任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。本体にタッチスクリーンが搭載されているのが特徴で、家庭ではもちろん、テレビがない場所でもゲームを遊べるのが魅力です。

マリオやゼルダといった任天堂の定番タイトルをはじめ、スプラトゥーン2、マインクラフト、モンハンといったビッグタイトルがリリースされており、大人から子どもまで関心を集めています。そこで、今回はニンテンドースイッチのおすすめソフトをピックアップ。ゲームジャンルごとに人気タイトルをご紹介します。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|新作ソフト編

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL – 任天堂

2018年12月7日に発売の「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズ最新作。ニンテンドー64で発売されて以来、さまざまなハードで発売されてきた任天堂のビッグタイトルがついにニンテンドースイッチでリリースされることが決定しました。

マリオやリンク、ピカチュウといった任天堂の人気キャラクター同士で大乱闘。ライバルに攻撃を当てて、画面外に吹っ飛ばせば勝利というシンプルながら爽快感のあるゲームです。今作は、従来シリーズに登場したファイターがまさかの全員参戦。好きなキャラがリストラされてしまうのではないか、とヒヤヒヤしていたスマブラファンには嬉しい知らせです。

また、新たに「スプラトゥーン」シリーズからはインクリング、「メトロイド」シリーズからはリドリーが参戦するなど、続々とファイターが参戦しています。多人数でワイワイと遊べるので、パーティーゲームにもピッタリ。子どもから大人まで楽しめるおすすめのSwitchゲームソフトです。

ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ/イーブイ – ポケモン

2018年11月16日発売のポケットモンスターシリーズ最新作。初代ゲームボーイで発売された『ポケットモンスター ピカチュウ』をベースに、ゲームシステムやシステムを再構築した完全リメイク版です。『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』ではピカチュウと、『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』ではイーブイと一緒に旅に出ることができます。

本作はリメイクに伴い、ポケモンの捕まえ方も一新されました。ニンテンドースイッチのコントローラー「Joy-Con」を振ることでモンスターボールを投げて、うまくいけばポケモンをゲットすることが可能。捕まえられるかどうかのドキドキ感がアップしています。

また、Joy-Conをおすそわけすれば2人で同じ世界を冒険できるのもポイント。親子や兄弟、友達と一緒に遊びたい方にピッタリ。かつて殿堂入りしたチャンピオンが時を経て子どもと一緒に同じ旅に出るというのは特にロマンがあります。小さなお子さんのプレゼントとしてもおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

・ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ

・ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|RPG編

Xenoblade2 – 任天堂

海外にもファンが多いゼノブレイドシリーズの最新作です。舞台は、世界樹を中心に広がる世界「アルスト」。古代文明の遺品を発掘して生計を立てている少年・レックスは、ある日、“天の聖杯”と呼ばれる少女・ホムラと出会います。「私を、楽園に連れて行って」という彼女の願いを叶えるため、国家や謎の組織に追われながら、世界樹の上にある楽園を目指すというストーリーです。

同シリーズ最大の魅力は、広大なフィールドを探索できるところ。広大な草原や淡い光を発する水場、険しい岩山など、いわゆるオープンワールドを自由に駆け巡ることができるのが魅力です。フィールドには奇妙な姿をしたクリーチャーがウロウロしており、なかには空を覆うほど巨大な生物もいます。不思議な光景を目の前にすればワクワク感や冒険心が刺激されるので、探索が大好きという方にピッタリのゲームです。

また、本作はバトルが楽しいのもポイント。前線で戦う〈ドライバー〉に対して、パートナーである〈ブレイド〉が後方から支援するというシステムを採用しています。ブレイドには攻撃型・回復型・防御型があり、戦闘中に切り替えることでドライバーの技も変化。スピーディーかつ戦術的なバトルが楽しめます。ストーリーもフィールドも壮大な本格的RPGなので、ゼノブレイドシリーズが初めてという方にもおすすめのソフトです。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ – スクウェアエニックス

