ニンテンドースイッチで欠かせないアイテムのひとつ「SDカード」。ダウンロード購入したゲームやセーブデータを多く保存する方は必須のアイテムです。ただし、SDカードにはさまざまな製品があり、難しい専門用語も多く見受けられるので、初心者には選びにくいのが難点。

そこで今回は、SDカードの基礎や選び方を踏まえた上で、ニンテンドースイッチにおすすめのSDカードをご紹介します。

ニンテンドースイッチにSDカードは必要?

ニンテンドースイッチには、ダウンロード購入したゲームソフトのシステムデータやセーブデータ、プレイ中に画面を撮影したスクリーンショット画像などが保存されます。このなかで最も多くの容量を必要とするのがアプリケーションデータです。

例えば「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」で14.3GB、「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」で14.2GB、「スプラトゥーン2」で4.1GB。これらのソフトをダウンロード購入した場合は合計で32.6GBが必要です。

そのため、多くのゲームをダウンロード購入する方や追加コンテンツ(DLC)を購入する方などは準備しておくと快適に楽しむことができます。

ニンテンドースイッチ用SDカードの選び方

SDカードの種類をチェック

4~32GBの中容量モデル「microSDHCカード」

「microSDHCカード」は、microSDカードの次に登場したmicroSDの上位規格。「HC」はHigh Capacity(大容量)の略で、最小4GBから最大32GBまでの保存容量を備えています。

また、保存容量に対して価格のリーズナブルな製品が多く販売されているため、価格重視の方はチェックしておきましょう。

32BG~2TBの大容量モデル「microSDXCカード」

By: amazon.co.jp

「microSDXCカード」は、microSDHCカードの後に登場したmicroSDHCの上位規格。「XC」はExtended Capacity(超大容量)の略で、最小64GBから最大2TBまでの保存容量を備えています。価格は3つのmicroSD規格のなかで最も高価ですが、保存容量にかなりの余裕があるのがポイントです。

ただし、本体購入直後は使用できない点には要注意。ニンテンドースイッチをインターネットに接続して本体内のシステムソフト(ファームウェア)を更新すれば使用できるようになるので、注意しておきましょう。

容量をチェック

パッケージソフト派の方は「32GB以下」でも十分

普段パッケージ版のゲームソフトを購入している方は、32GB以下のmicroSDHCカードでも容量が足りる場合がほとんどです。パッケージソフトでのプレイの場合、SDカードは主にプレイ中のスクリーンショット画像を保存する際に使用します。32GBあれば約10万枚もの画像を保存できるので、快適に使用可能。

ただし、体験版のゲームをダウンロードしたり、追加コンテンツ(DLC)を購入する場合は、32GB以上のモデルを選んでおくと安心です。

ダウンロードソフトも遊びたい方は「64GB以上」がおすすめ

パッケージソフトと併用してダウンロードソフトも遊びたい方には、64GB以上のmicroSDXCカードがおすすめです。容量に余裕があるため、DLCなども含めてメーカーが提供するゲームのコンテンツを余すことなく満喫できます。

ゲームソフトのダウンロード購入が主な場合、SDカード容量としては最低64GB、できれば128GBか256GBがおすすめ。「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のような大作ソフトの場合でも、128GBもあればDLCも含めて8本以上のゲームソフトが楽しめます。

ちなみに、ニンテンドースイッチでダウンロード購入したゲームソフトは、空き容量の確保のために本体やSDカードから一度削除しても無料で再ダウンロードが可能。しかし、SDカードに十分な空き容量があればその頻度が減るというメリットもあります。

転送速度をチェック

読み込み速度をチェック

By: amazon.co.jp

「読み込み速度」とはそのSDカードがデータの読み込み時に使用できる最大転送速度のこと。ニンテンドースイッチでは、SDカード内に保存したゲームソフトのデータを読み込んで、ゲーム機やテレビの画面に表示する際などに重要となります。

読み込み速度は「MB/s」という単位で表記されますが、この数値が大きくなるほどゲームのロード時間が少なくなるのがポイント。待ち時間が少なくなるので、より快適にゲームを楽しめます。

なお、任天堂では読み込み速度が60〜95MB/sのSDカードを推奨。ニンテンドースイッチでは高速すぎるSDカードは不要ですが、少ないロード時間でストレスフリーにゲームを進めたい場合はこの範囲内でできるだけ読み込み速度の高速なSDカードを選びましょう。

UHS-I対応モデルかをチェック

By: amazon.co.jp

「UHS」とはUltra High Speed(超高速)の略で、大容量化・高速化のニーズに対応するために設けられたSDカードのデータ転送速度に関する新しい規格のこと。UHS規格のSDカードを対応機器で使用すれば、快適なデータ転送ができます。

UHS規格は、最大104MB/sの転送速度に対応する「UHS-I」と、最大312MB/sに対応する「UHS-II」の2種類に分類。任天堂ではUHS-I規格に対応するSDカードがニンテンドースイッチ用として推奨されています。

ニンテンドースイッチ用SDカードのおすすめ|32GB以下

ホリ(HORI) microSDカード for Nintendo Switch

ホリ(HORI) microSDカード for Nintendo Switch

ニンテンドースイッチで間違いなく動作するSDカードを入手したい方におすすめのmicroSDHCカード。ホリは家庭用ゲーム機の周辺機器を取り扱うメーカーとして有名です。

