風味豊かなコーヒーを楽しむために欠かせないコーヒーミル。手動式や電動式など、さまざまな種類のコーヒーミルが多数展開されており、どんなモノを選んだらよいか分からない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、デザイン性や機能性に優れた製品が多く展開されている「ハリオ」のコーヒーミルをご紹介します。お気に入りのコーヒーミルを探す際に、ぜひ参考にしてみてください。

ハリオ(HARIO)とは?

By: amazon.co.jp

ハリオは、1921年に創業したガラスメーカーです。創業当初から耐熱ガラスを企画・製造・販売。日本で唯一、耐熱ガラス工場を保有しています。

耐熱ガラスの特性を生かし、コーヒーサイフォンの製作を開始し、家庭用分野にも進出。現在では、ガラス製品だけではなくさまざまな素材を用いて、幅広い製品を展開しています。

コーヒー関連器具をはじめ、ティー関連器具、電子レンジ用調理器具などの家庭で便利に使える製品の製造・販売を行なっているのが魅力です。

ハリオのコーヒーミルの魅力

By: hario.com

ハリオのコーヒーミルは、デザイン性と機能性を兼ね備えているのが魅力。あたたかみのあるデザインや洗練されたデザインをはじめ、スタイリッシュな見た目のモデルが展開されているため、インテリアの雰囲気に馴染みやすい製品を探せます。

また、見た目だけではなく機能性も充実しているのがポイント。コーヒー豆の粒度を細かく調節できるモノや、手動と電動どちらにも対応しているモデルも展開されています。

ハリオのコーヒーミルの選び方

種類をチェック

手動式コーヒーミル

By: amazon.co.jp

デザイン性に優れた製品を探している方や、コーヒーの香りをじっくりと楽しみたい方には、手動式のコーヒーミルがおすすめです。手動式のコーヒーミルには見た目もおしゃれなモノも多く展開されており、インテリアとしても楽しめます。

また、コーヒー豆を手動で挽く分、挽きたてのコーヒーの香りが楽しめるのもメリット。挽いている最中も香りが感じられるため、コーヒーができるまでの過程を楽しみたい方にも適しています。

ただし、電動式と比較して、コーヒーができるまでにやや時間がかかります。一度にたくさんの豆を挽くのは大変なので、少量のコーヒーをじっくりと楽しみたい方におすすめです。

電動式コーヒーミル

By: amazon.co.jp

コーヒーをより手軽に飲みたい方や、一度にたくさんのコーヒーを淹れたい方には、電動式のコーヒーミルがおすすめです。電動式のコーヒーミルは、優れた操作性が魅力。ワンタッチで豆を挽ける製品も多数展開されているため、忙しい時間帯にコーヒーを手軽に淹れたい場合に便利です。

また、一度に大量の豆を挽きやすいのも、電動式コーヒーミルのメリット。家族みんなでコーヒーを楽しみたい場合や来客時など、何杯ものコーヒーを一気に作りたい方にも適しています。

ただし、手動式と比較して本体のサイズが大きいモノが多く、設置場所が必要な場合も。電源コードから給電するタイプの場合は、使える場所が限られるのも懸念ポイントです。コンセントのない場所でもコーヒーミルを使いたい方は、電池式の製品を選ぶようにしましょう。

粒度の調節方法をチェック

By: hario.com

ハリオのコーヒーミルを選ぶ際は、コーヒー豆の粒度の調節方法も重要。電動式コーヒーミルは、主に「プロペラ式」「臼式」「コニカル式」の3方式に分けられます。

「プロペラ式」は、プロペラ状の刃を回転させて豆を粉砕する方式。歯をぶつけるようなイメージで豆を砕きます。「臼式」は、上と下とで臼をかみ合わせて豆を粉砕する方式。すり潰すように豆を砕くイメージです。

「コニカル式」は、固定された歯と回転する円錐状の刃の間を豆が通る際に粉砕する方式。切り刻むようなイメージで豆を砕きます。価格もタイプによって変動するので、予算にあわせて検討してみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

コーヒーミルには、豆を砕いた細かなクズやコーヒーの粉などがどうしても付着します。そのため、清潔さを長く保つためにも、しっかりとお手入れできるかもチェックしておきましょう。