『ドラゴンクエストX』は、ドラゴンクエストシリーズ初のオンラインゲーム。ほかのプレイヤーとパーティを組んで魔王を退治するのはもちろん、魔王ことはひとまず置いておいて武器・防具などを作る職人として生活したり、自分の家を建てたりと、さまざまな楽しみ方ができるのが魅力です。

さらに、ストーリーが充実しているのもポイント。今までのドラゴンクエストシリーズに勝るとも劣らない本格的な冒険が楽しめます。笑いあり、涙あり、コントローラーを握る手に思わず力が入ってしまうような熱い展開もあれば、ときには背筋も凍るホラー話があるなど、ストーリーや演出が充実しており、往年のドラクエファンも納得の仕上がりです。

本作品だけでもプレイできますが、追加パッケージの第4弾『5000年の旅路 遥かなる故郷へ』を導入すれば、ドラクエ10の最新コンテンツまで楽しむことが可能。初めてオンラインゲームを遊ぶという方にもおすすめです。ただし、プレイにはネット環境が必須なので注意してください。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|シューティング編

スプラトゥーン2 – 任天堂

2015年5月にリリースされたWii Uソフト『スプラトゥーン』の2作目。プレイヤーはヒトに変身できるイカ(インクリング)となってインクを撃ち合うシューティングゲームです。4vs4のチームに分かれてインクで塗った面積を争う「ナワバリバトル」、ウデマエを掛けた真剣勝負「ガチマッチ」など、オンラインでさまざまなバトルを楽しむことができます。

本作では上記の対人プレイのほか、2~4人のプレイヤーで協力プレイをする「サーモンラン」が新たに追加。〈クマサン商会〉のアルバイトとして、凶暴なシャケからイクラを集めましょう。相手はコンピューターなので、対人戦は苦手という方も安心してプレイすることができます。

また、無料でゲームをアップデートできるのも魅力。2017年7月にニンテンドースイッチでリリースされて以降、新しい武器やコスチューム、ステージなどが次々と追加されています。通常のソフトならばダウンロードコンテンツとして販売するところ、本作はソフトウェアを購入すれば、以降の追加コンテンツはすべて無料で遊べます。子どもから大人まで遊べる『スプラトゥーン2』。ニンテンドースイッチとセットで購入したいおすすめのソフトです。

マリオテニス エース – 任天堂

人気スポーツゲーム「マリオテニス」シリーズ最新作がニンテンドースイッチで登場。マリオは万能なオールラウンド型、ピーチ姫は正確なコントロールを得意とするテクニック型、クッパは強力なショットを打てるパワー型というようにそれぞれ特徴があるなど、戦略的なテニスが楽しめるアクションゲームです。

勝負のカギを握る新システム「エナジー」。ラリーを続けるとゲージが溜まっていき、エナジーと引き換えに普通では届かないようなボールを打てる「加速」、相手のラケットにダメージを与える「ねらいうち」など、特殊な技を使うことができます。相手のラケットを壊せば一発ノックアウト。積極的に狙っていきましょう。

『マリオテニス エース』は1~4人まで遊ぶことが可能。インターネット対戦にも対応しており、遠くのライバルやフレンドとも一緒にプレイできるのも魅力です。パーティーゲームとしても盛り上がるおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|アクション編

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド – 任天堂

ニンテンドースイッチと同時にリリースされた『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。ゼルダシリーズで初のオープンワールドを採用しており、山や崖をよじ登ったり、海や川があったら泳いで渡ったり、高所からパラグライダーを使って滑空したりと、3D空間を縦横無尽に動き回ることができます。

本作の魅力は「広大なフィールド」。任天堂本社がある京都市を参考にしていると言われており、徒歩で縦断するだけでも数時間はかかります。ただし、これはあくまで直線移動しただけであって、本格的に探索をすれば100時間あっても全然足りません。探索好きの方にはたまらないゲームです。

