人気の高いエンターテインメントの一種「漫画」。バトル・ラブコメ・ギャグ・ファンタジー・ミステリーなどジャンルは多岐にわたります。また、次から次へと話題作が出てくるため、何を読めばよいか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの面白い漫画をランキング形式でご紹介。今SNSなどで話題の作品から定番の名作、次に来るといわれている作品まで厳選したので、参考にしてみてください。

面白い漫画のおすすめランキング|今話題の作品

第1位 呪術廻戦

集英社 著者:芥見下々 既刊20巻

ダークファンタジーの新境地ともいわれる人気漫画。『週刊少年ジャンプ』で2018年から連載中で、累計発行部数は7000万部を突破。同誌の看板作品のひとつとなっています。2021年には『劇場版 呪術廻戦0』が公開され、異例の大ヒットを記録。2023年にはアニメ2期の放送が決定しています。

辛酸・後悔・恥辱など、人間の負の感情から生まれる禍々しい力が、「呪い」となり、人を死に導く世界。稀に見る飛び抜けて高い身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁は、病で入院している祖父の見舞いを日課にしていました。

しかし、ある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れます。取り残された先輩を救うため、悠仁は校舎へ乗り込みますが、それをきっかけに「呪い」を巡る戦いに巻き込まれていくのです…。

謎が多く独特で奥深い世界観や、クセのある魅力的で強力なキャラクターたち、手に汗握るバトルシーンなどさまざまな魅力があります。グロテスクな要素もある、ダークな学園バトルものが気になる方におすすめです。

第2位 SPY×FAMILY

集英社 著者:遠藤達哉 既刊9巻

2019年から『少年ジャンプ+』で連載中の、次世代スパイ家族コメディーです。1巻が発売されてから、約半年と異例の速さで200万部を突破。2019年の次にくるマンガ大賞Webマンガ部門、全国書店員が選んだおすすめコミック2020などさまざまな賞で1位に輝き、4冠を達成しました。2022年にはアニメ化もされた話題作です。

主人公は敏腕スパイのコードネーム・黄昏。彼は、名門校の潜入捜査のため「家族」を作れと命令されます。しかし、彼が出会った「娘」のアーニャは心を読む超能力者、さらに、「妻」のヨルは暗殺者で…。全員が互いに正体を隠したかりそめ家族が、名門校の受験や世界の危機に立ち向かっていきます。

かりそめの家族でありながら、3人が互いを思いやり、絆を感じられるシーンも多いのがポイント。黄昏やヨルのかっこよさ、アーニャのかわいらしさに魅了される読者も多くいます。ほのぼのとして笑える、異色のスパイ漫画に興味がある方におすすめです。

第3位 チェンソーマン

集英社 著者:藤本タツキ 全11巻完結

悪魔を身に宿し、悪魔を狩る少年の活躍を描いた、新時代ダークヒーローアクション漫画。2021年にはアメリカの権威あるマンガ賞のハーベイ賞Best Manga部門や、小学館漫画賞少年向け部門、このマンガがすごい!オトコ編1位などさまざまな賞を受賞しています。

第1部は完結しましたが、2022年7月に第2部が連載スタート。作品内に登場する武器「田中脊髄剣」が、SNSでトレンド入りするなど話題を呼びました。2022年にはアニメ化も予定されており、累計発行部数は1300万部を突破しています。

亡くなった父親の借金を肩代わりしている少年・デンジ。彼は悪魔のポチタとともに、デビルハンターとして借金取りにこき使われる日々を送っていました。しかし、ド底辺の日々は、ある残忍な裏切りによって一変するのです…。

独特のセリフ回しや世界観、超がつくほど個性的でインパクトのあるキャラクターなどが、多くの読者の心を掴んでいます。ダークで過激な話題作に触れたい方におすすめです。

第4位 東京卍リベンジャーズ

講談社 著者:和久井健 既刊29巻

2017年から『週刊少年マガジン』にて連載中で、“今一番熱くてせつない”といわれる、タイムリープサスペンス漫画。アニメや実写映画、舞台などさまざまなメディアミックス作品が展開されており、累計発行部数は5000万部を突破しています。

主人公は、ダメフリーターで26歳の花垣武道。ある日、彼はニュースで、最凶最悪といわれる悪党連合「東京卍會」に、中学時代付き合っていた人生唯一の恋人・橘日向が殺されたことを知ります。

住居は壁の薄いボロアパートで、バイト先のレンタルショップでは6歳下の店長にこき使われる日々。人生のどん底真っただ中のある日、彼は電車が入ってくる駅のホームで何者かに背中を押され、突如12年前にタイムリープしてしまうのです。日向を救うため、逃げ続けた自分を変えるために武道は人生のリベンジを開始します。

何があってもあきらめずはい上がっていく武道の姿や、日向との恋愛模様、友情を守るための奮闘など見どころが詰まった作品。タイムリープものや、ヤンキー漫画が好きな方におすすめの話題作です。

第5位 推しの子

集英社 著者:赤坂アカ×横槍メンゴ 既刊8巻

まったく新しい切り口で「芸能界」を描いた衝撃のサスペンス漫画。『かぐや様は告らせたい』の赤坂アカと、『クズの本懐』の横槍メンゴがタッグを組んだ作品として話題になりました。次にくるマンガ大賞2021ではコミックス部門1位を獲得。累計300万部を突破し、アニメ化も決定しています。

地方都市の病院で産婦人科医として勤務するゴローの前に、彼の「推し」のアイドル・星野アイが現れるところから始まる物語。彼女はある禁断の秘密を抱えており、2人の「最悪」な出会いから運命が動き出します。

芸能界の華やかな表の部分だけではなく、厳しい裏の部分もリアルかつドラマチックに描いています。また、新しい物語設定や、先が読めない展開に惹きつけられている読者が多数。仕事・サスペンス・恋愛などさまざまな要素が詰まったおすすめの話題作です。

第6位 WIND BREAKER

講談社 著者:にいさとる 既刊8巻

漫画アプリ『マガポケ』にて連載中で、“ウィンブレ”と呼ばれ親しまれている、新世代ヤンキー漫画。発売してから即重版が連発しており、累計122万部を突破しています。

2021年には次にくるマンガ大賞にノミネートされたほか、渋谷駅ウォールジャックなどのキャンペーンが開催。また、作品PVには内田雄馬・内山昂輝・島﨑信長・中村悠一と豪華声優陣を起用し、話題になりました。

偏差値は最底辺でケンカは最強という超不良校「風鈴高校」のトップを目指し、まこち町にやってきた風鈴高校1年生・桜遥。しかし、現在風鈴高校は“防風鈴(ボウフウリン)”と呼ばれる、街を守る正義の集団となっていたことを知ります。そして、桜は風鈴高校の一員として、街を守るための戦いを始めることになるのです…。

遥をはじめとして、杉下京太郎・蘇枋隼飛・梅宮一など、かっこよく強いキャラクターたちが魅力。また、今までのヤンキー漫画と異なる、繊細で美しい作画にも定評があります。胸の熱くなる、ヒーロー要素の強いヤンキー漫画が気になる方におすすめです。

第7位 海が走るエンドロール

秋田書店 著者:たらちねジョン 既刊3巻

夫と死別して独りとなった65歳の茅野うみ子が、映画制作に挑戦する姿を描いた漫画です。1巻発売時にSNSで話題となり、即日重版が決定。1巻のみで12万部を突破した話題作です。このマンガがすごい!2022オンナ編1位に選ばれたほか、テレビや新聞、雑誌など多数のメディアで紹介されています。

65歳を過ぎて夫を亡くしたうみ子は、夫との初デートを思い出し、数十年ぶりに映画館を訪れました。そこで偶然、映像専攻の美大生・海と出会ったことにより、うみ子は自分が「映画が撮りたい側」の人間なのだと気付き、映画の海へとダイブしていきます。

情緒あふれる繊細なキャラクターや情景描写が魅力です。何歳からでも何かを始めるのは遅くないということに気付かされ、心を動かされる読者が多く、年代性別問わず高評価を得ている傑作。勇気がもらえて前向きになれるような漫画を探している方におすすめです。

第8位 ブルーピリオド

講談社 著者:山口つばさ 既刊12巻

芸術系では国内最難関・東京藝術大学の合格を目指し、主人公・矢口八虎たちが青春を燃やす、熱くて泣ける“アート系スポ根物語”です。2017年から『月刊アフタヌーン』で連載中の人気作品。マンガ大賞やこのマンガがすごい!、講談社漫画賞総合部門など各賞を受賞しており、2021年にはアニメ化もされています。

成績優秀でスクールカースト上位の八虎は、どこか空虚な焦燥感を感じながら生きていました。ある日、美術室である1枚の絵に心を奪われます。その衝撃から、八虎は美しく厳しい美術の世界へ身を投じていくのです…。

著者自身が東京藝術大学出身で、美術のノウハウやうんちくも満載なのが見どころ。好きなことに打ち込み、高みを目指す八虎たちの悩みや苦しみ、喜びなどが描かれ、胸を熱くする読者が多くいます。美術が好きな方や、何かに情熱を傾けたい方におすすめの傑作です。

第9位 ウマ娘 シンデレラグレイ

集英社 著者:久住太陽 既刊7巻

『週間ヤングジャンプ』にて連載中の競馬漫画です。ゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』から人気が広がり、マンガやアニメも大ヒット。競走馬と同じく耳があり、尾があり、超人的な脚がある少女「ウマ娘」たちが地方から中央の伝説を目指し、青春を「駆ける」シンデレラストーリーです。

物語の舞台は、優れたウマ娘がおらず寂れた、岐阜県にあるカサマツの地。ウマ娘を指導・育成するトレーニングセンター学校「カサマツトレセン学園」に、灰被りの少女・オグリキャップが入学してきました。後に“怪物”と呼ばれる彼女はどこを目指して走るのでしょうか。

鬼気迫るレースの様子や、常識外れの脚力で周囲を圧倒するオグリキャップの姿に心を掴まれる読者も多い作品。一瞬一瞬の躍動感が鮮明に描かれており、ゲームとはひと味違う臨場感を味わえます。かわいらしく、かっこよさもある少女が活躍する、話題作に触れたい方におすすめです。

第10位 マッシュル-MASHLE-

集英社 著者:甲本一 既刊12巻

2020年から『週刊少年ジャンプ』で連載中の、アブノーマルな魔法ファンタジー漫画。2023年にアニメ化が決定した話題作で、全世界の発行部数は300万部を突破しています。

物語の舞台は、誰もが魔法を使い、優劣はすべて魔法で決められている世界。マッシュ・バーンデッドは、魔法が使えない少年で、人里離れた森のなかで平穏に暮らしていました。しかし、ある日こっそり街に出た彼が、魔法が使えないことを他人に知られてしまったとき、日常は一変します。

なぜか、マッシュは魔法学校に入学し、トップを目指すことになり…。彼の鍛え上げた筋肉やパワーで、すべての魔法を粉砕していきます。

マッシュがさまざまな苦境を、己の持つ筋肉で解決してしまう様子が面白く、笑いながら読める傑作。ギャグ要素の強いファンタジーが気になる方におすすめです。

面白い漫画のおすすめランキング|完結済みの作品

第1位 鬼滅の刃

集英社 著者:吾峠呼世晴 全23巻完結

人と鬼との戦いや切ない物語を描き、“新たな少年漫画の金字塔”といわれる話題作です。累計発行部数は1億5000万部を突破。映画の興行収入は日本映画史の記録を塗り替えて1位になり、アニメも放映のたびにSNSで話題になるなど、「鬼滅ブーム」といわれる社会現象を巻き起こしました。

ときは大正時代、炭を売って家族と暮らす心優しい少年・竈門炭治郎の日常は、彼が不在の間に家族を皆殺しにされたことで一変します。唯一生き残ったものの、鬼に噛まれたことで同じように鬼になってしまった妹・禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために、炭治郎は禰豆子を連れて旅立つのです…。

鬼気迫る鬼との戦闘シーンや、切なくはかない感動シーン、魅力的なキャラクターたちのコミカルなシーンなど、さまざまな要素を楽しめる傑作。年代性別問わず高い人気を有する、話題の作品に触れたい方におすすめです。

第2位 ゴールデンカムイ

集英社 著者:野田サトル 全31巻完結

明治末期、日露戦争が終わった直後の北海道周辺を舞台に、莫大な埋蔵金をめぐる生存競争を描いたサバイバル漫画です。2014年に『週刊ヤングジャンプ』で連載がスタートし、2022年4月に完結。アニメの4期が予定されており、実写映画化も決定しているなど話題の尽きない作品です。