ハリオのコーヒーミルには、部品を分解して水洗いできる製品も存在。掃除を手軽に済ませたい方や、忙しい時間帯にコーヒーを作る場合が多い方は、事前に確認しておくのがおすすめです。

ハリオのコーヒーミルのおすすめ|手動式

ハリオ(HARIO) コーヒーミル セラミック スリム MSS-1TB

パーツを丸洗いできる、使いやすい手動式のコーヒーミル。セラミック製の臼が採用されているため、摩擦熱の発生が抑えられ、熱によるコーヒー粉へのダメージを軽減できるのが特徴です。

また、スリムタイプかつ軽量で、持ち運びしたい場合にも便利。細身のハンドルで豆を挽きやすく、操作性に優れています。また、ハンドルは取り外しできるため、よりコンパクトに収納したい方にもおすすめです。

手動のコーヒーミルを初めて使う方や、扱いやすいミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ (HARUO) コーヒーミル スマートG クリア MSG-2-T

携帯に便利な手動式コーヒーミル。幅150×奥行53×高さ190mmのコンパクトサイズで、さっと持ち運びしやすいのが特徴です。

ボディ全体がスケルトンで、豆の挽き具合が分かりやすいのも魅力。コーヒーができるまでの過程を楽しみたい場合や、様子を確認しながらコーヒーを作りたい方におすすめです。

ハンドルは、バンド部分に差し込み可能。すっきりとまとまるため、省スペースで収納できます。さらに、臼は水洗いができる仕様でお手入れしやすく、清潔に保ちやすいのもメリットです。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル セラミック スケルトン MSCS-2B

丸洗いが可能な、手動式のコーヒーミル。臼はセラミック製、金属部はステンレスが採用されているため本体丸ごと水洗いでき、キレイな状態を保ちやすいのが特徴です。

滑り止めのカバーが付属されており、安定してコーヒー豆を挽けるのも魅力。扱いやすい細身のハンドルで、豆が挽きやすい構造です。ハンドルの取り外しができるうえ、ミル本体はフタの上に重ねられるため、省スペースで収納したい方にもぴったり。

さらに、コーヒー粉を入れてフタをすれば、保存容器としても使用できます。手動のコーヒーミルを初めて使う方や、リーズナブルなミルを探している方におすすめの製品です。

ハリオ(HARIO) クリア コーヒーグラインダー MXR-2TB

クリアな外観と四角いフォルムが美しい、固定式のコーヒーミル。本体の横に設置されたレバーを倒すと吸盤が作動し、平らな面にしっかりと固定できます。

本体の底面全体には、シリコンゴムを採用。吸盤を使用しない場合でも安定するため、コーヒー豆をしっかりと挽けるのが特徴です。

サイズは、文庫本サイズが基準にされています。また、ハンドルは本体に格納できるため、省スペースで管理できるのもメリットです。

挽いている途中の豆の様子も見られるので、コーヒー作りの過程を楽しみたい方にもおすすめ。スタイリッシュで使いやすいコーヒーミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) セラミック コーヒーミル ウッド MCWN-2-OV

美しい曲線が魅力の、手動式コーヒーミル。ボディはユニークな木目のオリーブウッドとセラミックが採用されているため、存在感があります。

セラミック製の臼が使われており、摩擦熱が発生しにくいのもポイント。熱によるコーヒー粉へのダメージを防ぎ、本来の風味を楽しめるのも魅力です。

同メーカーのほかの手動ミルと比較して、幅と高さがやや大きめ。インテリアとして飾りたい方に適しています。

ハリオ(HARIO) 手挽きコーヒーミル ドーム MCD-2

丸みを帯びたあたたかみのあるデザインが特徴の手動式コーヒーミル。深みのある色合いの木製ボディが、コーヒー時間を彩ります。

セラミック製の臼が採用されており、摩擦熱が発生しにくいのも特徴。挽いている最中も、熱によるコーヒー粉へのダメージを防げるのがメリットです。

容量は35gと、一度に約3人分のコーヒーが作れる仕様。コンパクトながらたっぷりと挽けるため、実用的に使えます。

凹凸の少ない構造で、お手入れしやすいのもポイント。シンプルなコーヒーミルを探している方も、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) コーヒーミル コラム CM-502C