“ゼルダ姫を助ける”という大きな目標はありますが、「いつまでに助けなさい」というように期日は定められていません。野生のモンスターを討伐したり、宝探しに出かけたり、さまざまな街を観光したり、何をしても構いません。100人のプレイヤーがいれば、100通りの冒険が生まれる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。自由度の高いゲームが好きな方におすすめの名作ソフトです。

スーパーマリオ オデッセイ – 任天堂

2017年10月にニンテンドースイッチでリリースされたスーパーマリオシリーズ最新作。キノコ王国にセキュリティという概念はないのか、今回もピーチ姫がクッパにさらわれてしまいました。世界各国を飛び回り、結婚式に必要な宝石やドレスを奪っていくクッパたち。マリオはピーチ姫を救うため、飛行船・オデッセイ号に乗り込みます。

今回の新たな相棒は、帽子の国の住人〈キャッピー〉。ピーチ姫と一緒にさらわれてしまった妹のティアラを助けるために、マリオに協力してくれます。キャッピーの特殊能力は敵やモンスターに乗り移って、自由に操れるというもの。カエルに乗り移ってハイジャンプをしたり、戦車に乗り移ってブロックを壊したり、魚に乗り移って水の中を素早く泳いだりと、さまざまなアクションを使ってステージを攻略していきましょう。

また、『スーパーマリオ オデッセイ』はコントローラーのJoy-Conを分けて2人プレイすることも可能なので、家族や友達、恋人と一緒に楽しめるのもポイント。ひとりではもちろん、みんなともワイワイと遊べるおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver. – カプコン

ニンテンドー3DSでリリースされた『モンスターハンタークロス』をベースに、さまざまな新要素が追加された進化版です。前作(クロス)の4大モンスターに加えて、新たに「鏖魔ディアブロス」と「バルファルク」という2大モンスターが登場。さらに、過去作に登場したラオシャンロン・ベリオロス・グラビモスなどの人気モンスターも復活しています。

前作では4つの狩猟スタイルがあったのですが、今作では新たに攻撃型の「ブレイヴスタイル」とサポート型の「レンキンスタイル」が登場。選択肢が広がったことで、狩りの自由度がより高まりました。本作は3DS版と比べてグラフィックが大幅に向上。また、大画面テレビでプレイできるのはもちろん、携帯モードにも対応しているので3DS版と同じように持ち運びながら一狩りすることも可能です。

また、モンハンシリーズ最大の魅力である「マルチプレイ」に対応しているのもポイントで、ニンテンドースイッチを持ち寄れば最大4人でのプレイが可能。みんなで狩りをしたい方におすすめのソフトです。

ファイアーエムブレム無双 – コーエーテクモゲームス

任天堂の名作シミュレーション『ファイアーエムブレム』が無双シリーズとして登場。無双シリーズとは、簡単な操作で敵をバッタバッタとなぎ倒す“爽快感”をウリにしたゲームです。さまざまな英雄たちを操作して、戦場を駆け巡りましょう。

ドラゴンクエストやゼルダともコラボしている無双シリーズですが、今作は『ファイアーエムブレム』ならではの要素も数多く取り入れられています。たとえば、武器によって有利不利になる「三すくみ」システム。剣は斧に強く、槍は剣に強く、斧は槍に強いというもので、有利属性に対しては大きなダメージを与えることができます。逆に不利属性を相手にすると敵から受けるダメージが増えるなど、攻略が困難になるので要注意。相手の属性を見極めつつ、操作キャラクターを変更していきましょう。

頭を使うファイアーエムブレムシリーズと、気軽に遊べる無双シリーズが絶妙にマッチした名作。従来のファンはもちろん、「ストレスの発散をしたい」という方にもおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

ソニックフォース – セガゲームス

全世界でシリーズ累計3.5億本を突破したソニックシリーズの最新作です。IQ300を誇る悪の化学者・Dr.エッグマンによって支配されてしまった世界。謎に包まれた敵・インフィニットをはじめ、かつての強敵たちも勢ぞろい。シリーズ最大の危機に立ち向かいます。

