コーヒーの香りを楽しみたいのであれば、「電動コーヒーミル」の使用がおすすめ。コーヒー豆を挽いている際の香りだけではなく、淹れたての味も堪能できます。

しかし、カリタやメリタ、ハリオなどのメーカーから多種多様な製品が発売されているため、どれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回は、おすすめの電動コーヒーミルをご紹介します。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

手動コーヒーミルと比べた時の電動コーヒーミルのメリット・デメリット

メリット

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルのメリットは、硬いコーヒー豆を簡単に挽けること。多くの電動コーヒーミルはコーヒー豆を投入したあとに粒度を設定し、ボタンを押すだけの簡単な操作で使用できます。朝や帰宅後の忙しい時間でも手間なく使えるのが魅力です。

また、まとめて挽けるコーヒー豆の量が多いのもポイント。自分の分だけではなく、家族や来客など大人数のコーヒーを用意したいときにも重宝します。

デメリット

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルのデメリットは、コンセントから電気を供給したり、事前に充電したりする必要がある点。また、据え置きタイプの場合、スペースを取ってしまうことがあります。

手でコーヒー豆を挽く感覚を楽しめないのもデメリットのひとつ。価格も手動のコーヒーミルと比べて高い傾向にあります。

電動コーヒーミルの種類

シンプルでコンパクトな「プロペラ式」

By: amazon.co.jp

コンパクトなモノを使いたいのであれば、プロペラ式がおすすめ。プロペラ状のブレードを回転させてコーヒー豆を粉砕するのが特徴です。さまざまなメーカーから製品が発売されているほか、価格の安いモデルも多くラインナップされています。

一方、均一な粒度に粉砕しにくい場合も。粒度まで細かくこだわりたい方は注意が必要です。

本格的に楽しみたいなら「臼式(コニカル式・フラットカット式)」

By: amazon.co.jp

「臼式」は、2枚の刃の間にコーヒー豆を通し、すり潰すように挽くタイプ。主にコニカル式とフラットカット式の2種類があり、コニカル式は円錐状の刃を採用しています。

フラットカット式は、刃が向かい合うように平行に設置されているタイプ。コニカル式もフラットカット式も、2枚の刃の間の距離を変えると粉の粗さを調節できます。細かく粒度を調節して本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめのモデルです。

電動コーヒーミルの選び方

用途に合ったモデルをチェック

自宅用なら設置スペースに合ったサイズの「卓上タイプ」を

By: amazon.co.jp

キッチンやダイニングテーブルなど置いて使用する「卓上タイプ」。大型の本格的なモデルから省スペースで使用可能なモデルまで幅広いモノがラインナップされています。電源の位置やスペースに合わせて使いやすいモデルを選ぶのがおすすめです。

また、電源コードなどをスッキリと隠せるようなタイプであれば、限られたスペースにも無理なく収納できます。

アウトドア用ならコンパクトな「持ち運びタイプ」を

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルのなかには、気軽に持ち運べるコンパクトなモデルがあります。USBで充電して使用するコードレスタイプを選べば、キャンプやピクニックなどのアウトドアシーンでも挽きたての粉でコーヒーを楽しめるのでおすすめです。

また、数は多くないもののバッテリーではなく電池で動作するタイプもあります。充電式はバッテリーが切れると使えなくなるのに対して、電池式であれば電池交換すれば、使えるようになるのでおすすめです。

挽き目調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルには、粗挽き・中挽き・細挽き・極細挽きなど「挽き目調節機能」を備えている製品が存在します。挽き目調節機能を搭載しているモデルであれば、フレンチプレスで抽出する場合は粗挽き、ペーパードリップには中挽き、直火式エスプレッソマシンのマキネッタには細挽きなど、抽出器具によって挽き目の調節が可能です。

挽き目の調節は、ダイヤルやボタンで設定するのが基本。簡単に操作できるにもかかわらず、挽き具合による味の違いを楽しめる点もおすすめです。

刃の素材をチェック

金属製

By: amazon.co.jp

「金属製」の刃は、経年劣化やコーヒー豆に金属臭が移ってしまうのには注意する必要がありますが、切れ味に優れているのが特徴です。サビや摩耗が気になる場合には、金属製のなかでもステンレスを使用したモデルが便利。ステンレス製の刃はサビに強く、水洗いができます。