丸みのあるころんとしたフォルムに天然木の明るい色が映える、手動式のコーヒーミル。セラミック製の臼を採用しており、摩擦熱を防ぎながら豆を粉砕できます。熱によるコーヒー粉へのダメージも軽減できるため、豆本来の香りや味わいを残せるのがメリットです。

容量は、コーヒー粉40g。コンパクトサイズながら、たっぷりとコーヒーを作れます。コーヒー豆を入れる部分にはフタが付いているため、挽いている間も豆が飛び出す心配がありません。

ハンドルには、天然木でできたツマミが採用されており、力を入れて握りやすいのも魅力。安定してコーヒー豆を挽けます。木の質感も楽しみながらコーヒーを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) スモールコーヒーグラインダー MM-2

おしゃれなインテリアにもなる、手動式のコーヒーミル。セラミック製の臼が採用されており、摩擦熱が発生しにくいのが特徴。熱によるコーヒ粉へのダメージを防げるため、豆本来の豊かな香りを楽しめます。

コーヒー豆を入れるホッパー部には、スライド開閉式のフタを搭載。途中で豆が飛び出すのを防げるため、安定して挽けるのが魅力です。

コーヒー粉の入る容量は24g。一度に大量のコーヒーが作れる仕様ではないものの、ミルのデザイン性も楽しみながら使用したい方にもおすすめです。

ハリオのコーヒーミルのおすすめ|電動式

ハリオ(HARIO) 電動コーヒーミル プロペラ EMP-5-B

シンプルなデザインでインテリアに馴染みやすい、プロペラ式の電動コーヒーミル。豆を挽く時間によって粒度の調節ができるため、好みに合わせたコーヒーを手軽に楽しめます。

フタをしっかりと閉めないと動作しない、優れた安全性も魅力。使用時のトラブルを軽減します。また、コードは製品の底部に収められるため、すっきりと収納しやすいのもポイントです。

豆をセットして電源ボタンを押すだけと操作を簡単。電動式のコーヒーミルを初めて使う方にもおすすめです。使い勝手のよいコーヒーミルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) V60 電動コーヒーグラインダー コンパクト EVC-8B

豆の粒度が幅広く調節できる電動式のコーヒーミル。エスプレッソ用の極細挽きから、コーヒープレス用の粗挽きまで、好みの器具に合わせて粒度を39段階で調節できます。

刃は、「コニカル式」を採用。固定された刃と回転する円錐状の刃の間を通ってコーヒー豆が粉砕します。また、粉受けにはフタが付いており、コーヒー粉が飛び散らない仕様。設置場所の掃除にも手間がかからず、すっきりと使えます。

落ち着いた色合いでインテリアの邪魔をしにくく、空間に馴染みやすいのもメリット。スマートな電動式コーヒーを探している方にもおすすめです。

ハリオ(HARIO) モバイルミル スティック EMS-1B

好きな場所で挽きたてのコーヒーが楽しめる、スティックタイプの電動コーヒーミル。パワフルなモーターが搭載されています。浅煎りの硬い豆にも負けず、しっかりと豆を挽けます。

スリムかつコンパクトな形状とリチウムイオン蓄電池式で持ち運び可能なため、アウトドアシーンなどにも便利。場所を選ばず挽きたての香りと味を堪能できます。コーヒーミルを持ち運びたい方や、手軽に挽きたてのコーヒーを楽しみたい方におすすめの製品です。

ハリオ(HARIO) 電動ハンディコーヒー グラインダー EMSG-2B

手動式と電動式に対応した2WAYタイプのコーヒーミル。通常の手挽きミルとしてだけでなく、シーンに合わせて電動のミルとしても使い分けられます。

パワフルなモーターが搭載されており、浅煎りの硬い豆も簡単に粉砕可能。手間や時間をかけずに手軽に使えるため、忙しい朝の使用にも適しています。

また、コンパクト設計で、収納に困りにくいのもメリット。リチウム蓄電池式を採用しているため持ち運びしやすく、好きな場所で挽きたてにコーヒーを楽しめます。汎用性の高いコーヒーミルを探している方におすすめの製品です。