「ゲーミングモニター」を導入することで、ニンテンドースイッチでのゲームプレイがより快適になります。また、ほとんどのゲーミングモニターは、複数の映像入力端子を備えているので、スイッチ以外のデバイスと接続して使用することも可能です。

そこで今回は、おすすめのニンテンドースイッチ向けゲーミングモニターをご紹介。「リフレッシュレート」や「応答速度」などの購入する前に知っておきたい用語や選ぶ際のポイントなどについて解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

ニンテンドースイッチに適したゲーミングモニターとは?

リフレッシュレート

By: benq.com

リフレッシュレートとは、1秒間に画面が何回切り替わるかを表した値です。単位にはHz(ヘルツ)を用い、数字が大きくなるほどより映像が滑らかに見えます。

スイッチの最大出力は60Hzなので、60~75Hzあたりのリフレッシュレートに対応したゲーミングモニターがおすすめ。60Hzや75Hzのゲーミングモニターであれば、比較的リーズナブルな価格で購入できる製品も豊富です。

なかには、144Hzや240Hzに対応した製品もありますが、スイッチ用としてはややオーバースペック。ただし、ひとつのモニターでPCゲームなども楽しみたい方は、高リフレッシュレートに対応した製品を購入しておくのもおすすめです。

応答速度

By: rakuten.co.jp

画面の色が切り替わるスピードを表すのが応答速度。単位にはms(ミリセカンド)を用い、数字が小さくなるほど応答速度は速くなります。応答速度が速くなるほど残像やブレが少なくなるので、ゲームをより快適にプレイ可能。特に、応答速度の速さはレーシングゲームやFPSなどの動きが激しいゲームには重要な要素です。

ゲーミングモニターは1msの応答速度に対応した製品が豊富で、なかには0.5msなどの高速な製品もラインナップされています。リフレッシュレートと同様にハイスペックなモデルほど高価になる傾向がありますが、5ms以下の製品を選んでおけば、ほとんどのゲームで十分快適に遊ぶことが可能です。

解像度

By: lg.com

モニターの解像度は縦横のピクセル数を表したもので、数値が高いほど高画質になります。ゲーミングモニターにはさまざまな解像度に対応した製品がありますが、スイッチの最大映像出力は1920×1080ピクセルのフルHD画質です。

4K出力には対応していないので、スイッチ用のゲーミングモニターであればフルHD画質の製品がおすすめ。もちろん、さらに高画質なWQHD画質や4K画質に対応したモニターでも問題なく使用できますが、その分価格が高くなるので注意が必要です。PCゲームや仕事など、スイッチと接続する以外の用途でも使用する場合は、必要に応じで最適な解像度に対応した製品を選びましょう。

モニターサイズ

By: amazon.co.jp

画面のサイズも購入する前にしっかりと検討しておきたい重要なポイントです。モニターサイズが大きければ大ききほど迫力のある映像を楽しめますが、必要以上に大きなサイズだと画面全体を捉えにくくなります。

また、視線の移動が多くなることから、動きの激しいゲームだと人によっては3D酔いになる場合もあるので要注意。快適にゲームをプレイするのであれば、24~27インチあたりのサイズがおすすめです。プロアマ問わず多くのゲーマーが使用しているサイズで、製品数も豊富に揃っています。

デスクのサイズが小さいなど設置スペースが限られている場合は、一回り小さい21インチサイズほどのモノでも十分快適にプレイ可能です。

出力端子

By: iodata.jp

スイッチの映像出力端子にはHDMI端子が搭載されています。最近のモニターは大多数がHDMIポートを搭載していますが、念のため購入前には確認しておきましょう。

また、HDMIポートを2つ以上備えたモノや、DisplayPortやD-subなどのポート類を備えたモノであれば、パソコンやほかのゲーム機も接続できるので便利です。

ニンテンドースイッチにおすすめのゲーミングモニター

ベンキュー(BenQ) モニター ディスプレイ GL2780

スイッチでのゲームプレイに最適な、フルHD画質の27インチモニター。1msの応答速度と75Hzのリフレッシュレートに対応しており、ブレや残像が抑えた滑らかな映像でゲームが楽しめます。