また、セラミック製に比べるとラインナップが豊富なのもメリット。機能やデザインを吟味して電動コーヒーミルを選びたい場合にもおすすめです。

セラミック製

By: amazon.co.jp

「セラミック製」の刃は、サビや摩耗に強いのが魅力。金属製の刃に付いた水分を放置するとサビてしまいますが、セラミック製であれば安心できます。長期間使用したい場合におすすめです。

ただし、金属製の刃を備えた電動コーヒーミルに比べて、ラインナップが少ない点には注意が必要。購入する際は、事前にスペック表を確認しておきましょう。

お手入れのしやすさも重要

By: amazon.co.jp

電動コーヒーミルを購入する際は、お手入れのしやすさも考慮しておくのがおすすめ。電動コーヒーミル使用後は、刃や本体のボトルにコーヒー粉が付着します。削りカスをそのままにしておくと、酸化して雑味の原因になる可能性があるので注意しましょう。

電動コーヒーミルには、刃やホッパー部を取り外せるモデルが存在。刃やホッパー部を丸洗いできる製品であれば、メンテナンスにかける時間や手間を省略できます。

電動コーヒーミルのおすすめメーカー

カリタ(Kalita)

By: amazon.co.jp

神奈川県に本社を置く「カリタ」は、日本国内のコーヒー機器総合メーカーです。老舗メーカーのカリタは、ペーパーフィルターと三つ穴ドリッパーを開発したことで有名。大手メーカーの信頼性に優れた製品を求める方におすすめです。

カリタの電動コーヒーミルは、コンパクトで持ち運びやすいモデルや据え置きで使用するモデルなどが存在。シンプルなデザインと構造により、扱いやすい点も魅力です。

メリタ(Melitta)

By: amazon.co.jp

「メリタ」は、ドイツに本社を置くコーヒー機器の総合メーカーです。コーヒーメーカーやハンドドリップ器具、フィルターペーパーなど、コーヒーに関わるさまざまな製品を製造しており、電動コーヒーミルも複数種類のモデルを取り揃えています。

メリタの電動コーヒーミルは、比較的リーズナブルな価格で購入できるのが魅力。初めて電動コーヒーミルを購入する場合にもおすすめのメーカーです。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

「ハリオ」は、1921年に設立された日本の耐熱ガラスメーカーです。コーヒー関連器具はもちろん、紅茶や日本茶、ハーブティーなどのティー関連器具も製造しています。

ハリオの電動コーヒーミルは、デザイン性に優れたモデルが多め。持ち運びに便利なモバイルタイプや挽き目を細かく調節できる据え置きモデルなど、複数の製品を取り揃えています。

電動コーヒーミルのおすすめモデル|プロペラ式

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50 43017

黒を基調にしたシンプルなデザイン

シンプルなデザインを採用した、おすすめの電動コーヒーミル。コーヒー豆を投入してボタンを押すだけなので、気軽に使用できます。

プロペラ式を採用しているのが特徴。また、50gを約15秒で中挽きに仕上げられます。連続使用時間は約60秒です。本体サイズは99×82×178mm。黒を基調としているのでキッチンにも馴染みやすいのも魅力です。

ハリオ(HARIO) 電動コーヒーミル・プロペラ EMP-5

蓋をきちんと閉めないと動作しない安全仕様

安全性に配慮されている電動コーヒーミル。蓋をきちんと閉めないと動作しないのが特徴です。ホッパーの内部や刃には、ステンレスを採用。汚れやニオイが付きにくいので、清潔な状態で使い続けられます。

容量は60g。コーヒー豆を投入して蓋を閉め、ボタンを押すだけで簡単に挽けます。ボタンを押している間のみ刃が回転する仕様なのもポイント。ボタンを押している時間の長さを変えると、粒度を変えられるのも魅力です。

本体の下にコードを巻き付けられるので使わないときは、スッキリとしまえます。シンプルで使いやすいモノを探している方におすすめです。

ニトリ コーヒーミル ビーノ NCM339

1度に約4~5杯分のコーヒー豆を挽ける

比較的リーズナブルな電動コーヒーミルです。コーヒー豆を挽くのにかかる時間は、約40gで20~30秒ほど。朝の忙しい時間にも気軽に使用できます。

1度に約4~5杯分のコーヒー豆を挽けるのが特徴。家族や来客の分のコーヒー豆もまとめて準備できます。また、スイッチを押している間だけ動作するのもポイント。安全性にも配慮されております。