日露戦争で死線をくぐり抜け、「不死身の杉元」の異名を持つ元兵士・杉元佐一。彼はある目的のために大金を欲し、一攫千金を目指してゴールドラッシュに沸いた北海道へと足を踏み入れます。

北海道で杉元を待っていたのは、網走監獄の死刑囚が隠した、莫大な埋蔵金への手がかりでした。杉元と、壮大で雄大な大自然や凶悪な死刑囚との戦いを描いています。

緊迫感のあるシリアスなシーンも多い一方で、アイヌの少女・アシㇼパや個性的なキャラクターたちによるギャグ要素も楽しめるのが魅力。歴史ものやサバイバルものの大ヒット作品に興味がある方におすすめです。

第3位 進撃の巨人

講談社 著者:諌山創 全34巻完結

人を食らう巨人が支配する世界を舞台に、人類と巨人との戦いを描いた、SF・ダークファンタジー漫画。『別冊少年マガジン』で2009~2021年まで連載されました。アニメや実写映画、ゲームなどさまざまなメディアミックス作品が展開され、累計発行部数は1億部を突破しています。

巨人の餌と化した人類は、50mの巨大な壁を築くことで、屋外への自由と引き換えに巨人の侵略を防いでいました。しかし、ある日壁を超える超大型巨人が出現し、壁の一部が破壊され、絶望の闘いが始まってしまいます。

壁外の世界を夢見ていた主人公のエレン・イェーガーは、目の前にいた母親を巨人に食われてしまい、救えなかった己の無力さを実感。そして、巨人への憎しみを募らせていくのです…。

巨人という理不尽な存在に不自由を強いられながらも、勇敢に立ち向かっていくエレンと仲間たちの姿に、胸を打たれる読者が多い作品。ホラー要素もありますが、ミステリーやサスペンス要素も楽しめます。迫力に満ちた名作に触れたい方におすすめです。

第4位 チ。-地球の運動について-

小学館 著者:魚豊 全8巻完結

地動説の証明に、命と自分の信念をかけて挑む人々を描いた漫画。手塚治虫文化賞のマンガ大賞を受賞したほか、マンガ大賞には2年連続入賞もしています。マッドハウス制作でアニメ化も決定しており、話題の尽きない作品。累計発行部数は約250万部を突破しています。

物語の舞台は15世紀ヨーロッパで、異端思想は火あぶりに処せられていたP王国。神童とされる孤児のラファウは、飛び級で入学する予定の大学で、1番重要といわれている神学の専攻を期待されていました。

そんなある日、ラファウのもとに現れた謎の男が研究していたのは、まさに異端思想とされる、ある「真理」だったのです…。

心理を求めて奮闘するキャラクターたちの、情熱や力強さに胸が熱くなります。哲学的な物語ですが、エンターテインメント性も高く仕上げられており、読みやすいのもポイント。ヒューマンドラマの話題作に触れたい方におすすめです。

第5位 タコピーの原罪

集英社 著者:タイザン5 上下巻完結

宇宙から来たハッピー星人の「タコピー」と、いじめや家庭崩壊などの小学生ドラマを描いた、SF・サスペンス漫画です。2021年12月から『少年ジャンプ+』で連載が開始され、2022年3月に完結。最終話は約1日で300万PVを突破し、累計発行部数は120万部を突破した大ヒット作品です。

ハッピーを広めるために、故郷「ハッピー星」に別れを告げ、地球に降り立ったタコピー。捕獲されそうになったり、食べ物もなかったりと大変な思いをしていたところ、小学4年生の笑わない少女・しずかちゃんにパンをもらい助けられます。

彼女の笑顔を取り戻すために奔走するタコピーでしたが、彼女を取り巻く環境は壮絶なものでした。ただ、しずかちゃんに笑ってほしかった、無垢なタコピーが犯す罪とは何なのでしょうか。

かわいいタコピーの姿とは対照的に、重いショッキングなストーリーがポイントです。SNSでも大反響を呼んだ、衝撃作に触れたい方におすすめ。上下巻構成なので、短いシリーズのマンガを求める方にも向いています。

第6位 鋼の錬金術師

スクウェア・エニックス 著者:荒川弘 全27巻完結

禁忌の人体錬成を冒し、体を失った錬金術師の兄弟の旅を描いた、ダークファンタジー漫画の金字塔。アニメや実写映画など、さまざまなメディアミックス作品も人気を博しました。“ハガレン”の略称で長年親しまれており、累計発行部数は8000万部を突破しています。

幼いころに病気で亡くなった母をよみがえらせるため、人体錬成を試みた、兄のエドワード・エルリックと弟のアルフォンス。しかし、錬成は失敗したうえ、エドワードは左足を失くし、アルフォンスを失ってしまいます。

そこで、エドワードは自身の右腕を代価として、アルフォンスの魂を錬成し、鎧に定着させることに成功。絶望のふちに立たされながらも、2人はすべてを取り戻すための旅に出るのです…。

悲しみや苦しみなど重いものを背負ったキャラクターたちが、過去と向き合い、前を向こうとする姿に心打たれます。また、壮大で独特な世界観や心に刺さるセリフなども魅力。力強い画力や秀逸な構成力などがあり、面白い理由にもうなずける、おすすめの作品です。

・完全版 全18巻完結

第7位 金色のガッシュ!! 完全版

クラーケンコミックス 著者:雷句誠 全16巻完結

天才で孤独な中学生・高嶺清麿と、魔物の子供・ガッシュの物語を描いた、ファンタジー系のバトル漫画です。『週刊少年サンデー』で2001~2008年まで連載され完結。アニメや映画、ゲームなどメディアミックス作品も多数展開され、人気を博しました。

2022年には電子書籍で『金色のガッシュ!!2』が連載開始されたほか、原画展の開催も決定しており、話題沸騰中。累計発行部数は2200万部を突破しています。

清麿は天才がゆえに、周りから疎まれ孤立し、学校に行かなくなっていました。ある日突然、彼の部屋にオオワシに連れられた子供が飛び込んできます。彼の名はガッシュ・ベル。魔界の王を決めるべく、魔界から世界中に送り込まれた子供のうちの1人でした。

王になるためには人間とコンビを組み、それぞれが持つ「魔本」を燃やし合い、100組のうちの最後の1組として残らなければなりません。ガッシュと清麿が、過酷な戦いを助け合いながら乗り越え、成長していきます。

熱い戦いや感涙必至のシーン、名言ともされるセリフも多く、読者の心を震わせてきたおすすめの傑作。クセが強く愉快なキャラクターも出てくるなど、コメディー要素も楽しめます。

第8位 闇金ウシジマくん

小学館 著者:真鍋昌平 全46巻完結

2004~2019年まで『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載され、惜しまれつつ完結した、“国民的ダークヒーロー漫画”と評される作品。小学館漫画賞を受賞しており、ドラマ化作品や映画化作品も人気を博し、累計2100万部を突破しています。

主人公は、10日で5割(トゴ)という違法な高金利で金を貸す闇金業者「カウカウファイナンス」の社長・丑嶋。彼は自ら指揮を執り、日々徹底した取り立てで、業務拡大にまい進していきます。そして、後がないワケありの債務者たちを、容赦なく追い込んでいくのです…。話ごとにさまざまな債務者の運命を描いています。

真鍋昌平自身の綿密な取材により、人間の欲望と社会の闇を織り込み描いた秀作。リアルで残酷な物語に恐ろしさを感じるものの、お金を稼ぐことや使うことの意味について、丑嶋が教えてくれるおすすめの漫画です。

第9位 ザ・ファブル

講談社 著者:南勝久 全22巻完結

天才的な殺し屋・ファブルがある事情により、一般人として過ごす日常を描いた、アクションコメディー。2017年に講談社漫画賞を受賞しました。

2019年に完結しましたが、第2部『ザ・ファブル The second contact』が連載中。シリーズ累計1600万部を突破しています。実写映画は第2弾まで制作され、多くの著名人の間で“今一番面白いマンガ”と絶賛されている話題作です。

鈍色の愛銃「ナイトホーク」を手に、どんな敵も鮮やかに葬り去るファブル。彼は、日々相棒の女と、裏社会の仕事をこなしていました。しかし、ある日突然ボスの命令を受け、「佐藤明」として新しい生活を送るはめになるのです…。

「殺しの天才が殺さない」をメインテーマに描いており、ファブルが普通にバイトをしたり、ペットのインコをかわいがったりとシュールな雰囲気をかもし出しているのが魅力。戦闘の緊張感と日常のゆるさが融合した、おすすめの作品です。

第10位 甘々と稲妻

講談社 著者:雨隠ギド 全12巻完結

あたたかい親子の絆を「食」の楽しさを通じて描き、人気を博した「トライアングルホームドラマ」です。2013~2019年まで『good!アフタヌーン』にて連載され、連載初回から話題沸騰。アニメ化もされ、累計発行部数は300万部を突破しています。

高校教師の犬塚は、妻を失くしてから、5歳の娘・つむぎの単身子育てに奮闘する日々を送っていました。料理が苦手で味オンチな犬塚は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と一緒にご飯を作り、つむぎと3人で食べることになるのです…。

ごく普通の食卓の幸せを知り、不器用な親子が成長していく様子に、胸を熱くする読者も多い作品。心あたたまる、穏やかな漫画を読みたい方におすすめです。

面白い漫画のおすすめランキング|王道バトル漫画

第1位 ONE PIECE

集英社 著者:尾田栄一郎 既刊103巻

「ひとつなぎの大秘宝」を目指し、海賊「麦わらの一味」が繰り広げる海洋冒険ロマンです。『週刊少年ジャンプ』で1997年から連載中で、国内外で絶大な人気を誇る看板作品。既刊100巻を超えており、累計発行部数は5億部を突破しており、日本一売れている漫画です。

世は伝説の海賊王、G・ロジャーの遺した「ひとつなぎの大秘宝」をめぐり、多くの海賊たちが戦う大航海時代。海賊に憧れる少年、モンキー・D・ルフィは悪魔の実を食べたことで、体がゴムのように伸びるゴム人間になってしまいます。

ある日、偉大な海賊・シャンクスに助けられ、いつかこんな男になりたいと心から思ったルフィ。そんな彼に、シャンクスは海での再会を約束し、麦わら帽子を預けて出航していきました。それから10年、ルフィは“海賊王に、おれはなる!!!”と宣言し、1人大海原へ漕ぎ出すのです…。

冒険のワクワク感や、個性的で魅力的なキャラクターたちとの絆、迫力ある戦闘シーンなど数え切れないほどの見どころがあります。人気の理由が納得できる、おすすめの傑作漫画です。

第2位 HUNTER×HUNTER

集英社 著者:冨樫義博 既刊36巻

ジャンプ漫画のなかでも屈指の人気を有する、壮大な冒険物語です。1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載がスタート。2018年から休載していますが、2022年5月には著者の冨樫義博がTwitterを開設したことが大きな話題となりました。アニメやゲームなど、さまざまなメディアミックス作品が展開されています。

主人公は、くじら島に住む少年・ゴン=フリークス。父・ジンと同じハンターになるため、また、父に会うために過酷な「ハンター試験」を受けます。同じくハンター試験合格を目指す仲間、レオリオ・クラピカ・キルアとともに、次々と難関を突破していきますが…。

高い画力や個性的なキャラクター、予想外の展開など、ワクワクしながら読める、王道という呼び声も高い傑作。初めてバトルマンガを読む方や、王道の少年漫画を読みたい方におすすめです。

第3位 ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド 集英社文庫 コミック版

集英社 著者:荒木飛呂彦 全3巻完結

第1部の主人公であるジョナサン・ジョースターと、敵のディオ・ブランドーの因縁から始まる、「人間讃歌」がテーマの物語です。1987年から『週刊少年ジャンプ』で連載がスタート。2人の因縁は彼らの子孫まで巻き込み、主人公を変えながら100年以上続いています。

ご長寿シリーズものとして有名で、シリーズを合わせると既刊は100巻を超え、累計1億部を突破しました。2021年に第8部が完結しましたが、荒木飛呂彦は続編の『JOJOLANDS(仮)』の執筆を発表。アニメ・実写映画などメディアミックス作品も多数展開されています。

イギリス貴族・ジョースター家の一人息子として生まれたジョナサン。紳士となることを目指し、何不自由ない暮らしを送っていました。しかし、その生活は「侵略者」ディオ・ブランドーが現れ、一変するのです。ことあるごとにジョジョを陥れる、ディオの傍らには不気味な仮面がたたずみます。