ソニックシリーズは、レースゲームのような爽快感とダイナミックなアクションを両方楽しめるのが魅力です。音速よりも速く走れるハリネズミ・ソニックたちを操作して、さまざまなステージを高速で駆け巡りましょう。

本作『ソニックフォース』では、シリーズ初のキャラクターカスタマイズが可能。顔や目、口、体の色、アクセサリーなどを組み合わせて、オリジナルキャラを作ることができます。従来のファンはもちろん、まだソニックをプレイしたことがない方も楽しめるおすすめソフトです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|レース編

マリオカート8 デラックス – 任天堂

2014年5月にリリースされたWii U版『マリオカート8』に新しいキャラクターやコース、パーツなどを加えたリメイク版です。Wii U版の有料追加コンテンツ第1弾『ゼルダの伝説』と第2弾『どうぶつの森』がセットになっています。キャラクター数は42人、コースは48コースを収録。どちらもシリーズ最多のボリュームで、まさにデラックスの名にふさわしい内容と言えるでしょう。

マリオカートシリーズ最大の魅力は、経験者と一緒に初心者が遊べるところ。スタートダッシュやドリフトといった基本的なテクニックも重要ですが、それ以上に重要なのがアイテムの活用。コース上に落ちているアイテムをうまく使えば、初めて遊ぶ人でも大逆転をすることが可能です。また、走行に関しても「ハンドルアシスト機能」が採用されており、コースアウトしなくなるので初心者の方も安心して遊べます。

さらに、バトルモードも一新。アイテムをぶつけて相手の風船を割ったら勝利の「ふうせんバトル」を含めた5種類の競技を収録しているほか、コースもバトル専用で8種類もあるため、レースとはまた違った面白さが味わえます。子どもはもちろん、レースゲームファンも楽しくプレイできるニンテンドースイッチソフトです。

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX – ポケモン

ポケモン同士が1対1でバトルするアクション格闘ゲーム。Wii U版の『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』をベースとして、アーケード版に追加されたダークライ・ハッサム・グレッグル・エンペルトを追加。さらに、『ポケットモンスター サン/ムーン』からジュナイパーが参戦し、20匹以上のポケモンたちによる熱いバトルが楽しめます。

子どもや女性にも人気のポケモンだけあって、ゲームシステムも比較的容易。格闘ゲームにありがちな複雑なコマンドも必要ありません。レバーを倒したままボタン入力、またはボタンを複数押すだけで、手軽に派手な必殺技を出すことができます。

また、オンラインで対戦することも可能。世界中のプレイヤーとランキングを競う「ランクマッチ」、誰とでも気軽に対戦できる「フレンドリーマッチ」の2つのモードから選択できます。子どもはもちろん、大人もテンションが上がってしまうおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

ARMS – 任天堂

伸びる腕“アーム”を使った体感型の格闘ゲーム『ARMS』。左右の手にそれぞれJoy-Conを握るように持って、実際にパンチをすると画面内のキャラクターも一緒にパンチを繰り出します。同じような直感的な操作でダッシュ、ジャンプ、ガード、投げなども可能。蝶のように舞い、蜂のように刺しながら、相手を倒しましょう。

キャラクターによっては相手のパンチを弾いたり、ダメージが半減したり、スピードが遅くなったりと、さまざまな特殊能力を使えます。また、左右のアームを付け替えることで素早いパンチ、凍らせるパンチ、自動追跡するパンチなど、攻撃の性質を変えることも可能。自分好みにカスタマイズできるのも魅力です。

オフラインでは、アームズを使って色々な競技をする「バーサス」のほか、勝ち抜き10連戦を行う「グランプリ」なども用意。オンラインに繋げば、インターネット対戦もできます。大会も定期的に開催されており、発売からしばらく経った今も賑わっています。実際に体を動かすので、エクササイズとしてもおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch – バンダイナムコエンターテインメント