ホワイトを基調とした清潔感のあるデザインも魅力。本体サイズは幅7.9×奥行き10×高さ15.9cmと比較的コンパクトなので、キッチンやダイニングなどに省スペースで設置できます。コストパフォーマンスに優れた電動コーヒーミルを探している方はぜひチェックしてみてください。

ラッセルホブス(Russell Hobbs) コーヒーグラインダー 7660JP

短時間でスムーズにコーヒー豆を挽ける、おすすめの電動コーヒーミル。ユニークな形状のブレードを採用しており、挽きムラを抑えながら使用できます。ボタンを押すだけと操作は簡単。クリアカバーを搭載しているので、中の様子を確認しながら使用できます。

150Wのハイパワーモーターの搭載しているのが魅力。最大60gのコーヒー豆を、約10秒で中挽きにできます。連続回転することで粗挽きや極細挽きなどにも対応可能です。

取り外せるグラインディングボウルの中で粉を挽く構造もポイント。コーヒー豆を挽いているときに周囲に粉がこぼれにくく、お手入れの手間を軽減できます。ハイパワーでコーヒー豆を挽ける電動コーヒーミルを探している方はチェックしてみてください。

ボダム(bodum) ブレードコーヒーグラインダー 12041-01JP

耐久性に優れている、おすすめの電動コーヒーミル。ブレードの素材には、サビにくいステンレスを採用しています。

細挽きから粗挽きまでの5段階に対応。「カップ選択スライダー」を使用すれば、カップ数を3~12杯の範囲内で指定できます。指定した量のコーヒー豆を挽き終わると自動的に停止するのも魅力です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コーヒーミル PECM-150

コンパクトで扱いやすいおすすめの電動コーヒーミル。本体にコーヒー豆を投入して蓋を閉め、蓋を上から抑えるだけで簡単に挽ける仕組みです。

蓋を抑えて動作させている時間により、粉の粗さを調節できるのがポイント。中挽きや細挽きなど、好みに合わせた粒度のコーヒー粉を自宅で手軽に用意できます。

お手入れが簡単なのも魅力。クリーニング用のブラシが付属しているため、手では掃除しにくい部分もスムーズにお手入れできます。

電動コーヒーミルのおすすめモデル|臼式(コニカル式)

メリタ(Melitta) バリオ-E CG-124

好みに合わせて柔軟な設定ができる、おすすめの電動コーヒーミル。220gの大容量ホッパーを搭載しているので、大量のコーヒー豆をまとめて挽けます。ホッパーは円錐型のため、スムーズにコーヒー豆を投入できるのが特徴です。

高品質なコニカル式の刃を採用。挽き目の調節機能を搭載しており、40段階から粒度を選択できます。エスプレッソやドリップコーヒー、フレンチプレスなど好みのコーヒーや淹れ方に対応可能です。

シンプルながら高級感もある、スタイリッシュなデザインも魅力。本体サイズは、幅120×奥行き160×高さ350mmです。

ハリオ(HARIO) スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー EMSG-2B

スマートな形状が魅力の電動コーヒーミル。バッテリー内蔵のコードレス仕様のため持ち運びにも適しています。自宅はもちろん、キャンプやピクニックなどアウトドアシーンでコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

パワフルなモーターの採用により、浅煎りの硬いコーヒー豆もスムーズに挽けるのが特徴。モーター部分とミル部分は分離でき、手挽きミルとしても使用できます。シーンに合わせて手挽きと電動を使い分け可能です。

バッテリー持ちに優れているのも魅力。3時間の充電で、コーヒー豆20gを約25回まで挽けると謳われています。付属のUSBケーブルで電源に接続するだけで簡単に充電できます。

デロンギ(DeLonghi) デディカ コーン式コーヒーグラインダー KG521J-M

コーヒー豆を均一な粒度に挽きやすい、おすすめの電動コーヒーミル。2枚構成のコニカル式挽き刃を使用しています。摩擦熱を抑えやすいように、低速回転モーターを採用しているのもポイント。コーヒーアロマを損ないにくく、香り豊かなコーヒーを楽しめます。

コーヒー豆を挽く量を設定できる機能にも対応。本体に搭載されたダイヤルを回転させれば、1~14杯分の範囲内で杯数を選択できます。2.1インチの液晶画面が搭載されているのも特徴。デジタル表示できるため、ミスを防ぎながら使用できます。

また、粗さ調節に対応しているのも魅力。18段階で粒度を設定でき、ドリップコーヒーやエスプレッソなど好みに合わせて調節できます。上部の挽き刃は取り外しに対応しているので、使用後は付属のクリーニングブラシで簡単にお手入れできます。