作品を知らない方にも有名なセリフの数々や、独特なポーズ、擬音、華麗な作画力など魅力が多く、国内外で評価の高い名作。恐怖に打ち勝つ精神や、困難に立ち向かう勇気などが描かれており、力強さを感じられるおすすめの漫画です。

第4位 キングダム

集英社 著者:原泰久 既刊65巻

紀元前、春秋戦国時代の中国が舞台の中華戦国大河ロマンです。手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞作で、『週刊ヤングジャンプ』のなかでも人気が高く、累計9000万部を突破している大ヒット作品。ゲーム化やアニメ化されたほか、2022年には実写映画第2弾も公開されました。

未だ一度も統一されたことがなく、500年の大戦争時代を迎えている中国大陸。戦国七雄のひとつ秦国に住む、戦争孤児で身寄りのない少年・信と漂は、集落の長の家で奴隷のような暮らしをしています。

そんな彼らは、いつか天下一の将軍になることを夢見て、日々修行に励んでいました。そして、2人がある日偶然秦国の大臣・昌文君に出会ったことから、運命の歯車が動き出すのです…。

敵味方ともに多くの魅力的なキャラクターが出てくる点や、武力だけでなく戦略や戦術で勝ち進んでいく点などに魅了される読者が多い傑作。歴史漫画が初めての方にもおすすめです。

第5位 僕のヒーローアカデミア

集英社 著者:堀越耕平 既刊35巻

超ド級ヒーローアクションといわれる、『週刊少年ジャンプ』で2014年から連載中の人気漫画。“ヒロアカ”の略称で親しまれています。次にくるマンガ大賞や、このマンガがすごい!など各賞を受賞。アニメやゲームなどのメディアミックス作品が展開されているほか、ハリウッドでの実写映画化も予定されています。

世界総人口の約8割が、何らかの超常的な特異体質「個性」を持つ世界。個性を悪用する敵「ヴィラン」を、圧倒的な力で取り締まる職業「ヒーロー」が憧れの的となっていました。主人公・緑谷出久(デク)も、ヒーローになることを夢見ていましたが…。

デクがヒーローを輩出する名門校・雄英高校に入学し、ヒーロー科のクラスメイトたちとともに成長していく物語です。

十人十色の「個性」がぶつかり合う戦闘シーンや、未熟なデク含むヒーローたちが成長していく姿に、ワクワクしながら読み進められるのが魅力。ヒーローものが好きな方は必見のおすすめ漫画です。

第6位 NARUTO-ナルト-

集英社 著者:岸本斉史 全72巻完結

国内外で熱狂的な人気を有する、忍者を題材としたバトルアクション漫画。1999~2014年まで『週刊少年ジャンプ』で連載されており、72巻で完結しました。アニメや映画なども人気で、累計発行部数は2億5000万部を突破しています。

2016年からは、主人公・うずまきナルトの息子であるボルトを中心とした『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』が連載中です。

木ノ葉隠れの里の忍術学校に通い、イタズラ三昧の毎日を送っていた問題児のナルト。そんな彼の夢は里一番の忍者「火影」の名を受け継ぎ、先代を超える忍者となることでした。しかし、ナルトには出生の秘密があり…。

ナルトが忍として大きく成長していく物語。彼の一生懸命でまっすぐな姿や、仲間たち、家族や師弟などさまざまなキャラクターとの絆などを感じられ、心打たれる読者も多い傑作。笑いあり涙ありの感動超大作に触れたい方におすすめです。

第7位 BLEACH

集英社 著者:久保帯人 全74巻完結

2001~2016年に『週刊少年ジャンプ』で連載され、人気を博したバトルアクション漫画。アニメ・映画をはじめとしたメディアミックス作品を含めて大ヒットし、累計発行部数は1億3000万部を突破しています。2022年にシリーズ最終章「千年血戦篇」のアニメが放送予定など、完結後も根強い人気を誇る名作です。

15歳の黒崎一護は、ユウレイが見える特異体質を持ちながらも、安穏な日々を送っていました。そんなある日、突然「尸魂界(ソウル・ソサエティ)」からやってきて、自らを死神と名乗り、悪霊退治をするためやってきたという少女・朽木ルキアと遭遇します。

最初は信じていなかった一護。しかし、実際に「虚(ホロウ)」と呼ばれる悪霊に襲われてしまい、次々と倒れる家族の姿を目の当たりにした彼は…。

斬新な作画や非日常感あふれる世界観、洗練された作画、出てくる技のかっこよさなどにより“おしゃれ漫画”とも評される名作。王道のジャンプバトル漫画に触れたい方におすすめです。

第8位 怪獣8号

集英社 著者:松本直也 既刊7巻

怪獣の発生率が世界でも指折りの、「怪獣大国」となっている日本を舞台にしたバトル漫画。2020年から『少年ジャンプ+』で連載されている人気作品で、ジャンプ史上最速3000万閲覧数を突破しました。2022年にはこのマンガがすごい!オトコ編3位にランクインしています。

容赦なく怪獣が日常を侵している日本。かつては怪獣討伐を担う「日本防衛隊員」を目指していたものの、今は討伐し終えた怪獣の後片付けをする「怪獣専門清掃業」で働く、32歳の日比野カフカが主人公です。

そんなある日、カフカは謎の生物に体に侵入されたことにより、身体が怪獣化。日本防衛隊からコードネーム“怪獣8号”と呼ばれる存在となるのです…。

ストーリーのテンポ感がよいのに加え、シリアスな戦闘シーンと笑えるシーンが織り交ぜられており、読みやすいのが魅力。怪獣たちと戦うカフカに、王道のジャンプヒーローらしさを感じられます。ダークヒーローや怪獣ものが好きな方におすすめです。

第9位 アンデッドアンラック

集英社 著者:戸塚慶文 既刊12巻

前代未聞といわれる、異能×異能の異色バディが繰り広げる、ファンタジーバトル漫画です。2020年に『週刊少年ジャンプ』で連載スタート。次にくるマンガ大賞2020では、コミックス部門で1位を獲得しています。

死を覚悟した不運(アンラック)な少女・風子の前に現れたのは、不死(アンデッド)の男。死ぬことを願う彼は、触れた者に不運を呼ぶ風子の力を使って死ぬために、風子とともに行動することを決めます。しかし、2人にはある組織からの追っ手が迫っており…。

アンデッドのアンディと、アンラックの風子によるボーイミーツガールの物語です。また、異能力を持つ者同士のバトルシーンや、軽快なコメディーなどジャンプ漫画の王道ながらも、新しさを感じられるのが魅力。規格外のピカレスク・ヒーローが活躍する注目作に触れたい方におすすめです。

第10位 ドリフターズ

少年画報社 著者:平野耕太 既刊6巻

戦国武将・島津豊久を主人公として、古今東西の英雄たちが活躍するSFアクション漫画です。『月刊 YOUNG KING OURS』にて連載中。アニメ化されたほか、原画展も開催されるなど人気の高い作品です。

物語の舞台は、紀元1600年、天下分け目の関ヶ原。島津豊久は、敵陣突破の撤退戦「島津の退き口」「捨てがまり」で敵将の首を狙っていました。

重傷を負った豊久は、奇妙な空間へ足を踏み入れ、現実ではない異世界に送り込まれてしまいます。目を覚ました彼が出会ったのは、既に亡くなっているはずの織田信長と那須与一で…。

迫力のある戦闘描写や、個性のある魅力的なキャラクターなどに多くの読者が惹きつけられている作品。さまざまな時代の英雄たちが出てくるため、歴史ファンやかっこいいヒーローたちの活躍を見たい方におすすめです。

面白い漫画のおすすめランキング|ラブコメ・恋愛漫画

第1位 かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

集英社 著者:赤坂アカ 既刊26巻

新感覚の「頭脳戦」ラブコメ漫画です。両想いのはずのプライドが高い2人が知略をめぐらせ、相手に告白させようと画策する物語。アニメ化は3期まで制作されているほか、実写映画化もされており、累計発行部数は1700万部を突破しました。

物語の舞台は家柄も人柄もよい、秀才が集う秀知院学園。その生徒会で出会った副会長・四宮かぐやと、会長・白銀御行は互いに惹かれているはずですが、何もなく半年が経過します。

“好きになった方が負け”と思い込み、プライドが邪魔をして素直になれない2人は、面倒くさいことに“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになっていたのです…。

当人たちは真剣に心理戦をしているものの、周囲から見るとかわいらしいやり取りがポイント。また、生徒会メンバーとの関係性に心あたたまったり、時折あるシリアスなシーンに感動したりと、さまざまな魅力があります。ギャグ要素もあり、面白く読めるおすすめの作品です。

第2位 ヲタクに恋は難しい

一迅社 著者:ふじた 全11巻完結

イラストや漫画の投稿・閲覧サイト「pixiv」の連載からスタートし、人気に火がついたラブコメ漫画。隠れ腐女子とゲームヲタクという、ヲタク同士の恋愛を描いています。

次に来るマンガ大賞2014の本にして欲しいWebマンガ部門第1位、pixiv内のオリジナルコミックブックマーク数が歴代1位になるなど話題を呼びました。アニメ・実写映画などメディアミックス作品も人気を博し、累計発行部数は1200万部を突破しています。

会社では腐女子ということを隠しているOLの成海。ある日、転職先でルックスよく万能なものの、重度のゲームヲタク・宏嵩と再会します。とりあえず付き合い始めた2人ですが、ヲタク同士の不器用な2人に、真面目な恋愛は難しかったのです…。

素直になれない成海と宏嵩の、もどかしい恋愛模様に胸キュン要素が満載の作品。また、ヲタク用語が満載で、多くの読者の共感を呼んでいるおすすめの漫画です。

第3位 よふかしのうた

小学館 著者:コトヤマ 既刊12巻

『週刊少年サンデー』連載中で、連載開始から大反響を呼んだ「ふたり たのし よふかし ラブストーリー」。タイトルはCreepy Nutsの楽曲『よふかしのうた』からきています。2022年にはアニメ化もされ、同楽曲がエンディングテーマとなりました。

何となく不登校中で、不眠が続く中学2年生の夜守コウは、ある日初めて夜に誰にも言わず外に出ます。夜風が気持ちよく、自由で、昼間とは違う世界にコウは居場所を見つけました。

すると、突然彼の前に謎の美少女・七草ナズナが現れます。彼女の正体は夜の住人・吸血鬼でした。次第にナズナに魅了されていくコウは、彼女に“俺を吸血鬼にしてください”と頼みます。その吸血鬼になる条件は、人が吸血鬼に恋をすることで…。

まだ恋を知らないコウが、ナズナに恋をしようと奮闘する物語。吸血鬼ものに一石を投じる、独特の世界観が魅力のおすすめ漫画です。

第4位 からかい上手の高木さん

小学館 著者:山本崇一朗 既刊18巻

恋愛に奥手な中学生男子が、学校で隣の席の高木さんにからかわれるという日常を描いた漫画です。2021年に小学館漫画賞の少年向け部門を受賞。『ゲッサン』で連載中の人気作品で、「〇〇さん系」の先駆けともいわれています。

アニメは3期まで制作され、2022年には映画化もされるなど、メディアミックス作品も人気。累計発行部数は1100万部を超えるベストセラー作品です。

ある中学校で、隣の席になった高木さんに何かとからかわれる西片。どうにかして、彼女をからかい返そうと日々奮闘していますが、いつも高木さんに見透かされてしまいます。

からかわれて動揺する西片のかわいさ、ほのかににじむ高木さんの彼への好意に、「ニヤキュン」する読者が多い作品。もどかしくて面白い、ムズキュンの青春ラブコメに触れたい方におすすめです。

第5位 明日、私は誰かのカノジョ

小学館 著者:をのひなお 既刊11巻

彼女代行としてお金を稼ぐ女子大生と、彼女たちに魅せられた男たちのビターな恋愛漫画です。Webマンガアプリ『サイコミ』で連載中。女性を中心にリアルに描かれた現代の恋愛観が共感を呼び、累計300万部を突破した話題作です。2022年にはドラマ化もされました。

1巻には代行彼女・雪と、本当の彼女のフリをしてほしいと雪をレンタルした、若いサラリーマン・壮太との歪な恋愛を描いた物語が収録。章ごとにさまざまな悩みや葛藤を抱えた「彼女」たちが登場します。

共感を呼びやすい現代の女性像を描いており、考えさせられる作品。作画の美しさにも定評があります。SNS上でも人気が高い、リアルなラブストーリーを読みたい方におすすめです。