本製品は任天堂の公式ライセンスを取得しているのが特徴。任天堂が実施している書き込みテストに適合しているため、ニンテンドースイッチでダウンロード購入したゲームソフトや、スクリーンショット画像を安心して保存できます。

また、UHS-I規格に対応しており、読み込み速度も80MB/sと高速。さらに、任天堂の推奨スペックを満たしているので、プレイ中のロード時間も短めなので快適に遊べます。安心して使えるSDカードを探している方におすすめのモデルです。

シリコンパワー(Silicon Power) Elite microSDカード

シリコンパワー(Silicon Power) Elite microSDカード

リーズナブルな価格が魅力のmicroSDHCカードです。価格が安いだけでなく、ニンテンドースイッチで動作確認済みなのもポイント。任天堂の公式ライセンスは取得していませんが、自社で行なう厳しい動作テストを通過した製品を出荷しているため、ニンテンドースイッチでも安心して使えます。

さらに、永久保証が付帯しているのも特徴。購入後に製品のシリアルナンバーをシリコンパワーのサイトに登録する必要がありますが、国内で半永久的にサポートが受けられます。

ニンテンドースイッチ用SDカードのおすすめ|64GB

アイ・オー・データ(I-O DATA) microSDカード

アイ・オー・データ(I-O DATA) microSDカード

サポートが充実している高速仕様のmicroSDXCカード。アイ・オー・データはパソコンやスマホの周辺機器を手掛けている国内メーカーです。製品の製造自体は海外で行われていますが、品質が高く、電話やメールによるサポートも受けられるので安心して使用できます。

本製品はUHS-I規格に対応。最大読み込み速度は規格上限である104MB/sを実現しており、自社でニンテンドースイッチでの動作確認も済んでいるので、ゲーム機のパフォーマンスを存分に発揮できます。

専用の変換アダプターが付属するのもポイント。パソコンを介してスクリーンショット画像のバックアップを取る際や、ほかのSDカードからデータの移行をする際などに重宝します。

トランセンド(Transcend) microSDカード

トランセンド(Transcend) microSDカード

容量当たりの価格が安く、耐久性も高いので安心して使用できるmicroSDカードです。UHS-Iに対応していることに加え、読み込み速度95MB/sと高い性能を備えているのが魅力。

耐久性能も充実しているのも本製品の特徴。短時間の水没に耐える防水性や、不意の落下・衝撃に耐える耐衝撃性などを備えているので、SDカード内に保存したデータが不意の事故で消去される心配を軽減しています。

また、本製品の購入者はデータ復旧ソフト「RecoveRx」を無料でダウンロードできるのもポイント。確実ではありませんが、誤って消去してしまったスクリーンショットなどの画像データを復旧できる可能性があるので、安心して使用したい方はチェックしておきましょう。

サンディスク(SanDisk) Ultra microSDXC

サンディスク(SanDisk) Ultra microSDXC

サンディスクはメモリーカード業界で最大の規模を誇るリーディングカンパニーとして有名。品質が高く安心して使えるのが魅力です。

本製品は、サンディスクで中位クラスとなるmicroSDカード。UHS-I対応で、読み込み速度は80MB/sと、ニンテンドースイッチで使用するには十分な性能を備えています。

ただし、本製品は海外パッケージ版の並行輸入品のため、国内ではサポートを受けられないのが難点。価格を重視しつつ品質にもこだわりたい方におすすめです。

ニンテンドースイッチ用SDカードのおすすめ|128GB以上

東芝(TOSHIBA) microSDXCカード

東芝(TOSHIBA) microSDXCカード

リーズナブルな価格で購入できる、東芝のmicroSDXCカードです。東芝はプロ写真家なども多く愛用している高品質なSDカードを製造するメーカーとしても知られています。

本製品は東芝で中位クラスとなるmicroSDXCカード。UHS-I規格に対応し、読み込み速度は最大で100MB/sをマークしているので、快適にゲームをプレイできます。

本製品は価格を重視した海外パッケージ品のため、国内でのサポートは非対応。ただし、専用のクリアケースや変換アダプターが同梱するので、SDカードを保管する際やデータのバックアップを取る際にも重宝します。

サムスン(Samsung) EVOPlus microSDカード

サムスン(Samsung) EVOPlus microSDカード

速度・安定性などあらゆる面で高いパフォーマンスを発揮する、サムスンのmicroSDXCカードです。本製品はUHS-I規格に対応し、最大読み込み速度も100MB/sと高速。さらに、スピードクラスはU3に対応しており、30MB/s以上の最低転送速度が保証されています。ロード時間を少しでも早めたい方におすすめです。

10年間のメーカー保証が付属。自社でニンテンドースイッチでの動作確認も済んでおり、安心して使用できます。

サンディスク(SanDisk) Extreme microSDXC

サンディスク(SanDisk) Extreme microSDXC

性能の高さが魅力のモデルです。UHS-I規格に対応し、最大読み込み速度も160MB/sをマーク。さらに、動画のような容量の大きいデータもスムーズに保存できるU3およびV30のスピードクラスにも対応しています。スクリーンショットやプレイ動画をたくさん保存したい方におすすめです。

海外パッケージ品のため国内サポートは非対応ですが、変換アダプターが同梱。品質や性能にとことんこだわりたい方におすすめです。