安全性に配慮されているのもポイント。ホッパーが正しく装着されていないと動作しない、「安全ロック機能」を搭載しています。

デロンギ(DeLonghi) コーン式コーヒーグラインダー KG366J

コーヒー豆を均一に挽きやすい、おすすめの電動コーヒーミル。2枚構成のコニカル式挽き刃を採用しています。高性能なリダクションモーターを内蔵しており、摩擦熱を抑えながらコーヒー豆を挽けるので、熱によって風味を逃しにくいのが魅力です。

きめ細かな粒度設定に対応しているのもポイント。極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽きの4つの段階が用意されており、各ステージでさらに4段階調節できるため、合計16段階の設定が可能です。また、杯数も1~12杯の間で調節できます。

ホッパーの容量が約310gと大容量なのも特徴。口が大きく設計されているので、大量のコーヒー豆を素早く補充できます。コンテナの容量も約110gと大きく、着脱もできるため、挽いたコーヒー粉を簡単に移動可能です。コードを底面に収納できるので、スッキリと保管できます。

オクソー(OXO) タイマー式コーヒーグラインダー 8717000

スタイリッシュでおしゃれなおすすめの電動コーヒーミル。均一にコーヒー豆を挽きやすいのが特徴です。ホッパーの容量は約340g。ホッパーの素材には「UVブロック加工」が施されており、内部のコーヒー豆を紫外線から守る効果も期待できます。

43段階の挽き目調節に対応しているのもポイント。好みに合わせて細かく調節できます。コーヒー豆の飛散を防止するトラップドアも搭載。また、挽いたコーヒー粉を溜めるコンテナには、静電気の影響を受けにくいステンレス素材が使われています。

高級感のあるデザインも魅力。見た目も機能面も妥協したくない方におすすめです。

オーシャンリッチ(oceanrich) 自動コーヒーグラインダー G1R UQ-ORG1BKR

コンパクトなコードレスタイプの電動コーヒーミル。グラインダー部分に臼式のセラミック刃を採用しています。ニオイ移りの心配が少なく、サビや摩耗に強いのが特徴。また、香りをできるだけ損なわないように、ゆっくりとコーヒー豆を挽くのも魅力です。

粒度の調節が可能なのもポイント。本体に搭載されたダイヤルを回転させれば、5段階で調節が可能です。自動停止機能も搭載。電源を入れたまま5分が経過すると自動的に動作が停止するため、消し忘れを防止できます。

本体にはmicro USBポートを搭載。フル充電で、コーヒー豆15gを約20回使用できます。コンパクトなので、キャンプやピクニックなどのアウトドアシーンで、挽きたてのコーヒーを楽しみたい方にもおすすめです。

京セラ(KYOCERA) セラミック電動ミル CMD-70

場所を選ばずに使用できる、おすすめの電動コーヒーミル。スリムかつコンパクトなほか、くびれのある形状なので握りやすいのが特徴です。電源は電池式を採用しているため、充電の手間がなく使えます。

セラミック刃を採用しているのも魅力のひとつ。サビにくいので、長く清潔に状態で使用できます。ボタンを押すだけで簡単に動作するのもポイントです。

粗さ調節にも対応。無段階で調節できるため、好みに合わせて使用できます。コーヒー豆を挽き終わると自動的に動作が停止する「オートストップ機能」を採用。さまざまな場所で使える電動コーヒーミルを探している方におすすめです。

ボダム(bodum) ビストロ 電動式コーヒーグラインダー 10903-01JP-3

高性能で扱いやすいおすすめの電動コーヒーミル。最大220gのコーヒー豆を投入できる、大容量のホッパーを採用しているのが特徴です。「挽き時間タイマー」を搭載しているのもポイント。必要な量だけ挽けるので、シーンに合わせて使用できます。

12段階の粗さ調節にも対応。フレンチプレスやエスプレッソなど、さまざまなコーヒーを淹れられます。粉を受けるコンテナ部分には、ホウケイ酸ガラスを使用。静電気を抑え、コーヒー本来の味や香りを保つ効果を期待できます。

簡単にお手入れできるのも魅力。コニカル刃やホッパー、コーヒー粉受けのコンテナなどは本体から取り外して掃除できます。

XIAZIR コーヒーミル T1

USB充電式で使いやすい、おすすめの電動コーヒーミル。大容量バッテリーを内蔵したコードレスタイプなので、場所を選ばずに使用できます。スリムな形状のため、持ち運びにもおすすめ。キャンプやピクニックでも活躍します。