第6位 少年のアビス

集英社 著者:峰浪りょう 既刊9巻

「心中」をテーマに描かれた、「ワールドエンド・ボーイミーツガール」漫画です。2020年から『週刊ヤングジャンプ』で連載中。2022年にはドラマ化も決定しており、累計発行部数は100万部を突破しています。

高校生の黒瀬令児は、何もない街、何も変わらない日々のなかでただ生きていました。家族や将来の夢、幼なじみ、どれもが彼をこの町に縛りつけています。令児はこのままただ生きていくと思っていましたが、彼女と出会って変わり始めるのです…。

人間の奥深くにある欲望や本性を描いた、生きる意味を問う衝撃作。重い闇を抱えた登場人物たちの、ドロドロした愛憎劇が繰り広げられるものの、きれいにまとめられています。闇深い、考えさせられる漫画を読みたい方におすすめです。

第7位 青野くんに触りたいから死にたい

講談社 著者:椎名うみ 既刊9巻

幽霊と女子高生という、絶対に結ばれない2人のホラーラブストーリーです。講談社のWeb漫画サイト「モアイ」に掲載された1話目が、30万PVを突破した話題作。2022年にはドラマ化もされました。

天然少女・刈谷優里は、隣のクラスの青野龍平のことを好きになり、いきなり告白します。それから、ごく普通のお付き合いをしていた2人ですが、ある日青野くんは交通事故で突然亡くなってしまい…。

絶対に触れあえない2人の恋愛模様が、ユーモアと狂気を織り交ぜて描かれているのがポイント。10代の2人のほほえましいピュアな恋愛模様も楽しめます。切なくて怖い、新感覚の恋愛漫画に触れたい方におすすめです。

第8位 ワンナイト・モーニング

少年画報社 著者:奥山ケニチ 既刊7巻

「恋愛」と「食欲」をテーマに描いており、一夜をともに過ごした男女がささやかな朝ご飯を食べる、グルメラブストーリー。オムニバス形式で描かれた漫画で、さまざまな境遇があり、さまざまな心情を抱えた男女が登場します。『ヤングキング』にて連載中で、2022年にドラマ化されました。

多くの話が10年間思い続けた同級生との再会、マッチングアプリで出会った人との初デートなど、一夜限りの関係を描いています。

刹那的な関係の寂しさを感じられるなかで、おにぎり・肉まん・ハニートーストといった朝ご飯がアクセントとなっているのがポイント。短編集のため、サクッと漫画を読みたい方におすすめです。

第9位 わたしの幸せな結婚

スクウェア・エニックス 原作:顎木あくみ 漫画:高坂りと 既刊3巻

「小説家になろう」発で、和風シンデレラストーリーといわれる、人気の恋愛小説を漫画化した作品。アニメ化や実写映画化も決定しており、シリーズ累計400万部を突破している話題作です。

異能者家系で歴史ある名家の長女として、異能を受け継がず生まれた斎森美世。母は病でこの世を去り、父がかつての恋人と再婚したことで、何もかもが変わってしまいます。彼女は、継母と能力を開花させた異母妹・香耶から、使用人以下の扱いを受けて暮らしていました。

ある日、美世の唯一の味方だった幼なじみ・辰石幸次が香耶と結婚し、家を継ぐことになります。そして、邪魔者となった美世は、冷酷無慈悲と噂されている軍人・久堂清霞のもとへ嫁入りすることになり…。

自己肯定感が低い美世が清霞と一緒に暮らし、さまざまな困難に立ち向かううちに距離を縮めていき、自身も変わっていくのがポイント。多くの読者が胸キュンする、ラブロマンスやファンタジーに興味がある方におすすめです。

第10位 その着せ替え人形は恋をする

スクウェア・エニックス 著者:福田普一 既刊9巻

コスプレを題材としたラブコメ漫画。“着せ恋”と呼ばれ親しまれています。『ヤングガンガン』にて連載中で、2022年にはアニメ化もされている人気作品です。

雛人形の顔を作る「頭師」を目指して修行中の男子高校生・五条新菜。彼は趣味が雛人形のため、クラスになじめず、いつも友人の輪の中心にいるギャル系美少女・喜多川海夢を別世界の住人だと思っていました。ある日、雛人形の着物を作るため、放課後に被服実習室で作業をしていると、そこに海夢が現れて…。

さまざまな「好き」の形を描いており、趣味の幅広さや、人によって異なる趣味を尊重することの大切さを教えてくれる作品です。作画のかわいらしさも好評。ラブコメが好きな方に限らず、好きなものや趣味がある方におすすめです。

面白い漫画のおすすめランキング|スポーツ漫画

第1位 SLAM DUNK

集英社 著者:井上雄彦 全31巻完結

国民的人気を誇るバスケットボール漫画。1990~1996年に『週刊少年ジャンプ』で連載されました。累計1億2000万部を突破している、大ベストセラー作品です。

小学館漫画賞少年部門受賞や、日本のメディア芸術100選のマンガ部門1位など高評価を獲得。完結後も愛され続けており、2022年には映画化が決定しています。

不良と敬遠されている桜木花道は、中学3年間で50人の女の子にフラれました。そんな彼が湘北高校に入学し、声をかけてきた女の子・赤木晴子に性懲りもなく一目ぼれします。彼女の“バスケットはお好きですか?”という問いが、花道の高校生活を変えることになるのです…。

優れたストーリー性や迫力ある試合の描写、絵柄などが多くの読者の反響を呼び、当時“流行しない”といわれていたバスケットボール漫画を大ヒットさせました。作品を知らない方にも有名な、名シーンや名ゼリフが多数出てくるのもポイント。スポーツ漫画に興味があるなら読んでおきたい、おすすめの名作です。

・新装再編版 全20巻完結

第2位 ハイキュー!!

集英社 著者:古舘春一 全45巻完結

2012~2020年まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、人気絶頂で完結したバレーボール漫画。アニメ化や映画化もされ、今も関連グッズが展開され続けているなど人気が衰えない作品です。累計発行部数は5000万部を突破しています。

幼少期、テレビでバレーボールに魅せられ、中学では男子バレー「愛好会」に入った日向翔陽。中学3年の時、最初で最後の公式戦に挑んだものの、「コート上の王様」の異名を持つ天才セッター・影山に惨敗してしまいます。そして、高校1年になった翔陽はリベンジを誓い、烏野高校バレー部の門を叩きますが…。

中学では1人だった翔陽が仲間と出会い、チームの一員として強くなっていく姿、強敵との試合をチームで乗り越えていく姿などが描かれています。王道スポーツマンガの名にふさわしい名作。臨場感あふれるバレーの描写も魅力のおすすめ作品です。

第3位 ブルーロック

講談社 原作:金城宗幸 漫画:ノ村優介 既刊20巻

日本のW杯優勝に向けて立ち上げられた、「最強のストライカー」育成プロジェクトを描いたサッカー漫画。2018年から『週刊少年マガジン』にて連載中です。2021年には講談社漫画賞の少年部門を受賞し、2022年にはアニメ化も決定。累計発行部数は830万部を突破しています。

2018年のW杯、日本代表はベスト16止まりで敗退してしまいました。課題は絶対的なエースストライカーの不在。試合を一変させ、W杯優勝へ日本を導くような革新的な1人を作るため、日本フットボール連合は300人のユース年代の選手達を招集します。

そのうちの1人、一灘高校サッカー部2年で無名の潔世一は299人を蹴落とし、エースストライカーになれるのでしょうか。

300人のなかで生き残らなければならないというサバイバル要素がある、まったく新しいタイプのスポーツ漫画。それぞれが自分の「エゴイスト」を持ったキャラクターたちがぶつかり合い、成長していく様子に熱くなれます。今勢いのある、おすすめの作品です。

第4位 アオアシ

小学館 著者:小林有吾 既刊28巻

Jリーグの下部組織「Jユース」の世界に光を当てた、“いまもっともアツいサッカー漫画”と呼ばれる作品です。2015年から『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載中。2020年に小学館漫画賞一般向け部門を受賞し、2022年にはアニメ化もされています。

愛媛に暮らす中学3年生の青井葦人(あおいアシト)は、粗削りながらも、強烈なサッカーの才能を秘めていました。しかし、彼は中学最後の大会で負け、推薦枠も取り消しになるなど、大きな挫折を経験します。

そんなアシトの前に、東京の強豪Jリーグユースチームの監督・福田達也が現れ、アシトに自チームの入団試験「セレクション」を受けるように勧めて…。

小林有吾が取材をして描いたリアルな描写、スポーツマンガの王道かつ胸が熱くなるストーリー、躍動感あふれる爽やかな画など魅力の多い傑作。中学生ごろから大人まで、サッカー初心者でも楽しめるおすすめの漫画です。

第5位 弱虫ペダル

秋田書店 著者:渡辺航 既刊79巻

自転車競技がテーマのスポーツ漫画です。2008年から『週刊少年チャンピオン』にて連載中で、2015年には講談社漫画賞少年部門を受賞。実写映画や舞台などメディアミックス作品も数多く、2022年にはアニメ5期の放送が予定されています。累計2500万部を超えるベストセラー作品です。

主人公の小野田坂道は、アニメにゲーム、ガシャポンフィギュアを愛する千葉県立総北高校1年生。アニメグッズを買うため、住んでいるところから45km以上ある秋葉原まで、ママチャリで通っていました。

ある日坂道は、学校の裏にある斜度20%以上と急な「裏門坂」で、鼻歌まじりにママチャリを漕いでいるところを、自転車競技部の今泉俊介に目撃され…。

本作品をきっかけに、自転車競技に興味を持った読者も多く、自転車ブームの火付け役ともされています。キャラクター1人1人のエピソードが詳細に描かれており、青春群像劇を楽しめるのも魅力。ワクワクドキドキしながら読める、おすすめのスポ根漫画です。

第6位 ダイヤのA

講談社 著者:寺嶋裕二 全47巻完結

『週刊少年マガジン』の人気作品で、王道にして斬新といわれている高校野球漫画。小学館漫画賞少年向け部門と講談社漫画賞少年部門を受賞している秀作です。アニメや舞台などメディアミックス作品も多数。第2部『ダイヤのA actII』は現在も連載中で、2022年にはミュージカル化も決定しています。

赤城中学校の野球部キャプテン・沢村栄純は、全国大会を目指していましたが、最後の大会で暴投し敗退してしまいました。仲間たちと高校でリベンジを誓っていたところ、東京都国分寺市にある野球の名門・青道高校からスカウトが来ます。

最初は乗り気ではなかった栄純。しかし、見学に訪れた青道のグラウンドで、天才キャッチャー・御幸一也と出会ったことにより、彼の人生は大きく変わっていくのです…。

栄純の挫折や成長など、笑いあり涙ありの熱いストーリー、詳細な野球の試合描写などにより多くのファンを獲得しています。数ある野球漫画のなかでも人気の高い、おすすめの作品です。

第7位 アオのハコ

集英社 著者:三浦糀 既刊6巻

バドミントンを題材にした青春部活ラブストーリー。2021年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始されました。コミックス1巻発売時にはすぐに10万部の重版が決まるなど、早々に人気の地位を獲得しています。

スポーツ強豪で中高一貫の栄明中学高等学校バドミントン部に所属する、中学3年生の猪股大喜。彼は中学の部活を引退後、高校のバドミントン部の練習に参加しているうえ、朝は自主練を行っていました。

誰よりも早く来ようと思っている大喜でしたが、いつも一番にいるのは女バスの先輩・鹿野千夏。大喜はそんな彼女の、自主練を真摯に取り組む姿に心惹かれ、恋をしていました。そんなある日、思いもよらない事実が発覚して…。

大喜が千夏先輩を想う一途な気持ちに、キュンキュンする読者も多い作品。爽やかな、王道の青春恋愛漫画の注目作に触れたい方におすすめです。

第8位 ダンス・ダンス・ダンスール

小学館 著者:ジョージ朝倉 既刊23巻

“エモい”と話題沸騰している、男子クラシックバレエをテーマにした漫画。『溺れるナイフ』『ピース オブ ケイク』などで有名なジョージ朝倉の新たなヒット作です。『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載中で、2022年にはアニメ化もされています。

中学2年生の村尾潤平は、幼いころバレエに魅了されました。しかし、父の死をきっかけに“男らしくならねば”と、バレエへの未練を隠し、格闘技・ジークンドーを習い始めます。

そして、潤平はクラスの人気者となりました。そんなある日、転校生で美少女の五代都にバレエへの興味を見抜かれ、“一緒に、バレエやろうよ!”と誘われ…。

登場人物たちの心情とともに、ダンスシーンがダイナミックに描かれており、臨場感にあふれているのが魅力。美しさと情熱を兼ね備えた、ドラマチックなスポーツ漫画に触れたい方におすすめです。

