アウトドアシーンで、おいしいコーヒーを飲みたい時に便利な「コーヒーミル」。アウトドアにおけるコーヒーの抽出器具は、定番のパーコレーターに加えて、ステンレス製のコーヒードリッパーも普及してきました。

しかし、いくらコーヒーを淹れる道具を工夫しても、美味しい挽き立ての豆がなければ、できあがりに期待はできません。そこで、今回はキャンプで役立つ、アウトドア派におすすめのコーヒーミルをご紹介します。

アウトドアに最適なコーヒーミルとは?

By: amazon.co.jp

アウトドアに持って行くコーヒーミルを選ぶ際には、収納性が重要です。アウトドアシーンはどうしても荷物が多くなりがちなので、ハンドル部分も含めてコンパクトに収納できるタイプが非常に便利です。

また、アウトドアでは急な雨や夜露などによる水濡れの心配があります。そのため、雰囲気があり見た目もおしゃれな木製のものよりも、本体の素材に金属やガラス・樹脂などを使っているものの方が安心です。

豆を挽く方式にも手動と電動の2つのタイプがあります。手動タイプは豆を挽く過程そのものを楽しめるのが魅力ですが、大人数でのキャンプだと挽く作業そのものが苦痛になってしまう可能性もあるため、その場合電源の確保は必要ですが電動タイプを選びましょう。

コーヒーミルのおすすめメーカー

ポーレックス

top_1

By: porlex.co.jp

コーヒーミルと言えば引き出しのついた箱状で、机に置いて上部のハンドルを回転させて挽くというイメージがあります。この常識を完全に覆したのがポーレックスのハンドミルです。

シリンダー状のシンプルな外観は美しく、ステンレスの外観もデザインとして完成されています。また、調節つまみにはクリックがついているので、慣れれば調整の必要もなく、快適に使えるのが魅力です。

ハリオ(HARIO)

41ygkdxqzal

By: amazon.co.jp

コーヒー関連器具の総合メーカーであるハリオ。専門メーカーだけあって、クラシックな引き出しタイプのコーヒーミルも生産していますが、臼歯はすべてセラミック式を採用しています。

アウトドア用としては、ポーレックスと同じシリンダータイプで細身の「スリム」と、少し太めの「ドーム」がリリースされています。どちらもセラミック式を採用しているので、耐久性に優れたモデルが欲しい方はチェックしておきましょう。

アウトドアにおすすめのコーヒーミル|手動

ポーレックス コーヒーミル セラミック ミニ

本体サイズが5×13.5cmととてもコンパクトなコーヒーミルです。手動のハンドルが長めになっているため軽い力で豆を挽くことができます。このハンドルは運搬時には取り外して本体横のホルダーに収納できるため、アウトドアシーンで快適に使用できます。

また、刃には金属臭のないセラミックを使用しているので、コーヒーの風味を損ねることなく挽けるのも魅力です。好みに合わせた挽き具合に調整できる調節機能も付いています。さらに、本体のパーツは全て分解して洗うことができるなど、メンテナンス性のよさも魅力です。

ハリオ(HARIO) 手挽きコーヒーミル セラミック スリム MSS-1TB

手動ハンドルを取り外して本体に掛けておくことができる、収納性に優れたモデル。キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで活躍します。本体の下半分が透明でメモリがついており、挽いた分量が一目でわかるように工夫されているのが魅力。

また、セラミック臼を採用しているため分解しての水洗いも可能です。衛生的なうえ前の挽きカスが混じることもないため、毎回新鮮な風味のコーヒーを楽しめます。

さらに、つまみを回すだけで簡単に粗さ調節が可能。ドリッパー用には細挽き、パーコレーター用には粗挽きと器具に合わせた挽き具合にできるのも便利です。

パール金属(PEARL METAL) キャプテンスタッグ コーヒーミル UW-3501

パール金属は新潟に本社があり、グループ会社にはアウトドア用品の総合メーカーで有名なキャプテンスタッグがあります。本製品は本体の素材に18-8ステンレスを使用しており、サビにも強く丈夫なことからアウトドアでの使用に最適な製品です。