ディスプレイは光や照明の映り込みを抑えることが可能な、光沢のないノングレアタイプを採用。映像入力端子にはスイッチとの接続に用いるHDMIのほかに、DisplayPort・D-sub・DVIが1ポートずつ搭載されています。

「ブライトネスインテリジェンス技術」により、モニターの明るさや輝度、映像内の明暗差を最適な状態に自動で調節。無駄な消費電力を抑えられ、手動で設定を変更する必要がないので便利です。

エイスース(ASUS) 27インチモニター VP278QGL

フルHD画質に対応した27インチモニターです。リフレッシュレートは、スイッチに適した75Hz。加えて、高速な1msの応答速度に対応しているので、残像感の少ない見やすい映像で快適にゲームが楽しめます。

「GamePlus機能」の「Crosshairモード」を有効にすれば、画面上に照準を表示することが可能。照準の種類は4種類から選択でき、FPSなどで活用すれば、より有利にゲームを進められます。画面上にカウントダウンタイマーを表示できる「Timerモード」などを搭載しているため、ゲームはもちろん、ビジネスシーンにも便利です。

そのほか、上下の角度調節ができるチルト機能、左右の調節ができるスイーベル機能、モニターを90°回転できるピボット機能に対応。0~130mmの範囲で高さの調節もできます。

エイサー(Acer) ゲーミングモニター SigmaLine KG221QAbmix

21.5インチサイズのコンパクトなゲーミングモニター。デスクの上など設置スペースが限られている方におすすめの1台です。液晶パネルは光沢のないノングレアタイプで、解像度はフルHD画質。1msの応答速度と75Hzのリフレッシュレートに対応しているので、スイッチで快適にゲームが楽しめます。

また、1W×2のステレオスピーカーを内蔵しているので、音質にこだわらなければ、別途スピーカーを用意する必要はありません。壁掛け用の金具やモニターアームのねじ穴位置を定めた国際標準規格「VESA規格」にも対応。同じVESA規格に対応したモニターアームなどを用意すれば、設置場所の選択肢が広がります。また、比較的安い価格で購入できるコスパのよさも魅力です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) モニター ディスプレイ 24MK430H-B

視野角が広く、発色のよさが魅力の「IPSパネル」を採用した23.8インチモニターです。応答速度は5msで、リフレッシュレートが75Hz。スイッチでのゲームプレイには十分な性能を有しています。

また、映像内の暗くて見えづらい箇所を明るく表示する「ブラックスタビライザー機能」を搭載。敵や障害物の位置を把握しやすくなり、よりゲームを快適に進められます。

そのほか、画面のチラつきを抑える「フリッカーセーフ機能」や目の疲れを軽減する効果が期待できる「ブルーライト低減モード」などを搭載。本体下部には「OSDジョイスティック」が搭載されており、明るさの調節や入力の切り替えなどの操作が行えます。

イイヤマ(iiyama) ゲーミング モニター ディスプレイ G2530HSU-B1

ブレのない滑らかな映像で、楽しみながらゲームをプレイできるモニターです。応答速度は1msと高速で、フルHD画質の解像度に対応しています。サイズは24.5インチで、上部と左右の非表示部分が約6.3mmのスリムベゼルデザインを採用。ノングレアタイプの液晶パネルなので、光や照明の映り込みが抑えられています。

また、2W×2のスピーカーが内蔵されており、別途スピーカーを用意せずともゲームをプレイ可能です。「i-Style Color機能」が搭載されているので、ゲームの種類や視聴しているコンテンツに合わせて最適な画質に設定できます。本体下部には音量調節や入力の切り替え、表示モードの変更などを行うための「ダイレクト切り替えボタン」を配置。映像入力端子には、HDMI・DisplayPort・D-subの3系統が用意されています。

アイ・オー・データ(I-O DATA) ゲーミングモニター GigaCrysta EX-LDGCQ241DB

スイッチを含むさまざまなデバイスと接続して使用したい方におすすめの製品です。フルHDの約1.8倍の表示領域を実現するWQHD画質に対応し、映像入力端子には3つのHDMI端子とDisplayPortを搭載しています。