第9位 DAYS

講談社 著者:安田剛士 全42巻完結

サッカー初心者が名門校に入学し、成長していく姿を描いた青春スポーツ漫画です。2013~2021年に『週刊少年マガジン』で連載され完結。講談社漫画賞の少年部門を受賞し、2016年にはアニメ化もされました。累計発行部数は1300万部を突破しています。

主人公は、中学ではいじめられっ子で、何のとりえも特技もない心優しい少年・柄本つくし。しかし、人知れず熱い心を秘めていました。そんな彼がサッカーの天才・風間陣と出会い、高校サッカーに旋風を巻き起こしていくのです…。

サッカーだけでなく、スポーツにおけるチームプレーの精神が学べると、多くのサッカー選手からも絶賛された傑作。つくしの何事にも真っ直ぐにぶつかっていく姿、思いやりの心などが感動を呼んでいます。王道で感動できる、人情もののサッカー漫画が気になる方におすすめです。

第10位 メダリスト

講談社 著者:つるまいかだ 既刊6巻

フィギュアスケートで金メダルを獲ることを目標にしている少女と、彼女を支えるコーチの奮闘を描いたスポーツ漫画。2020年から『月刊アフタヌーン』で連載されている話題作です。

スケートに人生をささげてきたものの、夢に破れた26歳の青年・明浦路司は、フリーターをしながら何とかフィギュアスケートにしがみついていました。

そんな彼が、フィギュアスケートに興味津々の少女・結束いのりと出会います。氷の上で出会った2人がタッグを組み、フィギュアスケートで世界を目指していく物語です。

迫力あるスケーティングの描写力で、臨場感にあふれているのがポイント。熱くて泣ける、フィギュアスケートの初心者でも楽しめるおすすめの漫画です。

面白い漫画のおすすめランキング|ギャグ・コメディー漫画

第1位 銀魂

集英社 著者:空知英秋 全77巻完結

SF・時代劇・ギャグ・人情・アクションなどさまざまな要素を含んだ漫画。『週刊少年ジャンプ』や『ジャンプGIGA』、銀魂公式アプリで2004~2019年まで連載されました。アニメや実写映画などのメディアミックス作品も人気を博し、累計発行部数は5500万部を突破。完結後も衰えない人気を誇る作品です。

宇宙人「天人」の台頭や、廃刀令により侍が衰退の一途をたどっている江戸。しかし、1人侍の魂を持ち続けている男・坂田銀時がいました。いい加減で無鉄砲、超甘党の彼と、仲間たちの生きざまを描いています。

ギャグシーンが多く面白いものの、ときにシリアスで迫力あふれる戦闘シーンや、感動するシーンなどが織り交ぜられているのが魅力。また、個性豊かでかっこいい多数のキャラクターたちにより、多くのファンを獲得しています。ギャグ・アクション両方を楽しみたい方におすすめの作品です。

第2位 ハコヅメ~交番女子の逆襲~

講談社 著者:泰三子 既刊21巻

交番(ハコ)に勤務する女子2人の、「警察官あるあるお仕事備忘録」。実際に某県警に10年勤務していた泰三子が描いている、大ヒット作品です。2017年から『モーニング』で連載され、第1部は2022年に完結。アニメ化作品や、戸田恵梨香・永野芽郁主演のドラマ化作品も人気を博しました。

安定収入を求めて、たまたま警察官になった川合は、もう警察を辞めようと辞表を握りしめていました。そこに、なぜか刑事課から超美人の藤部長が配属されてきます。それが、岡島県警(の男性陣)を絶望に陥れる、名コンビの誕生だったのです…。

キャラクターたちのテンポよい会話や、独特な言葉のセンスが面白いのが魅力。笑いながら読めるコメディーが多い一方、シリアスで心揺さぶられるテーマもあります。お仕事系のブラックユーモアにあふれた漫画を読みたい方におすすめです。

第3位 ワンパンマン

集英社 原作:ONE 漫画:村田雄介 既刊26巻

さまざまな敵を、一撃(ワンパン)で倒すヒーローの活躍を描いたギャグ漫画。2012年から『となりのヤングジャンプ』で連載中です。SUGOI JAPAN Award 2016のマンガ部門では1位を獲得。アニメ化もされた人気作品で、2022年にはアニメ3期の制作が発表され話題になりました。累計発行部数は2600万部を突破しています。

3年間の特訓により無敵のパワーを身につけ、趣味でヒーローを始めたサイタマ。しかし、あまりにも強くなりすぎてしまい、どんな敵でもワンパンチで決着がつくようになってしまいました。そんな「平熱系最強ヒーロー」の前に、今日も新たな敵が現れるのです…。

サイタマがワンパンチで強敵を倒す爽快感を味わえます。また、独特でクセのあるキャラクターたち、シュールなやりとりや設定などに、笑いながら読めるのも魅力。シュール系のギャグ、感動、アクションなどさまざまな要素を楽しめるおすすめの作品です。

第4位 女の園の星

祥伝社 著者:和山やま 既刊2巻

女子高勤務の男性教師・星先生の、「いい意味で最高にくだらない」日常を描いた漫画。2020年から『FEEL YOUNG』で連載中。このマンガがすごい!2021オンナ編1位をはじめとした、多数の漫画賞に入賞しています。

クセになるような面白さがあり、話題を呼んでいる作品です。2022年には単行本の特典として、星野源主演でアニメ化も決定しました。

ある女子高2年4組担任の星先生。生徒たちが学級日誌で繰り広げる絵しりとりの答えに頭を悩ませたり、教室で犬のお世話をしたり、漫画家志望の生徒にアドバイスをしたり、なんてことのない日常を繰り広げます。

感情の起伏があまりない星先生が、冷静に問題解決に動く様子にシュールさがあり、引き込まれるような魅力があります。情報があまり開示されない、ミステリアスで味わい深い登場人物たちも魅力。日常系のシュールなコメディーに触れたい方におすすめです。

第5位 極主夫道

新潮社 著者:おおのこうすけ 既刊10巻

専業主夫となった元最凶ヤクザ・龍の日常を描いた、アットホームな任侠コメディーです。Webマンガサイト『くらげバンチ』で連載中。2018年度の漫画賞に続々とランクインし、アニメ化や、玉木宏主演で実写ドラマ・映画化もされた話題作です。

裏社会に数々の伝説を残し、“不死身の龍”と呼ばれた主人公。そんな彼が極道から足を洗い、選んだのは専業主夫でした。極道や町内の人々、警察などが相まみえ、ドタバタの痛快劇が繰り広げられます。

背中に龍の入れ墨がある目つきの鋭い龍が、かわいいエプロンをつけて弁当作りに励んだり、スーパーに買い物に行ったりするミスマッチさがポイント。笑いながら読める、一風変わったおすすめのコメディー漫画です。

第6位 凪のお暇

秋田書店 著者:コナリミサト 既刊10巻

月刊誌『Eleganceイブ』にて連載中で、多くの読者の共感を呼んだ「人生リセットコメディ」です。黒木華主演のドラマも人気を博しました。ananマンガ大賞の大賞や、文化庁メディア芸術祭のマンガ部門優秀賞など、さまざまな漫画賞を受賞・ノミネートしています。

主人公はいつも場の空気を読むのに必死で、“わかるー”が口癖の28歳・大島凪。人に合わせて無理をしすぎていたある日、付き合っていた彼氏のひとことがきっかけで、過呼吸を起こして倒れてしまい…。

これまでの生き方を変えようと奮闘する凪の姿は、応援・共感したくなるような魅力があります。また、彼女が自分らしく生活を送る様子も、楽しく読み進められるポイント。働いている方全員におすすめできる漫画です。

第7位 あそびあそばせ

白泉社 著者:涼川りん 既刊13巻

『ヤングアニマルDensi』にて連載中の、「美少女×お遊戯」コメディー漫画です。美少女たちがブラックユーモアを繰り出したり、突然「顔芸」などを見せつけたりする様子が圧倒的な画力で描かれ、話題を呼んだ作品。2018年にはアニメ化もされています。

主な登場人物は、金髪の美少女・オリヴィアと、ショートカットのメガネっ娘・香純、おさげの少女・華子の女子中学生3人。彼女たちが作った「遊び人研究会」で繰り広げられる、抱腹絶倒の日常が描かれています。

かわいらしい絵柄とシュールなギャグの対比がポイント。キレのあるハイレベルなギャグが楽しめます。SNSでも話題になったおすすめの作品です。

第8位 古見さんは、コミュ症です。

小学館 著者:オダトモヒト 既刊26巻

人付き合いがとても苦手な古見さんが、友達作りに奮闘するコミュニケーションコメディー。『週刊少年サンデー』連載中の人気作品で、アニメは2期まで制作され、ドラマ化もされました。シリーズ累計発行部数は600万部を突破しています。

万人が振り返る美少女の古見さんは、コミュニケーションが苦手なゆえ、周囲は近寄りがたく感じていました。心も指先も震えるものの、彼女の目標は友達を100人作ること。そんな古見さんと、友達になった只野仁人の学園生活が始まります。

古見さんが人と話そうとするときに緊張してしまうかわいらしさに、応援したくなるような魅力がある作品。不器用でピュアな、甘酸っぱい青春を感じられる、おすすめの漫画です。

第9位 ヒナまつり

エンターブレイン 著者:大武政夫 全19巻完結

ヤクザとサイキック少女が繰り広げる、異色のアーバンライフ・コメディー漫画。『Fellows!(現:ハルタ)』の読み切りから連載化され、人気作品となりました。

芦川組の若手ヤクザ・新田の家に、ある日突然、楕円型の物体が落ちてきます。その中にいたのは、無表情な少女・ヒナでした。彼女は強力な念動力を使って新田をおどし、彼の家に住みつきます。そして、ヤクザとサイキック少女の危険な共同生活が始まるのです…。

テンションが低く無表情のヒナと、周囲のリアクションに、じわじわと笑いがこみ上げるようなシュールさがあります。また、人柄のよい登場人物が多く出てくるため、ハートフルな展開もあるのが魅力。SFテイストで、面白く読めるおすすめのコメディーです。

第10位 月刊少女野崎くん

スクウェア・エニックス 著者:椿いづみ 既刊14巻

男子高生でありながら、人気少女漫画家である野崎くんの日常を描いた学園コメディー漫画。2011年から「ガンガンONLINE」にて連載中の人気作品で、アニメ化もされています。

武骨な男子高校生・野崎梅太郎に恋をした佐倉千代。勇気を振り絞って“ずっとファンでした”と彼に告白したものの、なぜかなったのは恋人ではなく少女漫画家のアシスタントだったのです…。

野崎くんをはじめとした、強烈な個性を持つキャラクター同士の掛け合いは面白さがあります。また、野崎くんと千代のじれったくもどかしい、くすっと笑える関係性もポイント。4コマ形式なので、サクッと読みやすいおすすめの作品です。

面白い漫画のおすすめランキング|SF・ファンタジー漫画

第1位 ワールドトリガー

集英社 著者:葦原大介 既刊24巻

『ジャンプSQ.』で連載中の、SFアクション漫画です。アニメ化やゲーム化がされており、累計発行部数は1500万部を突破。2022年には舞台化も決定しています。

物語の舞台は、ある日街中に異世界への門が開いた三門市。異次元からの侵略者「近界民」が、門付近の地域を蹂躙していました。そこで、「こちら側」の世界を守るために戦う、界境防衛機関「ボーダー」が防衛体制を整えます。

それから4年、三門市に住む中学生・三雲修は謎の転校生・空閑遊真と出会い、遊真の行動に振り回されていくのです…。

修は戦闘能力があまり強くないものの、頭脳の高さや仲間の協力で戦い、のし上がっていく面白さを味わえるのがポイント。“遅効性SF”と呼ばれ、何度も読み返したくなる魅力があるおすすめの作品です。

第2位 王様ランキング

KADOKAWA 著者:十日草輔 既刊14巻

話題沸騰の冒険ファンタジー漫画です。40代で脱サラした十日草輔が、漫画投稿サービス「ライフハック」で投稿した作品が、Twitterでバズり、1日で1500万PVを記録。2021年にはアニメ化もされ、累計150万部を突破しています。

主人公は、耳の聞こえない非力な王子・ボッジ。彼はボッス王が統治する王国の、第一王子でありながら、周囲からは王の器ではないと言われていました。そんなボッジの人生は、初めての友達・カゲと出会い、大きく動き出すのです…。