日本はもちろん、海外でも大ヒットした『ドラゴンボール ゼノバース』の続編がニンテンドースイッチで登場。プレイヤーはタイムパトローラーとなって、改変されてしまった“ドラゴンボールの歴史”を、悟空やベジータたちと一緒に守るという熱いストーリーです。

ひとりで遊ぶ「タイムパトロール」モードのほか、ニンテンドースイッチのコントローラーを分け合うことで、1対1の対戦プレイも楽しめます。また、オンラインプレイにも対応。全世界のプレイヤーと交流したり、対戦を楽しんだり、共闘することもできます。

また、ニンテンドースイッチ版の新システムとして、モーションセンサーを活用した遊びがあります。画面上に表示されるアイコンの動きに合わせて体を動かせば、「かめはめ破」などの必殺技を出すことが可能。家族や友達と一緒にプレイすると盛り上がります。親子で楽しめるニンテンドースイッチソフトとしておすすめです。

ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ – カプコン

対戦型格闘ゲームの火付け役となった『ストリートファイターII』が25年という時を経て、ニンテンドースイッチでリメイクされました。ストIIシリーズでは初登場の「殺意の波動に目覚めたリュウ」と「洗脳されたケン」が追加され、総勢19名のキャラクターを使用することが可能です。

『ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ』は、格闘ゲームが苦手な人も楽しく遊べるように調整されているのがポイント。必殺技を1タッチで出せる「LITE操作」、家族や友達とタッグを組み、2体1で敵をフルボッコにする「バディファイト」モードなど、新要素が追加されています。

また、本作は通信対戦プレイにも対応。本体を持ち寄って対戦できる「ローカル通信対戦」のほか、オンラインで遠くの人とバトルできる「インターネット対戦」を楽しめます。気軽にプレイしたい方はもちろん、格闘ゲームを極めたいという方にもおすすめのソフトです。

FIFA 18 – エレクトロニック・アーツ

世界的に有名なサッカーソフト『FIFA』シリーズ。PS4やXbox Oneなどのプラットフォームでもリリースされているのですが、ニンテンドースイッチ版の『FIFA 18』は、スイッチ用にカスタマイズされているのがポイントです。

コントローラーやディスプレイの細かい設定が可能なほか、ゲームをシェアできるJoy-Conにも対応可能。ローカルシーズンモードでは、2台のニンテンドースイッチを持ち寄り、最大4人のローカル通信プレイができます。ホームパーティなどでワイワイと遊びたい方におすすめです。

もちろん、1人用プレイも充実。自由にチームを編成できる「FIFA ULTIMATE TEAM」のほか、選手や監督としてプレイできる「キャリアモード」、ミニゲームを通してスキルを磨く「スキルゲーム」など、やりこみ要素も満載。また、オンライン対戦ができる「オンラインシーズン」にも対応しています。リアルなサッカー体験をしたい方におすすめのニンテンドースイッチソフトです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|シミュレーション編

Minecraft – Mojang/日本マイクロソフト

ブロックの世界で冒険を繰り広げる『マインクラフト』。プレイヤーは新天地を求めて探索したり、剣や防具を装備してモンスターとの戦いに明け暮れたり、ブロックで家や街を作ったりと、自由気ままに遊ぶことができるシミュレーションゲームです。

ニンテンドースイッチ版では、自分で資源を調達する「サバイバルモード」のほか、創作に集中できる「クリエイティブモード」などがプレイ可能です。なお、随時アップデートが行われているので、今後さらなる拡充も期待されています。

また、本作はマルチプレイに対応しているのもポイント。家族・友人・恋人と一緒に同じ世界で遊べます。マイクロソフトアカウントにログインすれば、任天堂製品以外のデバイスで遊んでいる人とプレイできるのも魅力です。大人から小さな子どもまで大人気のマインクラフト。発想力を鍛える知育ゲームとしてもおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

