3倍多く豆を挽けるのも利点。機能性に優れたコーヒーミルを探している方におすすめです。

電動コーヒーミルのおすすめ

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

プロペラ式のカッターを採用しており、簡単かつスピーディーに挽ける電動コーヒーミル。50gの豆を約15秒で中挽きに仕上げられ、使いたいときすぐに使えるのが特徴です。機能もシンプルなため、使い方も簡単。初心者や機械が苦手な方にもおすすめです。

本体は円柱状でコンパクトなデザインを採用。置き場所にも困らず、省スペースに収納できます。ほかの製品に比べてリーズナブルに購入できるのもポイント。費用を抑えたい方も、ぜひ検討してみてください。

カリタ(Kalita) ナイスカットG 61119

カリタ(Kalita) ナイスカットG 61119

業務用のコーヒーミルを小型化し、本格的なコーヒーを自宅でも楽しめる電動コーヒーミルです。ホッパーの容量は約50gと大容量。複数人でコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。切れ味の鋭い耐久性に優れたカット刃を採用しているのも魅力のひとつ。2枚刃の盤に取り付けたミル刃で裂くように挽くので、雑味の原因となる微粉が少なく、均一に引けるのが特徴です。

さらに、粗挽きから極細挽きまでダイヤルを回すだけで15段階から調節可能。用途や好みに合わせて挽けるのもポイントです。電動ながらミル刃の回転数を少なくして摩擦熱を抑制できるのも大きな利点。コーヒー豆本来の風味を楽しみたい方にもピッタリです。

HadinEEon 電動コーヒーミル CG-8316

HadinEEon 電動コーヒーミル CG-8316

リーズナブルながらスピーディーに豆から挽ける電動コーヒーミル。200Wのハイパワーモーターを搭載しており、忙しい時間にもすぐに挽けるのが特徴です。指1本で簡単に操作できるのも魅力のひとつ。機械が苦手な方や初心者でも安心して使用できます。

水洗いに対応しているのもうれしいポイント。手入れが面倒な方でも、長く清潔に保てます。強靭な刃を採用しているため、コーヒー豆以外にも穀物や香辛料などにも使用可能。ほかの製品に比べて比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視する方にもおすすめです。

カリタ(Kalita) イージーカットミル EG-45

カリタ(Kalita) イージーカットミル EG-45

コンパクトでシンプルな機能を備えた電動コーヒーミル。40gのコーヒー豆を約40秒で中挽きにできるスピーディーさが特徴です。リブがあることで豆がより拡散し、均一に挽けるのも魅力のひとつ。操作も簡単なので、機械が苦手な方でも安心して使用できます。

本体サイズは90×90×185mmとコンパクト設計。片手で持てるサイズ感なので、固定しやすく持ち運びにも適しています。挽き終わったあともスムーズにコーヒー粉をドリッパーにセット可能。空回り防止設計なので、安全性も優れています。

ハリオ(HARIO) 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8B

ハリオ(HARIO) 電動コーヒーグラインダーコンパクト EVC-8B

粗さを39段階で調節できる高性能な電動コーヒーミル。1台でエスプレッソ用の極細挽きからコーヒープレス用の粗挽きまで幅広く挽き分けられるのが特徴です。豆容器にはフタが搭載されており、コーヒー粉が飛び散らないのも魅力のひとつ。約100gの大容量に対応しているので、複数人でコーヒーを楽しみたい方にも適しています。

ミル部分にはステンレス製のコニカル式の臼刃を採用。錆びにくく切れ味が落ちにくいので、長く使えます。自宅で本格的なコーヒーを味わいたい方にもおすすめです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動コーヒーミル 7660JP

ラッセルホブス(Russell Hobbs) 電動コーヒーミル 7660JP

コンパクトながら150Wのハイパワーモーターを搭載した電動コーヒーミル。中挽きなら最大60gを約10秒で挽けるスピーディーさが特徴です。指1本でスイッチを押すだけの簡単操作を実現。クリアカバーから覗き込み、スイッチを断続的に押して好みの挽き具合に調節できるのもうれしいポイントです。

独特な形状をしたブレードとグラインディングボウルにより、均一に挽けるのも魅力のひとつ。本体サイズも125×125×215mm とコンパクト設計なので、キッチンの限られたスペースにもすっきり設置できます。

KYG 電動コーヒーミル 3503

KYG 電動コーヒーミル 3503

ボタンひとつで簡単に操作できる電動コーヒーミルです。豆を入れてボタンを押すだけで挽けるので、機械が苦手な方にもおすすめ。スピーディーに挽ける300Wのハイパワーモーターを内蔵しており、朝など忙しい時間帯に使いたい方にも適しています。

コーヒー豆を入れる部分は清潔に保てるステンレス製を採用。人間工学に基づいたデザインで、握りやすく使いやすいのもうれしいポイントです。ほかの製品に比べてリーズナブルに購入できるのも魅力のひとつ。コスパを重視したい方は、ぜひ検討してみてください。

ボダム(Bodum) 電動コーヒーミル BISTRO 11160-01JP-3

必要なとき必要な分だけ手軽に挽ける電動コーヒーミル。ブレード刃により、細挽きから粗挽きまで素早く効率的にコーヒー豆を挽けるのが特徴です。スイッチひとつで操作が簡単なのも魅力のひとつ。ムラなく均一に挽けるので、豆本来の風味を味わえます。

さらに、片手で持てるコンパクト設計なので、収納場所にも困りません。電源コードは本体に収納可能。デザイン性にも優れているので、インテリアに馴染むおしゃれなコーヒーミルを探している方にもおすすめです。

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー KG364J

低速回転でコーヒーの命である揮発性アロマを損なわず、挽きムラも少ないコーン式の電動コーヒーミル。中挽きから極細挽きまで粒度を好みで14段階から調節できるのが特徴です。コーン式挽き刃と高性能リダクションモーターの採用により、豆を挽くときの摩擦熱を最小限に抑制。豆本来の風味を損なわず、味わい深いコーヒーに仕上げます。

つまみを回すだけのシンプル操作で挽きたい分だけすぐに挽けるのも魅力のひとつ。安全ロック機能も搭載されているので、小さな子供がいる家庭でも安心して使えます。粉受けは最大110gのコーヒー粉を格納できるので、複数人でコーヒーを飲む機会が多い方にもおすすめです。

メリタ(Melitta) 電動コーヒーミル ECG62-1B

上部スイッチを押すだけの簡単操作を実現した電動コーヒーミル。スイッチを押している長さで挽き具合を調節できるのが特徴です。本体には独自設計のモーターとステンレス刃を採用。スムーズかつ均一に豆を挽けるので、風味を損なわず豆本来の味わいを実現します。

本体サイズは183×98×98mmとコンパクト設計。省スペースにもすっきり収納できます。さらに、挽いているときのアロマを楽しめるのもポイント。豆を挽くまでのプロセスを楽しみたい方にもおすすめのコーヒーミルです。

メリタ(Melitta) フラットカッターディスク コーヒーグラインダー ECG71-1B

業務用としても使われているフラットカッターディスクを採用した高性能な電動コーヒーミル。ダイヤルを目盛りに合わせるだけで粗挽きから細挽きまで17段階から粒度を調節できるのが特徴です。本体サイズ97×160×255mmとコンパクト設計ながら、プロの味を家庭で気軽に楽しめます。

最大200gのコーヒー豆が挽けるほか、簡単なつまみ操作で14杯分まで挽きたい分量をセット可能。喫茶店のような本格的な味を楽しみたい方や、複数人で楽しめる大容量のコーヒーミルを探している方におすすめです。