懐かしさのある絵本風のやわらかい絵柄に反して、重厚かつ残酷なストーリー展開が魅力。ボッジが過酷な運命に翻弄されながらも、前に進み続ける姿に勇気をもらえます。多くの読者の心をつかんだ、おとぎ話風の物語を読みたい方におすすめです。

第3位 Dr.STONE

集英社 著者:稲垣理一郎 漫画:Boichi 全26巻完結

“衝撃、保証。”と謳われている、空前絶後のSFサバイバル冒険漫画です。『週刊少年ジャンプ』で2017~2022年まで連載され完結。アニメ3期の放送のほか、2022年には舞台化も決定しています。

ある日、高校生の大樹は、想い続けていた杠に告白しようとしていたところ、一瞬にして世界中すべての人間が石化する現象に巻き込まれます。それから数千年後、目覚めた大樹と友人・千空は、2人でゼロから文明を作ることを決意するのです…。

テンポ感がよいため読み進めやすく、線の太い力強い画力に魅了される方も多いのがポイント。本作品から科学の面白さを知った読者も多く、科学に興味がなくても楽しめるおすすめの作品です。

第4位 ブラッククローバー

集英社 著者:田畠裕基 既刊32巻

魔法の使えない少年が、魔導士の頂点「魔法帝」を目指す、魔法ファンタジー漫画です。2015年から『週刊少年ジャンプ』にて連載中で、田畠裕基が「夢に向かってあきらめない」をテーマに構想した作品。2017年にはアニメ化され、2023年には映画化も決定しています。累計1700万部を突破している人気作品です。

物語の舞台は、魔法がすべての世界。生まれながらにして魔法が使えない少年・アスタは、自分の力を証明するため、友との約束を果たすために魔法帝を目指します。

きれいな絵柄や、熱いキャラクターたちが魅力です。また、何があってもあきらめず困難に立ち向かい、アスタが成長していく様子に、胸を躍らせる読者も多い作品。友情・努力・勝利が詰まった、おすすめの王道ジャンプ漫画です。

第5位 葬送のフリーレン

小学館 原作:山田鐘人 作画:アベツカサ 既刊8巻

魔王を倒した後の、英雄たちの生きざまや心の内を物語る後日譚ファンタジー漫画。マンガ大賞2021の大賞、手塚治虫文化賞の新生賞など多数の受賞歴があり、累計600万部を突破している注目作です。

魔王を倒した一行の魔法使い・フリーレン、勇者・ヒンメル、僧侶・ハイター、戦士・アイゼン。そのなかで、フリーレンだけエルフで長生きの種族でした。彼女は、50年に一度の流星群をみんなで見ようと約束をして、魔法収集の旅を続けます。

そして、50年後に再会した勇者一行。フリーレン以外はみんな年老いており、みんなで流星群を見た後、ほどなくしてヒンメルは生涯を終えました。フリーレンは彼の死に涙を流し、人間を知るための旅に出ます。

長寿のフリーレンを軸として、感情や命について考えさせられる傑作です。高い作画力や、個性的なキャラクターたちも魅力。斬新な設定ながら王道な少年漫画の要素も感じられる、おすすめの作品です。

第6位 夏目友人帳

白泉社 著者:緑川ゆき 既刊28巻

妖怪と人とのつながりを描いた“あやかし契約奇談”で、和風ファンタジーに分類される漫画。『LaLa』にて連載中で、たびたび映画化・アニメ化されています。累計発行部数は1600万部を超える人気作品です。

妖怪が見えるという秘密を抱えた、転入生の夏目貴志。ある日、強力な妖力を持っていた祖母・夏目レイコの遺品「友人帳」を手にしてから、妖怪たちから追われる羽目になります。祖母が妖怪たちと交わした「契約」をめぐり、用心棒のニャンコ先生とともに忙しい日々を送ることになりますが…。

個性豊かな妖怪たちとの、さまざまな切ないストーリーを、基本的に1話完結で楽しめるのが魅力。ノスタルジックで心にしみる美しさがあります。あやかしものの和風ファンタジーに興味がある方におすすめです。

第7位 約束のネバーランド

集英社 著者:出水ぽすか 原著:白井カイウ 全20巻完結

孤児院の子供たちが、過酷な運命に立ち向かう姿を描いた、異色のダークファンタジー。“約ネバ”という略称で親しまれています。『週刊少年ジャンプ』で2016~2020年まで連載されていました。アニメ化のほか、実写映画化もされ、全20巻の累計発行部数は3200万部を突破しています。

物語の舞台は、小さな孤児院・グレイス=フィールドハウス。孤児院で暮らして10年、エマ・ノーマン・レイは親代わりの優しい「ママ」に育てられ、幸せな日々を送っていました。しかし、彼らがある真実を知ったことにより、平和な日常が終わりを告げます。彼らに待ち受ける過酷な運命とは何なのでしょうか。

仲間たちと知恵を出し合う頭脳戦が楽しめるのが魅力。高い構成力や作画力で国内外から好評を得た、おすすめの漫画です。

第8位 オリエント

講談社 著者:大高忍 既刊6巻

「ネオ戦国」を舞台に繰り広げられる、戦国バトルファンタジー漫画です。2018年から『週刊少年マガジン』で連載開始し、2021年『別冊少年マガジン』に移籍して連載中。『マギ』で有名な大高忍の新たな話題作で、2022年にアニメ化もされています。

戦国時代、突然飛来した「鬼神」によって支配される日ノ本。鬼神が神とあがめられる世界のなか、自由を求めて戦う「武士団」がいました。2人の少年、武蔵と小次郎が目指すのは最強の武士団。彼らは人間の世を取り戻すべく立ち上がります。

武蔵と小次郎が、鬼神との戦いや、鬼神をあがめる人々との対立などの壁を乗り越えて冒険をする様子に、ワクワクドキドキしながら読める作品。物語のテンポ感もよく、読みやすい王道のファンタジーを読みたい方におすすめです。

第9位 黒執事

スクウェア・エニックス 著者:枢やな 既刊32巻

『月刊Gファンタジー』にて2006年から連載中の、「ヴィクトリアンダークファンタジー」です。貴族の少年と、彼と契約した「悪魔で」執事の物語。アニメ・映画・ミュージカルなど、さまざまなメディアミックス作品が展開されており、累計3000万部を突破しています。

英国の名門貴族・ファントムハイヴ家には、知識・共用・料理・武術などすべて完璧のスーパー執事・セバスチャンがいました。12歳のわがままな主人・シエルの注文を、 役立たずの使用人たちの失敗をすべてフォローしつつ、涼しい顔でこなしていきます。

シエルの壮絶な過去やセバスチャンとの主従関係の秘密を含め、謎が多い物語で、先が気になり読み進めやすいのがポイント。魅力的なキャラクターや美しい絵、伏線や物語の構成力など、高評価を受けているおすすめの漫画です。

第10位 転生したらスライムだった件

講談社 原作:伏瀬 漫画:川上泰樹 既刊21巻

小説投稿サイト「小説家になろう」で8億PVを記録した、異世界転生もののライトノベルを漫画化した作品です。関連書籍のシリーズ累計発行部数は3000万部を突破。2022年に講談社漫画賞少年部門を受賞しました。アニメ化もされているほか、2022年11月には映画化も決定しています。

主人公は、37歳独身のサラリーマン・三上悟。ある日、通り魔から後輩をかばい、刺された彼はスライムに転生してしまいます。そんな彼は、相手の能力を奪う「捕食者」、世界の理を知る「大賢者」2つのユニークなスキルを持っていました。そして、スライムの大冒険が始まるのです…。

弱小で知られるスライムが、異世界で活躍し、強くなっていくのが見どころ。テンポ感もよく読み進めやすいため、ライトノベルが苦手な方にも向いています。「なろう系」のファンタジーを読みたい方におすすめです。

面白い漫画のおすすめランキング|ミステリー・サスペンス漫画

第1位 名探偵コナン

小学館 著者:青山剛昌 既刊101巻

推理マニアの高校生・工藤新一が、ある理由で小学生の体になり探偵として大活躍する、国民的人気を誇る推理漫画。1994年から『週刊少年サンデー』連載中で、同誌の看板作品です。アニメや映画も高い人気があり、累計発行部数は2億5000万部を突破しています。

世界的推理小説家の父を持ち、数々の難事件を解決してきた新一。ある日、幼なじみの毛利蘭と遊園地でデートしていた途中で、謎の黒ずくめの男たちによる、怪しい取引現場を目撃してしまいます。そして、背後から近づいてきた彼らの仲間に毒薬を飲まされ、気が付くと体が縮んでおり、子供の姿になってしまっていたのです…。

子供となった新一が、「江戸川コナン」として、難事件を解決していく物語。事件の緻密なトリックや彼の華麗な推理術、キャラクター同士の恋愛模様などに魅了される読者が多く、幅広いファンを持つおすすめ作品です。

第2位 薬屋のひとりごと

スクウェア・エニックス 原作:日向夏 漫画:ねこクラゲ 既刊10巻

「小説家になろう」で人気のライトノベルを漫画化した、異色のミステリーです。次にくるマンガ大賞2019のコミックス部門1位を獲得し、シリーズ累計1500万部を突破。なお、小学館から、原作が同じ別のマンガ化作品『薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜』も出版されています。

主人公は、中世の花街で薬師をしていて、現在は後宮で下女として働く猫猫(マオマオ)。ある日、帝の御子が連続死しているという噂を聞き、彼女は持ち前の好奇心や知識欲によって興味本位で原因を調べ始めます。やがて、猫猫の好奇心が宮中を動かしていき…。

冴え渡る推理をして、次々と宮中で起こる事件を解決していく猫猫の姿に、痛快さを感じる読者も多い作品。中華ファンタジーや、異世界もののミステリーが気になる方におすすめの漫画です。

第3位 マイホームヒーロー

講談社 原作:山川直輝 漫画:朝基まさし 既刊17巻

家族のあり方や絆について考えさせられる、異色のクライム・サスペンス漫画。2017年から『週間ヤングマガジン』にて連載中で、アニメ化も決定してしています。累計200万部を突破している注目作です。

主人公は、おもちゃメーカーで営業をしている47歳の鳥栖哲雄。頼れる妻と、反抗期気味なものの大学生になったかわいい娘・零花がおり、それなりに幸せな人生を送っていました。しかし、哲雄が一人暮らしを始めた零花の顔に殴打の傷を見つけたことから、彼と家族の運命は一変するのです…。

哲雄と、零花の彼氏のバックについている半グレたちとの心理戦が見どころ。ハラハラドキドキが連続する、スリリングな物語を読みたい方におすすめです。

第4位 ミステリと言う勿れ

小学館 著者:田村由美 既刊11巻

2022年に菅田将暉主演でドラマ化され、話題となった新感覚ミステリー漫画。『BASARA』や『7SEEDS』など、名作を送り出してきた田村由美が、『月刊フラワーズ』で2016年から連載している新たなベストセラー作品です。このマンガがすごい!など、各賞に続々とランクイン。累計発行部数は1600万部を突破しています。

主人公・久能整は、天然パーマでカレーが好きな大学生。ある日、カレーを作るために、アパートの自分の部屋でタマネギをザク切りしていると、突然警察に任意同行されます。さらに、整には近隣で起こった殺人事件の容疑がかけられており、被害者は彼の同級生・寒河江健で…。

冷静沈着で頭脳明晰な整がひたすらしゃべり続け、事件の解決の糸口を見つけたり、味方を増やしたりして、事件を解決していく物語です。整のセリフに共感の声も多く集まった作品。新感覚で、一風変わったミステリーを読みたい方におすすめです。

第5位 憂国のモリアーティ

集英社 原案:コナン・ドイル 漫画:三好輝 既刊18巻

「シャーロック・ホームズシリーズ」を原案に、シャーロック・ホームズの宿敵で、犯罪卿のモリアーティを主人公にしたクライム・サスペンス漫画。アニメ・小説・ミュージカルなど多数のメディミックス作品が展開されています。

物語の舞台は、19世紀末大英帝国最盛期のロンドン。伯爵家の長男・アルバートは、国に根付いている階級制度に辟易していました。アルバートと、彼が孤児院から引き取った、ある兄弟によって、世界を浄化するための、壮大な計画が動き出すのです…。

美しい画力や、犯罪によって世界を変えるという「悪の哲学」が読者を魅了しています。また、緻密な計画や、大掛かりで鮮やかな犯行も見どころ。新しい解釈で「シャーロック・ホームズシリーズ」を見られる、おすすめの作品です。