マリオ+ラビッツ キングダムバトル – 任天堂

アサシンクリードやファークライなど、数々の名作をリリースしているゲーム会社・ユービーアイソフトと任天堂がコラボした『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』。キモかわいい(?)ウサギは、ユービーアイソフトを代表するマスコットキャラ「ラビッツ」です。日本ではあまり知名度は高くありませんが、ヨーロッパでは大人気だったりします。

本作は、バトルと探索がセットになったターン制シミュレーションゲーム。マリオやラビッツたちが3人一組となって、「敵の全滅」「ゴールを目指す」など、さまざまなお題をクリアしていくという流れです。登場する武器は250種類以上。豊富なスキルと組み合わせることによって、ゆるい雰囲気のパッケージからは想像できない奥深い戦略バトルが楽しめます。

本作は、ニンテンドースイッチコントローラー「Joy-Con」をおすそわけすることで、2人で協力・対戦することが可能。ひとりでじっくりとプレイしたい方はもちろん、家族や友達たちと一緒に遊びたい方にもおすすめのニンテンドースイッチソフトです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|パズル編

いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス – 任天堂

2人のキャラクターがお題にチャレンジしていくアクションパズルゲーム。キャラクターは重なった部分をチョキッと切ることが可能。体の形を変えて、バスケットボールをゴールに入れたり、水を移し替えたりと、ミッションをクリアしていきましょう。

ゲームを進めている上で大切なのは「発想力」と「コミュニケーション能力」。せっかくいいアイデアをひらめいたとしても、相棒の協力をなくしてはクリアできません。自分がどうしたいのか、相手にどうしてほしいのかなど、しっかりと伝達する必要があります。この人間同士のリアルなやりとりもゲームの魅力と言えるでしょう。

なお、本作では100種類以上のお題が収録されているのもポイント。また、キャラクターが特殊な形に変わるモードもあるので、同一のゲーム内容であってもクリアの方法が変わってきます。一見するとシンプルなゲームですが、とても奥深いゲームでもあるので子ども向けの知育ゲームとしてもおすすめです。

ぷよぷよテトリスS – セガゲームス

パズルゲームで定番の2大タイトル『ぷよぷよ』と『テトリス』のコラボレーション作品。基本的なルールはそのままに、ぷよぷよvsテトリスといった夢のバトルが楽しめます。もちろん、同じパズルゲーム同士で対戦することも可能です。

対戦方法もバリエーション豊富で、1対1の真剣勝負をする「VS」をはじめ、ひとつのフィールドでぷよぷよとテトリスを同時にプレイする「ぷよテトミックス」、みんなで遊べる「パーティ」など、5つから選択が可能。もちろん、ひとりでじっくりと練習できるモードもあるので初心者の方も安心です。

また、本作はインターネットに接続してオンラインプレイを楽しむことも可能。「全国パズルリーグ」モードでは、世界中のプレイヤーと対戦できます。実力に近い人とマッチングするので、腕をどんどん磨いてランキング上位を目指しましょう。1本で2つのパズルが楽しめるお得なソフト。パズル好きの方におすすめのゲームです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|パーティーゲーム編

1-2-Switch – 任天堂

『1-2-Switch(ワンツースイッチ)』は、画面ではなく、相手の目を見て楽しむ新感覚ゲーム。ニンテンドースイッチのコントローラー・Joy-Conには、リアルな触感が体験できる「HD振動」や内蔵カメラによってモノの距離や動作を読み取る「モーションIRカメラ」が搭載されているのですが、これらの機能をふんだんに使ったミニゲームが楽しめます。

相手と早撃ちを競う「ガンマン」、HD振動を頼りにボールの数を当てる「カウントボール」、相手の心を読んで刀を打ち込む&キャッチする「真剣白刃取り」など、2人で遊ぶゲームが全28種類も収録されています。

大人数が集まったらチームに分かれて遊ぶ「チームマッチ」がおすすめ。プレイヤーが楽しめるのはもちろん、周りで見ている人たちも一緒に盛り上がるので、ぜひ複数家族が集まるイベントで楽しみたいニンテンドースイッチソフトです。 