一度に挽ける豆の量は約17gと少なめなので、1〜2人での使用に適しています。セラミック刃を採用しており水洗いが可能なうえ、コーヒーの風味を損なわずに挽けるのが魅力です。豆を挽く粗さの調整もネジを回すだけで簡単にでき、キャンプ場で好みの味のコーヒーを飲みたい方におすすめです。

ハリオ(HARIO) 手挽きコーヒーミル MSCS-2B

粉受け部分が耐熱ガラス製の手動コーヒーミルです。他のモデルよりサイズは一回り大きいですが、一度に100g(10人分)の豆を挽くことができる容量があり、特に大人数のキャンプで活躍します。

ガラスの粉受け部に付属のフタを取り付けることにより、そのまま保存容器として利用できるのも便利。刃はセラミックで金属部はステンレスのため、丸洗いが可能などメンテナンス性の高さも魅力のモデルです。

アウトドアにおすすめのコーヒーミル|電動

カリタ(Kalita) 電動コーヒーミル CM-50

1959年創業のコーヒー器具の老舗メーカーであるカリタが手がけている電動タイプのコーヒーミルです。50g(5人分)の豆をおよそ15秒で中挽きにできる性能があるため、人数の多いキャンプなどでは豆を挽く労力が省けるので重宝します。

2人分であれば10秒ほどで挽けてしまうため、一度使うと手動タイプには戻れないくらいの魅力があります。ただし、金属製のプロペラカッターを採用しているため、清掃は付属のハケなどを使っておこなう必要があり、セラミック刃のような水洗いはできません。

そのため、アウトドアはもちろん、自宅で忙しい朝でも美味しいコーヒーを飲みたいという方におすすめです。 

メリタ(Melitta) 電動コーヒーミル ECG62-1B

メリタは1908年にドイツで創業したコーヒー機器の総合メーカーで、創業者のメリタ・ベンツが世界で初めてペーパーによるドリップの方式を考案したことで有名です。本製品は、メリタが出している電動タイプの定番モデルで、ホッパーに70g(7人分)の豆を入れられるため、人数の多いキャンプでも活躍します。

操作方法は、豆を入れて上部のボタンを押すだけの簡単操作なので初心者にも安心です。ただし、ボタンを押す長さで挽き具合を調節するため、多少の慣れは必要です。電源コードは巻き取り式なので、出かけるときにはコンパクトに収納して持ち運びができます。

コーヒー豆だけでなく、カレー用のスパイスなどを粉にするためにも使えるおすすめのモデルです。

キングトップ(KINGTOP) 電動式コーヒーミル

価格がリーズナブルなのにも関わらず、高級感があり見た目もおしゃれな電動コーヒーミルです。本体はステンレスの素材感を生かしたヘアライン焼付け塗装が施されているのが魅力。海外製ですが、日本語の説明書も付属しており安心して使えます。

また、好みの味のコーヒーが淹れられるよう、粗さの調節ができるのもうれしいポイント。豆を挽く粗さはボタンを押す長さで調節できますが、天面が透明になっているため、挽き具合を見ながらの操作が可能です。約60g(6人分)の豆が1度に挽けるので人数の多いキャンプにおすすめします。

カリタ(Kalita) イージーカットミル EG-45

1〜4人での使用におすすめのコンパクトなコーヒーミルです。価格が安く、本体重量も200gと軽いため、持ち運びに便利です。

電源スイッチが本体側面についているのが特徴。本体を持った手でスイッチを入れることができ、豆が挽けた後も手を持ち替えることなくスムーズにそのままドリッパーに粉をセットするといった使い方ができます。価格重視の方におすすめのモデルです。