おいしいコーヒーの3大条件は、"煎りたて・挽きたて・淹れたて"です。そのコーヒーを挽く際にか欠かせないのがコーヒーミル。手動のモノと電動のモノがあり、毎日コーヒーを飲む方や手軽に挽きたてのコーヒーを楽しみたという方には電動コーヒーミルを活用するのがおすすめです。

そこで今回はおすすめ製品をピックアップ。電動コーヒーミルについての解説も併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

電動コーヒーミルの種類

By: rakuten.co.jp

持ち運びに便利なプロペラ式

「プロペラ式」の電動コーヒーミルは、プロペラ型のカッターが回転ことによってコーヒー豆を粉砕します。1度に挽けるコーヒー豆の目安はコーヒーカップ2~4杯程度。コンパクトなボディで持ち運びも簡単です。粗さは挽き時間によって調整可能で、長時間挽くほど細かくなります。

プロペラ式は場所を取らず比較的安価なので、電動コーヒーミルに不慣れな方はまずこのタイプから手に取ってみるのがおすすめです。

本格的な臼式・コニカル刃

「臼式」は固定歯と回転歯でコーヒー豆をすり潰すように挽きます。均一に力を入れて弾くことができるため、摩擦熱による味の影響が少ないのがポイント。本格的なものを探している方やコーヒーの味にこだわる方におすすめです。

電動コーヒーミルの選び方

By: amazon.co.jp

コーヒー豆の挽き具合を確認する

「プロペラ式」が対応しているコーヒーの挽き方は粗挽き~細挽き。ドリップやフレンチプレスなどの大抵のコーヒーの抽出方法に対応していますが、エスプレッソに使われる極細挽きに対応しているものは少ないので留意しておきましょう。

逆に「臼式」のものだと極細挽きに対応しているものが多いので、エスプレッソを自宅で楽しみたい方は臼式の電動コーヒーミルをおすすめです。

電動コーヒーミルのお手入れ方法

By: amazon.co.jp

毎日のお手入れがおいしさの秘訣

電動コーヒーミルはシンプルな構造なので、お手入れは簡単です。ほとんどの電動コーヒーミルは、使い終わったら刃の部分を外して洗い、本体のコーヒーを入れる部分に、専用のハケで払うだけ。しっかりと掃除をしたい場合や、ハケで取れない細かい汚れは、PC用のエアダスターなどで汚れを吹き飛ばすとよいです。

コーヒー豆を挽く際に出てくる微粉は放置しておくと酸化してしまい、コーヒーの味を損なう原因にもなります。アフターケアはこまめに行いましょう。

電動コーヒーミルのおすすめ

カリタ(Kalita) イージーカットミル コーヒーミル EG-45

タンブラーほどの大きさで使い勝手のよいプロペラ式電動コーヒーミルです。15秒でコーヒー豆を中挽き程度まで粉砕できるので、忙しい朝でも手軽に挽きたてのコーヒーを楽しむことができます。容器に段差がついているため、コーヒー豆を均一に挽けるのが特長です。

また、片手で持ってボタンひとつで操作が可能。最低限の機能が付いてリーズナブルな価格帯のため、初めて電動コーヒーミルの導入を検討している方におすすめです。

キングトップ(KINGTOP) 豆挽き 200Wハイパワー 電動式 コーヒーグラインダー KH-001

高級感のあるデザインの電動コーヒーミルです。ハイスペックな機能を持ち、これひとつでコーヒー豆のほかにも、スパイスやゴマなどの細かくて乾燥した食材も粉砕することができます。

本製品はコンパクトなボディに200Wのハイパワーモーターを搭載。パワフルに動いてくれるので、フレンチプレスコーヒーは8秒、モカは10秒、エスプレッソ12秒とあっという間にコーヒー豆を挽きます。

プロペラ式のコーヒーミルでありながら、エスプレッソ用の極細挽きも可能。プロペラ式と臼式のいいとこどりをしている電動コーヒーミルなので、エスプレッソ用にコーヒー豆を挽きたいけれど臼式は大きくて困るという方におすすめです。

メリタ(Melitta) セレクトグラインド MJ-516

本製品はプロペラ式電動コーヒーミル。内部がステンレス構造になっているため、丈夫で掃除がしやすい仕様になっています。

挽き具合を確認できるようキャップ部分は透明になっており、完全にロックがかかってない場合、電動コーヒーミルが作動しない安全ストッパーを搭載。小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できます。

カリタ(Kalita) コーヒーミル ネクストG 電動ミル KCG-17

挽いた粉が飛び散るのを防ぐ「静電気除去装置」を搭載した、高性能な臼式電動コーヒーミル。本体や受け皿の部分にコーヒーが付着する問題もなく、回転数を下げたモーターによって騒音を抑えているのが特長です。

15段階のダイヤルで、コーヒー豆の挽き具合を細かく設定することができるのもポイント。抽出方法のほかにコーヒー豆の産地や焙煎具合によってコーヒー豆の挽き具合を調整したい方におすすめの電動コーヒーミルです。

ラッセルホブス(Russell Hobbs)コーヒーグラインダー 電動 7660JP

ステンレスのデザインがオシャレな「ラッセルボブス」の臼式電動コーヒーミルです。特長は、独特な形状をしたブレードとグラインディングボウル。このふたつによってコーヒー豆をムラなく挽くことが可能です。

コーヒー粉にムラがあると抽出する際に水っぽくなってしまう場合がありますが、本製品はゆっくりとコーヒーを抽出するタイプなので、水出しコーヒーをよく作る方におすすめ。臼式でありながらサイズが22cmほどとコンパクトな設計なので、小型で本格的な臼式電動コーヒーミルを探している方は要チェックです。

デロンギ(DeLonghi) コーン式 コーヒーグラインダー KG364J

本製品の魅力は、低速回転の「コーン式」の挽き刃を搭載している点です。「コーン式」の挽き刃は、コーヒー豆の味を損なわずに香り高く挽くことが可能。コーヒー豆に余計なストレスをかけず、挽きムラも少なく仕上げられます。

また、14段階の粒度設定ができるので、エスプレッソやドリップ用などお好みの挽き具合を選ぶことも容易。コーヒー豆をベストな状態で挽いて、しっかりと香りや味を楽しみたい方におすすめの電動コーヒーミルです。