23.8インチサイズのモニターで、スタイリッシュなフレームレスデザインが採用されているのも魅力のひとつ。ディスプレイには上下左右178°の広い視野角を実現する「ADSパネル」を使用しています。「オーバードライブ機能」を有効にすることで、約5msの応答速度に対応。動きの激しいゲームも快適にプレイ可能です。

ほかにも、暗いシーンの視認性を向上する「Night Clear Vision」や映像にメリハリをつけ、より鮮やかに表示する「エンハンスカラー機能」なども搭載。スタンドは、高さ調節・ピボット機能・チルト機能・スイーベル機能に対応しているので、位置や角度を細かく調節できます。

フィリップス(Philips) 液晶モニター 241E9/11

縁の狭いスリムベゼルデザインを採用した23.8インチモニター。ディスプレイは光や照明の映り込みを抑えられるノングレア仕様で、視野角の広い「IPSパネル」が採用されています。

モニタースタンドがアーチ状なので、デスク上のスペースをあまりとらないのもポイントです。解像度はフルHD画質で、5msの応答速度に対応。HDMI端子が2つ搭載されているため、スイッチだけでなく、PCなどとも接続できます。

75×75mmの「VESA規格」にも対応しており、モニターアームや壁掛けでの設置も可能。また、「ちらつき防止テクノロジー」やブルーライトを軽減する「ローブルーモード」が搭載されているので、長時間のゲームプレイにも最適です。

プリンストン(PRINCETON) ゲーミングモニター ULTRA PLUS PTFGFA-24C

湾曲ディスプレイを採用したゲーミングモニターで、よりゲームに没頭したい方におすすめの1台です。サイズは23.6インチで、ベゼル幅約2mmのスタイリッシュな外観が特徴。映像入力端子は、HDMI・DisplayPort・DVIを各1ポートずつ搭載しています。

144Hzのリフレッシュレートに対応しているので、スイッチだけでなく、本格的にPCゲームを楽しみたい方にもおすすめ。また、「FPSモード」や「RTSモード」など複数のゲーム向けのモードが用意されているため、プレイ中のタイトルにあわせて最適な設定を選べます。

背面にはジョイスティックが搭載されており、設定の変更などを行う際に、通常のボタンよりも直感的で素早い操作が可能。そのほか、ブルーライトを軽減する「ブルーライトリデューサー機能」や画面のチラつきを抑える「フリッカー削減機能」を搭載し、75×75mmの「VESA規格」にも対応しています。

エムエスアイ(MSI) ゲーミングモニター OPTIX-MAG241CV

フルHD画質に対応した24インチサイズのゲーミングモニターです。画面の端から端までを視界に入れられる湾曲ディスプレイを採用しているので、高い没入感を感じながら快適にゲームをプレイできます。

応答速度は1msで、リフレッシュレートは144Hzに対応。スイッチだけでなくPCゲームなども快適にプレイできる性能を備えています。専用アプリをダウンロードすれば、Androidスマホからモニターの設定を行えるので便利です。

また、フレーム内にはヘッドセットやヘッドホンをかけておける「ヘッドセットハンガー」を内蔵。映像入力端子には2つのHDMI端子とDisplayPortが1つ搭載されています。

恵安(KEIAN) ゲーミングモニター KIGシリーズ KIG270QD

量子ドット技術を採用したフルHD画質の27インチモニターです。従来のモニターよりも広い色再現範囲が実現しており、美しく鮮やかな映像を楽しみながらゲームをプレイできます。

ディスプレイにはノングレア加工が施されているので、光の映り込みを抑えられるのもポイント。応答速度は1msと高速なので、映像のブレや残像感を気にすることなくゲームができます。165Hzのリフレッシュレートに対応しているので、PCゲームなどのプレイも快適です。FPSなどのガンシューティングに便利な「Line of Sight機能」にも対応しており、画面中央にクロスヘアターゲットマークを表示できます。

映像入力端子には2つのHDMI端子とDisplayPortを1つ搭載。さらに、2W×2のステレオスピーカーが内蔵されているので、別途スピーカーやコンポを用意せずともサウンドの再生ができます。