第6位 夏目アラタの結婚

小学館 著者:乃木坂太郎 既刊8巻

「結婚」をテーマに、誰も見たことのない結婚の形を描いた「結婚サスペンス」漫画です。2019年から『ビッグコミックスペリオール』で連載中の注目作。2020年には次にくるマンガ大賞のU-NEXT賞コミックス部門を受賞しています。

児童相談所勤務で30代の夏目アラタは、結婚に夢など抱いていない独身。彼はある日、父親を連続殺人犯に殺された担当児童・卓斗から、“父を殺した犯人に代わりに会って欲しい”と頼まれます。

犯人は“品川ピエロ”と呼ばれる有名な連続殺人犯・品川真珠。極悪非道な犯人を思い浮かべていたアラタでしたが、彼女は高校生にも見える、華奢な21歳の女性だったのです…。

殺人事件の真相や、得体の知れない品川真珠のキャラクターなど、謎解き要素がありページをめくる手が止まらない作品。また、真珠とアラタの一風変わったラブロマンスも楽しめます。SNSを中心に話題になっている、おすすめのタイトルです。

第7位 復讐の未亡人

双葉社 著者:黒澤R 既刊19巻

夫が自殺に追い込まれた真相を探るため、妻が夫の会社に別人になりすまし、潜入する姿を描くサスペンス漫画。電子コミックの配信サービス「めちゃコミック」でランキング1位を獲得するなど、大ヒットを記録しました。2022年にはドラマ化もされています。

とあるIT企業に、すい星のごとく現れた有能な派遣エンジニア・鈴木密。彼女がその会社に入社したのには、夫を追い詰め自殺に追いやった者1人1人に、借りを返すという目的があったのです…。

過激な描写も多く、密が復讐相手を肉体的・精神的に追い詰めていく様子は、目が離せない魅力があります。スカッとする大人の復讐劇が気になる方におすすめです。

第8位 僕だけがいない街

KADOKAWA 著者:三部けい 全9巻完結

時をさかのぼる力を持つ青年が、過去の連続児童誘拐殺人事件の真相へ迫るサスペンス漫画。『ヤングエース』にて2012~2016年まで連載されていました。マンガ大賞を受賞したほか、このマンガがすごい!オトコ編に3年連続ノミネート。アニメ化、映画化、Netflixでドラマ化もされた大ヒット作品です。

主人公は、漫画家であるものの、なかなか結果を出せずに毎日を過ごしている29歳の藤沼悟。彼には、自分の身にしか起こらない「リバイバル(再上映)」という症状がありました。

それは、何か悪いことが起こる直前まで時が巻き戻り、原因を取り除くまで何度も繰り返すというものです。この現象が、藤沼にもたらすのは輝く未来なのか、それとも…。

作中の細かい部分に多数の違和感があり、すべて読み終えたときに納得感を感じられるのがポイント。何度も読み返したくなるような魅力があります。息もつかせぬような展開もポイント。タイムリープものが好きな方におすすめです。

第9位 まったく最近の探偵ときたら

KADOKAWA 著者:五十嵐正邦 既刊12巻

かつては高校生探偵として注目を受けていたものの、冴えないおじさんとなった男性を描く探偵ギャグ漫画。2018年には次にくるマンガ大賞に入賞しました。ボイスコミック化もされています。

名探偵だった名雲桂一郎は、時代の流れについていけず落ちぶれた「おっさん」。現在は1人で南雲探偵事務所を切り盛りしていますが、事務所の家賃も払うのに苦労している有様でした。そんな彼のもとに、若さあふれる女子高生が助手希望で押しかけてくるのです…。

南雲と、女子高生探偵・真白との歳の差&顔芸ギャグが人気を博している作品。面白く読める、ライトな探偵漫画を求める方におすすめです。

第10位 虚構推理

講談社 原作:城平京 漫画:片瀬茶柴 既刊17巻

怪異たちの「知恵の神」の少女と、怪異に恐れられる男が怪異に挑む「恋愛×伝奇×ミステリ」漫画です。『月刊少年マガジン』『月刊少年マガジンR』連載中の人気作品。2023年にはアニメ2期の放送も決定しています。

怪異の知恵の神となった、岩永琴子が病院で一目惚れしたのは、桜川九郎。彼は、怪異にさえ恐れられる男でした。そんな、普通ではない2人が力を合わせて、怪異たちの引き起こす事件に立ち向かっていきます。

琴子と九郎のデコボコながらほどよい関係性が垣間見られるのがポイントです。また、ミステリーでありながら、簡単に真実を知られるような能力を持っていたり、推理内容が「虚構」であったりと破天荒な展開も見どころ。絵柄やストーリーに定評がある、おすすめの風変わりなミステリー作品です。

面白い漫画のおすすめランキング|ホラー漫画

第1位 ダンダダン

集英社 著者:龍幸伸 既刊6巻

2021年から連載している、怪奇バトル&ラブコメ作品。1話を配信すると瞬く間にTwitterのトレンドとなり、その後も3話連続で公開1週間以内に100万閲覧数を突破するなど、『少年ジャンプ+』初の快挙を成し遂げた注目作です。2021年には、次にくるマンガ大賞Webマンガ部門で2位に選ばれました。

主人公は、幽霊を肯定している女子高生の綾瀬桃と、同級生で怪奇現象オタクのオカルト君。それぞれ否定するUFOと怪異の存在を信じさせるために、桃はUFOスポットの廃病院へ、オカルト君は心霊スポットのトンネルへ向かうのですが…。

ホラーチックな要素と派手なアクション、ギャグ要素もあり、勢いを感じられる面白いマンガです。迫力ある画力や魅力的なキャラクターも人気。ライトなホラー・オカルトのため、ホラーが少し苦手な方にもおすすめです。

第2位 東京喰種 トーキョーグール

集英社 著者:石田スイ 全14巻完結

人間世界で生活し、人を食糧として狩る怪人「喰種(グール)」が潜む東京が舞台のダークファンタジー・ホラー漫画。2011~2014年まで『週間ヤングジャンプ』で連載されていた人気作品です。

アニメ化・実写映画化・舞台化もされ、累計発行部数は4700万部を超える大ヒットを記録。続編の『東京喰種 トーキョーグール:re』も人気を博しました。

主人公は読書好きの平凡な大学生・金木研(カネキ)。日常に隠れて生きる、「喰種」のニュースに人々は恐れを感じ始めていました。そんななか、カネキは常連の喫茶店「あんていく」で、自分が好きな作家と同じ、高槻泉を愛読する少女・リゼと出会います。それが、彼の運命を大きく変えることになるのです…。

カネキの葛藤や成長を描いた物語。捕食シーンや戦闘シーンなども迫力があり、見ごたえがあります。圧倒的な世界観やストーリー、美しい絵など、人気の理由に納得できるおすすめの漫画です。

第3位 見える子ちゃん

KADOKAWA 著者:泉朝樹 既刊7巻

前代未聞の“新感覚ホラーコメディー”といわれる漫画。泉朝樹が2018年にTwitterで発信した作品が約5万リツイートと約15万いいねを獲得し、コミックポータルサイト「ComicWalker」にて連載化されました。2021年にはアニメ化もされています。

ある日突然、普通の人には見えない異形な「ヤバいやつ」が見えるようになってしまった主人公・みこ。彼女は逃げるわけでも、立ち向かうわけでもなく精一杯シカトし続けるのです…。

ゾクっとするようなおぞましい霊の描写と、かわいいみことのギャップが見どころ。ホラーが苦手な方でも楽しめる、日常系ギャグ漫画に興味がある方におすすめです。

第4位 さんかく窓の外側は夜

リブレ 著者:ヤマシタトモコ 全11巻完結

除霊師とその助手の活躍を描いた、「ホラー×ミステリー×バディ愛」の霊感エンターテインメント作品。実写映画化・アニメ化もされており、シリーズ累計200万部を突破しました。

ある日、霊が視える特殊体質の三角康介が勤務する書店に、霊が出ると噂されており、店長が除霊を依頼。そして、除霊しにやってきた冷川理人にその能力を見出された三角は、心霊探偵コンビを無理やり組まされてしまいます。

日常に潜む、恐ろしく不思議な現象を見つけて解決するなかで、浮かび上がってくる「運命」の真実とは何なのでしょうか。

恐ろしい霊の描写で、ホラー度も高い作品。また、三角と冷川による色気を感じる除霊シーンは、多くの読者の心を掴みました。バディものとしてもホラーとしても楽しめる、おすすめの漫画です。

第5位 光が死んだ夏

KADOKAWA 著者:モクモクれん 既刊1巻

友人の姿をした「ナニカ」との日常を描いた青春ホラー漫画。TwitterやTikTokなどのSNSで話題沸騰し、次にくるマンガ大賞2022にもノミネートされた注目作です。

ある集落に住むよしきと光は、同い年でずっと一緒に育ってきました。しかし、光が山に入り行方不明になって帰ってきてから、別のナニカにすり替わっていることに、よしきは確信を持ってしまいます。

しかし、誰にも言わないでくれと懇願するナニカと、ニセモノでも光にそばにてほしいと思うよしき。そして、2人のいつも通りの日々が始まります。時を同じくして、集落ではさまざまな事件が起き…。

よしきと光、2人の日常を描いているようで、不気味な雰囲気がただよっています。ナニカの正体や、集落で起きる事件の謎など、謎が散りばめられており、先が気になる作品。深い物語や圧倒的な画力で人気を集めている、おすすめの漫画です。

第6位 寄生獣

講談社 著者:岩明均 全10巻完結

人間を捕食する寄生生物が飛来した日本を舞台に、高校生・泉新一と彼の右手に寄生した謎の生物・ミギーによる戦いを描いた漫画。1989~1995年に『月刊アフタヌーン』にて連載されていた人気作品で、講談社漫画賞一般部門を受賞しています。アニメ化や前後編で実写映画化もされ、累計発行部数は2400万部を突破しました。

突如飛来した寄生生物たちは、人間の身体に侵入して脳を乗っ取り、ほかの人間を食い殺し始めます。新一の身体にも寄生生物が侵入しますが、脳の乗っ取りに失敗し、彼の右手に宿ってしまうのです。

そして、自らを「ミギー」と名乗る生物は、新一と奇妙な共存関係に。イレギュラーな存在となった新一とミギーは、寄生生物たちとの戦いに身を投じていきます。

グロテスクな描写が多いものの、環境破壊や人間の存在などを問う深いテーマも含まれており、考えさせられるのがポイントです。また、ミギーのユーモラスなキャラクターも魅力。伝説のモンスターコミックと名高い、おすすめの作品です。

・新装版 全10巻完結

第7位 死役所

新潮社 著者:あずみきし 既刊21巻

天国・地獄に行く前に死者が訪れる「シ役所」を舞台としたヒューマンドラマ。2013年に『月刊コミック@バンチ』で連載開始し、1話目から大きな反響を呼んだ作品です。松岡昌宏主演でドラマ化もされ、累計発行部数は450万部を突破。2022年にはYouTubeでアニメ化もされました。

此岸と彼岸の境界にある死役所は、自殺・他殺・病死・事故死などすべての使者が訪れる場所。そこで、総合案内として働く職員・シ村は、死者たちに“お客様は仏様ですから”と物腰柔らかい態度で対応します。

死者は死役所で申請書を書く必要があり、その申請書から、壮絶な生前のエピソードがあぶり出されていくのです…。

独特のオカルトチックな世界観や、シ村のミステリアスで強烈なキャラクターが魅力の作品。現代の社会問題などに対する風刺や、死者の人生模様など考えさせられる内容も多々ある、おすすめの漫画です。

第8位 地獄先生ぬ〜べ〜 集英社文庫 コミック版

集英社 原作:真倉翔 漫画:岡野剛 全20巻完結

小学校教師・鵺野鳴介(ぬ~べ~)が、霊や妖怪から生徒を守るために戦う学園オカルトコメディー漫画。1993~1999年まで『週刊少年ジャンプ』で連載され、世代を超えて読み続けられている名作です。

アニメ化や劇場アニメ化されたほか、2014年には丸山隆平主演でドラマ化もされました。新シリーズ『地獄先生ぬ~べ~NEO』は全17巻、『地獄先生ぬ~べ~S』は全4巻で完結しており、シリーズ累計2500万部を突破しています。

日本でただ1人の霊能力教師・ぬ~べ~は、さまざまなものを無に帰す力を宿す「鬼の手」を持っていました。普段は頼りないものの、子供たちの身に危険が迫ると、命をかけて戦います。