モノポリー for Nintendo Switch – ユービーアイソフト

モノポリーとは、1935年にアメリカで生まれたスゴロクタイプのロングセラーボードゲーム。プレイヤーは、サイコロを振ってコマを進めながら土地(マス)を購入し、ライバルが自分の土地に止まったらレンタル料を徴収します。最終的に自分以外のプレイヤーをすべて破産させたら勝利というサツバツとしたゲームです。

運が必要なのはもちろんですが、もうひとつ必要なのが「知力」。土地にレンタル料が超高額なホテルを建設してライバルを一発で破産させたり、いろいろなプレイヤーから少しずつお金を徴収しながら地道に資産を増やしたり、誰かとタッグを組んでライバルを蹴落としたりと、さまざまな戦略を駆使して1位をもぎ取りましょう。ただし、やりすぎると友情が壊れてしまう可能性があるので、自己責任でお願いします。

本作は最大6人でプレイできるためパーティーゲームにもピッタリ。また、インターネットに接続すれば、世界中のプレイヤーと遊ぶこともできます。これまでモノポリーで遊んだことがない方も、かつてモノポリーで遊んだことがある方も、ぜひ楽しんでほしいソフトです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|ダウンロード編

ニンテンドースイッチでは、ダウンロード専用ソフトも配信されています。任天堂のウェブサイトまたはゲーム機本体から購入することが可能です。大手メーカーによるゲームはもちろん、アイデア満載のインディーズゲームなど、さまざまなタイトルがあります。ダウンロードしてすぐに遊べるのもポイント。ゲームをもっと楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

シノビリフレ – マーベラス

『マインクラフト』や『スーパーマリオ オデッセイ』といった強豪を抜き去って、ニンテンドーeショップのセールスランキング1位に輝いたこともある『シノビリフレ』。本作は、特定の層に大人気の『閃乱カグラ』シリーズの最新作で、ニンテンドースイッチのコントローラー・Joy-Conの「HD振動」機能を生かしたアドベンチャーゲームです。メインヒロイン・飛鳥とのスキンシップを通して、彼女の心と体を癒してあげましょう。

本編の「リフレクソロジー」モードのほか、衣装・髪型・下着などを変えられる「コスチューム」、気軽に飛鳥とスキンシップができる「ミニリフレ」、そして好きなポーズで撮影できる「ジオラマ」など、さまざまなモードが搭載されています。本作は飛鳥しか選べませんが、DLCでほかのキャラも配信されています。閃乱カグラシリーズが好きな紳士はもちろん、マッサージを通して純粋にHD振動の具合を確かめたいという紳士の方にもおすすめのソフトです。

ニンテンドースイッチのおすすめゲームソフト|インディーズ編

ニンテンドースイッチでは、個人または少人数で製作されたインディーズタイトルもリリースされています。今では小さい子供に大人気な『マインクラフト』も元々はインディーズゲームでした。価格も安いものが多く、ほぼ毎週のように配信されているのも魅力。面白いインディーズゲームをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

Stardew Valley – Chucklefish

PCゲーム販売サイトSteamで話題となった『スターデューバレー』。昔ながらのドットグラフィックを採用したカントリーライクRPGです。近年リリースされたインディーズゲームのなかでも非常に完成度が高く、ニンテンドースイッチをはじめ、PS4やXbox Oneにも移植されています。

祖父から古い農場を受け継いだ主人公。使い古された道具とわずかなお金を手に、新たな生活を始めましょう。一応、村を発展させるという目標がありますが、何をするかは自由です。のんびりと作物を育てたり、動物を育てたり、のんびり釣りをしたりと好きなことをして暮らしましょう。

家の拡張やNPCとの交流など、やりこみ要素も十分。スイッチへの移植に伴って日本語化されているので小さな子どもも遊ぶことができます。自由度の高いゲームが好きな方はもちろん、現代社会の生活に疲れてしまった方にもおすすめのニンテンドースイッチソフトです。