柔軟な粗さ調節にも対応。極細挽き・細挽き・中細挽き・中挽き・粗挽きなどに調節できるので、好みに合わせて挽き加減を変更できます。粉末カップが透明なため、コーヒー粉の粒度を目視で確認しながら使用可能です。

モーター部分以外は水洗いも可能。ミル部分も取り外して水洗い可能で、清潔に使用できます。

電動コーヒーミルのおすすめモデル|臼式(フラットカット式)

メリタ(Melitta) フラットカッターディスクコーヒーグラインダー ECG71-1B

200gの大容量ホッパーを搭載している、おすすめの電動コーヒーミル。まとめて大量のコーヒー豆を入れられます。家族や友人の分までまとめて準備したい場合にもおすすめです。

杯数設定ができるのが特徴。最大14杯まで対応しています。本体正面に搭載されたダイヤルを回すだけと簡単に設定できるのもポイントです。

業務用のマシンにも使われている、「フラットディスク形式」を採用。また、挽き目の調節にも対応しています。本格的なコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

フジローヤル 小型高性能ミル みるっこDX R-220

レトロなデザインで高級感のある、おすすめの電動コーヒーミルです。インテリアに馴染みやすいおしゃれなデザインを採用しているので、キッチンやダイニングの見える場所に設置しやすいのが特徴。見た目を重視したい方にもおすすめです。

パワフルなモーターを採用しており、大量のコーヒー豆を素早く挽けるのも魅力。約30gのコーヒー豆であれば、約6秒程度で粉砕できます。また、本体の正面にダイヤルが搭載しているため、直感的に使いやすいのもポイントです。

まとめて大量のコーヒー豆を挽けるので、1人用としてだけではなく家族や友人の分をまとめて淹れたいときにも重宝します。おしゃれな電動コーヒーミルを探している方はチェックしてみてください。

デロンギ(DeLonghi) うす式コーヒーグラインダー KG79J

フラットなデザインがおしゃれな、おすすめの電動コーヒーミル。スッキリとしたスタイリッシュなデザインを採用しているのが特徴です。また、使用しないときは、底面に電源コードを収納できる構造も魅力です。

ホッパーの容量は120g。杯数を設定できるダイヤルが搭載されているほか、粒度の調節にも対応しています。設定した杯数のコーヒー豆を挽き終わると、自動で動作が停止するのもポイントです。

挽いたコーヒー豆は、コンテナに溜まる仕組み。着脱式なので挽いたコーヒーを手軽に移動させられます。ホッパーの蓋がしっかりと閉じられていないと動作しない点もメリット。安全性に配慮しながら使用できます。

レコルト(recolte) コーヒーグラインダー RCM-2

簡単かつスピーディーにコーヒー豆を挽ける、おすすめの電動コーヒーミル。フラットカッター式ミルを採用しており、挽き目のバラつきを抑えて均一に仕上がるのが特徴です。コーヒー本来の風味を損ないにくく、美味しく仕上げられます。

カスタマイズ性の高さもポイント。挽きたいコーヒー豆の量は、1~8カップ分までダイヤルで無段階に調節できます。また、挽き目の調節機能も搭載。ダイヤルを回すだけで粗挽きから細挽きまで無段階で設定できるので、好みに合わせて使用できます。

メンテナンス性に優れているのも魅力のひとつ。ミル部分は付属のブラシで簡単にお手入れできます。また、ホッパーやコンテナ、蓋などのパーツは本体から取り外せるうえ水洗いが可能です。

収納しやすいのもメリット。ホッパーとミルはコンテナ内に収納できるので、限られたスペースにも無理なく収納できます。

電動コーヒーミルの売れ筋ランキングをチェック

電動コーヒーミルの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:コーヒーの淹れ方に合った粒度(粒の粗さ)とは?

By: amazon.co.jp

淹れたいコーヒーの種類によって、適した粉の粒度が異なります。例えば、粉糖のようなさらさらとしたパウダー状の極細挽きは、短い時間で効率的に抽出するエスプレッソにおすすめです。

ウォータードリッパーを使った水出しコーヒーを楽しみたい場合に適しているのは、濃いめに抽出しやすい細挽き。サイフォンやフレンチプレスなどでじっくりと抽出したい場合には中挽き、目の粗いフィルターを使う場合は粗挽きがおすすめです。