かっこ悪いけれどかっこいい、ぬ~べ~のヒーロー感あふれるキャラクターをはじめとした、個性的で魅力的なキャラクターが多いのがポイント。学校の怪談や未確認生物など、オカルト的な要素をふんだんに取り入れた、おすすめの名作です。

第9位 アイアムアヒーロー

小学館 著者:花沢健吾 全22巻完結

ゾンビ漫画の金字塔ともいわれる、サバイバル・パニックホラー作品です。2009~2017年まで『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載されており、小学館漫画賞一般向け部門を受賞。2016年には大泉洋主演の実写映画も公開され、累計発行部数は830万部を突破しています。

冴えない日々を過ごしている、漫画家のタマゴで35歳の鈴木英雄。世間では人間がゾンビのような姿になり、他人を襲う、謎の伝染病が流行し始めていました。やがて、鈴木の職場の人間や、恋人・黒川徹子まで伝染病に感染してしまい…。

リアルな日常や、グロテスクでスリリングなゾンビとの戦いなどがバランスよく描かれ、読む手が止まらない作品。最初は頼りない主人公が、ゾンビに立ち向かう覚悟を持つ姿に、勇気をもらえます。多くの読者を圧倒した、おすすめのホラー漫画です。

・完全版 全22巻完結

第10位 ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編

スクウェア・エニックス 原作・監修:竜騎士07 作画:鈴羅木かりん 全2巻完結

謎や恐怖でネット界を揺るがした、同人サウンドノベルを原作としたホラー・ミステリー漫画。同作品は“ゼロ年代の記念碑的一大ムーブメント”を起こした作品ともいわれています。

本伝は「鬼隠し編」から始まり、9編の物語に分かれているのが特徴です。アニメは3期まで制作されたほか、映画化・ドラマ化・舞台化されるなど、メディアミックス作品も多数展開されています。

寒村・雛見沢に引っ越してきた少年・前原圭一は、竜宮レナをはじめとする仲間たちと、楽しく過ごしていました。しかし、ある日村に隠された、ある凄惨な事件のことに興味を持ち、真実を知りたいと好奇心を持った圭一は…。

かわいらしいキャラクターの平和な日常と、グロテスクな惨劇のギャップに、多くの読者が驚愕しました。伏線がさまざまな場所に潜み、秀逸なミステリーとしても楽しめるおすすめの傑作です。

面白い漫画のおすすめランキング|少女・女性向け漫画

第1位 君に届け

集英社 著者:椎名軽穂 全30巻完結

『別冊マーガレット』で2006~2017年まで連載され、大ヒットした少女漫画です。2008年には講談社漫画賞を受賞しました。アニメ化や実写映画化もされており、累計発行部数は3300万部を突破。2018~2022年までは『君に届け 番外編~運命の人~』が連載され、完結しました。

主人公は、陰気な見た目のせいで“貞子”と呼ばれ、クラスで浮いている存在の黒沼爽子。高校の入学式の桜の木の下で、クラスメイト・風早翔太と出会います。

自分にも分け隔てなく接してくれる、明るく爽やかでクラスの人気者の彼は、爽子の憧れとなりました。そして、風早の言葉をきっかけに、爽子は徐々に変わっていくのです…。

爽子と風早のピュアな恋模様に胸をときめかせ、千鶴やあやねなど爽子の友達との友情にホロリとする読者も多い傑作。少女漫画の金字塔ともされる、大人にもおすすめの作品です。

第2位 ちはやふる

講談社 著者:末次由紀 既刊49巻

今まではあまりなかった、「競技かるた」を題材にした青春漫画。2007年から『BE・LOVE』で連載され大人気となり、全50巻で完結予定です。講談社漫画賞少女部門を受賞しているほか、マンガ大賞やこのマンガがすごい!など、さまざまなランキングで1位を獲得。アニメ化や実写映画化作品も好評を博しました。

主人公は小学6年生の千早。「情熱」という言葉も知らない彼女は福井からの転校生・綿谷新と出会い、親しくなります。無口で大人しい彼の意外な特技は小倉百人一首競技かるたでした。

千早は、圧倒的な早さで夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受けます。逆に、そんな彼をくぎ付けにしたのは、千早のずば抜けたある「才能」だったのです…。

競技かるたに情熱を傾けるキャラクターたちが成長していくスポ根の要素と、ときめきが感じられる少女マンガの要素両方を楽しめるのが魅力。読みごたえのある、熱血な少女マンガに触れたい方におすすめです。

第3位 NANA

集英社 著者:矢沢あい 既刊21巻

正反対に見える、同じ名前を持つ2人の女の子「ナナ」の恋愛や友情、夢と現実を描き、社会現象を起こした青春ストーリーです。アニメ化・実写映画化もされ、累計発行部数は少女漫画の歴代発行部数で3位となる5000万部を突破。2009年から長らく休載しており、“伝説の少女マンガ”ともいわれています。

地方の街で育った小松奈々。彼女の女子高での高校生活は、恋に始まり恋に終わりました。数々の男性に一目惚れをし、3年生の夏の始めには浅野崇という29歳のサラリーマンと不倫の恋に落ちます。しかし、卒業直前にその恋も終わりを告げました。

心に深い傷を負った奈々は、親友の淳子と一緒に、地元の美術学校に通うことに。しかし、学校で、奈々は淳子の友達の遠藤章司に一目ぼれをして…。

奈々と後に出会うことになる大崎ナナが、お互いに足りない部分を補いながら、恋愛や夢を実現させていく様子は、多くの読者の心を打ちました。歴史的大ヒットとなった少女漫画の名作に触れたい方におすすめです。

第4位 のだめカンタービレ 新装版

講談社 著者:二ノ宮知子 全13巻完結

音楽マンガの金字塔とされ、国民的な人気を誇るクラシック音楽コメディーです。2001~2010年まで『Kiss』で連載され、講談社漫画賞の少女部門を受賞。実写ドラマ・実写映画・アニメ化作品も大ヒットし、累計3870万部を突破しています。

桃ヶ丘音楽学園ピアノ科に通うエリート学生・千秋真一。ヨーロッパで指揮の勉強をしたいと思いつつ、飛行機・船の恐怖症のため、渡欧できずにやりきれない日々を過ごしていました。

そんな彼の前に、変わり者であるものの、天才的なピアノの才能がある後輩・野田恵(のだめ)が現れます。2人はお互いや変人奇人な音大生の仲間たちから影響を受け、音楽の楽しさを思い出し、真っ直ぐ向き合いながら成長していくのです…。

多くの読者に笑いや感動を読んだ傑作。音楽が好きな方はもちろん、何かに情熱を傾けることの楽しさを知りたい方におすすめの漫画です。

第5位 東京タラレバ娘

講談社 著者:東村アキコ 全9巻完結

東京に住むアラサー独身女子たちのリアルな姿を描き、ドラマ化作品とともに大ヒットした漫画です。このマンガがすごい!オンナ編2位を2回獲得。また、2019年には北米のマンガ賞・アイズナー賞の最優秀アジア作品賞を、少女マンガで初受賞という快挙を達成しました。全9巻に加え、番外編で完結しています。

主人公は、そんなにイケてないはずではないのに、気付けば33歳になっていた脚本家・倫子。仕事も恋もうまくいかず、同い年で独身の香・小雪と焦りながらも「女子会」を日々繰り返していました。

ある日、“キレイになったらもっといい男が現れる!” “好きになれればケッコンできる!”といった話をしていると突然、年下の金髪イケメン男子に“このタラレバ女!”と言われてしまい…。

時には辛い経験をして、厳しい言葉を投げかけられながらも、直視できなかったものを倫子たちが見つめ直していくのがポイント。3人が妄想や後悔の渦のなかで、幸せを掴もうともがく姿が「あるある」と読者の共感を誘いました。同年代の方に限らず、恋愛や仕事について考え直したい方にもおすすめです。

第6位 暁のヨナ

白泉社 著者:草凪みずほ 既刊38巻

神龍神話・四龍と、その伝説が伝わる高華王国の姫・ヨナの運命が絡み合う大河ファンタジー・ロマン。『花とゆめ』で2009年から連載されている、同誌の看板作品です。アニメ・舞台・映画などさまざまなメディアミックス作品が展開されています。

ヨナは、優しい父王や幼なじみで彼女の護衛をするハクたちに囲まれ、大切に育てられていました。そして、ヨナの16歳の誕生日、彼女が想いを寄せている従兄・スウォンからかんざしを贈られ、父に自分の気持ちを伝えに行きますが、そこで思いもよらない過酷な運命が待ち構えていたのです…。

旅のなかで仲間を増やしていくワクワク感や、迫力あるアクションシーンが見どころ。自ら武器を取り、過酷な運命に立ち向かい、成長していくヨナを応援する読者も多くいます。年代性別問わず、ファンタジーや冒険ものが好きな方におすすめの漫画です。

第7位 3月のライオン

白泉社 著者:羽海野チカ 既刊16巻

『ハチミツとクローバー』で人気を博した羽海野チカによる、青春将棋漫画。2007年から『ヤングアニマル』にて連載中です。マンガ大賞・講談社漫画賞・手塚治虫文化賞マンガ大賞・文化庁メディア芸術祭賞マンガ部門大賞で4冠を達成した秀作。アニメ化や実写映画化もされています。

主人公は、東京の下町・六月町に暮らす、17歳でプロの将棋棋士・桐山零。周囲からは将棋の天才といわれていますが、彼には幼いころに事故で家族を失った過去があり、深い孤独を背負っていました。

そんななか、彼の前に現れたのは、川本家の3姉妹あかり・ひなた・モモ。彼女たちと接するうちに、零はあたたかい気持ちをゆっくり取り戻していきます。さまざまなキャラクターが、何かを取り戻していく優しい物語であり、将棋の戦いの物語です。

魅力的なキャラクターたちが織りなす、重厚な人間ドラマの優しさに心あたたまり、笑えて泣けるストーリーが魅力。年齢性別問わずおすすめできる名作です。

第8位 きのう何食べた?

講談社 著者:よしながふみ 既刊19巻

弁護士・筧史朗と美容師・矢吹賢二の食生活や日常をめぐるグルメ漫画。2019年に講談社漫画賞一般部門を受賞しました。ドラマ化や実写映画化もされ、累計840万部を突破した人気作品です。

お互いを“シロさん”、“ケンジ”と呼び合い、同居しているアラフォーのカップルや、彼らを取り巻く人々の日常を描いています。料理上手で倹約家のシロさんが作る料理が、作りやすくおいしそうだと評判。また、2人が抱える悩みやトラブルが、多くの読者の共感を誘っています。

絵と書かれているレシピのバランスがよく、実際に作ってみたくなるような魅力があるのがポイントです。また、2人の関係性に胸を打たれるシーンも見どころ。ほっこりできる漫画を求める方におすすめです。

第9位 逃げるは恥だが役に立つ

講談社 著者:海野つなみ 全11巻完結

“逃げ恥”という略称で親しまれている社会派ラブコメ漫画です。2015年には講談社漫画賞・少女部門賞を受賞。2016年にはドラマ化され、「逃げ恥ブーム」を巻き起こした作品です。2012~2017年まで『Kiss』で連載されていました。

主人公は、派遣切りにあい、再就職もままならない森山みくり。娘を心配する父親は、彼女に会社の元部下・津崎平匡のハウスキーパーを依頼します。しばらくハウスキーパーを続けたある日、平匡から思いがけない提案があり…。

妄想女子・みくりと、ウブ男・平匡の「ムズキュン」な恋愛模様が見どころです。また、2人を含め多種多様な生き方、考え方のキャラクターが登場し、お互いの生き方に触れていくのもポイント。結婚の形や、仕事についても考えさせられるおすすめの作品です。

第10位 おじさまと猫

スクウェア・エニックス 著者:桜井海 既刊9巻

誰かに愛されることを望んでいた猫と、おじさまの交流を描いた、心あたたまる漫画。Webマンガ雑誌『ガンガンONLINE』にて連載中で、ネットを中心に話題沸騰し、2021年にはドラマ化もされました。

ペットショップで売れ残っていた、エキゾチックショートヘアの成猫。日に日に値段が下げられていき、どうせ誰も自分を欲しがらないと諦めかけていた猫の前に1人の男性が現れます。“プレゼントですか?”と尋ねるペットショップの店員に、彼は“私が欲しくなったのです”と告げました。

孤独だった猫とおじさまが、互いを思いやり過ごす日常に癒され、時に涙する読者も多い作品です。1話1話が短く、読みやすいのもポイント。猫が好きな方はもちろん、感動の日常系マンガを読みたい方におすすめです。

漫画の売れ筋ランキングをチェック

漫画のランキングをチェックしたい方はこちら。